じゃん たま pc。 【雀魂】リセマラ不要!?序盤の進め方や初心者がやるべきこと!【じゃんたま】

【ネット麻雀】これはおすすめ!じゃんたま(雀魂)にハマった話

じゃん たま pc

それぞれ四人麻雀のほか三麻も遊ぶことができるぞ。 点数もなんとなく2翻なら2000、3翻なら3800?みたいな感覚です。 役は全て覚えていますが、振り聴やアガリ牌も把握しきれず…… ちなみに麻雀を始めたきっかけは某白い悪魔が大活躍する女子高生麻雀アニメに憧れたからです 誰も聞いてない。 そんな僕が雀魂をやってみた感想。 実際の人間と戦えるっていいですね!に尽きる。 僕はまだ学生で雀荘に行く勇気は出ず、今までCPU相手の麻雀しかしたことがなかったんです。 CPUも良いのですが、打牌が早すぎてペースが崩されることがしばしば。 それに比べて相手が人間だと、やはり戦いやすいように感じました。 個人の感想はこれぐらいにして。 よくレビュー欄で目にする牌操作ですが、今のところ思い当たる節はありません。 結局は運次第だと思います。 この前、3倍満を2連続で直撃されてた方には同情しますけど…… そんでもって総評はどうなのかと。 まあ上見てもらったらわかるんですけど、星5にしました。 だって可愛い子いるんだもん 重要。 冗談は抜きにして、なかなかの良ゲーだと思います。 負けたらストレスはたまりますが、アプリ麻雀に命かける方はいないでしょう。 アプリを閉じれば良いだけです。 暇つぶし程度にする方には、もっとおすすめ。 良い感じです。 以上、中身のないレビューを長々とすみませんでした。 麻雀はそういうこともあると言う方がいますが、発生する頻度が異常です。 このような現象は課金をしてから明らかに頻度が上がりました。 おそらく、既に課金した人を犠牲にし、まだ課金していない人を気持ちよく勝たせることで新規課金に誘導するというシステムなのでしょう。 実際、大勝している人は無課金である場合が多いです(そもそも無課金の方が多いので参考程度ですが)。 ゲームの特性上、ある程度課金した人からの追加課金があまり望めないため売上的には理にかなっていると思います。 「MD5ハッシュタグによって牌操作がされていないと証明されている」 とレビュー欄に書いている方がいますが、MD5ハッシュタグによって証明できるのは対局中のリアルタイムな牌操作がされていないことのみであり、対局開始時点で既に牌操作がされている可能性に対しては説明できません。 対局中の牌操作はないため想定されていない奇妙な打ち方をすれば回避することは可能かもしれませんが… 私は一応玉の間まではレートを上げましたが、そこから金の間の2番目まで一気に落ちました。 曲がりなりにも玉の間まで行ったプレイヤーが、そこまで落ちるような打ち方をすると思いますか? 最近、このゲームを配信しているVTuberに次々と公認マークを付けているようですが、それは牌操作の対象から除外するためのものではないかと疑ってしまいます。 露骨な試合展開が配信によって大勢の方の目に映ってしまうのは印象に悪いですから。 他の方も触れているように、キャラクターはとても魅力的で声優陣も豪華、課金のシステムも比較的良心的でパッと見良運営のように見えます。 しかし肝心のゲーム性が課金者を不遇するようなものとなっているのが残念で仕方ありません。 課金者を優遇しろとは言いません。 ゲーム部分はどうか、平等で楽しめるものにしていただきたいです。 このような課金を煽るシステムがなくとも、このゲームは充分魅力的で課金したいと思えるものになっていますので….

次の

コメント/通信エラーと対処法

じゃん たま pc

『雀魂~じゃんたま~』は2020年4月に配信が開始されたばかりの対戦型麻雀ゲームです。 ブルースタックスを使えば、オンライン対戦を思う存分楽しむことができます。 ブルースタックスで『雀魂~じゃんたま~』をプレイする方法 初めてブルースタックスをご利用される方は、の公式サイトからブルースタックスの最新版をダウンロードし、インストールを行ってください。 また、過去のバージョンをお使いの場合は、最新版へのアップデートを行うことをお勧めしています。 インストール(アップデート)が完了したら、ブルースタックスを起動し、検索バーに『雀魂~じゃんたま~』と入力するか、のストアよりダウンロード、インストールを行ってください。 ブルースタックスを使って『雀魂~じゃんたま~』をプレイするメリット ブルースタックスは世界で累計4億ダウンロードを突破したAndroidアプリプレイヤーです。 スマホのアプリをPCで起動できるため、『雀魂~じゃんたま~』をプレイする際にも大きな画面で牌が見やすく、可愛いキャラクターたちの魅力を余すところなく楽しむことができます。 また、安定した通信環境で対局できることも大きな利点といえます。 さらにブルースタックスを使ってプレイすることで容量、バッテリー消費、バッテリーへの負荷、またアプリが途中で落ちてしまうなどのよくあるスマホトラブルから解放されたストレスフリーなゲームプレイ体験を実現できます! 『雀魂~じゃんたま~』の進め方 まず初めにログインをします。 メールアドレスやTwitterで簡単に登録してすぐに始めることができます。 プレイを開始するとまず、簡単な麻雀のルール説明があります。 このゲームは硬派な麻雀ゲームというよりもカジュアルなものなので、初心者にも優しい作りになっています。 私は麻雀初心者ですが、身構えることなく始めることができました。 このチュートリアル中には簡単な問題もあり、自分がしっかりルールを理解しているかを確認することができます。 忘れてしまったりわからなくなった時は見直すことができるタブがありますので、適宜確認しましょう。 また、役一覧もいつでも確認できるので、それぞれの役割を把握して対戦に生かしましょう。 対戦は段位戦、大会戦、友人戦の三種類があります。 段位戦ではオンライン対戦ができます。 初心者から上級者まで部屋が分かれているので、自分のレベルにあった部屋に入ることで強い相手にボロ負けして凹むことも避けられます。 また、対戦は4人と3人の2種類があります。 東と南は対戦の長さが違い、南の方が長くなります。 対戦中には、立直、ポン、チーなどの場合に教えてくれるようになっています。 スキップすることもできるので、自身の牌と見比べて慎重に決めていく必要があります。 急いでしまうと高得点を狙えなくなってしまうことも多いです。 友人戦では友人とルームを作って対戦を楽しむことができます。 家にいながらにして友達と麻雀が楽しむことができます。 可愛いキャラクターで対戦できるのも楽しみの一つです。 キャラクターは無料で2人使えますが、有料でガチャを引くことによって他のキャラクターを手に入れることもできます。 それぞれのキャラクターに異なるボイスが付いていますので、自分の好みのキャラクターでプレイしましょう! そのほかにも、自己分析や、対戦履歴の確認もできます。 自分の強い部分、弱い部分の確認や、どんどん強くなっていく過程を楽しむことができます。 『雀魂~じゃんたま~』の特徴 『雀魂~じゃんたま~』の特徴は何と言っても可愛いキャラクターで麻雀をプレイできるカジュアルさです! 初心者でも難なくプレイすることができるので、麻雀デビューにもうってつけのゲームです!チュートリアルも充実しており、このアプリをきっかけに麻雀を覚えてハマることもあるでしょう。 最後に 『雀魂~じゃんたま~』では、アプリで手軽に麻雀のオンライン対戦を楽しめます。 頭を使ってプレイするので一瞬で時間が過ぎ、上達するほどのめり込んでいけるゲームです。 是非この機会にブルースタックスを導入して『雀魂~じゃんたま~』をPCで遊び尽くしましょう!.

次の

通信エラーと対処法

じゃん たま pc

Yostarは2019年4月25日,新作タイトル 「雀魂(じゃんたま)」のサービスをに開始した。 本作は,オンラインで全国のプレイヤーとリアルタイム対戦を楽しめる麻雀ゲーム。 自分の強さに応じた段位戦に挑んだり,プライベートなグループを作成し,友人達と対戦したりと,初心者から上級者まで幅広く楽しめる作品だ。 さらに,自身のアバターとしてさまざまなキャラクターを使用できる点や,キャラクターボイスに 井口裕香さん, 内田真礼さん, 小清水亜美さんら,人気声優が起用されている点も見どころに挙げられている。 また,ゲームのサービス開始を記念したキャンペーンが5月6日23:59まで実施中だ。 限定称号「原初の火」やゲーム内通貨「コイン」5万枚などをもらえるので,これら特典が欲しい人は,早めにプレイを開始すると良さそうだ。 対戦型麻雀ゲーム 『雀魂』WEB版サービス開始! 株式会社Yostar(本社:東京都千代田区神田須田町2-8-2プライム神田ビル9階、代表取締役社長:李衡達)は、2019年4月25日(木)に対戦型麻雀ゲーム『雀魂(じゃんたま)』のWEB版でのサービスを開始いたしました。 またそれに伴い、様々なキャンペーンやお祝いイラストを公開しました。 『雀魂(じゃんたま)』サービス開始を記念してキャンペーンとして5月6日(月)まで、ゲーム内で使える「限定称号」やゲーム内通貨、贈り物を含むセットを全ユーザー様へプレゼントします。 また4月27日は、ゲーム内キャラクターである藤田佳奈の誕生であることから当日にログインするすべてのユーザー様へ素敵なアイテムをプレゼントします。 是非ゴールデンウイークは『雀魂(じゃんたま)』をお楽しみください。 自分の強さに応じた段位戦から、プライベートなグループを作っての友人対戦まで、様々な対戦スタイルにより、麻雀の初心者から上級者まで幅広くお楽しみいただけます。 ・プレイヤーは自身のアバターとして様々なタイプのキャラクターを使用可能です。 ・キャラクターのボイスは井口裕香さんや内田真礼さん、小清水亜美さんなど人気声優を起用。 ホーム画面やプレイ中に可愛らしい声を聞くことができます。 ・キャラクターには好感度のパラメーターも設定されており、アバターとしての使用や、アイテムを贈ることで好感度を上げることができます。 好感度が上がることで、追加ボイスやアバターのCGが変化する機能の開放など、様々なシーンでキャラと触れ合い関係を深めることができます。 ・他のプレイヤーとのチャットには、キャラに応じた多彩な表情のスタンプが使用することができます。 リリース当初はWebブラウザ版のみですが、iOSとAndroidでプレイできるアプリ版も展開していく予定です。 アプリ版は後日公開予定。 料金形態:基本無料(アイテム課金) 権利表記:.

次の