バイオ ハザード リベレーションズ 2 評価。 「バイオハザード リベレーションズ2」オフライン協力プレイの評価

3時間クリアガイド

バイオ ハザード リベレーションズ 2 評価

バイオハザード リベレーションズのスイッチ版がいよいよ発売されました。 スイッチではこのようなアクション、ホラー系のタイトルが少ないので(まだ1つぐらい?)、この手のゲームが好きな人にはちょうどいいタイトルとなります。 バイオハザード リベレーションズ スイッチ版とは? 「バイオハザード リベレーションズ」がスイッチでリリースされます。 「 バイオハザード リベレーションズ アンベールドエディション」は、バイオハザード4と5の間に起きたとされるストーリー。 クリスの消息が不明になり、ジルが現場に向かうが.... といったお話です。 また「 バイオハザードリベレーションズ2」も同時リリースです。 スイッチではまだこのようなサバイバルホラー系のタイトルは少ない... というかほとんどない状態です。 とくにバイオはしたことがあるけど、リベレーションズはまだ....という人にはちょうどいい作品となることでしょう。 価格はダウンロード版で、それぞれの作品とも 2990円(税込み)です。 バイオハザード リベレーションズ アンベールドエディション インストールできない? 購入してみたものの、Xマークがなぜか点滅しています。 どうやら容量がたりません。 なんと 12GBというサイズだそうで、結構でかいです。 SDカードがない人はこの機会に購入したほうがよさそうです。 しょうがないので?いくつかのインストールゲームを削除してやっと空きを確保しました。 やっぱりSDカードで拡張しとかないと厳しそうです。 とにかく1だけでも入れて、無事起動。 こちらが起動画面。 全般的にグラフィックはきれいです。 操作方法は? 操作は左レバーで移動、右レバーで視点操作です。 このあたりの操作性のよさはスイッチのメリットといっていいと思います。 非常に動かしやすいです。 移動後「 A」マークが出た場合「A」ボタンを押してその場を調べることができます。 攻撃では、 ZLで銃を構え、ZLを押しながら ZRで銃を発射します。 「 Y」ボタンでリロードします。 Rボタンだけを押すと、通常はナイフではらいのけるような動作を行います。 集榴弾などがあれば、投げつけます。 武器は 左の矢印キーの上下でサブウェポンを、左右で武器を切り替えます。 防御で知っておきたいのはまず「X」ボタン。 「 X」ボタンでハーブを使用。 ヘルスを回復します。 またLレバーで後ろに下げながら「 B」ボタンで急反転でします。 後ろに敵がいないか確認するにはぜひ知っておきたい方法です。 このバイオでは「 ジェネシス」というスキャン装置が用意されています。 これによってアイテムを発見したりできます。 Lキーを押してジェネシスの画面にしながら、 ZRでスキャンをかけます。 これでアイテムを見つけたりします。 持ち物は「 -」ボタンで表示します。 この画面では地図も見れます。 中断や終了では「+」ボタンを押してメニューを表示しましょう。 レビュー 主人公たちがクリスらが失踪したとされる幽霊船へ潜入します。 こわいよーこわいよー、と思って振り返ると、仲間がいてかえってびっくりしたりしますw。 んでもっていよいよ化け物登場。 銃で撃って戦いますが、弾数のことなどを考えると怖いです。 ミスるとやられてしまいますの注意。 つかみのシーンが終わると、場面は一転。 この状況になった背景などがテレビニュース風に紹介されていきます。 エピソード1が開始。 漂着物を調査していきます。 すると、ぐにゃぐにゃの変なのがやっぱりばーんとでてきて... こわいっすw。 なんだかんだで敵?が出現。 果たしてその正体は? バイオが初めての人でもプレイできる? リベレーションズの開発インタビューによれば、 携帯ゲーム機なので短い区切りで遊べるようにしたいと考えていました。 じゃあ連続ドラマのような見せ方にしたら?... と提案がありまして、なるほど、そうすることで据え置きの『バイオハザード』シリーズが映画なら、こっちはTVドラマというすみ分けも面白い。 参考: とのことで、意図的にエピソードをしっかり分ける構成となっています。 遊んでいる時間も一区切りしやすいのでやりやすいです。 初心者でもプレイしやすいと思います。 バイオハザード出たての頃はよくプレイしていて、その後はあんまりしていませでした。 が、やっぱりプレイしてみるとよくできてますね。 バイオハザード リベレーションズ2 こちらは、「バイオ5」と「6」の間の時間軸の作品です。 捕らわれたクレアとモイラの脱出とバリーらの救出劇が中心となります。 操作方法 操作方法が1とは多少異なるので、そのまま1から続けてやると操作ミスもでるかもしれません。 左レバーで移動、右レバーで視点変更、ZLで構えZRで発射はかわりません。 Yでリロードもそのままです。 ただしハーブでのヘルス回復はR長押しとなります。 また1ではBが回避でしたが、2ではAが回避となります。 ま、ちょっとやればなれるとは思います。 レビュー パーティ会場に何者かが襲撃されてしまいます。 気付くと地下牢のような場所に...。 とりあえず出口を探します... こちらのバイオは、より「サバイバルホラー」色が強いです。 出てくるゾンビたちはジャンプしてパワフルに攻撃してきます。 ハードなアクションを楽しみたい人は2のほうがよいでしょう。 データサイズがリベレーションズ1の倍になっていることも影響してか、ロードが非常に遅くなっています。 移植作品なのである程度はしょうがないのでしょうが... 攻略:エピソード2 クレア編の鉄格子 詰まった個所についてTIPSをメモっておきます。 レバーを引いて鉄格子をあけても、ダッシュしていくと閉じてしまう箇所がクレア編エピソード2にあります。 すると「ここで待機して」と相手に伝えることができます。 あとはレバーを引いてから「X」でキャラを切り替えれば楽に通り抜けることができます。 とあって、スイッチの場合の割り当てがよくわからなかったため余計つまりました。 感想は? リベレーションズ1と2両方買いましたが、思ったよりも演出のコンセプトは違います。 1のほうは、 最初のバイオハザード1や2などのシステムを引き継いでいる感じです。 バイオの最初の頃はよくプレイした...という人はすんなり入っていけると思います。 レベルもカジュアルを選べば弾薬やハーブに困ることはまずないでしょう。 1,2回つまづくようなところも、例えばガスタンクを破壊して相手にダメージを与える... といった対処法が用意されている感じです。 一方のリベレーションズ2は、本当に サバイバルホラーといった感じ。 ゾンビたちはこちらを見つけると 走って追いかけてきます。 映画の世界でも昔のゾンビは歩いていたのに最近のゾンビは全速力で迫ってきます。 ゾンビにかまれるシーンでは、かなり表現も痛々しいです。 テキスチャの質感も、「サイレントヒル」を思わすようなザラザラして不快感を感じるようなものです。 レベルをカジュアルにしてもそんなにたくさん銃弾やハーブはありませんので、ある程度は接近戦もこなさないといけなさそうです。 止血剤をしないと、どんどん体力をなくすのもシビアです。 とにかく全般的にレベルが難しく、思ったよりハードになっております。 ただしその分クリアしたり、敵を倒した爽快感はこちらのほうがあるかもしれません。 アドベンチャーゲーム好きなら1を、アクションやFPSがすきなら2をという感じではないでしょうか。 バイオハザード リベレーションズを購入するには? 1と2を別個に買うと6000円ぐらいするのですが、コレクションで買うと5000円ぐらいでお得です。 知らなかったので1000円損しました...。

次の

Top

バイオ ハザード リベレーションズ 2 評価

「バイオハザード」シリーズのナンバリング作品に準じたタイトルとして,2012年にニンテンドー3DS用ソフト「」がリリースされ,翌2013年にはや,,向けに多数の改良が施された「バイオハザード リベレーションズ アンベールド エディション」が発売。 そして,このたび現行機向けに移植されたというわけだ。 PS4版とXbox One版はグラフィックスが1080pの高解像度に対応し,前世代機版に比べてフレームレートも向上している。 さらにエクストラコンテンツ 「レイドモード」には,高難度のステージや新しい武器が追加され,これまでにリリースされたDLCをすべて収録。 まさに 「完全版」といったところだ。 さて,ここからが本題。 筆者は数年前にXbox 360版を購入して,レイドモードにハマりまくった過去を持つ。 あの頃は同業の友人であると,昼夜問わずに遊んでいたものだ。 そこで,この場を借りてレイドモードの魅力を当時の思い出を交えつつ,余すところなく語らせてほしい。 なお,本稿に掲載している写真は,今回の執筆のためにあらためてPC版をプレイして撮影したものだ。 バイオハザード+ハクスラ=レイドモード まずはレイドモードについて解説しておこう。 レイドモードには3段階の難度がある20ステージと,特別ステージ 「THE GHOST SHIP」があり,プレイヤーは計61ステージのクリアを目指すことになる。 ステージは本編の一部を抽出したような構成になっており,10分から20分程度でクリアできるボリュームだ。 ステージを攻略すると経験値やBP(お金のようなもの)を獲得でき,キャラクターを強化していく成長要素もある。 レイドモードのステージ数は61。 最初は最も易しい「DARK」の3ステージしか選択できないが,本編の進行状況に応じてアンロックされていく 使用するキャラクターや武器を選択できる。 新しいキャラクターや衣装は特定の条件を満たすことでアンロックされる 「バイオハザード」シリーズといえば,入手できる弾薬に限りがあり,節約しながら敵と戦うイメージが強い。 後半に登場する強力なマグナムは,10発撃てるかどうかといった印象だろう。 しかし,レイドモードはメニュー画面で弾薬を補充できるため,本編よりも自由に銃を撃ちまくれる。 貴重なスナイパーライフルもマグナムもガンガン撃っていい。 思う存分に戦闘が楽しめるというわけだ。 また,レイドモードでは各武器にレベルが設定されており,それに応じて性能が向上していく。 レベル1とレベル30のガバメントでは,当然ながら後者のほうが圧倒的に攻撃力が高い。 ステージに持ち込めるのは,最大3種類の銃やグレネード,そして体力回復用のグリーンハーブだ ストアでは弾薬の補充,武器の購入,所持弾薬数の増加が可能。 品揃えはキャラクターのレベルに応じて充実していく 武器のカスタマイズも夢中になれる。 それぞれの武器にはスロットがあり,カスタムパーツをセットすることで,性能を強化したり,追加効果を得たりできる。 「威力を上げる」「装弾数を増やす」といった分かりやすいものから,武器の挙動すら変えてしまうパーツまで,その種類は多彩だ。 ただし,スロット数は最大でも6つ。 同系統のパーツは同時にセットできないといった制限もあるので,パーツの組み合わせには頭を悩ませることになる。 それがまた楽しいんだけどね。 武器のスロットにパーツを装備して性能を向上させる。 パーツは自由に取り外せるので,序盤は何でもいいからセットしておこう おそらくほとんどのプレイヤーは,あまり詰まることなく最初の難度「DARK」をクリアできるだろう。 だが,2番目の「DEEP」になると,目に見えて難しくなる。 敵のレベルが上昇するばかりか,その配置も変化。 DARKでは登場しなかったボスクラスの敵が,ふいに現れたりする。 しかも,すごくカタイ。 ステージには「推奨レベル」が設定されているが,それに満たない状態だと戦闘が長引き,弾薬も不足しがちになるはずだ。 本編とは異なり,敵にレベルが設定されており,残りの体力も表示される。 能力が強化されたタイプも登場するので,油断は禁物だ このあたりから,筆者もレベル上げの必要性を実感したものだ。 通常のガバメントに比べて,装弾数こそ少ないものの威力が高く,発射によるブレがゼロという特徴を持つ。 さらに,装填されている弾薬をすべて高速で発射する「フルバースト」と,装弾数を増やす「ロングマガジン」というパーツをセットすれば,一瞬で数発の弾丸を撃ち込めるようになる。 パーカー・モデルの使い勝手の良さは群を抜いており,もうこれがなくては何もできない体になってしまったほど。 もちろん最高難度である「ABYSS」には,もっと過酷な戦いが待つ。 レベルを上げたり,武器をカスタマイズしたりして,地道にキャラクターを強化したうえで,本地君との協力プレイによって,ようやくクリアできたことを覚えている。 そうして,いよいよ最後に残されたステージ「THE GHOST SHIP」に挑むことになる。 ……普通はそう思うよね? しかし,それは間違い。 執筆中にSteamでセールが開催されていたので,PC版でも購入してしまった。 DLC全部が401円というお値打ち価格。 これは買っちゃうよなぁ DEEPのステージ2は,序盤のレベル上げに最適なスポット。 3分程度でクリアできるので回転が速い いざ地獄の深遠,THE GHOST SHIPへ さて,最後に残されたTHE GHOST SHIPだが,これまでとは異なり,本編の舞台である豪華客船をすべて利用するステージとなっている。 プレイ時間は1時間以上かかり,相当強い敵が大量に出現する。 まさにフィナーレにふさわしいステージだ。 プレイ時間が長いということは,プレイヤーが疲労するだけでなく,弾薬切れになる可能性が高くなる。 所持弾薬数を最大に強化しても余裕があるとは言えず,さらなる武器強化で対策を講じるしかない。 THE GHOST SHIPは難度の高さに比例して,戦利品の性能も抜群に優れている。 そこで,まずはステージをクリアすることではなく,戦利品の獲得を目指すことになるはずだ。 THE GHOST SHIPは敵のレベルが徐々に高くなっていく。 序盤の敵は近接攻撃で倒して,弾薬を節約したいところ ステージではとにかくケース(武器やパーツが入っている)を探すべし。 途中でリタイアしても,それまでに見つけた武器やパーツは手に入る とくに入手したいのが 「グラトニー」。 これは武器の弾薬が尽きてしまっても,ほかの武器の弾薬を消費して撃てるという夢のようなパーツだ。 なかでもハンドガンに装備できる「グラトニーI」,ライフルに装備できる「グラトニーIV」を手に入れたい。 そのほか,銃のリロードが不要になる 「オートローダー」もあると心強い。 こうした欲しいパーツが見つかるか,それは運次第だ。 同じグラトニーでも,マシンガンに装備できる「グラトニーIII」なんかは完全にハズレ。 貴重なライフルやマグナムの弾を消費して,1発あたりの威力が最低クラスのマシンガンを撃つなんて正気の沙汰じゃない! 弾薬不足の悩みを解消してくれる「グラトニー」が,あるとないとでは大違い また,THE GHOST SHIPでも入手できない高性能パーツが存在する。 これらは難度ABYSSの各ステージで 「トリニティ・ボーナス」を獲得すると手に入るのだが,その達成条件がとにかくシビアだ。 レイドモードのステージには,4種類のボーナスが用意されている。 そのうち,3種類のボーナス達成条件を同時に満たすと,ようやく獲得できるのがトリニティ・ボーナスである。 レギュレーション・ボーナス……[達成条件]ステージの推奨レベル以下でクリアする• ジェノサイド・ボーナス……[達成条件]ステージに登場するすべての敵を倒す• ノーダメージ・ボーナス……[達成条件]1回もダメージを受けないでクリアする• トリニティ・ボーナス……[達成条件]上記3つのボーナスを同時に獲得する 3種類のボーナスを同時に獲得することが,トリニティ・ボーナスの達成条件。 全ステージで獲得するのは,遥か長い道のりだ 当然,ABYSSは難しい。 それなのに低レベルかつノーダメージ,しかも敵を全滅させてからステージをクリアしなくてはならない。 しかし,トリニティ・ボーナスの報酬であるパーツは極めて魅力的だ。 なかでも,ステージ7〜9のいずれかで獲得できる 「レベルキャンセラー」は完全攻略に欠かせないパーツだ。 レイドモードでは「レベル補正」があり,使用武器より敵のレベルが高ければ,与えるダメージが少なくなってしまう。 逆に敵のレベルのほうが低ければ,より多くのダメージを与えられる。 各ステージを推奨レベルで挑んだ場合,ほとんどの敵は自分よりも数レベル高い。 そのため,最初から不利な戦いを強いられていると言える。 この状態でトリニティ・ボーナスを獲得するのは,相当に難しい注文だ。 しかし,レベルキャンセラーを武器に装備すると,こうしたレベル補正が無効化される。 格上の相手と戦っても,武器本来のダメージを与えられるというわけだ。 また,推奨レベルより低いレベルで挑むと,獲得できる経験値やBPが増えるため,レベル上げやBP稼ぎに効果的。 何としても入手しておきたいパーツであることが,お分かりいただけただろうか。 とはいえ,対象ステージのうち,比較的簡単と言われるステージ9であっても,ノーダメージでクリアすることは至難の業だ。 水中から飛び出すギオッゾに噛みつかれたら,やり直し。 出現場所を覚えて,前もってグレネードを使って倒そうとするも,なかなかタイミングが合わない。 1匹でも取り逃がしてしまうと,不意打ちを食らってやり直しを余儀なくされる。 魚のようなモンスター,ギオッゾ。 動きが速く,ダメージを受けやすい。 非常にやっかいな相手だ そこで筆者が考えた作戦は,本地君との協力プレイ。 1人がノーダメージを目指し,もう1人はそれをサポートするべく,ダメージ覚悟で敵を倒していくというわけだ。 一見,これなら楽に思えるだろう。 実際,ソロプレイよりも楽にはなるが,急に背後からクリーチャーが襲ってくることも多く,ノーダメージを目指すなら一瞬たりとも気が抜けないことは変わらない。 しかも,無事に目的を達したとしても,必ずレベルキャンセラーが手に入るとは限らない。 報酬が「マジックポケットIII」になる可能性もあり,最後の最後で運も絡む。 ちなみにマジックポケットIIIもそれなりに使えるパーツではあるが,THE GHOST SHIPでも入手できるので希少価値は低い。 当時,筆者は本地君と協力してステージ9に挑み,何回もトリニティ・ボーナスの獲得に失敗。 そのたびに攻略法を構築し,苦労の末にレベルキャンセラーを手に入れたものだ。 その達成感は筆舌に尽くしがたく, 「もう,これでレイドモードをクリアしたことにしてもいい!」と思った。 さらなる高みを目指して こうしてキャラクターを強化しまくると,もはや別のゲームと言えるほどになり,戦い方もまったく変わる。 ショットガンの発射速度を大幅に強化して,全弾撃ち尽くせるフルバーストや,リロードが不要になるリローダーを装備するとどうなるか。 そう,わずか1〜2秒で70発近い弾丸を撃ち込めるショットガンの完成だ。 ここまで武器に魔改造を施すと,シリーズファンにはおなじみの無限ロケットランチャーよりも強烈なインパクトを放つ。 その異次元の性能を,ぜひ体験してほしい。 だが,それでも THE GHOST SHIPの壁は高い。 いや,クリアするだけならなんとかなるが,実は最高レベルの50で挑むと,ステージの最後にボスが追加されるという仕掛けがあり,より良い武器が手に入りやすい。 そうなると,さらなる高みを目指すしかないだろう。 レベル50でTHE GHOST SHIPを周回できるようになると,今度はクリア時間を短縮したくなるのがゲーマーという生き物。 そのためには,ショットガンよりも強力なマグナムを投入したい。 だがしかし,である。 マグナムに装備できるカスタムパーツ「グラトニーV」は,THE GHOST SHIPのトリニティ・ボーナスになっているのだ。 な,なんだってー! 長くて難しいTHE GHOST SHIPをノーダメージかつ敵を全滅してクリアするのは,これまた至難の技だ。 トリニティ・ボーナスを獲得すれば,胸を張って「レイドモードを遊び尽くした」と言えるだろう。 ちなみに,筆者は胸を張って言えない。 そう,諦めてしまった。 だって,すごく難しかったんだもん。 「バイオハザード リベレーションズ アンベールド エディション」のエクストラコンテンツでありながら,筆者(と本地君)を虜にしたレイドモード。 本稿でその魅力の一端でも伝われば幸いだ。 今回の記事制作のために,久しぶりにPC版を起動したのだが,遊び始めると止められなくなって,いつの間にか20時間を超えていた。 かつてXbox 360版を120時間以上遊んだというのに……恐るべし,レイドモード。 そんな筆者だが,このたび発売された現行機版もやっぱり遊ぶ予定だ。 最高難度「GHOST SHIP HELL」や新しい武器が追加されるというのだから,参戦しない理由があるだろうか。 今度こそ,THE GHOST SHIPのトリニティ・ボーナスを獲得したい。 我々はおかわりを待っているのですよ。 (C)CAPCOM CO. , LTD. 2012, 2017 ALL RIGHTS RESERVED. (C)CAPCOM CO. , LTD. 2012, 2017 ALL RIGHTS RESERVED. (C)CAPCOM CO. , LTD. 2012, 2013 ALL RIGHTS RESERVED. (C)CAPCOM CO. , LTD. 2012, 2017 ALL RIGHTS RESERVED. (C)CAPCOM CO. , LTD. 2012, 2013 ALL RIGHTS RESERVED. (C)CAPCOM CO. , LTD. 2012, 2013 ALL RIGHTS RESERVED. (C)CAPCOM CO. , LTD. 2012, 2013 ALL RIGHTS RESERVED.

次の

Top

バイオ ハザード リベレーションズ 2 評価

【ゲーム概要】 バイオハザードリベレーションズ2とは、2015年2月24日にエピソディック配信発売されたゲームソフトで、ジャンルはサバイバルホラー。 ストーリーは『クレア編』『バリー編』の二つのモードに分かれている。 クレア編では孤島からの脱出を目指し、バリー編ではクレアとモイラの救出を目指して、それぞれ戦うことになる。 画面分割でのオフラインマルチプレイに対応しており、ストーリー全編を二人で協力して進めることができる。 また、武器パーツを集めて取り付け銃の改造をすることで戦闘を有利に運ぶことができる。 ホラー要素が強く、グロテスクな描写が苦手な方は注意が必要。 ・ソフト一本でストーリーを全編協力プレイ可能• ・二人で遊ぶと怖さが半減• 先が気になる内容になっていて、夢中でプレイしてしまいます!クレア編とバリー編を交互に進めていくというシステムはプレイヤー側に推理を仕向ける非常に上手い演出となっており、少しずつ事件の核心に迫っていくストーリーの魅せ方はさすがバイオシリーズと言ったところでしょうか。 ・かなりグロい• ・2P側は銃を装備できない• その代わりにモイラはバールでの近接攻撃、ナタリアは石での近接攻撃と投石が可能です。 とは言え1Pの攻撃に比べ火力がかなり劣るので、立ち位置はあくまでサポートキャラクターであり、バイオ5や6のような共闘はできないものと考えた方がよさそうです。 その分、おまけ要素などが充実しているようなのですが、もう少しメインストーリーに力を入れてほしかったです。

次の