口内炎 治し 方 食べ物。 噛んだときの口内炎ってすぐ治らないから早く治す方法を調べた

噛んだときの口内炎ってすぐ治らないから早く治す方法を調べた

口内炎 治し 方 食べ物

口内炎予防にいい飲み物とは? 1-1 緑茶や紅茶 日本人にはおなじみの緑茶や、リラックス効果もある紅茶は、カテキンを豊富に含む飲み物です。 このカテキンは殺菌効果が強く、口の中の雑菌を洗い流してくれます。 あまりに熱い温度の飲み物では、やけどをしたりして口の粘膜を傷つけることにつながってしまいますが、ほどほどの温かさなら口内炎に対してよい作用をもたらします。 殺菌効果があるので、食後に歯みがきができないときは、緑茶や紅茶を飲んで口の中をさっぱりとさせるのもおすすめです。 紅茶を飲むときには砂糖が含まれていない無糖の物を選ぶのを忘れないようにしてくださいね。 1-2 トマトジュース 口内炎を改善するためには、栄養バランスのいい食事を選ぶことが大切です。 とはいえ、忙しさにかまけてなかなかそこまでの余裕がない方も多いでしょう。 そんな人は、食事に1本、トマトジュースを付け加えてみてはいかがでしょうか。 トマトに含まれるビタミンB2やルチン、リコピンなどは、抗酸化作用が強く炎症を抑えるのに役立ちます。 通常のトマトを食べてもいいですが、トマトを切ることも大変な方は、ストックとしてトマトジュースのパックを常備しておくといいですね。 1-3 はちみつ入りのドリンク はちみつには殺菌作用があるので、口の中のばい菌をやっつけてくれる可能性があります。 他の糖分を含んでいては口の中の細菌を増やすきっかけになるのでよくありませんが、ゆずを絞ってはちみつを加えたゆずはちみつドリンクなど、自家製のドリンクの甘みに使うのはおすすめです。 お砂糖は虫歯の原因にもなり、口内炎にはよくありませんので、例えば「甘い紅茶が飲みたい」という場合は、甘みにはちみつを使うといいかもしれませんね。 しかも、はちみつは栄養自体も豊富なので、口内炎のせいで食事がとりづらいという場合の栄養補給としてもすぐれた力を発揮します。 1-4 麦茶 麦茶には抗酸化作用があるので、口内炎の炎症の改善や予防などにも役立ちます。 夏の冷蔵庫には麦茶をストックして、いつでも飲めるようにしておくといいかもしれませんね。 これだけを飲めば口内炎が治るというものではありませんが、麦茶に含まれるアルキルピラジンは血液をサラサラにする働きがあります。 代謝が良くなるという意味でも、口内炎に対してよい作用が期待できます。 口内炎の症状緩和には 2-1 患部を刺激しない飲み物を 熱すぎるもの、冷たすぎるものなど、患部を刺激しない飲み物を選びましょう。 中でも牛乳などは粘膜を保護してくれるので、氷などを入れないようにして、冷たすぎない程度にして飲むといいでしょう。 寒い時期であれば、人肌に温めたホットミルクを飲むのもおすすめです。 牛乳の脂肪分が患部を覆ってくれるので、痛みがつらい人にも比較的飲みやすいでしょう。 2-2 砂糖の入った飲み物は避ける 砂糖の入ったジュースなどの飲み物は口内炎にはよくありません。 砂糖は口内炎の回復に必要なビタミンの消費量が多いので、改善を遅らせる原因になりやすいのです。 特にジュース類は砂糖の含有量が多いので、できるだけ避けるようにしましょう。 2-3 強いカフェインにも注意 コーヒーなどは強いカフェインが含まれます。 実際に飲んでみても、しみたり痛みを感じたりすることは少ないかもしれません。 しかし実は、コーヒーのカフェインも粘膜の刺激になり、炎症を悪化させる可能があります。 カフェインはコーヒーが最も含有量が多く、刺激も強いです。 そのため、眠気覚ましなどでカフェインがとりたい場合でも、できるだけ含有量が少なめのお茶などを選ぶようにして、粘膜を刺激しないように注意しましょう。 2-4 口内炎になったら水分摂取に注意? 口内炎になると、しみる痛みから水分の摂取を控えがちになります。 脱水症状にならないように、できるだけ口内炎でも水分を摂取するように意識してください。 口の乾燥はさらに口内炎を悪化させる可能性もありますので、水分摂取は積極的にするべきです。 飲み物がしみるから、痛いからと控えれば、粘膜が乾燥して改善を遅らせる結果となるので注意してください。 意識したほうがいい栄養素 3-1 ビタミンB群をジュースで 口内炎が痛いときは、食欲も減退しがちになります。 そんなときは野菜や果物のジュースなどで栄養補給するのがおすすめです。 特に意識したいのがビタミンですが、中でもビタミンB群は代謝に関係しているので、口内炎の改善に役立ちます。 積極的に摂取するといいでしょう。 ビタミンB群がたっぷりの飲み物を飲むなら、ビタミンB6が含まれるバナナと、ビタミンB2が含まれるミルクを使って、バナナジュースを作ってもいいでしょう。 バナナジュースは喫茶店やジュースバーなどでも売られている事が多いので、外出先などでも口にしやすいかもしれません。 口内炎が痛くてしみる場合も、バナナジュースならミルクの粘膜が保護してくれるので、比較的痛みを軽減できるでしょう。 3-2 スープもおすすめ 口内炎にはスープもおすすめです。 栄養素をたくさん摂取するのには、いろんな材料を一度に煮込めるスープはうってつけです。 ビタミンCは豊富でも、なかなか酸味のあるイチゴなどは食べることが難しいものですが、同じビタミンCでも、ブロッコリーやパセリなどの緑黄色野菜をスープにすれば、比較的痛みを気にすることなく摂取ができます。 また、ゴツゴツとした食材は、口の中に入れたときに粘膜を刺激して痛みを感じやすいです。 そのため、ミキサーで滑らかにしたり、具を柔らかく煮たりして、なるべく患部への刺激を減らしましょう。 他にも、ビタミンAが豊富なニンジンやカボチャもおすすめです。 ミルクなどと一緒に煮込めば、まろやかなポタージュになります。 ミルクが口内炎への刺激を緩和してくれるので、痛みなども比較的感じずに済むでしょう。 スープを作るときには、塩分をたくさん入れないように注意してください。 唐辛子やコショウなど、患部を刺激しないように味つけも薄めに、やさしくしましょう。 口腔アレルギーが原因のケースも 4-1 飲み物で口内炎ができる!? 口内炎の中には、アレルギーが原因で発生するものもあります。 例えば、パイナップルやキウイフルーツなどは、舌がピリピリしたりしますが、それらがアレルギーの原因となって炎症を起こし、口内炎のきっかけとなる可能性があるのです。 また、すでに口内炎ができている場合は、さらに悪化させる要因ともなりかねません。 「これを食べると必ず口内炎ができる気がする」「いつも食べた後に口の中が痛くなる」ということがあれば、それらの食材を使ったジュースなどは口にしないようにしてください。 アレルギーが起こりやすいものとしては、豆乳などのフルーツ以外のものが関係していることもあります。 これまで問題がなくても、突然アレルギー症状が出ることもあるので注意してください。 まとめ.

次の

口内炎でもしみない食事レシピ(口に優しい痛くない料理を)

口内炎 治し 方 食べ物

スポンサーリンク 口内炎は口の中だけが原因ではない 口内炎と言えば口の中や舌などが 赤く腫れて水膨れのような症状が 出来てしまいます。 その事から口内炎は口の中の粘膜を 傷つけた時にそこから、細菌やウイルスが 入ってしまって炎症を起こしてしまう と考えてしまいます。 確かにこれは口内炎が出来てしまう 原因としてあっているのですが それだけではなく普段の毎日の生活の 食べ物や食事にも口内炎を作って しまう原因があるのです。 口内炎にはいくつもの種類があり それによって症状や痛みも違って きますし 口内炎の種類や症状についてはコチラの 記事に詳しく書いてあります。 そこで口内炎を早く治していき 且つ出来にくくするためにおすすめ なのが食べ物で 特にビタミン不足を補って健康な体を 作っていく事も大事になってきます。 ビタミンがおすすめと言ってもビタミン にも色々な種類があるので、その中でも 特に口内炎におすすめのビタミンに ついて書いていきますね。 ビタミンB2 まずはビタミンB2です。 ビタミンB2は ・脂質の代謝を高めてくれる ・悪い過酸化脂質を無くしてくれる ・皮膚や粘膜を守ってくれる ・炎症の痛みを和らげてくれる ・健康な状態を維持してくれる このような効果を体に与えてくれて 働きかけてくれます。 スポンサーリンク ビタミンB2を多く含む食べ物は ・うなぎ ・卵 ・魚肉ソーセージ ・納豆 ・レバー ・海苔 ・ほうれん草 ・しいたけ などに多く含まれているので あっ最近食べていない物があるなって 思った場合は出来るだけ食べてみて ください。 ビタミンB6 次は、ビタミンB6です。 ビタミンB6は ・タンパク質をアミノ酸にしてくれて そこからより良いタンパク質を作ってくれます。 ・皮膚をいい状態に保ってくれます。 ・体の精神状態を良くしてくれるセロトニン という脳内物質を作り出してくれます。 ストレスや毎日の疲労で心や身体が 疲れてしまうとそれが原因で口内炎が 出来てしまいますからね。 ビタミンB6を多く含む食べ物は ・まぐろ ・にんにく ・鶏ささみ ・レバー ・キャベツ ・大豆 ・卵 ・かつお などに多く含まれています。 ビタミンB6っていう言葉をあまり 知らなかった僕には、新しい発見 がありましたね。 ビタミンC 最後はビタミンCです。 ビタミンCは ・細胞の状態を守ってくれる ・口内炎の治りを早くしてくれる ・口の中の免疫力を高めてくれる ・ストレスから守ってくれる このような効果があるのですが 口内炎の治りを早めてくれる効果や 特にストレスから守ってくれる 抗ストレスホルモンを作り出して くれるのはとても大事ですよね。 ビタミンCを多く含む食べ物は ・ピーマン ・ブロッコリー ・カリフラワー ・アセロラ ・柿 ・グレープフルーツ ・パイナップル などに多く含まれていますね ただビタミンCは、熱を加えたり 水で洗い流すと大事な栄養素が 無くなってしまうので 加熱したり洗う時間は短くする方が より栄養素を取り入れやすいです。 生で食べれる物はそのまま生で 食べると効果が大きいですね。 口内炎を早く治すのに はちみつがおすすめな理由については コチラの記事に書いてあります。 口内炎は、口の中の粘膜から細菌が 入ってしまったり、体の免疫力が 弱ってしまいそれで粘膜も弱くなって しまいます。 自分で誤って口の中を噛んでしまう 以外は、毎日の生活習慣や食べ物に 注意しながら 健康な体を維持していく事が大事に なってきますので、その為にも 食事に注意してビタミン不足に ならないようにしていってください。 ビタミンが大事といって偏った食べ方を してしまうといけないので、バランス 良く出来るだけとっていってください。 口内炎を治すのにおすすめの飲み物に ついてはコチラの記事に書いてあります。

次の

予防と緩和!口内炎にいい飲み物ってなに?

口内炎 治し 方 食べ物

この記事の執筆専門家 看護師 助産師 青井梨花 株式会社 とらうべ 社員。 病院や地域の保健センターなど、さまざまな機関での勤務経験がある助産師。 現在は、育児やカラダの悩みを抱える女性たちの相談に応じている。 はじめに 食事中につい頬の内側をかんでしまったその数日後、「口の中がしみて痛い!」というきっかけで、口内炎が出来ていたことに気づいた、といった経験をお持ちの方も多いのではないでしょうか? 口内炎が出来ると、お腹は空いているのに食事もままならない、会話をするのも擦れて痛いと、気分まで重くなりますよね。 そんなつらい口内炎の原因と適切な治し方についてお伝えします。 口内炎ができる原因は何? 口内炎とは、 口の中の粘膜に炎症が起きたものです。 境界がはっきりとした丸く白っぽいものから、赤みを帯びたもの、えぐれているものなど、 原因によって様々なタイプの口内炎がみられます。 そんなつらい口内炎が出来る原因にはどんなことがあるか、原因別の口内炎症状の特徴と一緒に見ていきましょう。 よくみられる代表的な ものをご紹介します。 カンジダ性口内炎 口の中に常在する「 カンジダ」というカビ(真菌)の一種が、何かのきっかけで過剰に増殖することで起きる口内炎です。 普段、健康なときには悪さをしない菌ですが、例えば風邪をひいていて免疫力が下がっている時や、入れ歯の汚れを落としきれていなくて口の中が不潔な状態になっていたり、乳幼児、妊婦、高齢者といった、 抵抗力の弱い場合にかかる可能性が高いです。 ・水ぶくれがやぶけた跡に 激しい痛みを伴う。 口内炎の治し方を伝授! このように様々な原因で起こる口内炎、不適切な方法で対処すると、かえって悪化する可能性もあります。 口内炎の適切な治し方を、原因別にお伝えします。 まずは、 生活リズムを整えることから、はじめましょう。 原因で紹介した例別に、生活リズムを整える上でのポイントを紹介します。 残業する日を決めよう 毎日残業でなかなか帰れない…まずは 残業する日を決めてみましょう。 でも、そんなうまくはいかないですよね。 そんなときは、夜更かしの対処法と一緒になりますが、出来るだけいつもと同じ時間に起きて、カーテンをあけ、太陽の光を浴びましょう。 体力が落ちている、と感じる時は、ビタミン剤のサプリメントや、栄養ドリンクを飲むのも奥の手です。 とはいえ、 ゆっくり睡眠をとることが重要です。 出来るだけ1日7時間程度の睡眠の時間をつくるようにしましょう。 栄養バランスの乱れ 1日3食、主食・主菜・副菜の揃った バランスの良い食事を心がけましょう。 しかし、忙しい毎日の中ではなかなか難しいところもあると思います。 まずは、口の中の粘膜に関係の深い栄養素である、 ビタミン B2 を意識して摂りましょう。 〇物理的な刺激による口内炎 熱い食べ物や飲み物を飲んだ、誤って噛んだ など まずは日頃注意して、 熱いものは出来るだけ冷まし、 誤って噛まないようにしましょう。 万が一、口の中を火傷したり噛んでしまった場合は、口の中を清潔に保つように 歯磨きや うがいをこまめにしましょう。 また、口内炎に、塗り薬や貼り薬、スプレーなど市販薬を用いてみるのも 1つの方法です。 虫歯や歯周病による口腔内の不衛生 口の中を清潔に保つように、 歯磨きや マウスウォッシュ、 うがい等を積極的に行いましょう。 また虫歯や歯周病は自分だけでは治すことが難しいので、歯医者さんで相談 しましょう。 入れ歯や義歯、矯正器具などの刺激や不具合によるもの まずは原因となっている 刺激を取り除くことが、症状改善の近道です。 原因が何なのか、それを取り除くのにはどうすれば良いのか、 歯医者さんで相談してみましょう。 またいずれにせよ、口の中が不衛生な場合に、口の中の細菌が繁殖してしまうので、歯磨きやうがい薬でのうがいをおこない、 清潔を保つよう心がけましょう。 〇アレルギーによる口内炎 義歯や歯の詰め物などの口の中に使用している金属など、 歯医者さんで相談し、アレルギーの 原因となるものを取り除きましょう。 〇化学的な刺激による口内炎 歯磨き粉の成分が刺激となって口内炎の炎症が起きている場合には、人工的に汚れを浮かせる合成界面活性剤という洗剤の入っていない、より 自然な素材でできたものにしてみましょう。 歯磨きの後も、丁寧にうがいをして、 すすぎ残しのないようにします。 どうしてもやめられない人は、すこしずつでも本数を減らしていきましょう。 また、口の中は有害物質が蓄積され、乾燥もすすんでおり、口内炎が出来やすい環境になっています。 例えば、毎食後の歯磨きの他に食間にもおこなう、トイレ後、手を洗う時にうがいもするなど、回数を増やして口の中の清潔を心がけましょう。 それが体調を崩したなど、体の免疫力が下がっているときに悪さをしてしまうのです。 まずは口の中を清潔に保つこと、 寝不足や栄養の偏りを治し、 生活リズムを整えることで、体調をキープしていきましょう。 それでも治らない場合は、病院を受診しましょう。 抗真菌剤という、カンジタ菌を殺菌する薬が処方されます。 カンジダ性口内炎は、健康な時にはかかりにくく、 他の重大な病気のサインのこともあります。 持病などお持ちの方は診察を受けましょう。 抗ウィルス薬で治療します。 だ液にウィルスが含まれますから、タオルや食器の共用や、キスは避けましょう。 口内炎のよくある質問!もしかしてそれって都市伝説? 口内炎を治すには、〇〇が効く!と巷で流れている噂があります。 それって本当に効くの? 看護師が口内炎のよくある質問に答えます! 口内炎にはいくつか種類があり、その中でも人にうつるものと、うつらないものがあり ます。 おもなものを ご紹介します。 〇うつらない口内炎 アフタ性口内炎 ストレスや睡眠不足などが原因で、身体の免疫が低下した時、口の中の粘膜も弱って荒れてしまった際に細菌感染して起こりますが、 自分の口の中の菌が患部に入って起こるものなので、うつりません。 カンジダ性口内炎 カンジダ菌は、元々ヒトの口の中にいる菌で、健康なときには他の菌とバランスを保ちながら、悪さをすることはない菌です。 しかし、病気などで免疫が低下したり、治療で抗生物質などの薬を長期に服用している場合 などに 過剰繁殖することによって発症するものなので、外部からうつることはありません。 カタル性口内炎 口の中をやけどした時や入れ歯などの歯科矯正器具の不具合など、 物理的な刺激によるものなので、うつりません。 アレルギー性口内炎 義歯や歯のかぶせものに使用される金属などに ア レ ルギー反応を起こして口腔粘膜に炎症が起こるものなので、うつりません。 〇うつる口内炎 ウィルス性 口内炎(ヘルペス性口内炎など) ウィルス感染による症状のひとつとしての口内炎の場合は、 人にうつる場合があります。 たとえば、ヘルペスウィルスは、だ液中にも含まれるため、キスや、コップや箸など食器の共有、口を拭いたタオルの共用などから感染する場合があります。 このウィルスは、日本人の 7~ 8割は感染したことがあるといわれ、感染した経験のある人の神経細胞に潜んでいますが、健康なときは、とくに悪さをすることはありません。 しかし、体調を崩し、 免疫が低下すると、潜んでいたウィルスが活性化して発症することがあります。 とくに乳幼児は大人と比べ、免疫力が低いので、感染させるリスクが高いといわれますから注意が必要です。 殺菌消毒に効果があるとされ、うがい薬から患部の消毒まで幅広い用途で使用されている「イソジン」。 用量用法を守って、イソジンを用いたうがい液を使用して口腔内を清潔に保つことは、口の中の 細菌の繁殖をおさえる効果があり 、 有 効です。 特に、イソジンに含まれる ポピドンヨードという成分に 殺菌効果があるといわれます。 このポピドンヨードの濃度が高いほど効果が高いのではと、巷では、イソジンやイソジンのうがい液の原液をそのまま直接患部に塗ると良い、といった説があるようです。 しかし、ポピドンヨードの濃度が高いからといって細菌に対する効果が高いかというと、むしろ、 粘膜に原液を直接塗り込むのは、非常に刺激が強く、 かえって粘膜を傷つけることになり、逆効果です。 まとめ 口内炎の多くは、数日から 10日ほどで良くなるのが一般的です。 もし以下のような状態のときは、適切な治し方でない場合や、なかには深刻な病気のサインの場合もあります。 病院や地域の保健センターなど、さまざまな機関での勤務経験がある助産師。 現在は、育児やカラダの悩みを抱える女性たちの相談に応じている。 ヘルスケアに関するサービス、マーケティング支援やコンテンツ発信などを事業として展開。 医師・助産師・保健師・看護師・管理栄養士・心理学者・精神保健福祉士などの専門家により、 医療・健康に関連する情報について、信頼性を確認・検証するサービスを提供している。 また、執筆者は本サイト上またはリンク先等におけるいかなる個別商品、特定商品の効果保証、購入推薦・推奨などをするものではありません。

次の