ナイ ジャ ヒューストン デッキ。 ナイジャ・ヒューストンと堀米雄斗がオリンピック前哨戦で激突。 CHIMERA A

ナイジャ・ヒューストン

ナイ ジャ ヒューストン デッキ

1月25・26日とエクストリームスポーツの王者を決めるCHIMERA A-SIDE THE FINALが愛知県国際展示場 Aichi Sky Expoにて開催された。 こちらは昨年行われたリーグ戦の上位5名と豪華海外招待スケーターが参加する、オリンピックイヤーの幕開けを飾る世界的ビッグコンテストとなっており、優勝賞金は何と1000万円。 多くのメディアが駆けつけ、五輪の行方を占う上でも非常に重要な一戦となった。 それもそのはず。 来日したライダーは2010年代からコンテストで無類の強さを誇り、絶対王者の名を欲しいままにするナイジャ・ヒューストンを始め、2017年のスケーター・オブ・ザ・イヤーに輝いたジェイミー・フォイ、Grizzly GriptapeやThank you skate coと言ったリアルブランドを手がける人気者のトリー・パドウィルなど、錚々たる顔ぶれが集まった。 そして迎え撃つ日本勢も豪華そのもの。 今や世界最高峰のライダーとなり、国内開催のコンテストは2016年以来の出場となる堀米雄斗を始め、Soraグラインドと呼ばれるシグネチャートリックを持つ白井空良、昨年のWORLD SKATE JAPANやAJSAのチャンピオンである青木勇貴斗など、現時点での最強と言えるメンバーが顔を揃えた。 今回はオリンピックの出場ポイントが獲得できるコンテストではないため、本番とは若干ルールが異なり、2本のランと3本のベストトリックのうちベストスコアの1本ずつが採用される形式で、それぞれ100点ずつあるので合計200点満点で争われる。 中でも最大の注目となっていたのは、今まで幾度となく名勝負を繰り広げてきた堀米雄斗とナイジャ・ヒューストンの一騎打ちだ。 無論上記のジェイミー・フォイのキンクレールでのロンググラインドや、青木勇貴斗回しインのレールトリックなど、各々が自身のスタイルを活かした素晴らしいライディングを見せてくれたが、結果とスコアだけを見れば大方の予想通りの結果となった。 それでも今回も両者は見る者の期待を裏切らない白熱した名勝負を繰り広げてくれた。 初日の予選では堂々とした貫禄の滑りで168点を叩き出した堀米がトップ通過で、続くナイジャが160点で2位。 お互いまだ手の内を出し切っていない心理戦の様相を呈していたが、それは予選終了後にそれぞれが行っていた決勝に向けた練習にも現れていた。 ナイジャは初日の予選終了後に決勝に向けたトリックを、今回のパークのメインセクションであるバンクからのギャップ to レールで感覚を確かめるように何度も練習していたのに対して、堀米はルーティーンを中心に取り組んでいたのだが、決勝ではその取り組みがそのまま結果としてスコアに反映されることとなった。 安定した滑りで予選1位通過。 キックフリップとトリックはシンプルでも、一切の無駄のない流れるような動きは流石の一言。 この時はMCも「堀米が優勝賞金の1000万円にリーチをかけたのではないか」と言うほど、周囲の空気は堀米ムードに包まれた。 しかし、ここから絶対王者と呼ばれるナイジャが真の強さを見せる。 今回のセクション構成を考えた上で、一番のビッグセクションであるバンクからのギャップ to レールで回しインのトリックをルーティーンに入れたことが高得点につながったのだろう。 そして文句ナシの優勝となった。 しかもこのトリックは練習では一度も披露していないトリックというおまけ付き。 それもジャッジ陣の評価を高めたポイントになったことは間違いない。 しかし、この結果もナイジャの前日の予選後の練習や決勝のトリック構成を順に追っていくと、いかに彼が試合巧者であったかがわかる。 もしそれが観客の盛り上がりも考えての上でのトリック構成だとしたら、さすがといってしかるべきではないだろうか。 コンテスト後のインタビューで、堀米はニュートリックを出したかったことと、ナイジャとの差はそこまでないという話をしていた。 確かに持っているトリックの数や難易度では堀米の方に分があるのかもしれない。 おそらく今回は披露しなかったニュートリックも今まで誰もやっていないトリックなのだろう。 しかし、それが今回のCHIMERA A-SIDE THE FINALや、決勝で8位に終わってしまった2018年のStreet League World Championship Super Crown Finalのような、持ち技を発揮しづらいセクションだとしたらどうなのだろう。 もしかしたらオリンピックの金メダルはセクション構成に左右されるのではないだろうかとすら思ってしまう。 しかし、日本人としては本番に向けてニュートリックの習得だけではなく、セクションへの対応力をつける練習も重ねていくと話してくれた堀米のさらなる進化の方に期待したい。 5位は幼少期より天才ライダーとして名を馳せてきた池 慧野巨。 このノーリービッグスピンは抜群のメイク率。 メイン、スイッチ、フェイキーと全てのスタンスを分け隔てなく使い分けるスキルはさすがの一言。 4位はここ1~2年の成長が著しい青木勇貴斗。 3位は招待ライダーのジェイミー・フォイ。 会場は熱気に包まれた。 残念ながら2位に終わった堀米雄斗。 優勝したナイジャ・ヒューストン。 今回表彰台に上がった3名。 左から堀米雄斗、ナイジャ・ヒューストン、ジェイミー・フォイ。 <RESULT> 1位 ナイジャ・ヒューストン 187点 2位 堀米 雄斗 180点 3位 ジェイミー・フォイ 170点 4位 青木 勇貴斗 154点 5位 池 慧野巨 149. 3点 6位 トミー・フィン 149点 7位 白井 空良 79点 8位 ジェイク・イラーディ 63点 9位 根附 海龍 60点 TAGS•

次の

ナイジャ・ヒューストン(Nyjah Huston)

ナイ ジャ ヒューストン デッキ

OTHER CONTENTS• 基礎知識• スケボー入門編• フラットトリック• アール・ランプ• 小技集• 最初はなんといっても高いスキルが必要です。 高く安定したオーリー、一通りのフラットや、カーブやレールトリックはもちろん、それらを様々な場所でメイク出来る基礎スキルは必要でしょう。 ただしカーブやステア、ハンドレールなどのストリートタイプ、アールやボール、プールなどのトランジションタイプ、バーチカルやメガランプを専門にした滑りではスケーターのタイプが異なることが多く、必ずしも全てに特化する必要はありません。 もちろん幅広く出来ることに越したことはありませんが・・・。 トリックの引き出しを増やし、自分がやりたいトリックをやりたい場所で安定してメイク出来るスキルは必要でしょう。 STEP2: スタイルを身につける 高いスキルを持ったスケーターは世の中に数多くいますが、それだけで望むスポンサーを付けたりプロなれるわけではありません。 企業の広告塔として周りに影響を与えるためにはスキルの他に滑りのかっこ良さやオリジナリティーといった「スタイル」が必要です。 スタイルについて詳しく解説しているとかなり長文になるので、詳しくは別の機会に紹介しますが重要なのは自分の滑りを見た人に感動を与えられるかどうかです。 スケートボードでは単純にスキルのみを追求するスポーツとしての一面だけでなく、チームプレーではあまり良しとされない強烈な個性や想像性(アート性)が強く尊重されます。 圧倒的なスキルもそれだけでスタイルになりますが、それで成功出来るのは才能に溢れた極少数でしょう。 単純な運動神経だけでなく創造力や独創性、センスの総合でプロとして認められる所がスケートボードの魅力の一つです。 スケート業界で自分を売り出す最も一般的な手段は、自分の滑りを撮影、編集して作った渾身のパートをサポートされたいショップやブランドへ直接送ることです。 現在ではyoutubeにアップしてそのリンクをメールするだけでもいいでしょう。 今までその方法で多くのスケーターがスポンサードの契約を交わすことに成功しています。 ビデオ以外だと大会などのイベントに出場して勝利するなどの方法もありますが、これはバーチカルやメガランプなどの分野には当てはまり、最も人口の多いストリートの分野において大会の結果はそこまで重要ではありません。 大会で活躍しているプロもいれば、大会にほとんど出場しないプロもいます。 あなたの実力が本物であれば滑っているだけで噂が広まり、向こうから声を掛けてくるといったこともあるでしょうが、一番積極性が認められ確実性があるのは「スポンサー・ミー・ビデオ」でしょう。 STEP4. ローカルショップからのスポンサードの場合 実力があっても最初から名のあるブランドからスポンサードを受けるられることは珍しく、最初は地元のスケートショップからスポンサードされることが多いです。 あなたがプロになりたい場合、ローカルショップにはあなたの生活を保証してくれるプロ制度が無い場合がほとんどで(大手ショップは除く)、ブランドから直接スポンサードを受ける必要があります。 ただ最初のスポンサーがショップだからといってそことの関係をないがしろにしないようにしましょう。 ローカルショップは多くの場合あなたを暖かく応援してくれる地元のサポーターで、ブランドとは違う居心地の良さもありますし、ショップ経由でブランドの担当者に紹介してくれることもあります。 トッププロのスポンサーリストを見ていても地元のローカルショップの名前が入っていることが多くあります。 STEP5. ブランドでの階級を上る めでたくブランドとの契約を結ぶことが成功しても、あなたがすることはひたすら腕を上げ、大会や撮影で結果を残すことのみです。 ブランドからスポンサードには以下の3つのレベルがあります。 プロとのツアーに同行出来、ビデオや各メディアにも出演出来る。 活躍に応じて給与が発生する。 サポートの待遇も最上でデッキ売り上げからの印税収入を得ることが出来る場合が多い。 収入はブランドによっての規模によって様々。 プロスケーターとしての職業とはどんなものなのでしょうか?プロスケーターの業務は自分の所属するブランドやチームの顔となってPRすることです。 そのためには果敢に新しいトリックを撮影してビデオや雑誌などのメディアに取り上げられ自社の売り上げを伸ばす必要があります。 さらにブランドが定期的に行っている国内外のツアーに参加し、パークやスポットでのデモ活動に参加する義務もあります。 コンテストに出場して勝利することによって得られる賞金も収入源です。 これらの活動の結果人気が出ればさらに待遇は良くなりますし、運悪く怪我などでコンディションを崩してメディアに出られなければ解雇されることも珍しくありません。 保険に加入するのが難しいアメリカではプロスケーターは対象外ということも多く、全員が不自由の無い暮らしが出来ているわけではありません。 因に最も成功しているスケーターであるトニー・ホーク、エリック・コストン、ライアン・シェクラーやナイジャ・ヒューストンら(写真左から)は数十億〜数億円レベルの年収があることも報じられています。 そもそも日本で成功出来るのか? 以上がスケーターとして成功するための一般的な方法ですが、純粋なスケボーの実力だけで日本国内で生計を立てることは実際可能なのでしょうか? そういうスケーターはいるにはいますが、総合的な答えは今のところ「ちょっと怪しい」です・・・。 スポンサー制度やキャリアアップの仕組みは世界共通なのですが、これで老後まで生計が立てられるのは名のあるスケート企業の集結するアメリカでも一部の大型企業のみです。 多くのスケーターは引退後それまでスポンサードを受けていたブランドで他の業務に当たるか、独立して自分のブランドやショップを作る、あるいは全く関係の無い仕事をして暮らしていて、これは日本でも同じです。 結論になりますが、あなたがスケーターとして成功するという強い野望を持っている場合は、非常に険しい道になるでしょうが早くからアメリカに行き、向こうの環境の下でスキルを上げることが最も望ましいと言えます。 他の国ではなくスケボーが最も発展しているアメリカのサンフランシスコやロサンザルスなどの地域です。 アメリカで生まれた日系や韓国人でトップクラスのプロスケーターは多くいますが、日本国内から向こうのトップクラスになったという例は存在しません。 といっても真剣にスケボーに取り組むことはそれだけで楽しいですし、スポンサードを受けることは多くの繋がりと将来スケートボードに関わる仕事が出来る可能性を生みます。 近年は日本人の平均的なスキルも高くなり、現在果敢に海外の大会に赴きトッププロ達を相手に良い結果を残している若い日本人スケーターもいます。 世界的にもスケボーの認知度をより高めるための大きな大会やイベントの数も年々増えているのでスケボーの未来は明るいとは言えるでしょう。

次の

スケボーを100%楽しむ為の7つの方法

ナイ ジャ ヒューストン デッキ

彼はまた、世界で最高額のスケートボーダー。 2013年5月19日の時点で、ヒューストンは過去のどのスケートボーダーよりも多くの賞金を獲得。 2014年、ヒューストンはFoxWeeklyの「史上最高の影響力のあるスケートボーダートップ15」で5位にランクされた。 このパートが配信されたberricsというウェブサイトは、アクセスが集中しすぎてサーバーがダウンしたぐらい注目されていました。 題名も訳すと「死ぬまで」なので、「死ぬまでスケボーを続けていく」「死ぬまで攻める」とも解釈できる。 ストリート部門のコンテストがあって、Nyjah Hustonが出ていると毎回優勝候補になるぐらい、コンテストに強いスケーターである。 実際に過去に優勝した実績も多くある。 Xgamesはもちろんtampapro、Mountain Dewが主催しているコンテストなど、大きなコンテストでは、ほとんど優勝している。 最も奨金額もレベルも高いSLS(StreetLeagueskateboarding)の優勝回数は2018年2月の時点で33回中19回。 私生活 [ ] 2013年7月のインタビュー時点ではヒューストンは車と宝石に興味があるが、まだ家は所有していないと述べた。 しかし、家を購入する意向も確認される。 ヒューストンは2013年9月に、新しく購入した家の写真をプロフィールに。 2014年6月11日に公開された オレンジカウンティレジスターレポート(2014年6月24日に更新)によると、ヒューストンはカリフォルニア州サンフアンキャピストラーノにある270万米ドルの家に住んでいるとされる。 コンテストの歴史 [ ] 2004 [ ]• Volcom Damn Am:4th(ストリート)• Volcom Damn Am:ベストトリックスモールレール(ストリート)• ヴォルコムダムアム:ベストトリックビッグレール(ストリート) 2005年 [ ]• タンパアム:1位(ストリート)• KR3。 2005年AM AM(ストリート):1位• 西49カナディアンオープン(ストリート):4位• グローバルアサルト2005(ストリート):2位 2006 [ ]• デューアクションスポーツツアーライトガードオープン、デンバー(公園):2位• デューアクションスポーツツアーパナソニックオープン(公園):2位• デューツアー、総合順位:4位(公園)• デューアクションスポーツツアーバンズインビテーショナル、ポートランド(通り):4位• X-Games 12ストリートファイナル:8位• グローバルアサルト:2位(ストリート)• バンズダウンタウンショーダウン:2位(ベストトリック-階段) 2007 [ ]• eS Game of SKATE Pro:2位• etniesグーフィー対レギュラー(グーフィーチーム):2位 2008年 [ ]• マルーフマネーカップ(ストリート):2位 2009 [ ]• Maloof Money Cup Pro(ストリート):3位• XゲームXV :2位(ストリート)• ワールドカップスケートボード、年末ランキング(ストリート):4位 2010 [ ]• タンパプロ:2位• Maloof Money Cup 2010 OC:2回目(ストリート)• Street League Skateboarding 1st Series、1位Stop(Glendale、Arizona):1位(ストリート)• ストリートリーグスケートボーディング第1シリーズ全体:第1(ストリート)• XゲームXVI :2位(ストリート) 2011 [ ]• タンパプロ:2位• ストリートリーグスケートボーディング第2シリーズ、第1ストップ(シアトル、ワシントン州):第1位• Street League Skateboarding 2nd Series、2nd Stop(カンザスシティ、ミズーリ州):1位• Street League Skateboarding 2nd Series、3rd Stop(グレンデール、アリゾナ州):1位• Street League Skateboarding 2nd Series、4th Stop(ニューアーク、ニュージャージー州):2位• ストリートリーグスケートボーディング2シリーズ総合:2位• XゲームXVII :1位((ストリート) 2012 [ ]• ストリートリーグスケートボーディング3シリーズ、1位(ミズーリ州カンザスシティ):1位• ストリートリーグスケートボーディング3シリーズ、セカンドストップ(カリフォルニア州オンタリオ州):1位• ストリートリーグスケートボーディング3rdシリーズ、3rd Stop(アリゾナ州グレンデール):4位• ストリートリーグスケートボーディング3シリーズ、4位(ニュージャージー):1位• ストリートリーグスケートボーディング3シリーズ全体:1位 2013 [ ]• タンパプロ(フロリダ州タンパ):2位• タンパプロ(フロリダ州タンパ):ベストトリック-1位• X Games XIX (バルセロナ):1位(ストリート)• ストリートリーグスケートボーディング(カンザスシティ):1位• XゲームXIX (ロサンゼルス):1位(ストリート)• キンバリーダイヤモンドカップ ( ):1位(通り) 2014 [ ]• タンパプロ(フロリダ州タンパ):1位• ストリートリーグスケートボードプロオープン(ロサンゼルス):1位• Xゲームオースティン2014 メンズスケートボードストリート:1位• ストリートリーグスケートボーディング(シカゴ):1位• ストリートリーグスケートボーディング(ロサンゼルス):1位• ストリートリーグスケートボーディングスーパークラウン世界選手権(ニュージャージー):1位 2015 [ ]• タンパプロ(フロリダ州タンパ):2位• ストリートリーグプロオープン(バルセロナ):1位• X Gamesスケートボードストリート(オースティン):ゴールド• ストリートリーグスケートボーディング(ロサンゼルス):2位• ストリートリーグスケートボーディング(ニュージャージー):2位• ストリートリーグスケートボーディングスーパークラウン世界選手権(シカゴ):2位• キンバリーダイヤモンドカップ ( ):1位(ストリート) 2016年 [ ]• タンパプロ2016:4位• X Gamesスケートボードストリート(オスロ):1位• レッドブルハートラインズコンテスト(デトロイト):1位• ストリートリーグプロオープン(バルセロナ):2位• Xゲームオースティン2016モンスターエナジーメンズスケートボードストリート:2位• ストリートリーグスケートボーディング(ミュンヘン):3位• ストリートリーグスケートボーディング(ニューアーク):1位 2017年 [ ]• タンパプロ2017:5位• レッドブルハートラインズコンテスト(デトロイト):1位• ストリートリーグプロオープン(バルセロナ):1位• デューツアー(カリフォルニア):2位• ストリートリーグスケートボーディング(ミュンヘン):1位• ストリートリーグスケートボーディングスーパークラウン世界選手権(ロサンゼルス):1位• Xゲーム(ミネアポリス):3位 2018年 [ ]• X Gamesメンズスケートボードストリート(ミネアポリス)2018:1位• X Gamesメンズスケートボードストリート(シドニー)2018:1位• ストリートリーグスケートボーディングスーパークラウン世界選手権(リオデジャネイロ):1位 2019年 [ ]• Xゲームスケートボードストリート(上海):1位• デューツアー(カリフォルニア):7位• ストリートリーグスケートボーディング(ロサンゼルス):8位• X Gamesスケートボードストリート(ミネアポリス):2位• X Gamesスケートボードストリートベストトリック(ミネアポリス):1位• ストリートリーグスケートボードスーパークラウン世界選手権(サンパウロ):1位 ビデオ撮影 [ ]• エレメントキッズ: トリック (2005)• 要素: Elementality Volume 1 (2005)• エレメント: ブレントアトリープロデビュービデオ (2006)• グローブ: The Global Assault (2006)• 要素: Elementality Volume 2 (2006)• eS: eSpecial (2007)• 要素: これは私の要素 (2007)• シルバー: シルバーインバルセロナ (2008)• スラッシャー : ダブルロック (2009)• エレメント: Rise&Shine (2011)• ゲームによるラップビデオ(クリスブラウン、タイガ、ウィズハリファ、リルウェインをフィーチャー): セレブレーション (2012)• Cameo Kid Ink ft。 クリスブラウン-ショーミー(2014)• DCシューズ: Nyjah-Fade to Black (2014) 脚注 [ ]• Indiegogo. Indiegogo, Inc 2012年11月29日. 2014年10月15日閲覧。 ESPN Action Sports. ESPN Internet Ventures 2012年. 2012年12月26日閲覧。 Xgames. com. X Games. 2019年8月4日閲覧。 StreetLeague. com 2012年8月26日. StreetLeague. com. Street League, Inc. 2012年10月15日時点のよりアーカイブ。 2012年9月5日閲覧。 TWS 2013年5月19日. Transworld Skateboarding. Bonnier Corporation. 2013年5月21日閲覧。 Joey Betancourt 2014年5月8日. Sports Fox. Fox Weekly. 2014年5月8日閲覧。 Ride Channel 2013年7月17日. Ride Channel on YouTube. Google, Inc. 2013年7月18日閲覧。 Nyjah Huston 2013年9月4日. Nyjah Huston on Instagram. Instagram. 2013年9月28日閲覧。 MEGHANN M. CUNIFF 2014年6月24日. Orange County Register. 2014年10月15日閲覧。 Skatepark of Tampa. Skatepark of Tampa 2004年10月25日. 2012年12月26日閲覧。 WhosSexier 2010年10月17日. YouTube. Google, Inc. 2012年12月26日閲覧。 Rob Meronek 2005年7月17日. SPoT Skate Shop. Skatepark of Tampa. 2012年12月26日閲覧。 simplejules 2007年4月19日. YouTube. Google, Inc. 2012年12月26日閲覧。 TheFluidSkater 2010年4月8日. YouTube. Google, Inc. 2012年12月26日閲覧。 TheFluidskater 2010年2月28日. YouTube. Google, Inc. 2012年12月26日閲覧。 Hatch86filmer 2007年9月16日. YouTube. Google, Inc. 2012年12月26日閲覧。 joboloba 2007年10月11日. YouTube. Google, Inc. 2012年12月26日閲覧。 AlliSports. Alli, Alliance of Action Sports, LLC 2008年. 2012年12月26日閲覧。 wojtekmullen 2009年8月3日. YouTube. Google, Inc. 2012年12月26日閲覧。 World Cup Skateboarding. World Cup Skateboarding 2009年. 2012年12月26日閲覧。 2012年3月27日時点のよりアーカイブ。 2018年2月11日閲覧。 2012年3月27日時点のよりアーカイブ。 2018年2月11日閲覧。 Colin Bane 2011年7月31日. ESPN X Games. ESPN Internet Ventures. 2013年7月3日閲覧。 EXPNVM 2013年3月24日. YouTube. Google, Inc. 2013年6月9日閲覧。 TransWorld Skateboarding. Bonnier Corporation 2013年3月24日. 2013年6月9日閲覧。 TWS 2013年6月9日. Transworld Skateboarding. Bonnier Corporation. 2013年6月10日閲覧。 TransWorld Skateboarding. GrindMedia, Inc. 2013年10月1日閲覧。 X Games. 2019年8月4日閲覧。 Dew Tour. 2019年8月4日閲覧。 SLS - Street League Skateboarding 2019年7月30日. 2019年8月4日閲覧。 Skatevideosite. com. Skatevideosite. com 2005—2013. 2013年3月18日閲覧。 The Game. YouTube. YouTube. 2014年12月21日閲覧。 外部リンク [ ]•

次の