自民党 比例。 【衆院選】自民党が比例名簿を発表(1/5ページ)

比例区 開票速報

自民党 比例

衆院比例代表候補の「73歳定年制」をめぐり、自民党内で世代間バトルが勃発している。 70歳を超えるベテラン有志議員は12日、安倍晋三政権が掲げる「人生100年時代構想」などを引き合いに党執行部に定年制廃止を要請。 これに若手議員で構成する青年局が猛反発し、世代交代を促すためにも「定年制の堅持」を訴えている。 (広池慶一) 「年齢を問わず、候補者は全て選挙区と比例代表の重複立候補者として同一に位置付けるべきだ」 衛藤征士郎元副議長(79)は、二階俊博幹事長(81)と下村博文選対委員長(66)に定年制廃止を求める要請書を手渡した後、記者団にこう訴えた。 平沢勝栄広報本部長(74)や大西英男衆院議員(73)も同席し、二階氏は「速やかに処理すべきだ」と前向きに応じたという。 定年制は平成15年に小泉純一郎政権下で導入した。 衆院比例候補の選定基準を「公認時に73歳未満」とし、当時いずれも80代で比例単独候補としていた中曽根康弘、宮沢喜一両元首相にも厳格に適用。 しかし、選挙区と比例の重複立候補ができなくなり、落選のリスクを低くしたいベテランからは重複を認めるよう求める声があった。 要請書は「年齢によって優劣の差を条件にすることは、議会制民主主義に著しく逆行する」と主張。 若手に向け「高齢者の高き志に対し、果敢に挑戦し圧倒する意気込みと迫力を示してほしい」とハッパもかけた。 青年局は、さっそく真っ向から異を唱えた。 12日の定例会議で対応を協議し、衛藤氏らの申し入れから約1時間後に小林史明青年局長(37)が下村氏に対し「定年制の堅持」を強く求めた。 今後、地方組織の意見も踏まえ、二階氏にも申し入れる方針だ。 小林氏は記者団に「新しい人材がチャレンジできる機会を作るため、制度上、担保することが重要だ」と語り、枠に限りがある比例は若手のために空けるべきだと主張。 ベテランに定年のない選挙区単独での挑戦を促した。 ある70代議員も「70歳を過ぎて政治家をやっているのに(選挙区で勝てるだけの)地盤がないのか」と突き放し、ベテランも一枚岩ではなさそうだ。 外部サイト.

次の

選挙区・比例代表別議員一覧:議員情報:参議院

自民党 比例

自民党は9日、衆院選比例代表の公認候補者計313人を発表した。 選挙区との重複立候補は258人で、比例単独は55人となった。 安倍晋三首相(党総裁)、小泉進次郎筆頭副幹事長らは重複しなかった。 同党はあわせて比例代表の名簿登載順も発表した。 選挙区の定数減に伴い比例に転出する前職が単独で名簿1位になるケースが目立った。 東北は江渡聡徳氏、近畿は奥野信亮氏、九州は園田博之氏がそれぞれ単独1位となった。 奥野、園田両氏は党の内規で定めた「73歳定年制」の対象外となる。 前回は民主党(当時)で当選した鈴木貴子氏は比例北海道の単独2位、選挙区調整で比例に回った宮路拓馬氏は比例九州の単独2位となった。 失言で復興相を辞任した今村雅弘氏は比例九州の単独3位に入った。 比例名簿の下位では元職も目立ち、いずれも次世代の党に在籍した杉田水脈氏(比例中国17位)、上野宏史氏(比例南関東32位)、藤井孝男氏(比例東海33位)らが自民党から出馬する。 群馬1区での出馬を検討していた中曽根康弘元首相の孫の中曽根康隆氏は比例北関東の30位となった。 このニュースの写真.

次の

自民ベテラン、比例の定年見直し要望 若手は反発:朝日新聞デジタル

自民党 比例

昨年、人事で二階幹事長に変わってから、73歳以上の候補は比例重複を認めないとしている現行制度を撤廃しようという動きがある。 いままで老人になると比例復活の制度が使えなかったけど、これからは一億層活躍社会だから高齢議員も比例復活をにしよう、という論法だ。 もちろん若手は反対している。 党内で議論をするたびにマスコミに「居座る老人議員と反発する若手」という世代間対立の構図で報道されている。 でも、冷静になって、この73歳で比例定年制を撤廃するからといって何か変わるのかを考察してみると、じつはあまり変わらない。 73歳で定年ではなく、「比例の定年」だから選挙区でそのまま勝てばいい話なのだ。 以下にの高齢議員と選挙区の状況をまとめた。 みな長年議員をやっているからさすがに強い。 そもそも選挙区で負ける状況ではない(=比例重複しなくても当選する)。 逆に少数であるが、現在接戦・あるいは敵方がになるとヤバい、といった議員は氏(岸田派)、氏(無派閥)、氏()、赤枝恒雄氏(石原派)の4人くらいだということがわかる。

次の