アプリxm。 【完ぺき】XM公式スマホアプリの使い方【使用感】

XM MT4 インストールとログイン方法

アプリxm

MetaTrader 4(通称MT4)は、外国為替証拠金取引に広く利用されている電子取引プラットフォームであり、ロシアのソフトウェア会社MetaQuotes Software Corpが開発したもので、現在では世界中500以上の金融業者および銀行に ライセンス提供されています。 2005年に発売開始されたMT4トレードソフトウェアは、その機能の使い易さのみならず、ユーザーが自身の取引の筋書きと取引ロボット(通常エキスパートアドバイザーと呼ばれる)を用いた自動取引をも簡単に利用できるため、個人投資家を中心に爆発的な人気を得ました。 取引並びにCFD商品取引(様々な金融商品に対する差金決済取引)において、 MetaTrader 4はオンライントレーダーや投資家にとって必要不可欠で馴染み深いものとなっています。 MT4は、グローバル市場へのアクセスを可能にする最も人気のあるオンライン取引プラットフォームであるだけでなく、外国為替証拠金取引のための最も効率的なソフトウェアであると位置づけられています(特に、個人のオンライントレーダーのために開発されています)。 オンライン(もしくは電子的な)取引プラットフォームは、金融仲介を行う(買手と売手の取引を実行することによって彼らの間の処理を簡素化する)金融機関(証券業者等)のネットワークを介して様々な金融商品の取引注文を出すために用いられるコンピュータベースのソフトウェアプログラムです。 オンライン投資家は取引プラットフォームが配信するライブ市場価格で取引をすることができ、更にこれらのプラットフォームが提供する取引口座管理、ライブニュース配信、チャートパッケージ等の追加の取引ツールを用いて見込み利益を拡大させ、エキスパートアドバイザーと呼ばれる取引ロボットを利用することも可能です。 通貨や普通株、債券、オプションなどの一連の金融商品の取引に用いられている今日のオンライン取引プラットフォームと比較して、最も初期に用いられていた同様のソフトウェアのバージョンはほとんど株式取引に限定されたものであったと言っても過言ではありません。 1970年代まで金融業者とその相手との金融取引はまだ手動で処理されており、トレーダーは世界的な金融市場に直接アクセスする手段を持たず、仲介業者を介する以外に方法はありませんでした。 少なくともこれらの処理の一部を実行するために電子取引プラットフォームが適用されるようになったのもこの時期でした。 そのような初代プラットフォームは、主に株式取引に使用され、顧客と金融業者が注文を出し、後で承認されるという形のRFQ(見積依頼)システムとして知られていました。 1970年代からは、価格のライブ配信を提供しないEトレーディングプラットフォームは、次第に価格のライブ配信やより高度な顧客ユーザーインターフェースとともに注文の即時約定に近いものを提供し、より高度なソフトウェアへと進化しました。 初代インターネットベースの外国為替取引(FX)は1996年に出現し、外国為替取引の開発は加速化し、顧客市場の拡大を可能にしました。 結果として、ウェブベースの外国為替証拠金取引は個人の顧客が世界市場にアクセスし、自らのパソコンから直接通貨取引を行うことを可能にしました。 そのような電子取引プラットフォームの最初のジェネレーションはパソコンにダウンロードする基本的なソフトウェアであり、当初は使い勝手が悪いものでした。 その後テクニカル分析やチャート作成ツールなどの新しい機能が次第に追加され、結果として取引ロボットなどの自動取引ツールとの適合性を持つなど高度なものとなり 、更にはウェブベースのプラットフォームおよびモバイル端末(スマートフォンやタブレット等)で取引することも可能になりました。 オンライン取引プラットフォームの導入に伴い、 外国為替市場の分野が出現し急速な成長を遂げていますが、その背景として個人投資家が金融取引業者や銀行を通して世界市場にアクセスするオンライン取引ができるようになったのがあります。 この市場分野は個人投資家でも市場にアクセスして少額で取引をすることを可能にしました。 特に外国為替証拠金取引において、技術的により洗練された取引プラットフォームの需要は高まり続け、個人が世界市場を相手に直接取引を行う需要は拡大しました。 2005年に発売されたMetaTrader 4オンライン取引プラットフォームは、まさにこの需要を満たすソフトウェアであり、非常に多くの外国為替証拠金取引トレーダーが世界中どこからでもバーチャルに為替およびその他の金融商品へ投機や投資出来るようになりました。 オンライン投資家の間で自動取引は、反応時間が非常に速く、MetaTrader4のMQLプログラミング言語を使用してトレーダーが前もって設定する取引ルール(エントリーや利益確定)に基づいて取引注文を自動的に処理する便利なツールとしてよく知られています。 システムトレードの名でも知られる自動取引には他にも利点があります。 それは、トレーダーが設定したルールに基づいて取引を機械的に実行するため、しばしば取引決定によくない影響を及ぼす感情的な部分を取引から排除することができる点です。 従って、自動取引は取引における 全ての分析的な工程とともに投資家の代わりに取引を行う特徴を有します。 MT4プラットフォームの最先端技術は、その完全に統合された機能として自動取引を提供し、繰り返される取引注文を手動取引では不可能な速さで実行します。 これにより多くの投資家にとって毎日の繰返し的な市場観察時間や取引執行時間に伴う非常に多くの時間を節約出来るのです。 バックテスティング(前もって取引戦略を試すこと)は自動取引のさらに魅力的な特徴です。 これは取引ルールを過去の市場データに適用することで、投資家が複数の取引アイディアの効果を評価できるようにしてくれるものです。 適切なバックテスティングにより、トレーダーはトレードアイディアを簡単に評価、調整することができ、後にそれらを自身の取引に適用し、よりよい結果を引出すことができます。 自動取引はそれ自体で既に効果的ですが洗練された取引方法であるため、特に学習期間中の初心者トレーダーは少額から開始することをお薦めします。 さらに、機械的な故障があると自動システムによって実行される取引の結果に影響を及ぼす場合があるため、質の良くないインターネット接続をお使いのトレーダーの多くは自動システムによって処理されている取引を自ら監視しなくてはなりません。 インターネット接続速度の低下やコンピュータの故障、予期しない停電等の好ましくない要素を取除くため、XMTrading は光ファイバー接続をベースとする無料MT4 VPS(バーチャルプライベートサーバー)サービスを提供し、お客様がMT4 VPSに接続してシームレスな取引を享受できるようにし、常に自動取引およびエキスパートアドバイザーの円滑な実行を確実にします。 自動取引がMetaTrader 4の最も人気のある機能の一つであるということは疑う余地はありません。 MT4ソフトウェアにおける今日の自動取引が個人 投資家にとっても利用可能であるということは非常に大きな利点であり、 株式のみならず外国為替(FX)や先物、オプションの取引も可能にしています。 MT4プラットフォームは、取引戦略を実行するために登録商標であるスクリプト言語MQL4を使用しており、トレーダーが自らのエキスパートアドバイザー(取引ロボット)やカスタムインジケータ、スクリプトを開発するのを助けてくれ、MT4戦略テスターを用いて自身のEAを試験し、最適化することを可能にします。 MQL4は非常に多くの機能を含み、トレーダーが過去に受取った価格や現在の価格を分析したり、備付けのテクニカルインジケータを使用して価格を追跡したり、自身の取引注文を管理するだけではなく継続的に運用管理することが出来ます。 トレーダーはMT4ソフトウェア上で30個以上のカスタムテクニカルインジケータを使用できます。 これらはFX以外にも様々な金融商品で利用可能ですので、投資家は価格の動きのパターンや市場トレンドを特定し、さらにはトレードシグナルを管理するだけではなく、エントリーポイントや利益確定ポイントを見定めることができます。 MQL4のプログラム言語に書かれている取引プログラムは、様々な目的に使用され、トレーダーに多くの機能を提供します。 特定のチャートにリンクされているエキスパートアドバイザーは、取引の可能性に関する貴重な情報をオンラインの投資家に提供し、注文を直接取引サーバーに送信することによってトレーダーに代わって取引を実行することもできます。 またMQL4を使用することによって、投資家は自らのカスタムインジケータを作成し、それらを顧客端末のMT4で既に利用可能なインジケータに加えて使用することができます。 MQL4は、スクリプトも含みますが、これらはエキスパートアドバイザーとは異なり、前もって定義したアクションをトレーダーの代わりに実行することはなく、特定の取引の一つの約定を処理することを目的としています。 MetaTrader4は、必要とされる21世紀の技術を駆使して設計され最大限の柔軟性を備えているので、投資家の移動中の取引をも可能にします。 これにより投資家は、自身のパソコンのWindowsやMacのオペレーティングシステム以外のスマートフォンやタブレットからも直接取引プラットフォームにアクセスすることが出来るのです。 したがって、 物理的な移動中に取引ポートフォリオや複数の取引口座の管理や監視が可能です。 スマートフォン、ポケットPCやタブレットPCなどの携帯端末から一つのインターフェースを用いて複数の取引口座を管理することができる能力は、投資家の皆様に一定の優位性をもたらすものであり、ソフトウェアのIOSオペレーティングシステムとの交換性はMacユーザーが一日24時間市場の変化を観察し、iPhoneやiPad、iPod Touchから直接取引注文を出すことを可能にします。 MT4モバイル取引により、オンライン投資家はいつでもどこからでも世界市場を追跡し即座に発注、利益確定することを可能にし、自宅のパソコンから離れたところにいても自身の口座を管理出来ます。 さらに、モバイル取引でも様々な分析オプションおよび適切な口座管理のために必要な価格提示のチャートも表示します。 スマートフォンでもタブレットでも共通なMT4モバイル取引オプションを採用しているため 、オンライン投資家はどちらのデバイスを用いても最善の結果を期待しての取引が可能です。 TPS Management Limitedの所在地は、Steliou Mavrommati 80B, Agios Pavlos, 2364, Nicosia, Cyprusです。 TPS Management LimitedはTradexfin Limitedが完全に所有しています。 リスク警告: FXおよびCFD商品取引には投資元金を失う非常に高いリスクが伴います。 弊社のを読み、完全に理解するようにしてください。 XMTradingはJFSA(日本金融庁)の監視下にないため、金融商品提供や金融サービスへの勧誘と考えられる業務には携わっておらず、本ウェブサイトは日本居住者を対象としたものではありません。 ' クッキーとは何ですか? クッキーは小容量のデータファイルです。 お客様がウェブサイトを訪問すると、そのウェブサイトからお客様のパソコンにクッキーが送信されます。 お客様のパソコンはお客様のウェブブラウザ内に位置するファイルにそれを保管します。 クッキーはお客様のパソコンにウイルスやマルウェアを送付するものではありません。 クッキー内のデータは送受信により変更されるものではありませんので、お客様のパソコンの機能に影響を及ぼすものではなく、むしろログと似た働きをし(ユーザーアクティブティを記録し、処理状況などの情報を保存します)、お客様がウェブサイトを訪問する度に更新されます。 弊社はクッキーにアクセスすることにより、弊社ウェブサイトによって送信されたお客様に関する情報を取得する場合がございます。 異なるタイプのクッキーにより、異なるアクティビティが記録されます。 例えば、セッションクッキーはユーザが自主的にウェブサイト間を移動している場合にのみ利用されます。 ウェブサイトを離れると、セッションクッキーは消えます。 クッキーは何の役に立つのですか? 弊社では、訪問者が弊社ウェブサイトを使用する方法を分析し、弊社ウェブサイトのパフォーマンスと機能を追跡、向上させるためファンクションクッキーを使用します。 こちらにより、発生する可能性のある問題を迅速に特定、修正し、高品質な顧客体験を提供することができます。 たとえば、どのウェブサイトが最も人気があるか、どのウェブサイトのページ間のリンク方法が最も効果的であるかを追跡するためにクッキーを使用する場合があります。 後者では特に、お客様が他のウェブサイトからの紹介されているかを追跡し、今後の広告キャンペーンに役立てることができます。 クッキーのもう一つの用途は、セッションにログを保管することであり、お客様が資金を入金するために会員ページにログインすると、「セッションクッキー 」が設定され、ウェブサイトがお客様のログイン状態を記憶します。 ウェブサイトが本クッキーを設定していない場合は、お客様が資金入金プロセスを進めるにしたがって新しいページに移動する度にログインとパスワードを求められます。 さらに、ファンクションクッキーを例にとりますと、こちらは弊社がお客様の嗜好を記憶し、お客様をユーザーとして識別するために使用され、お客様の情報の安全性を高め、より確実かつ効率的に動作することを強化します。 具体的には、クッキーを使用すると、取引プラットフォームにアクセスするたびにユーザー名を入力する手間が省け、ログイン時に表示したい言語などの設定を記憶させておくことができます。 以下は、クッキーが弊社に提供する一部の機能の概要です:• お客様の個人情報を確認し、お客様のアクセス元の国を特定する• ブラウザ種類と端末をチェックする• ユーザーの参照元となったサイトを追跡する• 第三者によるコンテンツの適切なカスタマイズを可能にする 本ウェブサイトは、Google, Inc. 社(「Google」)が提供するウェブ分析サービスのGoogle アナリティクスを使用しています。 Google アナリティクスは、お客様のコンピュータに保存されている分析クッキーを使用してユーザーのウェブサイトの利用を分析します。 クッキーによって生成されたお客様のウェブサイトの利用に関する情報(お客様のIPアドレスを含む)は、Googleによってそのサーバーに送信され、保存される場合があります。 Google はこの情報を使用してウェブサイトの利用状況を評価し、ウェブサイトの活動に関するレポートを編集し、ウェブサイトの活動やインターネットの利用に関連するその他のサービスを提供する場合があります。 また、Google は法律によってこちらを行うことが必要な場合には本情報を第三者に転送する場合があり、こちらには当該第三者がGoogle に代わって情報を処理する場合も該当します。 Googleは、お客様の IP アドレスを他のデータと関連付けることはありません。 本ウェブサイトを使用することにより、お客様は、Googleにお客様に関する情報を上記に規定された方法および目的にて処理する許可を与えます。

次の

XM公式のアプリがついに登場!特徴やMT4・MT5との違いまとめ!どっちを使うべき!?

アプリxm

以前からMT4・MT5アプリ以外での取引手段としてXMのスマートホンアプリは存在していましたが、今回の新アプリ登場で旧アプリのほうは今後利用が出来なくなるとのアナウンスがされました。 新アプリの登場でXMトレーダーにとってどのような変化が起きるのか、やっておくことはあるのかを分かりやすくざっくり書いていきます。 大切なお客様、 2020年6月3日より、 XMTradingはお客様の地域にて、 iOSとAndroidの両オペレーティングシステムのための専 用モバイルアプリをリリースいたしましたことをご案内申し上げま す。 よくあるご質問 質問: 両方のアプリ(旧バージョンと新バージョン) を使うことはできますか? 回答:既存のアプリは2020年7月1日までお使いいただけます。 こちらの日付を過ぎますと、現在のアプリ(旧バージョン) へのログインはできなくなります。 従いまして、 上記の説明に従って新しいアプリをダウンロードいただく必要がご ざいます。 質問: 旧バージョンのアプリが利用できなくなるのはいつですか? 回答: 既存のアプリは2020年7月1日を過ぎますとログインすること ができなくなります。 質問: 旧アプリと比較した場合、新アプリは何が違いますか? 回答:XMTradingの新しい専用モバイルアプリは、 お客様の地域のために特別にデザインされたものであり、 接続スピードが最適化されていますので、 取引効率を最大限まで上げることができます。 上記のアナウンスがされたことを受けて、今まで利用してきた旧バージョンのスマートフォンアプリは2020年7月1日までしか利用が出来なくなってしました。 そのため、XM専用スマートフォンアプリで取引を行ってきたユーザーは新バージョンのアプリをダウンロードする必要があります。 新バージョンアプリのダウンロード方法 新バージョンのXM専用モバイルアプリをダウンロードは会員ページ、または6月3日頃に届いたXMからのメールにリンクがあります。 この記事の上記引用部分にあるリンクからもアクセスが可能かと思います。 独自にアクセスする場合はスマホ機種ごとに異なりますが、iphoneならAppStore、AndroidならGooglePlayからダウンロードが可能です。 現在は旧バージョンと混在している状況であり、新バージョンのダウンロード数が少ないことから「XM」で検索しても検索結果上位に表示されないことがあります。 その場合は「XMTrading」で検索すると比較的上位に表示されるかと思います。 また検索結果での旧バージョンと新バージョンとの見分け方についてですが、上の画像のようにXMのロゴが新バージョンは白を基調としているため、白いロゴで探せば見つけやすいかと思います 旧バージョンは黒。 またはロゴに「XMTrading」と記載があるほうが新バージョンなのでそちらでも確認可能です 旧バージョンは「XM」のみ。 あとは普段のアプリと同じく、ダウンロードとインストールを実施すればアプリを利用可能になります。 一通り触ってみた感想 やっぱりほとんど同じです 笑。 細かい部分のブラッシュアップはあるかもしれませんが、特に違和感は感じませんでした。 また新バージョンのほうが接続スピードが最適化されているとのことでしたが、両方のアプリを起動して比較してましたが、そこまでの違いは感じられませんでした。 ほんの気持ちですが新バージョンのほうが早い気もしますが、そこまで強い印象はなかったです。 取引量が多い場面だと違いが見えてくるのかもしれません。。 現在も相変わらずMT5のIDのみが対象のようですし、MT4はmetatraderを使用しないとダメなようですし。 ただXM専用モバイルアプリの強みはXM会員ページとの連携にあるので利用していく価値はあるかなと思います。 機能的にはさほど変化はしていませんので、モバイルアプリの機能的解説は過去の記事を参照してもらえたらと思います。

次の

XM(エックスエム)の対応アプリは「MT4/MT5/XMオリジナル」の3種類。それぞれのアプリの違いは?

アプリxm

XMのトレードで使えるアプリは3種類 XMで利用できるアプリでは3種類。 MT4アプリ• MT5アプリ• XMアプリ ここからはそれぞれのアプリの特徴を解説します。 MT4アプリの特徴 MT4アプリの特徴は以下の通り。 対応している海外FX業者が多い• 注文・通貨ペア切り替えに少し手間がかかる• MT5よりもタイムラグが大きい• 自動売買はできない(パソコン版は利用可能) MT4アプリの特徴は、対応しているFX業者の種類が多いこと。 ボーナス目当てにマイナー海外FX業者を試すのにおすすめ。 ただ動作の快適性はMT5より劣ります。 1分1秒を争うようなスキャルピングトレードには不向きかも。 MT4アプリはEA自動売買に対応していません。 EA自動売買をするなら、パソコン版のMT4を使いましょう。 MT4アプリのダウンロードは、XMの「」から行えます。 関連記事: MT5アプリの特徴 MT5アプリの特徴は以下の通り。 対応している海外FX業者が少ない• ワンタップ注文ができる• 通貨ペア切り替えで、画面遷移が不要に• タイムラグが少なく、スキャルピングトレード向き MT5アプリの特徴は、動作が快適なこと。 注文や通貨ペア切り替えがスムーズにできるため、余計な時間をロスしません。 特に1分1秒を争うスキャルピングトレードとは相性が良いはず。 ただMT5に対応している海外FX業者がまだ少ないです。 有名どころだとXM、LAND-FX、FBS、Tradeviewあたりでしょうか。 スキャルピングトレードと相性のよいAXIORYが対応していないのは不便です。 裁量トレードがメインで、自動売買をする予定がないなら、MT5アプリはおすすめ。 MT5アプリのダウンロードは、XMの「」から行えます XM公式アプリの特徴(MT5口座のみトレード可能) XMアプリは、XM公式が配信しているオリジナルアプリです。 主な特徴は以下の通り。 MT5口座ならトレードが可能• 入金・出金の管理ができる• レバレッジを変更できる• ポジションの確認ができる アプリから直接「」にアクセスでき、入金や出金、レバレッジの変更などができます。 FXトレードもできますが、対応しているのはMT5口座のみ。 MT4口座だとトレードできないのは不便ですね。 「」にアクセスするのも、ウェブブラウザで十分でしょう。 今のところ、XMアプリを使う必要性は感じられません。 XM公式アプリは、かからダウンロードできます。 MT4は自動売買プログラム(EA)やインディケーターの種類が多く、ほとんどの海外FX業者に対応しています。 海外FX業者のボーナスをはしごしたい人に最適! MT5は動作がサクサクで快適。 スキャルピングトレードなどの高速トレードで力を発揮するでしょう。 ただしMT5が使える海外FX業者はまだ少ないです。 XMで取引アプリを利用する場合、MT4アプリならMT4口座、MT5アプリならMT5口座を開設する必要があります。 MT4・MT5アプリはそれぞれ、XMの「」からダウンロードできます。

次の