糸へんに減る 漢字。 へんの名前を覚えよう! 部首を理解すると漢字を間違えにくくなるって本当?

【保存版】知ったら、漢字が得意になる!!部首の意味でイメージ化!「部首の意味リスト(一覧)と解説:基本編・武器編」 漢字の学習方法3

糸へんに減る 漢字

糸(いとへん) スポンサードリンク 部首が 「いとへん」の漢字一覧です。 糸部に属する部首で左側に位置するときは「いとへん」と呼びます。 糸の種類・糸製品など糸に関する漢字、「いとへん」を含む漢字などが集められています。 主にJIS第1水準・JIS第2水準の漢字を対象に記載しています。 +1画• +3画• +4画• +5画• +6画• +7画• +8画• +9画• +10画• +11画• +12画• +13画• +14画• +15画• +16画• +17画• +22画• 背景色の は常用漢字、 は人名用漢字(表一)、 は人名用漢字(表二)を示しています。 スポンサードリンク•

次の

封緘とは?封緘印(ふうかんいん)を押印する意味

糸へんに減る 漢字

うんちくが多数存在します 印鑑の中には、実はいろいろな種類があるもので、それだけまつわるうんちくが多数存在します。 印鑑、はんこといえば普通の名前などが彫ってあるものもあれば、氏名以外に特定の文字が彫ってあるものも存在しています。 その文字も人によって違ったりする「落款印」などもありますが、封筒の裏に封をする意味で押される封緘(ふうかん)というものをご存知ですか?なかなか読みにくく、何が書いてあるかわからないけど、なぜか押してある程度で、一度はご覧になったこともあるかと思います。 仕事などで封書のやり取りなどをしていると、目にする機会も多いものですが、「緘」という文字が行書体や昔ながらの文字で封筒の封じ目に押されています。 この文字には、その封書の担当者以外の人間は開けてはならないという意味が込められているのです。 信書にはぜひ押したいはんこ よくこの「緘」と押された封書は、中身によって変えているだろうなどと、うんちくとして語られることもありますが、実は中身は関係ありません。 どんな中身であっても押していいものなのです。 ではなぜ押すのか、といえば、誤ってどこかで封書を開けられていませんということの証明になります。 担当者以外が先に開けてしまっては、その機密性に問題が出てくるものも存在するからです。 中身以上に重要なのが、どんな書類に関しても、機密を考え取扱い、発送しているという事実です。 そういった細かな取り扱いをしている姿勢ということを相手に伝えるという意味も込められています。 ボールペンで線を引き、粘着テープなどで封をするだけでも機能的には問題がありません。 しかし、受け取る側が「緘」の意味が分かっていれば、送り主がこの封書をとても大切に取り扱っているとわかるため、信書にはぜひ押したいはんこといえるでしょう。

次の

【みんなの知識 ちょっと便利帳】小学校で習う漢字かどうかを調べる

糸へんに減る 漢字

基本になる漢字は『 咸(カン)』です。 音読みは『カン』が『ゲン』、意味は『口を封じる』、『口を閉ざす』です。 咸(カン)、 感(カン)、 憾(カン)、 緘(カン・とじる)、 減(カン・へる)、 鹹(カン・しおからい)、 鍼(カン・はり)などがこの漢字の仲間です。 これらの漢字は同じ構成要素をもつので、漢字の足し算で表すことが出来ます。 漢字は足し算で表わす事が出来るものについては、意味を考えて漢字の足し算で覚えると便利です。 『 咸(カン)』に何を足したら 咸、 感、 憾、 緘、 減になるのかを考えます。 感は 、 減は 、 憾は で習う常用漢字です。 学年、学校に関係なく一緒に覚えましょう。 漢字の足し算で覚えるならば、戉(まさかり)+口= 咸(まさかりでショックを与えて口を閉じさせる)です。 漢字の部首は『口・くち』です。 意味は『口を閉ざす』、『閉ざす』、『皆に口を閉じさせる』、『皆』です。 音読みは呉音が『ゲン』、漢音が『 カン』です。 秦の時代の都の 咸陽( カンヨウ)は、現在でも大きな都市として有名です。 『 咸(カン)』は常用漢字ではありません。 漢字の足し算で覚えるならば、 咸(戉・まさかりでショックを与えて口を閉じさせる)+心= 感(口が開けられない程、心をうたれる。 感動する)です。 漢字の部首は『心・こころ』、意味は『感動する』、『感じる』、『ショックを受ける』です。 音読みは呉音が『コン』、漢音が『 カン』です。 物事に感じて動く心持を 感情( カンジョウ)、刺激を受けて感動することを 感激( カンゲキ)、ショックを受けて態度を変えることを 感化( カンカ)、電気によるショックを 感電( カンデン)といいます。 『 感(カン)』は小学校3年生で習う漢字 です。 感がショックを受けて良い意味にも、悪い意味にも使われるようになったので、残念に思う気持ち用に造られた漢字です。 漢字の足し算で覚えるならば、忄(心の動き)+ 感(心をうたれる)= 憾(残念な気持ち。 残念に思う)です。 漢字の部首は『忄・りっしんべん』、意味は『残念に思う』です。 音読みは呉音が『ゴン』、漢音とも『 カン』です。 心残り(遺)に残念に思う気持ちを遺 憾(イ カン)といいます。 『 憾(カン)』は で習う常用漢字です。 漢字の足し算で覚えるならば、糸+ 咸(閉ざす)= 緘(糸で緘(と)じる。 )です。 漢字の部首は『糸・いとへん』、意味は『糸で緘じる』、『口を閉ざす』です。 音読みは呉音が『ケン』、漢音が『 カン』、訓読みは『緘(と)じる』です。 封をして緘じることを封 緘(フウ カン)、口を閉じて何も言わせない命令を 緘口令( カンコウレイ)といいます。 『 緘(カン・とじる)』は常用漢字からは外れています。 緘口令( カンコウレイ)は 箝口令( カンコウレイ・竹製のかせを口に嵌める)とも書きます。 漢字の足し算で覚えるならば、氵(水)+ 咸(閉ざす)= 減(水の流れを閉じて水量を減らす。 減らす。 へらす)です。 漢字の部首は『氵・さんずい』、意味は『減(へ)らす』、『引く』です。 音読みは呉音が『 ゲン』、漢音が『カン』、訓読みは『減(へ)らす)』、『減(へ)る』です。 減って少なくなることを 減少( ゲンショウ)、勢力が少なくなることを 減退( ゲンタイ)、削って減らすことを削 減(サク ゲン)、引き算を 減法( ゲンポウ)といいます。 『 減(ゲン)』はです。 漢字の足し算で覚えるならば、鹵(アルカリ性のしお)+ 咸(口を閉ざす)= 鹹(口を閉ざす程塩辛い。 しおからい)です。 漢字の部首は『鹵・しお』、意味は『塩辛い』、『鹹(しおから)い』です。 音読みは呉音が『ゲン』、漢音が『 カン』です。 訓読みは『鹹(しおから)い』です。 塩分を含んだ水を 鹹水( カンスイ)、塩分をたくさん含んでいる湖を 鹹湖( カンコ)といいます。 鹹湖の水を中華麺に使ったことから、中華麺に使うアルカリ性の塩水を 鹹水( カンスイ)と呼ぶことがあります。 『 鹹(カン・しおからい)』は常用漢字からはずれています。 漢字の足し算で覚えるならば、金(金属)+ 咸(刺激する)= 鍼(金属製の鍼で人体を刺激して治療する。 はり)です。 漢字の部首は『金・かねへん』、意味は『鍼(はり)』です。 音読みは呉音・漢音ともに『 シン』、訓読みが『鍼(はり)』です。 治療に用いる鍼(はり)と灸(キュウ)を 鍼灸・針灸( シンキュウ)といいます。 漢字の成り立ちからすると、 咸(カン)と同じ(カン)と読むはずですが、 針(シン)zhenの影響を受けて 鍼(シン)と読みます。 『 鍼(シン・はり)』は常用漢字からはずれています。 鍼(はり)は 針(はり)とも書きます。 針(はり)は 十の仲間の漢字です。 詳しくは『漢字の覚え方 十』 をご覧ください。 参考図書です。 少し練習しましょう。 秦の都 かんよう( )。 相手の かんじょう( )に訴える。 かんでん( )死。 いかん( )に思う。 手紙を ふうかん( )する。 かんこうれい( )を敷く。 人口が げんしょう( )する。 費用の さくげん( )。 塩分を含む かんすい( )。 しんきゅう( )医。 解説です。 基本の漢字は 咸、感じるは心を足して 感、残念に思うは忄(りっしんべん)を足して 憾、緘(と)じるは糸を足して 緘、減らすは氵(さんずい)を足して 減、鹹(しおからい)は鹵(しお)を足して 鹹、鍼(はり)は金(かねへん)を足して 鍼です。 解答です。 咸陽、 感情、 感電、遺 憾、封 緘、 緘口令、 箝口令、 減少、削 減、 鹹水、 鍼灸・針灸。

次の