シチズン スマート ウォッチ riiiver。 kvd-i.antenna.gr:シチズン話題スマートウォッチ「Eco

kvd-i.antenna.gr:シチズン話題スマートウォッチ「Eco

シチズン スマート ウォッチ riiiver

シチズンの話題作エコ・ドライブ リィイバーを 実際に使ってみました! 残すところあとわずかとなった2019年。 一般販売に先行して実施されたクラウドファンディングで、なんと1億円以上の支援を集めたというのだから、いかに注目度が高いモデルなのかがうかがい知れるはずだ。 そんな同作が11月に一般発売を開始。 筆者はモニターとして実機を10日間ほどお預かりする機会を得たので、使用感など交えつつ、改めてこの話題作の特徴など解説していきたい。 優れた機能性に加え、独自の光発電エコ・ドライブを搭載し、充電不要とした点も本作の魅力である。 BZ7005-74E。 SS(43. 2mm径、メッキ)。 10気圧防水。 クォーツ(Cal. W510、光発電エコ・ドライブ)。 こう聞くといまいちピンとこないかもしれないが、要はリィイバーというアプリケーションと時計を連携し、様々な機能を利用できるモデルなのである。 独自のアプリを介して時計と連携させる試みは、すでにカシオなどが導入しているが、このリィイバーが革新的だったのは、サードパーティー製デバイスやサービスなど、従来以上に連携範囲を広げた点にある。 さらにもうひとつの専用アプリを活用することで、本作はいっそうパーソナライズされるという点も見逃せないだろう。 今回は残念ながら実践することはできなかったが、例えばIoTライトとリィイバーを介して連携し、時計を操作することでライトの灯りを点けたり消したりすることも可能になる。 そしてこの一連の動作を自由にカスタマイズできる点も特徴。 まさにアイディア次第でユーザービリティーがいっそう向上するのだ。 2つのアプリと連携してライフスタイルに合わせた機能をセレクト エコ・ドライブ リィイバーと連携する2つのアプリケーション。 左が様々な機能を設定するアプリで、右がiiideaを新たに作成(承認が必要)するためのアプリである ちなみに、それぞれが作成したアィイデアは、アプリ上で公開されているので、慣れないうちは既存のものを活用してみるといい。 筆者が利用した期間は、まだ運用開始まもなかったこともあって、アィイデアの数はそれほど多くはなかったが、今後ユーザーが増えるに連れ、様々なものが公開されていくことだろう。 高級時計のセオリーに反した意匠が逆に新鮮である。 また時・分・秒針の長さはすべて同じながらカラーリングで長短を表現するなど、巧みな色使いによってしっかりと視認性を確保している点はさすが時計メーカーの作ったハイテクウオッチだ。 一方、少し残念な点を挙げるとすれば、夜光が塗布されていないため暗所ではほぼ判読できないところだろう。 エコ・ドライブ リィイバーでは任意で選択した三つの機能を登録できる。 4時位置の色付きボタン操作で使用したい機能を選択(7時方向のインダイアルで選択している機能を指針)し、その機能を使用する際には2時位置のボタンをプッシュする。 ケース径は43. 2mmあるのだが、多面で構成することによってシャープな印象が際立ち、同時にラグも短くしているため、見た目にはそれほど大きさを感じない。 ハイスペック機ながら、12. 6mmとケースの厚みを抑えている点も見逃せない。 大振りなケースサイズに対して着用感はすこぶる良好だ。 もちろん本作の機能性をしっかりと理解し、使いこなせるようになるに越したことはない。 Variation 左からRef. BZ7000-60L、BZ7005-74X、BZ7007-61E(ECサイト限定)。

次の

スマートウォッチのソーラー充電できるモデル4選!電池タイプとの違いも解説!

シチズン スマート ウォッチ riiiver

時計の機能を選べる・つくれる・シェアできる! シチズンといえば言わずと知れた日本を代表するウォッチブランド。 1976年に世界に先駆けて開発された電池交換のいらない光発電時計「エコ・ドライブ」やチタニウムの加工技術などで知られています。 IoTプラットフォームに対応し、機能をカスタマイズできる最新テクノロジーを搭載しています。 現在クラウドファンディング中なので、ぜひサキドリしてみてください! 「Eco-Drive Riiiver」とは? 「Eco-Drive Riiiver」はIoTプラットフォーム「Riiiver」に対応したスマートウォッチです。 「」とは、スマホアプリからサービスをチョイスし、対応デバイスにセットして利用するサービスです。 例えば、時計のボタンを押すと近くにあるカフェのロケーションを時計の針が教えてくれたり、ジョギングで一定カロリーを消費するたびにプレイリストの音楽が変わったりと、生活のなかのヒト・モノ・コトを繋いでくれます。 「Eco-Drive Riiiver」はRiiverと連携することでスマートウォッチの機能を入れ替えたり、アプリから自分だけの機能をつくったりすることも可能です。 使い方 「Eco-Drive Riiiver」にはRiiverの起動ボタンがあり、明かりのない場所や手が離せないときでもワンタッチで使えます。 ボタンを押すとタクシーが呼べたり、応援しているチームの試合結果を針が示してくれたりと、手元の時計を操作するだけでさまざまな機能を楽しむことが可能です。 使用する際はまず、機能を設定し、入れ替えるための「CITIZEN Eco-Drive Riiiver」アプリをダウンロード。 自作した機能をシェアしたいときは「Riiiver」アプリを利用する必要があります。 また、「ライトレベル-グラフ」を搭載し、1日分の発電量を100%ととした充電達成率を確認可能。 充電切れで使えない残念なシチュエーションを避けて快適に使えます。 さらに、「ライトレベル-マップ」が時計が浴びた光の道筋をマップで表示してくれるので、ジョギングや運転が好きな方にもおすすめです。 健康管理のサポートも! 内蔵された加速度センサーにより、歩数・消費カロリーを計測。 アプリで日々の活動量を確認したり、目標に対する達成率も管理したりと、健康管理のサポートもしてくれます。 使いやすさにこだわった仕様 ケースの大きさは直径43. 2mm。 ガラスは無反射コーティングが施されたサファイアガラスが使われています。 ケース・バンドはともにステンレス製。 バンドは長さ調節が可能な「フリータイプ中留」を採用しているので、自分で長さを変えられます。 「Eco-Drive Riiiver」は現在にてクラウドファンディング中です。

次の

シチズン、IoTスマートウォッチ「Eco

シチズン スマート ウォッチ riiiver

2つの専用アプリ「CITIZEN Eco-Drive Riiiver」「Riiiver」の配信を開始 Eco-Drive Riiiverは、シチズンのオープンイノベーション推進室が手掛けた第1弾モデル。 アナログ時計をベースとしたスマートウオッチで、独自の光発電技術「エコ・ドライブ」で動作するため、電池交換やケーブル充電は不要だ。 長針、短針、秒針をすべて同じ長さにそろえ、カラーリングを分けることで視認性を確保。 アプリと連動して使うことで、3つの針を使って、スケジュールや歩数、温度などを知らせたり、IoT機器と組み合わせて動かしたりできる。 トリガー、サービス、アクションという3ステップを組み合わせた「一連の流れ」を専用アプリRiiiverを使って作れることが特徴。 シチズンではこの一連の流れを「iiidea(アィイデア)」と名付けており、作成したiiideaは、自ら使えるほか、「Riiiver Store」に公開し、人と共有もできる。 iiideaは「時計のボタンを押したら(トリガー)、現在の天気に合わせた(サービス)、音楽を再生する(アクション)」や、「時計のボタンを押したら(トリガー)、現在までの歩数を(サービス)、秒針で知らせる(アクション)」といったことが可能。 すでにRiiiver Storeにカテゴリーに分かれたiiideaも用意されており、ダウンロードして使える。 サイドの3つのボタンを使って操作する iiideaはアプリを使って3つまでCITIZEN Eco-Drive Riiiverに登録でき、アプリ内には複数のiiideaをダウンロードしておくことが可能。 登録するiiideaはアプリ内のドラッグ&ドロップ操作で、簡単に切り替えられるほか、3つのiiideaを1つのセットとしてアプリ内に保存しておくことで「自宅で使うiiidea」「通勤中に使うiiidea」など、使用場所や頻度に応じて、すぐにiiideaを探し出せる。 シチズンでは、Riiiverをさまざまデバイスやサービスを基点にヒト、モノ、コトをつなげるIoTプラットフォームと位置づけており、広く参画企業も募る方針。 シチズン時計 Riiiverプロジェクトリーダーの大石正樹氏は「多くのビジネスパートナーに入っていただくことで、私たちには想像できないような使い方ができるようになる。 思いもよらない市場へシチズンの製品を展開できるという可能性に期待している」とコメントした。 シチズン時計 Riiiverプロジェクトリーダーの大石正樹氏 本体には、Bluetoothも備え、スマートフォンアプリと連携することで自動での時刻修正やファームウェアのアップデートに対応。 加速度センサーにより、歩数、消費カロリーを計測でき、アプリ上で数値化された活動量の確認も可能だ。 将来的には、Riiiverアプリのみでの使用にも対応していくという。 大石氏は「Riiiverを発表して以来、なぜシチズンがスマートウォッチを、というご質問を数多くいただいた。 私たちは腕時計を通じたモノの価値だけでなく体験されるユーザーの方のコトの価値にも重きをおいている。 Riiiverはコトの価値に重きをおき、使われるユーザーやライフスタイルに合わせた機能を実装できるようなプラットフォームを目指している」とした。

次の