僕の心。 僕の心のヤバイやつ感想『僕は山田が嫌い』

僕の心のヤバイやつ 山田の好き 考察

僕の心

それは世間体を気にする市川への配慮。 付き合う事で関係性が崩れたら本末転倒。 図書室で傍にいたい。 同じ部活、見学グループでいたい。 line交換がしたい。 そう山田の目的は市川とより良い関係でいることね」 「後、気になるのが山田がより良い関係でいたい。 好きになった理由。 28話で山田の好きな少女漫画の登場人物でクール系男子が実は優しい。 つまり市川のことを言ってるのだけど、市川の優しさは本編通じて描かれていて、それで好きになったのでもいい。 しかし、それだと引っかかる所がある。 1話で山田が市川からカッターナイフを借りて「やったー」とまず言っている。 ダジャレじゃないよと言ったから山田が面白天然キャラみたいになってごまかされているけど後で山田が言ったように普通はお礼を先に言う。 では、この「やったー」は何?と言われたら市川がカッター貸しに助けてくれた喜びではないかな」 「え? だったら、課題を手で破ろうとしたのは「優しい」市川なら助けてくれると見越してわざと?というか市川も自分で言っていたけどカッターなんて普通持ち歩かないわよ?山田は市川がカッターを普段から持ち歩くのを知ってた?え?市川の厨二秒もバレてる?だとしたら、山田はかなりヤバイ市川のストーカーじゃないの!冷奴すぎるわ」 ヤバイ1話 「そういう視点で見てみると顔を赤らめたのは食いしん坊がバレたのではなく好きな市川が来たから。 ゴリラの鼻歌は市川と一緒にいれてテンション高くなってるようにも見える。 無自覚かどうか分からないけど1話時点で山田は市川のことが相当好き。 好きになった話は描かれていないけど1話以前に市川が山田に優しくしてあげたエピソードがあるんじゃないかな」 「漫画で山田は市川のことを猫と評してたけど、実は自分のことを同じ猫だと自覚している。 山田は世間から美少女ののてっぺんと見られているけど、実は臆病で自信がない。 課題を作り直されても文句を言えない。 ナンパイからのLINE交換を断れない。 フツメンにおどおどLINEやってるか聞くところなんかね。 山田は市川と自分を同一視している。 しかし、自分と違うのは市川は臆病なのに勇気を持って行動を起こして人を助けている。 そんな市川が好きになったのかしらね」 「山田の思いの底は、はかりしれなくてもっと山田のことが知りたいとあえて考える余地を残している僕ヤバは凄い。 ところで気になったのだけど、山田が物凄く市川のことが好きだとしたらカッターナイフをそのまま返すと思う? 」 「え?いくら何でも返さないといけないものに下手なことはできないじゃないの? 」 「あのタイプのカッターなんていくらでもあるから、違うカッター返してもわかりにくいし、バレても間違えたと言えばいいよね。 借りた方も返した方も凄く好きだったらどうするのか…」 「あなたいくら好きすぎる山田が好きだからといって狂気すぎるわよ…」 「そんなことをしなくても良い関係になったのは山田の努力の賜物だし、素直に祝福しないとね」.

次の

僕の心のヤバイやつ

僕の心

中二病の陰キャ男子・ 市川京太郎と、学園カースト頂点の美少女・ 山田杏奈。 まるで接点がない二人の距離が、偶然にも縮まっていき……京太郎の青春が今、静かに動き出す……! 『僕の心のヤバイやつ』第3巻書影 陰キャ少年と陽キャ美少女の 極甘青春ラブコメディ『』が、『』で4位に選ばれました。 そこで前回のインタビュー()に続き、 桜井のりお先生へ二度目の取材を実施! 前回のインタビューから丸一年、大きく関係性が変化した市川と山田の恋心を桜井のりお先生に直接語っていただきました。 今の率直なお気持ちをお聞かせください。 桜井:読者投票の賞なので、たくさんの方が読んで支持してくださっているのが実感できました。 SNSでもすごく熱い応援をいただいていて、とても嬉しいです。 みなさーん!この度「第4回みんなが選ぶTSUTAYAコミック大賞」にて僕の心のヤバイやつが4位をいただきました!投票してくださった皆様、本当にありがとうございます。 今までは1話完結のギャグだったので、これからの展開を楽しみにしてくれているのが、今までと違うなって。 桜井:反響があるのは嬉しいんですけど、プレッシャーが大きくなる不安と、両面あります。 毎回トレンドに入っていると、いつか入らなくなるんじゃ……みたいな。 桜井:ちょっと怖くなっちゃうところもありますね。 『王様のブランチ』はよく見ていましたので、ブックコーナーでいつか取り上げられないかなー? とは思っていましたけど、まさか本当に出るとは(笑)。 桜井:今まではマンガが好きな人に読んでもらえている感触はありましたけど、ここ最近は本当に、それほどマンガに触れていない方にも読まれ始めているのかなって感じています。 桜井:心の動きを描くことって、 私自身の気持ちや感覚を晒す感じなんです。 「これって共感されるのか?」「自分が正しいのかな?」って不安でしたので、読者さんに伝わっていて安心しました。 桜井:ギャグって共感じゃなくて、ハチャメチャなことが面白いってことなので。 感情を共感されるようにマンガを描くのは初めてでしたから、自分の感覚が合ってるかどうかが不安だったんです。 市川に感情移入してくれている読者さんが大勢いるから、ちょっとでもおかしな行動をしたら「あれ?」って思われるんじゃないかなって。 なので、説明しすぎるってことはありませんね。 分かりにくさでいうと31話のLINEを交換する回のラスト。 結局 市川と山田がLINEを交換したかどうかが分からないので、おまけで描いてほしいって担当編集さんから言われた記憶があります。 担当編集:そうしないと3巻最後のエピソードに繋がっていかないんですよね。 でも『僕ヤバ』は、よほど分かりにくい時を除いては修正をお願いすることはありません。 ネームの段階で、ほぼ最終形態に近いものが来るんです。 本当に編集者としてそれでいいのか? って僕も葛藤があって、毎回何かツッ込めることはないか、必死に探してはいるんですけど(笑)。 桜井:あと、読者の中で意見が割れていると感じたのは、LINEの回で、山田が石室くんと同じマンションだから 「親同士が仲良いんだ」って市川に聞こえるように言っているシーンです。 「石室くんとは別に仲良くないよ」って事をアピールしているのか、市川に嫉妬させようとして発言しているのか、これはどっちの意図なんだろうって。 分かりにくいのはちょっと反省してるんですけど。 桜井:市川は鈍感な時もあるし、敏感すぎる時もあるし、そこのさじ加減は難しいですね。 鈍感っていうよりも、 気づきつつも認められない心の葛藤を描きたかったんです。 桜井:山田のことが好きだけど、どうせ自分には手に入らないからって、 悪い方へ勝手に解釈しちゃう。 そういう心の動きって、多かれ少なかれ誰でもあると思うんです。 本心では欲しいのに、「まぁ、いらないかなー?」みたいな斜に構えてしまう時はあります。 深く考えすぎちゃうみたいな。 桜井:この回はやらポをぶち込みました。 桜井:そうですね。 マイナス思考を否定するんじゃなくて、 「そのままがいい」って言ってくれる存在が描きたいですね。 マイナス思考になっている市川って可愛いところがありますので。 桜井:ストレートには決心してはいないけど、市川なりに 「将来はこうなりたいな」って考えている部分を持っています。 そこはうっすらと読者の方にも想像してほしいと思っています。 山田の顎クイに作者も驚愕「えっ!? 「陰キャと陽キャが徐々に交わっていくのがたまらない」「甘酸っぱい距離感は青春そのもの」といった声があります。 二人の距離感が近づいていく様子を描くことについて伺えればと。 桜井:どのくらい近づけるべきかって距離感の塩梅は大変ですね。 私が考えている以上に、山田が市川を好きになるにつれて、どんどん近づいてしまうんですよ。 私としては、山田にはもうちょっと慎重にやってほしい(笑)。 そんな思惑があるんですけど、山田の方から勝手に市川に近づいてしまうことが最近出てきています。 桜井:なので当初想定しているよりも、早いペースで二人が近づいている感じがします。 たぶん、 山田は考えるよりも先に動いちゃうタイプなんだろうなって。 でも動いちゃうけど後で反省するみたいな。 そういう感じがいいなーって思います。 46話のカフェの回で、最後に山田が顎クイするじゃないですか。 ここが自然に出てきて、私も「えっ!? 山田?」って驚きました。 桜井:そこは市川を見守りたくなるような存在として描いているところが、気に入っていただけたんだと思います。 相手が目の前にいなくても 「この場面だったら、あの人はどうするんだろう?」とか 「今頃何してるのかなー」って、常に相手のことを考えてしまう。 そんなところが男女問わず可愛いですよね。 山田がいい影響を与えているんでしょうか? 桜井: 「中二病が治っていく」というのは初期のテーマだったんで、はい、そこは想定内ですね。 桜井:そこは、 市川が自分のことをそこまで信用してないんでしょうね。 桜井:メガネは単に好みの問題で、今までに描いたマンガでも、そんなにメガネキャラって出てきてないと思います。 あと市川って、どこかカッコつけみたいなところがあって、そんなにオタクっぽくない方がいいのかなって感じです。 独占欲が意外と強いんでしょうか? 桜井:独占欲よりも、 自分しか知らない山田を全世界が知ってしまう恐怖の方が強いんだと思います。 彼みたいな性格だとマイナー好きになるから、それがメジャーになると悲しいって感覚があるんでしょうね。 桜井:『僕ヤバ』に限らず『ロロッロ!』も同じなんですけど、絶対に下着を描かないって決めているわけではないので。 ここのシーンは、隠すと逆に不自然になっちゃうかなーと(笑)。 必然性を一番大切にしています。 桜井:あの無言の感じ(笑)。 あそこはねっとりと、無駄にコマを多くして描写しました。

次の

僕の心のヤバイやつ感想『僕は待ち合わせをした』

僕の心

このシーン見て学園ラブコメディだと思わないよね! 「僕の心のヤバイやつ」を読んで 山田はスクールカーストの頂点に君臨している美少女なのにちょっとバカ。 山田はいつもお菓子を食べていて、ただ校則でお菓子は禁止だし、仲の良い友達はアレルギーだし、けどどうしても食べたいお菓子を食べるために京太郎となんとなく仲良しになってしまう、と。 文章にすると簡単なのですが、この2人のやりとりがとても面白いのです。 あとがきで『この作品は「距離」「変化」「気付き」を丁寧に書いていきたいと思っています。 』と書かれている通り、一気に近づかない微妙な距離感とか変化などがとても微笑ましい。 中学生の自意識ってめんどくさいなあと思いつつ京太郎がたまに見せる男らしさなど、作品内に入り込んでしまいます。 山田がどれくらいバカかというと、学校でねるねるねるねを作るくらいのバカです。 けどそんな山田のことが好きだと気づく京太郎の気持ちの変化の描写が素晴らしくてギャグ漫画にしておくのはもったいないくらいです。 山田のことが好きだと気づいたからといって積極的な行動に出るわけでもなく、ああ中学生。 山田も憎からず思っているようで・・・ この先の2人がどうなっていくのか、気になります! 「僕の心のヤバイやつ」見所! 1. すべて市川京太郎目線で物語が進んでいる ラブコメマンガは今までにたくさんありましたが「僕の心のヤバいやつ」はかなり変わった描き方をされています。 それはヒロインの山田杏奈の気持ちが一切わからないようにされている点です。 通常ラブコメマンガは登場人物達の心の中が描かれていて誰が誰を好きなのかがわかるようになっています。 しかしこのマンガではすべて主人公である市川京太郎の目線で物語が進んでいてヒロインの山田の心の中がわからないのです。 この点が他のラブコメマンガと大きく違っています。 マンガの世界では主役クラスの登場人物の心の中は読者にわかるように話が進んでいくのが当たり前ですがよく考えてみると現実社会では相手の気持ちがわからない事が普通。 相手の気持ちがわからないという部分が現実社会のようでとてもリアルです。 このリアルさがこのマンガがファンから絶大な支持を受けている理由の一つなのでしょう。 それにしても作者の桜井のりおさんの巧みな心理描写に脱帽です! 2. 山田杏奈がかわいすぎる! 2つ目の見所は山田杏奈がかわいすぎるという点です。 モデルとして活動しているだけあってスタイル抜群。 しかも顔も超カワイイとくれば人気が出ないはずはありません。 しかし山田の人気が高いのはスタイルや顔が良いだけではないのです。 山田の本当の魅力はその性格です。 山田の性格をまとめると・・ 素直で嘘がつけない 明るい 天然 感情が豊か 相手へ気遣いができる と言ったところでしょうか。 当初、市川は山田の魅力に気づいておらず「底辺男子を見下す嫌な女」くらいにしか思っていませんでした。 しかし山田と触れ合うにつれ彼女の本当の魅力に徐々に気づいていきます。 さらに山田は抜群のスタイルと超カワイイ顔をしているので完璧な女性だとつい思ってしまいそうですが実はちょっとおバカ(笑)。 他のマンガでもこれほどかわいくて魅力的なキャラはあまり見られません。 ぜひ一度「僕の心のヤバいやつ」を実際に読んでみてください! 3. 山田の市川に対する気持ちの変化がお菓子で描かれている 山田の市川に対する気持ちの変化がくれるお菓子で表現されている所も「僕の心のヤバいやつの」面白いポイントの一つとなっています。 時系列的に山田の気持ちの変化をお菓子でまとめてみました。 1話・・ゴミのみ。 っていうか蔑(さげす)んだ目で見られる(笑) 7話・・食べかけのお菓子を少しだけ 16話・・パピコを半分 20話・・自分のアメをくれた 以上のように話数が進むにつれ徐々にお菓子がグレードアップしています。 これは山田の市川に対する気持ちの変化にも比例していて「好き」という感情も大きくなっていることがわかります。 そしてついに27話で山田は市川のことが好きだということを自覚します。 自分自身の本当の気持ちに気づいた山田も超カワイイです。 ちなみに主人公の市川が山田のことを好きだと自覚したのは14話。 「近頃の違和感はなんだ!?」と悩みますが実はその違和感は山田に対する好意でした。 お互いが好きだという事を意識し始めた二人の恋の行方が今後どのように進展していくのか本当に楽しみです。 山田のヤキモチ 山田がマクドナルドに行った際、偶然市川と出会います。 しかし市川の隣にはカワイイ女の子が一緒でした。 市川とその女の子は市川のことを「京ちゃん」と呼んでいてとても親密な雰囲気。 その様子を見ていた山田は今にも泣きそうな表情になってしまいます。 これは山田がヤキモチを焼いていると考えていいでしょう。 好きな男の子が他の女性と仲良くしていると胸がしめ付けられるように感じますがその心の動きが山田の表情からよく感じ取れます。 その後市川と一緒にいた女の子はお姉ちゃんだとわかり山田はホッとします。 その安堵した表情もまたかわいい!山田の表情の変化は必見です。 僕の心のヤバいやつの見所まとめ マンガ僕の心のヤバいやつの見所をまとめてみましたが他にも見所がたくさんありすぎて紹介しきれません。 あとは実際に本編を読んでご自分の目で確かめてみてください。 作者の桜井先生は「距離、変化、気づきについて丁寧に描いていきたい」とコメントされているようにこのマンガは登場人物達の心の動きについて本当に細かく描かれています。 つい山田の可愛さに目がいってしまいますがキャラクター達の生き生きとした表情や気持ちの変化にも注目して読んでいくとさらに面白さ倍増でしょう!.

次の