意味が分かると怖い話 短い。 意味が分かると怖い話!公衆トイレで炸裂したブリブリ読むか?

‎「意味が分かると怖い話

意味が分かると怖い話 短い

Happy Halloween! 今回はハロウィンなので、英語の怖い話を紹介してみます。 After two rings someone answered, gave out a low raspy giggle, and hung up. I eventually gave up and headed home. After I got home, I realized that I left my phone on my bed in the first place. ========== 【日本語 ver. 】 昨日は、 近場のバーで開かれる音楽イベントの前座を見るため、友達に 急かされて家を出ました。 バーについてから 何杯か飲んでいると、ポケットに携帯電話が入っていない事に気が付いたんです。 私たちが座っていた場所やトイレなども調べたのですが 残念ながら見つからず、友達の携帯電話から私のへ電話をしてもらいました。 すると、2回 呼び出し音がしたあとに誰かが電話に出て、低く しゃがれた笑い声をあげてそのまま 電話を切ったんです。 その後は電話に出ませんでした。 私は仕方ないので携帯電話を諦め、 家に帰ることにしたんです。 そもそもベッドの上に携帯電話を忘れて出かけていた事に気が付いたのは、家に帰ってからの事でした。 ========== いかがだったでしょうか?ベタですけど、中々怖い話です! この内容を問題なく理解することができれば、海外の語学学校では Pre-Intermediate(中下級)からIntermediate(中級)くらいのレベルになると思います。 それでは最後に、注目フレーズをそれぞれ解説してみましょう。 また、「 few」が付いているので「 何杯か(そこまで多くない量を)飲んでいる」になるんです。 通常は「 ring-ring」という効果音のように書かれますが、「 ring-ringという音=電話の音」という認識が強まったのでの、「 ring=電話の呼び出し音」という意味でも通じるようになったんです。 ちなみに、最近の電話音は「 prrrrr( プルルルル)」と表記されます。 魔女とがよくやる、「イッヒッヒッヒ」みたいな笑い方がこれになります。 「 hang」には「 ひっかける」の意味があり、昔の壁掛け電話の受話器を、壁にひっかけて電話を切る動作からきていると言われています。 「 Head( 頭)」が「 Home( 家)」に向かうので「 帰宅する」という意味です。 ( どうして最初にそれを言ってくれなかったの?)」のようにして使われる事が多いです。 英語の怖い話も日本のそれとは違った怖さがあるので、このハロウィンシーズンに是非調べてみてはいかがでしょうか。 written by 日本ワーキングホリデー協会 KOTARO.

次の

意味がわかると怖い話【厳選・傑作】【解説付き】

意味が分かると怖い話 短い

誰にでも「あの野郎、死ねばいいのに」と思うことはあると思う。 だけど、それが現実になってしまったら・・・。 幼稚園の時、喧嘩した男の子が翌日死んでしまったことはあったけど、ただの偶然だと思っていた。 小学校の時、理不尽は体罰をする先生がいて、僕も酷く殴られた。 「あんな先生死ねばいいのに」と思った翌日、先生は死んだ。 確信したのは、中学の時、僕をイジめていたグループのやつらが全員死んだ時だ。 僕には、死ねと思った相手を殺す能力がある。 自分が怖かった。 誰にも言えなかった。 心安らかに、誰にも腹を立てないように生きていかなければいけないと思った。 それでも、高校に入ってしばらくして、僕の周りで何人かの人が死んだ。 不良グループの奴や、感じの悪い女子。 強く願わなくても死んでしまうと知って、僕はショックを受けた。 悩んだあげく、泣きながら母に打ち明けた。 母は驚いて、最初は信じなかった。 けれど、偶然にしては僕の周りで人が死に過ぎるとは感じていたようだ。 父が会社から帰宅し、父も交えて話をした。 両親とも「どんなに辛かっただろう。 子の罪は親の罪だ。 お前は何も悪くない」と。 言ってくれた。 思い切って打ち明けてよかった。 父と母に感謝した。 その夜、僕は心から安堵して眠ることができた。 あと10分ほどで真夜中になるという時間帯に、私は特急電車に乗っていた。 やがて、途中の駅で一人の男が乗り込んできた。 その男は、電車のドアが閉まると、突然我に返ったように乗客の顔を見回し始めた。 「すみません。 あなたの年齢は28歳ですか?」 男が私に話しかけてきた。 「そうですが、どうしてわかったんですか」 私が聞き返しても、男は無視して、また別の人に話しかけた。 「あなたの年齢は45歳ですか?」 「そうですけど……」 「あなたは62歳ですね?」 「どうしてわかったんだ?」 そんなやり取りを繰り返していく。 どうやら、その男には、顔を見ただけで年齢を当てる特殊能力があるらしい。 次の停車駅までは、まだ15分以上ある。 私を含め、乗客たちは全員その男に注目し始めた。 「あなたは50歳ですね?」 「そうですが、あと5分で日付が変わったら、51歳になるんですよ」 最後に質問された女性は、笑顔でそう答えた。 年齢を当てていた男の顔が、その途端に青くなった。 「凄いですね。 百発百中じゃないですか」 私は男に話しかけた。 すると、男は青い顔を私に向け、こう言った。 「・・・私が見えているのは貴方がたの寿命です」 浮気をしたのが彼女にばれて2週間。 ずっと連絡がなかった彼女がやっと部屋にあげてくれた。 でもお互い気まずくて一言も口をきけないまま時間だけが過ぎていく。 僕はその空気に耐えられなくなってトイレに逃げ込んだ。 ふと脇みるとトイレットペーパーの端にペンで「真美より」と書いてあった。 なんだろう。 どきどきしながら紙を引き出すと、 そこの彼女からのメッセージが書き込まれていた。 メッセージは何行にもわたっていた。 僕は紙を1行ずつ引っ張り出しながらかみしめるように読んでいった。 真美より あなたは私を裏切った それは事実 でももうすべてリセットしていいと思うの あなたと過ごした宝物のような日々 それが私にとって大切だと気づいたから なにもかもぶち壊してしまうこと 許されないことだもんね あなたが浮気していたことは 全部忘れてしまえるわ あの娘と あなたとの関係もこれで帳消しってこと にしてあげるお互いつらかったよね 私と あなたは 十分に苦しんだからこれから楽 しんじゃおうよ 一緒にね 隆史へ 涙があふれてきた。 扉の外に真美が待っている気配がする。 早く出て行って彼女を抱きしめてあげよう。 会社までの徒歩通勤時に取り壊し予定の無人マンションの近くを通るのだが、 そこは飛び降り自殺が多く、自殺者の霊の目撃情報も多い曰くつきマンション。 周りに街灯も少ないし夜はかなり不気味で怖い。 この間残業で帰りが23時頃になったときガクブルしながらそこを通ったんだが、 一瞬マンションの屋上に人影が見えた気がした。 「!?」 ビビって心臓止まるかと思った。 よく見てみたがやはり屋上に誰かが立っている。 まさか幽霊・・・と思った瞬間その人が飛び降りた。 コンクリートに打ち付けられる嫌な音がして、女の人が倒れてるのが見えた。 慌てて携帯で救急車を呼んでその人に駆け寄った。 血まみれで足は変な方向向いてるし、幽霊ではなかったが、かなり恐怖だった。 落ちた音を聞いてかマンションのベランダから何人かこっちを見てる人もいた。 すぐに救急車が搬送していったけど、家に帰っても現場を思い出してしまいまったく眠れなかった。 次の日聞いたら、重要だったけど命の別状はなかったらしい。 ホント未遂に終わってよかた・・・もし亡くなってたらマジでトラウマになるところだった。

次の

【短編】「意味が分かると怖い話」短いのに怖い話だけ厳選しました。(解説つき)

意味が分かると怖い話 短い

意味が分かるとリアルに怖い話!有名な便所の落書きの2chパロディーでございます。 簡単な謎が含まれていて読み終わったときにゾッとして謎が解けるとマジ怖いでございます。 意味が分かると怖い話最新!「リアル公衆便所が怖い」 私は優秀な営業マンだ。 だからというわけではないが一流のスーツを着ている。 だからというわけではないが本革のカバンを持っている。 だからというわけではないが時計はロレックスだ。 だからおいう訳ではないが公衆便所は使わない。 あそこだけは嫌なのだ。 しかも、公園にある小さな便所は嫌だ。 だが背に腹は代えられない・・・ 肛門の代わりはどこにもない。 営業の出先で我慢がならず小さな公園の小さな便器を私はまたいでズボンをおろした。 最悪なことに和式だった。 意味が分かると怖い話「便所の落書き」 その便所にはやっぱり落書きがあった。 【右ヲ、ミロ!!! なんだコレ? 私がこんな落書きに引っかかるわけがないだろ! フンっと踏ん張ったが奴は出てこない。 短いのがチョロンと出ただけだ。 腹はたまらなく痛い。 ため息が漏れてついつい右を見てしまった。 断じて低能な落書きに従ったわけではない。 右を見ると壁に【左ヲ、ミロ!!! 】とあった。 出てこない奴と壁の落書きに頭に血が上った。 フンガ~! もう一度踏ん張ったが硬い肛門から奴はやっぱり出てこない。 もう一度右を見る。 有無を言わせない字の勢いがそこにはある。 またまた命令道理に左を見てしまった。 すると今度は【上ヲ、ミロ!!! 】とあった。 意味が分かると怖い話「短いのしか出ない」 イライラした私はそれでも,上が気になってつい見上げてしまった。 するとそこには物凄く大きな赤い文字で【ウシロヲミルナ!!!! 】と書かれてあった。 私の腹の痛さは頂点に達していた。 フンガ~! フンガ~! 奴はやっぱり出てこない。 出てくるのは短いのだけだ。 踏ん張りすぎて破裂しそうに頭の血管が膨らんでいる。 もう一度上を見ると 【ウシロヲミルナ!!!! 】 と書かれている。 気になりだすとリアルに怖くなる便所の落書き 荒い息を整えながらどういう意味か考えてみる。 何となく怖くなった。 後ろに何が掛かれているのだろう・・・ 低能ないたずらだとわかっていてもなんとなく気になる。 私の悪い癖が出てきた。 気になりだすとどうにもならないのだ。 なんだなんだ!?後ろには何が掛かれているのだ。 ゆっくりとウシロに振り返ってみると・・・・・ 【見てくれてありがとう!あなたに憑いていくわ】 と書かれていた。 思っていた以上に怖かった。 恐怖で頭がパニックになった。 次の瞬間ブリッブリブリっという激しい音ともに奴が肛門を引き裂いて溢れた。 私は急いで奴を絞り出すと慌ててズボンをはいて便所を飛び出した。 だから公衆便所は嫌いなのだ。

次の