中国 入国規制緩和。 外務省 海外安全ホームページ|新型コロナウイルス(日本からの渡航者・日本人に対する各国・地域の入国制限措置及び入国・入域後の行動制限)

韓国・中国・台湾・香港 ⇔ 日本の出入国の規制状況を整理した(5月26日版)

中国 入国規制緩和

政府は新型コロナウイルスの世界的な感染拡大を受けて実施している訪日外国人の入国規制について、7 月中にも台湾、中国、韓国と緩和に向けた交渉に入る方向で検討に入ったと、7 月 1 日付の朝日新聞が報じた。 出入国規制の緩和では、観光客より先にビジネス客の出入国再開に向けて、防疫の条件などについて各国と協議。 交渉では台湾を先行させる方針。 政府は受け入れに当たり、出国時だけでなく、日本への入国する際にも PCR 検査を受けてもらう方針。 PCR 検査についてはその検査能力が課題となっていたが、無症状の人に唾液 PCR 検査を実施できる目途がついたため、多数の入国者が想定される中韓との協議入りが可能になった。 政府は、すでに新型コロナウイルスの感染が収束しているベトナム、タイ、オーストラリア、ニュージーランドの4カ国を対象に、段階的に出入国を認める方向で各国と調整中となるが、新たに、中国、台湾、韓国も加える方向で検討に動き出す。 第一弾となる4カ国を対象とした入国規制の緩和では、経営・管理、技術者、技術技能・特定技能などビジネス上必要な人材などを対象に調整。 入国時の PCR 検査、公共交通機関の利用自粛、14 日間の自宅などでの待機などの現行の水際対策に加え、入国前の PCR 検査証明、入国後 14 日間の位置情報の保存などの追加措置を求める。 日本人を含めた入国者が 14 日間の自宅等待機期間中のビジネス活動を望む場合には、滞在場所や移動先、接触予定者などを記載した「本邦活動計画書」を提出することで、行動制限を緩和。 入国直後からビジネス活動を可能とする方針。

次の

【コロナ:世界の動きまとめ】入国規制緩和第2弾、台湾、ブルネイと協議へ。EU、日本など15カ国からの渡航受け入れ

中国 入国規制緩和

政府は新型コロナウイルスの世界的な感染拡大を受けて実施している訪日外国人の入国規制について、7 月中にも台湾、中国、韓国と緩和に向けた交渉に入る方向で検討に入ったと、7 月 1 日付の朝日新聞が報じた。 出入国規制の緩和では、観光客より先にビジネス客の出入国再開に向けて、防疫の条件などについて各国と協議。 交渉では台湾を先行させる方針。 政府は受け入れに当たり、出国時だけでなく、日本への入国する際にも PCR 検査を受けてもらう方針。 PCR 検査についてはその検査能力が課題となっていたが、無症状の人に唾液 PCR 検査を実施できる目途がついたため、多数の入国者が想定される中韓との協議入りが可能になった。 政府は、すでに新型コロナウイルスの感染が収束しているベトナム、タイ、オーストラリア、ニュージーランドの4カ国を対象に、段階的に出入国を認める方向で各国と調整中となるが、新たに、中国、台湾、韓国も加える方向で検討に動き出す。 第一弾となる4カ国を対象とした入国規制の緩和では、経営・管理、技術者、技術技能・特定技能などビジネス上必要な人材などを対象に調整。 入国時の PCR 検査、公共交通機関の利用自粛、14 日間の自宅などでの待機などの現行の水際対策に加え、入国前の PCR 検査証明、入国後 14 日間の位置情報の保存などの追加措置を求める。 日本人を含めた入国者が 14 日間の自宅等待機期間中のビジネス活動を望む場合には、滞在場所や移動先、接触予定者などを記載した「本邦活動計画書」を提出することで、行動制限を緩和。 入国直後からビジネス活動を可能とする方針。

次の

韓国・中国・台湾・香港 ⇔ 日本の出入国の規制状況を整理した(5月26日版)

中国 入国規制緩和

中国から入国規制緩和の申し出 経済活動の本格再開に向け、中国政府は日本政府に対し、入国制限を緩和していく考えを打診しています。 日本国内での新規感染者の減少などを条件に、PCR検査で陰性が確認された人のみ入国を認める方式が想定されていると考えられます。 現在中国では、入国者に対して指定施設での14日間の隔離措置を求めていますが、入国制限が緩和されれば隔離措置は不要となる見込みです。 中韓では例外入国実施が導入 中国はすでに5月から、韓国に対して入国制限の緩和に徐々に開始しています。 上海、重慶、天津などの一部地域にビジネス目的での入国を認めるもので、 「ファスト・トラック」と呼ばれる方式を採用しています。 ファスト・トラックとは、出発の72時間以内に指定の医療機関でウイルス検査を受け、陰性を証明する健康状態確認書の発給を受けます。 中国の企業関係者が韓国を訪れる場合は、出国前に陰性判定を証明する確認書を提出し、到着後に再度検査で陰性が確認されれば、14日間の隔離が免除されます。 今回の中国から日本に対する入国制限緩和の打診は、このファスト・トラック方式を念頭に置いているとみられます。 しかし現在日本では無症状でPCR検査を受けることが困難であることなどから、実現には一定のハードルがあると考えられます。 さらに日本では緊急事態宣言を延長し、感染拡大の抑え込みに力を入れています。 国内でも移動の自粛が求められる中、海外への渡航制限を緩和することは時期尚早とみられています。 各国で入国制限緩和の動き新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、世界の多くの国で経済が大きな影響を受けています。 経済の冷え込みは軽視できず、各地でロックダウン解除のデモが起こり、国民の我慢の限界も近づいています。 そのため各国政府は経済活動を再開するため、段階的に移動や自粛の規制を緩和する動きが始まっています。 中国は日本と韓国以外に、シンガポールとも入国緩和の協議を進めているとされています。 観光大国トルコでは、6月にもアジア地域を中心に外国人観光客の受け入れを再開する見込みです。 またギリシャでも7月から外国人観光客の受け入れを再開する方針を示しています。 中国だけでなく、他の国でもビジネスに対する渡航制限の緩和が今後進む可能性があり、注視していく必要があるでしょう。 感染予防と経済活動再開のバランス、日本の方針は? 中国では中国全土で厳しいロックダウンを行い、感染拡大の抑制に成功し、規制緩和と共に世界的に人気のある上海ディズニーランドの営業を再開するなど、他国へ新型コロナウイルスを克服したというアピールも着実に行い、関係各国との入国規制緩和への動きに入るなど日本も見習うべき点が多いでしょう。 中国や韓国などの経済活動の再開はポジティブなニュースである一方、中国の武漢と韓国のソウルでは集団感染が新たに確認されており、感染防止対策の緩和は慎重にならざるを得ない面もあります。 中国から入国制限緩和の打診を受けたものの、緊急事態宣言の続く日本では慎重な姿勢を崩すことは難しいでしょう。 ただし日本でも他国と同様に現在の自粛状況を無期限で続けることには限界があります。 日本では、いかに個々人のレベルで意識付けや対策を行い、感染を防止できるかを海外にいかにアピールできるかが、日本と世界各国の往来の正常化を大きく左右するでしょう。 <参考> 日本経済新聞: ソウル聯合ニュース:.

次の