シェーグレン 症候群 寿命。 シェーグレン症候群における長寿命形質細胞―唾液腺の生存ニッチか

シェーグレン症候群の頭痛・関節痛について~原因と対処法~

シェーグレン 症候群 寿命

シェーグレン症候群 シェーグレン症候群は涙や唾液を作りだしている涙腺、唾液腺などの外分泌腺に慢性的に炎症が生じ、涙や唾液の分泌が低下、乾燥症状を呈する自己免疫性疾患です。 男女比は1:14で女性に多く、発症年齢は50歳代にピークがありますが、子供からお年寄りまでさまざまな年齢で発症します。 シェーグレン症候群は単独で発症する原発性シェーグレン症候群と、他の膠原病に合併して発病する二次性シェーグレン症候群があります。 二次性シェーグレン症候群は、関節リウマチや全身性エリテマトーデス、強皮症、多発性筋炎・皮膚筋炎などに起こります。 症状 シェーグレン症候群の症状には、腺症状と腺外症状の二つがあります。 腺症状はドライアイやドライマウスをはじめとする乾燥症状です。 ドライアイの症状として、目がごろごろする、目が疲れやすい、まぶしく感じるなどがあり、ひどくなると角膜に傷がついて乾燥性角結膜炎や、表層性角膜びらんなどがおこります。 ドライマウスの症状は、口が乾く、クラッカーやパンなどの「ぱさぱさしたもの」が食べにくい、食事中に水分を多くとる、長く話すと声がかれる、などがあります。 唾液が少なくなるため、虫歯になりやすく、味覚障害が生じることがあります。 腺外症状は、唾液腺、涙腺以外の臓器の症状で、倦怠感や関節痛といった全身症状や、間質性肺炎、腎炎、神経症状、紫斑、紅斑などです。 治療 治療は腺症状(ドライアイ・ドライマウス)に対しては、涙や唾液を補充する対症療法が主体です。 その他、ドライアイ眼鏡の着用や、涙の出口である涙点をふさいで涙の排出を抑える方法もあります(涙点プラグ、涙点縫合)。 これらのお薬の効果には個人差があり、消化器症状や発汗などの副作用もみられるため、症状をみながら使用します。 腺外症状に対しては、それぞれの臓器の症状に応じた治療が選択されます。 日常生活上の注意 シェーグレン症候群は慢性に経過する疾患なので、日常生活に注意することが重要です。 乾燥性角結膜炎の早期発見や虫歯の予防のために、定期的に眼科や歯科を受診しましょう。 普段からパソコンなどのOA機器の使用で眼を酷使することや、直射日光、エアコン、低湿度、煙・埃の多い環境を避けるようにしましょう。 虫歯や歯周病の予防のため、砂糖を含む食事をできるだけ減らし、乾燥食品、香辛料、アルコール飲料の摂取は控え、食事の温度を工夫しましょう。 口腔内環境の改善のために、禁煙は特に重要です。 またストレスをためないようにしましょう。 普段飲んでいるお薬の中には、副作用として口の渇きが起こるものもありますので、主治医や薬剤師さんに聞いてみましょう。 文責 市川奈緒美 2015年6月1日改筆.

次の

シューグレン症候群とは・症状・治療法・寿命

シェーグレン 症候群 寿命

【 シェーグレン症候群の症状】 シェーグレン症候群の特徴的な症状はドライアイとドライマウスです。 目が乾燥すると目がゴロゴロしたり、疲れやすくなったり、眩しく感じたりします。 唾液の分泌が不足して口の中が乾燥すると、ものが飲み込みにくくなったり、味覚が鈍くなったり、虫歯になりやすくなったりします。 また、鼻腔や皮膚など身体の様々なぶいの乾燥症状や、倦怠感、疲れやすさ、食欲不振、関節痛などの症状もみられます。 自己抗体以外の要因としては、遺伝的因子や環境因子、性ホルモンの影響などにもよることがあります。 【 シェーグレン症候群の検査と診断】 シェーグレン症候群は厚生労働省による診断基準の4項目のうち2項目以上が当てはまれば診断されます。 検査方法には下まぶたにろ紙をはさみ、涙の分泌量をみることで眼乾燥を検査するシルマーテストやガムをかんで唾液の分泌量をみることで口腔乾燥を検査するガムテスト、血液を検査して血液中に特有の抗体が存在しているかを調べる血液検査があります。 【 シェーグレン症候群の治療方法】 シェーグレン症候群の根本的な治療法は無く、対象療法となります。 唾液の分泌障害に対して、破壊された程度により、分泌機能が残っている例には分泌を亢進させる為、薬剤投与が行われます。 また涙の減少に対しては点眼薬が使用されます。 薬剤等の効果が得られない場合、人工唾液という唾液の代わりになる液体の口腔内噴霧が使用されます。 また合併症で唾液腺炎が生じた場合も、抗生剤の投与も必要となります。

次の

シェーグレン症候群とは?初期症状や寿命は?過去には芸能人も...

シェーグレン 症候群 寿命

シェーグレン症候群は、医師シェーグレンにより発見され命名された疾患です。 過去には、 芸能人の「菊池桃子」さんも自身がシェーグレン症候群を患っていることを自己告発したことがあります。 膠原病の一種とされており、全身性エリテマトーデス(SLE)、全身性硬化症(PSS)、皮膚筋炎(DM)、関節リウマチ(RA)、リウマチ熱(RF)、結節性多発性動脈炎(PN)の古典的膠原病の 類縁疾患として数えられています。 厚生労働省研究班のデータによると、その 有病率は10万人に対して約15人と言われていますが、潜在的な患者さんを含めると、この数よりも多いことが推測されています。 男女比においては、 1対14と圧倒的に女性に多く、発症のピークは40-60代となっています。 今回は、シェーグレン症候群の原因や初期症状、寿命などについて調べてみました。 シェーグレン症候群とは? シェーグレン症候群とは、1933年にスウェーデンの眼科医ヘンリック・シェーグレンの発表した論文にちなんでその名前がつけられた疾患です。 膠原病の中でも、類縁疾患として扱われていおり、 難病指定疾患にも指定されているため、医療費の補助を受けられます。 何らかの原因によって免疫の異常が生じることによって、蛋白質を抗原として認識して自己抗体やリンパ球により自らを攻撃してしまう病態です。 簡単に言うと、 本来は自分を守るための免疫が、自分を攻撃してしまうということです。 その中でもシャーグレン症候群は、 唾液腺や 涙腺などの組織を選択的に破壊します。 最終的には、 腺房の破壊や萎縮を認めます。 (初期)症状は何? シェーグレン症候群は、 唾液腺や涙腺などの組織破壊により生じる症状が主症状となりますが、その他にも多彩な症状を呈します。 初期症状として生じる症状は、主に 目や口の症状が主となります。 【目に生じる症状】 ・目が乾燥する ・涙が出ない ・目がゴロゴロする ・目が疲れる etc 【口に生じる症状】 ・口が渇く ・唾液が出ない ・味覚が鈍る ・虫歯が増える etc 【全身症状】 ・息切れ ・疲労感や倦怠感 ・関節の痛み ・脱毛 ・微熱の持続 ・レイノー現象 ・頭痛 ・めまい ・うつ etc などが生じます。 症状だけでは、リウマチなどの他の膠原病との区別がつきにくく、この中でもドライアイや、ドライマウスなどの本疾患に特徴的な症状を診断します。 寿命は変わる? シェーグレン症候群自体が寿命を縮めるようなことはありません。 また、シェーグレン症候群の症状によって二次的に生じる疾患も命に関わるような重篤なものは少ないです。 ただし、ごく稀にですが、 「間質性肺炎」を併発する可能性があります。 5年生存率が84%と高いと言われていますが、100%ではないだけに重症な疾患とも言えるでしょう。 あまり馴染みのない疾患かもしれませんが、 難病に指定されるように根治的な治療法がないのが現状です。 ドライアイやドライマウスなど、一見軽微なものと思いがちですが、 当事者にとっては 非常に辛い症状であるのは間違いありません。 もしこのような症状に気づいた場合は、リウマチ科の専門医、とくに内科系リウマチ専門医などの診断を受けると良いそうです。

次の