年賀状挨拶文。 年賀状をやめたい!!おすすめの文例6つを紹介します!!

年賀状を出さない文例!今年限りで年賀状を終わりにしたい人へ

年賀状挨拶文

年賀状は、日頃からお世話になる方に新年をお祝いと日頃の感謝の言葉を贈る挨拶状になります。 SNSやメールなどで新年の挨拶を済ませる方が増えているようですが、年賀状を送る習慣は根強く続いています。 とはいうものの、年賀状を作る時ってどんな言葉をかけば良いか思い浮かばないことがありますよね。 上司や恩人、両親や親戚、疎遠になった友人などなど・・様々な送り先や、結婚や転居・出産などのシチュエーションに応じて文例を変える必要がありますので、本当に大変です!そんな困った時に役にたつのが年賀状文例です。 私自身、年賀状作成ソフトやインターネットの文例を参考にさせてもらうことがよくあります。 今回は、誰にでも使える一般用の年賀状の書き方や賀詞の選び方、挨拶文や一言メッセージなどの文例をまとめましたのでご紹介します。 スポンサーリンク 年賀状の書き方やマナー もらって嬉しい年賀状といえば、やっぱりお年玉付き年賀はがきですよね。 当選すれば景品がもらえるので、毎年抽選日を楽しみにしてる方も多いと思います。 私も過去に何度か(切手シートですが)当選したことがあります。 でも、お年玉付き年賀はがきが足りなくなってしまった場合、通常の郵便はがきや私製はがきを使うこともできます。 通常の郵便はがきや私製はがきを年賀状にする場合 一般郵便と区別する為に切手の下に 朱書きで「 年賀」と書きましょう。 この「 年賀」が書かれていないと普通郵便として年内に投函されてしまうこともあります。 私製はがきを使う場合は年賀切手を貼ると良いでしょう。 お年玉付き年賀切手も発売されますよ。 年賀状の書き方とは ご存知とは思いますが、念のためおさらいしましょう。 なるべく、「謹賀新年」「恭賀新春」などの4文字熟語を使うか、「明けましておめでとうございます」などの文章の賀詞を使うのが良いとされています。 年賀状の挨拶文(一般) 賀詞の後に続く挨拶文をご紹介します。 友人から上司、お世話になった方など広く使える一般的な文例になります。 旧年中はいろいろとお世話になり ありがとうございました 本年もよろしくお願い申し上げます 平素のご無沙汰をお詫び申し上げます 皆様にとりまして幸多き一年となりますよう心からお祈り致します 皆様のご多幸を心からお祈り致します 本年もどうぞよろしくお願い申し上げます すばらしい一年になりますよう心からお祈り申し上げます 今年もどうぞよろしくお願い致します 旧年中はご厚情を賜りありがとうございました 今後も変わらぬご指導と末永いお付き合いをお願い申し上げます 明るい一年となりますようお祈りいたします 今年もよろしくお願いいたします 家族みな健在で新年を迎えております 皆様のご健康とご多幸を心よりお祈り申し上げます 希望に輝く新年を迎えております 皆々様のご多幸をお祈り申し上げます 年賀状の一言メッセージ 年賀状にいくらお祝いや感謝の言葉が書かれていたとしても、やはり印刷された文字だけでは何となく味気ないですよね。 たとえ短くても、手書きのメッセージが添えられていると嬉しいものです。 一言メッセージは相手のことを思い浮かべて書くだけなんですが、なかなか思いつかない時は参考にしてみてください。 印刷だけで済ませてしまう方も多いかもしれませんが、やっぱり嬉しいのは手書きのメッセージです。 相手を思い浮かび、思いついた言葉を書くだけで良いのですが失礼にならないよう、相手が嬉しくなるような言葉を選ぶと良いでしょう。 スポンサーリンク.

次の

【文例あり】すぐに使える!年賀状に添える「喜ばれる」手書きメッセージ

年賀状挨拶文

今回は年賀状の挨拶文の正しい書き方と文例集についてみていきます。 正月といえば、年賀状ですよね。 しかし、年賀状は年々発行枚数が減少しているようです。 年賀状の発行枚数はピークだった2003年の44億5936万に対して2015年の数字は33億173万枚で、約11億枚減少しているそうです。 しかし、年賀状を書かなくていいというわけではありません。 社会人として相手にいい印象を与える年賀状を書きましょう。 年賀状の挨拶文は5つの基本構成 年賀状の基本的な文面構成には5つの要素があります。 基本形は以下の5つですが、出す相手によって添える言葉を選んで構成します。 同僚や友人などの間柄なら賀詞は「迎春」、「賀正」、「あけましておめでとう」、「A Happy New Year」「昨年はいろいろとありがとう」などの表現でOKです。 締めくくりの言葉は「今年もよろしくお願いします」「よい年でありますように」などの柔らかい表現で問題ありません。 そのほか近況を報告したり、新年の計画(再会など)を提案しても良いでしょう。 一方、目上や上司の間柄に送る年賀状の挨拶文は賀詞については1、2文字のものは簡略型を使わず、「謹賀新年」、「恭賀新年」、「あけましておめでとうございます」、「昨年は、大変お世話になりました」といった表現を使ってください。 締めくくりは「皆様のご健康とご多幸をお祈りいたしております」や「この一年のご健康と、ますますのご活躍をお祈り申し上げます」といった表現で問題ありません。 年賀状の挨拶文をありきたりな文面にしない 年賀状はコミュニケーションツールと考えましょう。 送った相手が何度も読み返したくなるような挨拶文が理想です。 そのためには最低限の丁寧さや礼儀作法をふまえながらも、形式にこだわった表現ではなく、わかりやすい言葉を使いましょう。 また年賀状の挨拶文には送る相手とのお世話になったエピソードは必要不可欠です。 このことにより、受け取った相手にとって、その年賀状の価値はあがります。 次に会ったときの話題の一つになるでしょう。 ありきたりな文面にしてはいけないのはそういった理由からです。 年賀状の挨拶文の文例集 年賀状の挨拶文の書き方については、おわかりになりましたでしょうか。 年賀状を書く年末は何かと忙しいものです。 しかし、その忙しさを挨拶文では伝えないように心がけてください。 次に年賀状の挨拶の文例です。 挨拶文の書き方を押さえた文例とはいったいどのようなものなのでしょうか。 ただし、文例はあくまで参考程度に収めておいてくださいね。 上司に送る挨拶文の文例 昨年は大変なお力添えをいただき、ありがとうございました。 本年も引き続きご指導くださいますよう、よろしくお願い申し上げます。 今年もご期待に応えるべく精進する所存でおります。 年初めからの始まる第二弾の責任者というポジションを与えられて、 大変名誉なチャンスをいただき、今年にかける思いは並々ならぬものでございます。 本年も変わらぬご指導をお願いいたしますとともに ご家族の皆様のご健康とご多幸をお祈り申し上げます。 最後に年賀状の挨拶文に関する注意点をみていきましょう。 年賀状の正しい書き方を押さえただけでは、思わぬ落とし穴にはまるかもしれません。 年賀状の挨拶文に関する注意点を踏まえて、年賀状を書きましょう。 年賀状が元日に届くよう投函する 大前提として年賀状は元日に届くよう投函しましょう。 年賀状は1月1日朝の到着するのがベストです。 ちなみに元旦に相手の手元に届けたい場合は、12月15日~12月25日くらいまでに出すようにしましょう。 必ず郵便局で告知しているはずなので詳しくは、最寄りの郵便局で確認してみましょう。 縁起が悪い表現は使用不可 意識はしていないのに、間違って年賀状にふさわしない言葉を使ってしまう場合があります。 その使っていけない言葉は以下の通りです。 「衰える」、「倒れる」、「去る」、「病む」、「破れる」、「失う」、「滅びる」、「絶える」、「枯れる」など縁起の悪い表現は使用不可です。 「祝う」の表現が相応しくない場合がある 年賀状の挨拶文に関する注意点で一番気をつけていただきたい点です。 それは不幸があった相手や災害にあわれた方など「祝う」という表現が相応しくない場合です。 その際は「謹んで新年の挨拶を申しあげます」といった表現にしてください。 年賀状の時期をはずして、寒中見舞いとして送るのも一つの手です。 文例を参考に相手のことを想いながら年賀状の挨拶文を 今回は年賀状の挨拶文の正しい書き方と文例集についてみてきましたが、参考になりましたでしょうか。 年賀状の発行枚数が減少しても、メールが発達しても年賀状の文化はなくならないでしょう。 年賀状の挨拶文の正しい書き方は覚えておいて損はありません。 是非、文例を参考に年賀状を書いてみてはいかがでしょうか。

次の

年賀状文例集一覧

年賀状挨拶文

ただ 自然消滅となるまでに相手に心配をかけないよう一筆いれたいとも話します。 短くもすっきりと親の気持ちが伝わる文章を検索していますが、そういった見出しに出会えないで困っています。 教えて下さいよろしくお願いします。 この方の親御さんはとても丁寧な方なんだと思いました。 本当は年賀状を出したいけれど、だんだんと体力的な面などでキツくなってきたという事ですよね。 おじいちゃんおばあちゃんの中には筆を持つ手が震えてしまい上手く文字が書けない・老眼で書くのが大変という方も大勢いるようです。 そうなると年賀状作成は大変な作業になってきます。 と言うことで・・・(前置きが長くなりました。 この方には既に私なりの文面をお伝えしております。 ) 今回は 年賀状をやめる為の文例をご紹介します!! スポンサーリンク 年賀状をやめたい!文例6つ紹介します!! 年賀状をやめる方法としては 自然消滅か 自分から相手に辞退のメッセージを伝えるかの2パターンあると思います。 自分からは送らない。 また相手から年賀状が届いても送り返さい。 を徹底すれば次第に自然消滅にはなっていくとは思いますが、それはやっぱりなんだかなぁ…。 というのとそれが原因で関係性悪くなったら嫌ですからね。 という事で、 自分から相手に辞退のメッセージを伝えるといいかなと思います。 高齢で年賀状作成が大変になってきた時の文例• 年齢が原因ではないけれど年賀状をやめたい文例 という順番で文例をお伝えしますね。 高齢で年賀状作成が大変になってきた時の文例4つ! ここまで年賀状をやめる時の例文を見ていきましたが、ポイントとしては・・・ 「どなた様にも」「皆様へ」など 誰に対しても同じように年賀状は出さないようにします!という文面にすると差しさわりがなくいいです。 これを書くことで「なるほどね。 私が子供の頃(もう20年以上前・・・。 新年と言えば年賀状でした!!家族で集まって何枚届いた!!とかわーわー言っていました。 当時はみんな家の電話!携帯電話もスマホもなかった時代。

次の