ご教授いただきたく存じます。 「ご教示ください」と「ご教授ください」ビジネスや婚礼での正しい使い方は?

「いただきたく存じます」の意味と類義語、ビジネスにおける使い方

ご教授いただきたく存じます

この記事の目次• ご教示いただきたく存じます の意味・敬語 「ご教示いただきたく存じます」は「教えてもらいたいと思います」という意味。 なぜこのような意味になるのか? そもそもの意味と敬語について順をおって解説していきます。 ご教示の意味は「教えること」 「ご教示」の意味は「教えること」「教え示すこと」 ここで「ご教示」の「ご」の部分は向かう先を立てるために使う敬語であり謙譲語の「お(ご)」です。 ~いただきたく存じます の意味は「~してもらいたいと思います」 「いただきたく存じます」の意味は「もらいたいと思います」 敬語は以下のとおりに使用しています• 「もらう」の謙譲語「 いただく(頂く)」• 願望の「 ~したい」• 「思う」の謙譲語+丁寧語「ます」で「 存じます」 これらをあわせると意味は「~してもらいたいと思う」と解釈できます。 ご教示いただきたく存じます の意味は「教えてもらいたいと思います」• 「教えてもらう」という意味の「 教示」• 願望の「 ~したい」• 「思う」の謙譲語+丁寧語「ます」で「 存じます」 これらすべての敬語を合わせると「ご教示いただきたく存じます」の意味は… 「教えてもらいたいと思います」 というように解釈できます。 ここで使う謙譲語「お(ご)~いただく」は「ご利用いいただく=利用してもらう」「ご指導いただく=指導してもらう」などのように、ビジネスシーンでよく使われます。 覚えておくと本当に役立ちます。 余談ですが尊敬語にも「お(ご)」の使い方があり混同しがちですのでご注意を。 ようは「教えてほしい!」と覚えておけばよい 「ご教示」「いただきたく」「存じます」などという堅苦しい敬語をつかっていますが… ようは「教えてほしい!!」という意味です。 「教えてほしい!」をすご~く丁寧にした敬語が「教えて頂きたく存じます」なのですね。 ご教示いただきたく存じます の使い方 つづいて「ご教示いただきたく存じます」の使い方について。 ビジネスシーンではとくに、何かしらの質問や問い合わせメールの締め結ぶとして使います。 使い方「問い合わせ・質問ビジネスメール」 「ご教示いただきたく存じます」の使い方 おもに問い合わせや質問をともなうビジネスメールに使います。 取引先など社外あてに限らず、上司や目上など社内あてのメールにも使えます。 たとえば、• 例文「~につきご教示いただきたく存じます。 何卒よろしくお願い致します」• 例文「~に関してご教示いただきたく存じます。 よろしくお願い申し上げます」 のようにして質問すると丁寧です。 具体的にはたとえば、 社内で上司などに問い合わせするビジネスメールのとき。 「 さて首記の件、来期の予算策定にあたり、エチレンの2018年市況につき ご教示いただきたく存じます。 お忙しいところ恐れ入りますが、何卒宜しくお願いいたします。 」 みたいに使えます。 まぁ、ようするに「教えてほしい!!」という意味なのです。 あとに「お願い申し上げます・お願い致します」をつなげる ところでビジネスメールの結び締めをつくるときは… 「ご教示いただきたく存じます。 よろしくお願い申し上げます。 」のように後に「よろしく!」的な文章をつなげましょう。 ちなみに「お願い申し上げます」は 「 お願いいたします」「 お願い致します」と言い換えすることもできます。 また「どうか」という意味の「何卒(なにとぞ)」をつかい、 「 何卒よろしくお願い申し上げます」 としても丁寧。 頭の片隅にいれておきましょう。 結びには前置きに気づかいのフレーズを! ビジネスメールの結び締めを丁寧にするためのコツ。 前置きに気づかいのフレーズを使うとより丁寧な印象のメールとなります。 たとえば以下のようなフレーズがあります。 恐縮=申し訳なく思うこと 「お忙しいところ恐縮ではございますが、お願い~」 「お忙しいところ大変恐縮ではございますが、お願い~」 「たびたび恐縮ではございますが、お願い〜」• 恐れ入る=申し訳なく思う 「お忙しいところ恐れ入りますが、お願い〜」 「お忙しいところ大変恐れ入りますが、お願い〜」 「たびたび恐れ入りますが、お願い〜」• お手数=お手間 「お忙しいところお手数お掛けしますが、お願い〜」 「お忙しいところ大変お手数ではございますが、お願い〜」• 勝手を申し上げる=自分勝手を言う 「誠に勝手を申し上げますが、お願い〜」 「ご教示」「ご教授」の意味と違い ふたたび横道にそれます。 「 ご教示」と似たようなフレーズには「 ご教授」がありますが…これって何が違うのでしょうか? それぞれの基本となる意味をまとめると、• 「 ご教示」の意味:(何かを)教え、示すこと• 「 ご教授」の意味:(学問など専門的なことを)伝え、教えること となりますので、教えることの内容によって「ご教示」と「ご教授」とを使い分けます。 たとえば、• 敬語の使い方を専門的に教えてほしい時には「 ご教授ください」• 東京駅までの行き方を尋ねたければ「 ご教示ください」 を使えばいいということになります。 ビジネスシーンでは「ご教示」をよく使う ビジネスメールでよく使われるのは 「 ご教示」の方ですね。 これはビジネスシーンで知りたい内容が芸術や学問ではないためです。 ちなみに「ご教示」はビジネスメールで使われることがほとんどで、会話ではもっとシンプルな表現「教えて頂きたいのですが…」「教えていただけますか?」などを使います。 いっぽうで学生が先生に質問するのであれば 「 ご教授」を使うのが正しい、ということになります。 「ご教示」のいろいろな使い方・例文 あとは「ご教示いただきたく存じます」だけでなく、いろいろ使える「ご教示」の例文を紹介しておきます。 問い合わせ・質問ビジネスメール結びに使う「ご教示」 「ご教示」のいろいろな使い方。 おもに問い合わせや質問をともなうビジネスメール結び締めとして使います。 取引先など社外あてに限らず、上司や目上など社内あてのメールにも使えます。 たとえば、• 例文「ご教示くださいますようお願い申し上げます」 意味は「教えてくれるようお願いします」• 例文「ご教示のほどお願い申し上げます」 意味は「教えてくれるよう、どうかお願いします」• 例文「ご教示いただければ幸いです」 意味は「教えてもらえたら嬉しいです」• 例文「ご教示いただければと存じます。 何卒よろしくお願い致します」 意味は「教えてもらえたらと思います」 のようにして質問すると丁寧です。 「ご教示いただければ幸いです」がもっとも丁寧な敬語であり、あとはほぼ等しいレベル。 具体的にはたとえば、就職活動で企業に問い合わせするビジネスメールのとき。 「このたびは今年度の新卒採用予定の有無について伺いたく、連絡いたしました。 もし貴社にて新卒採用のご予定がおありでしたら、応募したいと考えております。 お忙しいところ大変恐れ入りますが、 ご教示くださいますよう何卒宜しくお願いいたします。 」 みたいにメール結びとして使えます。 まぁ、ようするに「教えてね!よろしく」という意味なのです。 お礼のビジネスメールに使う「ご教示」 「ご教示」のいろいろな使い方。 質問や問い合わせメールにたいして返信がきたときのお礼として「返信の返信メール」に使います。 たとえばメール書き出しのお礼に、• 例文「早速ご教示いただきありがとうございます」 意味は「教えてもらいありがとう」• 例文「お忙しいところご教示いただきありがとうございます」• 例文「ご多忙のところご教示いただきありがとうございます」• 例文「ご教示くださいましてありがとうございます」 意味は「教えてくれてありがとう」 のようにしてビジネスメールに使うとよいでしょう。 「 ご教示いただき」と「 ご教示くださいまして」は敬語の成り立ちが違います。 具体的には、 「ご教示いただく=教えていただく」なのか「ご教示くださる=教えてくださる」なのか、という点において違いますが丁寧さとしてはまったく同じです。 また、 「 ご教示いただきありがとうございます」「 ご教示くださいましてありがとうございます」はどちらも結局のところ、お礼を述べているわけであってどちらも同じように使います。 「ご教示」を使ったビジネスメール例文【全文】 最後に「ご教示」を使ったビジネスメールの例文を挙げていきます。 目上の方や取引先に対して使える文章にしていますので、ご参にどうぞ。 私、現在就職活動をしております、就活大学・就活学部の就活一郎と申します。 この度は、今年度の新卒採用予定の有無について伺いたく、連絡いたしました。 もし貴社にて新卒採用のご予定がおありでしたら、応募したいと考えております。 お忙しいところ大変恐れ入りますが、 ご教示くださいますよう何卒宜しくお願いいたします。 メール署名 【補足】 1 恐れ入りますが=恐れ入る+丁寧語「ます」で「すみませんが…」の意味。 2 申します=言うの謙譲語「申す」+丁寧語「ます」 3 お忙しい中=忙しいとは思うのだけど…の意味。 相手を気づかうために使うと好感がもてる。 参考となる書き方:• 突然のご連絡、大変失礼をいたします。 株式会社就活・開発担当の就活と申します。 この度は貴社ホームページを拝見し、連絡を致しました。 さて首記の件、貴社製品を以下の用途へ適用検討しております。 お忙しい中恐れ入りますが、 ご教示くださいますよう、何卒よろしくお願い致します。 メール署名 【補足】 1 恐れ入りますが=恐れ入る+丁寧語「ます」で「すみませんが…」の意味。 2 申します=言うの謙譲語「申す」+丁寧語「ます」 3 お忙しい中=忙しいとは思うのだけど…の意味。 相手を気づかうために使うと好感がもてる。

次の

先生に添削願いのお手紙を出したいのですが

ご教授いただきたく存じます

「お教え願えますでしょうか?」は「教えてください」の丁寧な敬語表現です。 仕事や私生活ではたくさんの人と関わることも多く、周囲の人の知恵や経験を教えてもらうことでスムーズに仕事などが進むことはよくあります。 このように周囲の人に「教えてください」ということを丁寧な敬語で表現した言葉が「お教え願えますでしょうか?」という表現です。 この表現は、「お教え」という部分や「願えますでしょうか?」といった部分に、相手を敬う気持ちが含まれており、教えてもらう際に丁寧な表現であると言われています。 相手を敬って丁寧な敬語表現をすることで、人間関係を良好に保つことができますし、仕事をうまく進めやすくなるなどのメリットもありますので、ここからは特にビジネスシーンにおいて「お教え願えますでしょうか?」を使う際の注意点をお伝えします。 丁寧な言葉遣いと態度で「教えてください」と頼まなければ、相手から快く教えてもらうことはできません。 また、丁寧に教えてくださいと頼まなければ、相手に不快感を与えてしまって、教えてくれなかったり、上辺では教えてもらうことができても、コツやポイントなどの重要なことについてふれずにわかりにくい説明しかしてくれない可能性もあります。 このように、人間関係を円滑に保ちながら、より良い情報を教えてもらうために、「教えてください」と丁寧にお願いすることはとても大切であると考えられています。 そのため、「お教え願えますでしょうか?」といった丁寧な敬語表現を使う必要があると言われています。 「教示」とは、「教える」と「示す」という漢字が組み合わさって単語であり、教えてほしい相手に範囲を限定せずに教えてもらいたいと依頼する時に有効です。 「ご教示いただけますでしょうか?」の他にも、似た表現として「ご教授いただけますでしょうか?」という表現があり、どちらも頻繁に使われる表現ですが、「教授」という言葉は厳密に言うと、ビジネスシーンにはあまり適していないと言われています。 それは、「教授」という言葉に「学問や芸能などの分野について、長期間に渡って知識やノウハウを伝授する」といった意味合いがあるからです。 学問や芸能について、長期的に教えを伝授していただくといった意味合いがある「ご教授いただけますでしょうか?」という表現は、使える状況が限定されるので注意が必要です。 お教え願いますという表現は、丁寧な表現ではあるのですが、「お教え願えますでしょうか?」のように、相手の意向を伺う要素がないことから、少し丁寧な度合いが劣ると言われることが多い表現です。 しかし、ある程度親しい間柄である場合には、適切な距離感を表現するために「お教え願います」と言った方が良い場合もあります。 「お教え願います」は、いつも接する気心の知れた先輩や同僚に使われることが多く、「お教え願えますでしょうか?」と大袈裟に言うことで嫌味になることを避けたい時などに使われます。 このように、状況や教えてほしいと考えている相手との距離感によって、うまく言葉を使い分けることが、何かを教えてもらう時のポイントであると言われています。 「お教え願えますでしょうか?」の類語の2番目は、「教えてもらうことはできますか?」という表現です。 「教えてもらうことはできますか?」という言い方は、「お教え願います」という表現よりもフランクな表現で、ビジネスシーンの中ではいつも接する身近な先輩や気心の知れた上司に使う際に適した表現です。 身近な人に対して、あまりにも形式ばった堅苦しい表現をすると、相手に不快感を与えてしまうおそれもありますので「お教え願います」と言うよりも、わざとフランクな様子や親近感を与えるために使うという際に使える表現と言えます。 ちなみに以下の記事では、人と仲良くなる方法について詳しくお伝えしていますので、ぜひ合わせてご覧ください。 友達やパートナー、上司などと仲良くなれることはたくさんのメリットがありますので、こちらの記事を読んでぜひ役立ててください。 「お教え願えますでしょうか?」の類語の2番目は、「お教えいただきたく存じます」という表現です。 「お教え願えますでしょうか?」という表現の方が、お教えいただきたく存じますという表現よりも丁寧な表現であると受け取られることが多い例文です。 「存じます」という表現を用いていることから、相手を敬う丁寧な敬語表現と言えますが、相手の意向を伺うといった配慮が表現の中に含まれていないという点で、丁寧な度合いが少し下がると考えられることがあります。 「お教えいただきたく存じます」という表現は、会議などで良いアイデアを募る際にも多く使われる言い方で、特にビジネスの関係者や同業のビジネスをしている人などの集まりで知恵や解決策などを教えてもらいたい場合に使われるケースが見受けられます。 」といった表現です。 現状では理解が不足している状況など、もう少し詳しく教えてほしい時に使える英語表現です。 この表現を、もう少し丁寧な敬語表現にしたい場合には、「It would be appreciated if you could explain the details. 」といった英語表現を使うことで、さらに丁寧な英語表現とすることができます。 この英語表現は「もう少し詳しく教えていただけると、ありがたいのですが」といった表現になり、相手を敬う気持ちを表しながら、仕立てに出て教えてもらう際に有効な英語表現です。 ただし人によっては「今の説明がわかりにくかったのか!」と怒る気難しい人もいると言われているので、相手の性格に注意する必要があります。 」といった表現です。 この表現は、「教えてください」という表現の中でも、特に丁寧な言い方です。 その理由は、「enlighten」という英単語が、神や仏などの偉大な存在が知りうる知恵といった意味合いを持っているからです。 親しい仲で冗談交じりに使われることもあります。 その一方で、丁寧すぎる表現であることから、皮肉に感じてしまう人もいると言われているので注意が必要です。 ちなみに以下の記事では、皮肉屋の意味や類語、嫌味との違いなどを詳しくお伝えしている記事ですので、ぜひ合わせてご覧ください。 皮肉屋の性格の特徴や心理などについても紹介しています。 RELATED ARTICLE 「お教え願えますでしょうか?」を理解して快適な環境づくりに努めましょう 「お教え願えますでしょうか?」という表現は、社会人には必須の言葉遣いであると言われています。 その理由は、仕事や私生活において、自分一人だけの知恵や経験、力だけでは生きていけないケースが散見されるからです。 周囲の人の力を借りることで仕事や私生活が円滑に問題なく進められることは多々あります。 そのため、いかに良好な人間関係を保ちながら、教えてほしいというお願いをするかが重要になってきます。 また、相手に教えてもらうばかりではなく、自分が知っている有益な情報や、役立つ経験などを積極的に周囲の人へ発信していくことで、いざと言う時に周囲の人が率先して助けてくれるということはよくあります。 いずれにしても大切なことは、周囲の人を尊重する姿勢や謙虚な態度であり、普段の行いが大切であるということですので、日ごろの行いを見直したうえで、必要な時には周囲の人に丁寧な敬語表現で「お教え願えますでしょうか?」とお願いし、快適な環境づくりに努めましょう。

次の

「ご教授ください」意味や使い方と例文!「教示」「享受」との違い!

ご教授いただきたく存じます

「いただきたく存じます」の意味・敬語 「いただきたく存じます」の意味は「〜してほしいと思う」 「いただきたく存じます」は 「〜してほしいと思う」ことを意味しています。 「いただきたく存じます」は「いただきたく思います」をより丁寧にした表現になります。 「〜していただきたく」のみでも「〜してもらいたい」という意味になりますが、「存じます」が付くことによってより丁寧な表現となります。 「いただきたく存じます」は二重敬語ではなく正しい謙譲語 「いただきたく存じます」は、 ・「いただく」=「もらう」の謙譲語 ・「たい」=願望を表す助動詞 ・「存じる」=「思う」の謙譲語 ・「ます」=丁寧語 で成り立っています。 「いただきたく存じます」は、「〜してもらいたい」と「思う」とをそれぞれの言葉を謙譲語にしたものなので、 二重敬語ではありません。 二重敬語とは、一つの単語に、同じ種類の敬語を二つ以上使った言葉のことを言います。 例えば、二重敬語の例としては「おっしゃられる」「お伺いいたします」などがあります。 「いただきたく存じます」の使い方 「いただきたく存じます」は少々堅い表現のため、日常会話では使うことが少ないです。 ビジネスシーンにおいては、メールや文書、スピーチなどでよく使われます。 「いただきたく存じます」は、 取引先の相手やお客様など目上の人に対して使います。 同等や目下の人に対しては使用しないので注意しましょう。 「いただきたく存じます」は「対応させていただきたく存じます」というように、主に何かをお願いするときに使います。 単に「確認してください」というよりも「いただきたく存じます」と言った方が丁寧に聞こえます。 ・ご検討いただきたく存じます ・ご参加いただきたく存じます ・お時間いただきたく存じます ・お返事いただきたく存じます ・ご教示いただきたく存じます ・お知らせいただきたく存じます ・お送りいただきたく存じます ・お問い合わせいただきたく存じます ・お祝いの言葉をいただきたく存じます 「~をしていただきたく」で終わるのは失礼 「〜をしていただきたく」という表現は誤りになります。 「〜をしていただきたく」は「していただきたいと思います」を省略した言い回しになります。 もし「〜をしていただきたく」という表現を使いたい場合は、「〜していただきたく思います」「〜していただきたくお願いいたします」と完結した文章にします。 目上の人に対して、メールなどで省略した文章を送るのは失礼です。 社内の規則で決まっている場合は仕方ないですが、社外の人に対しては略さずにしっかりとした文章を使うようにしましょう。 「させていただきたく存じます」の乱用は避ける 「させていただく」は、使役の助動詞「させて」+「もらう」の謙譲語「いただく」で成り立っています。 「〜させていただく」は、 「相手に許可を得て、ある行為を遠慮しながらすること」を意味します。 「〜させていただく」には、「図々しくて申し訳ないが、相手が許可してくれたから〜する」という意味合いが含まれます。 本来「させていただく存じます」は相手の許可を得てさせてもらう場合に使います。 例えば、「熱が出たので、早退させていただいてもよろしいでしょうか?」は許可を得るためなので、適切な使い方になります。 「させていただく存じます」を多用することを「させていただく症候群」と言います。 多用し過ぎると、文章自体が読みにくかったり、回りくどくて何を伝えたいか分からなくなります。 丁寧な印象より、逆に慇懃無礼な印象を与えてしまう可能性もあるので注意しましょう。 「〜させていただく」よりも「〜いたします」などを使った方が自然です。 メールで資料を添付する場合は「ご確認いただきたく存じます」など ・企画の詳細についてはファイルを添付しましたのでご確認いただきたく存じます。 ・先ほどお送りした資料についてご不明な点がございましたら、私の方までお問い合わせいただきたいと思います。 その他の例文 ・お忙しいところ大変恐縮ですが、一度お時間のほどいただきたいと存じます。 ・今回は当方よりご案内させていただきたく存じます。 「いただく」を平仮名表記として使う場合は、補助動詞として使用するときです。 ひらがなで「いただく」と書く場合は、「何かを~してもらう」という意味で使います。 例えば「ご覧いただく」「お越しいただく」「ご足労いただく」といったようになります。 つまり「~していただく」はひらがなで書くのが正解です。 「〜して頂く」「させて頂く」は誤りになります。 ひらなが「いただく」の例文 ・(正)会議の後、私のところまで来ていただけますか。 (誤)会議の後、私のところまで来て頂けますか。 ・(正)今日はお休みさせていただきます。 (誤)今日はお休みさせて頂きます。 ・(正)こちらをお召し上がりいただけますか。 (誤)こちらをお召し上がり頂けますか。 「頂く」の意味は「食べる、飲む」の謙譲語 「いただく」を漢字で書くと「頂く」となります。 「頂」を使った言葉には、「山頂」「頂上」「頂点」などがあります。 このことから分かるように「頂」には、「一番上・てっぺん」といった意味があります。 「頂く」と表記する場合は、「大切にする」「敬う」「食べる・飲む」と「もらう」の謙譲語として使用します。 例えば、「頂く」は「お酒を頂く」「労いのお言葉を頂く」「お便りを頂く」といったように使うことができます。 動詞は漢字表記、補助動詞は平仮名表記と覚えておきましょう。 ・頂いたお菓子、とても美味しかったです。 「いただきたく存じます」の類語・言い換え 〜していただければ幸いです 「幸いです」は、「自分にとって嬉しいことです」「〜であれば幸せになります」といった意味になります。 「幸いです」の使用場面としては、何かをお願い・依頼する場合になります。 「幸いです」は、ビジネスメールなどで相手に何かを依頼するときに用いることが多いです。 「幸いです」を依頼をするときに使う場合は、「〜してくれるとありがたい」という意味になります。 「〜してください」と頼むよりも「〜していただけると幸いです」といった方が、柔らかい印象になります。 例文 ・来週までにご連絡いただければ幸いです。 ・ご都合の良いときに、ご確認いただければ幸いです。 〜いただきますようお願い申し上げます 「〜いただけますようお願い申し上げます」は「〜していただきたいと願っています」という意味になります。 例えば「参加していただけますようお願い申し上げます」と言った場合は「参加していただけることを願っています」といった意味合いになります。 「〜いただきますようお願い申し上げます」は非常に丁寧な表現になるので、目上の人に対して使うことができます。 ・お手数ですが、お送りいただけますようお願い申し上げます。 〜してください 「〜してください」は、お願いをするとき用いる言葉で、日常会話でも頻繁に使われています。 「〜してください」は、同僚や部下に対しては使えますが、目上の人に対して使うと上から目線だと、受け取られてしまう可能性があります。 目上の人にはなるべく使用を避けた方が良いでしょう。 また、「〜してください」をより丁寧にした「〜なさってください」という言い方もあります。 「〜なさてください」の「なさる」は「する」の尊敬語です。 目上の人に何かをお願いするときは「〜なさってください」を使うのが適切になります。 例文 ・来月歓迎会を開催することにしました。 ぜひお越しください。 ・今確認してくるので、少々お待ちください。

次の