ハイキュー 372。 ハイキュー373話最新話のネタバレと感想|バレーの楽しさの根幹に触れた日向と及川|マイコミック|漫画のネタバレや無料で読む方法を紹介!

ハイキュー 373話 ネタバレ 感想 及川・日向コンビが「できた!」

ハイキュー 372

スポンサーリンク ハイキュー!! ネタバレ最新372話『ブラジルでの出会い』 今週の「ハイキュー!! 日向は道端で、今まで組んでいたペアを解消し、相方に別れを告げていました。 そこに現れたのは、エイトール・サンタナという一人の青年。 彼は、あてにしていたパートナーから「スポンサーに逃げられる」という理由で、今回一緒に組むことを断られて困っていました。 そこに日向の噂を聞きつけ、ペアを組んでほしいと依頼しにきたのでした。 今の日向は、ブラジルではちょっとした有名人。 フリーなら誰とでも組んでくれる、とても強い選手だと。 そして日向は驚きながらも、サンタナにペアはいつでも解消できること、自分はあなたを助けるプレーをすることを明記したプラカードを見せるのでした。 日向のいばらの道 ブラジルのペアの組み方は、とっても簡単、フランクな感じだということが分かりましたね。 電話一本とか、日向のように道端とか。 特に契約書を交わすようなことでもなく、完全なる口約束ですね。 試合の途中で上手くいかなくなったらペア解消、なんていうこともあるのでしょうか^^ 簡単がゆえに厳しい世界なんだということも痛感させられますね。 常に自分をアピールし続ける生活が想像できます。 日向は、いばらの道を歩み始めました。 エイトール・サンタナとの運命的な出会い 地元でちょっとした有名人になっていた日向に今回目を付けたのは、エイトール・サンタナという青年でした。 彼はパートナーについていたスポンサに逃げられる、とエイトールから離れていきました。 次の競技会に出られないと、次のステージのサーキットに出られなくなると焦ったエイトールは、何が何でもパートナーを見つけないといけませんでした。 そこに日向の身体がちょうど開くこととなったので、すぐにオファーしますが、これが日向にとってどんな出会いになるのか興味津々ですね。 ブラジルでもっと名を上げることになる運命の出会いとなるのか、ここで描かれるからにはパートナー関係はしばらく続くでしょう。 次回以降の試合が楽しみです! スポンサーリンク ハイキュー!! えっ、主従関係成立フラグ?? 影山という王様がいながら浮気ですか???? — 睦月 Mutuki2018 エイトールとの練習の後、お互いの身の上話をする二人。 そこでエイトールは両親ともにビーチバレーの選手で、自分は気が付いたら同じ道を歩んでいたこと、それもあってか向上心がなく、あまり上手くならないのだと打ち明けます。 全ては理解し切れないものの、単語を聞き取りエイトールがすごいことは理解した日向。 エイトールとの練習試合も、快く受け入れます。 そして日向はそんなエイトールに自分を重ね、1年前にブラジルに来たばかりのことを思い出していました。 ブラジルに来たばかりの日向は、現地にいた加藤ルシオに紹介されるままペアを組みますが、今までとは違い砂の感覚もつかめずに負け続きでした。 しかも、ペアを組むために声をかけるも振られてばかり。 上手くいかないことだらけの現実に、落ち込んでいたのでした。 エイトールという青年 エイトールの身の上が明らかになりましたね。 両親ともにビーチバレーの選手だったこと、自分がプロになったのも必然だったということ、そして恵まれた環境のために向上心を持つことができないことなどを日向に打ち明けます。 なかなか上手くならないことを悩むエイトールの姿に、日向は自分を重ねていたようです。 親近感を感じるとともに、エイトールのサラブレッドとしてのすごさにも気がつきます。 なかなか上手くなれない、と悩んでいる割にはきちんとプロとしてやっていけていること、その実力の確かさを感じていたのでしょうね。 ここでまた自分を鍛えられるなら、と日向がワクワクしていることは間違いないでしょう。 無力な自分を感じた日向 エイトールの話の最中、日向はブラジルについたばかりの頃のことを思い出していました。 鷲匠から紹介された加藤ルシオと出会い、紹介された相手とペアを組みビーチバレーに臨む日向。 しかしバレーボールとの決定的な違いに頭を悩ませてもいました。 砂の感覚が全くつかめず、飛ぶこともままならなかった日々。 ただ跳ぶのではなく、『踏んで』飛び上がることを教わります。 しかしコツを掴むも今度は手にボールも当たらない日々。 自分の無力さを感じて落ち込んでいた自分に、いまのエイトールを重ねて一緒に戦いたいと感じたのでしょうね。 きっといいペアになっていくのではないでしょうか。 スポンサーリンク ハイキュー!! ネタバレ最新372話『日向を変える出会い』 ハイキュー!! こりゃ面白くなって来た。 でも、同人誌のお約束みたいな再会より、及川のTシャツのほうが衝撃的なんだけど…酢飯w。 ペア探しや練習の合間のバイトの時間は気持ちを切り替え、バイトに打ち込む日向。 しかし配達の途中で道に迷い、客に怒鳴られるなどこちらでも上手くいかないことばかりでした。 そんな中、妹の夏にもらった財布までなくなり、どん底の気持ちを抑えつつ部屋に帰るもルームメイトに無視されさらに落ち込みます。 ふと見たスマホには、かつての仲間、烏野メンバーの姿が。 気合いを入れ直し、夜のビーチに自転車を走らせた日向は、ビーチバレーに興じる一行に出会います。 誘われるまま参加する日向でしたが、そこにいたのは大人になった及川。 思わず「大王様!」と叫ぶ日向なのでした。 日向を救った烏野メンバーの笑顔 今は人から声をかけられるようになった日向ですが、ブラジルに渡った当初は苦難の連続だったようですね。 ペアを組むこともそうですが、思うようにプレーができないこと、そのことに影響されてか私生活の方も上手くいかないようです。 いわゆる負のループですね。 バイトも上手くいかず、財布まで隠す始末。 部屋で膝を抱える日向の目に飛び込んできたのは、スマホの画像です。 烏野メンバーを目にした瞬間、みんなも新しい環境で頑張っているのだから自分も!ともう一度自分を奮起させます。 日向らしいスイッチの入り方ですが、ここから日向は自分らしく活動したりプレーしたりすることができるようになったのだと思います。 及川との出会い もう一度自分に気合を入れた日向が向かったのは、夜のビーチでした。 そこには地元の人たちが、ビーチバレーを楽しむ姿がありましたね。 その中にいたのは、なんと青葉城西の及川でした。 及川といえば影山の先輩で、性格の悪いハイキューいちばんのイケメンとして知られていますよね! あの影山も彼を見て様々なプレーを学んだことから日向に大王様と言われていますが、そんな及川がブラジルにいたとは! バレーボール選手ではなく、ビーチバレーの道を選んだということなんでしょうか? これから日向と及川がペアを組んだり、対戦したりすることがこれで予想されるのですが、次回から早速描かれることになるかもしれません。 楽しみにしていきたいと思います! スポンサーリンク 『ハイキュー!! 』最新372話のネタバレ確定・あらすじ・考察をご紹介しましたがみなさんいかがでしたか? 今回は日向がブラジルで経験したことが盛りだくさんの回でしたね! 声をかけられペアを組むことになったエイトール・サンタナ。 夜のビーチで出会った及川。

次の

ハイキューのネタバレ373話を徹底考察!及川とビーチバレーを!!|大漫画時代

ハイキュー 372

すごくツヨくて、しかしフリーの時には誰とでも組む。 パートナーに逃げられスポンサー確保に困るエイトールが日向に声をかけてきたのでは、そんな時でした。 ブラジルのビーチバレーはペアがしょっちゅう変わるため、スポンサーが個人につく仕組みです。 古舘春一「ハイキュー」371話より引用 言葉がまだ拙い日向は「いつでもペアは解消して良い」と書き言葉でエイトールに伝えると、急遽コンビが結成されます。 お互いの身の上話をしながらブラジルに来た時を振り返る日向。 日向を迎えたのは白鳥沢79期生OBの加藤ルシオで既に1年半前のことになります。 道中、周囲の景色を見ながら本当にブラジルに来たと期待を膨らませる日向。 ルームメイトのペドロとの挨拶もそこそこに、早速ビーチバレーの練習に参加をします。 スポンサーリンク 砂の栄冠 古舘春一「ハイキュー」371話より引用 高校卒業後の1年間は基礎を叩き込むための練習を日本国内で行ってきた日向。 側で見るルシオは日向の跳躍力に「よく飛ぶな~」と感心しますが、当の本人はまだ飛べていないと感じています。 そしてスコールによる練習中断。 日本の高校生としてはハイレベルな選手の日向でしたが、砂の上での無力さは今まで培ってきた自信すら揺らぎかねません。 古舘春一「ハイキュー」371話より引用 「期限は2年」だと鷲匠の言葉を思い出しますが、焦るなと自分に言い聞かせる日向。 そしてバイトの時間です。 またある日はルシオの生徒と組んで大会に出場しますがストレート負けとあえなく敗退。 日向は砂の上で正座しながらかつての栄光を振り返りますが、それは砂を掴んでは溢れてしまう砂上の楼閣に過ぎません。 バイトでは慣れない道に迷い客からのクレーム。 古舘春一「ハイキュー」371話より引用 そして悪いことは重なるもので財布がありません。 落としたのか盗まれたのか慌てて財布の中身を思い出す日向。 身分証はスマホのケースに入っているので大丈夫。 無くなったのは現金だけだと思いつつ、流石にこれは凹みます。 日本を離れる際に妹の夏から餞別としてもらった新しい財布でした。 ペドロとは一緒に食事をしようと誘いますが、いまだにノーリアクションです。 スマホの待ち受けはかつての同級生たちと一緒の画像ですが、現実は独りぼっち。 時には部屋の片隅で縮こまる日もありました。 しかし「腹から声を出すっつ」と自らを鼓舞させて何とか踏ん張るのでした。 スポンサーリンク 砂の優しさに包まれたなら 古舘春一「ハイキュー」371話より引用 夜中に散歩をする日向は中高年がビーチバレーをする様子を見かけます。 色々な年代がバレーをしていると感じる日向にお誘いの声。 ビールを飲むから交代してくれと中年男性からボールを渡されます。 期せずして草ビーチに参加する日向。 やはり昼間同様に「あと一歩」がなかなか飛び出せませんが、それは誰にでも同じことです。 そしてダイブしてもクッションになってくれます。 そんな時です。 背中から懐かしい日本語が聞こえてきました。 振り返るとそこに居たのは、何と影山の一つ上の先輩、及川徹! 「大王様!?」 思いがけない再会に驚く日向。 果たして次回は如何に? スポンサーリンク ハイキュー!!ネタバレ371-372話のまとめ 古舘春一「ハイキュー」371話より引用 今週はブラジルに来てからの日向の振り返りということで、まだまだ内容的には序章という感じでした。 知らない土地でのボッチ生活と理想と現実のギャップ。 勿論それが辛くて志半ばで夢を諦める人もいるでしょう。 その選択は個人の自由によるものなので、誰も咎めることは出来ませんが、コミュ力がありそうな日向でさえブルーな気分になる日があったりと、新天地での活躍はそう簡単ではなかったようです。 古舘春一「ハイキュー」371話より引用 その日向が偶然にも再会したのは、まさかの及川パイセンでした。 地球って狭いですね(笑) なぜここに居る?とか、チームメイトだった岩泉は?とかいう疑問は次回明らかになるとして、これで日向と及川がペアを組めば、及川にとっては189話の白鳥沢戦で発した「チビちゃんはトスを上げたくなるスパイカーだね」という伏線が回収されることになります。

次の

漫画「ハイキュー!!」372話のネタバレと無料読み放題

ハイキュー 372

』第373話のネタバレ。 前回の話は、アルゼンチンでバレーをするに至った経緯を、及川は語り始めた。 そして日向は及川をビーチバレーに誘う。 及川がビーチの洗礼を受ける中、現地の二人に試合を申し込まれそれを受けるのだった。 』第373話(最新話)のネタバレを含みます。 ネタバレが苦手な方はご注意ください。 ハイキュー!! 第373話のネタバレ! 野良試合を申し込んできたのは、ガブリエルとジーノのペアだった。 ガブリエル 「1セットマッチ?俺たちが勝ったらビール奢ってね」 現地の言葉でそう言われて、何もわからず日向は縮み上がる。 外野からはビール奢らせブラザーズが出たぞとヤジが飛んだ。 さらなるビーチの洗礼 「…もう夜遅いからね…短時間で勝たせてもらうよっ」 及川はそう言って得意のジャンプサーブを打つべく、ボールを上に上げる。 日向は瞳を輝かせ、対するペアもただの観光客ではないのかと身構えた。 その瞬間、ボールが風にあおられて流れていく。 及川の口からは「は!?」と間のぬけた声が飛び出した。 そのままボールを打つことなく及川は砂に着地し、ボールも砂に落ちる。 相手ペアは大爆笑せずにはいられない。 及川 「風!!空気読め!!風が空気ですってか!!」 及川は面白い人だったんだなと、日向は怒り散らす及川の様子を見つめて笑う。 相手のジーノのサーブは及川の方へと飛ぶ。 動けねー!とないしん思いながらも及川は笑みを浮かべていた。 上がったボールに対して日向は、落下位置や風を考慮してていねいに上げることを心掛けながらトスを上げる。 本人としても良い感触だった。 そのトスに合わせて及川が、ぼっと音を鳴らしてスパイクを打ち込む。 しかし、そのスパイクは残念ながらアウトだった。 同じ選手が2度続けてボールに触ること)取られるでしょ?」 日向 「あ、ハイ!指バラけたり回転かかると すぐ…でも持ちすぎもダメで…」 日向の言葉を受けて、及川はボールの扱いをいつもより掴み気味に調整すると、美しい軌道のトスが舞う。 トスに食らいつきながら日向は、自分は全然コツを掴めなかったのに即座に調整した及川に対して、また瞳を輝かせた。 しかし、今度はネットに近くなりすぎたらしく日向はスパイクを打つこともできず、及川も正直に謝った。 続いて、ガブリエルの強烈なサーブが飛び、ボールは砂地に落ちる。 そのサーブの絶妙さに、日向は思わず「サーブうめぇっ!!」と叫んだ。 ガブリエルは自慢げに次のサーブを繰り出す。 そのサーブに日向も及川も翻弄させられることとなり、結果として試合に負けビールを奢ることになってしまった。 負けたあと 「及川さん いつまでリオですか!宿どこですか!連絡先教えてください!」 「落ち着け落ち着け 一週間くらい遠征でこの近くに泊まってるよ」 畳み掛けるように問いかける日向を諫めるように、及川が答える。 日向はその言葉にまた瞳を輝かせると、またここでバレーをやろうと言う。 及川さんの凄いトス打ちたいです、と言う日向の姿に口では時間があった上で気が向いたらやってあげなくもないと答える及川。 しかし、内心は日向から求められているという状況に久々に潤う感覚を覚えていた。 及川 「でもさ ビーチのくせついたらインドアで大変じゃない?オーバーも砂も硬い床が恐くなっちゃわない?」 日向 「なっちゃいます!だからインドアのジュニアチームにも混ぜてもらってます!」 及川の疑問に日向はどこか楽しそうに答え、及川は「チッぬかりねえな」とさらに返す。 しかし及川はすぐに真剣な様子で、そこそこレベルを上げたのにそれを一回横に置いて、またレベル1からはじめるのは辛くないかと問いかけた。 日向はんー、と少し考えるような様子を見せるがすぐに口を開く。 「でもレベル上げ好きです できるようになるの何回でも楽しいです」 日向の言葉に自分にい言い聞かせているのではとチクリという及川。 あたふたとしながらそんなことはっ、と答える日向に及川はふーんとだけ答えた。 ルームメイトとの接点 日向がただいま、と声をかけながら部屋に帰るとルームメイトのペドロは一人音楽を聴きながら本を読んでいた。 その本に日向は衝撃を受けて自室に走るとすぐに本を持って飛び出してくる。 そして勢いよくペドロのしょうめんに座った。 ペドロは予想外の日向のこうどうに驚いている様子だったが、構わず日向はそのまま話しかける。 「誰が好き?俺ゾロ!」 日向の手にはワンピースの単行本があった。 ペドロは日向の様子に衝撃を受けて、悶々と悩みはじめる。 「一番なんて簡単に決められない…あえて…あえて1番を決めなきゃいけないなら それはルフィを置いて他に選ぶことはできない…」 悩んだあと、やっとのことで答えたペドロの表情は悩ましい。 日向はペドロにごめんと言いながら、彼のタイプは研磨と一緒だと思い至り以前した会話を思い出していた。 研磨とペドロは似ている 「研磨の1番好きなゲームって何?」 日向に問いかけられて1番か…と呟いてから、そのうち研磨は頭を抱えてしまう。 「…ジャンルで…せめてジャンルで区切って聞いて…!」 そういうと更に、アクションとか格闘とかRPGとか それらをまとめて1番を決めろなんてと悶々としていた。 その様子に日向は反射的に「すみませんでした」と謝ったことがあったのだ。 急速に縮まるペドロとの距離 ペドロ 「翔陽は地球最後の日に何食べるかすぐ答えられるの!?」 好きなキャラクターを答えられなかったペドロだったが、反対に日向に悩ましい質問をぶつける。 しかしあっさりとTKG(たまごかけごはん)とカリカリ鮭となめこ汁と答えられてしまい、意気消沈する。 それでもそこから会話が弾み始めた二人は、リビングで話をはじめた。 日向がドラゴンボールを使って勉強をしていることを話すと、ペドロが何かを思い出した様子で口を開く。 「…オレ ポルトガル語のアニメのナルトとヒーローアカデミア持ってるけど みる?」 流暢な日本語だった。 「みる…!!つーかペドロ日本語ちょううめえ…!」 反射的に答えてから日向はショックを受けるが、次の瞬間には嬉しそうに笑顔を見せる。 翌日からまた日向はバレーにバイトにと、毎日に勤しんだ。 再戦 「俺たちが勝ったらプロテイン奢ってください!」 いつぞやに負けたガブリエルとジーノのペアに、日向と及川はまた挑もうとしていた。 外野が、ビール奢らせブラザーズと観光客が試合をすることを喜んでいる。 そんな中でも日向と及川は真剣な面持ちで構えている。 放たれたサーブを日向はその目で捉え、レシーブを上げる。 及川は日向のレベル上げが楽しいという言葉を思い起こしながら「ふはっ ナイスレシーブ」と声をかける。 そして、冷静に追い風であることと敵と味方の位置を確認してふわりとトスをあげた。 側から見るとネットから遠すぎるように思われたトスだったが、風の要素が加わり日向の手元にピタリと届く。 及川が満面の笑みで、できた!と心で満足の言葉を叫んだ。 そして日向のスパイクが鮮やかに炸裂し、二人はタッチを交わす。 そのあと何故か上を見上げて絶句する日向に、及川は驚く。 日向は前の試合の時の自分の手応えは良かったが、うまくいかなかったトスを思い出していた。 いくら自分の手応えが良くとも相手が打ちづらければ意味はない、及川のトスには必要なものが全部あったと感じていたのだ。 そんな中、及川は勢い良くジャンプフローターサーブを繰り出す。 及川の中にもこれまでのことが思い出されていく。 高い壁、わからない言葉など苦労が多かったのだ。 ) >> ハイキュー!! など漫画を無料で読む方法 以上、『ハイキュー!! 』第373話のネタバレになります。 文字のネタバレを読んで、「やっぱり絵でも読みたい…」と思ったなら、 U-NEXTなど無料期間中にポイントをもらえるサイトを活用すれば、最新話を無料で読むことができます。 サービス一覧 U-NEXT FOD music. 』を無料で読みたい方は、こういったサービスをチェックしてみてください。 U-NEXTは登録後すぐに600Pが貰えるので、こういったサイトを上手に活用すれば、『ハイキュー!! 第373話の感想・考察 一度盛大に負けてしまった日向と及川でしたが、二人が本当に楽しそうにバレーをしていて嬉しくなりましたね。 ここから日向とルームメイトのペドロもいい関係を築けそうだし、この辺りから日向のブラジルでの生活は上向いていったんだなぁとわかるのが重ねて嬉しくなります。 再戦の結果、日向と及川が試合に勝てるのかが気になるところですね。 次回、週刊少年ジャンプの 発売日は2019年11月25日になります。 発売され次第、『ハイキュー!! 』最新話のネタバレをしていきますね! 以上、『ハイキュー!! 』第373話のネタバレ感想でした。

次の