豊胸 方法 比較。 豊胸手術

豊胸手術口コミランキング

豊胸 方法 比較

食べ物やサプリメントにエクササイズ等々、バストアップができると言われている方法はたくさんありますが、どれも効果が出るまでにはそれなりの時間がかかります。 即効性という点では、豊胸手術に勝る方法はありませんよね。 でも、いざ豊胸手術となると、後遺症などのリスクが気になるという女性も多いはず。 そこで今回は、豊胸手術の種類とそれぞれに起こり得る後遺症、そしてどのようにすれば後遺症を防げるのかについてお話します。 豊胸手術の後遺症は、事前にきちんと準備することで予防できる部分も大きいんです。 そのためには情報収集とクリニック選びがとても大切。 満足いく豊胸手術のためにも、ぜひこの記事をご参考にしてくださいね。 また、先に無料カウンセリングについて知りたい方は「 」をチェックしてみてくださいね。 豊胸手術の後遺症にはどんなものがあるの?術式別にチェック! 豊胸手術といっても、その方法は様々です。 起こり得る後遺症も、術式によって違います。 そこで、まずは豊胸手術にどんな術式があるのかというところから、お話を始めます。 それから、それぞれの後遺症を見ていきましょう。 豊胸手術の種類 現在日本で行われている豊胸手術には、大きく分けて4種類の術式があります。 それぞれ、メリットとデメリットとともにご紹介します。 種類 メリット デメリット ・効果が確実 ・幅広いサイズアップも可能 ・手術が大掛かりで費用も掛かる ・自然なバストアップが可能 ・同時にシェイプアップも可能 痩せ型の人には向かない 手軽でダウンタイムがない 効果が永続しない 手軽でダウンタイムがない 効果が永続しない 主にこれらの4種類があり、クリニックによってどれか1種類のみを専門に行っているところもあれば、すべての施術を行っていて選択可能なところもあります。 以下に、それぞれの術式別に、どのような後遺症があり得るのかを見ていきましょう。 シリコンバッグバッグ挿入法の後遺症 シリコンバッグバッグ挿入法は、異物であるバッグ(シリコンバッグやインプラント等とも呼ばれます)を挿入するという方法ゆえに、起こり得る後遺症も重篤なものとなります。 軽度の問題にはバッグを摘出しない方法もあります。 摘出(抜去)という大掛かりな手術となるとためらわれる方も多いかと思いますが、そんな方には脂肪注入による調整という選択肢もあります。 除去手術を行った場合も、摘出(抜去)した後のたるんだバストや小さくなってしまったバストに自分の脂肪を注入し、自然な形で再生することができるのです。 このような後遺症は、専門家に症状を見てもらわないことには正しい判断ができません。 1人で悩むよりも、まずはことをおすすめします。 脂肪注入法の後遺症 脂肪注入法の詳しい施術方法はをご覧いただくとして、さっそくその後遺症についてチェックしてみましょう。 脂肪吸引箇所が凸凹になる• 注入した脂肪が石灰化する• しこりができる 脂肪注入法には、これらの後遺症が起こる可能性があります。 バストのみならず、脂肪吸引箇所にも後遺症が出ることがあるというのが、脂肪注入法バストアップの特徴とも言えますね。 上記の後遺症は、• 脂肪幹細胞注入法などの定着率の高い脂肪注入法を行う• 脂肪をひと固まりにせず、いくつかの部位に分けて注入する これらの対策をすることでリスクを低減することができます。 ヒアルロン酸注入法の後遺症 さて、次はとして人気のヒアルロン酸注入法の後遺症です。 確かに昔はバッグが体内で破裂する事故があったけど、現在主流となっているバッグは、瀕死の重傷を負うほどの衝撃を受けない限りは破れないとも言われているの。 技術はどんどん進歩してるから、今から手術を受ける人はそこまで心配しすぎる必要はないわ。 気を付けた方がいいのは、10年以上前にバッグを挿入した人ね。 気になることがあったら、すぐに医師に相談してちょうだい! その他の脂肪注入法もヒアルロン酸やPPPジェル注入法も、万が一術後に気になることがあったら、すぐに受診するようにしてね! 心配な後遺症を防ぐには、カウンセリングとドクター選びが重要! 前章では、術式ごとにどんな後遺症が出てくることがあるのかについてお話しましたが、読んでいて怖くなってしまった女性も多いかもしれませんね。 確かに、後遺症が出てしまうのは誰にとっても嫌なことですが、予防対策をすることでリスクを格段に下げることも可能です。 ここでは、どうすれば後遺症を防ぐことができるのかについてお話します。 医師選びが最も重要! 術式別の後遺症の予防法については前章でもお伝えしましたが、どのような術式で行うにしても、信頼できる熟練の医師を選ぶことが何よりも大切です。 同じ方法で豊胸をするにしても、クリニックや医師が違えば、結果や後遺症の有無も違ってくることは大いにあり得る話なのです。 優れた医師を選ぶためには、まず各クリニックのサイトをじっくり見ることです。 そして、どのような術式の豊胸術を何例くらい行ってきたのかを確認しましょう。 また、クリニック全体の施術数だけでなく、執刀医の症例数や経歴、麻酔科医がいるかどうかを確認することも大切です。 美容外科医には、他科から転向した医師も少なくないため、年齢の割に経験が少ないということもあり得ますのでご注意ください。 じっくりカウンセリングを受けよう 美容外科医院には、無料カウンセリングを行っているところも多いものです。 まずは、カウンセリングを受けて、どんなバストになりたいかというご自分の希望を伝え、どの術式がよいのか相談し、心配な点をじっくりお話しましょう。 このカウンセリングで、そのクリニックの方針や医師の技術や症例数、人柄なども見えてくるはずです。 こちらの話にじっくり耳を傾けてくれて、的確なアドバイスをしてくれる医師であればひとまず安心です。 豊胸手術は元々の体格やバストサイズ等によって個人差の大きい世界ですから、最適な術式や安全性などについてじゅうぶん納得してから手術を受けるようにしましょう。 豊胸術自体は医師にお任せすることになりますから、実際に手術してくれる医師が確かな技術を持っていて信頼できる人であることが本当に大切ですね。 そんな素晴らしい医師を選ぶためには、カウンセリングでいろんな不安や疑問をぶつけてみるのも大事ですね。 納得いくまで答えてくれる医師なら安心できそうです! それと、医師にまかせっきりではなく、自分でも検診のための通院やケアをきちんとしていくのも、後遺症予防には大切ですね。 豊胸の後遺症にお悩みの人にも!「THE CLINIC」がおすすめ! ここまでを踏まえて、これから豊胸を考えている人にも、かつて豊胸術を受けたけど後遺症が出てきてしまったという人にもオススメの、「THE CLINIC」という美容外科をご紹介します。 THE CLINICってどんなところ? THE CLINICは、東京・横浜・名古屋・大阪・福岡の5都市にあり、美容外科として豊胸以外にも様々な施術を行っています。 乳がん手術後に乳房再建をしたバストへの修正など、他院ではあまりない施術もあり、女性の美と健康を積極的にサポートしています。 豊胸部門では、ヒアルロン酸注入法やインプラントによる豊胸も行ってはいますが、定着率の高い「コンデンスリッチ豊胸」という脂肪注入法を中心に行っています。 特にこのコンデンスリッチ豊胸において実績や症例数などが多く、期待が持てます。 THE CLINICのドクターと実績 THE CLINICは他のどこのクリニックよりも、ドクターの技術力向上に力を注いでいるクリニックといえます。 THE CLINICのドクター紹介を見てみると、どのドクターもTHE CLINICのセミナーに参加し、その圧倒的な技術力と真摯な姿勢に感銘を受けて入職しています。 元麻酔科専門医、元脳外科医、元乳腺専門医など経験豊富なドクターばかりです。 海外の権威あるドクターやクリニックとの交流を積極的に行い、世界の最新情報を収集できる環境を整えています。 他院で失敗したり、難易度の高い施術を、すべて引き受けていることから、ドクターの技術の高さが伺いしれますね。 つい最近にも、ベイザー脂肪吸引の症例数が7,100症例を突破し、コンデンスリッチ豊胸も症例数2,800症例を突破したそうです。 ベイザー脂肪吸引は、ドクター全員がライセンスを取得しており、知識と高度な技術力を応用するからこそできる、THE CLINICならではの脂肪吸引です。 最近話題のアクアフィリング豊胸のトラブルにも対応した「アクアフィリング豊胸除去外来」も開設されました。 THE CLINICの料金について 基本の施術方法の金額は下記のとおりです。 「営業カウンセリングは一切なし」とうたっていますので、行ってみたらもっと料金の高い施術を勧められる…ということもありません。 コンデンスリッチ豊胸とは? THE CLINICの中心的な豊胸法である「コンデンスリッチ豊胸」について、詳しくご紹介します。 こちらは先述の通り、脂肪注入法の一種なのですが、脂肪細胞から不純物を取り除いて濃縮し、そこに脂肪幹細胞やを混ぜて注入する方法です。 ご覧いただいたように、コンデンスリッチ豊胸なら定着率が高く効果が維持しやすいというメリットのほか、しこりや石灰化といった後遺症も予防できる可能性が高いのです。 また、先にも触れたように、しこり等になるリスクを高めることのひとつに、一か所にまとめて注入するというのが挙げられます。 こうなってしまうと塊の中心部には血液や酸素が通わず、脂肪が壊死してしこりや石灰化といったトラブルを招きます。 これを回避するためTHE CLINICでは、様々な層に分散して注入する高度な技術と豊富な経験が必要な注入法「マルチプルインジェクション」を採用。 4mmヌードルインジェクション技術」は、現在THE CLINICだけが提供可能な安全性の最も高い注入技術だと自負しております。 引用元: このように、THE CLINICでは何カ所にも分けて注入することで、さらに後遺症の起こりにくい施術となっているのです。 THE CLINICっていう名前、聞いたことあるよ!最近とっても人気の美容外科だよね。 豊胸なら、コンデンスリッチ豊胸っていう脂肪注入法をメインにやっているんだね。 効果が高くて後遺症のリスクも少ないなんて、良いことだらけだね! 無料カウンセリングや無料のメール相談もできるみたいだから、まずは相談だけでもしてみるといいかも! 情報収集とカウンセリングで後遺症予防!後悔のない豊胸を! 豊胸手術には、痛みや効果について不安を感じるだけでなく、後遺症があらわれてしまったら…という恐怖も付き物ですよね。 確かに、そのリスクはゼロではないので、それくらい慎重になった方がよいとも言えます。 しかし、事前にしっかりと情報収集やカウンセリングをして、信頼できる医師を選び、自分の体型に合った方法で豊胸を行えば、後遺症のリスクを限りなく低減することが可能です。 豊胸手術を受けようかどうか迷っている人は、この記事を参考にできる限り後遺症を予防して、安全で悔いのない豊胸でコンプレックスを解消してくださいね!.

次の

豊胸手術の後遺症とは?女性を苦しめる思わぬデメリット

豊胸 方法 比較

歴史 [ ] 豊胸術の歴史はほぼ乳房再建の歴史とリンクしている。 健常な乳房に美容目的での豊胸術が施されたのはで、やを皮下に直接注入する方法であったが、のなど・が多く発生した。 その後、に・がシリコン製の袋(バッグ)にシリコンジェルを詰めた乳房インプラントを開発。 に・で入りのバッグが誕生し、美容目的で胸部に挿入する豊胸術が広く行われるようになる。 になると、ダウコーニング社などインプラント・メーカー数社が訴訟され、破損による変形や漏出した場合の健康被害などの問題が表面化した。 にはがシリコンジェルバッグの使用を一時停止するよう命じた(臨床試験の目的に限り許可された)。 その後はシリコンジェルバッグに代わって、生理食塩水バッグが広く普及した。 、生理食塩水に高分子ポリマーを加えたハイドロジェルバッグが誕生したが、仏・両国で長期使用による安全性が問題視され、使用が禁止となる。 2000年、FDAは米国内においての生理食塩水バッグの使用を許可した。 その後、コヒーシブシリコンなど粘度が高く漏出時の危険が少ない素材の登場などで、2006年にはシリコンジェルバッグの使用も許可された。 ただしと ()の製品のみである。 同2社はその後の長期的な追跡研究を課せられている。 またFDAは、米国内においての18歳未満の生理食塩水バッグの使用、22歳未満のシリコンジェルバッグの使用を禁じている(再建手術を除く)。 米国においては美容整形手術の件数で一番多いのは豊胸手術であり、一大産業となっている。 米連邦政府美容整形学会によるとアメリカでは年間22万5000人が豊胸手術を受けているとし、現在ではさらに増え、米国では年間40万人、では年間15万人(全体では20〜30万件)、(年間10万人)となっている。 一方、乳房への脂肪移植(脂肪注入)は初頭から行われていたが、バストアップ効果が不十分なことや、した場合にの診断の妨げになるなど、否定的な意見が多く、米国形成外科学会は1992年に豊胸目的の脂肪移植を非難するに至った。 しかし近年、脂肪移植の技法の発達や乳がんの診断装置の進歩により、脂肪移植による豊胸術が見直される動きとなっている。 日本において、美容目的の豊胸手術は公的の適用外で、全額が自己負担の自由診療と位置付けられる。 日本美容外科学会によると、2017年に約1万1500件行われた。 半数近くがジェル注入方式、自分の脂肪の移植が約3割、シリコンバッグの挿入が約2割であった (手術方法については下記参照)。 方法 [ ] バッグ挿入法 [ ] 胸部用インプラント 体の一部を切開し、製のバッグを胸に埋め込む。 充填物は様々な種類がある。 ラウンド型(お椀型)、アナトミカル型(下部が大きい型)などの形状がある。 経年劣化し永久的に使えるものでは無い為、追加手術が生涯必要になる。 破裂やその他の合併症、美容上の問題によるリスクもあるが 、より大きなバストを望めるなどのメリットもある。 脂肪注入法 [ ] 腹部など、自己体内からで抽出した皮下脂肪を乳房に移植する。 極端なバストアップを望まない場合など有効である。 切開が必要でない、自身の組織の移植であることなどの特徴がある。 大量の脂肪注入は定着せずに石灰化・脂肪壊死を生じ、硬結化、乳癌とされるなどの問題を生じる。 脂肪を採取した部位に凹凸などが生じることもあり、訴訟も多いために、その移植手技法、移植量に関しては議論されるところとなっている。 従来の脂肪注入 [ ] 採取した脂肪を直接注入する。 死活細胞などの不純物も共に注入する為、脂肪壊死や石灰化のリスクがある。 脂肪幹細胞移植(CAL法、セリューション) [ ] を応用した手法で、脚部や腹部などから採取した脂肪からを抽出し、残りの脂肪と共に胸部に移植する。 脂肪注入と比べて定着率は高いとされる。 採取した脂肪の半分は注入用に使わない為、大量の脂肪が必要になる。 よって極端な痩せ型は適応でない。 脂肪壊死や石灰化のリスクは軽減されているが、全く無いわけでない。 コンデンスリッチファット法(CRF法) [ ] 腹部など自己体内から抽出した皮下脂肪を、ウェイトフィルターや専用の機器にて脂肪に含まれる不純物を除去し、健全な脂肪のみを乳房に移植するとされている。 通常コンデンスリッチ ファット(CRF)を抽出するにはにはFDAの承認を受けているLIPOKIT、ならびにその付属部材が必要とされており、正規のコンデンスリッチ豊胸を受けたかどうかは、機材に割り振られているシリアルナンバーで患者が確認できるようになっている。 脂肪注入法の注意点 [ ] 脂肪注入法でしばしば聞かれる問題点としては、時間とともにバストがしぼんでしまった、しこりができたといったものが多く聞かれる。 これらはいずれも脂肪がしっかり定着しなかった(注入した脂肪が生き残らなかった)ことが原因と考えられる。 脂肪を定着させる(生き残らせる)には次の3つのポイントを押さえる必要がある。 2mL(約直径2mm)未満の小さな粒で注入すること(塊で注入しない)。 この考え方のベースは米国のSydney Coleman が提唱した「コールマンテクニック」がある。 この正しさは、日本の脂肪移植研究の第一人者である吉村浩太郎 自治医大 らの報告でも追認されている。 したがって、脂肪幹細胞を多く含む脂肪を注入するということは、脂肪が生き残るために必要な酸素や栄養がふんだんに供給されることにつながる。 実際、脂肪に幹細胞を加えたことで、定着量が5倍に達したという報告もある。 このことは学術的にも証明されている。 ヒアルロン酸注入(プチ豊胸) [ ] を乳房に注入する。 効果は一時的で、ヒアルロン酸が吸収されたら再注入を要することから「プチ豊胸」と呼ばれる。 また注入後、被膜ができるためやや固めの感触になる。 乳癌検診では真っ黒なが多数あるように見える。 バストに注入したヒアルロン酸が、どの程度、どのぐらいの期間で吸収されるかを検討した興味深い報告がある。 それによると、約30%の人は9か月後に2度目のヒアルロン酸豊胸を受けていた。 また24ヶ月後、バストに残存していたヒアルロン酸の量は、単回注入の場合が17%、2回注入した場合が21%であった。 このことから、ヒアルロン酸豊胸は数年で効果がほとんどなくなると考えられる。 輸液(ラクトリンゲルなど)を用いた豊胸(プチ豊胸) [ ] ラクトリンゲルなどの一般的なを乳房に注入することで豊胸することが可能。 効果はヒアルロン酸より更に一時的で、平均的に6時間前後しか大きくなる時間がない。 豊胸手術を行う前の大きさや注入位置の確認などの豊胸した後のシミュレーションに適しており、半永久的な効果は全く無い。 培養幹細胞豊胸 [ ] 脚部や腹部などから採取した少量の脂肪から、脂肪由来幹細胞を抽出し幹細胞を培養する。 後日、採取した脂肪と幹細胞を添加し注入する豊胸(セルチャー法)。 この手法は、厚生労働省が定める「再生医療」に該当するため、再生医療等の安全性確保法の第2種を申請・許可を得ないと提供できない。 乳がん後の乳房再建への有用性も検討され始めており、一部の大学病院を中心に研究が進められている。 論文発表 [ ] 脂肪注入と乳がんの関係について [ ] 2019年、残存乳がんの動物モデルで、脂肪注入による乳房再建は腫瘍学的に安全であると発表された。 Oncologic Safety of Fat Grafting for Autologous Breast Reconstruction in an Animal Model of Residual Breast Cancer. ヒアルロン酸とがんの関係について [ ] 美容医療などで広く用いられるヒアルロン酸には、細胞のがん化を抑える一方、がんの発症や進展を促すという正反対の二つの働きがあることを、東京大大学院の研究グループが発見した。 畠山教授は「基礎医学の研究から、分解酵素が多く存在する体内環境では、善玉ヒアルロン酸が、がん促進に働く悪玉ヒアルロン酸に容易に変換されてしまうことが分かった。 若返りや美容などをうたうヒアルロン酸製剤の投与には、これまで以上の慎重さが必要なのではないか」と話している。 (2019年5月10日) 問題点 [ ] 自殺率に関する問題 [ ] 、では、豊胸手術を受けた女性(乳房再建の為の豊胸術を除く)の自殺率が一般女性と比べ、約3倍高いという調査結果が出ている。 この調査はフィンランド2166人、スウェーデン3521人、アメリカ1万3000人と大規模なものとなっており、注目されている。 豊胸手術をする女性の性格傾向との因果関係も示唆されるが、豊胸手術経験者の自殺率が高いということは種々の調査の共通点となっている。 美容豊胸手術に批判的な団体「女性と家族のための全米政策研究センター」のダイアナ・ズッカーマン会長は、「手術すると精神衛生が改善されるという正当化のための宣伝文句にのってはいけない。 胸に埋め込み手術をしてから、いつも痛みを感じ、罪悪感で苦しんでいる女性が多いことを知るべきだ」と話している。 対象はフランス国内だけで約3万人に上るとみられるが、同社の製品は日本を含む世界65カ国以上で販売され、使用者は40万人 にのぼるとみられている。 PIP社はシリコーン豊胸材生産で30年以上の歴史をもつ老舗で 、世界3位の大手だったが、破裂するなどの事故例が多く報告され、医療用でない安価なマットレス用のの使用が発覚したことなどから、2010年に倒産し、清算手続き中だった。 なおこれまでに同社製品での豊胸手術を受けた女性たちから2000件もの苦情申し立てが寄せられており、仏警察は同社への捜査を開始している。 同社のバッグに関しては以前からを指摘する声が出ており、バッグを使用した女性のうち8人になどの発症が確認されたため、仏保健省が安全性を調査していた。 その後の2011年末時点では、利用者20人が乳がんなどを発症したことが判明し、11月には未分化大細胞型リンパ腫で死亡者が出ている。 グザビエ・ベルトラン保健相は「他製品と比べ発がんリスクが高いわけではない」と、急を要するわけではないと前置きしながらも、体内で破れてを起こす恐れがある為、予防措置としての除去を勧告している。 なお、フランス政府は、摘出手術などの費用に対し健康保険の適用を認める方針である。 また同社の製品を使った豊胸手術を受けた女性が4万2千人いるというでは、政府が「安全上の問題があるとの証拠はない」として、特に呼びかけは行わない方針を立てるなど、各国においても対応が割れている。 [ギリス国内のこれらののうちの250人以上が、同社製品を使用し手術をしたを相手取るの準備をしている。 2千人の使用者がいるやは摘出手術を受けるよう勧告している。 では同社の製品が「M-implants」という別名で販売・使用されていたことが発覚。 オランダ当局は、この「M-implants」使用者約1000人に対しても医師に相談するよう勧めている。 (ICPO)は2011年12月23日、からの要請に応じ、PIP社創業者ジャンクロード・マス容疑者 72歳 を国際手配した。 なお、ロイター通信によると、マス容疑者は2010年6月にコスタリカでで逮捕され、起訴後に同国から逃亡していたことが判明。 国際手配は飲酒運転に関するもので、豊胸手術用シリコーン材の問題とは直接の関係はないとみられている。 またマス容疑者の弁護士は、マス容疑者がフランス国内にとどまり、同国司法当局による刑事訴追に備えていることを明らかにするとともに、「PIP社製品が健康上の問題を引き起こしたとの証拠はない」と主張していると話していた。 しかし、健康被害を受けたなどとする利用者2500件以上から訴えが起こされ、南仏の検察は2011年12月、過失致死傷容疑で捜査に着手。 マス容疑者はその後1月26日に南仏ので治安当局に拘束された。 日本国内での影響 [ ] このPIP社製の豊胸バッグは日本に輸入された可能性もあり、厚生労働省は12月27日、仏保健省の発表内容を踏まえて、関係学会に向けて情報提供を行ったことを明らかにしている。 上記企業以外の製品も含めて、豊胸手術用の人体非吸収性ジェル状充填剤は、医師による個人輸入と自由診療という形であれば、日本で合法的に使用できる。 厚生労働省は輸入量を把握していない。 日本美容外科学会は「長期的に問題が出てくる可能性がある」「国際的な標準治療ではない」との見解を記者会見で示しており、な安全性は確認できていない」として、使用自粛の指針づくりに着手している。 ジェル状充填剤豊胸術について [ ] ジェル状充填剤(アクアフィリング・アクアリフトなど)を使った豊胸術で感染症などの健康被害の訴えが出ている問題で、は28日までに、豊胸術を含む美容医療を受ける前に注意すべき点をまとめた一般向けのを公表した。 マンモグラフィー [ ] 手術後に検査を受けると、カテゴリー2(良性腫瘍)に分類される。 ニュース [ ]• 豊胸充てん剤トラブル続発 学会が使用禁止の指針策定へ(2018年11月27日)• 豊胸充塡剤・・・その合併症の実態とは?被害相次ぎ、学会指針作成へ(2018年12月4日)• 米国で美容整形手術が増加「豊胸手術」が最多(2019年3月26日)• 豊胸術被害で注意呼びかけ 厚労省がチェックリスト (2019年4月28日)• ヒアルロン酸にがん抑制と促進作用 東大研究班「美容目的の投与慎重に」(2019年5月10日) 脚注 [ ]• 『脂肪移植による豊胸術』吉村浩太郎 2006年8月• 2019年11月15日閲覧。 Coleman SR 2006. Plast Reconstr Surg. 118: 108S-120S. Kato H, Yoshimura K, et al 2014. Plast Reconstr Surg. 133: 303e-313e. Mashiko T, Yoshimura K. 2015. Clin Plast Surg. 42: 181-190. Lancet 382: 1113-1120. Kato H, et al 2014. Plast Reconstr Surg. 133: 303e-313e. Plast Reconstr Surg Glob Open. 3: e575. www. mhlw. 2019年2月17日閲覧。 横浜市立大学. 2019年6月25日閲覧。 Silva, Mayara M. ; Kokai, Lauren E. ; Donnenberg, Vera S. ; Fine, Jeffrey L. ; Marra, Kacey G. ; Donnenberg, Albert D. ; Neto, Miguel Sabino; Rubin, J. Peter 2019-1. Plastic and Reconstructive Surgery 143 1 : 103—112. Yahoo! ニュース. 2019年5月14日閲覧。 』2011年12月23日• 「仏社創業者を国際手配=危険な豊胸バッグ製造-ICPO」『時事通信』2011年12月24日• 日本経済新聞 電子版. 2019年5月14日閲覧。 朝日新聞デジタル. 2019年3月27日閲覧。 共同通信 2018年12月4日. 共同通信. 2019年3月27日閲覧。 毎日新聞「医療プレミア」. 2019年3月27日閲覧。 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 この項目は、に関連した です。 などしてくださる(/)。

次の

豊胸手術の後遺症とは?女性を苦しめる思わぬデメリット

豊胸 方法 比較

豊胸・豊胸手術の基礎知識 CONSULTATION 豊胸について 豊胸にはバッグを用いると自分の脂肪を用いる、ヒアルロン酸を注入すると3つの方法が挙げられます。 当院では豊胸においてその専門性を活かし、全ての施術方法を取り入れて患者様のご要望にお応えしております。 また、人工乳腺(バッグ)も新しい人工乳腺を厳選し取り揃えておりますので、その方のご希望やご要望、体型などに合わせて適切なバッグをご提案させていただきます。 より自然でより美しいバストを実現できるのは、多くの経験を積み、確かな技術が備わった専門医のみです。 豊胸術をお考えの方は、迷わず当院へご相談ください。 ここから先は、実際に豊胸を検討されている方もそうでない方も、豊胸とは具体的にどのような施術なのか、その知識を深めていただくためのコーナーです。 ご自身のお身体に対して行う施術ですので、施術内容をきちんと確認し、しっかりと把握しておいていただく必要があります。 美容整形や医療知識に乏しい方でも、わかりやすい内容となっておりますので、この機会にしっかりと、ひとつひとつ確認してください。 CONSULTATION 豊胸の概要 小さなバスト、垂れたバスト、しぼんだバスト、左右の大きさが違うバストなど、バストの悩みを持つ女性は多く、大きさや形ばかりでなく硬さや感触も気になる要因の一つといえます。 これらは成長期の発育の問題ばかりでなく、出産や授乳、加齢による衰えが原因の場合もあります。 「新しい豊胸術というのはどういうものでしょうか」 「いろいろな手術方法があるようですが、どの方法が一番良いのでしょうか」 といったご質問が多く寄せられます。 豊胸の手術方法には、、に分けることができます。 現在行われている豊胸手術のほとんどは人工乳腺法になります。 人工乳腺として使用されるバッグは、安全であり、形よく仕上がり、感触も柔らかで自然であることが求められます。 脂肪注入法は、まず自分の脂肪を吸引(痩せたいところを脂肪吸引)し、その脂肪をバストに注入します。 注入する方法は、乳腺上、乳腺下、大胸筋下などの多層に分けて注入します。 こうすることで生着率(脂肪が注入された場所で存在していく確率)を向上させることができます。 ヒアルロン酸豊胸法は、お胸のプチ整形と呼ばれる方法で、お胸に何ヶ所かヒアルロン酸の注射を打つことによりお胸の形を整えます。 また、内側のみ、デコルテ部分のみ等の部分的注入も可能になります。 人工乳腺の歴史 豊胸術の歴史は実はかなり古いのです。 豊胸術の始めはシリコン等の物質をバッグに入れずに直接乳房に注入する方法で行われていました。 そのうち、「シリコンジェル」を入れたバッグが登場します。 このバックを入れる方法が今の豊胸術の基礎となっています。 このシリコンジェルバックは、仕上がりが自然な感触になることが理由で人気が高く、豊胸手術に使われる主流となっていました。 ところが、シリコンバッグの内容物が、発癌性物質を含むのではないかということで世界的に使用中止要請が出され、一次的に使用がやめられていました。 しかし、その後シリコンジェルバッグと発ガン物質の因果関係が否定されたため、現在では再び世界中で使用されるようになっています。 シリコンジェルバッグの1番のメリットは自然な感触の仕上がりです。 ただ、バッグが破損してしまった時に、内容物のシリコンジェルが体内に漏れるというデメリットもあります。 一時的にシリコンジェルバックが使用できなかった状況下で注目されたのが「生理食塩水バッグ」です。 これは点滴などの医療現場でも使われている体内の水分により近い食塩水です。 人の体に害がないため、万が一バックが破裂して漏れ出しても人体に悪影響を及ぼすことはありません。 デメリットは、シリコンジェルバッグに比べて感触の面では、少し劣るということ。 人体に無害だという点が使用するメリットです。 最近の豊胸術で主流になりつつあるのが「ソフトコヒーシブバック」です。 シリコンジェルバッグなどの豊胸は、バッグが破損した時に、内容物のシリコンジェルが体内に漏れるというデメリットがあることはお話しましたが、しかし、ソフトコヒーシブは、破損した場合でも、内容物が凝縮されていて、グミ状に固められた素材で作られているため、漏れ出すことがありません。 現在、コヒーシブシリコンが豊胸バックによく使われている理由は、ソフトコヒーシブ が、シリコンジェルバッグのデメリットを改善し、より安全性が高い点にあります。 また内容物の感触の点でも優れていて自然な本物のバストに近い仕上がりになるということも人気の理由です。 このように、昔から豊胸術はバストに悩む女性達の間で行われてきました。 今に至るまで、豊胸手術に関しての美容医療は日々進化してきています。 豊胸術の実際 人工乳腺の表面処理 それぞれの人工乳腺にはツルツルしたスムースタイプと、ザラザラしたテクスチャードタイプがあります。 後者テクスチャードタイプは手術後のマッサージが不要で、カプセル(被膜)拘縮が起きにくい利点がありますが、スムースタイプよりも若干硬く、動きが劣ります。 麻酔方法 手術中に、サイズや形を見てみたいという患者さんの希望に応えて、麻酔法として硬膜外麻酔(手術部位周辺のみを無痛)を用いて自分の眼で確かめることが可能です。 また、手術中には完全に眠っていた方が良いという方のために、全身麻酔(意識がなくなります)を選ぶこともできます。 このように、城本クリニックではその専門性を生かし、麻酔法もいろいろ選ぶこともできます。 アプローチ方法 人工乳腺を入れるために、次のいずれかの方法で切開します。 現在は、腋窩からのアプローチがとても多くなっています。 人工乳腺挿入位置 城本クリニックでは、その専門性を生かし、体型にあった・選んだバッグに合った手術法を総合的に判断し、よりよい手術法を決定していきます。 一般的には下の図のように3つの方法に分かれます。 ワキの下の小さな切開から、乳腺の下か筋膜の下、または大胸筋の下にバッグを入れる方法です。 例えば痩せた体形で、バストがかなり小さい場合、選んだバッグがラウンドタイプなら、大胸筋下に入れる方が自然な形になり、また、アナトミカルタイプなら乳腺下に入れる方法を選ぶことが多くなります。 最近では、クリニックによって筋膜下に人工乳腺を入れる手術が行われておりますが、当院では筋膜下に挿入するメリットは特別にはないと考えています。 デメリットとして、乳腺下と比べて出血が多く、将来的に拘縮を起こす可能性が高いと思われます。 また、筋膜に神経が集束しているので、他の方法と比較して若干痛感が強い傾向があります。 このような手術法の選択は、専門医ならではの判断を必要とします。 人工乳腺の種類 代表的な人工乳腺は以下の通りです。 詳しくはをご覧下さい。 CONSULTATION クリニック選びのポイント 豊胸術を行っているクリニックはたくさんあり、どのクリニックを選べばよいのかを判断することが難しくなっています。 そこで、豊胸手術を受けるにあたり、重要だと思われるいくつかのポイントを挙げてみました。 脂肪注入法しかしていないクリニック 充分な効果を期待するのは難しいです。 脂肪注入法のみならず、人工乳腺法も行っているクリニックの方が技術的に信用できます。 城本クリニックでは、どちらの手術方法でも選択していただけます。 特殊なバッグを使うという理由で、とても高い料金を請求するクリニック 日本国中で1つのクリニックが独占的に使用できて、他のクリニックが使用できないというバッグはありません。 差別化するためにほんのわずかに違うものを、人工乳腺を作っている会社に発注して、それをオリジナルといっているケースもあります。 特別な名称(~式、~法)は、そのクリニック独自が名付けたものが多いです。 手術後のマッサージが不安 豊胸術の概要にもあります通り、表面がザラザラしているテクスチャードタイプはマッサージ不要です。 マッサージが必要な場合でも、ご自分で簡単にでき、期間は3~6ヶ月程度のものです。 最近は、テクスチャードタイプのバッグを使った手術例が増えています。 麻酔の方法もクリニックによって決まっている 手術中は眠っていた方がいいという人と、手術中にサイズや形を見てみたいという人があります。 城本クリニックではどちらの麻酔方法でも可能です。 乳腺下法や大胸筋下法、筋膜下法と決めているクリニック 手術前の状態や入れるバッグによって方法が変わります。 どちらの方法でも選択可能な技術がないと、ひとりひとりに適した手術はできません。 城本クリニックでは、その人にあった手術方法を選択することができます。 高度な技術を必要としない人工乳腺のみを扱うクリニック それぞれの人工乳腺によって、入れ方に要する技術は異なります。 CMCバッグなどは、本来のバストに近い感触を得ることができません。 また、変形が容易なためにあまり高度な技術を必要としない他、手術時間も短くて済むことから、これらの人工乳腺を積極的に推奨するクリニックもあります。 城本クリニックでは、アナトミカルやアシンメトリーのように高度な技術を必要とするバッグも取り揃え、さまざまなご希望に合ったバッグをお選びいただけます。 手術費用の割引について 割引前から高い手術費用を設定しているクリニックもありますので、注意する必要があります。 幹細胞注入について 自家脂肪幹細胞を注入する方法は、患者様の脂肪を吸引し、その半分を専用の遠心機で細胞を分離し、残りの半分の脂肪にこの分離した細胞液を加えることで、幹細胞を含む細胞の濃度を体内と同様に上げ、この脂肪との混合物をバストに注入するというものです。 これは、脂肪幹細胞を体外培養することで増やすわけではなく、濃縮して脂肪とともに注入する従来の脂肪注入とあまり代わらない方法ですので、ご注意下さい。 ヒアルロン酸の品質について ヒアルロン酸豊胸術で用いるヒアルロン酸は、バストアップ用に粒子が大きく、もちが長い特徴があります。 城本クリニックでは、その中でもレスチレン製剤の安全性が高い物を使用して施術を行っております。 他の厚生労働省認可の持続性の低いヒアルロン酸を使用して施術するクリニックもありますので、ご注意下さい。

次の