セル モーター 回ら ない。 セルが回らない!そんなときにチェックしておくべきポイントは?

セルモーターが回らない!パターン別の対策方法

セル モーター 回ら ない

セルが回らない原因とは? エンジンがかからないし、セルも回らない!? セルが回らない場合に推測される多くの原因は バッテリー上がりです。 しかし、それなりにチェックできる所は確かめていないと、他の原因であった場合に、 やっと新しいバッテリーに変えたのに再びバッテリーを上げてしまった…なんてなってもいけません。 バッテリー上がりはもとより、可能性がある原因には次のようなものが考えられます。 バッテリーの異常• オルタネーターの異常• セルモーターの異常• 人為的ミス• 車の仕様• その他 それでは順に説明いていきます。 原因を明確にしやすくするために差し当たって少々確かめたいことがあるわけです。 バッテリーの異常 エンジンがかからないし、セルも回らない!? セルが回らないとしたら初めに怪しむことは、この バッテリー上がりなんですが、こういう時でも差し当たりこの点をはっきりさせるよう確認したいことがあります。 バッテリー残量のチェック 私がこの時に調べるところですが、手始めに鍵をONの状態にして、ヘッドライトを点けます。 このような時にヘッドライトが普段より暗いなと感じ取れたらバッテリーが上がっている事が疑問視されます。 プラスして、ルームランプの明るさを確認。 かつルームランプを点けたまま、ホーンやワイパーを稼働させます。 ホーンを鳴らした際に明確にルームランプが暗くなる、あるいはワイパーのスピードが異様に遅い等々が見てとることができれば、第一に バッテリー上がりを疑います。 再度セルを確認 このタイミングでセル状態を確かめます。 さすがにセルは回らないのですが、回らないにしても、ONの状態から何かしら固くてSTARTの状態にまで回らないのか? 一方で通常通りSTARTの状態にはスムーズに回るが、エンジンが キュルキュルといわない、 パネルや計器類は点くがセルは無反応、でなければ カチカチと高速で電子音がするのかチェックします。 STARTの位置にすら回せないのであれば キーボックスや セルモーターの異常が疑問視されます。 逆に、START位置だとスムーズに回るが、セルが回らない場合はさすがにバッテリー電量の無い確率が上がります。 ところでセルモーターを回してエンジンをかけるには、そこそこの電力が必要なのですから、 エンジンが始動できない状態のバッテリーの残量でも、ヘッドライトやオーディオは点けられるケースがほとんどです。 バッテリー自体を確認 一番に バッテリーに原因がある公算が大きいと断定した時、車のボンネットをオープンして、バッテリー自体をチェックしましょう。 液量は適切か、ターミナルに腐食や接触不良がないか、バッテリーの取り換え時は過ぎていないかという事を確かめます。 バッテリーの寿命は使い方にも左右されますが、 約2~3年くらいです。 4、5年経っているバッテリーだとしたら、バッテリーの可能性が考えられます。 その場合は勿論バッテリー交換が必要でしょう。 オルタネーターの異常 オルタネーターというのはバッテリーに電気を送る発電機です。 オルタネーターが壊れると、走行中に発電されないで、バッテリーの電量がダウンします。 それからエンジンを止め、そのあとかけようとするとかからない状況になります。 私の経験からするとなんですが、いつも通り問題なくドライブし、何気なくコンビニに寄って帰ろうと思ったらエンジンがかからない、こういうのってすごく疑わしいです。 重要なことは、半ドアやライトのつけっぱなしや、1度エンジンをストップすると2度とかからないところです。 よくないときは運転中にエンストすることもあるんです。 あわててレスキュー車を呼んで、バッテリーを繋いでエンジンを始動させ、 30分~1時間くらい走ったというのに、エンジンを切ってしまいますと、やっぱり2度とかからないようになります。 私は3回位こういったオルタネーターの異常の覚えがありますから、またここがアヤシイと感じ取れた場合はエンジンを切らず、 その後にエンジンがかからなくても苦慮しない場所で、エンジンを止めるようにしています。 なお、このオルタネーターを取り換えると、車の種類にも左右されますが、 約5~10万円程必要になってしまいます。 セルモーターの異常 ラストに セルモーター自体に原因がある場合ですね。 この症状は私自身ほとんど経験がありませんが、製造年度の古い車両だとずい分ありえる話です。 バッテリーに問題はなく、ライトも明るい、けれどもセルが回らない、固い、といった状態であるならこっちも疑われます。 仮にセルモーターを取り換えといった状態だと修理コストは、車種にもよりますがパーツ代と工賃で 2~5万円くらいになるでしょうか。 なおセルモーターの ギア噛みの初期状態であったら、数回セルを回してる過程でエンジンがかかるかもしれません。 ただし、そのような時はもはや、寿命と理解しておくようにしましょう。 しかも、エンジンルームにおけるセルモーター本体を工具とかで叩いて、スタートさせるといった緊急処置がありますけど、 手慣れた方じゃないと、異なったパーツを傷つけてしまったり、外傷や事故の危険性もありますのでやめるべきです。 どちらにしても修理、取り換えとなるでしょうから、大至急車屋に頼みましょう。 人為的ミス ヘッドライトやルームランプの消し忘れ、半ドア、エンジンをかけず、 鍵をONの位置でオーディオやエアコンを利用とか車の中を見回して、前述のような過ちはなかったでしょうか? 仮にこういった原因が発見できれば、シンプルにバッテリー上がりが疑問視されるため、バッテリーを充電とか取り換えというような流れになります。 車の仕様 近年の車はギアがパーキングのエリアにちゃんと入ってないとしたらエンジンがかからない AT車、 それか、ブレーキとクラッチを踏み込んでいなければエンジンがかからない MT車等、 車の仕様で事故防止のためエンジンがかからなくなっている場合があります。 ハンドルロックであるとしたら、ハンドルを少し回して鍵をかけてみましょう。 ロックの場合だとキーがなめらかに回らないケースがあります。 日頃から運転している車でなければ、エンジンスタートの順番が間違っていないか、もう一度確かめるべきです。 現在の車ではヘッドライトが自動で点灯するタイプや、エンジンOFFと共にライトもOffとなる車がたくさんあるので、ヘッドライトの消し忘れはわずかだと考えられます。 けれど、私の車ってそのような高機能な物は備わっていないので、スモールライトの消し忘れでしたら数回やってしまったのです。

次の

【トゥデイAF61】セルが回らない時は3つに注目+修理方法も解説

セル モーター 回ら ない

長年、車に乗っていると様々な車両トラブルに出くわすことがあるかと思います。 エンジンが掛からないトラブルは、よくある不具合の原因から稀な不具合の原因まで様々な要因が考えられます。 ここでは、エンジンが掛からない時に「カチカチ」というような音がする場合の原因と対処法について、可能性の高いものから順番に解説していこうと思います。 車のエンジンがかからない:バッテリーが原因 まず、エンジンが掛からない…という不具合でまず頭に浮かぶ原因と言えば「バッテリー」ではないのでしょうか? 古いバッテリーはバッテリーがあがりやすくなります。 バッテリーは車の消耗部品の1つで、使い方や乗り方、最近ではアイドリングストップ付きかそうでないかによっても、その寿命も大きく変わってきますが、多くはおよそ3年が交換の目安時期と言われています。 また、バッテリーに関するトラブルはユーザーにとっても最も身近なものであり、JAFなどのロードサービスの救援依頼内容で年間を通して1番多いのが、「バッテリー上がり」のトラブルとなっています。 交通量が多いところでエンストしないためにもバッテリー交換はお早めに 私も体験したことがあるのですが、まだ少しバッテリーに余力がある状態だったりすると、なんとかエンジンを掛けようとセルモーターを回そうとします。 そして、一時的にエンジンが掛かって車を運転しても道端の途中でエンストということもありました。 交通量の多いところでエンストをしてしまうと周囲に迷惑をかけてしまうので、そういったことがないように古いバッテリーを使い続けている場合はやめて新しいバッテリーに交換しておくようにしておきましょう。 カチカチとなるときにはバッテリーが完全放電しているとき バッテリーが完全に放電して上がってしまっていると、エンジンを掛けようとしてもうんともすんともいわず結果的に掛からない訳ですが、その時のセルモーターの作動音で「カチカチ」と音が鳴っている場合があります。 こういったときにはバッテリーが上がってしまってるわけですが、そのときに連鎖で起きてしまうトラブルとしてよくありがちな症状としてどういったものがあるのか、次に説明していきます。 バッテリーがあがるときにありがちな症状1:リモコンキーが使えない まずリモコンキーが使える車はリモコンキーでの解錠・施錠ができなくなったりします。 しかし、エンジンが掛かる場合にはキーの電池がないというだけの可能性もありますので注意が必要です。 バッテリーがあがるときにありがちな症状2:メーターの照明やヘッドライト、ルームランプが暗い 更にバッテリーがあがっているときには車内に乗り込みメーター内の照明が正常時と違いぼんやりとしか点灯しなかったり、IG-ON時のメーター内の警告灯の点灯・点滅状態がいつもと違ったりする場合もあります。 バッテリーがあがっていることが1番分かりやすいパターンとしてはルームランプやヘッドライトが暗い、もしくはONにしても点灯しないというようなことが例にあがります。 ヘッドライトなどをつけっぱなしでもバッテリーがあがります。 先述のとおり、バッテリー上がりはバッテリー自体の寿命が多いのですが、エンジンを掛けていないのにライト類をつけっぱなしにしてしまっていたことがきっかけとなってバッテリーがあがってしまうこともあります。。 車のエンジンがかからない:オルタネータが原因 車のエンジンがかからない原因としてバッテリーが上がること以外の原因として、オルタネータの故障が原因として挙げられます。 オルタネータとは発電機のことでエンジンのベルトにより駆動されています。 ベルトが切れるようなトラブルが発生した場合には発電ができなくなりますが、このオルタネータ本体の内部不良により発電がされなくなることも珍しいことではありません。 発電がされないのではバッテリーは走行中に充電されません。 しかし電気負荷は発生しているのでバッテリーの中の電気は消費され続け、やがてバッテリーが上がってしまいます。 車のエンジンがかからない:セルモーター スターターモーター が原因 車のエンジンがかからない要因として次に考えられる原因はセルモーターです。 エンジンはキーを捻る、もしくはエンジンスタートボタンを押すと、セルモーター内にあるギヤが飛び出し、エンジン後端部にあるリングギヤ フライホイール と噛み合います。 そしてセルモーターがバッテリーの力で回転することで、噛み合ったリングギヤも回転してエンジンが掛かるという仕組みになっています。 経年劣化等によるセルモーターの内部不良により、この飛び出すギヤが保持できずに戻ってきてしまうことがあります。 そういった場合、エンジンを掛けようとしてもエンジンルーム内から「カチカチ」と音がするのに、エンジンが始動できない…というトラブルが生じることになります。 実はこれ、セルモーターが完全に壊れている訳ではなく壊れかけという場合が多く、専門業者がよく行う応急処置としてセルモーターをハンマーで軽く叩くなどすると、その衝撃でギヤがちゃんと飛び出てエンジンが掛かった!なんてことも整備の現場ではよくある話です。 ですので整備屋さんへもっていくとこのような処置をされる場合もあります。 また、セルモーターはエンジンルーム内の奥まったところにあることが多く、知識のない方が触るのは危険ですのでプロの整備士に診断・交換等はお願いするようにしましょう。 最後に このようにエンジンが掛からない要因として様々な要因がありますが、治す方法として一番の方法はトラブルの原因となっている部品を交換することがベストです。 カチカチ音を治すための車の修理工場をお考えのあなたへ もし、自力で車のカチカチ音を治すのが難しいときには修理工場への持ち込みを検討されるかと思います。 ですが、修理工場はそれぞれ修理の仕方が異なりますし、工賃も異なります。 そのため、修理代が違ってきます。 ですが、どこの修理工場なら安いのかわからない、 口コミの良い修理工場を探したい、 そんなときにおすすめなのがグーピットです。 グーピットはcmでも有名なグーネットの姉妹サイトです。 あなたのお住まいの地域の複数の修理工場の中から 口コミが良くて一番安い修理代のお店を探すことができます。 問い合わせだけなら完全無料なのでおすすめです! 【最新版!】車一括査定で遭遇した衝撃トラブル暴露!対処法も完全公開中! 車の一括査定の裏側で起きている危険なトラブルの真実が知りたい方向け。 スマホが普及するようになってネット利用者が増加したこともあり、… 大手よりも地域密着型のほうが高額査定な実例を暴露!?最新版車一括査定ランキング 車の一括査定会社はたくさんありますし、それぞれの会社ごとにサービスの内容は異なります。 どこの会社もライバル会社に負けないように、利用者に対しての独自のサービスを打ち出しています。 … え!?愛車が下取りよりも高く売れる!?試してわかった一括査定サイトランキング! 愛車を売りたい!でもどこで売ればいいのかわからない・・・ そんなあなたにおすすめなのが一括査定サイトです。 一括査定とは多くの車買取店に愛車の見積もり査定をしてもらい 一番高い価格をだしてきたお店に売却することを目的とした 愛車売却法です。 私はこの一括査定のおかげでホンダライフを下取り価格よりも 26万8000円も高く売ることができました。 同じ売るだけなのにボーナス一回分も違ってくるのは かなりデカいですよね。 逆にいえば売る場所を真剣に選ばないと 知らないうちに数十万円の損をしてしまうリスクが あるともいえます。 一括査定は多くの買取店に見積もり依頼すると 1つのお店につき1~2通くらいの電話やメールが来るようになっているので なれてない方ですと、とまどってしまいやすいです。 (私は電話がとても苦手でした。 ) 主に連絡来るのは申し込んだ初日だけですので 次の日になると嘘のように連絡が来なくなるものです。 そのようなシステムになっているんだと思います。 まれに営業熱心なセールスマンから電話があったりしますが 「もうすでに売却しました」といえば電話がまったく来なくなります。 もし電話のセールスが怖いという方は参考にしてみてくださいね。 また、どうしても電話が苦手という方は極力メールのみの連絡設定ができるのが 以下でご紹介のカーセンサーです。 他にも私が利用したことがある、おすすめな一括査定会社は それぞれ特徴がありますので、 以下にランキングとしてまとめてみました。 お車を高く売るチャンスを逃している方にはぜひ 参考にしていただけたらと思います。 以下の方におすすめです。 電話が苦手な方 トラブルを徹底的に避けたい方 より多くの買取店を選んで高額買取をしたい方 個人情報保護を厳守が前提な方 信頼できる大手を利用したい方 該当する方はぜひ以下のランキングを参考にしてみてくださいね。

次の

12V車のセルモーターが回せなくなる電圧は?

セル モーター 回ら ない

セルが回らない原因とは? エンジンがかからないし、セルも回らない!? セルが回らない場合に推測される多くの原因は バッテリー上がりです。 しかし、それなりにチェックできる所は確かめていないと、他の原因であった場合に、 やっと新しいバッテリーに変えたのに再びバッテリーを上げてしまった…なんてなってもいけません。 バッテリー上がりはもとより、可能性がある原因には次のようなものが考えられます。 バッテリーの異常• オルタネーターの異常• セルモーターの異常• 人為的ミス• 車の仕様• その他 それでは順に説明いていきます。 原因を明確にしやすくするために差し当たって少々確かめたいことがあるわけです。 バッテリーの異常 エンジンがかからないし、セルも回らない!? セルが回らないとしたら初めに怪しむことは、この バッテリー上がりなんですが、こういう時でも差し当たりこの点をはっきりさせるよう確認したいことがあります。 バッテリー残量のチェック 私がこの時に調べるところですが、手始めに鍵をONの状態にして、ヘッドライトを点けます。 このような時にヘッドライトが普段より暗いなと感じ取れたらバッテリーが上がっている事が疑問視されます。 プラスして、ルームランプの明るさを確認。 かつルームランプを点けたまま、ホーンやワイパーを稼働させます。 ホーンを鳴らした際に明確にルームランプが暗くなる、あるいはワイパーのスピードが異様に遅い等々が見てとることができれば、第一に バッテリー上がりを疑います。 再度セルを確認 このタイミングでセル状態を確かめます。 さすがにセルは回らないのですが、回らないにしても、ONの状態から何かしら固くてSTARTの状態にまで回らないのか? 一方で通常通りSTARTの状態にはスムーズに回るが、エンジンが キュルキュルといわない、 パネルや計器類は点くがセルは無反応、でなければ カチカチと高速で電子音がするのかチェックします。 STARTの位置にすら回せないのであれば キーボックスや セルモーターの異常が疑問視されます。 逆に、START位置だとスムーズに回るが、セルが回らない場合はさすがにバッテリー電量の無い確率が上がります。 ところでセルモーターを回してエンジンをかけるには、そこそこの電力が必要なのですから、 エンジンが始動できない状態のバッテリーの残量でも、ヘッドライトやオーディオは点けられるケースがほとんどです。 バッテリー自体を確認 一番に バッテリーに原因がある公算が大きいと断定した時、車のボンネットをオープンして、バッテリー自体をチェックしましょう。 液量は適切か、ターミナルに腐食や接触不良がないか、バッテリーの取り換え時は過ぎていないかという事を確かめます。 バッテリーの寿命は使い方にも左右されますが、 約2~3年くらいです。 4、5年経っているバッテリーだとしたら、バッテリーの可能性が考えられます。 その場合は勿論バッテリー交換が必要でしょう。 オルタネーターの異常 オルタネーターというのはバッテリーに電気を送る発電機です。 オルタネーターが壊れると、走行中に発電されないで、バッテリーの電量がダウンします。 それからエンジンを止め、そのあとかけようとするとかからない状況になります。 私の経験からするとなんですが、いつも通り問題なくドライブし、何気なくコンビニに寄って帰ろうと思ったらエンジンがかからない、こういうのってすごく疑わしいです。 重要なことは、半ドアやライトのつけっぱなしや、1度エンジンをストップすると2度とかからないところです。 よくないときは運転中にエンストすることもあるんです。 あわててレスキュー車を呼んで、バッテリーを繋いでエンジンを始動させ、 30分~1時間くらい走ったというのに、エンジンを切ってしまいますと、やっぱり2度とかからないようになります。 私は3回位こういったオルタネーターの異常の覚えがありますから、またここがアヤシイと感じ取れた場合はエンジンを切らず、 その後にエンジンがかからなくても苦慮しない場所で、エンジンを止めるようにしています。 なお、このオルタネーターを取り換えると、車の種類にも左右されますが、 約5~10万円程必要になってしまいます。 セルモーターの異常 ラストに セルモーター自体に原因がある場合ですね。 この症状は私自身ほとんど経験がありませんが、製造年度の古い車両だとずい分ありえる話です。 バッテリーに問題はなく、ライトも明るい、けれどもセルが回らない、固い、といった状態であるならこっちも疑われます。 仮にセルモーターを取り換えといった状態だと修理コストは、車種にもよりますがパーツ代と工賃で 2~5万円くらいになるでしょうか。 なおセルモーターの ギア噛みの初期状態であったら、数回セルを回してる過程でエンジンがかかるかもしれません。 ただし、そのような時はもはや、寿命と理解しておくようにしましょう。 しかも、エンジンルームにおけるセルモーター本体を工具とかで叩いて、スタートさせるといった緊急処置がありますけど、 手慣れた方じゃないと、異なったパーツを傷つけてしまったり、外傷や事故の危険性もありますのでやめるべきです。 どちらにしても修理、取り換えとなるでしょうから、大至急車屋に頼みましょう。 人為的ミス ヘッドライトやルームランプの消し忘れ、半ドア、エンジンをかけず、 鍵をONの位置でオーディオやエアコンを利用とか車の中を見回して、前述のような過ちはなかったでしょうか? 仮にこういった原因が発見できれば、シンプルにバッテリー上がりが疑問視されるため、バッテリーを充電とか取り換えというような流れになります。 車の仕様 近年の車はギアがパーキングのエリアにちゃんと入ってないとしたらエンジンがかからない AT車、 それか、ブレーキとクラッチを踏み込んでいなければエンジンがかからない MT車等、 車の仕様で事故防止のためエンジンがかからなくなっている場合があります。 ハンドルロックであるとしたら、ハンドルを少し回して鍵をかけてみましょう。 ロックの場合だとキーがなめらかに回らないケースがあります。 日頃から運転している車でなければ、エンジンスタートの順番が間違っていないか、もう一度確かめるべきです。 現在の車ではヘッドライトが自動で点灯するタイプや、エンジンOFFと共にライトもOffとなる車がたくさんあるので、ヘッドライトの消し忘れはわずかだと考えられます。 けれど、私の車ってそのような高機能な物は備わっていないので、スモールライトの消し忘れでしたら数回やってしまったのです。

次の