子供 爪 変色。 爪が割れる・でこぼこする原因|栄養不足や病気の可能性。ケア方法は?

爪が変色するのは病気?色別に考えられる原因や症状、治療法を紹介!

子供 爪 変色

匙状爪甲 さじじょうそうこう とは? 足の爪、または手の爪が反ってしまう症状のことを 「匙状爪甲 さじじょうそうこう 」と言います。 普通、爪は指に沿ってカーブしているものなのですが、匙状爪甲はなんらかの原因で爪が反対の方向に反ってしまい、スプーンのようになってしまいます。 なので匙状爪甲は、 「スプーンネイル」と呼ばれることもあります。 手の爪に起こることが多いですが、足の爪に起こることもある症状です。 足の爪が沿ってしまう原因 足の爪が反る匙状爪甲になってしまうのには、いくつか原因があります。 そこでまずは、自分の足の爪がなぜ反るのかという原因を理解しましょう。 次に、足の爪が反る原因について解説していきます。 乳幼児の場合は生理的なもの 赤ちゃんの足の爪が反っているとびっくりしてしまいますが、乳幼児期である1~2歳頃までの場合、足の爪が反っているのは 生理的なものが原因で、心配ないことがほとんどです。 赤ちゃんの爪はとても薄くて柔らかく、簡単に形が変わってしまうため、反り返ってしまうことも珍しくはありません。 そして、このように生理的な原因で足の爪が反る場合、自然に普通の状態に戻っていくことがほとんどです。 鉄欠乏症貧血などの病気 鉄欠乏症貧血などの 爪が弱くなる病気になると、足の爪が反るということがあります。 ちなみに鉄欠乏症貧血は、• 食生活での鉄不足• 消化器の病気などが原因で鉄の吸収がしっかりできなくなる• 胃潰瘍、十二指腸潰瘍、大腸がんなどの病気による慢性的な出血 などで発症します。 鉄欠乏症貧血で体内の鉄分が不足してしまうことにより、足や手の爪が薄く弱くなってしまい、外部の圧力に耐えられなくなって、爪が反り返ってしまうのです。 そして、鉄欠乏症貧血は他にも• 異常な眠気• めまいや頭痛、動悸や息ぎれ• 硬いものを大量に食べたくなる• 口内炎や口角炎になりやすい などの症状が出るという特徴があります。 遺伝的なもの 足の爪が反るのは、 遺伝的のものである場合もあります。 「優性遺伝」といって、両親のどちらかが爪が反っていたり、爪が薄くて柔らかく、反りやすい状態である場合などは、遺伝により足の爪が反ってしまうことがあります。 多くの場合は痛みがあるわけではなく、その他の症状も出ないため、治療の必要もありません。 職業的なもの 立ち仕事などで、常に指先に力が掛かってしまっていたりすることが原因で、足の爪が反ることがあります。 指先に力がかかってしまうと、爪に負担がかかってしまうため、爪が反ってしまうのです。 爪の切り方によるもの 足の爪を切る時に切り方を間違ってしまうと、爪が変形するリスクが高くなり、足の爪が反ることがあります。 爪の両端を短く切りすぎると、爪の一部分に負担がかかりすぎてしまい、足の爪が反ってしまうことがあるのです。 足の爪が反る場合の対処法 足の爪が反る原因は生理的なものや遺伝性のものもあり、見た目は気になるかもしれませんが、悪影響がなければ対処や治療の必要がないものもあります。 しかし病気などが原因の場合もあるので、遺伝性でない場合はしっかり対処するようにしましょう。 次に、足の爪が反る場合の対処法について解説していきます。 鉄分をしっかり摂取する 足の爪が反る原因が、鉄分が不足していて貧血の状態である場合、 鉄分をしっかり摂取するようにしましょう。 なので食事と合わせて、鉄分を補うサプリメントを飲んでいくと効果的です。 爪に負担をかけすぎない 足の爪が反る場合は、 足の爪に長時間負担がかかるようなことは、意識して避けるようにしましょう。 仕事などでやむ終えないこともあると思いますが、自分なりに工夫してみたり、しっかり休憩などを取るなどの対処が必要になってきます。 爪の両端を切りすぎない 足の爪を切る時は、 爪の両端を極端に短く切ったりしないよう気をつけてください。 足の指に負担がかかった時、爪の両端がないと、中心の一点のみに負担がかかってしまい、それが爪が反ってしまう原因となります。 なので足の指の爪は、できるだけ四角い形になるように切り、また伸ばしすぎにも注意しましょう。 病院を受診する 足の爪が反る原因が、生理的なものや遺伝性のものでない場合は、病気の可能性があります。 足の爪が反るだけでなく他にも症状がある場合や、貧血の状態がなかなかよくならないなどという場合は、大腸ガンなどの鉄分がうまく吸収できなくなるような、恐ろしい病気が隠れていることもあります。 なので、できるだけ早く 病院を受診し、医師に相談するようにしてください。 まとめ 足の爪は反らないに越したことはありませんが、気づいたら反ってしまっている場合があります。 そして爪は、健康状態を表すバロメーターでもありますので、足の爪が反ってしまった場合は、しっかり対処するようにしましょう。

次の

爪が変色するのは病気?色別に考えられる原因や症状、治療法を紹介!

子供 爪 変色

ここでは、 爪の病気の画像を紹介しています。 ここに掲載されている爪の病気の画像は参考程度にしてください。 爪の病気は、見た目が似てしまうことがあり、素人では明確な判断を下せないためです。 『』でも書いている通り、体の内部で発生している何かしらの病気が影響し、爪の異常を引き起こしている可能性があります。 または、爪水虫のように、爪自体が正常ではない状態に陥っていることもあります。 どちらの場合にせよ、素人判断してしまうのは避けた方が良いと思います。 万が一でも重度の内臓疾患等を引き起こしている可能性もありますので、 もし爪に違和感を感じるようなことがあれば、専門医の受診をおススメします。 病名 画像 症状 爪の異常の多くがこの症状とも言われているほど多い。 表面が白く濁っている状態。 感染症であり、完治までに時間を要するので特に注意が必要。 薄く白くなり爪先が内側に湾曲してしまう状態。 噛み過ぎて変形してしまった状態。 表面の中央部が肥大化し、盛り上がってしまう状態。 打撲や外傷などで爪の下に血の固まりが起こる状態。 傷から化膿菌が入り込み、周囲が赤く腫れ痛み、炎症をおこす状態。 爪の異常の多くが水虫が原因 「爪の変色」「爪の変形」「皮膚の異常」「痒み」は 爪水虫・水虫の症状の可能性があります。 水虫は非常に厄介な症状ですので、 なるべく早く適切な処置を行うことを強くお勧めします。

次の

足の親指の爪が痛い【化膿の治し方、変色し黒い・白い病院は何科?

子供 爪 変色

まず、どのような原因があるかをこちらでご紹介しますので、参考になさって下さい。 足の親指の爪が痛い時の病院は何科へ行けばいいか、膿が溜まって痛い時の原因、爪が黒や白に変色している時-緑-黄色になっている時、考えられる原因をまとめました。 親指ではないですが、私の人差し指です。 白い横の線が入っています。 このときは肝臓の数値が… 爪は自分の症状が現れやすい部分です。 この爪のサインをしっかりと読み取り、あなたの健康管理に役立てて頂ければと思います。 そこで診察して、専門外であれば紹介状を書いてもらい総合病院へ行くのが一番早い方法でしょう。 しかし、強い衝撃を受けた、指をドアに挟んだなどの場合は整形外科、巻き爪、陥入爪で爪が変形していて痛い場合は皮膚科でも整形外科でも診察してくれます。 爪が黒く、または白い、内出血とは違う黒い点が出来てなかなか消えないといった場合は内臓疾患の可能性があるので、内科で治療してもらうこともあります。 一般的にはこのような症状を、ひょうそうと呼びますが、爪の周りに起こる症状は爪囲炎と呼びます。 少し痛みがありますが、爪をぎゅっと押さえると爪の横からクリーム色をした膿が出てきます。 一日では出きらないので、2日、3日と続けていけば膿が出なくなり、腫れも治まります。 この時に注意したいのが、膿を出した後毎日欠かさず消毒、抗炎症クリームを塗る事です。 ドラッグストアでも購入できる抗生物質が入った軟膏、クリーム、特にステロイド系のものがおすすめです。 ゲンタシン軟膏はその成分を含んでいて、大抵のドラッグストアで販売しています。 常備薬として家に一本あると安心ですよ。 ・予防方法 手先、足先を清潔に保つことです。 爪の横は特にバイキンが入り込みやすく、出ていきにくいので化膿しやすい箇所。 さかむけでの出血、深爪をしたと思った時には必ず血を全部出し切り、消毒をしましょう。 血と一緒に、菌も出ていくので、大切な事なのですよ。 しかし、異様に黒い、白い色の場合は、皮膚科系の病気や内科系の病気も考えられます。 その原因となる病気をご紹介します。 痛くて歩けない、爪が剥がれそう、そして大きな特徴としては爪が真っ黒に変色します。 早期の治療が必要なので、皮膚科へ行きましょう。 ・爪下血腫 強い痛みで、爪の下に内出血を起こしている症状です。 合わない靴や歩きすぎ、足の親指への強い衝撃が原因で起こります。 ・炎症後の色素沈着 上に紹介した爪下血腫やその他炎症を起こした際に爪に黒い筋なようなものが出来ます。 爪が伸びるにつれて色は消えますし、炎症などの原因を解消すれば痛みも消えます。 ・その他 グロームス腫瘍、アジソン病、糖尿病、肝臓や腎臓の病気があります。 足の親指に発症することが多く、放置していると爪が割れ、歩行困難になります。 ・肝硬変 爪の白さに伴い、急な体重の変化、黄疸が見られる場合は肝硬変の可能性があります。 肝硬変は病気の発見が分かりづらいので、爪に痛みを感じることはありませんが、爪の色や諸症状が気になるようなら早めに内科へ行きましょう。 私は肝硬変までいっていないですが、肝臓数値が悪く胆汁の出が悪いと診断されました。 手の爪は気にして見る事が多いですが、足の親指の爪は見落としがちですよね。 いつも履いている靴は蒸れて菌が繁殖しやすい状態なので定期的に洗い、乾燥に気を付けることで爪の病気を防ぐことが出来ます。 爪のトラブルで困ったことがあれば、まずは皮膚科へ行ってみましょう。 気になる!健康記事ランキング•

次の