エクセル 曜日。 Excel(エクセル)で曜日に応じて色付けする方法2種類|条件付き書式を活用する

【Excel】日付に曜日も入れて表示したい!エクセルで入力したデータを思いどおりに表示するテク

エクセル 曜日

Introduction Excel(エクセル)で、日付に対する曜日を返すWEEKDAY関数を紹介します。 日付の場所を参照して、その日付の曜日を出してくれます。 もし、 単純に日付の表示を曜日に変更したい場合は、 表示形式を変更するだけで対応できます。 をご覧ください。 エクセルの他の機能や関数と組み合わせて使用する時、このWEEKDAY関数は力を発揮します。 WEEKDAY関数・・・日付に対する曜日を返す(シリアル値を返す) WEEKDAY(シリアル値,種類[省略可])• シリアル値・・・検索する日付の場所を指定• シリアル値に関しては、をご覧ください。 【ポイント】 結果を「〇曜日」とは表示してくれません。 「0~7」までの数値で結果は返されます。 [種類]の場所を省略した場合、もしくは「1」を入力した場合は、週に応じて下のような数字が返されます。 1 日曜日 2 月曜日 3 火曜日 4 水曜日 5 木曜日 6 金曜日 7 土曜日 ほとんどの場合、[種類]の場所は省略して使用することが多いと思いますが、一応それ以外の数値を入力した場合の例は下のようになります。 2・・・1(月曜)~7(日曜)• 3・・・0(月曜)~6(日曜)• 11・・・1(月曜)~7(日曜)• 12・・・1(火曜)~7(月曜)• 13・・・1(水曜)~7(火曜)• 14・・・1(木曜)~7(水曜)• 15・・・1(金曜)~7(木曜)• 16・・・1(土曜)~7(金曜)• 17・・・1(日曜)~7(土曜) WEEKDAY関数の使い方 では、下の場所に「B3」の曜日を表示してみます。 「C3」をクリックして、 [関数の挿入]ボタン。 WEEKDAY関数は下の方にあります。 [シリアル値]には、 「B3」をクリックで指定して、[種類]の場所は 空欄のままにしましょう。 入力する場合は「1」と入力。 [OK]をクリックすると、結果が「3」と表示されます。 さて、「3」とは何曜日でしょう。 [種類]の場所を、空欄もしくは「1」にすると下のように設定されるのでした。 1 日曜日 2 月曜日 3 火曜日 4 水曜日 5 木曜日 6 金曜日 7 土曜日 「3」は火曜日ですね。 数字を曜日に変更する方法 確かに曜日には変更できたのですが、「3」という数字のままでは困りますね。 これを曜日の表示に変更するやり方を2つに分けて紹介します。 表示形式で曜日に変更する 最初のやり方は、関数を使用せずに表示形式を使用する方法です。 データの中身ではなく、 見た目だけを「表示形式」機能の「ユーザー定義」設定を使用して変更します。 【注意】 WEEKDAY関数の[種類]に、空欄もしくは「1」を指定していないと正しく表示されません。 場所が分かり難いので注意しましょう。 [OK]をクリックすれば、 表示形式(見た目)が「3」から「火曜日」に変更されます。 この表示形式は、入力する文字によって見た目を様々な種類に変更ができます。 下を参考にしてください。 分類 記号 使い方 結果 曜日 ddd 曜日を省略英語で表示する Tue dddd 曜日を英語で表示する Tuesday aaa 曜日を省略和名で表示する 火 aaaa 曜日を和名で表示する 火曜日 関数で曜日に変更する 次は、関数を使用して表示を曜日に変更する方法です。 1~7までの数字を、それぞれ日曜日~土曜日に対応させれば良いので、様々な関数で対応できそうですね。 今回はIF関数と、CHOOSE関数と、TEXT関数を使用してみます。 IF関数を使用した例 IF関数・・・論理式に応じて、結果を2つに分岐することができる IF(論理式,真の場合,偽の場合)• 論理式・・・条件式(論理式)を作成• 真の場合・・・条件式を満たしている場合に欲しい結果を入力• 偽の場合・・・条件式を満たしていない場合に欲しい結果を入力 エクセルを使い始めた方にとっては一番馴染みのある関数ですね。 このIF関数を下の表で使用すると、下のような長い式になってしまいます。 さすがに長すぎますね。 普段IF関数を使用していれば、仕組みが分かり易いという意味では良いのですが、 おすすめはできません。 CHOOSE関数を使用した例 CHOOSE関数・・・指定した数字に応じて、[値]引数の内容を取り出してくれる CHOOSE(インデックス,値1,[値2],…)• インデックス・・・数字を指定(1~254) 数式やセル参照など• すっきりしますね。 WEEKDAY関数で設定される数値に対応して曜日を入力する感じです。 曜日の表示名をオリジナルにしたい場合や、どうしてもデータとして曜日名が欲しい場合には役立ちます。 TEXT関数を使用した例 TEXT関数・・・表示形式を指定して、数値に書式設定を適用することができる TEXT(値,表示形式)• 値・・・表示形式を変更する値(場所)を指定• 表示形式・・・書式設定を指定(設定はダブルクォーテーションで囲む) 最後にTEXT関数を使用した例です。 この方法では、最初に説明した表示形式を関数で行うことになります。 まとめ 最初にも書きましたが、曜日の表示が欲しいだけであれば、をご覧ください。 このWEEKDAY関数は、条件付き書式機能と組み合わせて使用する時などに便利に活用できます。 また、特別な理由が無ければ、 表示形式で曜日の表示にするやり方が良いと思います。 後で見た目を英語表記などに変更できるのも魅力です。 関数を使用して曜日を表示する場合も、関数の種類を用途に応じて使い分けたいですね。

次の

Excel(エクセル)で曜日に応じて色付けする方法2種類|条件付き書式を活用する

エクセル 曜日

Introduction Excel(エクセル)で、日付に対する曜日を返すWEEKDAY関数を紹介します。 日付の場所を参照して、その日付の曜日を出してくれます。 もし、 単純に日付の表示を曜日に変更したい場合は、 表示形式を変更するだけで対応できます。 をご覧ください。 エクセルの他の機能や関数と組み合わせて使用する時、このWEEKDAY関数は力を発揮します。 WEEKDAY関数・・・日付に対する曜日を返す(シリアル値を返す) WEEKDAY(シリアル値,種類[省略可])• シリアル値・・・検索する日付の場所を指定• シリアル値に関しては、をご覧ください。 【ポイント】 結果を「〇曜日」とは表示してくれません。 「0~7」までの数値で結果は返されます。 [種類]の場所を省略した場合、もしくは「1」を入力した場合は、週に応じて下のような数字が返されます。 1 日曜日 2 月曜日 3 火曜日 4 水曜日 5 木曜日 6 金曜日 7 土曜日 ほとんどの場合、[種類]の場所は省略して使用することが多いと思いますが、一応それ以外の数値を入力した場合の例は下のようになります。 2・・・1(月曜)~7(日曜)• 3・・・0(月曜)~6(日曜)• 11・・・1(月曜)~7(日曜)• 12・・・1(火曜)~7(月曜)• 13・・・1(水曜)~7(火曜)• 14・・・1(木曜)~7(水曜)• 15・・・1(金曜)~7(木曜)• 16・・・1(土曜)~7(金曜)• 17・・・1(日曜)~7(土曜) WEEKDAY関数の使い方 では、下の場所に「B3」の曜日を表示してみます。 「C3」をクリックして、 [関数の挿入]ボタン。 WEEKDAY関数は下の方にあります。 [シリアル値]には、 「B3」をクリックで指定して、[種類]の場所は 空欄のままにしましょう。 入力する場合は「1」と入力。 [OK]をクリックすると、結果が「3」と表示されます。 さて、「3」とは何曜日でしょう。 [種類]の場所を、空欄もしくは「1」にすると下のように設定されるのでした。 1 日曜日 2 月曜日 3 火曜日 4 水曜日 5 木曜日 6 金曜日 7 土曜日 「3」は火曜日ですね。 数字を曜日に変更する方法 確かに曜日には変更できたのですが、「3」という数字のままでは困りますね。 これを曜日の表示に変更するやり方を2つに分けて紹介します。 表示形式で曜日に変更する 最初のやり方は、関数を使用せずに表示形式を使用する方法です。 データの中身ではなく、 見た目だけを「表示形式」機能の「ユーザー定義」設定を使用して変更します。 【注意】 WEEKDAY関数の[種類]に、空欄もしくは「1」を指定していないと正しく表示されません。 場所が分かり難いので注意しましょう。 [OK]をクリックすれば、 表示形式(見た目)が「3」から「火曜日」に変更されます。 この表示形式は、入力する文字によって見た目を様々な種類に変更ができます。 下を参考にしてください。 分類 記号 使い方 結果 曜日 ddd 曜日を省略英語で表示する Tue dddd 曜日を英語で表示する Tuesday aaa 曜日を省略和名で表示する 火 aaaa 曜日を和名で表示する 火曜日 関数で曜日に変更する 次は、関数を使用して表示を曜日に変更する方法です。 1~7までの数字を、それぞれ日曜日~土曜日に対応させれば良いので、様々な関数で対応できそうですね。 今回はIF関数と、CHOOSE関数と、TEXT関数を使用してみます。 IF関数を使用した例 IF関数・・・論理式に応じて、結果を2つに分岐することができる IF(論理式,真の場合,偽の場合)• 論理式・・・条件式(論理式)を作成• 真の場合・・・条件式を満たしている場合に欲しい結果を入力• 偽の場合・・・条件式を満たしていない場合に欲しい結果を入力 エクセルを使い始めた方にとっては一番馴染みのある関数ですね。 このIF関数を下の表で使用すると、下のような長い式になってしまいます。 さすがに長すぎますね。 普段IF関数を使用していれば、仕組みが分かり易いという意味では良いのですが、 おすすめはできません。 CHOOSE関数を使用した例 CHOOSE関数・・・指定した数字に応じて、[値]引数の内容を取り出してくれる CHOOSE(インデックス,値1,[値2],…)• インデックス・・・数字を指定(1~254) 数式やセル参照など• すっきりしますね。 WEEKDAY関数で設定される数値に対応して曜日を入力する感じです。 曜日の表示名をオリジナルにしたい場合や、どうしてもデータとして曜日名が欲しい場合には役立ちます。 TEXT関数を使用した例 TEXT関数・・・表示形式を指定して、数値に書式設定を適用することができる TEXT(値,表示形式)• 値・・・表示形式を変更する値(場所)を指定• 表示形式・・・書式設定を指定(設定はダブルクォーテーションで囲む) 最後にTEXT関数を使用した例です。 この方法では、最初に説明した表示形式を関数で行うことになります。 まとめ 最初にも書きましたが、曜日の表示が欲しいだけであれば、をご覧ください。 このWEEKDAY関数は、条件付き書式機能と組み合わせて使用する時などに便利に活用できます。 また、特別な理由が無ければ、 表示形式で曜日の表示にするやり方が良いと思います。 後で見た目を英語表記などに変更できるのも魅力です。 関数を使用して曜日を表示する場合も、関数の種類を用途に応じて使い分けたいですね。

次の

Excel(エクセル)で曜日に応じて色付けする方法2種類|条件付き書式を活用する

エクセル 曜日

こんばんは! 直接の回答にはならないと思いますが・・・ 一例です。 それとは別にその月の「1日」のシリアル値のセルも作ります。 尚、もう少し発展させれば祝日等の表示も可能になります。 この程度ですが参考になれば幸いです。 (セルA1とします) 2.第1週の1日目は、A1の値-1日分、その月の1日より前になり、後は同じことの繰り返しです。 3.第1週の2日目は1日目の値に+1日、あとはその繰り返しです。 カレンダーは最大6週間必要ですが、隣のセル+1の繰り返しで大丈夫、Excelはちゃんと「月日」を間違えず計算します。 ここで条件付き書式を使い、そのセルの「月」が表全体の「月」と違っていれば「フォントを白にする」と、その月以外の「日付」は見えなくなります。 Q MS Office 2007 Excel でカレンダー表を作成しています。 とあるサイトで以下の数式を当てはめると自動でカレンダーの日にち表記できるとあり、試してみました。 どうも元の式はA列に固定した式だった為にうまくいかないことは分かりました。 そこで、月を入力するセルが変わっても、曜日に沿った日にちが表示される数式を教えて欲しいです。 また前後月の日にちはIF関数で非表示になる形が望ましいです(場合によっては、前後月の日付が必要になってしまう事も考えられるので)。 うまくいくか分かりませんが、よろしくお願いします。 MS Office 2007 Excel でカレンダー表を作成しています。 とあるサイトで以下の数式を当てはめると自動でカレンダーの日にち表記できるとあり、試してみました。 Q 初めて質問させていただきます。 Excelファイルで毎月お客様に送付状を作成しており、その送付状内に次月作業日程(何月何日何曜日)を載せて送付しております。 弊社は基本的に第1水曜日など曜日で定期日程を組んでいるお客様が多い状態です。 現在カレンダーと睨めっこしながら手入力しておりますが、自動表示したいです。 例えば、今月2012年10月の送付状を作る時、来月の日程が第一土曜日の場合。 と入力すると、11月10日と第二土曜日が入力されてしまいます。 この部分を11月3日と表記されるように数式を入力したいのです。 何かいい方法はありませんでしょうか? 分かりにくい文章ですいません。 宜しくお願いします。 初めて質問させていただきます。 Excelファイルで毎月お客様に送付状を作成しており、その送付状内に次月作業日程(何月何日何曜日)を載せて送付しております。 弊社は基本的に第1水曜日など曜日で定期日程を組んでいるお客様が多い状態です。 現在カレンダーと睨めっこしながら手入力しておりますが、自動表示したいです。 A ベストアンサー 質問の式を使うのはやめます。 これ、全部一般的にうまくいくように関数で表現するのは、面倒です。 たとえば、5週目の曜日はうまく出ない。 これを避けるのはできないこともないが、関数でやるのは生産的ではないでしょう。 で、第4週分、28曜日 4週目土曜日 までを出すことにして、それ以上は、保証しないとすれば、次式ではどうでしょう。 どこでも適当に決めるか、直接曜日を表す数値を入れても構わないが、4つありますね。 第1週 1~7 第2週 8~14 第3週 15~21 第4週 22~28 第5週 29~ やめといたほうがいい A ベストアンサー こんばんは。 入力したセルの値を合計とかでなくて、 純粋に別のシートに自動的に表示したいのであれば、 以下の方法があります。 C1」と表示され、値が自動的に 表示されるようになります。 2.1列全てコピーしたい場合。 コピー&リンク貼り付けを使うと便利です。 そして出てきた小さな画面の左下にある「リンク貼り付け」という ボタンをクリックすると完成です。 試してみてください。。 念のためにリンク貼り付けを図解しているURLを載せておきます。 参考にしてみてくださいね。。 geocities. htm こんばんは。 入力したセルの値を合計とかでなくて、 純粋に別のシートに自動的に表示したいのであれば、 以下の方法があります。 C1」と表示され、値が自動的に 表示されるようになります。 2.1列全てコピーしたい場合。 A ベストアンサー 同じ質問が結構よく出てますが、そんなに初歩的でもありません 別シートのA1セルに「100円」と入力し、そのシートの任意のセルに以下の式を貼り付けて下さい。 後は、下方向、右方向にコピー。 A:A,LARGE INDEX Sheet1! foo-mさんがVBAをお使いになるなら、以下のサンプルをいじってみてください。 このサンプルはC4セルがクリックされたときにカレンダーコントロールを表示して、日付を選んだらその日付をC4に書き込み、カレンダーコントロールを閉じるマクロです。 Value ActiveSheet. Calendar1. Calendar1.

次の