マース クライン。 定義 MLL: マースク ライン、限定

定義 MLL: マースク ライン、限定

マース クライン

2014年10月24日 23時13分 世界最大のコンテナ船「マースク・トリプルE」が建造されているドックの風景 現在でも世界を行き交う物流の大部分は船による「 海運」が最も重要な手段となっています。 そんな海運の主役を務めるのが大量のコンテナを積んで航海する コンテナ船。 そんなコンテナ船でも「世界最大」の称号を手にする「 マースク・トリプルE」を建造するドックの様子を収めた写真が公開されています。 デンマークの海運コングロマリット「 」が開発した船で、一度に多くの貨物を運べることなどによる高い経済性、環境性能を実現している船と言われています。 By なお、このマースク・トリプルEは最もたくさんのコンテナを搭載する世界記録をうち立てたばかり。 その様子は以下の記事で見ることができます。 2013年、トリプルEはマースク社が拠点を置くデンマーク・コペンハーゲンの港に寄港し、非常に多くの人が一目見ようと港に押し寄せました。 デンマーク在住のイギリス人写真家、Alastair Philip Wiperさんもその様子を見ようと試みたものの、すでに観覧チケットが売り切れていたために泣く泣く断念。 そのリベンジとして人脈をたどり、韓国・玉浦 オッポ にある造船所を訪れて間近からその船体をみることに成功したそうです。 マースク社は製造を請け負う「 大宇造船海洋」に対して合計で20隻のトリプルEを発注しており、Wiperさんが訪れた当日は9隻目の完成セレモニーが行われる当日だったそうです。 「きっと船体を案内してくれるガイドがいる」と思っていたのもむなしく、当日はセレモニーのために人手が足りず、案内される代わりに「ここがドックです。 ……あとはお好きにどうぞ!」といきなり放置されることに。 「船体の地図はありますか?」「いや、ないね。 エンジンはあっち方向、デッキは向こうだよ。 あと、5時間以内に帰ってくること。 さもないと、ロシアに向けて出航してしまうからね!」と言われ、さっそく取材を開始したそうです。 船体内部のコンテナスペースは最深部で11層構造という巨大なもの。 さらに、甲板上にも10層のコンテナスペースが設けられています。 その巨大な船体を動かすために搭載されるエンジンは4万3000馬力を発生する、こちらも巨大なディーゼルエンジン。 さらにこれを2基搭載し、これまた巨大なプロペラを回して目的地へと向かいます。 そんなエンジンを収めるエンジン室もやはり巨大。 船体後方で5フロア分をぶち抜いたスペースをとる区画に据え付けられています。 あまりに巨大すぎて、これがエンジンであることがわからないほどのスケール感。 屋外に置かれたトリプルE用のスクリュープロペラ。 直径9. 8メートルにも達する4枚ブレードスクリューで一つあたりの重量が70トンと、もうよくわからないぐらいの巨大サイズ。 ドイツのMecklenburger Metallguss社によって製造されたスクリューはそれぞれ個別のエンジンに接続され、超ロングストローク型のエンジンが発生したパワーを推進力に変える働きをします。 このスクリューとエンジンの組み合わせにより、スピードは劣るものの最大の効率性が実現されることになります。 そのCO2排出量は、従来に比べて50%も削減されているとのこと。 実際に取り付けられている状態がこちら。 建造中の船体の一部。 前に立つ人と比べるとそのスケールがわかります。 船体側面は二重構造となっており、事故の場合でも内部に海水が浸水しにくく、また空荷の時には内部に海水を入れることで船の高さを調節できるようにも設計されています。 徐々にパーツが組み立てられて一隻の船が作られていきます。 一隻のトリプルEは、このような部位が425個と、それらを組み合わせた21個の巨大な「メガブロック」により構成されています。 ドック内で建造に携わる人々の姿も。 船体底部の様子。 赤と茶色の塗装は、海のゴミが付着するのを防ぐ効果があるそうです。 船体前部の高さはおよそ35メートル。 貨物をフルに搭載した場合に海面から沈む高さ 喫水線 は16メートルとなっており、大西洋と太平洋をつなぐパナマ運河は通過できないものの、地中海と紅海を結ぶスエズ運河には対応しています。 20隻あるトリプルEのうちの1隻、「Matz Maersk」の船長を務めるLars Peter Jensen船長。 これまでにも数々の「世界最大の船」を率いてきた経歴の持ち主だそうです。 この他にも、Wiperさんのブログではいろいろな建造中の船体の様子が公開されていました。 Building the Largest Ship In the World, South Korea The Blog of Photographer Alastair Philip Wiper.

次の

マースクライン、名古屋支店の輸出入業務を移管

マース クライン

2014年10月24日 23時13分 世界最大のコンテナ船「マースク・トリプルE」が建造されているドックの風景 現在でも世界を行き交う物流の大部分は船による「 海運」が最も重要な手段となっています。 そんな海運の主役を務めるのが大量のコンテナを積んで航海する コンテナ船。 そんなコンテナ船でも「世界最大」の称号を手にする「 マースク・トリプルE」を建造するドックの様子を収めた写真が公開されています。 デンマークの海運コングロマリット「 」が開発した船で、一度に多くの貨物を運べることなどによる高い経済性、環境性能を実現している船と言われています。 By なお、このマースク・トリプルEは最もたくさんのコンテナを搭載する世界記録をうち立てたばかり。 その様子は以下の記事で見ることができます。 2013年、トリプルEはマースク社が拠点を置くデンマーク・コペンハーゲンの港に寄港し、非常に多くの人が一目見ようと港に押し寄せました。 デンマーク在住のイギリス人写真家、Alastair Philip Wiperさんもその様子を見ようと試みたものの、すでに観覧チケットが売り切れていたために泣く泣く断念。 そのリベンジとして人脈をたどり、韓国・玉浦 オッポ にある造船所を訪れて間近からその船体をみることに成功したそうです。 マースク社は製造を請け負う「 大宇造船海洋」に対して合計で20隻のトリプルEを発注しており、Wiperさんが訪れた当日は9隻目の完成セレモニーが行われる当日だったそうです。 「きっと船体を案内してくれるガイドがいる」と思っていたのもむなしく、当日はセレモニーのために人手が足りず、案内される代わりに「ここがドックです。 ……あとはお好きにどうぞ!」といきなり放置されることに。 「船体の地図はありますか?」「いや、ないね。 エンジンはあっち方向、デッキは向こうだよ。 あと、5時間以内に帰ってくること。 さもないと、ロシアに向けて出航してしまうからね!」と言われ、さっそく取材を開始したそうです。 船体内部のコンテナスペースは最深部で11層構造という巨大なもの。 さらに、甲板上にも10層のコンテナスペースが設けられています。 その巨大な船体を動かすために搭載されるエンジンは4万3000馬力を発生する、こちらも巨大なディーゼルエンジン。 さらにこれを2基搭載し、これまた巨大なプロペラを回して目的地へと向かいます。 そんなエンジンを収めるエンジン室もやはり巨大。 船体後方で5フロア分をぶち抜いたスペースをとる区画に据え付けられています。 あまりに巨大すぎて、これがエンジンであることがわからないほどのスケール感。 屋外に置かれたトリプルE用のスクリュープロペラ。 直径9. 8メートルにも達する4枚ブレードスクリューで一つあたりの重量が70トンと、もうよくわからないぐらいの巨大サイズ。 ドイツのMecklenburger Metallguss社によって製造されたスクリューはそれぞれ個別のエンジンに接続され、超ロングストローク型のエンジンが発生したパワーを推進力に変える働きをします。 このスクリューとエンジンの組み合わせにより、スピードは劣るものの最大の効率性が実現されることになります。 そのCO2排出量は、従来に比べて50%も削減されているとのこと。 実際に取り付けられている状態がこちら。 建造中の船体の一部。 前に立つ人と比べるとそのスケールがわかります。 船体側面は二重構造となっており、事故の場合でも内部に海水が浸水しにくく、また空荷の時には内部に海水を入れることで船の高さを調節できるようにも設計されています。 徐々にパーツが組み立てられて一隻の船が作られていきます。 一隻のトリプルEは、このような部位が425個と、それらを組み合わせた21個の巨大な「メガブロック」により構成されています。 ドック内で建造に携わる人々の姿も。 船体底部の様子。 赤と茶色の塗装は、海のゴミが付着するのを防ぐ効果があるそうです。 船体前部の高さはおよそ35メートル。 貨物をフルに搭載した場合に海面から沈む高さ 喫水線 は16メートルとなっており、大西洋と太平洋をつなぐパナマ運河は通過できないものの、地中海と紅海を結ぶスエズ運河には対応しています。 20隻あるトリプルEのうちの1隻、「Matz Maersk」の船長を務めるLars Peter Jensen船長。 これまでにも数々の「世界最大の船」を率いてきた経歴の持ち主だそうです。 この他にも、Wiperさんのブログではいろいろな建造中の船体の様子が公開されていました。 Building the Largest Ship In the World, South Korea The Blog of Photographer Alastair Philip Wiper.

次の

マースクライン、名古屋支店の輸出入業務を移管

マース クライン

MaaSとは、バス、電車、タクシーからライドシェア、シェアサイクルといったあらゆる公共交通機関を、ITを用いてシームレスに結びつけ、人々が効率よく、かつ便利に使えるようにするシステムのことだ。 すでにヨーロッパでは本格的な取り組みがスタートし、日本でも鉄道会社や自動車会社などが中心となって研究が始まっている。 では、MaaSが普及すると、私たちの暮らしはいったいどんなふうに変わるのだろう。 たとえば、サッカーを観戦するためにスタジアムへ行くとき。 いまでもアプリを使えば自宅からスタジアムまでの最適経路と利用すべき交通機関、所要時間や料金などを簡単に知ることができるが、MaaSではこの検索機能にプラスして予約や支払いも、スマホなどの端末を使い、まとめてできるようになるということだ。 しかも、MaaSの場合、前述したように鉄道やバスだけでなく、タクシー、シェアサイクル、カーシェア、ライドシェアなど、ありとあらゆる交通手段が対象となる。 現状、MaaSの利用には、専用アプリという形で提供されている事例が多い。 そして、目的地に至るすべての交通手段のなかから最適な組み合わせをAIが検索して、専用アプリに表示する。 利用者はそれらのなかから選択し、必要な予約や手配に加え、決済もひとまとめにできる。 しかも、次章で紹介するフィンランドのように、月額定額制であれば、料金のことを気にすることなく、さまざまな交通手段を自由に利用できることにもなる。 MaaS先進国フィンランドの取り組み 具体的な事例として、フィンランドの運輸通信省の支援のもと、マース・グローバル社が立ち上げたMaaSのシステムを紹介しよう。 「ウィム(Whim)」というMaaSアプリを使って利用するこのサービスは、2017年から首都ヘルシンキで実用化されている。 「ウィム・アーバン」は電車、バス、トラム、フェリーなど、ヘルシンキ市交通局の全交通機関が乗り放題で、タクシーは10ユーロ分までが利用できる。 「ウィム・ウィークエンド」は、これに加えて週末のみレンタカーが乗り放題というもの。 「ウィム・アンリミテッド」では文字通り、ヘルシンキのすべての交通手段が無制限に利用できる。 なお、「ウィム・トゥ・ゴー」は定額制ではないが、それでも通常料金よりは割安になる。 ちなみに、「ウィム・アンリミテッド」のサービスを東京に置き換えてみれば、月額およそ6万円でバス、地下鉄、JR、私鉄、タクシー、レンタサイクル、レンタカーなど、さまざまな交通手段を自由に使えるということになる。 台湾でもMaaSの普及が進行中 台湾でも、交通通信省と大手通信会社の主導でMaaSへの取り組みが始まっている。 南部にある台湾第2の都市、高雄ではウィムに似た「Men-GO(メンゴー)」というMaaSアプリを使って利用することができる。 こちらもウィム同様、いくつかの定額制プランがあり、月額およそ6,000円のプランではMRT(地下鉄)、LRT(ライトレール:次世代型路面電車)、バス、シェアサイクル、タクシーなどが乗り放題になる(タクシーは回数制限あり)。 目的地を入力すると最適な経路が案内されるのもウィムと同じだ。 また、高雄ではMaaSの導入とともに、シェアサイクル専用の駐輪場や自転車専用道路が数多く整備され、地下鉄の駅にはシェアサイクル駐輪場やバス乗り場などへの案内板が設置されるなど、MaaS利用に最適化された街づくりもどんどん進みつつある。 そしてMaaSが広まり、より多くの市民が公共交通機関を使うことで自家用車の利用が減れば、当然、温室効果ガスの排出は減るし、渋滞も少なくなる。 これこそが、MaaSの目的のひとつである環境への負荷、都市交通への負荷の軽減につながるのだ。 自動運転技術の進化で可能性はさらに広がる 近未来のMaaSは、さらに多くの問題を解決してくれるだろう。 仮定の話だが、自動運転技術が進化すれば、自動運転で走るバスやタクシーをこのMaaSのシステムに組み込むことができると言われている。 そうすれば、たとえばこんなことが可能になる。 ・高齢者の移動がドア・トゥ・ドアに おじいさんが孫に会いに出かけるとしよう。 おじいさんはMaaSアプリで経路を選び、予約、決済する。 指定した時間になって玄関を出ると、自動運転の乗合タクシーがやって来る。 乗りこんで駅まで行き、地下鉄に乗って目的地に着くと、自動運転の乗合タクシーが待っている。 つまり、自宅から目的地まで、ドア・トゥ・ドアの移動がスムーズ、かつ安価にできるようになるのだ。 ・高齢者の医療費の減少と地域の活性化に 上記のように、交通手段の変革により、高齢者が積極的に外出することによって、さらなる効果が考えられている。 日本の国土交通省は、MaaSの普及によって高齢者の外出が増えれば、健康増進に効果があり、医療費の減少と地域の活性化に役立つだろうとしている。 ・過疎地での公共交通機関が安価に 自家用車に頼る以外に交通手段がない過疎地などでも、MaaSのシステムとして自動運転の乗合タクシーやバスなどを無駄なく効率よく運行させることができれば、安価な料金で公共交通機関を利用できるようになる。 地方における交通手段の確保という面でも、MaaSは非常に有用なシステムなのだ。 日本での普及は? では、日本におけるMaaSの普及はいつごろ始まるのだろうか。 実は、東京と神奈川を運行エリアにした大手私鉄が、2019年10月から期間限定でMaaSの実験を始めている。 専用のMaaSアプリを使って、鉄道やバスだけでなく、タクシー、シェアサイクル、カーシェアなどを対象とした経路検索が可能なのはフィンランドの「ウィム」と同じだ。 特急列車やタクシーなどの予約・決済に加え、沿線の商業施設や飲食店などの決済もMaaSアプリでできる。 この大手私鉄では、今後、自社だけに限らず、多くの交通機関との提携を模索し、さまざまなデータをオープンにするとしている。 日本のような多種複雑な公共交通機関網が張りめぐらされた国でMaaSを実現するには、それぞれの公共交通機関が持っている時刻表といったデータやリアルタイムな運行情報をどうやって共有するのかなど、多くのハードルがあるようだ。 まだまだ本格的なサービスとして軌道に乗らないシェアサイクルやライドシェアをいかにして活性化させるのかもまたハードルのひとつと言われている。 現状ではさまざまな課題があるものの、フィンランドや高雄市のようにMaaSの利便性を日本で享受できる日が来るのも、きっと遠くはないだろう。

次の