臭い玉 取れた。 極細綿棒vs臭い玉【膿栓除去】

臭い玉の安全な取り方はコレ!悪化させないための注意点。

臭い玉 取れた

こんにちは。 臭い玉無くし隊です。 臭い玉を簡単に、きれいに取りたい。 そのための道具として、よく綿棒が使われているようです。 でも、以前の記事でトライしてみたのですが、普通の綿棒では大きすぎて上手くいきませんでした。 今回は、ものすごく小さな綿棒「マイクロアプリケーター」を使って、きれいに臭い玉が取れるのかチャレンジしてみましたよ。 普通の綿棒では臭い玉は取れない? 下の写真は、臭い玉が隠れている「扁桃腺」の大きさと、綿棒とを比べたものです。 ご覧の通り、綿棒の頭は穴の3倍ほどあります。 これじゃあ、穴の中に突っ込むなんて無理ですし、取れっこないですよね。 綿棒で臭い玉を取るためには、もっと小さい物を探す必要がありそうです。 極細の綿棒を発見しました! アマゾンでありとあらゆる綿棒を調べたところ、良さそうなものを見つけました。 これです。 普通の綿棒と比べると、その小ささが分かると思います。 頭の細さはなんと1mm。 お化粧に使う専用の綿棒で、「マイクロアプリケーター」と言うそうです。 これは期待できるのではないでしょうか! 本日の臭い玉観察 下の写真が、臭い玉を取る前の状態です。 出るわ出るわ。 我ながら嫌になりますね・・・。 これをきれいに出来ればすごいのですが。 見えている部分は取れるのですが、穴の内部に残ったものが取れません。 しばらくいじっていると、綿棒がほんのりピンクに・・・ 血が出ていますね。 これじゃダメだわ・・・。 次にひだの後ろを攻めてみました。 でも、綿棒が細いせいか、上手くヒダがめくれません。 めくれないと臭い玉に届かないため、これもイマイチですね。 最後に、穴に手当たり次第突っ込んでみました。 頭が小さい分、扁桃腺の穴に入ることは入ります。 でも、逆に臭い玉を穴の奥に押し込んでいる感じがしました。 これもやっぱりイマイチです。 使ってみた感想は「全く使えない」 さて、感想ですが、正直全く使えません。 なんと言っても血が出てますからね~。 デリケートな部分なので、炎症でも起こしたら大変です。 そして肝心なところ、臭い玉が取れたかと言うとこれもイマイチでした。 普通の綿棒より細かいところに届くため、少しはマシです。 でも、穴の奥には届きませんし、臭い玉を奥に押し込んでいるだけの気もします。 皆さんは真似をしないでください(笑) 極細綿棒、期待していたんですがダメでした。 やっぱり物理的にぬぐう、拭き取るみたいな方法だと傷ができてしまうようですね。 傷だけならいいのですが、そこから化膿したりしたら大ごとです。 私の失敗を反面教師にして、 絶対に自分も試してみようなんて思わないように!! それではまたお会いしましょう。

次の

臭い玉とは?原因と取り方を解説!予防策はある?取れない場合は?

臭い玉 取れた

うがいをする• 綿棒を使う• シャワーを使う• 注射器(シリンジ)を使う• 耳かきを使う などなど、ネット上でも様々な方法が書かれています。 こういった道具を使うことで、喉の扁桃腺の部分にある臭い玉を取ることができると言われていますが、私も実際にどうなのかわからなかったので、1つずつためしてみることにしました。 臭い玉の取り方でうがいは簡単なの? まずはうがいをするといった方法で簡単に臭い玉は取れるのか? ということで試してみました。 うがいの方法は口に水を含んで、 「クチュクチュやってみる。 」「ガラガラうがいをする。 」といったことを、どちらも数分間試してみました。 ただ、普通のうがいで臭い玉が取れることはなく口の中が非常に疲れただけなので、ちょっと難しいようです。 うがいで簡単に取れるといった声には、 スポンサードリンク 臭い玉の取り方は綿棒を使うと簡単なの? 臭い玉の取り方で最もされている人が多いのは、綿棒を使って押し出す方法でしょう。 この取り方はYoutubeなどでも数多く投稿されていて、実際によく取れているのが目につきますがちょっと気持ちが悪いです。 綿棒で押し出して取るためには、まずきっちりと口の中が見えるように懐中電灯などで照らしながらやらなければいけません。 これも一度実際に試してみました。 ただ、私の場合なかなか臭い玉のようなものが発見できずに失敗に終わってしまいました。 その他の取り方 その他にも、シャワーを使う方法や注射器(シリンジ)を使う方法など、様々な情報が飛び込んできます。 なにかしら、道具を使って取り出すのが1番効果的な感じがしますが、大体の取り方で扁桃腺をいじって押し出すといった形が多いため、どうしてその周辺を傷つけてしまうことが多いようです。 実際に、こういった取り方を試して• 扁桃腺の周りから血が出てきた。 穴が余計に広がって臭い玉が以前よりできやすくなった。 2時間やっても取れなくて疲れただけだった。 扁桃腺が腫れてしまった。 えずいたり咳がでて苦しい思いをした。 こんなふうな失敗談が多数聞かれます。 臭い玉の取り方は色々ありますが、多くの人は「なんとか臭い玉を取りたい。 」といった思いで長時間、そしてわりと強めにやってしまうことも多いようです。 その結果周りを傷つけてしまったり、一度取れたことが快感になって何度も臭い玉を取るようになってしまったというような人も見かけます。 あとがき 臭い玉は耳鼻咽喉科でも吸引して取ってくれるようです。 気になる方は病院にいって取ってもらうのが一番安心できる方法なので、自分で簡単に臭い玉が取れるといったことは、あまり考えないほうがいいかもしれません。 実際にやってみてわかりましたが、扁桃腺周辺を傷つけてしまう可能性がとても高いと感じました。 臭い玉は取ることを考えるよりも、まずは、 臭い玉が出来ないように予防すること こちらの方に力を入れたほうが良いと思います。 関連ページ >> 臭い玉がよくできる原因には、• 乾燥する季節• 口呼吸• ドライマウス• 扁桃腺炎• 後鼻漏• 副鼻腔炎 蓄膿症• タバコ こういったことが考えられています。 予防のためには、まず口の中が乾いていないようにするのが大切です。 臭い玉によって口臭が気になるという人もいるでしょうが、それよりも口の中が乾くことで唾液の分泌が少なくなり、口臭が発生してしまっていることを先に改善した方がいいでしょうね。

次の

扁桃腺の臭い玉の正しい取り方!のどを傷つけない秘訣は?

臭い玉 取れた

取れない臭い玉の取り方とは? くしゃみやせき込んだときや寝てる時などにぽろっととれる「膿腺」。 臭い玉という名前が一般的ですが、これは 細菌の死骸の塊です。 確かにためしてガッテンでもやってましたね。 臭い玉(膿腺)の正体は歯周病菌や大腸菌などの悪臭をはなつ悪玉菌の死骸です。 大腸菌の仲間であるため臭いもそれらが出すガスに近い大便のようなドブの腐ったような悪臭です。 「え?1人?その人ってなんで臭い玉あったの?」 と思いますよね? 臭い玉ができやすいのは 冬場に多く、 唾液の質が悪くなったり口の乾燥が臭い玉の原因となります。 もちろん臭い玉は夏場にもできるんですが、• 鼻づまりによる口呼吸• 風邪など扁桃腺に負担がかかりやすい• 空気の乾燥して唾液が乾いたり、ネバネバしやすい など冬場は臭い玉ができやすい、いろんな条件がそろいやすいんです。 ためしてガッテンでもこの臭い玉がある1人を調べた結果 その人は口呼吸だったということがわかりました。 口の乾燥は様々な口臭の原因として知られていますが、乾燥によって歯、舌、舌苔などに細菌が増えたり、 唾液の質が悪くなるために 臭い玉がたまりやすい原因になることもあるんです。 なので舌苔が増える状況である唾液不足、ドライマウスを防ぐこと、そしてサラサラした唾液を出すことが口臭予防には大事です。 こちらも参考に 臭い玉が取れない 臭い玉自分で意識しない時は案外取れるものです。 寝てる時とか力が思い切り入ったとき、またはくしゃみの時などに取れます。 ただしいざ取ろうと思うと取れないんです。 いきんでみても、のどを刺激しても取れないんですね。 そう、臭い玉は自分で意識してなかなか取れないんです。 ただ、どうしても取れない・・けど取りたい! という人も多いようで臭い玉の取り方について書いてみます。 臭い玉のある場所は扁桃 扁桃は喉の両脇にあってボコボコとしてる部分で そこに臭い玉がたまりやすいんですね。 この扁桃腺の穴に臭い玉はできて人に よっては大きくたまる場合があります。 臭い玉を取る方法とは? この臭い玉の取り方として海外のやり方を見てるとほとんどが ・綿棒で押さえて取り出す ・金属の耳かきのようなもので押し出す ・水で洗い流す 感じです。 扁桃腺の部分を押すと臭い玉がたまってる場合ブニュっと出てきます。 つまり大きい膿腺は比較的カンタンに取れるんですね。 臭い玉を取るときの水はただの水よりも生理食塩水の方が刺激が少ないのでおすすめです。。 道具はスポイトタイプが多いですね。 ちょうど動画がありました。 耳鼻咽喉科でも臭い玉は取れる?費用は? あまり知られていませんが耳鼻咽喉科でも臭い玉は取ってくれます。 膿腺の除去・陰窩の吸引については、 保険が適用となりますので千円以下で可能です。 耳鼻咽喉科での取り方も同じように専用の金属の器具で 押し出したりするような感じでとってくれます。 ただし 耳鼻咽喉科でも膿腺の除去をやってないところも多いので 最初に電話などで膿腺除去をやっているのか確認しましょう。 なので単に臭い玉を取るのが楽しい場合は良いのですが、 口臭予防の目的で臭い玉を取るとどんどん臭い玉がたまりやすい 口臭体質になります。 え?うそでしょ?と思われるかもしれませんがこれは 事実。 イチゴ鼻の角質と同じで、取ればとるほどどんどん臭い玉のたまる穴が大きくなります。 その結果、臭い玉がどんどん増えて口臭がきつくなります。 扁桃腺あたりの粘膜が傷つくとそこで細菌との闘いが生まれるので 扁桃炎になってしまいます。 扁桃炎は臭い玉ができる大きな原因になるので、結果として臭い玉ができやすくなります。 実は臭い玉より厄介なのは 膿汁(のうじゅう)と呼ばれる臭い玉ができる前の液状のものの存在。 ニオイは当然臭い玉と同じで、めちゃくちゃ臭いんですが、これは取るのは不可能。 臭い玉がないのに相変わらずニオイが扁桃腺から出てるのはこの膿汁のせいです。 奥に入り込んだ臭い玉や膿汁などは取り去ることはほぼ不可能だからです。 そもそも前述のとおり、 臭い玉ができやすい人は口の乾燥などの唾液不足が根本的な原因。 口臭の原因そのものがなくならない限りはいつまでも口臭に悩まされてしまいます。 確かに臭い玉そのものは口臭の原因ですが、その臭い玉ができやすい状態が問題なのです。 口臭をなくしたいのであれば、臭い玉ができにくい状態にすることが一番です。 臭い玉ができにくい体質をする方法はこちらを参考に.

次の