ポケモン アニメ サンムーン。 テレビアニメ

『ポケットモンスター サン・ムーン』公式サイト

ポケモン アニメ サンムーン

概要 をベースにしたポケモンアニメ第6シリーズの略称。 舞台は地方。 編の放送終了後、放送されていたシリーズ。 主人公はおなじみのと。 2016年11月17日 木 から2019年11日3日まで。 全146話。 18年10月の番組改編に伴いと共に日曜午後5時半、6時台に移動改編され及びの裏対抗番になる。 以降20年以上不動だった初のゴールデン移動だが、これは子供の環境の変化に伴い家族でTVを見る機会を増やす為だと云う。 本作ではサトシがスクールライフを送る学園もの仕立てとなっており、従来のシリーズと異なり町から町へ、海へ山へと 旅をしない。 要所ではゲーム本編に登場した施設やアイテム、台詞が飛び出している。 本シリーズでは、サトシは先生でもあるの家に下宿しており、そこから通うで物語が展開される。 一部を除き、建物の配置図はゲームに準じている。 やのメインキャラは存在しない(そもそもベースとなったゲームの『』や『』自体にジムリーダーが存在しないのだが)。 クラスメートとしてゲーム版に於けるが登場するが、ゲーム版と異なりキャプテンとしての役職には就いていない 本作において試練を取り仕切るのは島の王の役目となっているため、キャプテンという役職そのものが本作の世界観には存在しない可能性が高い。 メインキャラクターは過去最多の人数であり、中でも。 このうちサトシ含むクラスメート6人がとして分類されている。 今作では主要スタッフ陣に大きな変更があり、監督が前作『』の氏から氏に、シリーズ構成が『DP』~『XY&Z』を務めた氏から氏になっている。 また、ゲスト声優にポケモンの家くる? のレギュラーメンバーが出演する。 3話よりdボタンを介したデータ放送が開始され、そのサービスであるポケゲージを貯めると、ポケモンSM及びUSUMで連動可能なが表示される。 ポイントに関しては通常よりも10p多い20pである。 アイキャッチの四分割シルエットで9割予測できる訳ではないが、例え的中して姿は同じでも性別は異なる場合がある 例外は27話のルガルガン まよなかのすがた と28話のカビゴンだったが、39話以降は挿話の中心ポケモンに改められた。 ポケモンはゲージの蓄積表示中でも閲覧可能。 プレゼント応募用のゲーム『 』も 3話から行われている。 こちらはメインメンバーだけでなく、ロトム、ジョーイ、ハラ、バーネット博士 ムコニャ含む も適用されており、各話に因んだものが出題される。 放送開始冒頭に問題を出題、本編終了後のCパートに答えの発表とその後のちょっとした後日談が入る。 その為、映画情報やプレゼントがある時期では他のシリーズと同じ様にポケもんだいは休止となる為、 話のオチが無くなる事がある ニャビーVSアローラペルシアン回やスナバァ回など。 劇場版でも扱うが、ゲージ速度は途中小休止もあって遅い。 96話は何故かdボタンで出題が出されていない。 尚、休止になるのは地上波本放送のみであり、休止になったポケもんだいは一部の動画配信で見る事が出来る。 問題とプレゼントは145話で終了。 店頭でのソフトの購入か、ゲーム画面を見せるかでコード付きのチラシを配布するが、数量も限定で配布期間と有効期限も各々異なる。 2017年11月9日でシリーズ通算1000回を迎えた。 そして、2019年9月1日放送回において、初にして次回作であるアニポケ新シリーズ 「」が放送決定と発表され、9月29日より詳細が随時公開。 本作は11月3日放送回をもって全146話で完結。 本作は『』以来、全話が無事予定通りに放送されたシリーズとなった。 また、同一シリーズ中にタイトルを変更しなかったのも同作以来となる。 というのも、本作はテレビシリーズが20周年を迎える時期に放送されていたのだが、劇場版ではこれを機に原点回帰を図る事になり、のリメイクや無印編ベースのオリジナルストーリーとして制作されたからである。 あらすじ のバリちゃんが商店街の福引きで特賞を当てて、サトシはピカチュウ、ハナコ、バリちゃんと自然豊かな地方に旅行へ出掛けていた。 観光を楽しむ中でサトシは新しいポケモンや他の地方と違う独自の文化や姿を持つポケモン達に出会っていく。 オーキド博士からのおつかい にを届ける がきっかけで、その親戚が校長を務めるの存在を知る。 やがてとの出会いやの存在を知ったこともあり、へ通うことを決意するのだった。 CV:• CV:• CV:• CV:• CV:• CV:• CV:• CV:• CV:• CV:• CV:• CV: 上層部• CV:• CV:• CV:• CV:• CV:• CV:• CV:• CV:• CV:• タッパ CV:• ジップ CV:• ラップ CV:• CV:• CV:• CV:• CV: ゲーム共通キャラ• CV:• CV:• CV:• CV:• CV:• CV:• CV:• CV:• CV: メインキャラの関係者(アニメオリジナルキャラ含む) も参照。 サトシの関係者• CV:• CV:• CV: カキの家族• シブ CV:石川界人• アマラ CV:• CV:• マオの父 CV:三宅健太• CV:• ウル CV: スイレンの家族• CV:?• CV:?• スイレンの父 CV: マーマネの家族• マーマネの父 CV:うえだゆうじ• マーマネの母 CV:? その他• CV:• CV: 主な登場ポケモン サトシのポケモン• CV:林原めぐみ• () CV:上田麗奈 カキのポケモン• CV:三宅健太• CV:武隅史子 マオのポケモン• CV:? スイレンのポケモン• CV:• CV:かないみか• CV:• CV:浪川大輔• CV:武隈史子 ポケモンセンターのポケモン• CV:?• CV:? ジュンサーのポケモン• CV:石川界人 カプ神• CV:愛河里花子• CV:清水理沙• CV:石塚運昇• CV:清水理沙 グラジオのポケモン• (ほしぐも) CV:?• ソルガレオ CV:?• ルナアーラ CV:?• ネクロズマ CV:?• CV:?• CV:かないみか ライドポケモン• アニメオリジナル• アニメオリジナル• アニメオリジナル• アニメオリジナル• アニメオリジナル• アニメオリジナル• アニメオリジナル• アニメオリジナル• オンバーン アニメオリジナル ゲスト 詳しくは 参照。 主題歌 OPテーマ 1. 普遍的な色調や人物はゲームフリークやオリジンに近いが、オリジンのスタッフも参加している影響だろうか。 人物とポケモンの作画がこれまでとは大きく変わり、特に、のデザインの変化は であり、『』開始時の 騒動と同等かそれ以上の大きな話題となった。 しかも、今回は一部のファンの間で「」と呼ばれ評価されていた直後であり、反動が凄まじいのだろう。 キャラクターデザインのみならず、作画における線の減少や影塗りの簡略化等、それによって実現したと思われるバトルシーンに限らないキャラクターの 活き活きとした表情と動きによって、映像の雰囲気も 従来のから大幅に変わっている。 また、以降技エフェクトやメカなどに多用されていた3DCGによる作画も大幅に少なくなっている。 そうした作画の変化に伴い、サトシの頭身が縮み非常に表情豊かになり、また『XY』シリーズでが改めて明言された。 大幅な作風の変化のほか、劇中の描写でも従来のシリーズとのつながりがぼかされており、今までのシリーズの続きであるとも、別物だと考えることもできる内容になっているため、後述するようにファンの間で考察が盛んに行われている。 これらの大きな変更に伴い、下記の様に公式側からいくつかのコメントがあった。 いろんなサトシを楽しんでほしい。 サトシへの愛はかわらない。 これからもみんなに愛されるサトシを演じる」(ご本人のTwitterより)• リンク先より三つ連続のツイートにて)• 冨安監督:「 今作では 10歳の少年らしさを押し出したい」「 楽しいシーンは楽しく、シリアスや熱いシーンはかっこよくと、メリハリをつけるためにキャラクターデザインを一新した」「 地方らしいおおらかさを出したかったので、これまで以上に表情を崩したり、表情をつけたりしている」(月刊2016年12月号のインタビューにて) 過去作との繋がり 2017年7月発売の『アニメディア』にて、冨安氏が「 見た目こそ違えど、今までの冒険を経験している体で描いている」と発信した。 この発表が、本論争における決定的な要素となるか否かの判断は、各位にお任せしたい。 その他 アニメポケットモンスターとしては、久しぶりにディズニーXDでの海外放送が行われている。 Zワザの発動時に、日本版にあるワザ名の文字が海外版では見られない。 注意事項 作画、キャラデザの大幅変更により、批判的な内容も散見されるが、純粋に楽しみにしている視聴者もいる。 気に入らないからと無闇にyahoo知恵袋やyoutube、neverまとめ、ニコニコの掲示板等で批判したり そもそも知恵袋のアニポケの情報自体ほとんど役に立たないものばかりだが 、キャストやスタッフに文句を言ったりするのは、マナー違反であるため注意。 一々粗を探す無粋な真似はフィクションを楽しむ人間としてどうかと思われるし、あれが駄目だから駄作とかこれとこれが違うから最低とかそういうのは後付けの否定であり「最初からサン&ムーンが自分に合わなかった」といえば済む話である。 元々キャラデザ否定派のアンチや作風、作画への抵抗感など大人だからこその先入観での否定は批判に当たらない。 アニポケは子供も見る娯楽作品でありフィクションという大前提を大人は忘れてはいけない。 関連動画• 【公式】アニメ「ポケットモンスター サン&ムーン」プロモーション映像第1弾(大好評放送中版) 関連イラスト.

次の

サン&ムーン (さんあんどむーん)とは【ピクシブ百科事典】

ポケモン アニメ サンムーン

これまで旅を続けてきたサトシが、スクールライフという一つの土地に腰を据えた生活をはじめます。 それだけに、その土地やそこに住む人々・ポケモンとの絆や出会い、生活がよりリアルなものに感じられ、南国アローラ地方の暖かい雰囲気と共に、とても爽やかな作品になっています。 ニャビーとムーランドのエピソード、マーマネの引越し回などをはじめ、ポケモンや人の絆にホロリとさせられるエピソードも豊富で、何より全編通して明るくて楽しい雰囲気が大好きです。 作画も非常に細やかで、ギャグシーンもより一層引き立ちますね。 大人になった今でも、思わず笑ってしまうクォリティーには感服です。 アローラ3人娘はとても可愛らしく、カキやマーマネのキャラクターもとてもいい味を出しています。 友達想い、ポケモン想いの彼らの存在は見ていて本当に気持ちがいいものです。 また、ククイ博士は父親不在のサトシにとっては父親のような存在になっているようで、話を通して少しずつ彼らの関係性にも深みが増しているような、そんな気づきも見ていてほっこりします。 ニャースのように話すポケモン枠としてサトシの仲間に加わったロトム図鑑も、親しみのあるキャラクターですね。 探偵もののドラマに心酔する設定も随所に見られ、こういった生活感のあるようなリアルな設定が、物語に入りやすい要因なのかもしれませんね。 さて、初代から愛されるロケット団。 今作でもキラリと光ります。 一時期シリアスキャラに転じたロケット団ですが、今作では安心のギャグテイストで笑わせてくれます。 キテルグマ、ミミッキュ、ヒドイデといった新しい仲間たちのキャラクターも濃いこと。 初代といえば、最近ではカントー回ということでタケシ・カスミの再登場も話題になりましたね。 初代から見ているファンとしては、感動もひとしおでした。 昔からのファンも大切にしてくれる、丁寧な作品作りに拍手です。 劇場版も、今年は原点回帰のエピソードでしたが、映画館でアローラの面々が活躍するような作品を、是非とも見てみたいものです。 自分自身が大人になり、環境も色々と変わりゆく中で、こうして変わらずアニメのポケモンを今でも楽しめる、それもこれまでのシリーズを含めても屈指の快作を楽しめるというのは、本当にありがたいものです。 アローラの暖かくて優しい空気に、元気付けられます! 最初に今作サトシのキービジュアルが公開された時XYのイケメンどこいったんだよと思ってたんですがほかの方も言うように見てみると違和感はそんなになくすんなり受け入れられました。 今作のアニポケではサトシが学校にかよい旅はしないのですがクラスメートの掛け合いが今までの旅の仲間とより強いと感じます。 キャラも普段旅立ちにちょっとしか出ない博士もの今回はよく出ますしクラスメートアローラのポケモン達とキャラがとてもよく丁寧に作られている印象です。 個人的に私がお勧めしたいのがポケモンの個性です。 今までのサトシの手持ちも個性的でいいメンバーが多かったですが、それでもリザードンやゲッコウガなどの一部のポケモンに集中しほかが隠れてしまうと感じる面がありました。 (バトルの盛り上げ方とかで仕方ないのですが) ですが今回のポケモンたちはサトシをはじめロケット団やほかのポケモンたちも一匹一匹のキャラがたっていてそおのポケモンにスポットが当たる回もたくさん用意されています。 久しぶりにアニメポケモン見てみようかな、ゲームかってポケモンに興味沸いたって人がいましたらぜひ見てみてください。

次の

ポケットモンスター サン&ムーン

ポケモン アニメ サンムーン

も参照。 放送期間 - 話数 1097話(SM終了時点) その他 放送休止期間あり (1997年 - ) DP第121話()より 関連作品 - 『 ポケットモンスター』は とより発売されている『』シリーズを原作とするの。 概要 [ ] 凡例 [ ] 記載されている略号は以下の通り。 記載されている略号• PM :編 KT 、オレンジ諸島編 OS 、編 JT• AG :編 HT 、編 BF• 第1期 BW1• 第2期(シーズン2) BW2 :エピソードN BW2N 、デコロラアドベンチャー DA• PM2• OA 沿革 [ ] 「ポケモンマスター」を目指す少年・と、相棒のをはじめとしたの成長を描いた物語とキャラクター性に焦点を当て、『』の発売から1年あまり経った 平成9年 から、で放送を開始した。 当初はで制作されていたが、(平成14年)8月 より、に移行した。 ただし、主題歌の映像などはそれ以前からデジタル化していた。 『アドバンスジェネレーション』の後期からはポケモンの技などにが使用されるようになった。 が日本全国に広がって以降も 4:3 における制作が続いていたが、 21年 放送 分以降より放送を開始した。 また、アナログ放送では2009年(平成21年)10月1日放送 分よりに移行した。 2012年(平成24年)1月5日放送分以降は も開始されている。 この他、テレビ東京系列(開始当初より)などでは を行っている。 なお、一部の技は字幕放送では一部分だけひらがなで表示されることも稀にある。 (平成9年)の第38話『でんのうせんしポリゴン』の放送時には「」が発生するが 、1クール強(約4ヶ月)の放送休止を乗り越えて放送は再開された。 (平成10年)にはの第1作『』を公開、の興行成績第4位と興行収入72億4000万円を記録した。 その後も毎年7月中旬からにかけて劇場版が上映されている。 (平成28年)より、放送時間を5分繰り上げ、18:55 - 19:25の放送となった。 1998年4月に放送再開して以来、18年ぶりに放送時間が変更となる。 (平成29年)4月で放送開始から20周年を迎え、同年11月9日(SM49話)で放送通算1000回 を迎えたであり、現在でもテレビ東京製作のアニメシリーズでは最番組である。 (平成30年)より、テレビ東京系列では日曜18:00 - 18:30枠に移動となった。 テレビ東京系列では19時台にアニメを放送してきたが、これで完全消滅する。 長い放送期間でスタッフの多くは変動しているが、や等は放送開始当初から現在まで製作に携わっている。 劇中のナレーションは『平成版』から『SM』第91話まで一貫して が担当。 石塚の死去に伴い、『SM』の第95話からが引き継いだ。 評価 [ ] は(平成9年)に放送された第33話「ほのおのポケモンだいレース! 」で番組最高視聴率となる 18. の渡辺哲也は、「アニメ番組の理想型は『ポケモン』」と述べている。 数々の功績が評価され、2007年(平成19年)には第1回でシナジー賞を受賞した。 あらすじ [ ] 不思議な生き物、(ポケモン)と人間が互いに助け合って生きている世界。 この世界ではポケモン同士を戦わせる「ポケモンバトル」が盛んに行われており、多くの少年少女たちが最強のトレーナーを目指して旅をしていた。 マサラタウンに住む少年・サトシも「ポケモンマスター」に憧れる1人。 彼は10歳の誕生日に、町に住むポケモン研究者のからポケモンを貰って旅立つことになっていた。 しかしサトシはその旅立ちの朝に大寝坊、慌てて研究所に向かったものの、、の3匹は全てライバル達に持って行かれた後だった。 そんなサトシに博士が差し出したのは、ねずみポケモン・。 可愛らしい容姿のピカチュウにサトシは一目ぼれ。 こうしてサトシの旅は始まったが、相棒のピカチュウはサトシに対して心を開こうとしなかった。 対立しながらの旅を始める1人と1匹であったが、ふとしたことから起きたの大群との戦いを通して打ち解け、唯一無二のパートナーとなる。 そして多くの人やポケモンとの出会いと別れを繰り返しながら、サトシと仲間たちの冒険の日々は続いていく。 ゲーム版との比較 [ ] 詳細は「」を参照 アニメ化にあたって、演出上の都合でゲーム版の一部の設定に変更がなされた。 ポケモンバトルの設定がゲーム版とは若干異なる。 技の効果や相性が異なる場合がある• ポケモン1体が覚えられる技の数はゲームでは4つまでだが、アニメでは1体あたりの技の数に制限がない。 ただし、基本的にバトルにおいて1体が使う技の数は4つまでである。 技を出し合うだけのゲーム版に対して、攻撃をかわした上での反撃、相手の技を見てから「まもる」を指示するなどゲーム版では不可能なバトル展開が起こることがある。 ゲームでは他人からもらったポケモンはある程度バッジを手に入れないと言うことを聞かなくなるが、アニメではバッジの効果はなく 、自分でゲットしたポケモンでも言うことを聞かないことがある。 一部回で進化方法が異なる。 アニメ化に際して「女の子にもターゲットを広げたい」という制作側の意向で、ゲーム版で最初にパートナーとして選択する3匹のポケモン(、、)ではなく、ピカチュウを起用した。 、、、の設定が一部変更されている。 なお、アニメ版で初めて登場した概念が後にゲーム版で反映されたケースもある。 一例を挙げると、『』までのは、を使わなければ「10まんボルト」を覚えなかったが、アニメ版が反映された『』以降では、レベルアップで「10まんボルト」を習得できるようになっている。 『』以降では、ピカチュウの鳴き声がアニメ版と同じのボイスに変更されている。 また、ポケモンの一部が登場する『』においては、のいないものを除き全てのポケモンに声優が割り当てられており、そのほとんどは過去にテレビアニメ版、劇場版で同一の役だった声優が担当しているが、そのどちらとも異なる声優が起用されているケースも存在している。 パロディ [ ] サトシとシゲルの名前は、それぞれ、から引用されている。 また、の3人組は曰く『』に登場するの影響を強く受けている」 とのこと。 ゲーム版から派生したのギャグ漫画版『』の主人公レッド、喋るピッピ、ピカチュウがアニメに登場したことがある [ ]。 この他にも、この作品と関係の深いメーカーや商品、芸能人の仕草や発言に関するネタが登場することもある。 例えば、ロケット団の操るメカに任天堂のの「」や「」 が登場していた。 なお、日本国外版ではパロディの部分が差し替えられていることもある。 補足 [ ]• 国外においても、やなど、世界98の国と地域で放送実績がある(2017年3月現在)。 日本国外版ではが独自に作曲されたものに差し替えられている。 アニメ内では年や四季の巡りは存在しているが、登場人物の設定年齢は変化していない。 なお『NARUTO -ナルト- 疾風伝』の後番組として『』が2017年4月から2018年4月まで放送されたが、こちらもキャラ共演は行われなれていない。 9月30日より、の番組の(・)にのの「」が入ることになったが、当初はこの番組では使用していなかった(関連番組の『』も同様 シリーズ一覧 [ ] アニメシリーズの構成はこれまで1997年にスタートしたから現在放送されている『』までの7作となる。 どのシリーズも、ゲーム版(本編)が新作に代わる度に既存のシリーズが終了し、新しいシリーズに突入するという形を取っている。 一部のシリーズでは平成版から登場しているキャラクターのデザインの変更がなされ、BGMについてもBW編ではDP編まで使用されていたものから新規のものに変わるなど、一部リニューアルが施されることもある。 しかし、今までの冒険のことが語られることもあり、平成版から繋がっていることには変わりはない。 『』から『』までは当時発売している本編ゲームをベースにした作りをしている。 一番放送期間が長いのは平成版の5年7ヶ月。 その後『』、『』は約4年間放送され、からスタートした『』、にスタートした『』、にスタートした『』は約3年間放送された。 DP編までは初回から最終回までシリーズタイトルの途中変更などはなかったが、BW編以降はリーグ戦や悪の秘密結社との闘いといった各区切りの際には、放送中にシリーズが分離されるようになった。 ただし平成版は「カントー編」「オレンジ諸島編」「ジョウト編」、AG編は「ホウエン編」「バトルフロンティア編」へと、同一のシリーズ内で物語の舞台によって区分されている。 これに加えてサトシとムサシ・コジロウ・ニャースは一貫して全シリーズで登場しているのに対し、ヒロイン枠はシリーズごとに交代し、BW編以降はタケシなどのようにジムリーダー枠も交代する形となっている。 シリーズ終盤や映画に次の地方のポケモンがゲスト出演として(ハヅキのバシャーモ、ルカリオなど)登場したり、XY編以降はゲームに先んじて新フォルムとして(サトシゲッコウガ、たそがれのルガルガンなど)登場することがある。 AG編からDP編及びSM編は放送終了後の翌週に次作の放送直前番組が放送されている。 DP編からXY編は本編最終話の後に特別編が放送されており、BW編とXY編ではシリーズの垣根を超えてサトシの旅の仲間だった者同士が共演している。 『ポケットモンスター(平成版)』 [ ] 詳細は「」を参照 『ポケットモンスター ベストウイッシュ』の続編。 『(ポケモン)XY』『(ポケモン)XYZ』などと呼ばれることがある。 テレビ東京開局50周年記念作品。 『ポケットモンスター XY』(第1期)• 放送期間:2013年(平成25年) - (平成27年)• 全話数:93話• 放送期間:2015年(平成27年) - (平成28年)、、(特別編)• 2015年(平成27年)10月29日 - 2016年(平成28年)(ここまで木曜19:00 - 19:30)• 2016年(平成28年) - 11月10日(ここから木曜18:55 - 19:25)• 全話数:49話(特別編2話を含む)• 『ポケットモンスター アンコール』 (平成11年) - (平成14年)(火曜日19:00 - 19:30。 第140話まで) 番組名に「アンコール」とつき扱いではあるが、番組はで、副音声で版を聞くことができた(一部地域を除く)。 また、番組の最後には『POKEMON de ENGLISH! 』というミニコーナーが放送された。 これは、カスミの進行 でアニメのシーンを利用した単純な英語講座であった。 通常版とは違い、系列外では放送されていない局があった。 なお、英語版が放送(制作)されていない回も含まれており、その場合は本放送通りので製作された。 火曜日でのポケモンの放送はアニメ1期以来1年10か月以来となった(時間帯も初期の時間より30分繰り下げ)。 特別編扱いの「ルージュラのクリスマス」、「イワークでビバーク」、「げきとう! ポケモンひなまつり」、「こどものひだよぜんいんしゅうごう」はポケモンショックがなかった場合の放送予定に近い内容順で放送。 「でんのうせんしポリゴン」と当初放送予定になかった「ピカチュウのもり」は未放送。 2002年9月17日、『週刊ポケモン放送局』に交代する形で放送を終了した。 その際、予告テロップが表示され、「さようなら。 そして、また会おうね。 」というメッセージが流れた。 『ポケットモンスター サイドストーリー』 『』内で放送された、的作品。 タケシ、カスミ、ロケット団、オーキド博士など本編の脇役たちが主人公となり、本編の主人公であるサトシは回想シーンなどに登場するのみであった。 詳細はを参照のこと。 『』 『』の続編として作られた。 テレビ東京系列にて、(平成12年)初放送。 『』 『』の主人公らを用いた、番外編。 テレビ東京系列にて、(平成13年)12月30日初放送。 『』 10周年を記念して、(平成18年)4月にアメリカにて放送された作品。 日本では、同年10月からテレビ東京の所有するアニメサイト・あにてれ、、で期間限定配信された。 なお、本作はDVD化されていない。 『』 北米でのゲーム『』発売に先駆け、2006年(平成18年)にアメリカにて放送されたオリジナルエピソード。 登場キャラクターはゲーム本編とほぼ同じである。 ある日、見たこともない異世界で人間からへと変身してしまった主人公の少年が、やと共に救助隊「ガンバルズ」として冒険をする。 日本では、(平成19年)からにかけての「」で配信が行われていたのみなので、とも言える。 『』 『』発売に先駆け、2007年(平成19年)に『』内で放送されたオリジナルエピソード。 前作とは「目が覚めたらポケモンになったこと」以外は関連性はない。 また、前述の「あにてれ」内でからまでの間、Yahoo! の「」にてからまでの間、無料で配信されていた。 前アニメと同様、「Yahoo! きっず」や「あにてれ」での配信の他に、「」、Wiiの「」でも配信された。 『』 ゲーム『ポケットモンスター ブラック2・ホワイト2』の紹介映像として制作された作品。 『』 『』2012年8月号付録DVDに収録の『』のスピンオフ。 『』 『劇場版ポケットモンスター ベストウイッシュ 神速のゲノセクト ミュウツー覚醒』のプロローグとして2013年7月11日に放送の特番。 『』 に特別番組として放送された作品。 『』を元に製作された。 『ポケモン第1話! 全部みせますスペシャル! 』 2013年12月31日に放送された、これまでの各シリーズの第1話をサトシナビゲートの元オリジナル日本語音声で再放送したスペシャル版。 BW以外は4:3の画質のため、サイドパネルつきで放送された。 その後、「完全マスター! ポケットモンスターXY 1時間スペシャル」が放送された。 『完全マスター! ポケットモンスターXY 1時間スペシャル』 2013年12月31日に放送された総集編。 シトロンがハリマロンを手に入れるまでが描かれている。 今後の見所 も放映された。 その後、12月31日にも2014年内に放送された総集編として放送された。 その時も今後の見どころ も放送されている。 『』 『ポケットモンスター XY』の番外編として、テレビ東京系列で不定期に放送されたアニメシリーズ。 『』 ゲーム『ポケットモンスター オメガルビー・アルファサファイア』の紹介映像として制作された作品。 『ポケットモンスター! 伝説のポケモン全部見せますスペシャル! 』 2014年12月31日に放送された、これまで放送されたシリーズの中で伝説のポケモンをフィーチャーしたストーリーをセレクトしてサトシナビゲートの元オリジナル日本語音声で再放送したスペシャル版。 DPとBW以外は4:3の画質のため、サイドパネルつきで放送された。 『全ての謎を解き明かせ! の進化、アランとのバトルなど、今後の見所も放映された。 『』 からまでで配信された作品。 『リアル体験!あつまれ!ポケモンスクール!!』 2016年に放映された特別編。 ポケモンのを実験で再現するというもの。 今後の見どころも放映された。 『ポケットモンスター プレミア10』 (23日深夜) - (24日深夜)(月曜日(日曜日深夜)1:35 - 2:05 )、全10回。 これまでのシリーズ全作品で過去に放送したエピソードの中から、ポケモン好きの芸能人やこれまでのシリーズの制作に関わったスタッフ・キャストらがセレクトした、思い出に残るエピソードをアンコール放送した。 『プレミア10』各話リスト 回 放送日 エピソード 選んだ人物 第1回 2017年 7月24日 無印 第1話「ポケモンきみにきめた! 」 第2回 7月31日 無印 第21話「バイバイバタフリー」 松本梨香 第3回 8月7日 XY 第31話「メガルカリオ対メガルカリオ! 波導の嵐!! 」 第4回 8月14日 DP 第122話「進化! その時ポッチャマは!? 」 第5回 8月21日 無印 第38話「ピカチュウのもり」 第6回 8月28日 無印 第135話「リザードンのたに! またあうひまで!! 」 第7回 9月4日 無印 第105話「ピカチュウVSニャース!? 」 大谷育江 第8回 9月11日 無印 第5話「ニビジムのたたかい! 」 第9回 9月18日 無印 第14話「でんげきたいけつ! クチバジム」 第10回 9月25日 無印 第97話「おニャースさまのしま!? 」 『ポケットモンスターの平成史〜火曜から木曜、そして日曜へ〜』 に放映された総集編。 のフォーマットでTVシリーズ20年間の歴史を様々な角度から取り上げる。 『』 トレーナー大集結スペシャルアニメーション ゲーム『ポケモンマスターズ』の紹介映像として制作された作品。 『』 からYouTubeで配信されたWebアニメ作品。 『』の世界を舞台にした。 や風のクラシカルなカートゥーン調のアニメ。 監督 -• プロデューサー - Yoshiyuki Koie• アニメ制作 - Miyako Makio、Ryousuke Senbo、Shinichi Suzuki、Shuya Yoshisato• 背景制作 - Tsutomu Ikeda• 音楽 - Kei Tsuda ミニコーナー [ ] 放送開始当初はミニコーナーは放送されていなかったが、第61話から本編の終了後にミニコーナーが放送されるようになった。 ミニコーナー開始当初は「オーキド博士のポケモン講座」が放送された。 オーキド博士が毎回1匹のポケモンを紹介・解説し、それに関する「ポケモン」を読み上げるコーナーである。 また、川柳を視聴者から募集することもあった。 オーキド博士が川柳を読み上げる前にポケモンの技を受けひどい目に遭うことが定番のオチとなっており、後の「ポケモン大百科」や「ポケモン大検定」にまで波及している。 また、「特別編」としての最新情報やポケモンリーグ・グランドフェスティバルの解説をすることもあった。 『アドバンスジェネレーション』では、2004年(平成16年)12月 より「ポケモン講座」に代わって、当時の『』のコーナーとして放送されていた「ポケモン」が放送された。 当初はポケモンの名前を答えるで、アバンタイトルでタケシが問題を出題し次回予告終了後に答えを発表するという形式をとった。 2005年(平成17年)10月 からは過去の回の映像を使った式の問題や、なども出題されるようになった。 出題も本編終了後となり、出題者もサトシ・ハルカ・タケシ・マサト・オーキド博士が持ち回りで担当した。 問題のレベル(初級・中級・上級の3段階)を言った後、1匹のポケモンを紹介しその特徴や能力などからクイズを出題する。 このコーナーではポケモン川柳が廃止された。 『ベストウイッシュ』では、「オーキド博士のポケモンライブキャスター」を放送している。 内容は「ポケモン講座」や「ポケモン大百科」に準じているが、ポケモンの出番は映像のみであり、オーキド博士がポケモンの技を受けるオチは廃止され、ポケモン川柳が復活。 『XY』では、「オーキド博士のポケモンホロキャスター」を放送している。 ポケモン川柳は存続しており、「ポケモンライブキャスター」では廃止されたオーキド博士がポケモンの技を受けるオチが復活している。 主にその話でキーになったポケモンについて紹介することが多く、本編終了後の後談も追加されている。 また過去の映像も使われている。 5月ごろから8月ごろには、ミニコーナーを休止して劇場版の最新情報を伝える。 なお、以前は前述の通り「ポケモン講座特別編」として放送されることもあった。 アバン前では主にその回で活躍する人物がその回の本編に関するクイズを出題し、ED後はクイズの答えを発表した後、その回に関連したショートアニメを流している。 スペシャル版の放送前週には、ミニコーナーを休止して予告が拡大されることがあるほか、スペシャル版放送時にもミニコーナーが休止される場合がある。 また、プレゼントやキャンペーン・イベントのお知らせなどでも中止となる場合がある。 なお、これらの場合でも遅れネット局やDVD・ビデオ版では原則として通常通り放送・収録されるため、ミニコーナーの一部の回に遅れネット局やDVD・ビデオ版限定の回がある。 放送局 [ ] ポケットモンスターのネット局 テレビ東京系列()では4月から同年12月までは18:30 - 19:00の放送だったが、「」による休止を経て4月に再開し、それ以降は約18年に渡って3月まで19:00 - 19:30で、2016年4月から9月までは放送時間を5分繰り上げて木曜18:55 - 19:25で放送された。 2018年10月に放送時間が日曜18:00 - 18:30となり、20年6ヶ月ぶりに曜日移動が行われた。 他の系列より放送地域の狭いテレビ東京系列の番組ではあるが、を除く全ての(含む) のテレビ局にド(初期は) され放送されている。 遅れネット配信の一部チャンネルではまれに再放送するケースもある一方、劇場版は放送しない、又は土・日曜日に放送することがある。 なお、『ベストウイッシュ シーズン2』より放送終了後数日後にとしてで時差配信される。 テレビ東京系列以外のネット局では、放送の最後にその回のシーンを使ったを流している。 他ポケモン公式YouTubeチャンネルおよびTVerにて見逃し配信サービスを行っている のエンディング(2003年の第6作『』以降)では、テレビ東京系列局を含めた全てのネット局(38局)が「協力」として明記されている。 この表では、「プロモーション協力」で表記される順番によった(テレビ東京系列局を始めとし、北の地方から順番に列挙)。 また、これは に準じている。 はテレビ東京系列6局のみ、日本語はテレビ東京系列6局と、同時ネットの 、放送拡大・劇場版時の同時ネット局、(TVシリーズ)、 のみ(2020年7月現在)。 放送地域 放送局 放送日時 放送系列 ネット状況 脚注 日曜 18:00 - 18:30 製作局 同時ネット 土曜 7:30 - 8:00 遅れネット 金曜 16:20 - 16:50 土曜 7:00 - 7:30 テレビ朝日系列 日曜 8:25 - 8:55 フジテレビ系列 日曜 6:15 - 6:45 日曜 9:00 - 9:30 フジテレビ系列 土曜 9:30 - 10:00 日曜 6:30 - 7:00 フジテレビ系列 土曜 17:00 - 17:30 TBS系列 土曜 5:30 - 6:00 日曜 6:00 - 6:30 土曜 16:00 - 16:30 テレビ朝日系列 日曜 6:30 - 7:00 フジテレビ系列 水曜 19:00 - 19:29 独立局 水曜 17:00 - 17:30 日曜 9:30 - 10:00 日曜 11:00 - 11:30 水曜 17:30 - 18:00 ・ 月曜 16:21 - 16:50 TBS系列 土曜 9:45 - 10:15 テレビ朝日系列 土曜 6:15 - 6:45 TBS系列 日曜 6:30 - 7:00 日本テレビ系列 フジテレビ系列 日曜 7:00 - 7:30 日本テレビ系列 日曜 9:00 - 9:30 フジテレビ系列 日曜 6:30 - 7:00 日本テレビ系列 フジテレビ系列 日曜 6:15 - 6:45 フジテレビ系列 テレビ朝日系列 土曜 11:15 - 11:44 テレビ朝日系列 土曜 7:30 - 8:00 土曜 18:00 - 19:00 日曜 7:00 - 7:30 日本国外での放送 主題歌は日本とは異なるものを使用している。 放送地域 放送局 放送日時 放送系列 ネット状況 脚注 遅れネット SET TV MOMO親子台 () 土曜 19:30 - 20:00() 日曜 18:00 - 18:30(日本時間) 香港の地上波放送 香港のアナログ放送 火曜 17:00 - 18:00() アニメ専門チャンネル 遅れネット リピート放送あり Korea () () () 全域 土・日曜 23:00 - 23:30 (日本時間) アニメ専門チャンネル 遅れネット などではで放送されている。 この表以外にもカートゥーン ネットワークで放送されている国家がある。 過去のネット局 [ ] 放送地域 放送局 放送日時 放送系列 ネット状況 脚注 土曜 16:30 - 17:00 TBS系列 遅れネット 平日 7:30 - 8:30 土・日曜 10:30 - 11:30 アニメ専門CS放送 リピート放送あり 海外での放送 放送地域 放送局 放送日時 放送系列 ネット状況 脚注 遅れネット 全域 土・日曜 22:30 - 23:00 (日本時間) アニメ専門チャンネル 補足(放送局) [ ]• その後、2009年4月に『』の放送終了で2枠に分割されて以降、2017年3月に同番組が終了するまで19時台のスペシャルは後枠の『』と隔週で交互に放送されるようになった。 なお後番組の『』はスペシャルが行われてなかったため、隔週で交互にスペシャルでの放送は行われていなかった。 また、の初放送は毎年の劇場版最新作公開2日前のの19:00から約2時間枠を設けて放送されてきたが、2016年『』は18時から、17:55からの映画情報とあわせて19:53までの木曜アニメ枠で放送され、2017年『』は、系列局でも直前の土曜日または日曜日のローカル枠で放送され、公開直前の木曜日は17:55から19:25までの90分枠で映画特番が放送された。 系列外の放送の場合、一部の地域では『』や『』『』『』とアニメ本編でネット局が異なっている場合がある。 詳細は・・・を参照。 系列外の地方局での放送では、放送日などの関係で内容に変更がされていることがある。 テレビ東京系列で放送が休止となった場合は、遅れ日数を調整するために再放送に差し替えられることがある。 その場合、直前の週の放送では相当話の次回予告も再放送され、次週から本放送に戻る場合は予告も本放送のものになる場合がある。 逆に、遅れの日数が大きい場合は夏休みなどに数話を集中放送して遅れを回復する場合がある。 テレビ東京系列でスペシャル版が放送される場合、それを予告する次回予告は専用のものが使用されるが、30分単位の放送である遅れネット局や・版()では、通常の放送と同様の形式で放送・収録される。 このため、テレビ東京系列局しか受信できない地域では前述の通常版の形式は、BSテレ東または映像ソフトでしか見ることができない。 系列外での放送の場合、原則としてテレビ東京系列でスペシャルとして放送された回については通常の30分版のものを複数回放送する形となり、劇場版の地上波初放送についてはテレビ東京系列での放送後約1か月以内に他の放送枠で約2時間枠を設けて放送される。 ただし、関西地区・中部地区の一部のではスペシャルや劇場版をすることがある。 ではテレビ東京系列で1時間以上の特番になる場合は同時ネットになることが多かったが、通常の流れではいないはずのキャラが登場していたなど物語の流れに支障が生じたため、2008年夏以降は劇場版を除き同時ネットは行っていない。 なお、同時ネットになった場合、翌週の通常枠は過去の回の再放送か別番組で穴埋めをしていた。 近畿地方の独立局では・・が劇場版を同時ネットすることがある。 これ以外のスペシャル番組については原則として同時ネットされないが、例外的にではのDP初回2時間スペシャルを同時ネットしている。 では2010年と2011年の劇場版の放送でKBS京都独自での渡辺裕薫による解説をつけて放送された。 このほか、では直後の『』の放送が改編期で休止される場合、テレビ東京系列で放送されたスペシャルを遅れネットで放送する場合がある(字幕放送非実施)。 主に春に実施される。 では木曜の7:30 - 7:59に再放送が行われていたが、2012年4月に終了した。 また、でも月曜 8:00 - 8:30に再放送が行われていた。 アメリカの では、新作は週末の朝に放送し、平日は再放送をしている。 では22話(約5ヶ月分)を"1期(シーズン)"とし、それを1時間の放送枠で1回につき2話ずつ放送している。 1シーズンを2ヶ月程度で放送したあとは新シーズン開始まで再放送を繰り返す。 期毎にを取得した放送局が一番最初に放送しているが、BW編以降はトゥーニバースが購入し続けており、他の放送局は番組購入という形でそれから遅れネットで放送する。 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• AG話数:「サトシとハルカ! ホウエンでの熱きバトル!! 」 TXN 2005. 24 120 を含み、「ポケモンレンジャー! デオキシス・クライシス!! 」(前編・後編)(TXN 2006. 13 171-172)は2話分とし、「ゆれる島の戦い! ドジョッチVSナマズン!! 」(未放送、TXN 2004. 4 101予定であった話)は含まない話数。 DP話数:「サトシとヒカリ! 新たなる冒険に向かって!! 」(TXN 2007. 27)・「ふしぎないきもの ポケットモンスター! 」(2009. 26)を含む、テレビ東京番組表などと同じカウント。 ・番外編・特別編を含むが、未放送話とXYの「最強メガシンカ」全4話は含まない。 以前の商号時を除く。 テレビ東京系列のみ。 サトシの台詞は黄色、ヒカリやリーリエ等のヒロイン系が水色、その他のキャラクターは白で表記される。 には、「最も多くの視聴者に発作を起こさせたテレビ番組 Most Photosensitive Epileptic Seizures Caused by a Television Show 」として掲載されている。 (の、2013. 8、)• 欠番・番外編・特別編に加え、「最強メガシンカ」全4話を含む、過去に放送された全エピソードの合算。 夕方でのレギュラー放送は、無印の1997年(発生日)以来となる。 『SM』の第45話から第55話までは第48話を除きナレーションが入らなくなった代わりとして冒頭にリーリエが前回を回想するシーンが挿入された。 第85話、第86話、第92話 - 第94話はが担当。 ゲーム版で全く技が効かない相性の関係であっても、ダメージが発生する場合があったり(例としていわ、じめんタイプを持つイシツブテやイワークなどがピカチュウのでんき技を食らうなど)、ゲームでは一度使うと次のターンに動けなくなるはかいこうせんを連射したり、発射までに時間がかかるソーラービームを即座に放つなど。 ただし話によっては、はかいこうせん、ソーラービームもしくはそれに類ずる技はゲーム同様同じ仕様になる場合もある。 BW58話のデントとボッドの会話から、デントがが覚えている4つの技のうち1つを忘れさせて、新しい技を覚えさせようと提案していることから、技が4つ以上のポケモンがいることが伺える。 オレンジ諸島編のユウジのや、ジョウト編172話に登場したが4つ以上の技を使っていたが、AG以降はそのようなことはなくなった。 例としてはサトシのヒトカゲはリザードに進化した途端言うことを聞かなくなってしまう。 リザードンに進化しても変わらなかったが、オレンジ諸島編で言うことを聞くようになった。 ただし劇場版『キミにきめた! 』ではリザードに進化した後もサトシの言うことを聞いている。 AG編のガイのバクオング、DP編のヒカリのマンムー、BW編のアイリスのドリュウズやカイリューなど。 いずれも言うことを聞くようになっている。 前者の場合は、ニャースが操作時に「ウィー」と言っていた。 『』のユカリがWiiリモコンを所持している部分もある。 短編やサトシの言動などから日数や年数を伺わせる部分はあるものの、公式ではサトシを10歳と定義している。 2017年の4月から『NARUTO -ナルト- 疾風伝』の後年を描いた続編『』が水曜17:55-18:25枠で開始したが、2018年5月から再び同枠に移動、2018年10月には本シリーズと共に日曜夕方(17:30-18:00)の放送に移行している。 ゲーム版新作第2弾『』発売後もタイトルを変更せず継続したため。 初回から最終回まで同タイトルかつ主要舞台が移されなかったシリーズはDP編・SM編のみとなっている。 カロス地方の冒険を終えた後の時系列かは明言されていなかった。 次回作の『ポケットモンスター』(2019年のアニメ)の第2話でサトシの部屋にカロス地方のジムバッジが置かれている描写がある。 AGの139話と141話では愛河里花子が代役。 XYの87話から100話までは伊瀬が産休のため、が代役。 AGの85話 - 92話は林原が産休のため、が代役。 DPの25話 - 49話、は山口が産休のため、が代役。 ただし2001年3月までは19:28終了。 『POKEMON de ENGLISH! 』』:後期以降はカスミ・ムサシとコジロウ・ニャースが持ち回りで担当した。 なお、このコーナーは後番組の『』でも初期の頃に放送された。 ただし当時の提供画面と次回予告はカットされていた。 マダムXの野望など。 放送時間は朝8時から8時55分まで。 サトシとシトロンとの対決、サトシとフクジとの対決など。 テレビ大阪は1日遅れで(24日深夜)より火曜日(月曜日深夜)1:05 - 1:35。 テレビ東京系列での「ポケモントリビアクイズ」は2006年7月から9月のAG最終回まで映画やDPのゲームとアニメの最新情報を放送したため、事実上2006年6月いっぱいで終了した。 一方、遅れネット局では引き続きAG最終回まで「ポケモントリビアクイズ」が放送された。 また、同局主催でを開催している。 またケーブルテレビに加入すれば県内においてもテレビ大阪で視聴可能であるが、などのではテレビ大阪が再送信されていないため、BSテレ東が視聴できる環境でなければ視聴は不可能である。 他系列番組のスポンサードネットに制限のある(NNS)加盟マストバイ局でもスポンサードネットが実施される一方、奈良テレビではタカラトミーのみスポンサード扱いで、その他はローカルスポンサーの提供となっている(後述)。 協力:2010年の第13作『』以降は、もクレジットに加わっている。 2015年4月にから放映権が移行されたは当初末尾に記述されていたが、その後本来の順番に修正された。 ちなみに、は原則として正式な社名で表記されている。 当初は字数の多い局については通称などに簡略されていた(や。 なお、テレビ新潟については2007年公開の以降では正式社名の「テレビ新潟放送網」表記になった。 福井テレビも現在は正式社名の「福井テレビジョン放送」となっている)。 ただし、テレビ東京系列で連動データ放送による特別企画が行われる場合、本局では系列外局であり、連動データ放送を実施しないため、その場合には当該企画を省いた遅れ局向けの通常版を放送する(ネットワーク回線からリアルタイムでを受けているか、事前にテレビ東京から素材提供を受けて自社で送り出しを行っているかは不明)。 この場合、字幕放送は非対応となる。 キッズステーションの字幕放送は一部などを除く(2020年7月現在)。 が木曜日の場合は中継のため、次のに振替放送されていた(、)。 2000年12月まではTXN九州。 2013年3月23日までは土曜 18:30 - 19:00に放送されていたが、同年3月30日 18:30 - 19:30に2話連続放送し、同年4月4日から同時ネットに移行。 テレビ東京系列での日曜夕方への枠移動後も同時ネットを継続。 なお、前述したように連動データ放送には非対応であるため、データ放送の告知が入る場合には、「奈良テレビ放送ではこのサービスは行っておりません」のスーパーが同時に入るようになっている(字幕放送非対応時はなし)。 また、スポンサーもテレビ東京系列と異なり、タカラトミーとローカルスポンサーの提供のため、提供表示もブルーバックに差し替えている(字幕放送非対応時は差し替えは行わない)。 ただし、声優による提供読みとBGMは「ご覧のスポンサー」のみのため、そのまま放送している。 無印編の途中から2009年3月27日まで金曜 16:30 - 17:00で放送(AG編の一時期に、ローカル番組の都合で5分繰り上げて放送していた時期あり)。 番組開始当初は火曜 17:00 - 17:30の放送だった。 また、AG編開始前の2002年夏休み期間の午後に、無印編の終盤の話数を集中放送したことがある。 2012年3月まで金曜 17:24 - 17:54で放送。 ただし、2011年4月から5月までの2カ月間は『』の5時台をネットするため、放送時間を1時間繰り上げて放送していた。 2012年4月には正式に『スーパーニュース』の5時台がネットされることから、放送時間が1時間繰り上げとなった。 無印編は金曜の16時台、AGは木曜の16時台、2010年3月31日まで(DPの途中)は水曜 16:31 - 17:00に放送していた。 2010年4月3日からは現在の時間で放送している。 2016年3月までは木曜 16:20 - 16:50に放送していた。 2008年3月までは火曜 16:20 - 16:50に放送していたが、『』の放送時間拡大により現在の時間に移動した。 アドバンスジェネレーションまでは火曜 16:00-16:30に放送していた。 ダイヤモンド・パールから現在の時間へ変更。 』は(テレビ朝日系列)で放送。 以前は16:30 - 17:00で放送されていたが、2013年10月から土曜 6:00 - 6:30に移動、そのため『』の第1部は放送されなくなった。 2016年4月より現在の放送時間に移動。 1997年4月15日より火曜 16:27 - 16:55にて放送開始。 ポケモンショック休止後は1998年5月4日より放送再開(再開時はテレビ東京系列と同様1時間枠で放送)。 その後、水曜 16:20 - 16:50を経て、2014年3月31日までは月曜 16:24 - 16:53に 、2014年4月6日より 2018年3月25日までは日曜 6:15 - 6:45に放送された。 また、2014年3月まではエンドカードは局独自のものを使用していたが、放送時間移動後は通常のエンドカードを流すようになった。 さらに中国放送は2009年12月・2011年12月も集中放送したり、2012年8月も金曜日午前に2話毎の放送を実施した。 ただし、中国放送ではプロ野球シーズンは戦のの延長による休止でさらに遅れが拡大する場合があった。 この期間中は土曜 7:00 - 7:30にて再放送も実施されていた時期もある。 ポケモンショック休止後は1998年5月1日より放送再開。 2002年4月から2017年9月までは土曜 7:00 - 7:30だったが、同年10月より『』のネット開始に伴い、同年10月7日から2019年9月28日まで土曜 16:55 - 17:25で放送。 2019年10月5日から『』の放送開始に伴い、現在の日時に変更。 1997年10月6日の開始当初は月曜 16:25 - 16:55に放送。 ポケモンショック休止後は1998年5月4日より放送再開。 2016年3月までは土曜 10:55 - 11:25に放送。 2016年4月より現在の放送時間に変更。 2009年4月1日まで水曜 18:30 - 19:00。 2009年4月 - 2010年9月まで火曜 19:00 - 19:29。 を放送するときは夕方もしくは夜に放送される。 を放送するときは18:15 - 18:45に放送される。 以前は月曜 16:24 - 16:54に放送していた。 2015年4月に中国放送からネット移行。 移行当初から2018年3月までは土曜 6:00 - 6:30だったが、『週刊ニュースリーダー』のネット開始に伴い現在の時間に移動した。 9:45への移動後は、毎年10月に開催される自社主催イベント『HOMEぽるフェス』の会場からの生中継特別番組を編成する際に休止となる(2018年は台風の接近によるイベント内容と特別番組の放送時間の変更により『』をから臨時ネット)。 』は(日本テレビ系列)で放送。 2011年3月28日までは月曜 16:20 - 16:50。 2011年4月2日から2020年3月28日までは土曜 11:15 - 11:45。 2020年4月4日より現在の時間に移動。 開始当初は月曜 17:00 - 17:30。 2011年3月まで月曜 16:00 - 16:30。 2013年9月まで月曜 16:23 - 16:53。 2016年3月まで月曜 16:20 - 16:50。 本作はであるが、番組表は映画スペシャルを除きとなっていたが、後にステレオ放送に変更した。 2015年9月までは火曜 16:21 - 16:50。 2016年3月までの放送時間は月曜 15:55 - 16:24。 開始当初は1年近く遅れて放送されていた。 当初は金曜 17:20 - 17:50、2002年ごろから2014年3月まで土曜 9:30 - 10:00だった。 『』(2013年以降、毎年2月)、『』をフジテレビ系列で中継する場合(隔年は日本テレビ系列〈熊本県ではがネット受け〉で中継)、『』(毎年3月)が放送される場合は休止となる。 1997年4月8日放送開始。 開始当初から2002年3月26日まで火曜 16:25 - 16:55、2002年4月7日から2005年3月27日まで日曜 9:30 - 10:00だった。 ここにある情報は熊本日日新聞テレビ欄より。 2010年9月までは水曜 16:25 - 16:55、2010年10月から2013年3月までは日曜 7:30 - 8:00、2013年4月から2014年9月までは日曜 6:15 - 6:45だった。 リストには日本テレビ系列と表記はされているが、NNN(日本ニュースネットワーク)のみの加盟であり、NNS(日本テレビネットワーク協議会)には加盟していない。 2018年3月までは土曜 7:29 - 8:00だったが、『週刊ニュースリーダー』のネット開始に伴い現在の時間に移動した。 1997年8月5日放送開始。 また、移動当初は1分長く、土曜 7:29 - 8:00だった。 多くの放送枠で放送されており、一部の放送では同日やその週の別枠でが行われている場合もある。 放送回は枠によって異なり、も度々放送されている。 2012年4月1日までは日曜 19:00 - 19:30。 2018年9月まではBSジャパン。 は実質である。 で放送された時期もあり。 2014年7月13日放送• 2話ずつ放送される。 時期・放送局によって異なる• では未放送。 の現地時間では、・ 9:00 - 9:30、土・日曜 8:00 - 8:30、土・日曜 7:00 - 7:30、土・日曜 6:00 - 6:30。 放送時間が地域で違うのは、アメリカのが4つに分かれているため。 アメリカのから移動。 では、の当番組シリーズの放送開始から、(曜日不明)6:00 - 6:30、日曜 10:30 - 11:00、夕方など枠を移動しながら末期は原則として土曜 16:30 - 17:00 に定着し、の月曜日までの18年間に渡り放送を続けてきたが、2015年からネット局が広島ホームテレビへ移行した。 劇場版では放送されなかった。 SBSでの放送終了時点(DP53話)。 では未放送。 の現地時間では、・ 8:30 - 9:00、土・日曜 7:30 - 8:00、土・日曜 6:30 - 7:00、土・日曜 5:30 - 6:00。 放送時間が地域で違うのは、アメリカのが4つに分かれているため。 最終回後の特別編1の後、2017年2月を持って、放送を終了した。 この場合、この番組のスペシャルの放送時間は19:59までとなっていた• この場合番組終了後にその番組の次回予告が改めて行われていた。 また、キャンペーンやイベントのお知らせなどで次回予告が短縮版となることもある。 この場合も通常版の形式は遅れネット局やDVD・ビデオ版のみとなる• テレビ東京系列ではスペシャル放送の場合、冒頭のがカットされていきなりオープニングや本編から入る場合がある。 これは当時、渡辺が映画解説を担当していた映画枠『』で放送したため。 また、『エキスプレス ザ・ムービー』枠は通常表示がなく、としてのコマーシャルが流れるが、2010年の放送ではKBS京都でのアニメ通常枠のスポンサーがそのまま提供テロップ表示される形となり、また上新電機のコマーシャルは流れなかった。 2010年、2011年とも番組最後の上新電機が展開する音楽・映像ソフト専門店によるDVDプレゼント告知(ポケモンとは関係ない映画DVD)は通常通り行われた。 また2011年ではで劇場版の放送が終わるまで、KBS京都ではこの映画枠のは一切流れなかった。 テレビ愛知の再放送:字幕放送対応だが、本放送がスペシャル放送に当たる回は字幕放送非対応。 までは、でも放送され、現在のチャンネル(ディズニーXD)へ移動された。 出典 [ ]• あにてれ:ポケットモンスター ダイヤモンド・パール. 2009年3月17日. 2013年7月22日閲覧。 『Guinness World Records Gamer's Edition』2004年版および2008年版に収録。 スポニチアネックス 2018年8月30日. 2018年8月30日閲覧。 日経キャラクターズ2004年7月号• にから刊行された『ポケモンの秘密』(ポケモンビジネス研究会 )より。 同書によれば、「女の子に人気のあるでもでもよかった」と記されている。 また監督の湯山によるとサトシがいずれかの3体のどれかを選ぶと、ゲームでプレイしていた子が選んでないポケモンを選ぶと落胆するのではないかと配慮して、ピカチュウに決めたと述べている。 『ポケモン・ストーリー』(日経BP社、2000年 )• これらはヒロインに関しては交代した次のシリーズに一時的に数話に渡って再登場する他、タケシのようにシリーズ終了後の特別編で再登場することが多い。 またSM編ではカスミとタケシが数話に渡り登場することがある。 ポケットモンスターオフィシャルサイト. 2013年7月1日. 2013年7月22日閲覧。 ファミ通. com 2019年9月1日• ポケットモンスターオフィシャルサイト() 2013年8月17日. 2013年8月22日閲覧。 テレビ東京• ファミ通. com 2019年12月13日. 2019年12月13日閲覧。 YouTube 2020年6月5日• GAME Watch 2020年6月5日• Yahoo! ニュース 2020年6月6日• 富山新聞 1997年4月15日付朝刊テレビ欄より。 富山新聞 2014年3月31日付朝刊テレビ欄より。 富山新聞 2014年4月6日付朝刊テレビ欄より。 北國新聞 1997年4月11日付朝刊テレビ欄より。 『北國新聞』1998年5月1日付朝刊テレビ欄より。 北國新聞 1997年10月6日付朝刊テレビ欄より。 外部リンク [ ]•

次の