トヨタ 新型 ライズ。 買うならどっち!?ダイハツ「ロッキー」とトヨタ「ライズ」に試乗

新型ライズのスペックや機能を徹底評価!ぴったりサイズと価格の小型SUV

トヨタ 新型 ライズ

コンパクトSUVの新型車「ライズ」写真はZ(2WD) トヨタ自動車は11月5日、5ナンバーサイズに1. 0リッターターボエンジンを搭載するコンパクトSUVの新型車「ライズ」を発売した。 価格は167万9000円~228万2200円。 新型車ライズは、ダイハツ工業がトヨタとダイハツ両ブランドの商品展開を見据えた新世代に向けたクルマづくり「DNGA」をコンパクトカーに初採用。 プラットフォームやパワートレーンユニットなど全てを新開発し、走りや上質感、安全・安心など、あらゆる面で高いレベルを目指したという。 開発コンセプトは「アクティブ・ユースフル・コンパクト」。 全長4m以下とすることで「SUVに乗りたい、荷物をたくさん積みたい、でも運転しやすいコンパクトなサイズがいい」といったニーズに応えた。 0リッターターボエンジンを搭載。 トランスミッションはトヨタ初採用のD-CVTを組み合わせる。 駆動方式は2WD(FF)と4WDを用意する。 変速比幅を広げることで低速域でのパワフルでスムーズな加速、高速域での低燃費で静かな走りを実現させたという。 燃費性能は2WDモデルでWLTCモード燃費18. 走行性能については、新開発の軽量高剛性ボディ、サスペンションにより、優れた操縦安定性や快適な乗り心地を実現させたとしている。 安全・安心装備では、車両と歩行者を検知する「衝突回避支援ブレーキ機能やブレーキ制御付誤発進抑制機能(前方・後方)」「全車速追従機能付アダプティブクルーズコントロール」「スマートパノラマパーキングアシスト(駐車支援システム)」などを採用している。

次の

トヨタ 新型 ライズ / ロッキー VS C

トヨタ 新型 ライズ

~トヨタ新型「ライズ」の公式価格表が中古車ディーラよりまさかのリーク~ 11月5日より発表・発売されるダイハツの新型コンパクトSUV「ロッキー」 ビーゴの後継 と、OEMモデルとなるトヨタ新型「ライズ」 ラッシュの後継 の装備内容やボディカラー、エンジン、スペック、そしてグレード別価格帯を公開してきましたが、以前公開した新型「ライズ」のグレード別価格帯一覧が、某中古車販売店のユーチューブチャンネルより完全リークしています。 上の画像の通り、と呼ばれる関東の中古車ディーラ と思われる チャンネルが公開した新型「ライズ」のグレード別価格帯一覧ですが、恐らく公開画面は見積もり作成する上で選択するグレード一覧だと思われ、本来この情報はユーチューブ等のSNSにて公開するのは禁止されていると聞いたことがありますが、普通に堂々と公開されているのはちょっと驚きですね。 改めての公開となりますが、以下は消費税10%の価格帯となります。 新型「ライズ」を検討されている方は、少し参考にしていただけたらと思います。 そして、「DNトレック・コンセプト」では、リヤドアが観音開きとなっていましたが、量産モデルは普通の横開きとなります。 9m、四輪駆動 AWD モデルが5. 0mとなります。 エンジンについては、これはダイハツ「ロッキーと同じ 新開発の排気量1. 0L 直列3気筒ターボガソリンエンジンのノンハイブリッド仕様の1種類のみが搭載されるとのことで、駆動方式も前輪駆動 FF /四輪駆動 AWD の2種類、そしてトランスミッションは新開発のD-CVTのみがラインナップされます。 グレードについては、 「X エントリーグレード /XS/G/Z 上位グレード 」の4種類をラインナップします。 その他グレード別の装備内容としては、 エントリーグレード「X/XS」が15インチの鉄チン スチール ホイール、中間グレード「G」が16インチアルミホイール、上位グレード「Z」が17インチアルミホイールというラインナップとなります。 シートヒータについては、 前輪駆動 FF モデルの上位グレードZと四輪駆動 AWD モデルが標準装備 運転席・助手席 、それ以外の X/XS/Gの前輪駆動 FF モデルはメーカオプション扱いとなります。 燃費については、 あくまでも目標値ではありますが 前輪駆動 FF であれば、 WLTCモードで18. 具体的には以下の通りとなっています。 こちらもダイハツ「ロッキー」と同じ 全11色 モノトーン8色+2トーン3種類 がラインナップ。 かなりイケイケな新色もラインナップされているので、カラー選びではちょっと迷いが生じそうですね。

次の

トヨタ新型「ライズ」の実燃費を徹底調査! 激売れコンパクトSUVの実力は?

トヨタ 新型 ライズ

ライズ(RAIZE)のエクステリア ライズはロッキーのOEMモデルなので基本的にプロポーションは同じです。 こちらがロッキーです。 9m(5. RAV4は確かによくできたSUVですが、北米がメインターゲットのため全幅が1855mmと日本国内では持て余してしまうサイズです。 かといってC-HRはデザイン優先のため視界や積載性が犠牲になっています。 その点、このライズ(RAIZE なら狭い住宅街でも取り回しの心配もなく女性でも安心して運転できますね。 SUVなら大きくても許される風潮があるなかライスやロッキーは貴重な存在で、コンパクトカーしか選べないけどSUVも気になる人にはうってつけのモデルといえます。 インパネのデザインも実用性が高そうですね。 daihatsu. htm ちなみ助手席を目一杯前方へスライドするとラゲッジスペースの荷室長は最大で 186㎝あります。 ネックとして倒した後席シートバックが傾斜している点ですね。 daihatsu. htm ライズ(RAIZE)のパワートレイン エンジンは1. 0L直列3気筒ターボガソリンエンジンのみのラインナップです。 駆動方式はFFと4WDを全グレードに用意、トランスミッションはCVTのみとなります。 2WD Z 2,060,000円 G 1,895,000円 XS 1,745,000円 X 1,679,000円 4WD Z 2,282,200円 G 2,133,700円 XS 1,984,800円 X 1,918,800円 いずれも消費税込みの金額です。 そしてライズ(RAIZE は新型モデルということで全グレードに標準装備となる安全運転支援機能が充実しています。 これらはダイハツのスマートアシスト相当ですね。 ・衝突警報機能 ・衝突回避支援ブレーキ機能 ・車線逸脱警報機能 ・車線逸脱抑制制御機能 ・オートハイビーム ・標識認識機能 進入禁止 ・誤発進抑制制御機能 ・先行車発進お知らせ機能 ・コーナーセンサー グレードまたはメーカーオプションで用意されている機能は以下の通りです。 基本的にダイハツのスマートアシストプラスに相当します。 ・全車速追従機能付きACC アダプティブクルーズコントロール ・レーンキープコントロール LKC ・スマートパノラマパーキングアシスト ・パノラマモニター ・サイドビューランプ ・アダプティブドライビングビーム ADB スマートアシストのACCや車線認識は ステレオカメラで制御しています。 スマートアシストの詳細情報は オプションとして以下のものが用意されています。 ・ブラインドスポットモニター BSM +リヤクロストラフィックアラート RCTA :66,000円 ・パノラミックビュー対応ナビレディパッケージ:48,400円 ・寒冷地仕様 シートヒータ付 :40,700円 ・寒冷地仕様:24,400円 ・フロアマット ベーシック :18,700円 ・サイドバイザー:20,900円 ・ETC ビルトイン ボイスタイプ:25,300円 ・TCナビ9インチモデル NSZT-Y68T :259,600円 ナビゲーションはダイハツのOEMとはいえ、トヨタが新型モデルに採用しているディスプレイオーディオも選択できるようになっています。 ブラインドスポットモニターやリヤクロストラフィックアラートはトヨタの新型モデルに設定されている装備ですが、このクラスでは初めての採用です。 ちなみに全車速ACCは 完全停止をサポートしていますが停止保持はしてくれません。 それ以降はブレーキを踏む必要があります。 ダイハツ単独でロッキーを販売しても話題に挙がりにくいですが、トヨタブランドで販売されるとなるとタンクやルーミーの様に注目度や販売台数も期待できます。 ライズ(RAIZE の発表は2019年11月5日でしたが予約注文を抱えていて初期受注は順調のようで、11月6日の時点で年内の納車は無理とのことです。 カローラシリーズの出足は思ったほどではないようですが、こちらはやがて街中でよく見かけることになるでしょうね~ 個人的に抜群の取り回しとスッキリしたデザインに好感が持てるものの、気になったのはタイヤサイズと安全・運転支援システムの実力ですね。 ライズまたはロッキーのタイヤサイズですが、極めて珍しいサイズです。 また、トヨタの主力コンパクトカーであるヴィッツこと新型ヤリスには、最新の第二世代トヨタセーフティセンスが採用されています。 ダイハツ車のOEMとはいえ、トヨタのラインナップの間で自動ブレーキの性能に大きな差が生まれなければいいのですが... 実用性や経済性を重視したDNGA(ダイハツニューグローバルアーキテクチャ)のプラットフォームを採用した普通車は、このモデルが初めてなのでどう評価されるか注目ですね。 走行性能を重視したトヨタTNGAのコンパクトカー用プラットフォームGA-Bだと、おそらくこのパッケージは成立しなかったと思います。 また、ライズ(RAIZE の情報があればアップしていきますね! 人気の記事• 今度の新型ヤリスの走りは今までのヴィッツとは別格の出来で私も含めて多くの人から高い評価を受けています。 コンパクトSUVの新型モデルとしてトヨタからライズが2019年11月に登場しました。 トヨタのSUVが欲... ライズに続いてコンパクトSUVのヤリスクロスがこの夏に発売されます。 このヤリスクロスは手ごろなサイズで取り... 2020年2月にデビューした新型ヤリスのクロスオーバーとしてヤリスクロスが発表されました。 こうなると5ナン... 日産が国内市場に待望のニューモデル キックスを投入します。 コンパクトSUVの新型モデルとして注目を浴びるこ...

次の