初心者ギターコード。 これだけ覚えれば大丈夫!ギター初心者向け7つのコード

超初心者のためのギター入門講座

初心者ギターコード

コード U- felt : こちらもテイラー スウィフトの有名な曲なので、聞いたことがある人も多いはずです。 日本では恋愛テレビ番組の 『テラスハウス』の主題歌に起用され、話題になりました。 Music videoでとても楽しそうに歌っている彼らが印象的ですよね。 個人的にはBeatlesが楽しそうに歌っている曲は少ない気がします… 後半の「na na na nanana na…」と繰り返す部分は、循環逆四度進行という珍しいコード進行なのですが、何を言っているのかさっぱりわからなくていいと思います。 最後に:バレーコードもちょっとづつやろう! 以上、バレーコードなしで弾ける定番曲 20選を紹介してきました。 気に入ったものはあったでしょうか? ここまでみてると、聞いていると複雑そうに思えた曲も意外と簡単なコードでできているものがあることがわかると思います。 だから、「バレーコードが弾けない…」と暗くならずに「簡単な曲から練習しよう!」と明るく元気にやることが大切です。 何せ、「音ヲ楽シム」ですから! これらの曲を全て弾いてみるのもいいですし、1曲だけ選んでみて完璧に弾けるようになるまで練習してみるのも面白いかもしれません。 途中で書いたように、youtubeなどでアコギバージョンを調べて勉強するのもありです。 とにかく、弾いてみること。 ただそれだけです。 ぜひ 楽しんで演奏してみてください.

次の

ギター初心者の入門講座!挫折しないギターの始め方

初心者ギターコード

ギター初心者が洋楽から練習曲を選ぶときに気を付けるべきポイント 曲選びって、特にギターを始めたばかりの頃は重要です。 最初に 難しすぎる曲を選んで挫折してしまったり、 好きでもない曲を選んでモチベーションが上がらない人も多いです。 また、ギターがまだ弾けないので、「どの曲か簡単で、どの曲が難しいのか分からない」という人も多いと思います。 好きな曲、アーティストを選ぶのがオススメ 自分の好きな曲を選ぶのは案外重要なポイントです。 たとえ自分のレベルにふさわしくて、練習曲としてピッタリな曲でも、 その曲に全く興味がなければ練習する気がおきませんよね…? ギターの練習って何度も繰り返して弾くので、好きな曲でも飽きてきてしまうことはあります。 好きな曲でもそうなら、興味のない曲ならなおさらですよね! あまり速すぎない曲がオススメ ロックやメタルのようなジャンルだと、原曲のテンポがすごく速いものも多いです。 もちろんゆっくり弾けば問題ないのですが、やはり原曲通り速く弾きたくなるものです 笑 基礎的な力が付いていない内から早く弾こうとすると、弾き方が崩れてしまったり、変なクセが付いてしまったりすることが多いので、初めのうちは出来るだけゆっくりとした曲の方がオススメです。 どうしても速い曲が弾きたい場合は、遅いテンポで完全に弾けるようになってから、徐々にテンポを上げるようにしましょう! あまり複雑すぎない曲を 初めから複雑な曲にトライしてしまうと、途中で挫折することが多いのであまりオススメはしません。 特に、初心者のうちは基礎的なリズムを覚えるのが先決なので、あまり複雑なリズムによって構成されている曲は避けるようにしましょう。 ただ、カッティングが使われる曲は速い曲が多いのに比べ、この曲はテンポがゆっくりなので比較的弾きやすいと思います。 僕もこの曲でカッティングと出会ったので、ぜひトライしてみてください! ギター初心者でも好きな洋楽で練習できる! 今回ご紹介した洋楽は、練習曲としてご紹介したので初心者でも簡単に弾ける曲ばかりですが、ギターは「難しい=カッコいい」ではないので、上手く弾けたら十分カッコよく弾けますよ! ギターを始めたばかりの時は「どんな曲で練習したら良いんだろう…。 」と悩みがちですが、僕は自分の好きな曲で練習するのが1番だと思います。 ですので、「洋楽が好き!」という人は、ぜひ自分の好きな洋楽でギターを練習してみて下さい! 曲をコピーする方法については以下の記事で詳しくご紹介しているので、ぜひ合わせて参考にしてみてください! この記事が1人でも多くの役に立つことを願っています!.

次の

ギターコードの正しい押さえ方

初心者ギターコード

ギターを手にして最初にやらなければならないことは、やはり基礎的なエクササイズです。 もちろん、効率的に基本テクニックを身につけることのできる練習フレーズを繰り返すのもいいですが、それだけでは飽きてしまいます。 基礎練習が退屈に感じられてしまう理由は、やはりその単調さにあります。 どんなに効率的な練習フレーズであっても、単調な作業を延々と続けるのは辛いものですよね…。 そこで、楽曲を演奏しながら基本的なテクニックを学んでみましょう。 今回はギター初心者の方におすすめの練習曲をピックアップしてご紹介したいと思います。 ギター初心者の方は、こちらの記事も参考にしてみてください! ところで、 ギターの練習に悩んでいる方へ!EYSのギター教室の無料レッスンを受けてみませんか?好きな曲にあわせてメキメキと上達するだけでなく、入会するとなんと 無料で楽器がもらえちゃうんです。 もくじ• 初心者向けの練習曲を選ぶポイントは? 具体的な曲をご紹介する前に、まずは初心者向けの練習曲を選ぶポイントについてチェックしていきましょう。 あまりテンポの速い曲は避けよう ハードロックやメタルなどのジャンルが好きな方は、最初からテンポの速い曲に挑戦したくなるものです。 ですが、ピッキングやフィンガリングなどの基礎ができていない状態でいきなりテンポの速い曲やフレーズを練習すると、身体に負担をかけてしまったり、悪い癖がついてしまう可能性が高いのです。 フレーズやリズムを自然に口ずさむことができる程度のテンポまでにしておきましょう。 どうしてもテンポの速い曲を練習曲にしたい場合、無理のないテンポまで落として練習するといいでしょう。 最近ではピッチはそのままにテンポを変えて再生できるスマホアプリなども登場しています。 うまく練習に活用してみましょう。 リズムはできるだけシンプルなものを テンポだけでなくリズムも練習曲選びでは大切なポイントです。 最初はできるだけシンプルなものを選ぶようにしましょう。 近年ではJ-POPやロックなどでも複雑なリズムパターンを多用したものが多くなっていますが、初心者の方にはあまりおすすめできません。 ロックであれば8ビートのシンプルな曲で「リズムの基礎」を身体で覚えることが大切です。 基本的なリズムを身につけ、理解できれば自然と複雑なリズムパターンにも対応できるようになります。 できるだけ好きなジャンル・アーティストの曲を選ぼう 最後のポイントは、できるだけ好きなジャンル・アーティストの曲を選ぶという点です。 どんなに練習曲にふさわしい楽曲であっても、あまり興味のないジャンルやアーティストでは、一般的な練習フレーズと同じように退屈に感じられてしまうもの。 それに対して、好きなジャンルやアーティストの楽曲であれば高いモチベーションを維持して練習することができるでしょう。 同じアーティストでも、さまざまなタイプの曲があるはずです。 その中から練習しやすそうなものを選んでみてください。 初心者におすすめのギター練習曲(邦楽編) それではいよいよ初心者の方におすすめのギター練習曲を具体的にピックアップしてご紹介していきましょう。 まずは邦楽アーティストの楽曲を5曲ほどセレクトしてみました。 スピッツ「チェリー」 邦楽編のラストにご紹介するのは3人組ガールズバンド・SHISHAMOの「明日も」。 ほとんどがシンプルなコードストロークで構成されている楽曲です。 ですが、イントロやキメをしっかりと合わせないとサマにならない曲ですので、リズムを意識した練習にはぴったり。 一部コードチェンジが速い部分もありますので、コードをしっかりと覚え、最初は少しテンポを落として練習するのがポイントです。 初心者におすすめのギター練習曲(洋楽編) 洋楽というと少しレベルが高いといったイメージを抱いてしまう方も多いかもしれません。 ですが、初心者向けの曲はいくつもあります。 そこで、続いては洋楽のおすすめギター練習曲を5曲ほどご紹介しましょう。 Green Day「American Idiot」 日本でも「レッチリ」の愛称で知られるRed Hot Chili Peppers。 メンバー全員、非常に高いテクニックを持つ素晴らしいプレイヤーですので、初心者にはとても弾けないのでは?なんて思っていませんか? 「Dani California」は比較的シンプルな曲となっています。 音源では何本ものギターが重なっていますが、基本はコードストローク。 使用されているコードもそれほど多くありませんので、初心者向けの練習曲としても人気なのです。 ラストのジミ・ヘンドリックスを彷彿させるギターソロはちょっと難易度高めですが、極端に難しいフレーズではありませんし、指板を広く使ったソロとしてチャレンジしてみる価値は十分にあるでしょう。 Nirvana「Smells Like Teen Spirit」 最後にご紹介するのは「ギターの神様」とも称されるエリック・クラプトン。 ソロキャリアの中でも特に高い人気を集めている代表曲が「Wonderful Tonight」です。 この楽曲を初心者向け練習曲にピックアップするか否かは少し悩ましいところですが、じっくりと練習したい要素がたっぷりと詰まっています。 イントロから美しいアルペジオ、そしてチョーキングを組み合わせたリードと、エレキギターの基本的なテクニックが満載です。 決して簡単な曲とはいえませんが、初心者の方にこそ、腰を据えて挑戦していただきたい1曲となっています。 脱初心者を目指す方にもおすすめです。 曲が弾けるようになるとギターはもっと楽しくなる! 基本的に音楽は日々の生活を楽しくするためのものです。 もちろん、基礎的な練習はギター上達のために欠かせないものですが、それだけでは楽しくありません。 そこで、好きな楽曲を練習に取り入れるだけで、初心者の方でもすぐに音楽の楽しさを実感することができるでしょう。 曲を通して弾けるようになると、自信にも繋がりますので高いモチベーションを維持できます。 もちろん、今回ご紹介した10曲以外にも、初心者ギタリストの練習曲にぴったりな楽曲はいくつもあります。 ここでご紹介したポイントをチェックしながら、あなたにぴったりな練習曲を探してみてはいかがでしょうか? すると、もっとギターを、そして音楽を好きになることができるかもしれません。 【無料で楽器がもらえるって本当?】ギター習うならEYS音楽教室を.

次の