クレジット おすすめ マイル。 ANAマイルが貯まる最強クレジットカードを比較!専門家のおすすめをランキング形式で紹介

【マイルが貯まる】おすすめのクレジットカードランキング

クレジット おすすめ マイル

ANAのマイルを貯めたり、貯めたマイルを使ったりするには、全日空空輸グループが提供するANAマイレージクラブに会員登録してANAマイレージカードを作る必要があります。 会員登録の手続きはANAのホームページから行うことができます。 カードを使うことでマイルが貯まるANAマイレージカードには、大きく分けて、 クレジットカード機能が付いていないANAマイレージクラブカードと クレジットカード機能が付いているANAカードの2タイプがあります。 クレジット機能なしのANAマイレージカード マイルを貯める・使うことを主な目的としたANAマイレージカードは、クレジットカード機能やボーナスマイルの特典はありませんが、入会費・年会費無料で使用することができます。 クレジット機能なしのANAマイレージカードは、ANAマイレージクラブの会員登録ページから即日で登録手続きが可能です。 クレジット機能なしのANAマイレージカードには、「ANAマイレージクラブカード」「ANA VISAプリペイドカード」「ANAマイレージクラブ Financial Pass Visaデビットカード」の3種類があります。 マイル積算比率は、運賃種別によって変わります。 マイル積算比率は、搭乗クラスと予約クラスによって変わります。 ANA提携航空会社便のフライトで貯める ANA便への搭乗のほか、ANA提携航空会社便への搭乗でもフライトマイルを貯めることができます。 また、 楽天のEdy機能が搭載されたANAマイレージクラブカードおよびANAカードでは、1回の支払いで200円につき 1マイルが貯まります(税込・200円未満切り捨て)。 グルメマイル参加店によっては、マイル積算の上限があります。 また、ランチ、モーニング、宴会プランなどはマイル積算対象外になっていることもあるため、事前に確認しておきましょう。 出張の際のフライトや宿泊予約などにANAマイレージカードを使うとお得にマイルが貯まります。 ゆうちょ銀行のほか、コンビニATMのセブン銀行・E-net、イオン銀行では入出金手数料無料で利用可能です。 さらに、海外のATMで現地通貨を引き出すこともできます(世界200以上の国と地域に設置されているVisa、PLUSマークのATMで利用可能)。 ところが、たまに予想外にキャンセルが出ず定員オーバーになってしまうことがあります。 「フレックストラベラー制度」は、定員オーバーになってしまったとき、自主的に搭乗便の変更をしてくれる人に対して、協力金または協力マイルを提供するサービスです。 フレックストラベラー制度の利用には事前登録が必要です。 宿泊が必要な場合には、宿泊費および宿泊施設と空港間の交通費ももらえます。 日程に余裕のあるフライトの場合に、この制度を利用すると、一気に多くのマイルが手に入るので登録しておくと便利です。 あくまでも搭乗便の変更は利用者の任意なので、定員オーバーだからといって必ずしも変更する必要はないので安心してください。 サービスの詳細はANAホームページに掲載されています。 ANAプレミアムメンバーサービス 年間プレミアムポイントに応じて、「ダイヤモンド」「プラチナ」「ブロンズ」の3段階からなる会員ステイタスを得ることができます。 プレミアムサービスの有効期間は翌年4月からの1年間です。 「ANAプレミアムメンバーサービス」の利用条件は、ANAマイレージクラブの上級会員「ANAプレミアムメンバー」になることです。 では、どうすれば「ANAプレミアムメンバー」になれるのでしょうか。 ANAプレミアムメンバーになる方法 ANAプレミアムメンバーになるためには、マイルと別に付与される「プレミアムポイント」を貯めることが必要条件です。 マイルのようにショッピングや食事の支払いで貯めることはできません。 クレジット機能付きのマイルカード ANAマイレージクラブカードは、入会費も年会費も無料で使える手軽さが魅力である一方、クレジットカード機能やボーナスマイルの特典は付いていません。 「普段クレジットカードを使う機会が多い」「出張などでフライトの機会が多いので、よりお得に早くマイルを貯めたい」という方は、ANAマイレージクラブカードの機能にクレジットカード機能が付いた「ANAカード」がおすすめです。 クレジットカードの入会時や継続時のボーナスマイル付与、ANAグループ便利用時のフライトボーナスマイル付与など、マイルを貯めるのに有利なサービスがたくさんあります。 ANAカード クレジットカード機能の付いたANAマイレージカードです。 クレジットカード利用時にマイルが貯まるほか、カード入会・更新時や、ANA搭乗時にボーナスマイルが付与される。 ANA VISAカード、ANAダイナースクラブカード、ANAアメリカンエクスプレスカード(アメックス)など、さまざまなクレジットカード会社と提携しています。 クレジット機能付きのANAマイルカードの中でも、ANA VISA Suicaカードは、 初年度年会費無料で Suicaの使用やチャージでもマイルが貯まる 人気NO. 1のカードです。 2年目から2,000円+税の年会費がかかりますが、自分でクレジット決済金額の月額を決められる(後で支払金額の増減も可能)「マイぺいすリボ」に登録して年1回カードを使うと 年会費を750円+税まで抑えることができる など、簡単な工夫でお得にマイルを貯めることができます。 ANAマイレージクラブカードからANA VISAカードに申し込む方法 クレジット機能なしのANAマイレージクラブカードは、クレジット機能付きのANAカードに切り替えることができます。 もちろん、 ANAマイレージカードで貯めたマイルは維持したままANAカードへと切り替えることが可能 です。 2,貯まっているマイルを新しいカードに移行する ANAカードに切り替えると、手持ちのANAマイレージクラブカードとは別に、新たにお客様番号が発行されます。 マイルを維持したままANAカードに切り替えるためには、 申し込みの際、該当する記入欄に旧カードのお客様番号を記入 します。 申込時に旧カードのお客様番号の記入をしなかった場合でも、 後日、マイルの移行手続きをすることが可能 です。 申込者本人からANAマイレージクラブ・サービスセンターに連絡して、旧カードのお客様番号を通知 してください。 3,旧カードを退会する 切替前のANAマイレージカードが不要の場合、ANAマイレージクラブ・サービスセンターに連絡して退会の手続きをしてください。 ANA VISA Suicaカードをお得に使うワザ クレジットカード機能の付いたANAカードの中でも特に人気なのが、初年度年会費無料で、入会時や継続時に1,000マイルのボーナスマイルの付与、Suicaチャージの際にもマイルが貯まるなど、 マイルが貯まるサービスが充実したANA VISA Suicaカード です。 普通に使っているだけでもマイルはかなり貯まりますが、 簡単なテクニックを取り入れるだけで、飛躍的にマイル獲得率がアップ するので要チェックです。 ANA VISA Suicaカードとは? ANA VISA Suicaカードは、「クレジットカード」・「ANAマイレージサービス」・「Suica」の機能が1つになったANAカードです。 Suicaの利用やチャージの際にもマイルが貯まるのはANA VISA Suicaカードだけのメリットで、そのほかにも、カード入会時や継続時に1,000マイル(2,000円相当)のボーナスマイルが付与される、ANAカードマイルプラス提携店での利用や対象商品の購入で、クレジットカードのポイントとマイルの両方がもらえ、 「マイルが貯まるサービス」が充実 しています。 しかも初年度年会費無料とリーズナブルなのも魅力です。 お得にマイルが貯まる!ANA VISA Suicaカードの主なサービス ・初年度年会費無料 ・カード入会時や継続時に1,000マイルのボーナスマイルをプレゼント ・ANAグループ便の利用時にフライトボーナスマイル付与 ・ANAカードマイルプラス提携店での利用や対象商品の購入で、マイルとクレジットカードのポイントがダブルで貯まる マイルが貯まりやすい理由は? 理由その1 カードショッピング利用時と同等のマイルが Suicaチャージでももらえる! ANA VISA Suicaカードをショッピングや食事などの支払いに使ったときと同様に、 Suicaにチャージをしたときにもマイルが貯まります。 ポイント換算率もショッピング利用時と同じ です。 1ポイントにつき獲得できるマイルの量は、カード申し込み時のコースによって変わります。 コースは、5マイルコースと10マイルコースの2コースです。 5マイルコースの場合/1ポイントにつき5マイル 10マイルコースの場合/1ポイントにつき10マイル 1ポイントはSuicaチャージ1,000円分に相当 します。 【例】 5マイルコースの場合 ・Suicaチャージ1,000円で1P=5マイル 10マイルコースの場合 ・Suicaチャージ1,000円で1P=10マイル 5マイルコースと10マイルコース、どちらにするかはカード申込時に選べます。 どちらも基本のマイル付与率は0. 理由その2 入会時に1,000マイルのボーナスマイルが、 さらに翌年度以降のカード継続により 毎年1,000マイルのボーナスマイルがもらえる! 継続時のボーナスマイル1,000マイルは、年会費をANA VISA Suicaカードで支払うことで付与されます。 ボーナスマイルの有効期限は2年間 で、期限が切れると失効してしまうので注意しておきましょう。 理由その3 ANAカードマイルプラス提携店での カード利用および対象商品の購入で 三井住友カードポイントと別に マイルももらえる! ANAカードマイルプラス提携店・対象商品を利用する際にANA VISA Suicaカードで精算すると、クレジットのポイントとは別に、 100円=1マイルまたは200円=1マイル が貯まります。 5マイルコースでも10マイルコースでもマイル付与率は変わりません。 さらに、マイルとは別に三井住友VISAカードのポイントも付与されます。 理由その5 カードの支払金額を自分で設定する 「マイぺいすリボ」を活用して マイル付与率を1. 3%にアップできる! マイぺイすリボとは? 「マイ・ペイすリボ」は、毎月のクレジットカード支払い金額をあらかじめ自分で設定できる三井住友VISAカードが提供するサービスです。 ショッピングのたびに支払い金額をリボ払いに変更する手間が省けます。 毎月の支払い金額は、その月の申し込み期限までにインターネットまたは電話での申し込みで自由に増減が可能です。 0%) マイル付与率を1%から1. 3%に増やす裏ワザ ANA VISA Suicaカードのマイル付与率は1,000円につき1マイルですが、「マイぺいすリボ」を使うと リボ払いの請求がある月には1,000円につき3マイル相当のボーナスポイント が付与されます。 リボ払いは年率15%の金利手数料が掛かりますが、 リボ利用後すぐに、支払金を一時的に増額することにより、最低限の金利手数料で獲得マイルを1. 3%アップ できます。 「マイぺイすリボ」の支払額は、インターネットサービスVpassから自由に増減が可能 です。 【例】 最低支払い金額が1万円、リボ利用額が10万円の場合 次月の締め日までに89,900円を繰上返済すると、残高は10,200円になります。 次月には最低支払い金額の10,000円が引き落とされるので、リボ手数料の残高は200円です。 リボ残高200円の場合の月利は2. 25%)。 【方法】 ANA VISA Suicaカードは初年度年会費無料で利用できますが、2年目から2,000円+税の年会費がかかります。 しかし、 「マイぺイすリボ」に登録し、年1回カードを利用すると、年会費を750円+税に抑えることができる ので、ぜひ上手に利用してみてください。 ・カードの支払金額を自分で設定する「マイぺイすリボ」に登録して年1回カードを利用することで、次年度の年会費を2,000円+税から750円+税に引き下げることができます。

次の

マイルが貯まるおすすめのクレジットカード特集

クレジット おすすめ マイル

ANAマイルを含め3種のポイントが貯まる• 各種ポイントサイトからANAマイルに高レートで交換可• 継続ボーナスマイルで年会費2,000円分は実質相殺• PASMOオートチャージ可• ETCカードは年会費無料でポイントも貯まる• 「ソラチカルート」閉鎖で交換レートに改悪• 積算率が低くフライトではマイルが貯まりにくい• 東京メトロユーザー以外はメリットが半減• 家族カードの年会費は有料 陸マイラーなら必携!とも言われるのがANA To Me CARD PASMO JCB。 (通称ソラチカカード) 年会費も2,000円(税別)と安めなので、日々の生活でコツコツマイルを貯めたい人はこれで決まりです。 ANAゴールドの中で最高のマイル還元率(基本1. 0~1. リボ登録で年会費を抑えられる• カード継続で毎年2,000マイルもらえる• SFC修行すればANA上級会員資格をゲットできる• 電子マネーiDが一体化• 海外旅行保険付帯だが補償額は少なめ• 審査はそれなりに難しいと言われる• 家族カードとETCカードの年会費は有料• 空港ラウンジサービス付帯なし ANAマイルを貯められるクレジットカードの中でも、最強と名高いのがANAワイドゴールドカード。 (1位でもいいが、年会費が高いので2位に) とにかくマイルが貯まる ANAワイドゴールドカードは、ショッピングでもANAのフライトでも、とにかくマイルが貯まります。 100円=1ポイント=1マイルと高還元率• 一定の社会的信用がないと持てない由緒あるカード• グルメ関連や宿泊施設、ツアーの優待が充実• 海外、国内共に上限額の大きい旅行保険が自動付帯• 国内、海外850以上の空港ラウンジを無料で利用可• ポイントの有効期限がなく長期的にマイルを貯められる• 限度額は一人ひとりに合わせて柔軟に設定される• ETCカードを無料で発行できる• 27歳以上限定、審査の敷居も高め• 年会費も一般的なゴールドカード以上かかる• 分割払い不可 一括、ボーナス一括、リボのみ• 家族カードの年会費はやや高めの設定 年会費こそ高いものの、それ以上のベネフィットがあるので3位に。 高額出費でもマイルを貯められる ANAダイナースカードは一人ひとりの経済力に合わせて限度額を設定。 人によっては、海外旅行や結婚式、自動車などの 高額出費もカード払いでき、マイルを貯められます。 細かいことを気にせずにガンガンマイルを貯めたい、そんなリッチな思考の人におすすめです。 持つだけでMarriott Bonvoyのゴールド会員資格取得• 次年度以降、継続する度に無料宿泊特典をもらえる• 実質ポイントの有効期限がない• ANA/JAL両マイル還元率が非常に高い• アメックスながらマイル交換上限なし• 手厚い海外旅行保険が自動付帯• 空港送迎サービスなど、旅行系特典も豊富• 年会費が高め それ以上の恩恵は受けやすい• プライオリティパスが付帯されない• ステータスカードとしての認知度は高くない• アメックスゴールド系の特典で使えないものもある 招待日和など• 海外の地域によっては使えない場合も アメックスカードの中で一番のおすすめがSPGアメックス。 (正直なところANAアメックスゴールドと迷いましたが) 理由としては単純。 ANAマイルを貯める上で重要な条件を全て満たしているからです。 ANAマイル還元率 常時1%(60,000ポイントまとめて移行すると1. 25%) ANAマイル移行手数料 無料 ANAマイル移行上限 なし ポイント有効期限 無期限 ここで唯一ネックになりそうなのが、31,000円(税別)の年会費ですね。 今まで無料のカードや、一般的なゴールドカード(1万円)を使っていたなら、相当高く感じますよね。 ただ、 意外と元を取るのは簡単なんです。 SPGアメックスは年会費をペイしやすい SPGアメックスは高級ホテルグループ(マリオット)との提携カード。 そのため、 毎年カードを継続するたびに無料宿泊特典がもらえます。 しかも2名分なので、これだけで年会費をペイできちゃいます。 入会、継続で大量のマイルがもらえる• 常時1. 手厚い海外旅行保険が自動付帯• ポイント有効期限、ANAマイル移行上限、移行手数料なし• 国内主要空港ラウンジが無料• 年会費が高め 元を取るのは難しくない• プライオリティパスは付帯されない• 審査難易度はそれなりに高い• アメックスのゴールドにしては特典が少なめ• 家族カード年会費が高い 初年度は無料 SPGアメックスと同様、適正条件を満たしているのがANAアメックスゴールドカード。 ANAマイル還元率 常時1% ANAマイル移行手数料 無料 ANAマイル移行上限 なし ポイント有効期限 無期限 万人受けするか?と言われると微妙なので惜しくも2位に。 (名前通りANA便のヘビーユーザーにメリットのあるカードなので…) ANA便フライトでとにかくマイルが貯まる ANAアメックスゴールドカードの1番の魅力は、 フライトボーナスマイル積算率の高さ(40%)です。 例えば、以下の条件でフライトしたとします。 27社の航空券購入時利用でポイント3倍• ANAを含む15社のマイルに交換できる(JALは不可)• ポイントの有効期限がなく、マイルを無期限で貯められる• 入会、継続で大量のポイント(マイル)がもらえる• 空港ラウンジ同伴者1名無料• ETCカードを年会費無料で発行できる• 国内旅行保険も最高2,000万円で付帯• 年会費が1万円とゴールドカード相当• ANAマイルへの移行が手数料有料で、年間移行上限に改悪アリ• フライトでマイルが貯まらない• JALマイルに交換できない(ハイレートで交換する裏技アリ)• 海外旅行保険が付帯しているが補償額は少なめ• ANAマイル還元率 常時1% ANAマイル移行手数料 無料 ANAマイル移行上限 なし ポイント有効期限 無期限 ただ、 人によってはSPGアメックスやANAアメックスゴールドよりもマイルを貯めやすいカードです。 28の航空会社でポイント3倍 というのもアメックススカイトラベラーではANAを含め、 28の航空会社のチケット購入でポイントが3倍に。 「航空会社にこだわりはない!(ANAの飛行機じゃなくてもいい)」 そんな人には、好都合ですね。 また、貯めたポイントも15の航空会社のマイルに交換できるので、 どのマイルを貯めるか決め兼ねている人にもおすすめです。 上位ランク:スカイトラベラープレミアム 毎年50万円ほど航空券を購入するなら、ワンランク上のプレミアムカードがおすすめ。 スカイトラベラー スカイトラベラープレミアム 年会費(税別) 10,000円 35,000円 航空券購入時のマイル還元率 3. 年会費が安く、ANAマイラー入門におすすめ• 他カードに落ちても可能性がある独自審査• 通常のショッピングでもANAマイル還元率が1. 0%の高還元率• フライトボーナスマイル25%• ANA航空券購入時にマイル還元率2. 空港ラウンジは同伴者1名無料• 通常ポイント還元率は0. 33~0. 75%と低め• ANAマイルへの交換に税別6,000円の年会費がかかる• ETCカードは有料 年会費は無料• 家族カードは年会費あり 条件付きで初年度無料 ANAマイルを貯められるアメックスカードの中で、 ダントツ年会費が安いのがANAアメックスカード。 (2位のANAアメックスゴールドの下位カードです。 ) 以降手数料が6,000円かかるため、4位と少し低めにランク付けしました。 格式高いステータスカード• メンバーシップリワードプラス加入でANAマイル還元率が1. プライオリティパス付帯 制限あり• 海外でも24時間日本語サポート• 最大1億円の旅行保険 国内5,000万• 高級レストランでの優待 1名分が無料になる等も• 家族カードが一枚目無料で超お得• Apple Payも利用可• 年会費が高め 使いこなせば安い• 届くまでそれなりに時間がかかる• 通常ポイント還元率は0. 33~0. 有名なので良くも悪くも目立つ• ANAマイル還元率 プラス3,000円(税別)の年会費で1% ANAマイル移行手数料 5,000円(税別) ANAマイル移行上限 年間4万マイル ポイント有効期限 実質なし ただアメックスゴールドの魅力は、ANAマイルがどうこうじゃないです。 とにかくステータスが高い クラシカルなステータス性は今も健在。 (バブル期はお金持ちの象徴とも) 実際、クレマイが独自に行ったアンケート調査では「」で第1位、「」で第2位に。 「ANAマイルはついでくらいでいいや!」という人には、イチオシしたいカードです。 通常1. Amazon等の大手ECサイトで2. 数多くの共通ポイント、JALやANAマイル、Amazonギフト券など交換先が多種多様• iDとQUICPayを両方搭載する稀有な一枚• Apple PayやGoogle Pay、楽天ペイも利用可• ETCカードや家族カードを無料で発行可• 審査基準が比較的やさしい 学生や主婦も可• 券面がブラックで高級感がある• 還元率アップ対象の実店舗はない• ポイント有効期限が1年と短い• 旅行保険は付帯されない• Amazonより楽天派は楽天カードの方がお得 オリコカードザポイントの ANAマイル還元率は0. 年会費無料クレジットカードの中では、JCBカードWと同率1位です。 オリコモール経由でAmazonなどで還元率がアップするので、 ネットショッピングが多い人はさらにANAマイルが貯まりやすいですよ。 プロパーながら通常ポイント還元率1. Amazonやセブンイレブンなど多くのシーンで2. 年会費無料なのに海外旅行保険が付帯• ETCカードや家族カードも無料• 男女ともに定評のあるデザイン• 女性向けの特典や保険を追加できる「JCBカードW PLUS L」も• QUICPayと相性抜群、Apple Payなども利用可• 申し込みは39歳以下&WEB限定• 利用明細はWEBやアプリのみ• ANA、JAL両マイルに交換できるがレートは少し低め• VISAやMasterCardと比べると海外では使えない地域も• 敷居は低めなのでステータスは高くない オリコカードザポイントと同じANAマイル還元率(0. 6%)を誇るのがJCBカードW。 スターバックスやセブンイレブンなど、 街中にある身近な店舗で還元率がアップするので、気づいたら大量のポイントが貯まっていますよ。 通常1. 年会費無料で海外旅行保険も利用付帯• 学生や主婦、フリーターでも可能性十分• 身分証明書要らずで簡単ネット申し込み• 国際ブランドもデザインも豊富• ポイントは楽天市場や楽天ペイで使えるので、交換できるアイテムは実質無限大• 所有者が多いのでステータスは低い• 審査結果は最短即日だが、届くまでは一週間程度• Amazon派はJCB CARD W等の方がお得• 楽天からのメルマガが多い 解除可能• 楽天市場で月9,000円以上使う人は楽天ゴールドカードの方がお得 ANAマイル還元率に限った話をすると先述の2枚よりも劣りますが、 マイル利用時を想定すると一番のおすすめは楽天カードです。 これは「ANAマイル交換に必要な最低ポイント数」が、たったの50ポイントだからです。 ANAマイル交換に必要な最低マイル数 楽天カード 50ポイント~ JCBカードW 500ポイント〜 ヤフーカード 500ポイント~ オリコカード 1,000ポイント~ 「特典航空券の交換まであと数マイル足りない…」 そんな時でも、 楽天カードがあれば細かくマイル数を調整できちゃうんですね。

次の

【2020最新・徹底比較】クレジットカード人気おすすめランキング

クレジット おすすめ マイル

「ANAマイルの貯め方? どのクレジットカードがいいの? ブランドはVISA? 」 マイラーを悩ます大問題ですね。 クレジットカードはとにかく種類が多く、その中からANAマイルが貯まる、貯まりやすい、おすすめの1枚を見つけるのは大~変~。 そこで、2020年最新の ANAマイルの貯め方・増やし方とコツを、おすすめクレジットカードと共に紹介します。 ・ANAアメックス新規入会キャンペーンでガッツリ貯める2枚 ・年会費無料クレカでANAマイルを貯める ・通勤、通学(学生)でラクラクANAマイルを貯める ・陸(オカ)マイラー必見!家賃、公共料金、お店での買い物をクレカ払い登録するだけでANAマイルを貯める ・ANAマイルへの交換レートや特典がお得なクレカを貯める ・あなただけに教えるANAマイルの貯め方裏技 などなど、このコツを読めば、あなたも立派な陸マイラーになれますよ! 目次• なかでも搭乗が条件に入っているとキツイですよね。 そこで、条件はクレジットカードの利用額のみのクレカをセレクト! 春は税金、夏は旅行と支払いも多い季節ですので、まとまった支払いが発生します。 大チャンスなんです。 支払いを1枚のカードにまとめたらきっと達成できますよ。 キャンペーンはこちら!ANAアメリカン・エキスプレス・カード一択!! は、マイルが貯めやすいカードでありながら、年会費がお手頃な一枚です。 本会員の 年会費は7,000円(税別)、家族カードは2,500円(税別)と、 ゴールドカードの年会費と比べて4分の1程度のコストに抑えることができます。 キャンペーン内容は、 【アメックスキャンペーン】 入会後3ヶ月間のカード利用条件達成で 最大10,000マイル相当のポイントが貯まります。 ・入会ボーナス:入会するだけで 1,000マイル ・入会後3ヶ月以内にカード利用額1万円: 500ボーナスポイント ・入会後3ヶ月以内にカード利用額10万円: 1,500ボーナスポイント ・入会後3ヶ月以内にカード利用額30万円: 4,000ボーナスポイント ・カード利用30万円で獲得できる通常ポイント: 3,000ボーナスポイント 35,000マイルあれば、特典航空券のローシーズンにハワイにも行けちゃいますよ! この大チャンスを逃す手はありません。 ANAアメックス・ゴールド キャンペーン!本気で貯めるならこの1枚! は、 旅行傷害保険他、各種プロテクションサービスが充実。 本会員の 年会費は31,000円(税別)、家族カードは15,500円(税別)ですが、日常使いで100円=1ポイントの還元があります。 しかもポイントの有効期限は無期限。 だからと言って、闇雲にクレジットカードを選んではいけません。 理由として、クレジットカード1枚で下記のようにANAマイルの貯まり方に違いが出てくるからです。 次の項目では、あなたがANAマイルをがっつり貯められるクレジットカードの選び方を1つずつ紹介していきます。 ANAマイルをがっつり貯められるクレジットカードの選び方とは? 年会費の高すぎるカードはNG!用途に合わないクレジットカード選びは止めましょう マイルを貯める前に、 あなたにはまず用途に合わないクレジットカード選びは止めることをおすすめします。 と言うのも、使わないサービスがあるのに高額な年会費が請求されるからです。 例えば、マイルを貯めるのに優秀な「」があります。 あなたが 国内・海外旅行で航空機を頻繁に利用し、なおかつ アメックスの特典全て利用するなら非常にお得ですが、これらを一切利用しないのでは年会費が高額になります。 そのため、アメックスに限らずマイルを貯められるクレジットカードであっても、サービスや特典が充実しているが高額な年会費を請求されることがあります。 もし利用しないのであれば年会費無料、または少しでも年会費を抑えたクレジットカードをおすすめします。 ANAマイルを直接貯める!便利なクレジットカードも候補に入れましょう ANAマイルだけ貯めたいと言う方には、直接マイルが貯まるクレジットカードがおすすめです。 直接貯められることで、クレジットカードで貯まったポイントをマイルに交換する手間が省けますし、瞬時にどのぐらいマイルが貯まったかを見られるのもメリットです。 例えば「」の場合「マイル自動移行コース」に変更することで、直接マイルが貯まる便利なサービスもあります。 ただし、直接マイルが貯まるクレジットカードは、 他のアイテムやギフトカード等に交換できないデメリットがありますので注意しましょう。 通勤&通学でANAマイルが貯まるクレジットカード選びのコツ! ANAマイルは、航空機への搭乗やショッピングだけでなく「通勤&通学」でもANAマイルを効率よく貯められます。 一例として「」を見ていくと、ショッピングやグルメ等でクレジットカードを利用し貯めたポイント。 そして「東京メトロ」の電車や「メトロポイントPlus加盟店」で貯まるメトロポイントの2種類を用意しています。 クレジットカードのポイントだけでなく、メトロポイントもマイルに交換できるためもし、東京メトロを通勤通学で利用しているなら効率よくマイルが貯まるのです。 もちろん、この他にも交通系クレジットカードでANAマイルが貯まるものもありますので、あなたが通勤・通学で利用している電車やバス等ありましたら、それに適したクレジットカードを選び、効率よくANAマイルを貯めましょう。 anaマイルを貯める+高還元率ポイントを獲得できるクレジットカードは狙い目 ANAマイルが貯まるクレジットカードの中で、ポイント還元率が高いクレジットカードも狙い目です。 理由として、ANAマイルを貯めるために複雑な手段を使わなくても大量にポイントが貯まり、貯まったポイントでANAマイルに限らず幅広いアイテムに交換できるからです。 例として挙げるなら、オリコカードが発行する「」が良いでしょう。 Orico Card THE POINTに限らず、ポイントが高還元率のクレジットカードは多数ありますのでマイルを貯めるなら、高還元率のクレジットカードも狙い目ですよ。 家賃&公共料金で陸マイラーはANAマイルGET!日々の支払いもANAマイルに還元 最近では、家賃や公共料金、通信費用や税金までもクレジットカードで支払える時代です。 もし、これらの支払いを全てクレジットカードにしたら、どのぐらいマイルが貯まるか?例として「」を例にしてシミュレーションしてみましょう。 難しい方法はなく、全ての支払いをクレジットカードにするだけでこれほど多くのANAマイルを貯められますので、あなたも是非試してみましょう。 その上、学生期間中は年会費無料で所有できますので、学生の間にマイルを貯めるならANAカード(学生用)はおすすめの1枚です。 更にANAマイレージモールを経由して楽天市場を利用すれば、なんと「ANAマイル」「楽天スーパーポイント」の二重取りまでできるのです! そのため、ポイント還元率が高いクレジットカードであり、マイルが貯まる1枚を探しているなら、こちらのカードがピッタリですよ。 このカードの特徴は、何と言っても「ヤマダ電機」「クレジットカード」「マイル」この3つのポイント&マイルが貯まることです。 その上、ヤマダ電機で利用すれば「ヤマダポイント」の他にクレジットカードのポイント「永久不滅ポイント」まで貯まるため、簡単にポイント二重取りが可能です。 もちろん、ANA航空機の搭乗でもマイルが貯まりますし継続利用によるボーナスマイルまで用意されていますので、ANAマイルを貯めるなら欠かせないクレジットカードですよ。 理由として「クレジットカードポイント」だけでなく東京メトロやメトロポイントPlus加盟店等で貯まる「メトロポイント」があるからです。 サービスや特典も充実しており、中でも素晴らしいのが海外旅行傷害保険が最高1億円付帯しているところです。 そして、一般のANAカードと同じ特典やサービスも受けられますので、マイルを貯めつつゴールドカードならではの特典を味わえますよ。 anaダイナースカードは、 保有しているだけでステイタスの高さを証明できるカードとして、憧れを持つ人も少なくありません。 年会費「27,000円+税」、入会基準「27歳以上」と、他のカードよりも条件が厳しくなっています。 上質な暮らしを楽しむ本物の大人の皆さんに、オススメの一枚ですよ。 例えば、あなたが東京メトロで通勤しており、ネット通販で良く利用するところが楽天市場だとしましょう。 その場合「」で東京メトロの定期券やPASMOチャージでポイント&メトロポイントを入手。 更に、楽天市場では楽天ANAマイレージクラブカードを利用し、通常ポイントだけでなくキャンペーンを利用して更なるボーナスポイントを入手できます。 これはあくまでも例ですので、あなたが頻繁に利用している交通機関やショッピングモール、またはネット通販があれば、それらに適したクレジットカードを作成して効率よくポイントを貯めていきましょう。 と言うのも、LINE Payカードにクレジットチャージすることでクレジットカードのポイントが貯まり、LINE Payカードで貯まったポイント「メトロポイント」に交換できるからです。 メトロポイントは後ほどマイルに交換できますので、クレジットカードポイント&LINE Payカードのポイントによる二重取りができます。 特にLINE Payカードは2%の還元率を誇り、国際ブランド「JCB」が付帯しているため、使い勝手の非常に良いプリペイドカードです。 そのため、クレジットカードとLINE Payカードの組み合わせ技を覚えておくと、更にマイルを貯められますよ。 飲み会の幹事必見!ぐるリザでこっそりマイルをGET! もし、あなたが友人や恋人との飲み会・食事会を計画する、または会社で開催される飲み会の幹事に決定しましたら「ぐるリザ」を活用してみましょう。 ぐるリザでは、各店舗に「キャッシュバック率」が設定されており、上限金額はありますが最大で利用金額の50%がポイントとして返ってきます。 店舗によって還元率や上限金額が異なるものの、ただ単に予約するよりもお得にマイルを貯められますので、あなたも早速利用してみましょう。 クレジットカードが発行できない!マイルを貯める方法とは? ANA VISAプリペイドカードでマイルを貯める 諸事情でクレジットカードが作れない場合「ANA VISAプリペイドカード」がおすすめです。 年会費無料で所有でき、 1ヶ月の利用金額1,000円につき「5マイル」貯まる優秀なプリぺイドカードです! 更に国際ブランド「VISA」が付帯しているため、国内のみならず海外利用でも申し分ない使い勝手を見せてくれます。 15歳以上から発行できますので、お子様の海外留学や海外旅行に持たせることもできますよ。 LINE Payカードでメトロポイント経由で貯める 同じくプリペイドカードの「LINE Payカード」でもマイルを貯められます。 その後、 メトロポイントをマイルへ交換すれば、クレジットカードがなくてもマイルを貯められるのです。 その上、LINE Payカードはマイルでなくとも楽天スーパーポイントやnanacoポイント等にも交換できる汎用性を持っているため、こちらも使い勝手に申し分ありません。 年会費無料で所有でき、ポイント還元率も2%と高額ですので所有して損が無い1枚です。 nanacoカードでポイントをANAマイルに交換 最後に紹介したい1枚が「nanacoカード」です。 セブンイレブンやイトーヨーカドー等の「セブン&アイHD」またはnanaco加盟店で利用できる電子マネーであり、チャージして利用するとnanacoポイントが貯まります。 そのため、セブン&アイHDの店舗やnanaco加盟店を頻繁に利用しているなら、たとえクレジットカードがなくとも「nanaco」でマイルが貯められますよ。 まとめ 最後になりますが、ANAマイルを貯めるためにはクレジットカードを闇雲に選ばず、あなたのライフスタイルにあったクレジットカード選らびが大切です。 それを知らずにクレジットカードを選ぶと、後ほど大いに後悔することでしょう。 ANAマイルをがっつり貯める際、是非ともこれまで紹介してきたことを参考にあなたも、日々の生活やクレジットカードでマイルを貯めて国内や海外旅行を楽しんでみましょう。 せっかくのマイル旅行を楽しむならホテルサービスも充実させましょう! 他の人より早くチェックインできる 「アーリーチェックイン」や、のんびりゆったりチェックアウトできる 「レイトチェックアウト」で高級ホテルを超漫喫! マイルを貯めるならもってなきゃダメな一枚、SPGアメックスカード。 しかもマイル交換先も多いから航空会社を最後まで選べない人にもオススメですよ。

次の