アウディ rs5 スポーツ バック。 エクステリア > RS 5 Sportback > A5 > アウディジャパン

アウディ RS5スポーツバック に改良新型、450馬力ツインターボ搭載…今春欧州発売へ

アウディ rs5 スポーツ バック

アウディ ジャパンは、ハイパフォーマンスの4ドアクーペ「アウディRS5スポーツバック」を2019年8月24日に発表、同年8月27日に販売を開始した。 「アウディA5スポーツバック」の高性能バージョンとなる「RS5スポーツバック」には最高出力331kW(450ps)、最大トルク600Nmを発生する新開発の2. 9リッターV6ツインターボを搭載。 8速ATとクワトロ(フルタイム4WDシステム)を組み合わせており、DRC(ダイナミック・ライド・コントロール)付きスポーツサスペンションプラスやリヤアクスルの駆動力配分を最適化するスポーツディファレンシャルを装備する。 ハイパフォーマンスと同時にすぐれた経済性も実現しており、独自の燃焼方式であるBサイクルの採用により、11. エクステリアは下部に「quattro」ロゴを配した専用のシングルフレームグリルや大型のエアインレット、専用の前後バンパーやリヤディフューザーを採用することでベースモデルとの差別化が図られている。 また、マットアルミニウムルックやグロスブラックの2種類のカーボンスタイリングパッケージといった、充実したオプションも用意される。 標準装備のマトリクスLEDヘッドライトにはカラーベゼルが採用され、かつての「アウディクワトロ」をほうふつとさせるブリスターフェンダーにより、他のモデルとの差別化が図られた。 全幅は15mm拡大されており、20インチの専用アルミホイールを標準装備。 オプションでセラミックブレーキも用意されている。 インテリアについてはダイヤモンドステッチングの施されたファインナッパレザーのSスポーツシートやアルミニウムレースのデコラティブパネルを採用。 ステアリングやセレクターレバー、センターコンソールサイドにアルカンターラが採用され、シートベルトも合わせて赤のステッチが施されたRSデザインパッケージをオプションで用意する。 インフォテインメントシステムも最新のもので、メーターパネル内に12. 3インチのTFT(液晶)ディスプレイが採用され、ナビゲーションシステムをはじめさまざまな情報が表示される「アウディバーチャルコクピット」を標準装備。 衝突被害を軽減する「アウディプレセンスシティ」をはじめとする、最新のアシスタンスシステムも搭載されている。

次の

アウディRS 5スポーツバック(4WD/8AT)【試乗記】 アグレッシブにも優雅にも

アウディ rs5 スポーツ バック

あらかじめご了承ください。 詳しくはAudi正規ディーラーまでお問い合わせください。 VHost www. audi. jp Version 99. 0 Build 20200608051239 Frontend 99. 0 Rendertime 20200612065919 StaticVersion 20200608051239 Activated Scopes Context Scopes VHost www. audi. jp Version 99. 0 Build 20200608051239 Frontend 99. 0 Rendertime 20200612070640 StaticVersion 20200608051239 Activated Scopes Context Scopes• 販売店は販売価格を独自に定めていますのでお問い合わせください。 リサイクル料金が別途必要になります。 車両本体価格、オプション価格は変わる場合があります。 詳しい内容は、Audi正規ディーラーまでお問い合わせください。 またオプション装備を含むものもあります。 一部お取扱いのないディーラーもございますので、ご了承下さい。

次の

【変わらないという強み】アウディRS5スポーツバックへ試乗 450psのクワトロ(AUTOCAR JAPAN)

アウディ rs5 スポーツ バック

アウディの高性能プレミアムクーペ&ハッチバックの RS5クーペ/スポーツバックが内外装の一部変更を実施。 今春に欧州市場で発売 独アウディは 4月 8日(現地時間)、高性能プレミアムクーペ&ハッチバックの RS5クーペ/スポーツバックをマイナーチェンジし、今春に欧州市場で発売すると発表した。 車両価格は 8 万 3500ユーロ(約 980万円)~に設定する。 新造形のシングルフレームグリルに RSモデル特有のハニカム構造エアインレット、ダークタイプのマトリクス LEDヘッドライトなどを採用。 欧州市場での発売は今春。 日本への導入時期は未定 ベースモデルとなる A5クーペ/スポーツバックの商品改良に合わせて登場したニューバージョンの RS5クーペ/スポーツバックは、内外装の一部変更や機能面のバージョンアップなどを特徴とする。 燃料消費率は 9. フロント部は新造形のシングルフレームグリルに RSモデル特有のハニカム構造エアインレット、ダークタイプのマトリクス LEDヘッドライト、大型化したうえで形状を変更したグロスブラック仕上げのサイドエアインレット&アウトレットなどを採用。 サイドビューは新しいシルトリムでキャラクター付けを施すとともに、 RS6および RS7などと同様のクワトロブリスターフェンダーを組み込んでボディ幅を片側 15mm、計 30mmほど拡大させる。 足もとには新デザインの 19インチアルミホイールを標準、 20インチアルミホイールをオプションで設定した。 そしてリアセクションは、新造形の LEDコンビネーションランプに RS 専用ディフューザーインサート、オーバル形状のテールパイプを配した RSエグゾーストシステムなどを装備。 燃料消費率は 9. カラーリングはブラックを基調に、レッドまたはグレーのアクセントを採用。 また、 RS専用のナッパレザー表地スポーツシートやフラットボトムのステアリングホイールなども装備する。 さらに、新しいオペレーティングシステムを組み込んだ 10. 1インチ MMIタッチディスプレイ、エンジン出力やトルク、ブースト圧、 Gフォースなどを表示する RS専用 12. 3インチアウディバーチャルコクピットなども標準で採用した。 新しいオペレーティングシステムを組み込んだ 10. 1インチ MMIタッチディスプレイ、エンジン出力やトルク、ブースト圧、 Gフォースなどを表示する RS専用 12. 3インチアウディバーチャルコクピットも採用する パワートレインに関しては、熟成版の 2. 駆動機構は専用チューニングの 4WD システム"クワトロ"で、前後アクスルへのトルク配分 40: 60を基本に、強力パワーを確実に路面へと伝える。 DRC(ダイナミックライドコントロール)を組み込んだ RSスポーツサスペンション・プラスも選択できる。 さらに、パワートレインや足回りの統合調整が可能なアウディドライブセレクトも標準で装備した。 Related Article 新車情報もっと読みたい• What's News 最新情報•

次の