外 から 見え ない レース カーテン。 外から見える?レースカーテン(ニトリ)だけで生活してみた!

外から見えないのに中からスカッと見えるシフォンレース

外 から 見え ない レース カーテン

オーダーカーテンの値段に驚愕 マイホーム購入計画も進み、いよいよインテリアコーディネートの段階。 担当者からカーテンのお打ち合わせはどうしましょうか?との問い。 もちろんカーテンがなければ室内が丸見えで生活できないのでお願いをすることに。 「参考までに値段はどのくらいになるんでしょうか?」 「この数ですとおおむね30万円くらいかと思います。 」 「考えさせてください。 」 と即答。 いやいや、カーテンに30万円って嘘でしょ?もうお金ないんですけど、と思いながらネットで色々と検索をしてみると、グーグルさんから 「およそ30万円」 との回答。 嘘ですよね?今まで何度かカーテンを買ったことはありますが、そんな高額じゃなかったですけども?カーテン業界だけバブル経済に入ったのでしょうか? で、いろいろと調べてみた結果、私が検索しているのは「オーダーカーテン」であったことが判明しました。 あまりの値段に一時は驚愕したのですが、我が家の窓は全部一般的なサイズなのでわざわざオーダーしてまで作る必要なし。 デザインも無地で壁紙と同系色と決めていたので、「既製品のカーテン」で十分と判明し安心したのです。 また、ハウスメーカーの担当者も別にかまをかけたわけではなく、注文住宅のマイホームにはさまざまな形状の窓があるのでオーダーカーテンにするかたも多いそうです。 私はカーテンにこだわれるほどの身分ではないので早速ネットで既製品のカーテンを探しました。 ニトリでお手頃な値段のカーテンを発見! ネットでカーテンを探すと種類が多すぎるので、製品の質やアフターサービスなどを考えて「」のサイトに絞って検索をしました。 素晴らしいですね、いいものを発見しました。 カーテンレール 999円• カーテン 4490円• レース 1790円• セット合計 7279円 という宝物を発見しました。 恐ろしく安くありませんか? 30万円が、5万円です。 25万円もコストカットすることができました。 使ってしばらく経ちますが、性能も十分でなんの問題もなく大満足しています。 と、この性能に泣かされる日が来るとは…。 ニトリの遮像ミラーレースカーテンの性能が良すぎて後悔した話 さて、ここから後悔した話です。 もしもこの記事を読んで「ニトリのカーテンありじゃん」と思っている方は是非最後までお付き合いください。 カーテンの性能 これまで私はカーテンの性能として• 形状記憶 などは聞いたことがありました。 以前、飲食で勤務していた時は昼間に寝ることも多かったため、カーテンの性能には詳しく、とくに「遮光」カーテンには助けられました。 そんな私でも「遮像」という性能は初めて聞いたものでした。 遮像カーテンとは? 遮像カーテンとは、ニトリの公式の表現をそのままお借りしますと、「外から室内がみえにくい加工をしています。 」とのことです。 さらに、私が購入したミラーレースカーテンは「昼間だけでなく、夜間も室内が見えにくい効果があります。 (シルエットは写ります)光沢糸を編みこみ、光を反射することで、日中外から見えにくいミラー効果があります。 」とのことです。 遮像ミラーレースカーテンの性能がわかる画像 それでは、実際に我が家の遮像性能がついたミラーレースカーテンの性能・実力を画像で紹介します。 まずは晴れた日の外から見た様子。 まったく室内が見えません。 もう少し実験です。 室内に目立つピンク色のティッシュを置いてみました。 やはり、まったく見えません。 ただこれは、明るい室外から暗い室内を見ているので当然です。 では、暗い室内から明るい外を見てみましょう。 わかりやすいようにオレンジの洗濯物干しを被せてみましたが、ご覧の通りうっすらと透けて見える程度です。 同様に、夜に外から室内を見た場合にもかなりの性能を発揮します。 使用した感じはもう少し透け感はありますが、かなり十分なレベルで室内を見えなくしてくれます。 このレースカーテン、すごい、すごすぎるのです。 で、こんないい商品を購入して何が後悔かと言いますと、 普通のカーテン買わなくて良かったと後悔 もう、この一言です。 普通のカーテン買わなくても、遮像ミラーレースカーテンの性能で十分だったじゃん…。 特に、最近のハウスメーカーは一階部分の窓やサッシにはシャッターが標準装備です。 「夜間」には防犯のためにシャッターを閉めますからレースどころかカーテンそのものが不要です。 「日中」は光を入れつつ室内を見えなくしたいのでレースカーテンだけをします。 おわかりでしょうか? 普通のカーテンの出番が全くないのです。 窓の両サイドで半永久的にスタンバイし、かさばり、時に床のホコリをかき集めては掃除機で吸い込まれるだけの存在なのです。 シャッターがない2階のLDKにおいても、2階なので周囲の目はほぼ気にならない上に、室内がほぼ見えない遮像性能の付いたミラーレースカーテンなので、はっきりいって普通のカーテンがなくても問題ありません。 寝るだけのために使う寝室なんてもっての他です。 それでいて、普通のカーテンの方がレースカーテンの倍以上のお値段。 ということで、これからニトリのミラーレースカーテン遮像性能付きを購入予定の方は、よっぽど人目が気になる部屋以外は一度「普通のカーテンなし」の性能を試してみてからでもいいと思います。 「」の商品を、信じてみてください。 それでは。

次の

Amazon|[カーテンくれない] 中から見えて外から見えにくい マジックミラーレース (紫外線カット 断熱 遮熱効果 防炎加工済み ) 色:オフホワイト サイズ:(幅)100cm×(丈)213cm×2枚組|レースカーテン オンライン通販

外 から 見え ない レース カーテン

目隠しレースカーテンや UVカットレースカーテンなどの機能性レースカーテンは、 お部屋を快適にしてくれる一方で、その機能性を高めれば高めるほど、 外の景色が見えにくくなってしまいがち。 外の景色が見えなくても気にならないという方であれば、 とことん機能性を追求しても問題ありませんが、 圧迫感があって居心地が悪い、と感じる方も多くいらっしゃいます。 機能重視のレースカーテンほど高機能ではありませんが、 景色の見えやすさと機能性を兼ね備えたレースカーテンも存在しており、 圧迫感が気になる方は、そういったレースカーテンを選ぶのも良いかもしれません。 そこで今回は、機能性も持ちながら、 外の景色も比較的見えやすいレースカーテンをご紹介します。 これで解決?! 『K-wave-L-sotomiale』 一般的な目隠しレースカーテンでは、その目隠し効果を高めれば高めるほど、 お部屋の中から外が見えにくくなってしまいがち。 「外の景色は見えるけど、外から見えないレースカーテンないの?」 そんな声からうまれたのがK-wave-L-sotomialeです。 K-wave-L-sotomialeは、そのマジックミラー効果によって 外からの視線は遮りつつ、室内からは外が比較的見えやすくなっています。 また、 UVカット・断熱・保温効果といった機能も持っているので、 外の景色も楽しみながら、しっかり室内環境を整えてくれる一枚です。 ただし、マジックミラー同様に外が暗くなり室内が明るくなると、 外と中の見え方が逆転してしまうので注意が必要です。 日が落ちたらすぐシャッターや厚地のカーテンを閉めるという方であれば、 安心して使うことができるレースカーテンです。 関連記事 ・ 好みや室内環境に合わせたレースカーテン選びのポイントをご紹介! 多様なスタイルを楽しめる2重レース 『デュエット』 「その時の気分や天気に合わせて、外の景色を楽しんだり、 外からの光をしっかり遮ったりできるレースカーテンがあればいいのに……」 「レースカーテンの見た目にもこだわりたい!」 そんな方にピッタリなのが 2重タイプのレースカーテン、デュエットです。 デュエットは 2種類のレースカーテン生地を重ね合わせたレースカーテンで、 手前だけ、もしくは奥だけ開けたり、両方閉めたりと、様々な使い方ができます。 手前だけ開けた場合は、 両方閉めた時より少し雰囲気を軽くしつつも、外からの視線もブロック。 奥だけ開けた場合は、外の景色を楽しみながら光をしっかり採りいれられます。 紫外線や熱の出入りをできるだけ防ぎたい場合は 2枚とも閉めておくと安心です。 くれないリンク ・ デザイン性重視のレースカーテンをご紹介! ふんわりとした上品な風合い 『K-wave-L-seethrough voile』 外から覗かれる心配が少ない高層階のお部屋の場合や、 夜になったらすぐに厚地のカーテンやシャッターを閉める場合は、 昼だけの目隠し効果を持ったレースカーテンも選択肢の一つになります。 機能性についてはある程度だけでもあれば十分という方であれば、 薄めレースカーテンがもつ軽やかな雰囲気を楽しむのもおすすめです。 窓辺の雰囲気をワンランクアップしたいという方にぴったりなのが、 ふんわりした風合いが美しいレースカーテン、K-wave-L-seethrough voileです。 一般的なレースカーテンは、糸を編むことで生地を作りますが、 K-wave-L-seethrough voileのようなボイルレースカーテンと呼ばれる種類のレースカーテンは、 糸を編むのではなく織ることで生地を作ります。 織り目を透けさせ、軽い生地を織ることによって、表面がサラッとした感触に。 さらに、空気で絡ませて作った 2種類の太さの違う糸を織りこむことで、 ふんわり優しげで、上品な質感に仕上がっています。 軽やかな生地感は窓辺の雰囲気をワンランクアップさせてくれますが、 夜間には目隠し効果が得られないため、 外が暗くなったらカーテンやシャッターで目隠しをする必要があります。 最近1ヶ月間の人気の投稿• 8,627ビュー 2018年10月30日 に投稿された• 6,874ビュー 2018年5月28日 に投稿された• 4,257ビュー 2018年4月17日 に投稿された• 4,184ビュー 2017年9月1日 に投稿された• 1,681ビュー 2017年12月22日 に投稿された• 1,384ビュー 2017年6月20日 に投稿された• 958ビュー 2018年10月15日 に投稿された• 894ビュー 2017年12月9日 に投稿された• 765ビュー 2017年12月28日 に投稿された• 651ビュー 2019年11月2日 に投稿された.

次の

中からは見えるのに外からは見えないマジックミラーレースカーテン

外 から 見え ない レース カーテン

「遮光レースカーテン」ってどんなもの? 皆さまの中で、「遮光レースカーテン」をお探しの方はいらっしゃいませんか? 遮光性のカーテンは窓から入る強い日差しを和らげるだけでなく、遮熱して冷暖房効率を上げたり、窓際の人影を隠すなどプライバシー保護にも役立つなど、様々な利点があります。 今は遮光性や遮熱性を持った遮光ドレープカーテンがたくさん売りだされていますので、レースカーテンにも遮光や遮熱のできる「遮光レースカーテン」が欲しい……そうお考えの方も少なくないかもしれません。 レースカーテンはもともと光を取り入れることが目的で作られた薄手のカーテンですので、完全に遮光できる遮光レースカーテンは残念ながらありません。 しかし、外からの日差しを反射して中が透けないプライバシー保護機能や、日差しの熱を遮熱して冷房効率を上げる遮熱性、紫外線による家具の日焼けを防ぐといった紫外線カット機能などを持つ、いわば「遮光レースカーテン」と呼べるものがあります。 遮光性や遮熱性など、遮光カーテンに求めていた機能がこれらのレース素材を使うことでいくらかカバーすることができるのです。 ここでは、これらの「遮光レースカーテン」をその機能に応じてご紹介します。 プライバシー保護に最適な「遮光レースカーテン」 通りに面していたり、向かいの家が近い窓のカーテンを選ぶときにまず注意しなければならないのは、窓際のプライバシー。 もし、あなたがプライバシーを気にしない人だとしても、部屋の中が丸見えになってしまう状態では相手にも気を使わせてしまいますので、カーテンによるプライバシー保護は重要です。 視界を遮るためには遮光カーテンなどのドレープカーテンを閉めるのが最も確実ですが、 日中に部屋へ光を入れたいときなどは、そういうわけにはいきません。 このようなときに活躍するのが、外から見えにくくする「遮光レースカーテン」です。 プライバシー保護に役立つこの機能をもった遮光レースには、主に 「ミラーレース」と 「遮像レース」の2種類があります。 そのため、ミラーレースは光を反射して遮光する仕組みになっており、このミラーレースのカーテンを使うことで、窓の外から部屋の中が覗かれる、ということが起こらなくなります。 更に、 部屋に入る紫外線もカットして家具の日焼けを防いでくれるという利点もあります。 ただし、ミラーレースは光の反射によって遮光するので、夜に家の中から漏れる光が原因で窓際に映ってしまう人影は隠すことができない点に注意が必要です。 このような場合は、遮光機能のあるドレープカーテンをきちんと閉じるなど、窓際のプライバシーを保護する必要があります。 ミラーレースを購入する際、注意しなければならないのは、レースの遮光効果は光を反射することによって発揮されるものなので、光の弱い曇りの日などは紫外線・視線などを防ぐ効果が少し弱まるという点です。 また、安く品質の悪いミラーレースでは、糸の密度が少なかったり網目が荒かったりして遮光できず、透けやすいものがあるため注意しなければいけません。 購入前に実際の生地を確認したり、使用場所に応じてお選びになると良いでしょう。 そのため、カーテンを閉め切っても、暗くなりません。 また、 特殊なポリマーによりUVカット効果があり、家具やお肌を紫外線から守ります。 控えめなベージュにバラ柄とボーダーが交互にデザインされ、光を透すと窓際に浮き上がりお部屋に品格をもたらします。 ナチュラルなカーテンでありながら、外からの視線を遮る効果やUVカット効果もあり、77. エレガントなデザインはどのようなインテリアにも合わせやすく、万が一汚れても簡単にお手入れが可能なウォッシャブル生地で安心です。 横長の窓でも幅の継ぎ目がでない、シームレスカーテンなのでデザインを損ねません。 裾の装飾は存在感があり、インテリアとして楽しむことができます。 2つ目の 「遮像レース」は、 光を屈折させる特殊糸を使うことで、 昼間だけでなく夜も外から見えにくくなるレース生地のことです。 これは日中に窓の外からの視線を遮るのはもちろん、中からの光も同じように屈折されるので、夜など室内が明るい場合でも高いプライバシー保護効果が期待できるレースカーテンです。 また、ミラーレースカーテンよりも厚みがあるしっかりした生地が多いのも特徴で、 紫外線カット効果も期待できます。 ただし、遮像レースは中からの視線も遮るため、遮像レースカーテンを通して外の風景を見ることができない点には注意が必要です。 窓の外が見えないことで圧迫感を感じることもあるため、プライバシー保護の必要性にあわせて遮光レースの種類を選びましょう。 採光率が42. 9%のUVカット率で家具の日焼けなどを防止します。 0%のレースカーテン。 帝人フロンティアのウェーブロン糸で遮像性、ユニチカのサラクール糸の優れた遮光性で室温上昇を抑える多機能カーテンです。 帝人の特殊繊維「ウェーブロンプラス」を使用することにより、やさしい光を取り込み、カーテンを閉め切っていてもお部屋が暗くなりません。 日中でもレースカーテンを閉めたい!でも暗くなるのは困る!といった方に最適なカーテンです。 夏場は日差しによる室温上昇を抑え、冬場は暖かい熱が外へ流れるのを抑え、冷暖房の効率を高めます。 無地のため合わせるカーテンを選ばずに使いやすいミラーレースです。 高機能なミラーレースながら伝統的なダマスク柄を配置しており、女性らしいアンティークなインテリアにも最適です。 帝人の特殊繊維「ウェーブロンプラス」を使用することにより、『透けにくさ』と『明るさ』の両方を叶えた点も選ばれるポイントです。 ある測定によれば、夏に屋外から入ってくる熱の実に7割は窓からの熱であるとされています。 部屋に一度入った熱は排出することが難しく、大きく冷房効率を下げてしまうため、まず熱が入る前に遮熱することが重要です。 そのため、特に温暖化が進み冷房が手放せない昨今では、窓からの日差しを遮光、遮熱して冷房効率を上げることが、カーテンの非常に大切な役割の一つとなっています。 しかし、遮熱したいけれど、遮光のためにドレープカーテンを閉めると部屋が暗くなりすぎて電灯をつけなくてはいけない……と悩んでしまう方も多いのではないでしょうか。 このようなときに役に立つのが、遮熱効果をもった遮光レースカーテンです。 これらは遮熱レースカーテンと呼ばれ、「エコリエ(帝人フロンティア)」や「サラクール(ユニチカ)」のような、 日光の熱源である赤外線を吸収したり反射する特殊糸を用いることで、明るさを部屋に取り入れながら遮熱効果を得ることができます。 更に、ミラー効果のある素材や密度の高い生地を用いることで室内に入る光自体も遮光し、遮熱効果を高めた遮熱レースもあります。 同時にこれらの遮熱レースは、冬に窓から逃げる熱もある程度遮熱することができるため、部屋を保温して暖房効果が上がります。 このように遮熱レースカーテンを使うことで屋外の熱を遮熱し、部屋の冷房効果・暖房効果をアップして省エネすることができるのです。 遮熱レースカーテンは透けにくい効果のあるミラー機能や遮像機能を共に備えているものが多いので、まさに快適さを追求したレースカーテンと言えるでしょう。 遮熱糸を使用し、窓の外との熱の移動を軽減します。 そのため、夏は冷房効率アップ、冬は暖房効率アップにより、省エネ効果が期待できます。 万が一の家事の際にも防炎加工済だから安心です。 遮熱のみならず、防汚、ミラー、防炎、UVカット等機能充実した遮熱レースです。 UVカット率80. 繊細なつる柄を施してあり、植物モチーフと相性がよく、ナチュラルインテリアやエレガントスタイルにも合わせやすいです。 光を受けてさりげなく浮かび上がる織柄がお部屋にアクセントを加えます。 熱を遮る効果のある帝人フロンティアエコリエを使用しているため冷暖房効率がアップし、省エネ効果を期待できます。 遮熱レースカーテンをご紹介しましたが、遮熱レースカーテンとはいえども窓ガラスが暖めた空気から伝わる熱など、部屋に入る熱を完全に遮熱するわけではありませんので、日差しの強い窓は外にサンシェードで遮光するといった遮熱方法を併用する必要があります。 また、冬の日中は遮熱による保温効果よりも日光を取り入れたほうが暖房効率が上がる場合もありますので、ライフスタイルに合わせた使い方をしましょう。 このように、外からの視線を遮るレースや、遮熱効果のあるレースなど、遮光による利点と光を取り入れるレースカーテンとしての利点を両方あわせ持った、「遮光レースカーテン」と呼ぶのにふさわしい機能性レースカーテンがあります。 どのレースカーテンにもそれぞれ特徴がありますので、必要である効果を取捨選択し、自分のライフスタイルや部屋のインテリアにあわせて選ぶことが大切です。

次の