イスラエル アデ サンヤ。 UFC248アデサニヤ対ロメロの試合のライブ中継や見逃し配信動画の無料視聴方法

イスラエル・アデサンヤ「ウィテカーは簡単に倒せると思う」

イスラエル アデ サンヤ

2014年8月 生誕 イスラエル・モボラージ・アデサンヤ (Israel Mobolaji Adesanya) 1989-07-22 (30歳) 、 愛称 イジー(Izzy) ザ・ラスト・スタイルベンダー (The Last Stylebender) 居住 、 国籍 身長 1. 93 m 6 ft 4 in 体重 84. 0 kg 185 lb; 13. 23 st 階級 () () リーチ 80 in 203 cm スタイル スタンス 拠点 、 チーム シティ・キックボクシング トレーナー ユージン・ベアマン: ヘッド・コーチ 現役期間 2009年 — 記録 試合数 6 勝利 5 ノックアウト 1 敗戦 1 ノックアウト 0 記録 試合数 80 勝利 75 ノックアウト 29 敗戦 5 ノックアウト 1 記録 試合数 19 勝利 19 ノックアウト 14 判定 5 敗戦 0 その他 - - イスラエル・アデサンヤ( Israel Adesanya、 - )は、の男性。 、から転身。 ・出身。 現世界王者。 イスラエル・アデサニヤとも表記される。 来歴 [ ] ので、様々な事業を営むでの父親との母親の裕福な家庭に、5人兄妹の長男として生まれた。 幼少期から手のつけられない子供で、8歳の時にを習うも家の中で暴れ回るため母親に止めさせられた。 子供達により良い教育を受けさせたいという両親の方針から、当初はアメリカへ移住する計画だったがが起きたことで 、に10ヶ月間滞在した後、12歳の時にのに移住した。 高校時代は、肌の色が黒いという理由からいじめを受け 、その出来事が格闘家になる大きなきっかけになったと語っている。 映画『』、、に影響を受け 、18歳からを始め、21歳からに移り、シティ・キックボクシングでトレーニングを積んだ。 キックボクシング [ ] 、アマチュアキックボクシンでデビュー。 32戦全勝の戦績でプロへ転向。 、プロデビュー。 のキックボクシングシーンで頭角を現すと、にも参戦し、通算81戦75勝という戦績を残した。 ボクシング [ ] 11月、プロデビュー。 2015年3月にワンデートーナメント大会の ()で優勝し2万5000ニュージランドドルを獲得。 11月にも同大会で2度目の優勝を果たし、プロボクシングでは通算6戦5勝の戦績を残した。 総合格闘技 [ ] 3月、プロデビュー。 等に勝利し、11戦全勝の戦績でと契約した。 UFC [ ] 2月11日、UFC初参戦となったでロブ・ウィルキンソンと対戦し、パンチ連打で2RTKO勝ち。 パフォーマンス・オブ・ザ・ナイトを受賞し、UFCデビュー戦を白星で飾った。 2018年7月6日、でミドル級ランキング8位のと対戦し、3-0の5R判定勝ち。 パフォーマンス・オブ・ザ・ナイトを受賞した。 2018年11月3日、でミドル級ランキング6位のと対戦。 ブランソンのテイクダウンを悉く防ぎ、タックルに合わせた膝蹴りでブランソンをぐらつかせると、打撃で数度ダウンを奪い、最後は左ストレートで1RTKO勝ち。 2試合連続のパフォーマンス・オブ・ザ・ナイトを受賞した。 2月10日、で元UFC世界ミドル級王者、ミドル級ランキング15位のと対戦。 3-0の判定勝ちを収めると、格闘技を始める前からの憧れの存在であったシウバに勝利したことに感極まって涙をみせた。 ファイト・オブ・ザ・ナイトを受賞した。 同大会のメインイベントはとのUFC世界ミドル級タイトルマッチが予定されていたが、ウィテカーが腸の腹部ヘルニアで大会当日に欠場したため、アデサンヤとシウバの試合がメインイベントにスライドされる形となった。 UFC世界王座獲得 [ ] 2019年4月13日、のUFC世界ミドル級暫定王座決定戦でミドル級ランキング4位のと対戦。 両者一歩も譲らぬ激しい打撃の応酬を見せ激闘を繰り広げると、4Rに左ハイキックを受けてふらつく場面もみせたが、5Rに壮絶な打ち合いからダメージの蓄積したガステラムを3度ダウンさせKO寸前まで追い詰め、3-0(48-46、48-46、48-46)の5R判定勝ちを収め暫定王座獲得に成功。 2試合連続のファイト・オブ・ザ・ナイトを受賞した。 2019年10月6日、のUFC世界ミドル級王座統一戦で正規王者のと対戦し、1R終了直前に右フックでダウンを奪うと、2Rにスウェーで体をのけぞらせた体勢から、右フックと左フックのカウンターを2発連続でヒットさせダウンを奪い、追撃のパウンドでKO勝ち。 ミドル級王座統一に成功し、パフォーマンス・オブ・ザ・ナイトを受賞した。 同大会には57,127人の観衆が集まり、2015年11月14日に同じ(当時の名称はドックランズ・スタジアム)で開催されたの56,214人を抑えて、UFCの最多観客動員記録を更新した。 3月7日、のUFC世界ミドル級タイトルマッチでミドル級ランキング3位の挑戦者と対戦。 5Rを通して双方の手数が少ない凡戦となったものの、的確にローキックをヒットさせ続けたアデサンヤが、3-0(48-47、48-47、49-46)の5R判定勝ちを収め、王座の初防衛に成功した。 試合後には消極的な試合だったことを、アデサンヤは「俺はジムで人形をスパーリグパートナーにして戦っていたのだろう」と、ロメロは「彼は走ってばかりだった。 あれはチャンピオンではない」と互いに非難し合った。 ファイトスタイル [ ] 卓越した身体能力に加え、ミドル級にしてリーチが203cmで身長も194cmという恵まれた体型を持つ。 ボクシングの攻防に優れ、並外れた動体視力と反応速度を駆使したスウェーからのカウンター攻撃を得意とする。 また、ボクシングの攻防のみならず、蹴り技も得意としており、遠距離と中間距離では長い脚を活かしたハイキックやミドルキック、近距離では膝蹴りを繰り出す。 人物・エピソード [ ]• アニメ好きで、『』ののタトゥーを腹部に入れており、選手コールの際にのポーズをとることもある。 ではのポーズで対戦相手のを挑発した。 自身のニックネームである「ザ・ラスト・スタイルベンダー(The Last Stylebender)」も『(Avatar: The Last Airbender)』から名付けられたもの。 UFC世界ミドル級王座を獲得したの選手コール時には、『』をにでノートに対戦相手のの名前を書き記すパフォーマンスを行った。 試合後の記者会見では「俺にはが憑いている。 ただデスノートに彼(ロバート・ウィテカー)の名前を書いただけだ。 を知っている人なら分かると思うけど、ちゃんと時間通りだったよ」とコメントした。 子供の頃からが趣味で、UFC 243の入場時に行ったダンスパフォーマンスのバックダンサーは10代の頃からのダンス仲間である。 身体中にを入れており、上記の腹部に入れている「NARUTO -ナルト-」の八卦封印のタトゥーを始め、左脇腹にはのタトゥー、背中全体には龍の和彫りのタトゥー、右上腕内側にはアメリカの新聞連載漫画「」のキャラクターのタトゥーを入れている。 また、胸上部に「BROKEN NATIVE」とタトゥーを入れており、これはアデサンヤ自身が生まれ育ったナイジェリアとニュージーランド両国への忠誠心を示している。 2020年2月22日、の記者会見で対戦相手のに対して「俺が奴に触れ続けたら、いずれ奴は(の標的となった)のように崩れ落ちるだろう」と発言し、物議を醸した。 その後、アデサンヤは自身ので「より言葉に気をつけていきたい」と謝罪した。 2020年2月13日、1949年から続くニュージーランドで最も権威あるスポーツ賞「ハルバーグ・アワード(Halberg Awards)」の第57回授賞式が開催され、最も顕著な活躍をしたニュージーランドのアスリートに与えられる「2019年スポーツマン・オブ・ザ・イヤー(2019 Sportsman of the Year)」を受賞した。 ボクサーやキックボクサーを含めた格闘家で同賞の受賞はアデサンヤが史上初となった。 ロバート・ウィテカー戦後に、50万ドル相当の愛車を購入した。 プロキックボクシング:81戦75勝5敗1分 ボクシング [ ] プロボクシング 戦績 6 試合 T KO 判定 その他 引き分け 無効試合 5 勝 1 4 0 0 0 1 敗 0 1 0 戦 日付 勝敗 時間 内容 対戦相手 国籍 備考 1 2014年11月22日 敗北 4R 判定0-3 ダニエル・アマン Super 8 II 【1回戦】 2 2015年3月28日 勝利 2R KO アッシャー・ダービシャー Super 8 III 【1回戦】 3 2015年3月28日 勝利 3R 判定2-0 ランス・ブライアント Super 8 III 【準決勝】 4 2015年3月28日 勝利 4R 判定2-1 ブライアン・ミント Super 8 III 【決勝】 5 2015年11月3日 勝利 3R 判定3-0 ゼーン・ホップマン Super 8 IV 【準決勝】 6 2015年11月3日 勝利 4R 判定3-0 ランス・ブライアント Super 8 IV 【決勝】 獲得タイトル [ ] キックボクシング [ ]• King in the Ring 86kg II 優勝(2014年)• King in the Ring 86kg III 優勝(2014年)• King in the Ring 100kg III 優勝(2015年)• コンテンダートーナメント 優勝(2016年) ボクシング [ ]• Super 8 III 優勝(2015年)• Super 8 IV 優勝(2015年) 総合格闘技 [ ]• 第4代王座(2017年)• Hex Fighting Seriesミドル級王座(2017年)• 世界ミドル級暫定王座(2019年)• 第11代UFC世界ミドル級王座(2019年) 表彰 [ ]• パフォーマンス・オブ・ザ・ナイト(4回)• UFC ファイト・オブ・ザ・ナイト(2回)• FanSided 2019年2月8日• 1 NEWS NOW 2019年5月13日• NZ Herald 2018年2月21日• Forbes 2020年3月8日• SBNATION 2020年3月8日• TMZ 2018年11月3日• 1 NEWS NOW 2019年10月7日• 公式インスタグラム 2019年10月8日• TheAdvertiser 2014年5月23日• MMA Junkie 2020年2月22日• yahoo! sports 2020年2月24日• SBNATION 2020年2月13日• Newshub 2019年10月17日 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]• stylebender -• stylebender -• - のプロフィール (英語)• - (英語) 前王者 王座新設 世界暫定王者 2019年4月13日 - 2019年10月6日 次王者 王座廃止 前王者 第11代世界王者 2019年10月6日 - 現在 次王者.

次の

亡くなった盟友の魂とともに闘い続けるイスラエル・アデサニャ【前編】

イスラエル アデ サンヤ

キックボクシング、ボクシングを経て、2012年にプロ総合格闘技に転向した。 UFCデビュー当初から「どんな相手が来ようとも、どんな攻撃を仕掛けられても必ず対応できる自信がある」と豪語し、その言葉通りの結果を残している。 ロブ・ウィルキンソンを相手にパンチ連打でTKO勝ちを飾り、衝撃のデビューとなった。 この試合を見たUFCファンの多くが、「アデサンヤはいずれUFC王者になる」と太鼓判を押した。 2018年7月6日、<TUF 27 Finale>のメインイベントで、ミドル級ランキング8位のブラッド・タバレスの対戦相手として登場。 5回のフルラウンドを戦い抜いて判定勝ちし、パフォーマンス・オブ・ザ・ナイトを受賞する。 2018年11月3日、<UFC 230>でミドル級ランキング6位のデレク・ブランソンと対戦。 試合前に「お前みたいなやせっぽっちが俺に勝てるわけがない。 ミドル級はお前が生きる世界じゃない」とブランソンから罵られると、「お前の顎を叩きつけてやるから見てろ。 俺こそこの世界に相応しい」と反撃。 アデサンヤにとって、これまでにない厳しい試合になるだろうという大方の予想を覆し、ブランソンのテイクダウンを全てしのぐと、打撃で数度のダウンを奪い、最後は左ストレートでTKO勝ち。 2試合連続のパフォーマンス・オブ・ザ・ナイトを受賞した。 試合後のインタビューでは過小評価してくれるなとばかりに「だから言っただろう。 俺は強い」と語っている。 2019年2月10日、<UFC 234>で元UFC世界ミドル級王者、ミドル級ランキング15位のアンデウソン・シウバと対戦。 43歳のレジェンドと新スーパースターの対戦は、ファンにとってもドリームマッチとなった。 無敗で臨んだベテランとの対戦は、勢いに乗るアデサンヤ有利と見られており、結果も3-0でのアデサンヤが判定勝ち。 この戦いでファイト・オブ・ザ・ナイトを受賞した。 自身のアイドルだと語っていた偉大なシウバを相手に勝利したアデサンヤは、人目もはばからず涙を流し、「バスケットボールであれば、マイケル・ジョーダンと戦ったようなもの」と試合を振り返った。 さらに次の対戦相手であるミドル級王者ケルヴィン・ガステラムに向かって、「ケルヴィン、そのベルトは俺のものだ。 そこに置いていきな」と挑発した。 2019年4月13日、ついにベルトをかけた試合の時がきた。 <UFC 236>での世界ミドル級暫定王座決定戦で、ミドル級ランキング4位のケルヴィン・ガステラムと対戦。 一進一退の攻防を繰り広げ、5回フルラウンドまでもつれ込む接戦は、両者がいくつものピンチを乗り越えての総力戦となった。 結果、長丁場でスタミナを残す事ができたアデサンヤが3-0の判定勝ち。 感極まった表情でUFCのベルトを腰に巻いたアデサンヤは、UFCデビューからわずか1年4ケ月でミドル級の頂点に立った。 2019年10月6日、<UFC 243>での世界ミドル級王座統一戦。 アデサンヤを迎え打つのは、正規王者のロバート・ウィテカーだ。 自身のキャリアにとって最も大切になるであろう試合を前にアデサンヤは、「誰が何と言おうとまったく気にしない。 自分を信じて戦うだけだ」と自信をのぞかせた。 そして実際アデサンヤは強かった。 2ラウンドにウィテカーの顔面にフックをクリーンヒットさせて見事にKO。 ミドル級王座統一に成功し、真のミドル級王者となった。 そして迎えるヨエル・ロメロとのタイトル防衛戦。 これまでの試合を振り返りながら、「厳しい試験がいくつもあった。 ケルヴィン・ガステラムとの試合が、フィジカル的に最も過酷な試合だったと思う。 メンタル的にはアンデウソン・シウバとの試合が最もタフな戦いだった。 ロメロとの試合は簡単ではないと思うけど、簡単そうにやってるよう見せてやるよ」と早くも勝利宣言。 鮮烈デビューから負け知らずのアデサンヤが、今度はどんな白熱した試合を見せてくれるのか楽しみだ。

次の

イスラエル・アデサンヤ

イスラエル アデ サンヤ

キックボクシング、ボクシングを経て、2012年にプロ総合格闘技に転向した。 UFCデビュー当初から「どんな相手が来ようとも、どんな攻撃を仕掛けられても必ず対応できる自信がある」と豪語し、その言葉通りの結果を残している。 ロブ・ウィルキンソンを相手にパンチ連打でTKO勝ちを飾り、衝撃のデビューとなった。 この試合を見たUFCファンの多くが、「アデサンヤはいずれUFC王者になる」と太鼓判を押した。 2018年7月6日、<TUF 27 Finale>のメインイベントで、ミドル級ランキング8位のブラッド・タバレスの対戦相手として登場。 5回のフルラウンドを戦い抜いて判定勝ちし、パフォーマンス・オブ・ザ・ナイトを受賞する。 2018年11月3日、<UFC 230>でミドル級ランキング6位のデレク・ブランソンと対戦。 試合前に「お前みたいなやせっぽっちが俺に勝てるわけがない。 ミドル級はお前が生きる世界じゃない」とブランソンから罵られると、「お前の顎を叩きつけてやるから見てろ。 俺こそこの世界に相応しい」と反撃。 アデサンヤにとって、これまでにない厳しい試合になるだろうという大方の予想を覆し、ブランソンのテイクダウンを全てしのぐと、打撃で数度のダウンを奪い、最後は左ストレートでTKO勝ち。 2試合連続のパフォーマンス・オブ・ザ・ナイトを受賞した。 試合後のインタビューでは過小評価してくれるなとばかりに「だから言っただろう。 俺は強い」と語っている。 2019年2月10日、<UFC 234>で元UFC世界ミドル級王者、ミドル級ランキング15位のアンデウソン・シウバと対戦。 43歳のレジェンドと新スーパースターの対戦は、ファンにとってもドリームマッチとなった。 無敗で臨んだベテランとの対戦は、勢いに乗るアデサンヤ有利と見られており、結果も3-0でのアデサンヤが判定勝ち。 この戦いでファイト・オブ・ザ・ナイトを受賞した。 自身のアイドルだと語っていた偉大なシウバを相手に勝利したアデサンヤは、人目もはばからず涙を流し、「バスケットボールであれば、マイケル・ジョーダンと戦ったようなもの」と試合を振り返った。 さらに次の対戦相手であるミドル級王者ケルヴィン・ガステラムに向かって、「ケルヴィン、そのベルトは俺のものだ。 そこに置いていきな」と挑発した。 2019年4月13日、ついにベルトをかけた試合の時がきた。 <UFC 236>での世界ミドル級暫定王座決定戦で、ミドル級ランキング4位のケルヴィン・ガステラムと対戦。 一進一退の攻防を繰り広げ、5回フルラウンドまでもつれ込む接戦は、両者がいくつものピンチを乗り越えての総力戦となった。 結果、長丁場でスタミナを残す事ができたアデサンヤが3-0の判定勝ち。 感極まった表情でUFCのベルトを腰に巻いたアデサンヤは、UFCデビューからわずか1年4ケ月でミドル級の頂点に立った。 2019年10月6日、<UFC 243>での世界ミドル級王座統一戦。 アデサンヤを迎え打つのは、正規王者のロバート・ウィテカーだ。 自身のキャリアにとって最も大切になるであろう試合を前にアデサンヤは、「誰が何と言おうとまったく気にしない。 自分を信じて戦うだけだ」と自信をのぞかせた。 そして実際アデサンヤは強かった。 2ラウンドにウィテカーの顔面にフックをクリーンヒットさせて見事にKO。 ミドル級王座統一に成功し、真のミドル級王者となった。 そして迎えるヨエル・ロメロとのタイトル防衛戦。 これまでの試合を振り返りながら、「厳しい試験がいくつもあった。 ケルヴィン・ガステラムとの試合が、フィジカル的に最も過酷な試合だったと思う。 メンタル的にはアンデウソン・シウバとの試合が最もタフな戦いだった。 ロメロとの試合は簡単ではないと思うけど、簡単そうにやってるよう見せてやるよ」と早くも勝利宣言。 鮮烈デビューから負け知らずのアデサンヤが、今度はどんな白熱した試合を見せてくれるのか楽しみだ。

次の