あおり運転 特定。 あおり運転の事故対策(罰則・免停・警察通報)|チューリッヒ

【BMW煽り運転】ガラケー女として特定されデマを流された女性、法的措置へ!!!ツイカスさん、訴えられるwww

あおり運転 特定

それなりの頻度で報道され、世間を騒がせ続ける あおり運転。 昨今では対策への意識も高まり、車やバイクにドライブレコーダーを搭載したという方も多いのでは。 そしてあおり運転への対処方法が広まると共にちらほら見かけるようになったのが、新手の「 逆あおり運転」なるもの。 異常な低速で前方に立ちふさがり続けるスタイルの迷惑運転である。 高速で後ろから追い立てるのが駄目なら、超低速で道路をふさいでやろうという考えだろうか? 救いようのないレベルで頭がどうかしてるだろう。 とりあえず遭遇してしまったらどうすべきなのか専門の機関に聞いてみたぞ! ・110番してね 質問した先は警視庁。 なぜ警視庁なのかというと、筆者の主な活動エリアが都内だから。 ゆえに記事内でお伝えする回答も、あくまで 警視庁が管轄する東京都内での話だという前提で受け取っていただきたい。 他の県の方針は、それぞれのエリアを管轄する警察機構次第である。 ということで、都内の最低速度に制限のない一般道路上や、首都高速道路上にて「逆あおり運転」に遭遇した場合、目撃者や煽られている側の当事者はどのように行動すべきなんでしょうか? 警視庁「いわゆる「あおり運転」等に遭遇した場合は、安全な場所に避難して、ためらうことなく110番通報をしてください」 ・「逆あおり運転」という区別 これだけでは伝わりにくい点もあると思うので補足しておこう。 どうやら警視庁としてはそもそも「逆あおり運転」という区別が無いようなのだ。 実はもう一つ、「逆あおり運転」に対する対応の方針について、もしあるのであればどの様なものなのか……的な質問もした筆者。 それに対する答えは「 警視庁といたしましても、いわゆる【あおり運転】等の悪質・危険な運転に対しては、厳正に対処してまいります」というものだった。 回答に「逆あおり運転」という言葉すら出てこないということで、警視庁として「逆あおり運転」と「あおり運転」の間に 特別な区別は無いという認識で問題ないだろう。 まあそのような明確な発言があったわけではないが、そう受け取るのが通常だと思う。 そして何であれ通報さえあれば必ず警察官が来るそうなので、とにかく一般的な呼称としての「逆あおり運転」に遭遇したとしても、「あおり運転を受けています」と 110番通報すればいいということなのだろう。 ぶっちゃけ言われてみればその通りである。 そもそも「あおり運転」とは特定の車に対して嫌がらせを行う異常な運転の総称。 確かに逆もクソも無かったですね。 ・安全的な意味でも 仮に検挙やら逮捕してもらいたいということで通報しても、最低速度制限が無い道路においてはどうなるか何とも言えないのは確か。 もしかしたら世の中には、逮捕や検挙につながらないなら通報しても無駄と感じる人もいるかもしれない。 そこは通報して得られるメリットに注目することを提案したい。 これは筆者の個人的な見解だが、高速だろうと低速だろうと、そもそも「あおり運転」をする時点で 運転席にいるのは正常な思考を持たない人物である可能性が高い。 そういう人物の相手を直接するのはリスクが高いと思うが、警察が駆け付けたら 身の安全だけでもそれなりに確保されるだろう。 「逆あおり運転」を受けてイラっとして追い抜いたところ、「煽られた!」などと逆に訴えるような「当たり屋」じみたムーヴを狙っている輩もいるかもしれないしな。 ということで都内の皆さん、逆だろうと何だろうと「あおり運転」を受けたら安全な場所から110番しましょう。 なんだかとても常識的な結論ですが、これが真理ですね。 きっと他県も同様な気がするけど、そちらについては未確認なので。 Report: Photo:RocketNews24.

次の

あおり運転の事故対策(罰則・免停・警察通報)|チューリッヒ

あおり運転 特定

名古屋市中川区広田町で食品会社役員があおり運転逮捕 【暴行の疑い】「お前絶対捕まえる」と蛇行運転・幅寄せ・暴行か、54歳会社役員を逮捕 愛知 被害に遭った男性が署に被害を申告。 ドライブレコーダーの映像などから、役員を特定した。 — ライブドアニュース livedoornews この件について、読売新聞などは以下のように報じています。 「あおり運転」をしたなどとして、愛知県警北署は12日、名古屋市中川区広田町、食品会社役員(54)を暴行の疑いで逮捕した。 発表によると、役員は4月7日午前11時35分頃、同市北区の市道で乗用車を運転し、同区の自営業男性(45)の乗用車に対し、約1・3キロにわたって「お前絶対捕まえる」などと、どなり声をあげながら蛇行運転や幅寄せを繰り返した上、男性の車を停車させてドアを開けさせた後、ドアを力強く閉めて男性の右肘に当てるなどの暴行を加えた疑い。 男性が同日中に北署に被害を申告。 ドライブレコーダーの映像などから、役員を特定した。 報道にある通り、事件があったのは名古屋市北区の市道。 具体的な場所は報じられていませんが、被害男性の証言などから非常に悪質な行為を行っていたことが分かります。 読売新聞などでは実名が報じられなかったことから、ネットではこの人物が誰なのか?と大きな話題になりました。

次の

金村竜一で特定!?モザイク無し流出?逮捕?常磐道あおり犯人

あおり運転 特定

「Getty Images」より 10日早朝に茨城県・常磐自動車道で起きたあおり運転事件。 被害者男性のドライブレコーダーには、その一部始終が映っていた。 前を走る白の高級SUVがおよそ5分間にもわたって煽り続け、「降りてこい」「殺すぞ」などと叫んで後続の被害者の車を無理やり停車させた。 さらに、SUVから降りてきた男が被害者男性を窓越しに殴打。 顔面を計5発も殴られた被害者男性は流血していた。 14日放送の『羽鳥慎一モーニングショー』(テレビ朝日系)では、このショッキングなドラレコ映像を放送。 白のSUVは、神奈川県内の販売店から最低3週間は貸し出されていた「試乗車」であり、これまでにも静岡県内、愛知県内でもあおり運転を繰り返していた可能性が高いと伝えた。 被害者男性はすでに被害届を提出しており、茨木県警が捜査を進めているという。 番組で羽鳥慎一アナウンサーが「車のトラブルですから『あおり運転』というくくりにはしましたけど、傷害事件ですね」とコメントしていたとおり、犯人の行為はかなり悪質かつ危険だ。 犯人の早期逮捕と事件解決が望まれることは間違いないだろう。 ネットの匿名掲示板にはSUVの車両ナンバーや犯人の名前を書き込む者が現れ、SNSなどを通して流布されている。 世間の関心の高い事件を素早くまとめて閲覧数と広告収入を稼ぐ「トレンドブログ」のなかには、こうした真偽不明な情報をあたかも真実であるかのように拡散させているものもある。 出どころの分からないネット上の情報はどれも信ぴょう性が低く、デマが含まれている可能性も大いにある。 そうした情報をむやみに信じて拡散させたり、誹謗中傷に加担しないでほしい。 「東名煽り運転事故」ではデマ情報書き込みで書類送検 「あおり運転」が社会問題化するきっかけとなったのは、2017年6月に起こった神奈川県の東名高速道路で起こった「東名あおり運転事故」であった。 この事故では、家族4人が乗ったワゴン車が前を走る車にあおり運転を受けて無理やり停車させられ、後続のトラックが追突。 当時高校1年生の長女と小学6年生の次女は軽傷を負い、夫婦2名が亡くなるという痛ましい事故だった。 あおり運転を行った石橋和歩被告は昨年12月、自動車運転処罰法違反(危険運転致死傷)などの罪に問われ、懲役18年の判決を受けている。 ただし、「刑が軽すぎる」という声もあり、「あおり運転」の量刑について議論が続いている。

次の