うろこ の あれこれ ハンドメイド。 移動ポケット: うろこのあれこれハンドメイド

子供服(洋裁) 人気ブログランキング

うろこ の あれこれ ハンドメイド

1 6 2 1 6 10 38 4 18 1 2 18 2 2 0 1 1 3 2 3 1 2 8 4 1 1 9 2 1 1 2 1 2 1 生地裁断の三種の神器 裁断がやみつきになる切れ心地。 安心の広さと包容力抜群のタフガイ。 押さえた生地は決して逃がさない。 まさに楽園。 花柄だけど花柄っぽくないのが素敵。 北欧テイストのカラフル木馬。 おとぎ話に出てきそうなカラフルりんご。 基本のベビースタイ、花びらスタイの両方にドッキング可能です。 2段になったフリルがとっても華やかな、つけ襟感覚のフリルスタイの作り方。 ベビーから幼児まで長く使えるおしゃれアイテムです。 くるくる回って360度よだれをキャッチする、ドーナツスタイの作り方。 まんまるな形が可愛いらしいシンプルなスタイです。 クレマチスの花のようなツンと尖った花びらモチーフの、360度スタイの作り方。 シャープな印象なので「星のスタイ」として男の子にもおすすめです。 桜の花をモチーフにした、とても可愛らしい雰囲気の360度スタイの作り方。 ふっくらと優しい印象で、春のお出かけにもぴったりです。 カジュアル&スタイリッシュな雰囲気のバンダナ風スタイの作り方。 男の子はもちろん、女の子のボーイッシュなコーディネイトにもおすすめ。 直線縫いだけなので短時間で仕上がるのも魅力です。 夏のお出かけにぴったりの、セーラースタイの型紙。 爽やかで可愛いデザインなので男女関係なく使って貰えます。 プレゼントなどにもピッタリのスタイです。 和風の着物スタイは赤ちゃんのイベントや行事にぴったり。 パーツは少し多めですが、可愛い和柄の生地で作るととても華やかで写真映えするスタイです。 離乳食時期の赤ちゃんから食べこぼしの多い幼児期まで、長く使える食事用エプロン。 大きめのタオル生地で、ミートソースもみそ汁もしっかりキャッチ。 市販のハンドタオルを使うので作るのも簡単。 幼稚園・保育園の入園グッズにもおすすめです。 裏地なしのシンプルタイプ。 上がフリルになっています。 【マスク】 ダブルガーゼで作る、基本のマスクの作り方です。 風邪の予防や給食当番のアイテムに大活躍。 バザーの手作り品としても優秀です。 ダブルガーゼで作る、立体マスクの作り方です。 口周りに余裕がある形なので息苦しさも少なく、口紅などもつきにくいです。 咳エチケットに、のどの保湿におすすめです。 立体マスクのメンズサイズの作り方です。 同じページに、マスクにノーズフィッターを入れる方法も掲載してあります。 不織布フィルターなどを入れるポケット付き立体マスクの作り方です。 基本の立体マスクの型紙を利用して作ります。 2つの作り方を紹介してあるのでお好みに合わせてどうぞ。 ダブルガーゼで作るプリーツマスクの作り方です。 ノーズフィッター入りアレンジやフィルターポケットアレンジが可能です。 3サイズ展開なので用途に合わせてお選び下さい。 普通は6枚の布を接ぎ合わせるのが定番ですが、2枚布で作るので綺麗なシルエットに仕上がります。 【リボン・ヘアゴム・アクセサリー】 ふっくらした雰囲気の布リボンで作るヘアゴムの作り方。 フォーマル向けのデザインなので、入園入学・卒園卒業式にもぴったりです。 こちらは無地Tシャツをアレンジするために布リボンを使用しました。 リボンが沢山並ぶとそれだけで華やかで可愛らしいですよね。 中に綿を入れた、ふっくら優しい雰囲気のリボンの作り方。 髪の短い女の子でも気軽に使えるヘアクリップタイプです。 幼稚園保育園のバザーに提出する「手作り品」としても利用できるよう、ラッピングなどについてもご紹介しています。 赤ちゃんからトドラーまで使えるヘアバンドの型紙。 (3サイズ対応) 総ゴムで伸縮性があるので、頭に優しくフィットします。 「花びらリボン」「一輪花」「ダブルリボン」の3種類の作り方をご用意しました。 子供のとっておきの記念日を可愛らしく彩ってくれるベビークラウンの型紙。 赤ちゃんからキッズまで、パーティーや記念撮影にピッタリのアイテムです。 小ぶりなサイズなのでハギレで作れるのも魅力です。 幼稚園保育園のバザーに提出する「手作り品」としても利用できるよう、ラッピングや商品タグなどについてもご紹介しています。 以上が当ブログで公開している無料型紙・作り方の一覧になります。 (このページは新しい型紙を公開する度に、同時に更新していきます。 ) 【商用利用について】 個人の範囲に限り商用利用を許可します。 当ブログの型紙で作った物をminneやメルカリ、バザー、フリーマーケットなどで販売するのはOKです。 企業(法人)、店舗、有料教室での利用・二次配布は 固くお断り致します。 型紙全般についてのご質問やコメントはこのページにお寄せ下さい。 それぞれの作品の作り方についてのご質問・コメントは、それぞれのページのコメント欄までお願い致します。

次の

【型紙無料】5分で完成!使い捨て立体マスクの作り方[うろこのあれこれハンドメイド]

うろこ の あれこれ ハンドメイド

リンクを埋め込む 以下のコードをコピーしてサイトに埋め込むことができます ベビーブルマの作り方【無料型紙】~基本タイプ~: うろこのあれこれハンドメイドはてなブックマーク - ベビーブルマの作り方【無料型紙】~基本タイプ~: うろこのあれこれハンドメイド プレビュー ベビーブルマの作り方【無料型紙】~基本タイプ~: うろこのあれこれハンドメイドはてなブックマーク - ベビーブルマの作り方【無料型紙】~基本タイプ~: うろこのあれこれハンドメイド ベビーブルマの作り方【無料型紙】~基本タイプ~: うろこのあれこれハンドメイド のぷっくりおを優しく包み込むベビー。 ふんわりとしたシルエットのベビーは、... 続きを表示 のぷっくりおを優しく包み込むベビー。 ふんわりとしたシルエットのベビーは、時期の姿やよちよち歩き時期の後ろ姿をとっても可愛らしくしてくれ。 にやとして使うも良し。 やとコーディネイトするも良し。 の下チラリと見せるも良し。 で作るも良し。 なおは【基本のベビー】を中心に、「」「バック」「3段」の3種類のをご用意した。 ---------------------------- らのページでは、全てのの.

次の

無料型紙一覧: うろこのあれこれハンドメイド

うろこ の あれこれ ハンドメイド

ポケットが無い服の時でもハンカチやティッシュを持ち歩けるようになる移動ポケットは、小学生の必須アイテム。 小学校では毎日ハンカチ&ティッシュを携帯するように指導する学校が多いので、クリップで簡単に取り付けが出来る移動ポケットは何かと重宝します。 移動ポケットも色々なタイプがありますが、今回は1番オーソドックスな「ハンカチを入れるポケット1つ」と「ティッシュ用の取り出し口があるポケット1つ」がついたタイプの作り方を無料型紙付きでご紹介します。 蓋の部分は布を切り替えてちょっぴりおしゃれに。 また「マチ」もあるので、中身を入れる時に出し入れしやすいのが特徴です。 それでは材料及び作り方です。 【出来上がり寸法】 縦10. 生地を裁断する。 生地裁断の三種の神器 裁断がやみつきになる切れ心地。 安心の広さと包容力抜群のタフガイ。 押さえた生地は決して逃がさない。 我が家の三種の神器。 今後色々なハンドメイドに挑戦してみたいな〜とお考えの方には、是非オススメしたい3点グッズです。 パーツはこんな感じ。 (本体布ACとクリップ付け用布を同じ生地で作る場合) ちなみに型紙Bが「蓋」の部分になります。 特に蓋の部分に持ってきたい柄がある場合、図の様に型紙の顔マークに合わせてカットすると綺麗に柄が出ます。 この場合だと水色のユニコーンがちょうど蓋の真ん中に来ます。 生地を裁断する際の参考にして下さい。 用意した生地が薄手の場合、生地と同じサイズの接着芯を貼って補強する。 接着芯自体も画像のような薄手のタイプがおすすめ。 今回は蓋にシーチングを使用するので、念のため接着芯を使用。 B布と同サイズの接着芯をアイロンで接着。 こんな感じでしっかりした張りのある生地になる。 ちなみに全体の構成はこんな感じ。 生地にマスキングテープなどで「ABC」と「上下」が分かるようにしておくと、後の作業がスムーズ。 最初にクリップ付け用の布を作る。 布を画像のように半分に折り、一度開いてから上下を折る。 最初の折り目で再度折り込み、画像のような1cm幅の紐状にする。 生地端から2mmのラインを縫う。 縫えるとこんな感じ。 (縫うのは片側だけでOK) A布とB布を縫い合わせる。 A-2とB-1のラインを合わせて中表に重ね、生地端から1cmのラインを縫う。 縫い代をアイロンで割っておく。 蓋に出したいポイント柄がある場合は、上下を間違わないよう要注意。 B布とC布を縫い合わせる。 B-2とC-1のラインを合わせて中表に重ね、生地端から1cmのラインを縫う。 縫い代はアイロンで割っておく。 全部が繋がるとこんな感じ。 ) クリップ付け用紐の、両端からそれぞれ4cmの部分に印を付ける。 画像のようにA布とB布の切替ラインに紐を合わせる。 (紐の縫い目と重ねるように縫うと見た目が綺麗) 縫えるとこんな感じ。 …が、面倒な場合は左右4cmのラインだけ縫ってもOKです。 お好みでどうぞ。 紐の端を本体布の生地端から2mm程度内側にずらした状態にし、端から5mmのラインで縫っておく。 (本体と紐に少し空間が出来るので、表に返した時に生地の厚みによるシワを軽減すると共に、クリップが通しやすくなる) 反対側も同じように縫う。 アイロンでA布の端を1. 5cmのラインで折る。 一度開いて、更に半分に折り目を付ける。 最初の折り目で再度折り込み、生地端から2mmのラインを縫う。 だいたい7〜8mm程度の三つ折りになっていればOK。 反対のC布の端も同じように縫う。 本体布を 表が見えるように置く。 幅1cm程度になっていればOK。 (この部分がマチになる) 次にC布側を折っていく。 本体布を 裏が見えるように置く。 画像を参照に、A布とC布の端を隙間が出来ないように付き合わせる。 B布の端が自然に折れる部分にアイロンをかける。 本体布の折り込み完了。 (こうすることで本体を縫う時に内側に妙な隙間が出来てしまうことを防ぐ。 テープではなく仮縫いでもOK) 生地端から1cmのラインを左右それぞれ縫う。 縫う時に裏側の縫い代がめくれて巻き込んでしまわないよう要注意。 縫えたら四隅を三角に切り落とす。 縫い代をアイロンで割っておく。 A布とC布の間がそのまま返し口になっている。 生地を表側にひっくり返す。 第1段階はこんな感じ。 蓋の角を目打ちなどで整える。 ポケット部分をくるりとひっくり返す。 それぞれのポケットの内側に手を入れてマチの形を整え、全体にアイロンをかける。 移動ポケットの完成です。 ふっくらとした2cmの三角マチ。 市販のポケットティッシュがぴったり入るくらいのサイズ感です。 縮小・拡大無しで、A4用紙3枚で印刷可能。 Adobe Acrobat Readerをお持ちで無い方は、先に無償ダウンロードしてからご利用下さい。 型紙は縫い代込みです。 印刷したときに記載してある5cmのラインが、実際紙の上で5cmになっているかどうかだけご確認下さい。 【商用利用について】 個人の範囲に限り商用利用を許可します。 当ブログの型紙で作った物をminneやメルカリ、バザー、フリーマーケットなどで販売するのはOKです。 企業(法人)、店舗、有料教室での利用・二次配布は 固くお断り致します。 【ちょっとアレンジ1〜移動ポシェット〜】 女の子の場合、ワンピースを着てしまうとウエストにクリップが付けられない!という場面もありますよね。 ワンピースじゃ無くてもちょっと長めのトップスを着た時や、そもそも「 腰にクリップが当たるのが嫌!」…なんていうお子さんも。 そんな場合にはこちら。 こんな感じどんな服装でも問題無く使えます。 上着の上からでもOK。 【蓋に丸みを付ける】 型紙1にある「角丸み図」を切り抜き、画像のように置いて印を付ける。 丸み通りに縫い、余分な部分をカットしてから表に返す。 こんな感じの蓋になります。 【蓋に角を付ける】 画像を参照に斜めの線を入れて縫い、余分な縫い代部分をカットしてから表に返す。 仕上がりはこんな感じ。 【マジックテープアレンジ】 【追加材料】 ・マジックテープ(面ファスナー)1対…2. 5cm幅を2cm 【つける位置】 A・B・Cを縫いつなげて一枚にし、上下を三つ折りにした状態で縫い付けます。 凹(柔らかい方)はA布の三つ折りをした縫い目のすぐ下に。 凸(ちくちくする方)はB布とC布の切り替えラインから測って 12. 5cmのラインに、マジックテープの上側が来るように縫い付けて下さい。 この状態から後は同じように縫い進めていくと、画像のようにマジックテープが来るようになります。 またマジックテープの角を画像のように丸く切っておくと、使うときに手などへの当たりが優しくなります。 ぜひお子さんの好きな生地を選んで作ってみて下さいね。 作り方と型紙がお役に立ちましたら、ポチッと応援クリックをお願いします。 我が家の長女にも必要だろうと思い、小学校に入学する時に数点作りました。 その時の移動ポケットはこちら。 この時はどのタイプが良いのかまだ未知数だったため、マチの無いぺったんこタイプで作りました。 入学から丸2年が経過し、移動ポケットもだいぶ傷んできたので新しく作り直すことに。 そんな訳で新しく作った移動ポケットはマチ有りタイプ! 基本構造としては以前作ったのと同じで、ハンカチ用ポケットとティッシュ用のポケットが1つずつ付いたタイプ。 まずはこちら「三角マチ」タイプ。 横から見ると小さな三角が表に出ている、ちょっと可愛らしい感じのマチです。 これは自立したマチなので、中に何も入れていない状態でも移動ポケット自体は立体的になっています。 中に厚みのある物を入れやすい反面、結構かさばるのが気になるところ。 もう一つはこちらの「折りマチ」タイプ。 「折りマチ」といえば、コップ袋なんかの巾着袋系によく登場するマチですよね。 ちなみにマチ幅はどちらも同じ 2cm。 …なんですが、中に全く同じティッシュを入れた状態でも心なしか「折りマチ」タイプの方が平たい感じでした。 と言うわけで、早速長女に付けてみて貰いました。 移動ポケットとしてはごく普通くらいでしょうかね。 いわゆる市販のポケットティッシュがゆったり入る大きさです。 マチが付いたぶん、以前のタイプより出し入れがしやすくなった!と、本人談です。 折りマチタイプも試着。 そう言えば今回もマジックテープはつけませんでした。 片手でサッと取り出せる方がいい!と言うので…。 でも蓋はあった方がいいんだそうです。 ん〜〜〜〜〜……。 うん、そっか。 2年前に作った移動ポケットと今回の移動ポケット。 マチがある以外は見た目はほとんど一緒なんですが、生地の折り方というか縫い方が結構違います。 1番の違いは、今回の移動ポケットは 「返し口」を閉じる作業が無い!…という点。 これは地味に作業が楽でした。 そんな訳で新作の移動ポケット2種類。 今や小学生の必須アイテム…だそうなんですね、この「移動ポケット」というアイテムは。 私が子供の頃には当然存在しませんでした。 でもハンカチとティッシュを常に持ち歩くように出来るというのは良いことですよね。 長女は来月からいよいよ小学生。 うーん小学生ならではですね。 今回まず最初に作ってみたのは、 ・ふた有り ・ティッシュ取り出し口有り ・ボタン無し 本体とふたで布を切り替えて、クリップ用のベルトはふたと共布で作成。 マチが無いぺったんこタイプ。 結構存在感ある感じ…。 何やら移動ポケットが付いていると一気に小学生っぽさが増した気が(気のせいか?) これから実際に使って貰って、使いやすいように改良していきたいアイテムですね。 とりあえずあと何個か長女のリクエスト生地で作っておこうかと思います。 3月いっぱいは入学グッズ作りを頑張らねば。 夜な夜な頑張る母へ、ポチッと応援クリックをお願いします。

次の