クライオ ポッド。 画像ファイリングシステム Claio(クライオ) 製品概要|ファインデックス

クライオフリッジとクライオポッドの作り方!ARK版モンスターボールを使いこなせ!

クライオ ポッド

The new Thermo Scientific Glacios Cryo Transmission Electron Microscope Cryo-TEM delivers a complete and affordable Cryo-EM solution to a broad range of scientists. It features 200 kV XFEG optics, the industry-leading Autoloader cryogenic sample manipulation robot , and the same innovative automation for ease of use as on the. The Glacios Cryo-TEM bundles all this into a small footprint that simplifies installation. The designed-in connectivity ensures a robust and contamination-free pathway throughout the entire workflow, from sample preparation and optimization to image acquisition and data processing. The Glacios Cryo-TEM can be used in a for pre-screening of sample quality, as well as for high-resolution SPA data acquisition. Small footprint The new hardware architecture of the Glacios has been specifically designed to address the need for a smaller footprint and easier access path. In many cases, this design avoids the additional investment and unwanted lab downtime for significant modifications to an existing infrastructure or the need for a purposely-built lab. Enhanced ease of use through automation The Glacios Cryo-TEM reduces the number of complex alignments that a user has to perform. For recurring alignments that need to be done regularly, automated alignment routines have been implemented into the for SPA. Furthermore, the EPU user interface has been further streamlined to provide comprehensive user guidance. Reproducible, optimal tool performance always guaranteed The optimal thermal and mechanical stability of the Glacios Cryo-TEM ensures perfect optical performance. The instrument features a self-assessment function that automatically evaluates the optical status of the microscope, providing feedback for any steps that require optimization. Additionally, automated alignment routines allow the instrument to be tuned to its optimal starting point for SPA or tomography experiments. Maximum throughput EPU is the native software package for automated screening and acquisition of large data sets on the Thermo Fisher cryo-TEMs. With full control of the Autoloader from within EPU, all grids in a cassette can be batch-screened: after the creation of a grid atlas, ice quality presence, thickness of the vitrified grids is automatically categorized to support guided selection of grid squares. Workflow connectivity For successful cryo-EM data acquisition, optimization of both biochemistry and vitrification requires an efficient screening process. The Glacios Cryo-TEM is designed to be integrated in a SPA workflow — it can be used for sample evaluation and optimization, before high-resolution data acquisition. The data acquisition can occur directly on the Glacios Cryo-TEM, or in a Krios or Arctica Cryo-TEM — after sample transfer. The Autoloader capsule and cassette systems ensure a robust and contamination-free transfer of samples between Glacios, Arcita and Krios Cryo-TEMs, without the need for manipulation of individual small grids. Source• High-brightness field emission gun X-FEG Accelerating voltage• 80—200 kV Cryo-Autoloader• Automated and contamination-free loading of cassettes, containing up to 12 Autogrids Software• EPU Software for SPA screening and data acquisition• Temperature management software — Includes liquid nitrogen autofill and cool down scheduling• Low-dose software suite minimizes electron dose during cryo-TEM operation Lenses• Automatic condenser, objective and SA apertures• Symmetric constant power objective lens minimize image aberrations and lens hysteresis during mode switching Stages• Cryo-stage with single axis holder Imaging• Rotation-free imaging upon magnification changes Pole piece gap• 11 mm Structural components• Digital FluCam — All manual and automatic alignments can be executed with the search and view camera• Ceta 16M Camera Installation requirement highlights• Door height: 2. 30 m optionally reduced to 1. 96 m• Door width: 0. 90 m• Ceiling height: 2. 80 m Detectors optional• Falcon 3EC Direct Electron Detector• HAADF STEM detector• STEM and TEM tomography software Service package• Accelerate integrated service and application support packages Other options• Volta phase plate Operating system• Windows 10 Cryo-Tomography Cryo-electron tomography cryo-ET delivers both structural information about individual proteins as well as their spatial arrangements within the cell. This makes it a truly unique technique and also explains why the method has such an enormous potential for cell biology. Cryo-ET can bridge the gap between light microscopy and near-atomic-resolution techniques like single-particle analysis. Popular• Popular• Most Popular Products• Most Popular Categories• Order Tools• Product Documentation• Other Product Information• Product Support• Educational Resources•

次の

画像ファイリングシステム Claio(クライオ) 製品概要|ファインデックス

クライオ ポッド

Contents• 使用法 [ ] 低温ポッドで生物を捕獲するには、空の低温ポッドを装備し、近くに向けてを数秒間押し続けます。 生物が低温ポッドになるとそれはアイテムのように振舞い、食物消費を止めます。 そして低温ポッドはサバイバーや生物のインベントリに入れて持ち運ぶことができます。 低温ポッドは作られるとすぐに崩壊し始めます、生産を通じて、またはOrbitital Supply Dropから入手した後、30日または1か月の減衰期間を持ちます。 は、電源が入っている限り、減衰タイマーを永久に停止して復元します。 低温ポッドが(デフォルトで)30日経っても再充電されない場合、それは無効になり、 deadとラベル付けされます。 低温ポッドがdeadになったとき、低温ポッドを再充電しても、低温ポッドの中のどんな生物も死にそして永久に消えます。 生物の死亡はトライブ記録に記録され、死亡した低温ポッドは で再充電されるまで使えません。 低温ポッドの減衰タイマーは の 影響を受けません。 Cryofridgeの電源が入っている限り 生物を低温ポッドから出した場合、サバイバーはとして知られているを受け取るでしょう。 Cryo Cooldownは5分間継続し、画面の右下のカウントダウンタイマーで見ることができます。 中にを低温ポッドから出した場合、Cryo Sicknessを得ます。 Cryo Sicknessは5分間持続し、攻撃されるとその生物はより多くのダメージを受けるようになり(通常の10倍ダメージ)、そして、生物の気絶値が満タンになり気絶します。 "Cryo Sickness"という言葉は、5分間にわたって、苦しんでいる生物の上に赤いテキストで表示されます。 Cryo Sicknessがアクティブな間は生物を低温ポッド入れることはできません。 たとえ( のように)短い気絶タイマーがあり、Cryo Sicknessがなくなる前に気絶から目覚めたとしても、Cryo Sicknessがすり減るまで、乗ることができず、笛の命令に反応しません。 生物を低温ポッドから出す行為は、凍結解除したサバイバーのタイマーもリセットします(最大値5分まで、タイマーは5分以上スタックしません)。 それで、Cryo Sicknessに耐えると期待される大量の生物を解放するならば、 十分に保護された環境でのみ実行することをお勧めします。 生物を低温ポッドから出す場合に注意することがいくつかあります:• 低温ポッドの生物を配置するための領域がそれを含むのに十分な大きさでない場合、赤いテキストのメッセージが表示され、低温ポッドは生物がまだその中にある状態で影響を受けません。 生物を低温ポッドに入れると、生物のインベントリの中にあるものは何でもドロップされます(これは の武器スロットのような他のどのスロットも含むます)。 唯一の主な例外は、 (装着している場合)と 用のモジュール(低温ポッドに入れると耐久性が低下します)です。 それらはアイテムであるため、サバイバーまたは生物がインベントリ内の低温ポッドとともに死亡した場合、低温ポッドの生物は盗難の危険にさらされます。 低温ポッドから出す行為は、それを低温ポッドから出すトライブまたは個人に所有権を移転するため(個人所有または刻印された生物でも)。 クライオポッド内の赤ちゃん赤ちゃん、少年、または青年)の生物を凍結すると、タイマーと食物消費が一時停止し、そして、ケアを求めた場合、クライオポッドを外したときはいつでも望みを変えます。 関連するパッチの前にCryopoddedされた赤ちゃんは、次回のリリース時にインプリントタイマーが8時間にリセットされます。 雌のクライオポッドは、それを含むクライオポッドが最近別のサーバーに転送された場合を除き、繁殖タイマーをリセット しません。 交尾間隔のタイマーは、雌がクライオポッドになっている場合でも、刻み続けます。 パッチに関連する前にクライオポッドで飼育された雌は、次回の放飼時に繁殖タイマーがリセットされます。 哺乳類が妊娠している場合、低温ポッドに入れると妊娠をリセットし、低温ポッドから出すと雌は通常の交配クールダウン間隔になります(サーバー設定に基づく)。 パッシブXPゲインは、Cryopoddingの時間以降のゲーム時間にアイドルXPレートを掛け、最終的な1. 05リターンを掛けた値によってのみ決定されます。 最大レベルまたは のクリーチャーは、パッシブXPを獲得しません。 低温ポッドに入っている生物は、インフォボックスをアクティブにした状態で停止すると、現在のすべてのステータスと性別が表示されます。 では、Foreign Dino Downloadsのが有効になっていない限り、ExtinctionまたはAberrationの一部ではない(または異常な対応物がない)、または禁止されたクリーチャーのリストにあるクリーチャーをマップに非クライオポッド化することはできません 制限事項 [ ] 次の生物(forcetamedを含む)はcryofrozenして低温ポッドにすることはできません:• 'Giant Bee'とは、女王ではなく によって生み出された蜂のことです。 Tek ATVが凍結しているときに低温ポッドがユタラプトルの写真を表示するので、Tek ATVを凍結することは意図されていない可能性が最も高いですが、Tek ATVを除いて乗り物は凍結することはできません。 備考 [ ]• 低温ポッドはもともと同様にに手に入れることができる野生をCryofreezeすることを意図していましたが、あまりにも圧倒されているために廃棄されました。 のテスト段階では、 をCryofreezeすることは可能でしたが、そのバグはテスト中に修正されたはずです。 以前は、まだ可能でした。 低温ポッド内でcryofrozenされているアイコンのない生物は、代替物として に似たアイコンを持ちます。 パッチより前のすべてのcryofrozen生物は、(異なる)性別を持つかどうかにかかわらず、性別は"オス"とラベルされています。 これは、 、 、 のようなgenderless entityに適用されます。 より前のバージョンでは、Cryo Sicknessの状態で生き物をcryoすることは可能でした。 より前のリリースでは、女性のクリーチャーは解放されると強制的に交尾カウントダウンされ、赤ちゃんのインプリントタイマーはサーバーの設定に関係なく8時間にリセットされます。 この更新前にクライオポッドに残っていたクリーチャーは、リリースされてもこの効果がありますが、その後は持続しません。 部族に管理者特権がある場合、部族内の他の誰かに個人的に所有されているクリーチャーをクライオにすることは現在可能です。 また、同じサーバー上の別のサーバーまたは部族にそのクリーチャーを転送することも可能です。 クリーチャーは元の所有者によって個人的に所有されたままになりますが、これは明らかに、クリーチャーは部族所有または部族に乗るための政府設定の部族に属していなければ、相互作用することができなくなるため、開発上の見落としです。 クライオポッドに入れられるクリーチャーのプラットフォームのサドルに構造物がある場合、それらは自動的に破壊され、サドルの付いたクリーチャーが凍結していない場合は戻りません。 クリーチャークラスは、特定のシナリオでは持続しません。 モッドされたクリーチャーをクライオし、元のクリーチャーのmodを削除すると、クラスは無効になり、後で元のmodがインストールされた場合でもリリースできなくなります。 クラスが無効化されたクリーチャーをリリースしようとすると、クリーチャーが作成されずにアイテムが削除されます。 クライオポッドからクリーチャーを解放した後、クリーチャーをアップロードしようとすると、クリーチャーがアップロードできるようになるまでに6〜7分のタイマーが表示されます。 それにもかかわらず、クリーチャーは実際には、クリーチャーをダウンロードした後に発生するタイマーと同様に、解放された後、隠された12時間のタイマーを持っています。 クライオポッドは、ボスアリーナの内部、またはの内部または近くで使用 できません。 それらは、のオープンアリーナで引き続き使用できます。 生物が低温ポッドから解放されたとき、特定の生物はいくつかのaftereffectsを持つでしょう:• は を全部失います• 低温ポッドを介して転送されたすべてのメスは、生物転送を介して直接転送されたものと同じ交配間隔のクールダウンに入る。 赤ちゃんとして転送された場合、 は赤ちゃんとして表示されるのではなく、赤ちゃんの接頭辞がまだ残っている少年として表示されます。 残念ながら、この方法で育てられた赤ちゃんは、行動セットに関係なく永続的に攻撃的になります(たとえリストレスに攻撃しなくても)。 ライトペットはチャージを失います。 糞やフクロウのペレットを得るのに便利です。 その生物が持っていたどんなバフも再適用されないでしょう。 に配置された低温ポッドは、プレイヤーのインベントリで減衰するのと同じ速度で充電します。 クライオポッドはかつて-排他的なエングラムでした。 これはマップのリリースで変更され、すべてのマップでアクセス可能になりました。 ただし、 で作成する要件は変わりませんでした。 バグ [ ]• - 低温ポッドは、低温ポッドから最近リリースされた生物を、それをリリースしたサバイバーを追跡するように自動的に設定します。 これは、気絶の状態でもサバイバーを"追跡"するので、停止するように命令することはできません。 これは、生物がいる場所から遠く離れた別のベッドに素早く移動することで解決できます。 クリーチャーを凍結すると、その中に作成されたすべてのフォルダーは、クリーチャーをアップロードするときと同様に消えます。 シングルプレイヤーまたは非公式サーバーで満たされたクライオポッドを転送すると、クリーチャーのレベルが1にリセットされ、サドルが削除され、インプリントの品質が突然変異とともに失われる可能性があります。 クライオポッドを介してオベリスク内のクリーチャーを転送すると、取り出されたクライオポッドが猛禽類の写真を表示し、あなたのクリーチャーの正しい名前とステータスを保持しているにもかかわらず展開できない可能性があります。 This page was last edited on 10 June 2020, at 20:14. Content is available under unless otherwise noted. Game content and materials are trademarks and copyrights of their respective publisher and its licensors. All rights reserved. This site is a part of Fandom, Inc. and is not affiliated with the game publisher.

次の

[クライオポンプの基礎知識 1 ]

クライオ ポッド

DICOMモダリティ• エコー• 内視鏡• 画像サマリ機能 様々な検査機器から取り込むことができ、画像サマリ機能を使えば、各診療科の検査結果やレポート、動画等を一元管理できます。 一人の患者さんに対して、それを全科共通で俯瞰で見ることができるので、データに横串を刺して活用することができます。 電子保存の三原則を担保 Claio クライオ では電子保存の三原則を担保すべく、すべての操作記録を保存し、データに対する操作情報を再現性を保った状態ですべて保存しております。 保存されているデータはシステム停止時にも参照可能な状況で提供いたします。 また、システム構成として、クラスタサーバでの構成、DBミラーリングでの構成に対応しており柔軟なシステム構成が可能です。 動画のHi-Vision信号キャプチャにも対応 S-Video、コンポジットのアナログ映像機器の静止画・動画の取り込みはもちろん、HDMI、DVIで出力する映像機器の静止画・動画の取り込みも行えます。 画像送信連携 電子カルテに画像を送信すると、プログレスノートに文字列やサムネイルが表示されます。 また、プログレスノートに貼り付けされた画像から、ファイリングシステムの該当画像が開きます。

次の