安倍 総理 星野 源。 安倍晋三が星野源を政治利用?動画を投稿した星野源の本当の思いとは?

星野源「うちで踊ろう」安倍総理が政治利用?批判殺到の理由まとめ

安倍 総理 星野 源

音楽家・俳優・文筆家と多方面で活躍する星野源が制作した「うちで踊ろう」を使用して外出自粛を呼びかけたことが、多くの人々の反感を買ったのである。 「音楽の政治利用」「便乗」といった批判にくわえて、星野と同業のアーティストを中心に、音楽業界などからはさらに激しい憤りの声が上がっている。 それはなぜなのか。 少し長い前置きになるが、ことの経緯をあらためて確認しておきたい。 星野源は4月2日深夜、「こんな曲ができました」とつづり、自身のInstagramでギター弾き語りの新曲「うちで踊ろう」を公開。 キャプションには歌詞とともに「誰か、この動画に楽器の伴奏やコーラスやダンスを重ねてくれないかな?」と記し、フォロワーに参加を呼びかけた。 キャッチーなメロディにくわえて1分弱の短い楽曲であるという手軽さも手伝ったのだろう、「うちで踊ろう」は瞬く間に人口に膾炙していった。 ダンサーで歌手の三浦大知やお笑いタレントの渡辺直美といった星野源と親交の深い著名人から、国内外のミュージシャン、さらには美術家や格闘家、そして一般の人々までもがそれぞれのやり方でマッシュアップ動画を制作した。 そんな「うちで踊ろう」は多くの人々にささやかな楽しみをもたらしてきた。 いまや新型コロナウイルスの影響により各地のライヴハウスは休業を余儀なくされ、多くの音楽関係者が窮地に立たされている。 実際に、北海道・札幌市のライヴハウス「COLONY」は4月末での閉店を発表。 仕事がなくて収入が激減したと語るミュージシャンやカメラマン、ライターも数多い。 だが国は緊急事態宣言を発令し自粛を要請する一方で、休業補償に関しては否定的な態度をとり続けてきた。 各種給付金を検討しているというアナウンスはあるものの、音楽関係者や同じく経済的打撃を受けた事業者からしてみれば、国に見捨てられたと感じてしまうのもうなずける。 もちろん過酷な状況は経済的な問題だけではない。 コロナ禍でも通勤せざるを得ないインフラ業界や医療業界で働く人々も同様に苦しい立場に置かれている。 いずれにしても、そうしたさまざまな人々を「うちで踊ろう」は励ましてきたのである。 これでは国民感情を逆撫でするのも無理はない。 「音楽関係者を見捨てておきながら、音楽のささやかな楽しみには便乗するのか」という批判が相次いだ。 こうした事態を受けて星野源は、くだんの投稿に関して自身のInstagramで「これまで様々な動画をアップして下さっている沢山の皆さんと同じ様に、僕自身にも所属事務所にも事前連絡や確認は、事後も含めて一切ありません」とコメント。 しかし他のコラボ動画とは異なり、安倍首相の動画を紹介することはなかった。 その後、4月14日深夜に放送された『星野源のオールナイトニッポン』で彼は、「しんどいこととか苦しいことにどう対処するか。 僕がいつもやってきたのは『面白いものを見たり面白いことをする』ということです」と語り、「うちで踊ろう」の制作経緯を次のように説明している。 「家の中でも面白いと思えること。 見ているだけでも面白いし、自分が自分のやり方で参加できるんじゃないかと思えるようなこと。 そして外に出なければいけない人も、何がこんどは上がっているんだろう、今どんなコラボレーションが行われているんだろうと、1日の楽しみができるようなものが作れないかなと思って」 つまり「うちで踊ろう」は外出自粛を呼びかけるために制作されたのではなく、むしろ外出自粛によって娯楽が制限されるなか、家にいる人も外にいる人も日々のちょっとした楽しみを自分で見つけてほしい、そうした思いから制作されたのである。 さらに星野源は続ける。 「『僕らそれぞれの場所で重なり合うよ』という歌詞が入っているんですけど、この歌詞と、動画を重ねて自分でアップしていいという歌の仕組みがつながっている曲を作ったんですよね。 (中略)実際に歌ったり踊ったりするとわかると思うんですけど、本当に重なっている感覚になるんですよ。 それはよく見かける「みんなでひとつになろう」というスローガンとは対極にある、みんながバラバラでありながら同じ時間を共有するための手段だとも言える。 やはり一致団結を目指す自粛要請とは相容れないメッセージが込められている。 たとえば2009年に刊行された最初のエッセイ集『そして生活はつづく』(マガジンハウス刊)の中で彼は次のように書き記している。 〈集団と『ひとつ』になることを目指す。 それが、この日本の社会から生まれる、集団の基本的な『和』のしくみであると思う。 でも、やっぱりそれは少し窮屈だと思えてならない。 (中略)本当に優秀な集団というのは、おそらく『ひとつでいることを持続させることができる』人たちよりも、『全員が違うことを考えながら持続できる』人たちのことを言うんじゃないだろうか〉 翌2010年にリリースされたファースト・ソロ・アルバム『ばかのうた』には1曲目に「ばらばら」という歌がある。 そこでも彼は、世界はひとつではなく、重なり合ったとしてもバラバラであると歌っていた。 「星野源というポップスとアンダーグラウンドをつなぐ存在によるコラボレーション企画は、苦しい状況の中でのささやかな営みとして、これからの僕たちの活動へと希望を届けてくれました。 けれども安倍首相が政治利用したことで、ひと時の希望の雰囲気や楽しい空気はぶち壊しです。 その証拠に今回投稿されたビデオでは、コラボレーションではなく単なるBGMとしてしか『うちで踊ろう』を使用していません」と憤りをみせた。 続けて音楽関係者に向けて次のように語った。 「政治は何の躊躇もなく僕たちの領域に入り込んで音楽を搾取していくんですよ。 音楽や表現で政治に勝つことはできないけれども、猛反発することはできる。 だから日本でもミュージシャンが音楽の政治利用に対して声をあげ、むしろこっちから政治の領域に土足で上がっていくような図太さや強さを持つようになってほしい。 ミュージシャンもリスナーも、音楽と政治は無関係だと考えていると知らぬ間に都合よく利用されてしまうのかもしれない。 その意味で星野源の今後の言動に注目する人々も多いに違いない。

次の

星野源は安倍首相に「政治利用」されたのか? 音楽と政治を「分離」したがる日本人の病理とは(川崎大助)

安倍 総理 星野 源

この投稿に対して、「休業補償もなく、休業要請された人はこんなに心にゆとりのある時間が持てるでしょうか?」「窮地に立たされてる国民の気持ちを逆撫でするような投稿はやめていただきたい」といった批判が殺到している。 これは、当然の反応だと思う。 緊急事態宣言を受けて休業を余儀なくされたが、補償がなく、今月の家賃や光熱費をどう工面しようと思い悩んでいる人、あるいは勤務先の売り上げが激減して、リストラの不安にさいなまれ、失業するのでないかと危惧している人からすれば、安倍首相の神経が理解できないだろう。 (1)危機感の乏しさ (2)現実否認 (3)現状認識の甘さ (4)自覚の欠如 (5)想像力の欠如 まず、信じられないほど危機感が乏しい。 これは、目の前の現実をきちんと見ようとしないからであり、必然的に現状認識が甘くなる。 その結果、対応がすべて後手に回っている。 また、国家の指導者としての自覚が欠如しており、何をしなければならないかも、何をしてはいけないかもわかっていない。 最も深刻なのは想像力の欠如であり、自分の言動が国民の反感と怒りをかき立てることを想像できない。 厄介なことに、悪気があるわけではなく、むしろ国民のためになると思っているふしがあり、かなりズレている。 それが一番怖い。 安倍首相は典型的な 「アントワネット症候群」のように見えるが、妻の昭恵夫人も同様であり、この2人は「似た者夫婦」もしくは「割れ鍋にとじ蓋」の夫婦といえる。 ルイ16世とマリー・アントワネットの夫婦も、2人とも5つの特徴を併せ持っていた。 そのせいで国民の反感と怒りを買い、結局ギロチンにかけられた。 安倍首相と昭恵夫人も、国民の気持ちを逆撫でするようなことを繰り返していると、さすがに断頭台に送られることはないにせよ、いずれ権力の座から引きずりおろされるのではないかと懸念する。 おそらく側近はイエスマンか忖度の達人ばかりで、安倍首相の自尊心を傷つけるようなことは誰も言わないのだろう。

次の

(画像)星野源インスタで安倍晋三Twitterにブチ切れ!「連絡一切なし」総理を「さん」呼ばわり 拡散歓迎

安倍 総理 星野 源

音楽家・俳優・文筆家と多方面で活躍する星野源が制作した「うちで踊ろう」を使用して外出自粛を呼びかけたことが、多くの人々の反感を買ったのである。 「音楽の政治利用」「便乗」といった批判にくわえて、星野と同業のアーティストを中心に、音楽業界などからはさらに激しい憤りの声が上がっている。 それはなぜなのか。 少し長い前置きになるが、ことの経緯をあらためて確認しておきたい。 星野源は4月2日深夜、「こんな曲ができました」とつづり、自身のInstagramでギター弾き語りの新曲「うちで踊ろう」を公開。 キャプションには歌詞とともに「誰か、この動画に楽器の伴奏やコーラスやダンスを重ねてくれないかな?」と記し、フォロワーに参加を呼びかけた。 キャッチーなメロディにくわえて1分弱の短い楽曲であるという手軽さも手伝ったのだろう、「うちで踊ろう」は瞬く間に人口に膾炙していった。 ダンサーで歌手の三浦大知やお笑いタレントの渡辺直美といった星野源と親交の深い著名人から、国内外のミュージシャン、さらには美術家や格闘家、そして一般の人々までもがそれぞれのやり方でマッシュアップ動画を制作した。 そんな「うちで踊ろう」は多くの人々にささやかな楽しみをもたらしてきた。 いまや新型コロナウイルスの影響により各地のライヴハウスは休業を余儀なくされ、多くの音楽関係者が窮地に立たされている。 実際に、北海道・札幌市のライヴハウス「COLONY」は4月末での閉店を発表。 仕事がなくて収入が激減したと語るミュージシャンやカメラマン、ライターも数多い。 だが国は緊急事態宣言を発令し自粛を要請する一方で、休業補償に関しては否定的な態度をとり続けてきた。 各種給付金を検討しているというアナウンスはあるものの、音楽関係者や同じく経済的打撃を受けた事業者からしてみれば、国に見捨てられたと感じてしまうのもうなずける。 もちろん過酷な状況は経済的な問題だけではない。 コロナ禍でも通勤せざるを得ないインフラ業界や医療業界で働く人々も同様に苦しい立場に置かれている。 いずれにしても、そうしたさまざまな人々を「うちで踊ろう」は励ましてきたのである。 これでは国民感情を逆撫でするのも無理はない。 「音楽関係者を見捨てておきながら、音楽のささやかな楽しみには便乗するのか」という批判が相次いだ。 こうした事態を受けて星野源は、くだんの投稿に関して自身のInstagramで「これまで様々な動画をアップして下さっている沢山の皆さんと同じ様に、僕自身にも所属事務所にも事前連絡や確認は、事後も含めて一切ありません」とコメント。 しかし他のコラボ動画とは異なり、安倍首相の動画を紹介することはなかった。 その後、4月14日深夜に放送された『星野源のオールナイトニッポン』で彼は、「しんどいこととか苦しいことにどう対処するか。 僕がいつもやってきたのは『面白いものを見たり面白いことをする』ということです」と語り、「うちで踊ろう」の制作経緯を次のように説明している。 「家の中でも面白いと思えること。 見ているだけでも面白いし、自分が自分のやり方で参加できるんじゃないかと思えるようなこと。 そして外に出なければいけない人も、何がこんどは上がっているんだろう、今どんなコラボレーションが行われているんだろうと、1日の楽しみができるようなものが作れないかなと思って」 つまり「うちで踊ろう」は外出自粛を呼びかけるために制作されたのではなく、むしろ外出自粛によって娯楽が制限されるなか、家にいる人も外にいる人も日々のちょっとした楽しみを自分で見つけてほしい、そうした思いから制作されたのである。 さらに星野源は続ける。 「『僕らそれぞれの場所で重なり合うよ』という歌詞が入っているんですけど、この歌詞と、動画を重ねて自分でアップしていいという歌の仕組みがつながっている曲を作ったんですよね。 (中略)実際に歌ったり踊ったりするとわかると思うんですけど、本当に重なっている感覚になるんですよ。 それはよく見かける「みんなでひとつになろう」というスローガンとは対極にある、みんながバラバラでありながら同じ時間を共有するための手段だとも言える。 やはり一致団結を目指す自粛要請とは相容れないメッセージが込められている。 たとえば2009年に刊行された最初のエッセイ集『そして生活はつづく』(マガジンハウス刊)の中で彼は次のように書き記している。 〈集団と『ひとつ』になることを目指す。 それが、この日本の社会から生まれる、集団の基本的な『和』のしくみであると思う。 でも、やっぱりそれは少し窮屈だと思えてならない。 (中略)本当に優秀な集団というのは、おそらく『ひとつでいることを持続させることができる』人たちよりも、『全員が違うことを考えながら持続できる』人たちのことを言うんじゃないだろうか〉 翌2010年にリリースされたファースト・ソロ・アルバム『ばかのうた』には1曲目に「ばらばら」という歌がある。 そこでも彼は、世界はひとつではなく、重なり合ったとしてもバラバラであると歌っていた。 「星野源というポップスとアンダーグラウンドをつなぐ存在によるコラボレーション企画は、苦しい状況の中でのささやかな営みとして、これからの僕たちの活動へと希望を届けてくれました。 けれども安倍首相が政治利用したことで、ひと時の希望の雰囲気や楽しい空気はぶち壊しです。 その証拠に今回投稿されたビデオでは、コラボレーションではなく単なるBGMとしてしか『うちで踊ろう』を使用していません」と憤りをみせた。 続けて音楽関係者に向けて次のように語った。 「政治は何の躊躇もなく僕たちの領域に入り込んで音楽を搾取していくんですよ。 音楽や表現で政治に勝つことはできないけれども、猛反発することはできる。 だから日本でもミュージシャンが音楽の政治利用に対して声をあげ、むしろこっちから政治の領域に土足で上がっていくような図太さや強さを持つようになってほしい。 ミュージシャンもリスナーも、音楽と政治は無関係だと考えていると知らぬ間に都合よく利用されてしまうのかもしれない。 その意味で星野源の今後の言動に注目する人々も多いに違いない。

次の