郵便 屋 さん 縄跳び。 大縄跳びで。

郵便屋さん(縄跳び歌)八頭町宮谷/とりネット/鳥取県公式サイト

郵便 屋 さん 縄跳び

郵便屋さんの歌を歌いながら、長縄(大縄)を跳びます。 一枚二枚と手紙を拾うように地面に手を付けます。 ゆうびんやさん。 縄遊び、わらべ歌。 郵便屋さんの遊び方 長縄の「回し手」を2人決めます。 他の人は「子」になり長縄を跳ぶ順番に並びます。 みんなで郵便屋さんの歌を歌います。 「郵便屋さん ハガキが10枚落ちました 拾ってあげましょ」と歌いながら、回し手は長縄を振り子のように左右に振ります。 子は長縄を跳びます。 「1枚 2枚 3枚・・・」と歌いながら、持ち手は長縄を大きく回します。 子は長縄を跳びながら、右手で地面を触ってハガキを拾う真似をします。 左手は腰の辺りに付けて、カゴを持つ真似をします。 10枚まで数えたら、子は「ありがとさん」と言って、長縄を両足でまたいで止めます。 遊んでいる途中で縄に引っかかってしまったら、回し手と交代して次の子が跳びます。 コツとポイント 10枚で終わりにせずに、跳べるどこまで跳ぶ遊び方もあります。 跳べた回数を競います。 エンドレス。 長縄を回している状態から始める遊び方もあります。 回っている長縄から外に出て終わりにする遊び方もあります。 郵便屋さんの歌詞 郵便屋さん ハガキが10枚落ちました 拾ってあげましょ 1枚 2枚 3枚 4枚 5枚 6枚 7枚 8枚 9枚 10枚 ありがとさん わらべ歌は地域によって歌詞が違います。 口伝で伝えられるうちに、歌詞が少しずつ変わり、多様な遊びへと変化していきます。 あなたが知っている郵便屋さんの歌詞を教えて下さい。 住んでいた地域も知りたいです。 コメント欄に書いて下さい。

次の

『郵便屋さんの図像学』│金井真紀「きょろきょろMUSEUM」

郵便 屋 さん 縄跳び

縄跳びを跳ばない遊び方 縄の上を渡る 地面に置いた縄の上を歩きます。 まっすぐだったりグニャグニャにしたり。 みんなの縄をつないで、長い道を作っても面白いですよ。 大勢で参加できる遊びになります。 綱引きに使う 縄が丈夫なものであれば、綱引きに使ってみましょう。 長縄の端を結んでつなげれば、いろんな方向から引っ張ることもできます。 相撲に使う 子ども用の縄を2本つなげて輪を作り、その中で相撲ができます。 1本分の長さの輪なら手押し相撲に調度良いです。 縄を4つ折りにして、2人でそれぞれの端を持ち、引っ張り合います。 そうすると、手押し相撲の反対、引き相撲です。 ロープやリボンとして使う 縄の端をズボンの中に入れて、反対の端が地面につかないよう走ります。 忍者の修行です。 新体操のリボン、電車ごっこ、しっぽ取り、魚釣りなど、いろいろと使えます。 いろはにこんぺいとう 縄を持つ人を2人決めます。 縄は2本使います。 歌い終わったら手を止めて、縄をピンと張ります。 他の人たちは、この間、後ろを向いて目隠しをしています。 歌の後で、上か下か真ん中を選び、縄の方に向き直ります。 縄の上か、縄の間か、縄の下か、選んだ場所を、縄に当たらないように通り抜けます。 当たってしまったり通れなかったりしたら、持つ人と交代です。 ルール、歌詞ともに、地域によっていろいろです。 フープの代わりに使う 輪にした縄をくぐる。 空中に投げてくぐる。 並べてケンケンパをする。 フープの代わりにすると、いくらでも遊び方が考えられます。 柔らかいので、投げてもフープより安全です。 いろいろな跳び方で跳ぶ 地面に置いた縄を跳ぶ まずは、動いていない縄を跳んでみましょう。 なにかを跳びこえることで、自分に向かってくる縄を跳ぶ感覚につながります。 また、いろいろな跳び方をすることで、体が自由に動かせるようになってきます。 レベル1 一回ずつ縄の方を向いて跳ぶ 地面に縄をまっすぐ置きます。 縄を跳びこえたら、体の正面を縄の方に向けて、また跳びこえます。 子どもが大縄跳びをするときに、最初は一回ずつ縄の方に向き直って跳びますよね。 あの跳び方です。 レベル2 横にジャンプして縄を跳ぶ 地面に縄をまっすぐ置きます。 縄の方を向かずに、左右にジャンプして、縄を跳びこえます。 慣れないうちは、相当大きくジャンプするはずです。 大縄跳びに慣れてくると、向かってくる縄を見ずに、回している人の方を見て、その場で跳びますね。 あの跳び方に近いです。 レベル3 前後にジャンプして縄を跳ぶ 地面に縄をまっすぐ置きます。 最初は縄の方を向いて、跳びこえます。 そのまま、体の向きを変えずに、後ろ向きでジャンプして、跳びこえます。 これを何度か繰り返します。 レベル4 大きいジャンプで縄を跳ぶ 地面に縄をまっすぐ置きます。 レベル1~3と、跳ぶ方向が90度変わります。 縄の端の方に立って、縄に沿って跳びます。 縄と比べてどのくらい跳べるか、試す跳び方です。 子どもに親しみやすいようにレベル1~4という表現をしましたが、これは適当につけただけです。 レベル2や3は、子どもによっては全然できません。 レベル4は、子どもに跳びこえられるはずがありません。 ゲーム感覚で楽しんでくださいね。 親子の活動でやっても盛り上がりますよ。 地面から離した縄を跳ぶ 地面から離した縄も跳んでみましょう。 地面から少しずつ離して、高く跳べるようにするときは、安全に気をつけて。 子どもに合わせて、マットなどの用意もしてくださいね。 縄を斜めにして、左右の高さを変えると、子どもが自分で好きな高さを選んで跳べます。 ゴム跳び・ゴム弾のような跳び方をするのであれば、安全のために、縄ではなくゴムにしましょう。 動いている縄を跳ぶ ロープ回し 真ん中で1人が縄の端を持ち、地面を擦るように回します。 残りの人が回ってきた縄を跳びます。 長い縄を使うと、大人数で遊べますよ。 縄の端に当たることもなくて、痛い思いをしなくてもすみます。 波、ヘビ 大縄で、縄を横に揺らしたり縦に揺らしたり。 その場で跳んでも良いし、走り抜けても良いです。 みんなでキャアキャア言いながら楽しめます。 縄に当たった人は、縄を持つ人と交代しても良いですね。 縄以外の物を跳ぶ 縄を跳ぶのに慣れてきたら、他の物も跳んでみましょう。 ボールや棒を跳びこえる。 跳び箱の段の上に跳び上がる。 これらのように、縄以外の物を組み合わせても面白いですよ。 縄跳び歌で大縄跳びをする 「大波小波」、「郵便屋さん」ともに、歌詞は各地で違うので省略します。 子どもが跳ぶペースに合わせて、じっくりと付き合いましょう。 子どもが楽しんでできるのが一番です。 このときの 順番待ちも、友達との関わり方やルールを学ぶ大切な場面です。 大縄跳びをすると、友達との関わり方が大きく変わってきますよ。 大縄に入る、かけぬける 回っている縄を追いかけて、みんなで走りぬけてみましょう。 できない子どもも、手をつないで走るとタイミングが分かります。 向かってくる縄を跳びこえて入る方が難しいですよね。 もう跳べるようになった子どもが、入るタイミングで声をかけてくれます。 「今、今、今」とか「はい、はい、はい」とか。 縄が怖くて、縄から離れすぎてしまうときには、待つ位置に目印をつけてみましょう。 ダブルダッチをする ダブルダッチは、 自分1人で跳ぶ縄跳びよりはずっと簡単です。 理由は、子どもが縄を回さなくて良いから。 回っている縄に入る必要はありません。 縄2本の間に立った状態から始められます。 大縄を跳びこえて入ることができるなら、ダブルダッチも回っている状態に入ることができます。 ダブルダッチの利点 ・友達と一緒に跳んだり友達を応援したりする ・いろんな跳び方をするので、リズミカルに跳ぶことができるようになる ・跳びながら回る、出たり入ったりする、側転するなど、子どもがいろいろな技を考える ・順番待ちの間に、「特訓してくる。 」と言って、いつの間にか前跳びなどができるようになる ダブルダッチのやり方は をご覧ください。 自分で縄を回して跳ぶ ここまで紹介してきた遊びを十分にしていれば、リズミカルに跳べるようになっているはず。 あとは縄をうまく回すだけです。 片手で縄をまとめて持って、片手だけで回してみる。 エア縄跳びをする。 うまくできない子どもに教えるのであれば、これがオススメです。 縄跳びの技を教えるのであれば、気をつけてもらいたいことがあります。 あや跳びの方が、交差跳びより難しいです。 子どもたちが自主的に技を増やしていくと、交差跳びの方が先にできるようになります。 もちろん、子どもによって、何を難しいと感じるかは違うので、あや跳びの方が簡単にできる子どももいます。 子どもの姿に合わせて、順番にはこだわらずに教えてくださいね。 2人跳び・仲良し跳び 1人が回して、もう1人が前から縄に入る。 回している人の後ろから入る。 入る人数を増やす。 2人が横に並んで、2人で縄を回す。 ここまでくると、いくらでも技が増えていきます。 縄跳びを通しての経験 縄跳びは1人でやっても楽しいです。 でも、大縄やダブルダッチ、仲良し跳びなど、友達との関わりもたくさんあります。 他にも、縄跳びを通して、いろいろな経験をすることができます。 ある幼稚園で、子どもが大縄跳びに入ろうとしていました。 タイミングがつかめなくて、毎回、縄が頭に当たってしまいます。 そのたびに、「あれ~?」と言いながら、何度も笑顔で繰り返します。 何度も繰り返した後、最後には、タイミングをつかんで、入れるようになりました。 この子どもは、「何回も頭に当たって面白かった。 」と言っていました。 イメージでは縄に入れるはずなのに、なぜか頭に当たってしまうことが不思議だったようです。 うまくいかないことを気にしないどころか、それ自体を楽しむ。 素晴らしい経験ですよね。 あきらめない、うまくいく方法を考えていろいろと試す、新しい跳び方や遊び方を考える・・・ いろいろな経験をしましょうね。 縄跳びに限らず、子どもの発達に合った遊び方をすることが、とても大事です。 他の遊びについての記事も、チェックしてくださいね。 関連記事はコチラ 最後まで読んでいただき、ありがとうございます。 「もっといろいろと知りたい」という方は、 や、このサイトの記事が一覧になったをご覧ください。 保育に携わるみなさんが 元気で明るく働けるよう 「保育塾」は3つの企画を行っています 「保育塾」のサイトをご覧のみなさん、講演やワークショップの依頼、お問い合わせ等をしていただき、ありがとうございます。 「保育塾」では、個人の方にも気軽に参加していただけるよう、 研修・ワークショップの一部を、無料で公開しています。 子どもの見取り• ねらいや内容• 保育者の援助• 指導要録・保育要録 主にこれらについて、1回10分から20分くらいの内容を、数回に分けてお届けします。 完全無料です。 自分のペースでOK。 途中でやめたくなったらやめてもOKです。 「やってみたい」「もう少し詳しく知りたい」という方は、 大阪の園より求人情報が届いています。 神奈川の園より求人情報が届いています。 既存の保育求人サイトや、ハローワークの条件には足りないものがあります。 みんなが知りたいのは給料や勤務地、表向きの労働時間だけではありません。 もっと知りたいのは、• 園の保育観• 勤めている人たちの価値観• 具体的に子どもに何を求めているか• 詳しい勤務形態 などです。 保育塾は、価値観の近い保育者と園が、互いに納得した上で働くことのできる仕組みを作りました。 保育塾は、 業者ではないので、料金は一切かかりません。 ただ、積極的な勧誘なども一切しませんので、気長に待てる方はご利用ください。 保育塾のサイトで「イベントの告知」「作品の宣伝」その他もろもろの情報発信をしてみませんか? 基本的に、掲載料はいただきません。 イベントの参加料や商品が高額の場合、また業者の場合は、相応の料金をいただきます。 保育に関するブログを書いている方、いませんか? 一緒に保育界を盛り上げていきましょう。 要望があれば、できる範囲でサポートさせていただきます。 保育所保育指針の解説を30分に一回程度つぶやきます。 指針の理解だけでなく子育てのヒントになりうる事が沢山あります。 保育士だけでなく、子どもに関わる全ての方に役立つと思います。 を是非フォローしましょう。 保育士必見。 保育所保育指針を配信している、のツイートを見てみましょう!! きしもとたかひろさん ツイートを見て、ファンになりました。 本当に子どもと真摯に向き合って、保育のことをすごく考えて、本気で「保育業界は変わらなければならない」と思って活動をしておられます。 あなたは「実習生に敬意を払って学ばせてもらう」って、思ったことありますか? この言葉を見て、その日のうちに掲載許可を頂いて、このコーナーを作りました。 ツイッターをしていない人も、ぜひ見てください。 固定ツイートの「きしもとさん」 どの立場から子どもを取り巻く世界を良くしていくかを、真剣に考えました。 いまの保育業界を本気で根っこから変えられる仕組みを研究しています。 みんなが子どもの可能性をとことん信じて、子どもにとって最善となる保育ができるよう、おもしろいことをしていきたいです。 — きしもとたかひろ 1kani1dai 最近の「きしもとさん」 好きな手術がしたくてしょうがない医者と、患者に合わせた治療法を提案する医者のどちらがプロで信頼できるかと聞かれたら、一目瞭然だよね。 保育者がしたい保育ではなく、その子どもがなにを必要としているかを考えて保育ができたらいいよね。 その中の選択肢のひとつに自分の特技があったらいいよね。 — きしもとたかひろ 1kani1dai インタビュー記事がほいくライフさんで掲載です。 全3回です。 第1回はぼくの身の上話が中心なので誰が興味あるんだろう…と心配ですが、回を追うごとに面白くなっていくのでぜひ読んでもらえたら嬉しいです。 ライターさんの真摯さと熱量でとてもいい記事になっています。 — きしもとたかひろ 1kani1dai 承認欲求が良くないことみたいに言われるけれど、それが欲しいと思っているなら今そういうコンディションってことだから「そんな自分はダメだ」って思って自己嫌悪になって身動き取れないくらいなら、目の前の承認欲求をまずは満たしてあげてエネルギー貯めて次に進めばいいと思う。 なんでもバランス。 — きしもとたかひろ 1kani1dai よく「仕事が遅いからサービス残業してもしょうがない」って聞くけど、僕らは労働時間に対価をもらっているから成果が出なくても怠慢や過失でなければ残業代は発生するし、時間内に仕事が終わらないのはマネジメントのせいだからあなたのせいではないし、そこんとこ管理職はちゃんとわかってないとね。 — きしもとたかひろ 1kani1dai 自分で書いたコラムを読み返してる。 やっぱり自分のために書いているんだなあと実感する。 今日は昼出勤だったので、午前中に次の原稿をあげるつもりだったのに、昼前まで寝てしまった。 気持ちよかった。 電車に乗る前に買ったポカリを座席に置き忘れた。 — きしもとたかひろ 1kani1dai 箸の持ち方が話題になっているようなので、一つの視点として読んでもらえたら。 — きしもとたかひろ 1kani1dai ある人が発した価値観や視点を見て「間違っている」と思ったとしても、それをその人の全てだと思わないようにしていたい。 みんなどこか間違っていて、その間違いも文脈や背景を知れば間違いではなかったりするから。 奥行きを想像できたらいいなと思う。 — きしもとたかひろ 1kani1dai 主体性を尊重するうえでその子自身が「選択できる」ということが大切なんだけど、同時に「選択しない」という選択もあるということを知っておかなければならない。 自分で選ぶということをしんどいと感じる子もいるし、選ばないという選択肢も含めて尊重されて、その子は自分で選べるようになっていく。 — きしもとたかひろ 1kani1dai 外した机に置いたりしないようにお願いしたところ、マスクを外さずにおやつを食べるための最適解を編み出した子がいたのでイラストにしておきました。 よかったら参考にしてください。 — きしもとたかひろ 1kani1dai 傷つけようと思っていなくても誰かを傷つけてしまうことはある。 なにをどうしたって誰も傷つけないというのは難しいことなのだと思う。 けれど、どうせ傷つけてしまうからというのを言い訳にして傷つけるなら、それはもう故意だ。 どれだけ気をつけても事故は起こるけど、ハンドルは離さないでいようよ。 — きしもとたかひろ 1kani1dai 原稿を書いてるときに「あ、これ次のネタに置いておこうかな」と思うけど、いや今思ってることなら今書いておこう次は次で何かしら書きたいこと出てくるだろうと思って書いちゃうからいつも長くなっちゃうんだけれど、次も読んでもらえるかわからないんだからそれでいいよね、と思って書いてますいま。 — きしもとたかひろ 1kani1dai 「余裕がある」というのを「余っている」と認識してその余白を埋めてしまうと、今まで無理なくやっていたことでもうまくできなくなることが。 サボっているのではなく必要な時間。 できるのは人の質ではなく、たまたま余裕を持てる環境だから。 余裕があるからできている、というのを忘れないように。 — きしもとたかひろ 1kani1dai 私もツイッターやってます。 ツイッターで主に書いているのは、ブログで書いた記事の裏話や、全国で保育をしているみなさんとのやりとり、我が子の様子などです。 フォローよろしくお願いします。

次の

ながなわのときの歌(わらべうた?)

郵便 屋 さん 縄跳び

郵便屋さんの歌を歌いながら、長縄(大縄)を跳びます。 一枚二枚と手紙を拾うように地面に手を付けます。 ゆうびんやさん。 縄遊び、わらべ歌。 郵便屋さんの遊び方 長縄の「回し手」を2人決めます。 他の人は「子」になり長縄を跳ぶ順番に並びます。 みんなで郵便屋さんの歌を歌います。 「郵便屋さん ハガキが10枚落ちました 拾ってあげましょ」と歌いながら、回し手は長縄を振り子のように左右に振ります。 子は長縄を跳びます。 「1枚 2枚 3枚・・・」と歌いながら、持ち手は長縄を大きく回します。 子は長縄を跳びながら、右手で地面を触ってハガキを拾う真似をします。 左手は腰の辺りに付けて、カゴを持つ真似をします。 10枚まで数えたら、子は「ありがとさん」と言って、長縄を両足でまたいで止めます。 遊んでいる途中で縄に引っかかってしまったら、回し手と交代して次の子が跳びます。 コツとポイント 10枚で終わりにせずに、跳べるどこまで跳ぶ遊び方もあります。 跳べた回数を競います。 エンドレス。 長縄を回している状態から始める遊び方もあります。 回っている長縄から外に出て終わりにする遊び方もあります。 郵便屋さんの歌詞 郵便屋さん ハガキが10枚落ちました 拾ってあげましょ 1枚 2枚 3枚 4枚 5枚 6枚 7枚 8枚 9枚 10枚 ありがとさん わらべ歌は地域によって歌詞が違います。 口伝で伝えられるうちに、歌詞が少しずつ変わり、多様な遊びへと変化していきます。 あなたが知っている郵便屋さんの歌詞を教えて下さい。 住んでいた地域も知りたいです。 コメント欄に書いて下さい。

次の