クオカード コンビニ。 クオカードの種類 使い方とは?【コンビニで購入】 金額とお釣り

コンビニでクオカードが買える店は?使える支払いについて

クオカード コンビニ

・セブンイレブン ・ファミリーマート ・ローソン ・ポプラ このコンビニチェーンでなんと全国に50,000店舗以上あります。 そんなクオカード、筆者はコンビニエンスストアであれば、 「どこでも」利用が可能だと思っていたのですが 大きな間違いでした クオカードの利用できるコンビニを調べていて感じたのが、コンビニ大手のセブン・ファミマ・ローソンでの利用が可能なため利用可能店舗数は多く見えるが、コンビニのチェーン数から見ると、使えるチェーンが少ないということ。 上記であげた セブン・ファミマ・ローソン・ポプラ でしかクオカードの利用はできません。 店員さんはそのクオカードからお会計金額分を差し引いてくれます。 クオカードの残高が足りない場合 ここで考えられることがあります。 クオカードの残高がコンビニでのお会計金額に対して足りない場合です。 クオカードの残高がお会計金額に対して足りない場合は、そのクオカードの残高を差し引いたお会計金額をお支払いすれば良いということになります。 クオカードは「キャッシュレス」ではない コンビニでクオカードを使う際の注意点として挙げられることがあります。 それは クオカードは「キャッシュレス」ではないということです。 クオカードも現金ではないので一見「キャッシュレス」と考えられますが、実は「キャッシュレス」の扱いにならないようです。 筆者はクオカードをキャッシュレスだと思っていたのですが、クオカードお客様サービス部に問い合わせてみると クオカードは前もって現金で購入していることから「キャッシュレス」ではないと金融庁から認定されている とのご回答でした。 クオカードはキャッシュレスではないので、クオカードの使える、セブンイレブンやファミリーマートなどのコンビニは「キャッシュレス還元事業」の対象店ですが 「キャッシュレス還元」を受けることはできません。 ご注意ください。 コンビニで使えるクオカードの種類 クオカードには様々な金額のものなど種類がありますが、クオカードを利用可能なコンビニであればご利用可能です。 現在クオカードには ・300円 ・500円 ・700円 ・1,000円 ・2,000円 ・3,000円 ・5,000円 ・10,000円 の金額のカードがあります。 このどれもがクオカードが使えるコンビニでご利用可能です。 その店舗でしか利用できないクオカードもあるので、クオカードご利用の際はカードの裏面をお確かめください。 コンビニで取り扱っている商品やサービス全てに対してクオカードを使って支払いするということはできません。 クオカードを使ってコンビニでたばこやライブのチケットを購入することはできません。 セブン・ファミマはヤマト運輸の宅急便、ローソンは郵便局のゆうパックを店舗に荷物を持ち込むことで発送することができます。 その際の料金 配送料 をクオカードを使って支払いすることができるんです。 「クオカードの残高がお会計金額に足りない場合」はお会計金額から、クオカードの残高を差し引いて、差し引いた分のお会計金額を現金で支払いができる。 と、ご紹介したのですが、実はこの際にまだ起こりえることって考えられますよね。 クオカードの残高を差し引いたお会計金額をキャッシュレスで支払いはできるの? と、こんなことあると思います。 実際に筆者がコンビニエンスストアにて働いていた際も、このようなお問い合わせがありました。 このクオカードの残高を差し引いたお会計金額をキャッシュレスで支払いできるかというお問い合わせの答えは・・・ A. クレジットカード以外なら可能 というようになります。 コンビニでクオカードの残高を差し引いた後のお会計金額の支払いにクレジットカードを利用することはできません。 クオカードとクレジットカードは併用できないということになります。 クレジットカード以外のキャッシュレスは併用可能 ここでお伝えしたいのが、 クオカードと併用できないのはクレジットカード だけということです。 例えば…ファミリーマートでTポイントが貯まりますよね。 クオカードを使ってファミリーマートでお買い物する際に、 クオカードを店員さんに渡す前に、Tポイントカードを渡せば、お会計金額に応じてポイントは貯まります。

次の

コンビニでクオカード買えるものは?使えるもの・使えないもの

クオカード コンビニ

全国約5万7000店舗で、支払いに利用できるプリペイドカードの「クオカード」。 コンビニエンスストア大手の「ローソン」でも、もちろん利用できる。 本記事では、ローソンを中心に、クオカードの使い方や利用の際の注意点、購入方法などを紹介していく。 ローソンでは取扱開始から17年! クオカードは加盟店であれば利用OK 1995年より発行されているクオカードは、2002年からローソンでクオカードの販売を取り扱っている。 原則、加盟店であればどこでも利用できるカードであり、レジでの支払いの際に差し出すだけで会計ができる便利な全国共通のプリペイドカードだ。 ローソンでも便利に利用できるクオカードには注意点がある コンビニエンスストア大手の「ローソン」では、2019年3月現在、1万3882店全店舗でクオカードを利用しての支払いができる。 ただし、ローソンでクオカードを利用する際には、いくつかの注意点があるので、確認しておきたい。 注意点1 :ローソンストア100ではクオカードは使えない ローソングループの「ローソンストア100」では、クオカードを使えない。 同じグループの店舗なので、つい勘違いをしてしまいがちだが、会計の際には注意しよう。 スマホを持っているなら、デジタルギフトサービスの「QUOカードPay」を使う手もある。 注意点2 :ローソンでクオカード払いが使えない商品がある 商品を選ばず利用できそうなクオカードだが、次のものには支払いに利用できない。 ・テレホンカード類 ・バスカード、各種乗車券、回数券 ・各種商品券 ・QUOカード ・タバコ ・切手、ハガキ、印紙 ・一部のLoppi取扱サービス ・公共料金・収納代行票での支払い 利用できない商品については、「ローソン公式サイト」もしくは「クオカード公式サイト」に記載されている。 【参考】 ローソンでクオカード払いをした場合Pontaポイントは貯まるのか? ローソンでも取り扱われているPontaポイント。 クオカードで買い物をした場合でも、ポイントを貯められる。 クオカード提示前にPontaカードの提示を忘れないようにしよう。 ローソンだけじゃない! クオカードの使い方を紹介 コンビニを始め、いろいろな場所で使えるクオカード。 からはローソンを含む、クオカードが使える場所を紹介していこう。 コンビニならほぼどこでも使える! 便利なクオカードの使い方 クオカードを最も使いやすいのが、ローソンを始めとするコンビニだろう。 ほぼ全店で使用できるので、使い道がなくなって困るということも少ない。 特にローソンとファミリーマートはそれぞれPontaポイント、Tポイントが貯められる。 使い方はどの加盟店でも簡単だ。 支払うときにクオカードで支払うことを伝えて、カードを渡せばレジで処理される。 クオカードでおつりをもらえる使い方は? クオカードは、残高が0になるまで使い切るプリペイドカードだ。 残念ながらおつりはもらえない。 残高はカードに記載されている数字部分に穴が空くのでだいたい把握できるが、詳細は発行されるレシートで確認しよう。 タバコやお酒はクオカードで買えるのか クオカードではタバコの購入はできないものの、お酒は購入できる。 TSUTAYAやイオン、ガストでクオカードは使える? クオカード加盟店であるTSUTAYAでは全国143店舗で利用が可能(2019年10月現在)。 イオンは加盟店ではないため、利用できない。 しかし、イオン店舗内に入っている専門店などがクオカード加盟店であれば利用できる。 ガストでは2018年6月末をもってクオカードの取り扱いを終了している。 ガソリンスタンドのエネオスでクオカードは使える? クオカードはエネオスでも使える。 2019年1月現在、約1000加盟サービスステーションの利用できる。 使えるサービスステーションは、エネオスのホームページから確認しよう。 【参考】 ローソンのクオカード購入方法をチェック! クオカードの使い方や使える場所をご紹介してきた。 ここからはクオカードを購入する方法について、ローソンを例に確認していこう。 コンビニでクオカードは買える! ローソンでのクオカード購入方法をチェック クオカードはコンビニならたいていの場所で購入できる。 ローソンで購入したい場合には、次の2通りの方法がある。 ・ローソンの店頭にて購入 ・ローソンの店頭端末「Loppi」で申込後、購入 店頭では1枚から購入でき、その場でカードを受けとれる。 しかし、「Loppi」を利用した場合は、いったん支払いのみを店頭で済ませ、カードの受け取りは約1週間後となる。 また10枚からの購入で、それ以上は5枚単位ごとの購入となる。 ローソンでクオカードを購入するときクレジットカードは使えるか? ローソンでクオカードを購入するときに、クレジットカードは利用できない。 原則、現金のみでの購入となる。 コンビニごとに違う! クオカードはいくらから購入できるか? クオカードは定番のスタンダードカードの場合、300円券から購入できる。 しかしローソンの店舗限定のデザインカードの場合は500円券、1000円券、3000円券、5000円券、1万円券となる。 クオカード購入時に手数料が必要なのはなぜ? クオカード購入時には、カードの額面金額とあわせて手数料を支払う必要がある。 例えば、500円券のクオカードを購入した際には、手数料として30円をプラスした530円分を支払わなければならない。 この30円の手数料は、カード製造の手数料だ。 なお、3000円券以上からは手数料は不要で、さらに5000円券は70円、1万円券は180円のオマケがついてくる。 【参考】 デザインは様々! 限定モノからオリジナル、キャラクターデザインのクオカードまで クオカードには様々なデザインのカードが用意されている。 ここでは「コンビニの店舗限定デザイン」「オリジナルデザイン」「キャラクターデザイン」といった3テーマのクオカードをご紹介していく。 コンビニ限定デザインのクオカード コンビニ限定デザインのクオカードは、「店頭限定デザイン」を発行しているコンビニエンスストアで購入できる。 取り扱い金額とデザインはコンビニごとに異なり、また店舗によっては扱っていないので事前に確認しておこう。 完全オーダーメイド! オリジナルデザインのクオカード クオカードには、好きな写真やイラスト、文字を入れて作成できる完全オーダーメイドの「オリジナルデザイン」も用意されている。 カードの作成枚数や希望するデザインにあわせて「オフセット」「インクジェット」「フリーバリューカード」「ハッピーメイドカード」の4種類から選択できる。 「オリジナルデザイン」のクオカードは、記念日や挨拶・お礼など、贈り物として活用する人も多い。 中でも「フリーバリューカード」は、カードの額面を自由に決められるため、記念日や語呂合わせで利用するのもおすすめだ。 子どもも喜ぶ!キャラクターデザインのクオカード クオカードでは、「キャラクターデザイン」の商品も用意されている。 現在発売中のデザインは、子どもにも人気の高い「ふうせんいぬティニー」と「きかんしゃトーマス」の2種類だ。 いずれも500円券、1000円券の販売となっている。 20年以上の歴史を持つクオカードは、ローソンを含む、さまざまな加盟店で利用できる。 今回ピックアップした加盟店の1つであるローソンなら、Pontaポイントが付くのでよりお得だ。 クオカードでお買い物をしつつ、賢くポイントも貯めてほしい。 文/ねこリセット.

次の

クオカードが使えるコンビニまとめ【使い方や買えるもの/買えないもの】

クオカード コンビニ

ギフトとして受け取る機会も多い「クオカード」。 加盟店であれば全国どこでも使えるプリペイドカードだ。 そんなクオカードがコンビニで使えることは多くの人が知っているだろう。 だが、クオカードをコンビニで「使いこなしている」と胸を張って言える人は少数派ではないだろうか? そこで、この記事では「クオカードをコンビニで使うとき」に焦点を当てて解説していく。 クオカードでスマートに支払おう! コンビニでの使い方 「クオカードをもらったけれど、どこで使えるのかわからず財布の中で眠っている……」そんな人もいるのではないだろうか。 使用できるコンビニは以下のとおりだ。 ・セブン-イレブン ・ファミリーマート ・ローソン ・ポプラ ・生活彩家、くらしハウス、スリーエイトなど 使い方はいたってシンプル。 【参考】 クオカードでコンビニ支払いする際に注意すべき点 コンビニでの支払いで注意すべきことは、全ての支払いに使えるわけではない点だ。 支払えるものと支払えないものは、利用するコンビニによって若干異なる。 次の項目で詳しく見ていこう。 クオカードを使ってコンビニで買えるものって? 店内で販売している商品のほとんどや宅配便の送料など、基本的に支払えるものは多い。 以下に、利用できない項目を会社ごとにわけて記載する。 どのコンビニでもクオカード支払いができないもの ・タバコ ・公共料金などの収納代行 ・プリペイドカード類、金券等の購入 ・切手、はがき、印紙類 ・電子マネーチャージ である。 【セブン-イレブン】 ・ネットショッピング商品店頭受け取り時の支払い(セブンネットショッピングを除く) ・コピー ・地域指定ゴミ袋、ゴミ処理券 ・nanacoカード発行手数料 【ファミリーマート】 ・一部の自治体指定ごみ袋、ゴミ処理券 ・Famiポート取り扱い商品・サービス ・コピー、FAX 【ローソン】 ・一部のLoppi取扱サービス 【ポプラや生活彩家など】 ・宅急便、メール便 【参考】 クオカードで支払ったらおつりはもらえる? ほかの商品券などと同じく、クオカードで支払った場合「現金」でのおつりの受け取りはできない。 しかし、クオカードは残高がなくなるまで何度も使えるので「使用可能額ギリギリまで買わないと損する!」と、要らないものまで購入する必要はない。 有効期限もないので安心だ。 【参考】 ミニストップはクオカードが使えない!? 真相は…… 数あるコンビニの中でも、ミニストップではクオカードが使えない。 理由は「決算システムが、クオカードに対応していないから」とのことだ。 クオカードの限定デザイン!? コンビニで購入できるスペシャルデザインクオカード コンビニでは、クオカードを使うだけでなく購入も可能だ。 「セブン-イレブン」「ローソン」「ファミリーマート」「ポプラグループ」では、それぞれ店頭限定デザインカードを販売しているので要チェックだ。 しかも、1万円券には180円(1. 8%)、5000円券には70円(1. 4%)分のおまけまでついている。 クオカードをコンビニで購入! 手数料は必要? クオカードの購入手数料は、カードの金額によって変動する。 1000円券以下のクオカードを買おうとすると、500円券なら530円、1000円券なら1040円を支払う必要がある。 だが、2000円券以上になると使用可能額と同額で購入できるのだ。 これには理由があり、製造コストの一部が含まれているからである。 クオカードをお得に購入したい人は、2000円以上のクオカードを狙おう。 クオカード購入の際に手数料だけじゃなく消費税もかかる? クオカードの購入には消費税がかからない。 「せっかく2000円券を買っても消費税がかかるのでは……?」と心配する必要はない。 贈りたい人必見! クオカードにのしをつけてくれるコンビニはある? 「のし」ではないが、コンビニで購入するとギフト用の封筒に無料で入れてくれる。 ただし、あまりクオカードを購入する人がいないコンビニだと、封筒がない場合もある。 事前に「クオカードのギフト用封筒ってありますか?」とコンビニの店員に尋ねておくと安心だ。 ロッピーでもクオカードが購入できる? ローソンでは店頭にある端末・ロッピー(Loppi)でもクオカードの購入が可能だ。 注文単位は5枚~で、あわせて10枚以上で購入できる。 商品は宅配便での配達となるので注意しよう。 配達の際には以下別途送料もかかる。 ・本州、四国:600円 ・北海道、九州:800円 ・沖縄:1200円 注文の流れなどの詳細は以下で確認してほしい。 【参照】 コンビニ以外ではどこで購入できる? クオカードの販売店舗 ここまで「コンビニ」に焦点を当てて紹介してきた。 だが、クオカードはコンビニ以外でも購入できる。 その一部を紹介しよう。 ・公式通販サイト ・インターネット上のショッピングモール ・金券ショップ ・ガソリンスタンド ・書店など クオカードで本を買いたい!T SUTAYAでは使える? 大手書店・TSUTAYAの場合は、クオカードが利用できる。 ただし、利用できる店舗は限られているので注意しよう。 現在は143店舗(2019年4月時点)が対応可能だ。 使えるお店の詳細は以下のサイトで確認しよう。 【参照】 クオカードが使用できない!? イオングループのお店 イオングループはクオカードに加盟していないため、使用も購入もできない。 ミニストップでクオカードが使用できない理由も、ミニストップがイオングループの傘下だからである。 ただし、一部例外もある。 それはイオン内に入っている店舗の中で、独自にクオカードへ加盟している場合だ。 例えばイオン内に入っている紀伊國屋書店やHMVなどでは、クオカードが使える。 文/ねこリセット.

次の