七五三 由来。 七五三の由来や年齢・衣装まで お祝いのしかた基礎知識 [暮らしの歳時記] All About

七五三の由来は実は怖い?意味や何故3、5、7歳に行うのか、千歳飴等も

七五三 由来

七五三とは? 七五三(しちごさん)とは、 7歳、5歳、3歳の子供の成長を祝う年中行事のひとつです。 3歳の 男女、5歳の 男子、7歳の 女子が 11月15日にお宮参りをし、子供の成長を祝います。 11月の15日は「七五三」で神社は賑わいます。 もとは地方によって、ばらばらに子供の成長を祝っていましたが、明治から大正にかけて武家の風習が全国に広がりました。 「子は宝」と言われるように、昔は、飢餓や流行病などで、乳幼児の生存率は今ほど高いものではありませんでした。 3歳、5歳、7歳を節目として、子供が無事に育ったことを祝い、今後も健やかな成長を祈願する目的で神社や氏神様にお参りする行事が定着し、現在でも「七五三」として残っているのです。 七五三の由来や意味は? 七五三の由来は? 昔は、地方によって子供の成長を祝い独自のお祝いを行っていましたが、3歳、5歳、7歳の節目に、それぞれの年齢に合わせた儀式を行うようになったのは、江戸時代になってからです。 それぞれの年齢の儀式は下記の通りです。 3歳:「髪置の儀(かみおきのぎ)」 平安時代は、男女ともに生後七日目で産毛を剃り、3歳までは坊主頭が普通でした。 そして、3歳から髪を伸ばすことが出来るようになり、そのための儀式が「髪置の儀」です。• 5歳:「袴着の儀(はかまぎのぎ)」 始まりは平安時代の風習で、子供はこの年齢の頃(その頃は、3歳から7歳の間ということで、地方によって年齢はバラバラでした)に初めて袴をつける儀式を行っていました。 その後、江戸時代になって、男児が初めて袴をつける儀式を5歳で行なうようになり定着したのです。 この袴を付ける儀式が「袴着の儀」です。 7歳:「帯解の儀(おびときのぎ)」 始まりは室町時代で、当時、子供の着物にひもをつけて着付けていましたが、このひもをとって、大人と同じ着物や帯を結ぶようになる儀式が「帯解の儀」です。 それまでは7歳の男女が行っていましたが、江戸時代から女児7歳、男児5歳と定められ、その後、現在の様な形になっています。 当時は武家の儀式だったものが、次第に一般庶民にも広まり、上記の儀式が由来となり、男の子は3歳と5歳。 女の子は3歳と7歳にお祝いする形が形成され、明治時代になってから「七五三」という言葉が使われるようになったのです。 七五三の千歳飴の由来は? 七五三と言えば、「千歳飴」。 私もアルバムをめくると、千歳飴を持って写真に収まっております。 時代は流れても、現在でも受け継がれていますね。 千歳飴の由来には2つの説があります。 1つは、元禄の頃、浅草で飴売りの七兵衛が、紅白の棒状の飴を、「千年飴」「寿命糖」と名付けて長い袋に入れ、売り歩いたのが始まりと言われる説です。 もう1つは、1615年、大阪の平野甚左衛門が江戸に出て売り始めたという説です。 千歳飴は 子供の長寿を願い、粘り強く細く長い形状で、縁起の良い紅白の飴となっています。 千歳飴は 「引っ張ると伸びる」ことから、 子供の健康を願う縁起物となっています。 千歳飴を入れる袋にも、縁起の良い鶴亀や松竹梅が描かれ、子供の長寿と健康を願う縁起物として、七五三には欠かせないものとして定着していったのです。 また、 節分の豆と同様に、年齢にあやかり年の数だけ袋にいれるとよいとされています。 千歳飴は折って食べてもいいの? 千歳飴は、 縁起物なので、折って食べるのは縁起が悪いという方もいらっしゃいますが、本来、 縁起物とは、よい事があるようにと祝い祈るための品です。 それが食べ物であれば、 縁起を分かち合う、分け合う意味も含めて、本人や家族、身近な人などと共有するのが古来からの習わしでもあります。 身近なものであれば、お供え物も、その習わしの一種かもしれません。 仏壇などに供えるお供え物なども、「共に供する」という意味から、昔からご先祖様と分け合っていただくことで供養になるとされています。 千歳飴も、昔は贅沢なものでした。 昔は飴の技術も今ほどではなく、細く長い形状を作り出すのに、水あめを用いていました。 今のように固い飴ではなかったのですが、それをみんなで分け合い、子供の成長をみなで祝い感謝していたものですので、折って食べても何ら問題はありません。 千歳飴は お福分けとして歳の数だけ袋に入れ、親戚やご近所に配る習慣もあります。 「お福分け」の意味も込めて、 千歳飴などの縁起物(祝い祈る品)を他の人にも分け、共有することで、子供の成長の喜びや感謝も何倍にもなるのではないでしょうか。 関連 関連.

次の

七五三の由来は実は怖い?意味や何故3、5、7歳に行うのか、千歳飴等も

七五三 由来

子どもが三歳、五歳、七歳になった年の11月15日に、氏神様に子どもの成長に感謝し、今後の健やかな成長を願う七五三。 そもそもどのようなルーツがあるのでしょうか。 七五三の基礎知識をご紹介します。 七五三はいつ、どうしてはじまったの? まずは七五三の由来を見てみましょう。 医療の発達していない時代には「七歳までは神の子」という言葉があったほど、子どもの死亡率が高く、宮中や公家では、無事に成長することを祈るさまざまな儀式が節目ごとに行われていました。 七五三のルーツは、三歳の男女の「髪置き」、五歳男子の「袴着(はかまぎ)」、七歳女子の「帯解き」のお祝いで、江戸時代には、武家や裕福な商人の間でも行われるようになりました。 やがて明治時代には三歳・五歳・七歳の三つの祝い事をまとめて「七五三」と呼ぶようになり、庶民の間にも広まりました。 これが現在の七五三の由来です。 いつの時代でも、子どもに「元気に育ってほしい」と願う親心は変わらないものです。 各年齢の意味とルーツは? 年齢ごとの由来となった儀式について詳しく見てみましょう。 三歳(髪置) 平安時代には、男女とも生まれて7日目に産毛を剃り、3歳までは坊主頭で育て、髪を伸ばしはじめるのは3歳の春からでした。 この髪を伸ばし始める際に「髪置き(かみおき)」の儀式が行われました。 これが3歳のお祝いのルーツです。 五歳(袴着) 平安時代、男女とも5~7歳になると、初めて袴をつける「袴着(はかまぎ)」あるいは「着袴(ちゃっこ)」という儀式が行われました。 この儀式は室町時代に11月15日と定められ、江戸時代以降は、男子のみの風習となりました。 現代でも宮中では古式にのっとった「着袴の儀」が行われています。 七歳(帯解) 鎌倉時代、ひもをつけて着付けていた子どもの着物のひもをとって帯を結ぶ儀式が始まりました。 これが「帯解の儀」となったのは室町時代。 男女ともに9歳で行われていましたが、江戸末期から男子は5歳、女子は7歳となり、11月15日と定められたのがもとになっています。 七五三っていつどこで何をするの? 11月の神社は七五三の参拝に訪れた晴れ着姿のかわいらしい子どもたちと、付き添いの親の姿で賑わいます。 現在では特に15日にこだわらず、祝日や日曜など、都合の良い日に合わせてお祝いをする事が多いようです。 小さい子供にとって、慣れない着物を長時間着続けることは負担になります。 着崩れたり、眠くなったりしないよう、記念写真はお詣りの前に撮影するか、写真館で日を変えて「前撮り」をすることをおすすめします。 特に草履は歩き疲れてしまうので、履き慣れた運動靴やサンダルなどを用意しておくと安心です。 七五三のお詣りをするのは近所の氏神様でも、大きめの神社でもかまいません。 お詣りのマナーは通常の神社参拝と同じ。 ご祈祷をお願いしたい場合は、神職の方がいるか、ご祈祷料 初穂料・玉串料等 、駐車場の有無、混み具合などを事前に問い合わせておきましょう。 お詣りが済んでから、親戚や近所に挨拶まわりや食事会をすることも多いようです。 その場合、お祝いの気持ちを込めて子供が大好きなメニューを出してあげると喜んでくれるでしょう。 最後に かわいらしい子どもの晴れ着姿は、親にとっても嬉しいものです。 七五三の由来や意味を知ると、きちんとお祝いしなければ…という気持ちにもなりますが、子供の体力や体調が最優先。 あまり格式張らず、素敵な七五三の思い出を作ってください。

次の

七五三の由来は実は怖い?意味や何故3、5、7歳に行うのか、千歳飴等も

七五三 由来

「七五三(しめ)」さん以外にも珍しい名字の名前の方はたくさんいらっしゃいます。 あるサイトでは、この「七五三」さんが「読めたらすごい3文字苗字ランキング」で1位となっていました。 それでは、「七五三」さん以外ではどのような珍しい苗字があるのでしょうか? まず、「奉日本」と書き、「たかもと」という読み方をする苗字の方がいらっしゃるようです。 初見ではまず読めないですね。 さらに「日本」という読み方をすることから非常に神々しい印象を受けます。 こちらの「奉日本」さんは、なんと全国におよそ10人しかいらっしゃいません。 知り合いの方に「奉日本」さんがいるという方はものすごくレアということになります。 続いて、「奴留湯」と書き、「ぬるゆ」という読み方をする苗字の方がいらっしゃいます。 こちらは全国におよそ120人いらっしゃいます。 熊本県に「奴留湯温泉(ぬるゆおんせん)」という温泉があり、こちらの地名と関係していると考えられています。 これらの他にも珍しい苗字の方はたくさんいらっしゃいます。 あなたの周りの方でも実は珍しい苗字だったという方がいるかもしれないので、ぜひ調べてみてはいかがでしょうか。

次の