ほっけ 煮付け。 ほっけを冷凍・保存・解凍調理する方法

ほっけを冷凍・保存・解凍調理する方法

ほっけ 煮付け

ほっけに合うおかず7選 1. ほうれん草のおひたし ほっけは肉が多く、大きなお魚ですので他の肉、魚系のおかずはこれ以上不要なような気がします。 その為、野菜を他のおかずとして数点増やしていくことになるのですが、ほっけ自体の味がしっかりしている為、味の薄い淡白な野菜料理はあまり向いていません。 色が濃く、味つけもしっかりしたこのほうれん草のおひたしなら、ほっけにひけをとることなく満足のいく野菜料理となるでしょう。 ひじきの煮物 豆、こんにゃく、人参、鶏肉、お揚げなどの具をたっぷり入れたひじきの煮物。 おふくろの味の定番おかずです。 こちらも味つけをしっかりして調理しましょう。 色合いから見てもほっけと合いますのでテーブルを華やかにしてくれるでしょう。 余ったらお弁当のおかずにもなるのでとても便利な一品です。 おから 健康ブームで今まで捨てられていた食材であるおからが見直されてきていますね。 こちらもおふくろの味の定番おかず。 ほっけは単純に塩焼きしただけの素朴な料理です。 素材の味を生かすためにもこういう古臭いおかずがよく合います。 創作料理というものが流行っていますが、あまりごてごてにいじり倒した個人差のあるおかずよりも、昔から食べられてきているおかずがお勧めです。 エビやイカを入れた天ぷらを作ってしまうとほっけの魅力が半減します。 ここではこの長いものみの天ぷらをお勧めします。 衣も具もさくさくとして甘みがあり、ほっけのよきパートナーとなるでしょう。 豚肉の出汁が白菜にしみ込みとても美味しい煮物料理となります。 魚だけでなく、肉も少し欲しいかなと言う時はこのおかずをお勧めします。 白菜のはごたえと豚肉が満足感を与えてくれることでしょう。 ほっけは味がしっかりした魚ですので、味も色も濃い目の野菜料理でないと引きあいがとれません。 おくらは色もコク、味も独特の味があり、酢を加えることでさっぱり感を味あうことができるのです。 揚げ出し豆腐 かたくり粉をつけて揚げたお豆腐にだし汁をかけて頂く揚げ出し豆腐。 居酒屋料理の定番おかずですが、このあげだし豆腐、実はほっけとの相性も最高。 冷ややっこや湯豆腐ならほっけに勢いがありすぎて負けてしまいますが、揚げ出し豆腐ならちょうどうまくひきあってくれます。 ほっけに合う副菜・スープ3選 1. 豚汁 お魚だけじゃちょっと物足りない人にはこの豚汁が一番ですね。 ほっけはどちらかと言えば強みのあるお魚となります。 シンプルな味噌汁よりも豚のあぶらがきいた、具だくさんの味噌汁の方が喜ばれることでしょう。 大根おろし ほっけに必ずつけたい一品ですね。 さんま、さば、どんなお魚にも合う大根おろし。 食卓の中では脇役の存在ですが、なくてはならない一品です。 ポン酢かしょうゆをかけて食べると美味しくいただけます。 岩のり ごはんの友として長い間君臨してきた岩のり。 「ごはんですよ」等が有名ですが、ほっけとごはんを一緒に食べると、ちょっと塩辛いものがあればなと思う時があります。 明太子やいかの塩辛では辛すぎるので、ほんのり甘みのあるこの岩のりと一緒に食べると完璧な味となります。 ごはん3杯は軽くいけるでしょう。 ほっけのおすすめ献立メニュー 献立例1.

次の

ホッケの旬やおいしい食べ方!刺身もある?煮付けやフライのレシピも紹介

ほっけ 煮付け

骨付きなので、強火で加熱しても大丈夫。 醤油の分量の半分をたまり醤油に代えるだけで、お店で食べる煮魚のような味&見た目に。 実は後入れが正解! 生姜のえぐみが出るのを防ぎながら、しっかりと魚の臭みをとってくれます。 強めの中火でサッと煮ることで、火が入りすぎず、身がふっくらの状態で仕上げることができます。 4つのコツさえ実践すれば、どんな煮魚も美味しく作れます。 例えば高級魚で難しいイメージのある金目鯛でも簡単! そこで今回は、晩ご飯のおかずとしても人気の「金目鯛の煮付け」のレシピを紹介します。 一生ものの金目鯛の煮付けレシピ 材料<2人分>• 金目鯛…2切れ• 生姜(薄切り)…1片分• 砂糖…大さじ1• たまり醤油…大さじ2 作り方 1 金目鯛を霜降りにする 鍋に湯を沸かし、切り身を入れる。 皮が少しチリチリとしてきたら、鍋から取り出して冷水にとる。 「この下処理は『霜降り』といい、魚の臭みをとるために行います」 2 金目鯛を洗う 切り身に残っているうろこや血合いなどの汚れを、指でこそげながらとる。 「指で切り身をなでるような力加減で洗いましょう。 あまり強くこすりすぎなくても大丈夫です。 洗った切り身はペーパータオルなどで丁寧に水気を拭きとります」 3 鍋に昆布だし、金目鯛、ごぼうを入れ、強火にかける 「ごぼうは臭みとりの役割があるので、最初から入れてください。 だしは昆布ごと加えます。 昆布は沸騰する前から最後まで入れることで、うまみがより濃く出ます。 金目鯛は皮を上の面にしておくと、煮立たせる際に鍋に皮がくっつかず、出来上がりがきれいです」 4 酒を加える 「お酒を加えてから煮立たせると、臭みが一緒に蒸発して抜けていきます」 5 煮立ったら、アクを丁寧にとる 「美味しい煮魚を作るうえで、アクとりは重要なポイント。 アクが出るうちは、とり続けましょう」 6 砂糖を加える 「塩分が加わると甘みは素材に浸透しにくくなるので、砂糖は最初に加えます。 ちなみに、こってりとした甘めの味付けがお好きな方は三温糖などを使うのもおすすめですよ」 7 2分ほどたったら、みりん、醤油、たまり醤油を順に加える 「照りやコクを強く出したいときは、たまり醤油の割合を増やしてみてください」 8 落し蓋をして、強めの中火で7〜8分煮る 「魚の身に味をしみ込ませるため、強めの中火で煮ていきます。 落し蓋がない場合はキッチンペーパーやアルミホイルなどで代用可能です」 9 煮汁がある程度煮詰まってきたら、生姜を加える 「生姜は後入れにすると、えぐみが出るのを防ぐことができます。 お酒と同様、魚の臭みを消す効果も」 10 魚に煮汁をかけ、照りを出す お玉で煮汁をすくいながら、5回から6回ほど煮汁をかける。 「煮はじめから10分程度、泡が細かくなってきたらが出来上がりの目安です。 照りが足りないと思ったら、仕上げにみりんを足してもいいでしょう」 身はふっくらな魚の煮付けが完成! すぐに真似できそうな簡単なレシピで、コツを踏まえて作った金目鯛の煮付け。 見るからに、いい照り具合が食欲をそそります。 お味はというと、身はふっくらで魚の臭みは一切なく、濃いめの煮汁がとにかく美味しい! ちなみに、煮魚は金目鯛だけでなく、鯛や銀鱈などその時期ごとに脂がのっている魚がおすすめとのこと。 レシピや調理のポイントは共通なので好みの魚で試してみてくださいね。 本格プロの味の煮魚にお箸が止まらなくなること間違いなし!.

次の

青森魚類 株式会社

ほっけ 煮付け

新鮮なほっけが手に入ったよ! ほっけといえば居酒屋で定番の焼きものですね。 しっとり水分多めのほっけは焼いてもパサつかず、美味しくいただけるので、焼きも捨てがたいです。 しかし、今回はせっかくの生ほっけ。 甘めの煮汁で煮付けにしていこうと思いますよ。 採れたてのほっけを刺身で食べる地方もあるようですが、ほっけは非常に傷みやすく寄生虫の問題もあるので、新鮮ではあるものの生食は断念します。 ということで、今回は『ほっけの煮付け』をメインにし、副菜として『鰹のりゅうきゅう』、箸休めに『かぶの浅漬け』を作っていこうと思います。 『ほっけの煮付け』を作る 材料(2人分)• ホッケ・・・・・1匹• 生姜・・・・・・ひと欠け• 水・・・・・・・100ml• 醤油・・・・・・大さじ3杯• 酒・・・・・・・大さじ2杯(臭み消し用に+大さじ3杯)• みりん・・・・・大さじ2杯• 砂糖・・・・・・大さじ2杯• 塩・・・・・・・大さじ1杯(臭み消し用) 材料はいたってシンプル。 甘めで優しい味付けですが、ご飯のおかずに適する塩味もあります。 ほっけは水分が多いため、レシピより気持ち醤油を多めに入れても絶妙な甘辛でご飯が進む仕上がりになると思います。 調理開始 目が澄んでいて新鮮なほっけですね。 焼きものになると腹開きにされて皮目が下になって提供されるので、顔を拝む機会は意外とないものです。 なかなか愛嬌のある顔をしていると思いますよ。 ほっけは体表に独特のぬめりがあり、皮に弾力があるので、しっかりとぬめりを拭き取ってほっけを安定させてから包丁を入れると安心です。 ほっけの骨は硬いため、しっかり腹骨をすき取っておきます。 ざるに移して、 皮目に熱湯をかけます。 煮付ける際に酒と生姜を使いますが、その前にひと手間加えることで独特の臭みが抑えられます。 から7. までの調味料を加えて中火にかけます。 クッキングペーパーを鍋型に切り取って落し蓋にすることで、少ない煮汁でも全体にしっかりと味が染み込みます。 出来上がりは最後にまとめて! 『鰹のりゅうきゅう』を作る ついでに鰹も買ってきたので、もう一品作ります。 タタキにしてにんにくや生姜、ポン酢などでいただくのもいいですが、今回は『りゅうきゅう』にしましょう。 『りゅうきゅう』は大分県の郷土料理で、鯵やサバ、鰤やカンパチを醤油、生姜、擂り胡麻、みりん、その他薬味で作ったタレに漬け込んだものです。 甘みを帯びてねっとりと仕上がり、ご飯のおかずはもちろん、酒の肴にもなります。 癖の強い青魚だけでなく、白身魚でも上品に味わい深くいただけますね。 材料(2人分)• カツオ・・・・・300g• 醤油・・・・大さじ2杯• みりん・・・大さじ2杯(煮切ったもの)• 塩・・・・・ひとつまみ• 砂糖・・・・小さじ1杯• 白胡麻・・・大さじ2杯(擂ったもの)• 大葉・・・・5枚程度• 小葱・・・・適量• 生姜・・・・ひと欠 薬味類は基本的に何を入れても合うので、追加で茗荷や白葱、にんにくや山椒を少量入れても味が引き立ちます。 先述の通り、どんな刺身にもオールマイティに適合しますし、「時間が経って色が悪くなっちゃったな」とか「表面乾燥しちゃった」というような刺身も美味しくカバーすることができるのでおすすめです。 たっぷりの白胡麻を擂っておきます。 立ち上る香ばしい匂い。 美味しさを確約する幸せな時間です。 こんなものでしょうか。 りゅうきゅうを作る際に是非入れたいのが大葉。 清涼感が増し、臭み消しにもなるのでどかどか入れてしまって大丈夫です。 大葉は万能なので、今年は株を買ってベランダ栽培したいと考えています。 ちなみに2018年はベランダバジルを栽培していたため、夏~秋頃には『トマトバジルパスタ』の出現率が高かったんですよね。 小葱もふんだんに入れてしまいましょう。 ザクザクした葱の食感と香り高い風味はりゅうきゅうにベストマッチ。 醤油、3. 煮切ったみりん、4. 塩、5. 砂糖、9. すりおろした生姜と上で用意した薬味を豪快に和えます。 絶対旨い 確信 ついでにかぶが安く手に入ったので、浅漬けも作りましょう。 ジップロックに乱雑に切ったかぶを入れて、 酢をベースにした調味液を注いで、15分ほど漬けたら完成。 ご飯の準備ができたので、実食していきましょう! 実食 なめこの味噌汁もつけて万全の構え。 これだけ潤沢なおかずに囲まれているので、ご飯は大盛りですよ。 中央に輝く卵黄が眩しいですね。 甘めに味付けしていますが、豊富な薬味がキリリと引き締め、見るからに美味しそうです。 ほっけの煮付けも上品に仕上がりました。 簡単とはいえ漬物があると純和食感が出ていいですね。 影の主役、『なめこの味噌汁』。 どんなときでも安定して美味しい彼にはいつも感謝しています。 どこから手を付けようか迷いましたが、まずはほっけの煮付けから。 甘めだけど醤油の塩味や香ばしさも十分に感じられる優しい味わい。 入念に臭み消しをしたので、まったく癖のない上品な煮付けになっていました。 これは旨い。 日本人でよかったとしみじみ味わいます。 続いてりゅうきゅう。 もはや反則的ですよね。 新鮮な刺身にたっぷりの薬味でいただいて美味しくないはずがないです。 香味でカツオ独特の癖や臭みを消し、非常に爽やかな風味を与えてくれます。 これと同時に白胡麻の豊潤で濃厚な甘みやコクが付与され渾然一体となったことで至玉の味わいを実現している自慢の逸品。 軽めの酢で口の中を綺麗さっぱりリセットしてくれるかぶの浅漬けもいい仕事をしていますね。 卵くずしーの。 もはや言うまでもなく美味しゅうございました。 まとめ 普段あまり見かけない生のほっけを使って煮付けを作ってみましたが、想像以上に上品で味わい深い仕上がりになったので大満足でした。 そして、安定のりゅうきゅう。 今回は新鮮なカツオを使って作ったのでもちろん美味しかったですが、閉店間際のスーパーで買った刺身の盛り合わせなんかをちょっとひと手間加えてりゅうきゅうにすれば、まるで高級な居酒屋に来たような幸せな気持ちになれると思います。 『りゅうきゅう』食べたことないよーという方には是非一度お試しいただきたいと考えております。 marurinmaru.

次の