ダメージ吸収 対策。 【放置少女】ダメージ反射持ち副将の対策方法|ゲームエイト

100%吸収の理屈と原理、そして対策:ガレマリオがブログするんだってさ

ダメージ吸収 対策

スポンサーリンク パズドラ攻略「深海機導龍サダルメリク」の倒し方! 現在のパズドラ環境において一番厄介な敵モンスターのギミックと言えば、ダメージ吸収ではないでしょうか。 今回は、マシンヘラ降臨ダンジョンで鬼門となりやすい「サダルメリク」の効率的な倒し方について紹介していきます。 まずサダルメリクの厄介なところは、100万以上のダメージ吸収を先制で使用してくるところです。 そのため、火力調整が難しいパーティでダンジョンに挑んでいる場合の鬼門となってしまいます。 また、高ダメージ攻撃やスキル遅延をしてくるため対策が必須となります。 まず、1つ目の対処法ですが… 単純にサダルメリクか登場するダンジョンでは、火力調整がしやすいパーティで挑戦することです。 可能であれば、転生クシナダヒメなどの火力調整がしやすくHPにも倍率が掛かり、耐久戦法も使いやすいリーダーが理想となります。 サダルメリクから受けるダメージは、なかなか強力です。 HPに倍率が掛からないパーティでは、ダメージ軽減スキルを使用しないと厳しい戦いとなりやすいです。 体力も600万以上あるため、倒すのに最速でも2ターンはかかってしまうことも厄介なところです。 2つ目の対処法は、ダメージ吸収無効のスキルを使うことです。 こちらの方法は、遅延スキルを使って倒す方法のようにダメージ調整をする必要がありません。 そのため、吸収無効スキルさえ発動できれば、より簡単に倒すことができます。 また、ダメージ吸収無効スキル自体も非常にスキルターンが重いスキルとなっているため、発動までにターン数がかかってしまいます。 ただし4バトル目でスキルが必要となるため、マルチプレイならばスキルがたまっている可能性はあります。 マルチプレイであればスキルブーストの数が2パーティーの合計となるため、特に意識することなく重いスキルを発動することができます。 ですがソロでの挑戦の場合は、どうしてもスキルを貯める必要があります。 マシンヘラ降臨では、どの階層のモンスターのダメージも強力です。 まともにスキルが貯められそうなのが2バトル目で登場するギアをうまく1体だけ残すぐらいしか、方法がありません。 現状パズドラにおいてダメージ吸収無効スキルを持つキャラクターは、風神や比古清十郎など5体ほどしか存在せず、非常に入手難易度が高くなっています。 今後のアップデートで使用までのスキルターンがもっと短いダメージ吸収無効のスキルが登場したら、もっと有効になる戦法でしょう。 3つ目の方法は、ダメージ吸収が切れるまで耐久する方法です。 サダルメリクのダメージ吸収ギミックは10ターンで切れるため、10ターン耐久することで1撃で撃破できるようになります。 当然、受けるダメージが大きいため… HP倍率のかかるパーティやダメージ軽減スキルの使用・水属性ダメージ軽減の覚醒スキルの利用など、対策は必須となります。 この戦法は、マシンヘラ降臨以外でのダンジョンでランダムでサダルメリクが出現した際に有効となります。 チャレンジダンジョンなどでゲリラ的に出現した際には、耐久することを視野に入れてみてもいいかと思います。 最後は、遅延スキルを使用して倒す方法です。 初ターンに遅延スキルを使用し100万以上吸収にかからないようにダメージ調整をしつつ、サダルメリクに厄介な行動をさせないよう遅延の効果が残っているうちに倒し切りましょう。 この際重要となるのが、ダメージ調整です。 お使いのパーティーによって、それぞれ最適なコンボ数や発動すべきリーダー倍率等が異なってきます。 実際にダンジョンに潜入する前に、無限回廊などの簡単なダンジョンで攻略予定のパーティーの攻撃力を把握し、最適なパズルを掴んでおくことをオススメします。 遅延スキルを持つモンスターは、転生オロチ・ヒドラ・ヘッドロココなど。 お手持ちのモンスターやパーティーに合わせて、編成しましょう。 以上の戦法を紹介しましたが、自分のボックス内のモンスターによって使える先方も変わるため、自分に合った戦法を参考にしてみてください。 スポンサーリンク.

次の

【パスドラ】オワドラとなった原因を元廃課金者が考察【曲芸士なのか】

ダメージ吸収 対策

この記事をはじめて書いた2015年当初は「風神」などのダメージ吸収無効スキルなんて便利ものは存在せず、とにかく細やかなダメージ調整をして突破する必要があった。 少なくとも、このブログを訪れるユーザの多くが、未だに「パズドラ 吸収 死なない」で検索している以上、なんで死なないねん!ってなってる人もいるはずなので、改めて詳しく仕様を紹介したい。 手持ちのSSでちょうどいいのがこれぐらいしかなかったのでこれで勘弁。 パズドラでは、ダメージ吸収というギミックがある。 極限の闘技場に出てくるソティスの「20万ダメージ以上吸収」やヴィシュヌの「100万ダメージ以上吸収」、覚醒ガイアの「火属性吸収」、あとは闇究極ゼウスの「5コンボ以下吸収」などがある。 【1.吸収の仕組み】 まず、ダメージ吸収はそれぞれのダメージ源ごとに判定される。 具体的には、上のSSでの主属性攻撃、左から 水の1,731,568 光の736,224 光の736,224 水の1,417,328 火の1,477,056 水の1,731,568 続いて副属性攻撃、左から 闇の382,880 火の468,672 火の468,672 木の314,720 水の707,168 闇の382,880 それぞれ別にダメージ吸収の判定が行われることになる。 下の画像に計算の順番を書いてみた。 そして、それぞれのダメージについて、吸収の条件(20万ダメージ以上かどうか、火属性攻撃かどうかなど)を判定する。 今回はヴィシュヌ(木属性、防御0、軽減スキル等なし)の100万ダメージ以上吸収を例にとって計算してみる。 なお、ダメージ吸収は最終的に与えるダメージに対して行われる。 具体的には防御力による減算や属性相性の半減・2倍、敵方の属性軽減や軽減スキルも含めた計算になる。 【2.計算方法】 まずは主属性。 同じ計算式の場合は割愛する。 そして副属性。 合計4,267,320ダメージ ということで、最終的に420万のダメージを与えられることになる。 結局同じじゃん!って思うかもしれないが、ここで2つからくりがある。 1つ目。 ダメージ吸収した結果、モンスターの最大HPより大きくなった場合。 この場合、与えたダメージはマイナスではなく0になる。 ということは、フェニライダーを一番左側に配置していると、2,954,112ダメージのうちリーダー特待生イシスで与えたダメージ865,784が減らされるのみとなり、最終的な与ダメは、上記SSの配置のときより2,088,328ダメージ多い6,355,648ダメージになる。 具体的な計算は以下の通り。 (敵のHPは満タンとする。 合計-2,088,328ダメージだけど、最大HPを超える吸収はカットされるので合計0ダメージになる。 合計6,355,648ダメージ 2つ目。 ダメージを与えてHPが0になった後、ダメージを吸収された場合。 仮にフレンドの特待生イシスの副属性で200万ダメージを与えた場合、それまでどれだけ大きなダメージを与えていたとしても、0から200万まで回復する。 ありがちなパターンだと、ヒカーリーや覚醒ラー(副属性が火属性)で覚醒ガイアやソニアグラン降臨の火属性吸収が出てきた場合に、吸収が切れるまで敵を倒せない状況になってしまうというパターンや、ラードラゴンで究極ゼローグの光吸収を引いたパターンなど。 後者はともかく、前者は火泥を消さないとまともに倍率が出せないので、敵がゾンビ状態になってしまうというものである。 【3.その他】 ダメージ吸収は、スキルで与えたダメージにも反応する。 例えばソティスにギガグラビティで20万以上のダメージを与えた場合も、ダメージ吸収されてしまう。 また、反射ダメージで与えたダメージも同様に吸収する。 <検証動画> ダメージ吸収のギミックについてはざっとこんなところだろう。 ダメージ吸収無効スキルという回避方法こそできたものの、実装当初から今に至るまでめんどくさいギミック上位な「ダメージ吸収」の正しい仕様をこの記事で理解してもらい、どういう理由で糞仕様なのかという点を正しく理解することと、そんな糞仕様と正面から付き合っていくために、少しでも対策を検討するきっかけになればいいなと思う。 >こーじさん コメントありがとうございます。 はい、現在の仕様では書き込みのとおりで、1ダメージでも超えたらすべて吸収されてしまいます。 コメントの状況だと150万回復されてしまいます。 こちらも同じく、1ダメージでもオーバーした場合は与えるダメージが0になってしまいます。 確かに、ダメージ吸収や無効はひどいギミックだと思います。。。 対策のスキルもレア度が高くて持ってない人も多いですし、かといってミスリットの ようなスキル上げ素材で代用するのも限度がありますね。 ダメージ無効は覚醒スキルで無効貫通があるので、少しずつではありますが改善されて 来てるかな・・・と。 裏闘技場の転生エンドラだと、10ターン100ダメージ以上無効ですね。 もちろん無効貫通が あるならそれを狙うのもありです。

次の

【パズドラ】吸収無効スキル持ちモンスター一覧

ダメージ吸収 対策

スポンサーリンク パズドラ攻略「深海機導龍サダルメリク」の倒し方! 現在のパズドラ環境において一番厄介な敵モンスターのギミックと言えば、ダメージ吸収ではないでしょうか。 今回は、マシンヘラ降臨ダンジョンで鬼門となりやすい「サダルメリク」の効率的な倒し方について紹介していきます。 まずサダルメリクの厄介なところは、100万以上のダメージ吸収を先制で使用してくるところです。 そのため、火力調整が難しいパーティでダンジョンに挑んでいる場合の鬼門となってしまいます。 また、高ダメージ攻撃やスキル遅延をしてくるため対策が必須となります。 まず、1つ目の対処法ですが… 単純にサダルメリクか登場するダンジョンでは、火力調整がしやすいパーティで挑戦することです。 可能であれば、転生クシナダヒメなどの火力調整がしやすくHPにも倍率が掛かり、耐久戦法も使いやすいリーダーが理想となります。 サダルメリクから受けるダメージは、なかなか強力です。 HPに倍率が掛からないパーティでは、ダメージ軽減スキルを使用しないと厳しい戦いとなりやすいです。 体力も600万以上あるため、倒すのに最速でも2ターンはかかってしまうことも厄介なところです。 2つ目の対処法は、ダメージ吸収無効のスキルを使うことです。 こちらの方法は、遅延スキルを使って倒す方法のようにダメージ調整をする必要がありません。 そのため、吸収無効スキルさえ発動できれば、より簡単に倒すことができます。 また、ダメージ吸収無効スキル自体も非常にスキルターンが重いスキルとなっているため、発動までにターン数がかかってしまいます。 ただし4バトル目でスキルが必要となるため、マルチプレイならばスキルがたまっている可能性はあります。 マルチプレイであればスキルブーストの数が2パーティーの合計となるため、特に意識することなく重いスキルを発動することができます。 ですがソロでの挑戦の場合は、どうしてもスキルを貯める必要があります。 マシンヘラ降臨では、どの階層のモンスターのダメージも強力です。 まともにスキルが貯められそうなのが2バトル目で登場するギアをうまく1体だけ残すぐらいしか、方法がありません。 現状パズドラにおいてダメージ吸収無効スキルを持つキャラクターは、風神や比古清十郎など5体ほどしか存在せず、非常に入手難易度が高くなっています。 今後のアップデートで使用までのスキルターンがもっと短いダメージ吸収無効のスキルが登場したら、もっと有効になる戦法でしょう。 3つ目の方法は、ダメージ吸収が切れるまで耐久する方法です。 サダルメリクのダメージ吸収ギミックは10ターンで切れるため、10ターン耐久することで1撃で撃破できるようになります。 当然、受けるダメージが大きいため… HP倍率のかかるパーティやダメージ軽減スキルの使用・水属性ダメージ軽減の覚醒スキルの利用など、対策は必須となります。 この戦法は、マシンヘラ降臨以外でのダンジョンでランダムでサダルメリクが出現した際に有効となります。 チャレンジダンジョンなどでゲリラ的に出現した際には、耐久することを視野に入れてみてもいいかと思います。 最後は、遅延スキルを使用して倒す方法です。 初ターンに遅延スキルを使用し100万以上吸収にかからないようにダメージ調整をしつつ、サダルメリクに厄介な行動をさせないよう遅延の効果が残っているうちに倒し切りましょう。 この際重要となるのが、ダメージ調整です。 お使いのパーティーによって、それぞれ最適なコンボ数や発動すべきリーダー倍率等が異なってきます。 実際にダンジョンに潜入する前に、無限回廊などの簡単なダンジョンで攻略予定のパーティーの攻撃力を把握し、最適なパズルを掴んでおくことをオススメします。 遅延スキルを持つモンスターは、転生オロチ・ヒドラ・ヘッドロココなど。 お手持ちのモンスターやパーティーに合わせて、編成しましょう。 以上の戦法を紹介しましたが、自分のボックス内のモンスターによって使える先方も変わるため、自分に合った戦法を参考にしてみてください。 スポンサーリンク.

次の