オーバー ハンド パス。 オーバータイムを減らすには?

オーバーハンドパス ボールのとらえ方

オーバー ハンド パス

比較的高めのボールを返したり、パスを出すときに使われる技で、バレーボールの基本プレーとなるオーバーハンドパスです。 ボールの落下地点で構え、頭の上前方あたりでボールを両手で包み込むようにし、狙った所へパスをだします。 スポンサーリンク 正しいフォームとしては、両手の親指とひとさし指で大きめの三角形をイメージして額の斜め上あたりで構えます。 ひじを伸ばしすぎたり、曲げすぎたりすると上手くボールをコントロールしにくいので、自然に開いた状態にしましょう。 またひざは軽く曲げ、重心は軽くつま先に置くようにします。 そしてボールを5本の指で迎えいれ、ひじを伸ばすとともに手首のスナップを利かせ狙った場所へパスを出します。 この時、手だけではなく全身のバネを使ってあげると、より精度の高いパスができるようになります。 どのくらいの高さまであげるか決めておいて、毎回同じ高さに上げるように意識すると、だんだん力加減が分かってきます。 2.対人練習 2人で向かいあい、オーバーハンドパスを出し合います。 相手からきたボールを一旦オーバーハンドパスで自分の頭上にあげ、落下してきたボールを相手に返すようにするとより効果があります。

次の

5m

オーバー ハンド パス

小さなモーションでキャッチしてからパスまでが素早くできるパスになります。 DFを避けるために、キャッチしてから、一旦手を下げて、パスするやり方もありますが、 ワンテンポ遅くなってしまうので、なるべくキャッチした位置から高さを変えずにパスをしましょう! モーションが少ないので、相手が予測しづらいパスになります。 〜やり方〜 ・パスを取るまでに、前にいるDFの状況を確認し、近づいてきているのかを見る。 ・キャッチをしたら、DFがくる前に素早くパスモーションに移る。 ・時間を無駄にしないためにも、パスを受けた高さのまま投げる。 ・軽く肘を曲げた状態から、手首を返してボールを投げる。 親指を最後にかけることを意識すること。 パス練習の最終形態が、6対6で行うゲーム形式の練習です。 まずは、DFなしバージョンで、パス回しを行い、各ポジションが持つ役割を果たすようにDFがいることを想定して、DFの圧力なくリラックスしてパス回しをしましょう! そして、実際にDFについてもらい、ボールを貰う位置が適切か、パス回しや、パススピードがDFに対して脅威を与えているのかを確かめます。 ゲーム形式になると、複数の確認・判断要素が発生します。 そういった状況下に慣れことで、実際の試合でも焦らず冷静にパス回しをできる選手になって行きます。 難しいと思いますが、普段の練習に取り入れてみてください! 参考練習メニューにリンクを貼っておきます。

次の

バスケのオーバーハンドパスのやり方と注意点を詳しく教えてほしいです...

オーバー ハンド パス

ハンドボールのオフェンス中などに起こり得る反則にオーバータイムというものが存在します。 今回はそのオーバータイムについての解説をします。 オーバータイムとその原因 ハンドボールのルールにおけるオーバータイムとは何なのか解説します。 オーバータイムとはプレイヤーがボールを保持した状態で3秒を越えて静止することを指します。 これを取られると、ボールが相手ボールへ代わってしまい、失点の原因にもなります。 ボールを保持して3秒静止なので、例えばボールを保持して2秒静止して、その後ドリブルやステップを踏み、再び2秒静止するときにはこのルールには当てはまりません。 では、このオーバータイムという反則はなぜ起きてしまうのか、主な原因を解説します。 基本的に、オフェンスが歩数を使い切った後や、ドリブルも使えないような状況でオーバータイムは起こります。 ボールを持っているプレイヤーがプレー出来ない状態となればディフェンスは他のプレイヤーへのパスを防ぐように動きます。 それによってパスコースを防がれたプレイヤーがパスを出す場所がなくなり、そのまま3秒が過ぎてしまいオーバータイムとなる場合が特に多いです。 またはどこへパスを出そうか考えているうちに3秒過ぎてしまうなんてことも多くあります。 こういった原因をお互いのプレイヤー同士で防いでいくよう気を付けましょう。 パスを貰いに行く ハンドボールのオーバータイムはパスを貰う側にも原因があります。 味方のプレイヤーのプレーに目を向けて歩数を使い切ると思ったら、無理に攻めようと動かず、パスを貰うことを優先して動きましょう。 またボールを持ったプレイヤーが無理に攻めようとしていたり、ドリブルを使っていたりしていたら、自分から攻める場所を見つけ、すぐにパスを要求するように心がけましょう。 ハンドボールは素早いパス回しからオフェンスを展開するプレーが多いです。 なので、自分一人で攻めようとするのではなく、周りを常に観察しながら落ち着いて動くようにしましょう。 パスを貰う側のプレイヤーは、オーバータイムを取られそうだと思ったらボールを持ったプレイヤーにくっついてでも良いのでパスを貰うようにしましょう。 以上のように意識して、攻守交代を許してしまう反則を減らしていくようにしましょう。 ハンドボールが驚くほど上達する練習教材.

次の