本籍 と は。 「本籍地の変更手続き」方法と、メリット・デメリットまとめ【必要書類】

戸籍謄本と住民票の違い!本籍と住所って何が違うの?

本籍 と は

本籍地とは? 本籍地とは戸籍を保管する役所がある場所の事 本籍地とは、簡単に言えば自分の戸籍を保管する役所がある場所の事を指します。 本籍地を確認するのは、結婚など戸籍を変えるというケースが一般的でしょう。 結婚すれば、特に女性の場合、旦那さんになる人との新たな戸籍を作る事になります。 また、中には逆のパターンもあるでしょう。 夫婦の戸籍を管理する場所というのは、お互いの実家が離れているとどうしても、いざという時に書類を取りに行く手間が掛かってしまう事がほとんどです。 その為、結婚した時には、2人の生活の基盤となる場所に移すというのがおすすめです。 本籍地の場所は、慎重に選択する必要があるのは、この為です。 結婚を機に本籍地を変える人も多い 結婚する際に、婚姻届を提出すると思いますが、婚姻届を提出するというのは、それまで両親の戸籍に入っていたという状況を脱する事でもあります。 その為、結婚を機に、2人の戸籍を別の場所に移すという事もできます。 結婚したからと言って、それまでの本籍地を変えなければならないというわけではありません。 しかし、逆を言えば、2人の本籍地を新たに別の場所に移し、新生活を始めるという新たな気持ちになれる場所に変更する事もできるのです。 本籍地は、自由に決める事が出来るというのもメリットです。 もちろん、2人が住んでいる場所を指定して、何かと便利な場所にしておくというのがいいでしょう。 結婚後に男性の本籍地に移す人が大多数 結婚後、男性側の戸籍に入る場合には、自動的に実家の本籍を引き継ぐ形になります。 また、場合によっては、男性側の両親の意向でそうしたケースも少なくありません。 どちらかの両親が住んでいる場所に本籍地を置くメリットは、紛れもなくいざという時に代わりに取りに行ってもらえるという事でしょう。 また、実家の近くに本籍地を置いておけば、本籍地を忘れてしまうという事もありませんよね。 どちらかの実家に本籍地を置いておくというのは、変更するのが面倒な夫婦にもおすすめの選択肢と言えますよね。 なかなかどこにするか決まらない夫婦にもいいでしょう。 本籍地は婚姻届け提出後にも変更できる 基本的に、本籍地はいつでも変更できます。 必要であれば、何度変更しても大丈夫なので、必要な場合には、その都度、手続きさえすれば変更できます。 その為、転勤などで引っ越しが多い場合や実家がない場合にも安心ですよね。 しかし、何度も変更すれば、それだけ調べる必要性が出て来る懸念もあります。 その度に、本籍地を忘れてしまう懸念はありますが、それでもやはりすぐに手に入る場所に本籍地を置くというのは、本籍地を調べるというのにもすぐにできるのでそれだけ便利さは違ってくると思います。 離婚したら3つの選択肢から選ぶ事ができる 離婚した時には、逆に相手の戸籍から抜ける事になります。 離婚から3ヶ月以内にこれから戸籍をどうするかを決めなければなりません。 3つの選択肢というのは、まず結婚前の両親の戸籍に戻り、旧姓を名乗る、新しく自分が筆頭者とした戸籍を作り、旧姓を名乗るというものです。 また、新しく自分を筆頭者とした戸籍を作り、旧姓の姓を継続するというのが3つ目の選択肢です。 本籍地を何度も変えるというのは、遺産相続の時にすべての役所で戸籍謄本を取り寄せる手間を掛けてしまう懸念もあります。 その為、そこを考慮したうえで、本籍地の変更は行うというのもポイントでしょう。 本籍地は国内であれば自分で場所を自由に決められる 本籍地は、基本的に国内であれば、自由に決める事ができます。 しかし、結婚している場合には夫婦が別々の場所に本籍地を持つというのはできません。 それさえ、守れば自分たちが住んでいる場所でなくても好きな場所に本籍地を置く事ができるとされています。 しかし、多くがどちらかの実家の近くか住んでいる場所が多いです。 もし、数年後に実家の近くに住まいを構える計画があったり、転勤が多い職業であり、本籍地をあちこちに移すのが面倒だったり、どこに本籍を置いているのかがわからなくなってしまうのを防ぐ為にも、実家の近くに本籍地を置くカップルが多いのも事実です。 いざという時には、両親に書類を取ってきてもらう事も可能ですよね。 ここに、本籍地について、より詳しく紹介している記事がありますので、本籍地の意味や知っておくべきポイントについて学ぶ参考にしてみて下さい。 本籍地の意味などを結婚前に知っておく事により、何かと役立つ情報がきっとあるはずです。 知っておく事により、後で後悔するというのもなくなるでしょう。 一番手っ取り早い方法として、両親に確認するというのが一番早いと思います。 結婚して、本籍地を変更したとなれば本籍地の場所を両親に確認するというのは出来ない事も多いですが、そうでない限りは両親もわかっているはずです。 祖父母である場合には、父方の祖父母であればわかるケースも多いので、そういう意味でも自分で書類を取り寄せたり、何かを調べるという必要もないでしょう。 本籍地が同じであれば、遠方に住んでいても、いざという時には、両親に書類を取りに行ってもらう事も出来ると思いますので、メリットも多いと思います。 住民票には、本籍地の記載がありますので、そこで自分の本籍地を確認する事ができます。 また、マイナンバーカードを持っている人は、コンビニなどでも簡単に印刷する事も可能となりましたので、必要な時にすぐに知る事も可能です。 そうなれば、本籍地をすぐに知りたいという時にもコンビニで知る事ができるとなれば、何かと便利だと思います。 その為にもマイナンバーカードを作るというメリットは多くあると思います。 住民票を取る為にわざわざ会社を休む必要性もなくなりますよね。 そういうストレスから解放されるというメリットもありますよ。 現在の運転免許証には、ICチップが入っており、本籍地の記載はなくなりましたが、以前の古い免許証には、本籍地の記載がありました。 以前の古い運転免許証が手元にあるという場合には、それで確認してみるというのもいいでしょう。 しかし、本籍地の変更をこの間に行っているという場合には、この方法は意味がありませんので、本籍地の変更をしていない場合に限る方法というのは覚えておきましょう。 ここに、運転記録証明書の発行方法を紹介している記事があるので、この記事を参考に警察署での発行方法を知る機会としてみて下さい。 先ほど、以前のICチップが入る運転免許証の本籍地の調べ方を紹介しましたが、ここでは、現在の運転免許証で確認する方法を紹介します。 現在の運転免許証により、本籍地を調べるには警察署や免許試験場、免許センターに設置してある機械で調べる事ができます。 免許証の更新時などに、4桁の番号を2種類入力したのを覚えていますか?その番号を使って、運転免許証に埋め込まれているICチップの情報を開示する事ができるのです。 「IC免許証記載内容下記人装置」と呼ばれるこの装置で開示する事で、すぐに本籍地を確認する事は可能です。 しかし、ここで注意が必要なのが3回この番号を間違えてしまうと、自動的にロックが掛かってしまうので、番号の記憶が曖昧な場合等には、運転免許証を持参して、警察署や免許更新センターの窓口に出向きましょう。 電話で問い合わせる事はできませんので、その点は注意しましょう。 役所に行く時間が取れないという人も多いと思います。 マイナンバー通知カードというのが手元にあれば、個人番号カードを取得する事ができます。 個人番号カードというのは、市町村に申請して取得できる顔写真付きのICカードの事です。 この個人番号カードを取得すれば、役所に行かなくてもコンビニなどで住民票などの取得ができるようになります。 個人番号カードの申請は、郵送でもできるので役所に行かなくても簡単にできる方法という事もあり、取得しておいて損はないでしょう。 iPhone版は、有料になりますが、android版は無料でアプリを利用できます。 このアプリで本籍地を確認する方法は、免許証の更新時に自分で決めた2種類の番号を入力するだけです。 すぐに本籍地を知りたい、という場合、便利なアプリですよね。 ここに、マイナンバーの申請方法や登録方法、通知カードなどを紛失した時の対処法をまとめた記事があるので、この記事でマイナンバーカードについての知識を深めてみて下さい。 マイナンバーというのは、何なのかという事も分からない人も多いと思いますので、知っておくべき事も多いと思います。 戸籍の本籍を変更する際には、転籍届を区役所の戸籍担当部署に提出する必要があります。 転籍届1通と届出人の印鑑、戸籍謄本、を持参してください。 転籍届の書き方などは、区役所に行けばマニュアルがありますので、わからない事があれば聞いて下さい。 もし、結婚する際に同時に、本籍地も変えようとする際には、別々の印鑑を持参する必要がありますので、その点も注意すべき所でしょう。 結婚するのと同時に本籍地を変える際には、二度手間を防ぐ為にも本籍地の調べ方と一緒に覚えておいてください。 本籍地を変更する方法• 1転籍に必要な転籍届、戸籍謄本、本人確認書類、印鑑を揃える。 2本籍地を管轄する市町村役場へと出向いて手続きを行う。 戸籍簿となる戸籍謄本や戸籍抄本は、今現在、本籍地のある役所まで取りに行く手間はありますが、家を建てた時や定住するというのがあらかじめわかっている場合には、移しておいた方がいいでしょう。 しかし、郵送でも取り寄せる事もできますので、わざわざそこまで出向くという手間を省くことができますが、やはり、それだけ時間が掛かってしまうというデメリットはあります。 その為、引っ越しの際に、転出届等と一緒に役所で請求しておくというのがいいでしょう。 それにより、何度も出向く手間を省けます。 他にもパスポートや本籍地が記載されている国家資格なども変更手続きも必要になってきますので、本籍地を変更した場合には、これらの変更も忘れずに行いましょう。 ここに、転出届の有効期限をまとめた記事があるので、本籍地を移す際の参考にしてみて下さい。 住所変更の手続き方法や転入届の方法なども詳しく紹介しているので、引っ越しが決まった際には、読んでみるときっと役に立つ情報があると思います。 東京都千代田区千代田1丁目1番というわかりやすい住所という事もあり、一度聞いたら忘れないというのも人気の理由の一つです。 東京都に住んでいれば、千代田区という便利な場所であれば、いざという時にも書類を取りに行きやすいというメリットもあります。 東京都千代田区には、会社があるという人も多いと思いますので、そういう意味でも、すぐに戸籍謄本や戸籍抄本が必要という時にも簡単に取りに行く事も出来ると思いますので、ここに本籍地を置く人が多いのでしょう。 皇居を本籍地としていれば、忘れるという事もありませんよね。 東京ディズニーリゾートであれば、デートで何度も訪れた場所という事であったり、2人ともディズニー好きという事であれば絶対に忘れない場所でもありますよね。 しかし、場所が千葉県という事もあり、すぐに取りに行ける場所でなければ難しい面もあると思います。 しかしながら、ディズニーランドの側に住んでいるという事であったり、生活に支障のない範囲であれば、何のデメリットもないと思います。 また、千葉県から遠くに住んでいる場合には、郵送でも取り寄せる事もできますので、そういう意味でも遠くに住んでいるからと言って、諦める必要もないと思います。 大阪城の住所は、大阪市中央区大阪城1番という住所になります。 大阪に住んでいれば、誰もが知っている場所を本籍地にするというのは、どこに本籍地をしたのかわからないという事もないでしょう。 また、住所も分かりやすいという事もあり、忘れる心配もないでしょう。 ここに、人気の本籍地を紹介している記事がありますので、この記事で本籍地をどこに置くのがベストなのかを参考にしてみて下さい。 本籍地は、何も自分たちが住んでいる場所にしなければならないという決まりはありません。 その為、自分が好きな場所にするというのは、忘れない為にもおすすめです。 本籍地の調べ方は様々な方法がある事を理解しよう 今回は、「本籍地の調べ方」をテーマに、ネットで調べる方法や免許証で確認する方法などを紹介してきましたが、いかがでしたか?本籍地を調べるには、様々な方法がありますが、今では簡単にネットで調べる事もできるようになってきました。 しかし、ここで必要になるのが2種類の番号でしたよね。 多くの人が何気なくこの番号を免許更新の際に記入していると思いますが、本籍地というのは、変えた事がある人であればいざという時にはどこにしたのかを忘れてしまうというのは、よくあると思います。 その為、本籍地を変える際には、今回紹介したような誰もが知る場所を指定するというのも一つの方法でしょう。 その場所から遠くに住んでいるという場合には、郵送で取り寄せするなどすぐには、手に入らないケースも多いと思いますが、郵送してもらえるように申請すれば遠方に住んでいたとしても戸籍謄本などの書類を取り寄せる事も可能です。 その為、本籍地の選択方法に分かりやすい場所を指定するという方法もぜひ取り入れて下さい。

次の

本籍地の変更にはこんなデメリットが!転籍の前に注意!

本籍 と は

本籍とは 本籍は、戸籍の代表(筆頭者)が 日本国内で好きな場所を指定して決めるものであり、戸籍を保管する役所を決める基準となるものです。 なので特に住んでいる場所や生まれ故郷を選ぶ必要がないだけでなく、日本国内で住所がある場所で明確にある場所であれば、全く行ったことのない場所を本籍にしても問題ありません。 そのため皇居やお城などを本籍地にする人もたくさんいます。 本籍って何のためにあるの? 本籍は現在、 戸籍を管理する役所を決める基準でしかなく、それ以外の意味はありません。 昔は本籍が基本的に住んでいるところであり、そこで戸籍を管理するという習わしがあったのですが、今ならパソコンでデータにして管理することも可能なので、それすら必要ないかもしれません。 しかしながら特に問題もない制度なので、別段変更などをせず、昔からの名残で残っている制度と言えるかもしれませんね。 本籍の調べ方 本籍の最も簡単な調べ方は 住民票を取得することです。 その他戸籍を直接確認するという方法もあります。 基本的には両親や祖父母の住んでいるところが本籍になっていることが多いようですが、好んで違う場所にする人もいるので、思いもよらないところになっているというのも結構あるようです。 一度調べてみると面白いかもしれませんね! ちなみに住民票の取り方がわからないって人はこちらをどうぞ 本籍っていつ決めるの? 戸籍を作ったり、離れたりするタイミングで決める必要がでてきます、具体的に言うと結婚などのタイミングですね。 ちなみに戸籍は、ひとつの夫婦を単位に作ることが多いです。 本籍の変更方法 また本籍は自由に変更することもできます。 現在戸籍のある役所に行って、申請書と戸籍謄本、本人確認書類(免許書など)と印鑑を持っていけば、わりとさっくりと手続きが完了します。 本籍っていつ使うの? 主に結婚などの冠婚葬祭の時、土地や家屋などの不動産売買の時、パスポートを発行する時くらいですね。 あと本籍を変更した時に、免許の本籍を変更する時にも使います、本末転倒な話な気もしますが、笑 場合によっては、入学や就労の際に提出するようなこともあるようですが、個人情報が叫ばれる昨今ではあまり見かけなくなったようですね。 本籍って本当に好きに決めていいの? 繰り返しになりますが、本籍はあくまで戸籍管理の基準でしかないので 好きに決めて大丈夫です。 昔までは戸籍をとるのに、その役所まで出向く必要がありましたが、現在は郵送などで戸籍を取り寄せることもできるようになったので、ますます戸籍の場所を好きに決めやすくなったと言えるかもしれません。 代々一族で守ってきた場所であったり、阪神ファンは甲子園球場に本籍を置くなど、思い入れの強い場所に置く人もたくさんいるようですし、あんまり気にしないって人も多いんじゃないでしょうか、笑 まとめ 本籍とはなんだったか伝わったでしょうか?ざっくりまとめると• 本籍とは戸籍の保管場所の基準となるもの• 本籍は好きな場所における• 本籍は住民票で確認できる• 冠婚葬祭やパスポート、不動産の売買くらいにしか使わない といった感じでしょうか。 僕は最初、おじいちゃんとかお父さんの生まれ故郷的なやつ、という認識だったので、本籍の意味を知った時は 「まじで?!」となった記憶があります、笑 でも自分の思い入れのある場所を好きに決めることができる制度(そういう制度ってわけでもないですが…)と考えると、なんか素敵だなーと思ったり。

次の

本籍地の調べ方・確認方法について!自分で調べるにはどうすればいい?

本籍 と は

や住居表示、区画整理の実施による町()の分割併合などにより市町村名や町名(字名)が変わった場合は、戸籍に記載された本籍の表記は市区町村長の職権で自動的に変更される。 一方、土地のやなどで地番が変わった場合や、住居表示の変更などで街区符号が変わった場合は、戸籍に記載された本籍の地番・街区符号は届出をしない限り変更されない。 このような場合に、婚姻・分籍などで新たに作成される戸籍に元の戸籍と同一の本籍地を設定しようとしても、地番が現存しないため認められず、実在する地番への修正を求められることがある(係員の裁量で認められることもある)。 先例上、地番号の定めのない地については「」と記載するか、市町村が便宜上附している番号を記載してよい。 地のように未だ行政区画の定めがない土地に本籍を定めることはできないとされる。 無番地でも住居表示が実施されている場合(皇居など)は、住居表示による表記が通例となる。 本籍地の変更 本籍地を変更する場合は、基本的ににより行う。 この他、戸籍の新設や離脱に伴う際にも新たな本籍地を設定する必要がある(・・など)。 転籍・分籍の手続きは新本籍地(新しく本籍にする自治体)か旧本籍地(現在の本籍地の自治体)、現住所の自治体で行える。 入籍・就籍による場合は、新たに入る戸籍の本籍地が本籍地となる。 旧戸籍制度における本籍 旧戸籍制度における本籍は基本的に住所であるが、出稼ぎや進学などのため戸主・家族の一部(ときに全員)が本籍以外の場所に住居を移す場合があった。 そのため、別に手続の制度が設けられ、本籍以外の一定の場所に90日以上住所または居所を有する者については届出が義務付けられ、住所のある市町村では寄留簿に、本籍のある市町村では戸籍に添付した出寄留用紙にそれぞれ記載され、住所・居所を把握された。 では、本籍地を管轄するごとに徴兵が行われていた。 徴兵検査は寄留先で受けることも可能であったが、は本籍のある市町村の役所・役場から本人に伝達された。 などで新戸籍を編成する際でも、夫婦の一方の元の戸籍と同じ場所を選ぶ人もいる。 沖ノ鳥島はが戸籍を管理している• 北方領土に本籍を置いた場合、が戸籍を管理している。 を参照。 尖閣諸島はが、竹島はが戸籍を管理している• 日本統治下の地で出生した者でも、本籍を置くことはできない。 1945年(昭和20年)までに樺太に本籍を置いていた戸籍はで大部分が喪失しているが、6村(遠淵村・知床村・富内村・元泊村・内路村・散江村)の戸籍簿は一部が外務省外地整理室に保管されており、戸籍の写しを交付している。 旧樺太の本籍に関する戸籍簿は戸籍法上に規定する戸籍簿ではないが、便宜的に通常の戸籍請求手続に準じて扱われる。 、、2004年3月13日。 、MSN産経ニュース、2010年9月17日18:53。 2011年11月2日. 2011年11月2日閲覧。 (元々の出典は『』2011年1月26日号)• 、2012年8月25日。 青木義人・大森政輔著『全訂戸籍法』日本評論社、(昭和57年)、98頁.

次の