中国語 仕事。 中国語 仕事 東京 ハローワークの派遣の求人情報|派遣の求人・派遣会社情報ならはたらこねっと

中国語を活かせる仕事 <DODAグローバル>

中国語 仕事

中国語を学んでいる時は、どうやったらペラペラになれるかということだけに目が行きがちです。 高校を卒業後、専門学校から留学と、ひたすら中国語だけを学び続けてきた私は、就職してはじめて「中国語を仕事でどう活かすか」「中国語を使って何をするか」という視点がぬけていたことに気がつきました。 もっと早く目的意識を持っていれば、よりスムーズな人生を歩めていたかもしれません。 本日はそんな私の教訓を紹介して参ります。 中国系企業に入社してカルチャーショックを受ける 中国内モンゴル留学から帰国した私は、飯田橋にあるで中国語の通訳と翻訳を学ぶことにしました。 授業は1年間の課程でした。 卒業後は、中国で日本製医療機器を代理販売している中国系商社に就職することになりました。 入社してすぐに、訪日した中国のお客様がメーカーで研修を受ける際の通訳や観光案内などのお客様のお世話係を担当しました。 様々なお客様のアテンドをする仕事はとてもやりがいがありました。 中国ではレストランで食べきれないと、持ち帰る習慣があります。 これを中国語で「打包(ダーバオ)」と言います。 中国人の社長と一緒にお客様と会食することが頻繁にありました。 レストランで食事をして、少しでも食べ残りが出ると必ず、社長は、毎回私にそれを持ち帰るようにすすめました。 若かった自分への気遣いだということは理解できました。 当時はうまく断ることもできず、「打包(ダーバオ)」を好意として受け止める度量も不足していました。 夜、お客様が宿泊しているホテルの一室に金一封を届けに行かされたこともありました。 「あれだけ中国語を一生懸命勉強したのになぜ?」「こんな仕事をするために頑張ってきたのか。 」 今は考えると、当時の自分はなんて未熟だったのだろうと、とても恥ずかしく思えます。 中国語を学んできたのに関わらず、中国の習慣に対する理解も不足していました。 残念ながら、その会社はたった10ヶ月で退職してしまいました。 中国語を使ってどんな仕事をしたいか考える。 中国系商社を退職したときは、もう二度と中国には関わりたくないと思っていました。 中国語を使う仕事をすることを目標に何年間も費やし、目標は達成したもの「何かが違っていた」のです。 その「何か」がわからないまま、もやもやした気持ちで失業生活を過ごしました。 半分引きこもりがちになっていた時期もありました。 ただ結局のところ、私ができることは中国語しかなかったのです。 大久保の日本語学校でアルバイトをしながら、中国語を使って何をするか考えた末、職業訓練校で貿易について勉強することにしました。 卒業後千葉県の小さな貿易会社に入社しました。 中国からの物流ルートを決めたり、輸入通関や海外送金の手配をする貿易事務の業務を担当しました。 中国語を活かしてものづくりの仕事をする。 そこで靴下と出会う。 貿易会社で数年勤めた後、3社目となるぬいぐるみメーカーへ転職しました。 戦後から高度成長期にかけて日本国内で自らが工場を営んでいた関係もあり、国内外を問わずお取引先工場との関係をとても大事にする会社でした。 こちらの会社で9年間勤めたうちの前半はぬいぐるみの生産管理、後半は中国語を活かした、ぬいぐるみ以外の新規商材を製造する工場に発掘と立ち上げに携わりました。 2008年に上司から命じられて中国で靴下工場を探したのが、自分が「靴下」に出会ったきっかけになりました。 靴下のお仕事に携わる中で出会った、台湾と中国の工場が、今私が経営している靴下メーカーのパートナーとなっています。 ぬいぐるみメーカーとの出会いがなければ今の自分もありませんでした。 2010年、私は、初めて台湾の靴下工場を訪問しました。 当時は、老舗のぬいぐるみメーカーで、海外工場の「生産管理」や新規工場を発掘する「仕入れ」の仕事をしていました。 靴下との出会いは、上司から命じられて、中国で靴下工場を探したのが、きっかけでした。 靴下の開発は、会社にとっても初めての取り組みで、苦労はしたものも、売り上げも徐々に伸びていきました。 そんな中、ある人気キャラクターの靴下の版権を取得することになりました。 デザインを見るとかなり複雑です。 当初靴下の製造をお願いしていた、中国の工場に再現ができるかどうか確認をしたところ「問題ない」ということでしたので、サンプル製作を依頼しました。 ところが、何回修正を重ねても、仕様書通りのサンプルが上がってきません。 工場に原因を尋ねても、担当者もしどろもどろ。 私自身も靴下の経験が浅く、解決策を見出すことができない事態に陥ってしまいました。 すでカタログに完成図のイラストが掲載されており、お客様から沢山の受注を頂いてしまっていました。 引用元 ブリングハピネスホームページより 中国語を使う仕事をしたい方に参考にしてほしい私の教訓 語学を使って何をしたいかを考える 語学とはコミュニケーションの道具です。 できれば早めに語学以外で自分が得意なこと、やりたいことを探すように意識をしておくとその後の展開が違ってくるかと思います。 中国語を使って「何」をするか考えることが大切です。 その「何」がないということは、「料理の道具は揃っているが、何を作って良いかわからない」という状況に似ています。 その「何か」が見つかったら、その業種に飛び込んで学ぶのもよいですし、学校に入るのもよいかもしれません。 今は、昔よりネットが発達しているので、もし語学以外で、ちょっとでも興味がある分野があれば、TwitterなどのSNSで、その業種の方々をフォローすれば、概況を知ることもできます。 学びの成果をブログにまとめることによって、知識が自分のものになり、考え方も固まってきます。 SNSでブログを共有することによって、読んでくれる方も出てくるかもしれません。 コツコツと模索を続けていると、少しづつ自分が見えてきます。 安定した会社に就職して、良い給料を得ることも、もちろん大切ですが、人生は長いです。 何よりも自分が好きなことで、苦しくても踏ん張ることができることではないと、長続きしないのかもしれません。 「中国語を活用して、事を成し遂げる」 私の場合は、15年間中国語に携わる仕事をしてきて、やっとのことで出会ったのが靴下でした。 現在は、中国語で台湾の工場とやり取りをしながら、靴下メーカーを経営しています。 しかしながら、かなりの遠回りをしてしまいました。 もう少しアンテナを高くはっていれば、遠回りする必要もなかったのかもしれません。 こんな私の教訓が少しでも皆様のお役に立てるようですととても嬉しく思います。

次の

中国語検定を就職に活かすなら何級?有利になる業界と目標級を解説

中国語 仕事

仕事をする。 芝居のしぐさ。 生産物。 手工芸品。 労働する。 面倒をかける。 パート。 アルバイトの人。 パート。 アルバイト。 時間給労働者。 時間給労働者。 アルバイト。 日雇い労働者。 昼間の仕事。 季節労働者。 プロの。 専門の。 専門業種。 専門外の。 アマチュアの。 労働力。 労働者。 働き手。 労働力。 人工の。 勤めを終える。 仕事が終わる。 仕事が終わる。 公務で外出する。 営業を停止する。 工事を中止する。 辞職する。 退職する。 改行する。 一行とばす。 手間賃。 当ブログにお越しいただきありがとうございました。 KTV、按摩から、ブランド名の中国読み、中国語単語、中国語フレーズについて記事を書いております。 よかったら、画面上部のBLOGで、記事一覧をご覧ください。 またのお越しをお待ちしております。 中国語学習に興味がある方、中国語発音マスターしたい方は下記画像クリック。

次の

中国語を活かせる仕事 <DODAグローバル>

中国語 仕事

のべ 14,701 人がこの記事を参考にしています! 中国語を使う仕事内容は多様化しています。 昔は製造業か商社が主な就職先でしたが、最近はIT関連業、広告業界など幅広い業種で中国語を使うケースが増えてきました。 今後、中国語の需要が増えることはあっても、減ることはないでしょう。 この記事では、中国語の求人に焦点を充てて解説していきます。 多くの方に参考になるように、様々なケースを想定してご案内しています。 中国語を活かした仕事を探したいけれど、どんな仕事があるのかが分からない• どのように探したらよいかわからない という方は、ぜひ参考にしてください。 中国ゼミでは、中国語関連の仕事を目指すあなたへ、中国語を最短でマスターする動画を、 期間・人数限定でプレゼントしています。 【無料相談会】中国語を使った仕事、キャリアについて相談したい方へ。 中国語を効率よく学び、仕事につなげる方法をマンツーマンでコーチングさせていただきます!『』 1-1. どこで働きたいのか まず、仕事選びにおいて働く場所を決めることは、大切なポイントです。 大まかに分けると「 日本で働くか」、「 中国語が使われている中華圏で働くか」の選択になりますが、これはじっくり考えて決める必要があります。 中国本土か中華圏で働こうと思ったら、家族のことも考えなくてはいけません。 家族の問題の中には、子供の教育・親の介護も含まれます。 短期間の出張であれば問題はありませんが、長期にわたり中国本土か中華圏で働くことになると、家族と接する時間が短くなり、家族のケアどころではありません。 また、日本で働く場合も、中国への出張機会があるか、もしくは中国への転勤機会があるかという点も確認できるといいでしょう。 それぞれの拠点に生活の基盤を置いた場合の、メリット・デメリットについて、自分の生活にあてはめながら、シュミレーションしておくことが大事です。 1-2. 中国語を活かす対象は誰か 次に、仕事選びのポイントとして、中国語を活かす対象は誰かを明確にしておきましょう! 日本人を相手にしたもの、そして 中国語圏の人を相手にしたものがあり、例えば、前者の場合、中国企業との取引のためや商談、また中国から視察に来る管理職社員のアテンドでは中国語力が必要とされます。 また後者には観光業や小売店等のサービス業での求人があり、それぞれの対象で仕事に違いがあります。 1-3. 自分の条件を明確にすることが大切 また、中国語を活かす仕事を見つけるには、勤務形態を明確にすることもポイントの一つです。 最近は、正社員以外でも中国語を活かせる仕事があります。 自分のライフスタイルを優先したい場合には、アルバイトや派遣社員といった形態でも中国語を活かせる仕事がありますので、 自分にはどの雇用形態があっているか考えてみましょう。 正社員として働きたいけど不安がある人は、インターンシップ制度がある会社を探すこともおすすめです。 インターンシップ制度の良さは、実際に仕事が体験できて会社のスタッフと触れあえることです。 インターンシップ制度を採用している企業は増えているので、小まめなチェックが大切です。 働く場所とターゲットによって異なる仕事内容 中国語力が必要とされる求人の需要は高いですが、働く場所とターゲットによって仕事内容は異なります。 具体的に、どのように異なるのかを見ていきましょう! 2-1. 日本での中国人対象の求人 近年、多くの中国人観光客が日本を訪れています。 また、中国企業が日本へ進出に伴って、中国人駐在員の数も増えています。 東京や大阪の電気街に行くと、中国人団体の話し声を聞くことは多いでしょう。 ホテルの中でも、中国人団体の姿は目立ちます。 しかし、日本を訪問している中国人の多くは、日本語があまりできません。 この状況により、 中国語で接客ができるサービス業の需要が年々増えています。 日本に居ながら中国人を相手にする仕事には、 空港の販売員・ホテルのフロント・家電量販店・観光案内所などがあります。 いずれの仕事も基本的な中国語は必要ですが、中国人の行動パターンや中国文化も把握しておくことが重要です。 中国ゼミのこちらの記事では、中国人との接し方のアドバイスをより詳しくご紹介しています。 『』 2-2. 日本での日本人対象の求人 日本で日本人客を相手に、中国語を使って働く方法もあります。 主な仕事には、通訳業・翻訳業・中国語講師・ツアーコンダクターなどがあります。 中国語の通訳や翻訳は業種によっては不可欠なので、需要は確実にあるでしょう。 中国語圏へのツアーに参加する日本人旅行者に同行して、堪能な中国語を活かして観光ガイドをする求人もあります。 勤務先の拠点は日本になりますが、中国語圏への出張が多い仕事です。 また、中国語を勉強したい日本人生徒に中国語を教える講師の求人があります。 ネイティブの講師だけでなく、理論的に文法や発音を教えることができる日本人講師は貴重な人材です。 その他、最近では、IT関係等中国企業が日本に進出しているケースも多くみられるので、中国企業の日本支社で、日本市場への営業戦略を助ける人材も需要が多くなっています。 2-3. 中国現地での日本語求人 中国本土もしくは他の中国語圏で、中国語と母国語の日本語を活かした求人があります。 そのような職種には、日本人専用マンションスタッフ・不動産関連・旅行関連・クリニックなどがありますが、変わった職種では日本人の子供を対象とした日本語教師の仕事があります。 紹介した職業は日本人相手の仕事ですが、現地の中国人スタッフとの協力も欠かせません。 現地の日本人及び中国人への対応が必須になるため、良好なコミュニケーションを実現するには、 日中文化を理解することが重要です。 時には板挟みとなり、大変なこともありますので、 柔軟に物事に対応できる忍耐力も備えていることが必要です。 日本国内で中国語を活かせる求人が多い職種は 日本国内でも中国語を活かせる仕事はありますが、以下の内容では求人が多い職種を紹介していきます。 また、それらの職種に就くために必要なことも併せて見ていきましょう。 3-1. 中国人の観光案内をする通訳案内士 今や来日される中国人観光客が多く、観光地では中国語の表示も増え、電車や大型量販店などでは、中国語のアナウンスも耳するようになりました。 英語ガイドに比べ、中国語ガイドの需要が大幅に増えているにも拘わらず、中国語の通訳案内士の数が圧倒的に足りません。 そのため 常に「中国語の通訳案内士」が求められています。 通訳案内士になるには、国家試験に合格することが必須です。 合格率は10%以下の超難関ですが、攻略的に勉強すれば合格することも不可能ではありません。 長期戦を覚悟して、粘り強く勉強することによって得られることが多いはずです。 自国のことを得意な中国語を活かして案内できることはやりがいも感じられます。 通訳案内士に必要なスキルは高度な語学力は勿論ですが、語学力だけではなく、中国の文化や歴史に精通していることも大切です。 また、他に必要なスキルとして、コミュニケーション能力もあります。 コミュニケーション能力を磨くためには、さまざまな中国人と交流することが大切です。 2020年には東京オリンピックの開催もあり、今後もますます多くの中国人が訪日することが予想されます。 目標を持つことによって、中国語をマスターするモチベーションがもっとあがりますね。 中国ゼミのこちらの記事も併せてご覧ください。 『』 3-2. 中国との取引が多いアパレルや食品のバイヤー 日本で販売されている衣服の多くが、中国で製造されていることは既にご存知ですね。 中国との取引が多いアパレルメーカーは、中国語ができる人材を常に求めています。 また、アパレル関係の会社以外にも、食品会社のバイヤーも中国語が必要です。 中国経済の発展により、巨大市場の中国でも日本の食品に注目を集めています。 安心かつ安全な日本食への需要は年々高まっており、日本ならではの「和」の食品を中国に輸出するバイヤーの需要も増えてきました。 そのため中国語ができるバイヤーの仕事はこれからも需要が下がることはないでしょう。 中国語を使った仕事を探す方法 次に中国語を活かした求人情報の検索方法をご紹介します。 日本で働く場合と、現地で働く場合を分けて紹介しています。 是非仕事探しにお役立てください。 4-1. 日本での就職を目指すなら まず、日本で就職する場合の求人情報の検索方法をご紹介します。 4-1-1. マイナビ転職グローバル URL: 日本最大級の海外・外資系企業に特化した転職・求人サイトです。 語学のスキルを活かしてグローバルに活躍したい方に特に人気がありおすすめです。 4-1-2. DODAグローバル URL: 老舗の求人雑誌が運営しているサイトですが、語学のスキルを活かしたグローバルに活躍したい方への求人が多いです。 エージェントサービスに申し込むと、転職の相談や、非公開の企業へも応募できます。 4-1-3. リクナビ URL: リクナビでは、インターンシップ制度を採用している企業も紹介しています。 登録すると、スカウト機能や転職のノウハウ情報を頂くことができます。 新卒・転職・派遣といった就職活動全体をサポートする求人情報サイトです。 4-1-4. タウンワーク URL: タウンワークはフリーペーパーですが、地域に特化した求人内容が特徴です。 アルバイトやパートをお探しの方にお勧めです。 4-1-5. アデコ URL: アデコは世界に展開している人材派遣・人材紹介の会社です。 業種も幅広く、特にIT関係やエンジニア向けの求人が多いことが特徴なので、中国語を活かしてIT業界で働きたい方には特におすすめです。 4-1-6. ハローワーク ハローワークは国が運営している職業紹介機関です。 求人内容は正社員としての勤務形態も多いですが、中小企業が多いのが特徴です。 タイミングが合えば、中国語関連の求人情報が得られることがあるので、住んでいる地域で、中国語関連の仕事をしたい方はチェックしてみましょう。 4-2. 中国での現地就職を目指すなら 中国語を使って仕事をしたい人は、現地で就職するという道もあります。 現地で就職したい人は必見です。 ご参考にしてください。 4-2-1. カモメ URL: 日本語で書かれている、こちらのサイトが便利です。 中国のエリアごとの就職情報が充実しています。 4-2-2. ALA! 中国 URL: こちらのサイトも求人数が豊富です。 求人は条件別で整理されているので探しやすいという特徴があります。 中国国内の求人と、日本国内の求人があります。 4-2-3. JAC Recruitment URL: 管理職や専門家の求人が多いサイトですが、世界10ヵ所にある独自のネットワークで、強力にバックアップしています。 海外の求人も多いので、専門性のある人にはとてもおススメのサイトです。 4-2-4. NNA jobwire URL: 現地の求人情報が豊富で、比較的高給の案件が多いです。 利用を躊躇している人は、一度無料相談を受けてみましょう。 4-2-5. RGF HR Agent URL: 大手の人材紹介サービス会社のリクルートが運営している、海外の企業を紹介しているサイトです。 無料で求人の閲覧もできるし、履歴書や職務経歴書の書き方も相談に乗ってくれます。 4-2-6. 現地で直接紹介してもらう 現地で仕事を探すには、日本人交流会などに参加して、ネットワークを広げましょう。 中には会社の経営者や、採用担当者と出会える可能性があります。 また、同じく仕事を探している方から貴重な情報が得られることもありますので、積極的に人とのつながりを作ることは大切です。 ただし、ビザなしだと15日以内の滞在制限があるので、短期の語学留学をして滞在期間を長くするのも一つの方法です。 ビザなしの15日以内で仕事を見つける場合は、人材コンサルティング会社を利用するのが、効率的かもしれません。 例えば、蘇州には次の人材コンサルティング会社があります。 参照リンク: 大手ではなく、ホームページにも人材情報はあまり掲載していませんが、まずはこのような会社で相談し、日本人の求人状況を確かめることも良い就職活動のツールの一つです。 また、時間と費用に余裕がある場合には、中国への留学は学費も安く、生活費も安いのでお勧めです。 中国へ留学するときは、目標をしっかりと定めましょう。 目標を定めることによって、中国語を早く習得することができ就職のチャンスも増えます。 日本では何年働いても、数パーセントしか給料アップがないケースがありますが、中国企業であれば少なくとも2倍以上の給料アップが当たり前のように見込まれます。 中国国内では日本人人口が減っているため(駐在員含む)、日本人の採用枠が大幅に拡大しています。 特に製造業のマネージャーの求人は多く、日本でマネージャーとして勤務していた人が、定年後中国で働いているケースも見られるほどです。 他にはワンイーヨウシー )、日本でもシェアを拡大している携帯電話会社ファーウェイ(HUAWEI)、シェアレンタル自転車mobike等です。 また、深圳のIT関連(ゲーム業界の日本語翻訳)に需要が多くみられます。 (平均給料3万元(50万円~80万円)) 欧米企業も、中国での求人を積極的に行っています。 中国の欧米の企業は福利厚生も良く、仕事とプライベートを充実できるといったように、労働環境も良いので人気がありますが、中国語の他に英語もできることも必須になるので、両言語を使いこなせる人にとってはとても有利で好条件な道です。 中国で働く上で給料面ややりがいのある仕事を任されることなど、様々な魅力がありますが、半面、中国企業は先いつどうなるかわからないリスクは確かにあります。 日本社会にどっぷりつかっていたら、安定感覚に慣れてしまっていますが、中国での就職をお考えの場合には、中国的な考えを持つことも重要でしょう。 中国で就職することは、 躍動をリアルタイムで感じられるという、決定的なアドバンテージがあります。 中国語ができて、仕事のスキルがあれば、必ず、中国での就職につなげられるでしょう。 中国語を活かした仕事をする際に知っておくべきこと 中国語を活かした仕事に就くためには、勿論中国語力は必須ですが、それ以外にも必要なことがあります。 以下では、語学以外に大切なことを紹介します。 5-1. 語学力だけでは仕事はできない 中国語が必要な仕事はありますが、語学力と仕事は直結しません。 それは、語学力はあくまでも、仕事をする手段にすぎないからです。 語学が堪能でも、仕事力がなければ、会社にとって必要とはされません。 また、語学のプロである通訳や翻訳の業務も、語学力があるだけでは務まりません。 日本とは違う 中国の文化や歴史に関しても知識を深め相手を理解することが大事です。 さらに聞いたことを訳す 頭の回転の速さと的確に表現できる 高い日本語力も重要です。 また実際に中国で生活して本場で中国の人々の生活を経験することも通訳として必要なスキルとなるでしょう。 また、中国語教師も、語学力があるだけでは務まりません。 中国語を教えることに熱意を持つことができ、的確に質問に答えられ、発音の基礎をしっかりと教えることができる資質を持っていることも重要です。 求人内容を見るときは中国語能力の有無だけではなく、必要な仕事のスキルもチェックすることが大切です。 中国語ができても、仕事のスキルがなければ仕事に就くことは難しいでしょう。 また、逆に言えることは、既に今、仕事スキルがあるけれど、中国語のスキルが高くない場合には、中国語をもっと学習することによって、中国語力を付ければ、必ず中国語に関連した仕事に就くことができるでしょう。 フルーエントの学長が、中国語のスキルを活かして、収入に結びつける方法を動画で解説しています。 是非ご参考にしてください。 動画は。 5-2. 中国の歴史や文化をよく学んでおこう 中国語ができても、周囲の人と良好なコミュニケーションが取れなければ、仕事は円滑には進みません。 どんな仕事であっても、周囲の協力なしでは進行しません。 良好なコミュニケーションを取るには、中国の歴史や文化を知ることが大切です。 歴史と文化を知ることによって、中国人の考え方が理解しやすくなるからです。 本から中国の文化や歴史を学ぶことはできますが、中国の映画や音楽に接することでも、学ぶことはできます。 映画や音楽から学ぶ利点は、気楽に学べることです。 中国人が参加しているパーティや会合には、積極的に参加しましょう。 そこで中国人に触れることによって、中国人の考え方を知ることができます。 そのようなパーティや会合の情報は、情報誌やインターネットで見つけることができます。 中国人との付き合い方について、キーポイントをご紹介!中国ゼミのこちらの記事も参考にしましょう! 『』 中国語を活かせる仕事を見つけて夢を叶えよう 「中国語を仕事に活かす」という具体的な目標があるからこそ、真剣に中国語を学ぶことができます。 今はグローバルビジネスの時代で、日本だけに目を向けて仕事をする時代ではありません。 中国の経済成長は飛躍的で、今も成長をし続けています。 日本にいたら無理なことでも、中国では実現できることがあります。 そんな希望に向かって、突き進むのは素晴らしいこと。 仕事に対する向上心がある人ならば、中国語を活かして働くことは意義のあることでしょう。 語学力と仕事のスキルがあれば、中国語を活かした就職への門戸は必ず開いています。 目標に向かって、中国語をマスターしましょう! 中国語を活かした仕事に就くために、真剣に中国語を学びたいあなたへ。 中国ゼミでは、最短でマスターする動画を、期間・人数限定でプレゼントしています。 無料ですので いますぐこちら【】をぜひ体験してください。 三宅裕之(監修・執筆) HSK・中国語検定合格&中国語発音スクール「フルーエント中国語学院」学長 シナジープラス株式会社代表取締役 20万部の書籍出版、5,000人以上の指導経験、文部科学省にて5年連続の講義実績を持つ語学とコミュニケーション力の開発プロフェッショナルトレーナー 早稲田大学商学部在学中に、中国財経大学にて中国語を学ぶ。 完全にゼロからのスタートから、4ヶ月で中国語の大学入学レベル、9ヶ月で大学院入学レベルに到達。 大学卒業後、ベネッセコーポレーションにて、中国語検定開発などを行った後、株式会社ジャパンビジネスラボ代表取締役に就任。 2004年より米国コロンビア大学大学院にて、多文化多言語教育を研究。 帰国後、シナジープラス株式会社を設立。 「フルーエント中国語学院」「バイリンガルズ英語学院」を開校し、語学だけでなく、コミュニケーション能力そのものを上げていく指導を行う。 2011年、中国蘇州にて諧楽吉教育諮詢有限公司を設立。 中国人・日本人への異文化リーダーシップ教育、日本人向け中国語教育などを展開している。 2016年よりシンガポール在住。

次の