ボルタレン アルコール。 ボルタレン錠25mg

ジクロフェナク(内):ボルタレン

ボルタレン アルコール

目次 (項目へとびます)• 添付文書にはどう書かれているのか? 市販薬「ロキソニンS」の添付文書には、「使用上の注意」の「してはいけないこと(守らないと現在の症状が悪化したり,副作用が起こりやすくなります)」の項目に、以下のように書かれています。 服用前後は飲酒しないで下さい。 出典: 処方薬のロキソニンについても、市販薬と成分や量は変わらないため同じととらえるべきです。 公式の文書でこのように記載されているため、「ロキソニンの服用前後はお酒を飲まないほうが良い」と言えます。 ロキソニン服用前後に飲酒するのは絶対ダメなのか? ロキソニンの服用前後は絶対飲酒しないほうが良いのでしょうか? ロキソニンとアルコール(酒)の相互作用は報告されていません。 処方薬の添付文書にも、ロキソニンとアルコールの相互作用は述べられていません。 つまり、ロキソニン服用時のお酒の影響について特筆すべきことはない、ということです。 ネット上で「基本的には大丈夫」「絶対ダメというわけではない」という情報もあります。 しかしハッキリ言いますが、「やめておいたほうが良い」です。 ロキソニンとお酒を併用した人の経験談を下に載せています。 参考にしてください。 法的に有効な添付文書に「服用前後は飲酒しないで下さい。 」と書かれている以上、服用前後にお酒を飲むのは控えたほうが無難です。 ロキソニンとお酒で副作用が出やすいのか? ロキソニンとお酒を一緒に飲むと副作用が出やすいのでしょうか? ロキソニンの主な副作用に、腹痛などの胃腸障害があります。 そして、アルコール(酒)は胃腸にとって優しいものではありません。 「アルコールで食道や胃が荒れる」というのは聞いたことがあるのではないでしょうか。 胃腸にとって優しくないロキソニンとアルコールを一緒に摂るのは単純に良くないです。 少し専門的になりますがアルコールは脂溶性が高く(油に溶けやすく)、体内に吸収されやすいです。 アルコールと薬を併用すると、薬がアルコールに溶けて吸収されやすくなる場合があります。 その場合、通常よりたくさん体内にとりこまれ、作用が強くでます。 ロキソニンもアルコールによって作用が強く出るかもしれません。 その場合、副作用もさらに強く出やすくなります。 12: 匿名さん あたしやったことあります! ものすごい胃痛と吐き気に襲われました。 やめておいたほうがいいとおもいます。 16: 匿名さん ロキソニン服用後に飲酒して、蕁麻疹、吐き気、胃痛、めまいに襲われ冷や汗が止まらなくなり帰りの電車で倒れました。 前に飲んだ時は大丈夫だったので体のコンディションにもよるかと思いますが、死ぬかと思ったのでやめておいた方がよいかと思います。 33: ちありさん 私は絶対ダメ!と思います。 アルコール三杯飲んでた時、少し時間空けてロキソニン60ミリを半分飲んだ30分後位から、ロレツが回らず言いたいことを伝える事さえ出来ず、トイレにも行けなくなり、救急車で深夜に運ばれ、MRIを撮られましたが、脳梗塞の症状に非常に似てたから覚悟を決めてたのですが、異常は無かったので、ボルタレンを処方して頂いて帰りました。 未だハッキリした原因は分からずですが、ひとによって、合わない薬があるからむやみやたらと飲まない様にしています。 34: むーさん つい最近、ロキソニンを飲んだ後にお酒を飲んでしまいました。 ロキソニンを飲んだことを忘れていたんです。 普段からお酒には弱いのですが、ジョッキの半分のビールで限界が来て、そのあとウーロン茶ばかり飲んでいましたが、ずっとお腹の不快感と吐き気が酷かったです。 最後まで吐きそうで吐けない状態が続きました。 吐けたら楽やのにと何回も思いました。 結局3時間ほどくるしんで吐かないまま終わりました。 経験談として、絶対避けた方がいいです。 出典: これらのコメントを見る限り、やはりロキソニン服用の前後は飲酒は控えたほうが賢明です。 こちらの掲示板でざっと見る限り「ロキソニンとお酒は大丈夫だった!」というコメントは見られませんでした。 ロキソニンとお酒を飲んだらこんな症状が起こる!と覚えておいて損はないと思います。 経験された方の意見を参考に、ロキソニンとお酒の併用はやめましょう。 ロキソニンが体内でほぼなくなるのは約6時間後 ロキソニン(ロキソプロフェン)服用後、ロキソニンの血中濃度の推移は以下のようになります。 出典:「ロキソニン錠60mg/ロキソニン細粒10%」インタビューフォーム このグラフを見ても分かりますが、6時間後にはほぼ血中のロキソニン(ロキソプロフェン)がなくなっていることが分かります。 ちなみに、ロキソニンの効果は「5~7時間持続する」という報告があるので、上のグラフを見ても納得できそうです。 細かい話ですが、「ロキソニンが体内でなくなる」といっても、「薬効を示すロキソプロフェンが代謝されて薬効を示さなくなる」ということです。 厳密に言うとわかりにくくなるので、単純に「ロキソニン服用6時間後にはなくなって作用を示さなくなる」というイメージで良いです。 上記のグラフや、ロキソニンの作用時間(効くまでの時間、効果持続時間、服用間隔)については、で詳しく説明しています。 安心して飲酒するなら6~8時間あける ロキソニン(ロキソプロフェン)とアルコールの併用は基本的にダメです。 もしロキソニンを服用していてお酒を飲む場合、何時間あければ良いのでようか? 安心してお酒を飲みたいなら、ロキソニン服用後、 6~8時間はあけてお酒を飲むようにすれば良いと思います。 上のグラフを見てもわかるように、体内のロキソニンは6時間後にはほぼなくなります。 もちろん、個人差はあります。 高齢者の場合は生理機能も下がっているのでもっと時間をあけたほうが良いかもしれません。 ロキソニンの市販薬 最後に、ドラッグストアなどで市販薬として買えるロキソニンを紹介します。 ロキソニンは「第一類医薬品」という部類の薬なので、薬剤師がいないと買えません。 インターネットでも購入できますが、文書での情報提供をしっかり受ける必要があります。 インターネットで購入する場合は、本来なら直接薬剤師から情報提供を受けるべきことを覚えておきましょう。 ロキソニンS あわせて読みたい• 先に結論をまとめるとこのようになります。 ロキソニン服用前後は飲酒してはいけない(しないほうが良い) 安心してお酒を飲むなら、ロキソニン服用後6~8時間はあける 添付文書にはどう書かれているのか? 市販薬「ロキソニンS」の添付文書には、「使用上の注意」の「してはいけないこと(守らないと現在の症状が悪化したり,副作用が起こりやすくなります)」の項目に、以下のように書かれています。 服用前後は飲酒しないで下さい。 出典:「ロキソニンS」添付文書 処方薬のロキソニンについても、市販薬と成分や量は変わらないため同じととらえるべきです。 公式の文書でこのように記載されているため、「ロキソニンの服用前後はお酒を飲まないほうが良い」と言えます。 ロキソニン服用前後に飲酒するのは絶対ダメなのか? ロキソニンの服用前後は絶対飲酒しないほうが良いのでしょうか? ロキソニンとアルコール(酒)の相互作用は報告されていません。 処方薬の添付文書にも、ロキソニンとアルコールの相互作用は述べられていません。 つまり、ロキソニン服用時のお酒の影響について特筆すべきことはない、ということです。 ネット上で「基本的には大丈夫」「絶対ダメというわけではない」という情報もあります。 しかしハッキリ言いますが、「やめておいたほうが良い」です。 ロキソニンとお酒を併用した人の経験談を下に載せています。 参考にしてください。 法的に有効な添付文書に「服用前後は飲酒しないで下さい。 」と書かれている以上、服用前後にお酒を飲むのは控えたほうが無難です。 ロキソニンとお酒で副作用が出やすいのか? ロキソニンとお酒を一緒に飲むと副作用が出やすいのでしょうか? ロキソニンの主な副作用に、腹痛などの胃腸障害があります。 そして、アルコール(酒)は胃腸にとって優しいものではありません。 「アルコールで食道や胃が荒れる」というのは聞いたことがあるのではないでしょうか。 胃腸にとって優しくないロキソニンとアルコールを一緒に摂るのは単純に良くないです。 少し専門的になりますがアルコールは脂溶性が高く(油に溶けやすく)、体内に吸収されやすいです。 アルコールと薬を併用すると、薬がアルコールに溶けて吸収されやすくなる場合があります。 その場合、通常よりたくさん体内にとりこまれ、作用が強くでます。 ロキソニンもアルコールによって作用が強く出るかもしれません。 その場合、副作用もさらに強く出やすくなります。 12:匿名さん あたしやったことあります! ものすごい胃痛と吐き気に襲われました。 やめておいたほうがいいとおもいます。 16:匿名さん ロキソニン服用後に飲酒して、蕁麻疹、吐き気、胃痛、めまいに襲われ冷や汗が止まらなくなり帰りの電車で倒れました。 前に飲んだ時は大丈夫だったので体のコンディションにもよるかと思いますが、死ぬかと思ったのでやめておいた方がよいかと思います。 33:ちありさん 私は絶対ダメ!と思います。 アルコール三杯飲んでた時、少し時間空けてロキソニン60ミリを半分飲んだ30分後位から、ロレツが回らず言いたいことを伝える事さえ出来ず、トイレにも行けなくなり、救急車で深夜に運ばれ、MRIを撮られましたが、脳梗塞の症状に非常に似てたから覚悟を決めてたのですが、異常は無かったので、ボルタレンを処方して頂いて帰りました。 未だハッキリした原因は分からずですが、ひとによって、合わない薬があるからむやみやたらと飲まない様にしています。 34:むーさん つい最近、ロキソニンを飲んだ後にお酒を飲んでしまいました。 ロキソニンを飲んだことを忘れていたんです。 普段からお酒には弱いのですが、ジョッキの半分のビールで限界が来て、そのあとウーロン茶ばかり飲んでいましたが、ずっとお腹の不快感と吐き気が酷かったです。 最後まで吐きそうで吐けない状態が続きました。 吐けたら楽やのにと何回も思いました。 結局3時間ほどくるしんで吐かないまま終わりました。 経験談として、絶対避けた方がいいです。 出典:頭痛薬(ロキソニン)を飲んだ時にお酒は飲まない方がいい? 薬剤師ネットBBS これらのコメントを見る限り、やはりロキソニン服用の前後は飲酒は控えたほうが賢明です。 こちらの掲示板でざっと見る限り「ロキソニンとお酒は大丈夫だった!」というコメントは見られませんでした。 ロキソニンとお酒を飲んだらこんな症状が起こる!と覚えておいて損はないと思います。 経験された方の意見を参考に、ロキソニンとお酒の併用はやめましょう。 ロキソニンが体内でほぼなくなるのは約6時間後 ロキソニン(ロキソプロフェン)服用後、ロキソニンの血中濃度の推移は以下のようになります。 出典:「ロキソニン錠60mg/ロキソニン細粒10%」インタビューフォーム このグラフを見ても分かりますが、6時間後にはほぼ血中のロキソニン(ロキソプロフェン)がなくなっていることが分かります。 ちなみに、ロキソニンの効果は「5~7時間持続する」という報告があるので、上のグラフを見ても納得できそうです。 細かい話ですが、「ロキソニンが体内でなくなる」といっても、「薬効を示すロキソプロフェンが代謝されて薬効を示さなくなる」ということです。 厳密に言うとわかりにくくなるので、単純に「ロキソニン服用6時間後にはなくなって作用を示さなくなる」というイメージで良いです。 上記のグラフや、ロキソニンの作用時間(効くまでの時間、効果持続時間、服用間隔)については、【ロキソニン】効くまでの時間は?効果が続く時間は?何時間あけるべき?で詳しく説明しています。 安心して飲酒するなら6~8時間あける ロキソニン(ロキソプロフェン)とアルコールの併用は基本的にダメです。 もしロキソニンを服用していてお酒を飲む場合、何時間あければ良いのでようか? 安心してお酒を飲みたいなら、ロキソニン服用後、6~8時間はあけてお酒を飲むようにすれば良いと思います。 上のグラフを見てもわかるように、体内のロキソニンは6時間後にはほぼなくなります。 もちろん、個人差はあります。 高齢者の場合は生理機能も下がっているのでもっと時間をあけたほうが良いかもしれません。 ロキソニンの市販薬 最後に、ドラッグストアなどで市販薬として買えるロキソニンを紹介します。 ロキソニンは「第一類医薬品」という部類の薬なので、薬剤師がいないと買えません。 インターネットでも購入できますが、文書での情報提供をしっかり受ける必要があります。 インターネットで購入する場合は、本来なら直接薬剤師から情報提供を受けるべきことを覚えておきましょう。 ロキソニンSプレミアム 【第1類医薬品】ロキソニンSプレミアム セルフメディケーション税制対象 24錠 【ロキソニン】 posted with カエレバ 楽天市場 「ロキソニンSプラス」にはロキソプロフェンのほか、 アリルイソプロピルアセチル尿素:鎮痛効果を高める 無水カフェイン:鎮痛効果を補助する メタケイ酸アルミン酸マグネシウム:胃を守る このような成分が加えられています。 楽天市場では購入できるようです。 リンクからチェックしてみてください! 関連 ロキソニン(ロキソプロフェン)に関する記事を紹介します。 ぜひご覧下さい。 Tom ksrykgk gmail. com Administrator 薬学マン.

次の

【花粉症薬】タリオンの効果・副作用について解説

ボルタレン アルコール

ボルタレンサポ25mgに関連する病気 関連する可能性がある病気です。 オーバーユース症候群(総論) 変形性膝関節症 上腕骨外側上顆炎(テニス肘) 変形性肘関節症 肩関節周囲炎(五十肩) 変形性関節症 腰椎捻挫(ぎっくり腰) 腰痛症 ボルタレンサポ25mgの主な効果と作用• 痛みや 炎症の原因となる物質(プロスタグランジン)が作られるのをおさえる働きがあります。 炎症による痛みやはれをやわらげ、熱を下げる 坐薬です。 ボルタレンサポ25mgの用途• の緊急解熱• の消炎• の鎮痛• 手術後の消炎• 手術後の鎮痛• の消炎• の鎮痛• の消炎• の鎮痛• の消炎• の鎮痛• 人により副作用の発生傾向は異なります。 記載されている副作用が必ず発生するものではありません。 また、全ての副作用が明らかになっているわけではありません。 主な副作用 下痢、軟便、腹痛、浮腫、直腸粘膜刺激、AST上昇、ALT上昇、喘息発作、胃痛、小腸潰瘍、大腸潰瘍 起こる可能性のある重大な副作用 悪心、ショック、胸内苦悶、冷汗、呼吸困難、四肢冷却、血圧低下、意識障害、アナフィラキシー、蕁麻疹、血管浮腫、出血性ショック、穿孔、消化管潰瘍、消化管狭窄、消化管閉塞、再生不良性貧血、溶血性貧血、無顆粒球症、血小板減少、中毒性表皮壊死融解症、Toxic Epidermal Necrolysis、TEN、皮膚粘膜眼症候群、Stevens-Johnson症候群、紅皮症、剥脱性皮膚炎、急性腎不全、間質性腎炎、腎乳頭壊死、乏尿、血尿、尿蛋白、BUN上昇、血中クレアチニン上昇、高カリウム血症、低アルブミン血症、ネフローゼ症候群、重症喘息発作、アスピリン喘息、間質性肺炎、うっ血性心不全、心筋梗塞、無菌性髄膜炎、項部硬直、発熱、頭痛、嘔吐、意識混濁、重篤な肝障害、劇症肝炎、広範な肝壊死、急性脳症、かぜ様症状、激しい嘔吐、痙攣、ライ症候群、横紋筋融解症、急激な腎機能悪化、筋肉痛、脱力感、CK上昇、CPK上昇、血中ミオグロビン上昇、尿中ミオグロビン上昇、脳血管障害 上記以外の副作用 出血性大腸炎、クローン病悪化、潰瘍性大腸炎悪化、膵炎、食道障害、出血傾向、血小板機能低下、出血時間延長、黄疸、多形紅斑、過敏症、アレルギー性紫斑、不眠、神経過敏、しびれ、振戦、錯乱、幻覚、抑うつ、不安、記憶障害、視覚異常、霧視、味覚障害、聴覚障害、頻脈、発汗、脱毛、血管炎、眩暈、発疹、便秘、貧血、肝障害、消化性潰瘍、胃腸出血、食欲不振、口内炎、胃炎、吐血、下血、光線過敏症、紫斑、皮膚そう痒症、顔面浮腫、眠気、耳鳴、血圧上昇、動悸、胸痛、全身倦怠感 ボルタレンサポ25mgの用法・用量• 1.成人:ジクロフェナクナトリウムとして1回25~50mgを1日1~2回、直腸内に挿入するが、年齢、症状に応じ低用量投与が望ましい• 低体温によるショックを起こすことがあるので、高齢者に投与する場合には少量から投与を開始する• 2.小児:ジクロフェナクナトリウムとして1回の投与に体重1kgあたり0. 5~1. 0mgを1日1~2回、直腸内に挿入する• なお、年齢、症状に応じ低用量投与が望ましい• 低体温によるショックを起こすことがあるので、少量から投与を開始する• 年齢別投与量の目安は1回量として次記のとおりである• 1歳以上3歳未満:6. 25mg• 3歳以上6歳未満:6. 25~12. 5mg• 6歳以上9歳未満:12. 5mg• 9歳以上12歳未満:12. 5~25mg ボルタレンサポ25mgの使用上の注意 病気や症状に応じた注意喚起• 以下の病気・症状がみられる方は、• アスピリン喘息• 過敏症• 重篤な肝障害• 重篤な高血圧症• 重篤な心機能不全• 重篤な腎障害• 消化性潰瘍• 直腸炎• 直腸出血• 重篤な血液異常• 非ステロイド性消炎鎮痛剤等により誘発される喘息発作• トリアムテレン投与中• インフルエンザの臨床経過中の脳炎・脳症• 小児のウイルス性疾患• インフルエンザの小児• ウイルス性疾患の小児• 水痘の小児• SLE• 潰瘍性大腸炎• 肝障害• 気管支喘息• クローン病• 血液異常• 高血圧症• 腎血流量低下• 出血傾向• 腹水を伴う肝硬変• 消耗性疾患• 心機能障害• 腎障害• 全身性エリテマトーデス• 大手術後• 非ステロイド性消炎鎮痛剤の長期投与による消化性潰瘍• 利尿剤投与中• 腎機能に著しい影響を与える薬剤投与中• MCTD• 肝性ポルフィリン症• インフルエンザの臨床経過中に脳炎・脳症を発症• インフルエンザの臨床経過中に脳炎・脳症を発症した小児 患者の属性に応じた注意喚起• 以下にあてはまる方は、• 妊婦・産婦• 幼児・小児• 新生児 低出生体重児を含む• 高齢者 年齢や性別に応じた注意喚起• 以下にあてはまる方は、服用・利用の際に慎重な判断が必要です。 幼小児 0歳〜14歳• 高齢者 65歳〜• 以下にあてはまる方は、服用・使用が原則として禁止されていますが、特に必要とする場合には医師等に相談して下さい。 小児のウイルス性疾患 0歳〜14歳• ウイルス性疾患の小児 0歳〜14歳• 水痘の小児 0歳〜14歳• インフルエンザの小児 0歳〜14歳• 以下にあてはまる方は、有益性が危険性を上回る場合にのみ、服用・利用して下さい。 新生児 0日〜27日• 乳児 0日〜364日• 以下にあてはまる方は、服用・利用の際に慎重な判断が必要です。 幼小児 0歳〜14歳• 高齢者 65歳〜• 小児 0歳〜14歳• 以下にあてはまる方は、服用・利用の際、十分に注意して下さい。 長期間投与されている女性• インフルエンザの臨床経過中に脳炎・脳症を発症した小児 0歳〜14歳• 高齢者 65歳〜• 小児のウイルス性疾患 0歳〜14歳• 高熱を伴う幼小児 0歳〜14歳• 高熱を伴う高齢者 65歳〜• 小児 0歳〜14歳• 以下にあてはまる方は、服用・利用に際する指示があります。 小児のウイルス性疾患 0歳〜14歳• 高齢者 65歳〜• ウイルス性疾患の小児 0歳〜14歳• 水痘の小児 0歳〜14歳• インフルエンザの小児 0歳〜14歳• 以下にあてはまる方は、• 高齢者 65歳〜• 小児 0歳〜14歳 ボルタレンサポ25mgの注意が必要な飲み合わせ.

次の

ボルタレン錠25mgの基本情報(薬効分類・副作用・添付文書など)|日経メディカル処方薬事典

ボルタレン アルコール

ジクロフェナク 内 :ボルタレン スポンサード リンク 成分(一般名) : ジクロフェナク ナトリウム(内) 製品例 : ボルタレン錠25mg、ボルタレンSRカプセル37. 5mg、ナボールSRカプセル37. 5 ・・ 区分 : 解熱鎮痛消炎剤/フェニル酢酸系/鎮痛・抗炎症剤 PR 概説 腫れや痛みをやわらげ、熱を下げるお薬です。 作用 【働き】 炎症をしずめて、腫れや発赤、痛みなどの症状をおさえます。 熱を下げる作用もあります。 ただし、対症療法薬ですので、熱や痛みの原因そのものを治すことはできません。 【薬理】 炎症や発熱を引き起こすプロスタグランジン PG という物質の生合成を抑制します。 プロスタグランジン PG の合成酵素「シクロオキシゲナーゼ(COX)」を阻害することによります。 この薬の仲間は「非ステロイド抗炎症薬(NSAID)」と呼ばれ、いろいろな痛みに広く用いられています。 熱やノドの痛みをともなうカゼにも使います。• 化学構造的には、アリール酢酸系に分類されます。 この系統は効果が強い反面、副作用にも注意が必要です。• 普通錠(25mg)のほか、1日2回の服用で済む持続性カプセル(37. 5mg)もあります。 注意 【診察で】• 胃腸の悪い人、腎臓や肝臓の悪い人など持病のある人は医師に伝えておきましょう。 病気によっては症状を悪化させるおそれがあります。• 喘息やアレルギーのある人も医師に報告しておいてください。• 妊娠中の人は、医師にお伝えください。 【注意する人】 鎮痛薬や解熱薬で喘息を起こしたことのある人は飲んではいけません(アスピリン喘息の人)。 子供のインフルエンザには原則的に用いません。 胃潰瘍など消化性潰瘍のある人も避けます(特別な胃薬と併用して用いることがあります)。 また、血小板減少などで出血が心配な場合も控えるようにします。 そのほか、肝臓病、腎臓病、高血圧、心臓病、喘息、大腸炎、クローン病、インフルエンザなどにおいても病状により使用できない場合があります。 副作用のでやすい子供や高齢の人も慎重に用います。 適さないケース..アスピリン喘息、子供のインフルエンザ(インフルエンザ脳症との関連性が示唆される)、消化性潰瘍のある人、血小板減少症など重い血液の病気、重い肝臓病、重い腎臓病、重い心臓病(心不全)、重い高血圧症の人、妊娠中の人など。• 注意が必要なケース..喘息、消化性潰瘍の既往歴のある人、血小板減少など血液に異常のある人、肝臓病、腎臓病、高血圧症、心臓病などのある人またはそれらの既往歴のある人、潰瘍性大腸炎やクローン病のある人、インフルエンザやデング熱などウイルス性感染症にかかっている人、妊娠中、高齢の人など。 【飲み合わせ・食べ合わせ】• 市販薬も含め、他の薬との飲み合わせに注意が必要です。 とくに利尿薬のトリアムテレン(トリテレン)とは併用が禁止されています。 ほかにも、抗真菌薬のボリコナゾール(ブイフェンド)、抗凝血薬のワルファリン、気分安定薬のリチウム(リーマス)、キノロン系抗菌薬、抗うつ薬(SSRI)、抗リウマチ薬のメトトレキサート(リウマトレックス)、さらに利尿薬や降圧薬、強心薬、免疫抑制薬など多くの薬と相互作用を起こす可能性があります。 服用中の薬は忘れずに医師に報告しておきましょう。• 飲酒は控えめにしてください。 多量のアルコールは、胃や肝臓の副作用をでやすくします。 【使用にあたり】• 食後すぐに多めの水(コップ1杯)でお飲みください。 頓服の場合も、できるだけ食後にあわせて飲んだほうがよいでしょう。 もし、空腹時に飲む場合は、軽食をとるか牛乳で飲めば、胃の負担が軽くてすみます。• カゼでは頓服が原則です。 頓服の指示がある場合は、症状のひどいときだけ使用してください。 よくなってきたら、早めに中止したほがよいでしょう。• 肩こりや腰痛、外傷などで使用している場合、漫然と続けず、痛みの程度により、減量や中止を考慮する必要があります。 症状がよくなったら、継続の可否についても医師とよく相談してみてください。 リウマチなど慢性的な炎症疾患は別として、鎮痛薬の安易な長期服用は好ましくありません。• 関節リウマチでは、よい効果がでるまでに2〜4週間くらいかかることがあります。 指示された期間続けるようにしてください。 【妊娠授乳】• 妊娠中は使用できないことになっています。 ただ、症状によっては、医師の責任において頓服ないしごく短期間だけ使用することがあるかもしれません。• 服用中は授乳(母乳)を止めることになっています。 けれど、母乳への移行はごく微量です。 医師の判断で授乳が許可されるかもしれません。 【その他】• 胃の副作用を予防するのに、胃腸薬が処方されることがあります。• 他の人、とくに子供には代用しないでください。• カゼなど感染症による発熱やノドの腫れは、ばい菌を殺菌駆除するための自然な防御システムです。 これを薬で無理に抑えれば、かえって病気そのものの治りを遅らせてしまうことさえあります。 とくにインフルエンザなどウイルス性の病気では、むやみに熱を下げればよいというものではありません。 この薬とインフルエンザ脳症との関連性も指摘されています。 効能 【25mg製剤】 <効能A> 次の疾患並びに症状の鎮痛・消炎//関節リウマチ、変形性関節症、変形性脊椎症、腰痛症、腱鞘炎、頸肩腕症候群、神経痛、後陣痛、骨盤内炎症、月経困難症、膀胱炎、前眼部炎症、歯痛。 <効能B> 手術後並びに抜歯後の鎮痛・消炎。 <効能C> 次の疾患の解熱・鎮痛//急性上気道炎(急性気管支炎を伴う急性上気道炎を含む)。 【37. 5mg製剤 SR 】 次の疾患並びに症状の消炎・鎮痛//関節リウマチ、変形性関節症、腰痛症、肩関節周囲炎、頸肩腕症候群。 用法 【25mg製剤】 <効能A・B> 通常、成人はジクロフェナクナトリウムとして1日量75〜100mg(3〜4錠)とし原則として3回に分け経口服用する。 また頓用する場合には25〜50mg(1〜2錠)とする。 なお、空腹時の服用は避けさせることが望ましい <効能C> 通常、成人はジクロフェナクナトリウムとして1回量25〜50mg(1〜2錠)を頓用する。 なお、年齢、症状により適宜増減する。 ただし、原則として1日2回までとし、1日最大100mg(4錠)を限度とする。 また、空腹時の服用は避けさせることが望ましい。 【37. 5mg製剤 SR 】 通常、成人にはジクロフェナクナトリウムとして1回37. 5mgを1日2回食後に経口服用する。 医師の指示を必ずお守りください。 副作用 もっとも多い副作用は胃腸症状です。 重症化することはまれですが、胃潰瘍など消化性潰瘍にも念のため注意が必要です。 とくに高齢の人、あるいは服用が長期になるときは気をつけてください。 人によっては発疹ができたり、喘息発作を起こすおそれがあります。 アレルギー体質の人や、もともと喘息のある人は注意してください。 そのほか、腎臓や肝臓の働きが悪くなったり、血液に異常があらわれることがあります。 リウマチなどで長期に服用する場合は、定期的に肝機能や腎臓の検査、また胃の検診を受けるとよいでしょう。 【重い副作用】 ..めったにないですが、初期症状等に念のため注意ください• ショック、アナフィラキシー..気持ちが悪い、冷汗、顔面蒼白、手足の冷え・しびれ、じんま疹、全身発赤、顔や喉の腫れ、ゼーゼー息苦しい、めまい、血圧低下、目の前が暗くなり意識が薄れる。• 消化管潰瘍による穿孔・狭窄・閉塞・出血..胃痛、激しい腹痛、持続する腹痛、吐き気、嘔吐、お腹が張る、便秘、吐血(コーヒー色のものを吐く)、下血(血液便、黒いタール状の便)。• 腎臓の重い症状..尿が少ない・出ない、尿の濁り・泡立ち、血尿、むくみ、だるい、吐き気、側腹部痛、腰痛、発熱、発疹。• 肝臓の重い症状..だるい、食欲不振、吐き気、発熱、発疹、かゆみ、皮膚や白目が黄色くなる、尿が茶褐色。• 重い血液成分の異常..発熱、喉の痛み、口内炎、だるい、皮下出血(血豆・青あざ)や鼻血・歯肉出血など出血傾向。• 重い皮膚・粘膜障害..発疹、発赤、水ぶくれ、うみ、皮がむける、皮膚の熱感や痛み、かゆみ、唇や口内のただれ、のどの痛み、目の充血、発熱、全身けん怠感。• 喘息発作の誘発..咳き込む、ぜいぜい息をする、息をするときヒューヒュー音がする、息切れ、呼吸しにくい。• 心不全、心筋梗塞..息苦しい、動悸、むくみ、締め付けられるような胸の痛み、冷汗。• 急性脳症..激しい嘔吐、意味不明な言動、意識の乱れ、けいれん 【その他】• 胃痛・腹痛、吐き気、吐く、食欲不振、口内炎。• 発疹、じんま疹。• むくみ、肝臓や腎臓の働きが落ちる。 いつもと違う「おかしいな」と感じたら早めに受診してください。 まずは安心して、決められたとおりにご使用ください。

次の