あなた に あなた に 話 したい こと が ある。 死にたいあなたへ、飛び降り自殺失敗者が送るメッセージ

人々はあなたの言いたいことなんか聞きたくない。自分が知りたいことが聞きたい。

あなた に あなた に 話 したい こと が ある

第一印象を良くするために「話す内容」の好感度を上げよう 今回は「握手会の会話であなたの好感度を上げる方法」シリーズの5回目になります。 今回のブログでは、メラビアンの法則では重要度が3番めと低いながらも、アイドルとの握手会では絶対に必要となる「話す内容」について具体的に説明します。 「話す内容」で好感度を上げる方法 第一印象で「話す内容」の好感度を上げるために必要なこと 1.自分が話したいことを話すのではなく、相手の聞きたいことを話す。 2.はじめに何について話すか宣言する。 3.先に答えを言わずに予告する。 1.自分が話したいことを話すのではなく、相手の聞きたいことを話す。 あなたについての話には興味ありません まず最初に言っておきます。 初めてのアイドルとの握手会で、あなたのことやあなたが好きなことを話すのはやめましょう。 見ず知らずの人の好きなことなんて、アイドルにとって1mmも興味はありません。 あなたが好きなことを話すことであなたは満足するかもしてませんが、アイドルの心には何も残りません。 ただし、アイドルに好印象を与えるとかには興味なく、自己満足出来ればそれでいい人は自分のことを思う存分話してください。 アイドルの聞きたいこととは アイドルの聞きたいこととは、ズバリ!アイドル本人に関係ある話しです。 自分に関係のある話なら間違いなくアイドルは興味を持って聞いてくれます。 そうすれば あなたの話したいこと=アイドルが聞きたいこと になってあなたもアイドルも満足できる握手会になります。 あなたのことやあなたが好きなことを話すのではなく、握手するアイドルに関係することであなたが話ししたいことを話ししましょう。 2.はじめに何について話すか宣言する 初対面の人が、いきなりペラペラ話ししても何の話しをしているのかわからなかったり、話を理解するのに時間がかかってしまうことがあります。 普段から会っている人ならあまり違和感もありませんが、初対面の人からの会話で何の前フリもなくいきなり本題に入られても相手は準備が整っていません。 では、どうしたらいいのか? はじめに何について話すか宣言することです。 本、テレビ番組、ゲーム、歌などそれぞれに題名がついています。 もし本を読む時に題名がわからなかったら、その本がどんなことをテーマに書かれているか理解するまでに何ページか読み進めなかればいけません。 会話も一緒です。 いきなり本題に入られたら、アイドルは「何の話しをしているのかな」と無駄に考えるを作ってしまいます。 だから最初に何を話すのか宣言します。 題名を言うのです。 だから初対面では、必ず何を話しするのか最初に宣言してください。 最初といっても、先に初めましてのあいさつはを済ませた後のことです。 3.先に答えを言わずに予告する 相手に先を聞きたいと思われる話し方 先に答えを言わずに予告する方法は、一つ前で説明した「はじめに何について話すか宣言する」をちょっとだけレベルアップさせた方法になります。 それは 「何について話すか宣言した その答えが聞きたくなる話し方」をすることです。 」 アイドル「えっ!何?何?教えて?」 あなた「まず、かわいい顔」 アイドル「お~、ありがとう!それから!それから!」 あなた「それから、今みたいな笑った目」 アイドル「わ~本当!?うれしいー!」 あなた「最後に、〇〇ちゃんの優しい雰囲気」 アイドル「え~、わたしに優しい雰囲気ありますか~?」 あなた「今、ものすごい優しい雰囲気感じまくりですよ~」 アイドル「わ~うれしいー!ありがとう!!」 話す内容は一緒だが、答えを言わず聞きたくさせるだけ この2つの例で、あなたの伝えた内容は全く一緒です。 この2つの違いは、伝えたいことををさらっと話ししたか、伝えたい事を予告してその答えを聞きたいと思わせたかにあります。 あなたは伝えたい事が伝われば、それでいいと思うかもしれません。 さらに「普通に話した場合」方が「先に答えを言わずに予告する場合」よりも会話にかかる時間が全然短くて他にもいろいろ話すことができるとも思うかもしれません。 だがしかし 「先に答えを言わずに予告する場合」の会話の方が明らかにアイドルは楽しんでいます。 なぜなら「好きなとこが3つあるんです」宣言することで、アイドルが「その3つを知りたい」と興味を持ったからです。 「その3つを知りたい」と思わせたことで、アイドルは完全に「あなたの話が聞きたいモード」に入っています。 そうなることで会話はあなたからの一方通行ではなく、お互いの「教える」「知りたい」が噛み合った楽しい会話のキャッチボールになり、ハイテンションな2人の世界を作ることが出来ます。 話す内容の多さよりもアイドルを楽しませることを優先 「普通に話した場合」の例も会話としては悪くはなく、どちらかと言えば良い話し方ではあるが、アイドルにとっては内容がさらっと流されて印象に残らない可能性があります。 握手会では、あなたがたくさん話すよりも、アイドルにとって楽しい時間だったと思ってもらうことを優先すべきです。 そして楽しい時間にするためにはアイドルに「聞きたい」「教えて」と思わせる話しをすることが必要です。 そのための話すネタはひとつで充分です。 なぜなら一度楽しい雰囲気にしてしまえば、あとは何を話ししてもその楽しい雰囲気が持続するからです。 (実際はそんなに長い時間はありませんが) この方法はレベルが少し高くなりますが、先に答えを言わずに予告することで相手に先を聞きたいと思われる話し方を実践することで、あなたの第一印象は好印象間違い無しです。 また、先に答えを言わずに予告することで相手に先を聞きたいと思われる話し方はアイドルとの2回目以降の握手会、さらのは普段の会話でもとても有効です。 皆さま是非ご活用ください。 5回のシリーズ連載にした「握手会の会話であなたの好感度を上げる方法」はとりあえずここまでとします。 (また気が向いたら続編を書きます。 ) スポンサーリンク 最近の投稿• カテゴリー• 1 プロフィール 名前:Angel(エンジェル) AKB劇場でライブの楽しさを知ったが、劇場公演になかなか当選しないため、より多くのライブに参加するために地下アイドルのライブにも通い始めました。 かなり前になりますが、学生時代もたまにアイドルを見に行ってました。 初めて生で見たアイドルは、まだ16才だった酒井法子。 アイドル時代の長山洋子やribbon時代の永作博美も好きで見に行ってました。 今では、アイドルとの距離感が近い地下アイドルのライブを中心に楽しんでます。 このブログではアイドルやライブについて、独自の視点で記事を更新していきます。 また、これまでの人生経験から得た、役に立つ情報もお届けしています。 ブログランキングを見る.

次の

榎本くるみ あなたに伝えたい 歌詞

あなた に あなた に 話 したい こと が ある

大原敬子公式ホームページ 大原敬子(大原とめ研究会・遊育会)公式ホームページです。 大原とめの人生を生き抜く100年の知恵のコーナーです。 したいこと、やりたいことはたくさんあるのに、何ひとつ形にできないあなたへ そんなあなたは、「もっともっと私にください」と心が叫んでいます。 「たくさん私に愛情をください」という心の飢えです。 「みんなに『スゴイ』と言ってほしい」という自己顕示欲のあらわれなのです。 言いかえれば、バーゲンセールでほしいと思ったものをなんでも買い集めるようなもの。 必要でないものまで買う行為は、たくさん買ったと思える自分に心地よさを感じさせてくれるでしょう。 しかし、結局あとになって虚しさ、虚無感に襲われてしまいます。 つまり、「たくさん買う」という心理は、品物を愛情にすり替えた行動といえるのです。 《対処法》 自分が焦るのは、みんなに認められたいと思うから。 スーパーマンのようになりたいと望むのは、みんなに「スゴイ」と言ってほしいから。 それはとてつもなく大きなこと、みなが驚くことやむずかしいことではありません。 毎日の生活のなかで、つねに「逃げていたこと」「忘れてしまいたいこと」「面倒なこと」をすることです。 土台とは「毎日の生活」のこと。 きっといままでの生活は、砂のようにもろかったはずです。 立派な家を建てても、砂の上ではこわれてしまいます。 それは土台をきちんと築き上げていなかったからです。 子どもの工作でおもしろいことがありました。 先生に愛情を求めている子どもほど、土台づくりよりも形になるものに手を出したがるのです。 だからおもしろいのであり、創作意欲も倍増される。 さらには周囲の賛美も付随してくる。 しかし、土台がきちんとしていない工作は「作っても、作っても」結果的にはこわれてしまいます。 子どもはそれを見て泣きだし、「ぼく、もうイヤだ。 こんなの大嫌い」と言って投げ捨ててしまいます。 したいこと、やりたいことはたくさんあるのに何ひとつ形にできない人の感情は、こんな子どもと同じといえるでしょう。 「逃げないこと」「目の前のものから手をつけること」「焦らないこと」、そして「自分を信じること」。 そうやって生きる土台を築き上げていきましょう。 今しなければならないことから始める、それが生きる土台につながります。 September 2011 大原敬子公式ホームページ このページに掲載されている記事などの無断転用を禁じます。

次の

なぜ結婚話が進まないの?悩むあなたに伝えたい大切な3つのこと。

あなた に あなた に 話 したい こと が ある

"I am going to study English more so I can talk to you better! " Going to study - What you are going to do so you learn more English. Better - clearer, with more words, etc. "I am going to study to improve my English so I can talk to you more. " Improve - Get better, more confident Talk to you more - To talk with longer sentences, more variety of words, etc. "I am going to study English more so I can talk to you better! " あなたともっと話せるように英語の勉強頑張ります Going to study - 英語を身につけるためにこれからすること。 Better - より多くの単語を使って、より分かりやすく、など。 "I am going to study to improve my English so I can talk to you more. "I'm going to get brilliant at... something " Obviously, 'to get brilliant' at something requires a lot of work or study or preparation, so what you have to do to get brilliant does not have to be stated. People always do something for a purpose and, in your case, it is because you would like to speak with this person more so that you have resolved to learn English well. For this one purpose, you would like to master the English language. The verb to 'master' means to acquire complete knowledge or skill of the English language in this case. So, you may say: I will make sure that I learn English well so that I can be able to speak with you more. or I want to master English in order for me to communicate with you more. 人は、いつも目的のために何かを行います。 あなたの場合、英語をもっと勉強するように決心したのは、その人ともっと話したいからです。 この目的のために、英語をマスター(master)したいのです。 'master'という動詞は、この場合英語の全ての知識やスキルを習得することを意味しています。 従って、次のように言えます。 I will make sure that I learn English well so that I can be able to speak with you more. あなたともっと話せるように、英語をもっと勉強することにします。 I want to master English in order for me to communicate with you more. あなたともっとコミュニケーションを取るために、英語をマスターしたいです。 When you're trying to express to your friend that is abroad that you're planning to work hard on improving your English because you want to talk to them more, then you can say: -I want to improve my English so I can speak to you more -I am going to work hard on my English studies is because I want to speak with you some more. I am learning English for you is straight to the point, without being specific. If you would like to express in more detail that you are learning English so you can communicate better with that person, you can say how much you really want to be able to express yourself and have a deep conversation with that person, therefore, you are doing your best to learn as much English in as little time possible. " I have a strong desire to communicate with you, so much so, that I am working hard to learn English".

次の