グロー ハイパー 使い方。 ついに太スティック化! 『グロー・ハイパー(glo hyper)』はアイコスに迫る強喫味へ【加熱式タバコ】

グローハイパー(glo hyper)のフレーバー全6種類まとめ

グロー ハイパー 使い方

glo hyper(グローハイパー)とグロープロの違い 僕が購入したのはブルーのグローハイパー。 グローハイパーの付属品です。 クリーニングブラシが少し太くなりましたが、基本的にはグロープロと同じアクセサリーですね。 グローハイパー本体です。 サイズと重さはグロープロとほとんど変わりません。 グローハイパーとグロープロを比較してみます。 パッと見はほぼ同じ大きさですね。 とはいえ、数ミリだけサイズが違うので、グロープロ専用の 「レザースリーブ」は装着できませんでした。 グローハイパーのスティック挿入部分を比較してみます。 充電ケーブル挿入部とデバイス底面を比較。 グローハイパーの実機はこんな感じでした。 【追記】グローハイパーが期間限定で 「1,980円」で購入できます。 glo hyper(グローハイパー)の使用レビュー さっそくグローハイパーで 「ハイパーネオスティック」を吸ってみます。 初回は 「フレスコメンソール」でお試し。 ケントスティックと比べると太くて短めです。 強めの定番メンソールが好きな人にオススメのフレーバーかも。 ただ、グロースティックのスカスカ感に不満があった人や、吸いごたえ・キック感重視の人には間違いなくオススメのデバイスですね。 1本の喫煙時間は 「アイコスデュオ 6分 」より短めですが、吸いごたえはアイコスと同じくらい満足できると思います。 グローハイパーの吸いごたえに慣れると、他のグローデバイスでは少し物足りなく感じますね。 フレーバーはまだ6種類しかありませんが、お気に入りフレーバーは1つか2つあれば十分な気もします。 もちろん、今後発売される新フレーバーにも期待していますが……。 ということで、僕はグロープロからグローハイパーに完全移行することにしました。 個人的には吸いごたえ・キック感に関してはもう十分満足なレベルかも。 後はスティック1本の喫煙時間が5分くらいに延長されれば最強だと思います。 グローが王者アイコスを超える日は近いかも 笑 ということで、濃厚でガツンとした吸いごたえ・キック感を求める人にはオススメのグローハイパーでした。 最後までお付き合い頂き、ありがとうございました!.

次の

グローハイパー詳細レビュー!こりゃアイコスに勝てないかも

グロー ハイパー 使い方

最初に良い評価、悪い評価を伝えちゃうね! 良い評価 気になる吸いごたえは、確かにアップしてる 一番気になってた吸いごたえですが、 今までのグローと比べると確実にアップしてますね。 「のどに来るキック感がもっとあればな~」 なんてグローユーザーには、うれしいデバイスになりそうです。 スティックが太くなってるので、一度に吸い込める量が多くなった感覚があります。 そのため、 一吸いで感じられるキック感も増してるような気がしますね。 味が長持ちしてる 吸い終わりになると、味が薄くなる現象が気になってた人も多いハズ。 「もしかしたら、ガツンと来る感じは、最初だけかも?」 なんて、心配してましたが、風味も長続きしますね。 やっぱり新しいスティックの影響が大きいんだと思います。 グローハイパーは、 専用のスティックの改良に、力を入れてることがわかりますね。 使いやすいデザイン グローセンスは、賛否が分かれる斬新なデザインでしたね。 でも、グローハイパーは、かなりシンプルで使いやすいです。 形がスマートなので、違和感なく、外でも持ち歩きやすいですね。 見た目はグロープロと似てます。 グロープロより重いですが、ほとんど違いがわからないですね。 悪い評価 今までのたばこは吸えない 通常のスーパースリムたばこは、挿入しても吸えないので、注意。 どの種類のタバコスティックも吸えたら最強だったのですが、なかなか難しいですよね。 グローハイパー専用のタバコスティックを用意する必要があります。 性能はグロープロとそこまで変わらない グローハイパーとグロープロの特徴は似ています。 >>> そのため、 グロープロをすでに持ってる場合、購入に迷うかもしれません。 でも、 吸いごたえの面では、大きく変化があるので、注目したいですね。 以下で、さらに具体的な感想をお伝えしますね。 グローハイパーをレビューした感想 吸いごたえ• 旧グローより、ガツンと感じる吸いごたえ 「 加熱式タバコに慣れきった人はきつい?」 って感じるほど、インパクトはありました。 紙タバコから移行する人には、ピッタリな強さかもしれませんね。 加熱式風味が少なくなり、独特の臭みが薄い 加熱式タバコって、紙タバコにはない独特の臭みがありますよね。 「加熱式タバコ独自の香りは苦手」 ってあなたは、グローハイパーなら改善できます。 思いっきり吸いやすくなった感じがします。 「 一気に水蒸気を吐き出したい!」 ってあなたは、太いスティックはうれしいかも。 グローハイパーの評判 タバコの重さはバツグンに感じる グローハイパーなるものを吸わせてもらったけど重い — 結城友奈 yukiyuna5459 まわりの吸ってみた人の声を聞いても、タバコの強さは感じてますね。 しかも、コーヒーの香りを追加してるスティックなので、純粋なレギュラーを求めてる人からは、 「余計なアレンジしないで~」 って意見も出てますね。 今後の売れ行き次第で、レギュラー味が追加されるかもしれないので、待ってみるのもアリですね。 テラコッタ タバコ• ブリリアント ベリー• トロピカル スワール 半数がメンソールで攻めてきています。 人気度がわかりますね。 メインのフレーバーがメンソールの人には、ピッタリな味のラインナップです。 今までのグローの吸いごたえが足りなかった人 「グローってちょっと味が薄いよね」 なんて感想を持ってた人は、グローハイパーで改善できる可能性があります。 明らかにパンチ感、キック感は増してるので、吸いごたえが物足りないって不満があった人には、うれしい新型デバイスですね。 最後まで風味を楽しみたい人 「最後の方って味が薄くなるので、テンション下がる」 なんて声も多いです。 細長いと、中に詰まってる旨味も少なくなりそうなイメージしますよね。 でも、グローハイパーなら吸い終わりまで大きな変化なく、味わうことができました。 最後まで旨味を味わえるスティックに仕上がっているのは、大きなポイントです。 買わなくていい人 グロープロで満足してる人 比較の対象とされるのは、グロープロ。 デザインも性能も似てるためですね。 でも、「今のグロープロで大満足!」 ってあなたは、グローハイパーを買う必要はないかもしれません。 買ったほうがいい人は、グロープロよりも、吸いごたえが欲しい人ってことですね。 加熱式タバコ独特の匂いが好きな人 グローハイパーは、紙タバコ風味に近づけてるデバイスです。 そのため、加熱式タバコ独特の匂いは少なくなっています。 この独特の香りが苦手な声も多いですが、逆に 「加熱式タバコ風味がたまらなく好き」 ってあなたは、紙タバコ風味のグローハイパーはきついかもしれません。 microUSBタイプの充電に統一してる人• グローナノ• glo series2• glo series2 mini はすべて、microUSBの充電方式ですね。 でも、 グローハイパーは、USB-Cの充電方式に変更になっています。 もし、microUSB版のグローも併用していて 「色々な充電コードを持ち歩きたくない」 ってあなたは、充電方式の変更がデメリットになるかもしれません。

次の

グローハイパーの使い方は?充電のやり方や再起動方法もわかる説明書

グロー ハイパー 使い方

glo グロー スターターキットの解説 gloスターターキットの箱の中には以下のものが同梱されていますので、まず中身を確認しましょう。 gloタバコヒーター(本体)• クリーニングブラシ• ACアダプター• USBケーブル• ユーザーガイド(取扱説明書)• 保証書 充電器はUSBケーブルになるので、IQOSやAndroidの充電器も使用することができました。 IQOSでもそうですが、クリーニングブラシを無くすと掃除ができなくなるので、無くさないように心がけましょうね。 当然ながら保証書もしっかりと保管しておくようにしましょう。 gloを購入したらまず行いたいことの一つに 製品登録が挙げられます。 グロー公式サイトで会員登録すると製品登録ができ、1年間の保証を受けることができるので、忘れずに登録しておきましょう。 glo グロー の使い方・吸い方 ここから本題となりますが、gloの使い方・吸い方について解説していきます。 gloの吸い方の手順としては以下の通りとなります。 glo本体を充電する• glo本体上部のカバーをスライドさせネオスティックを挿入する• glo本体正面にあるボタンを3秒間長押しする• ランプがすべて点灯し本体が振動したらネオスティックを吸う• ランプがすべて消えたらネオスティックを抜き出しカバーを閉じる それぞれについて詳しく解説していきます。 glo本体を充電する gloもIQOSのように充電しないと使用することができませんので、最初にフル充電してから使用するようにしましょう。 gloの充電方法 スターターキットの箱から以下の3点を取り出します。 gloタバコヒーター(本体)• ACアダプター• USBケーブル ACアダプターとUSBケーブルを接続し、USBケーブルの先端をglo本体に差し込めば充電が開始されます。 IQOSやスマートフォンの充電器でも問題なく充電することができたので、付属の充電器がなくても充電することができます。 gloの充電状態について gloの充電状況に関しては、ランプの点灯の仕方で以下の状態を判別することができます。 ~25%(右上ランプが点滅)• ~50%(右下ランプが点滅)• ~75%(左下ランプが点滅)• ~99%(左上ランプが点滅)• 充電完了(すべてのランプが点灯) gloの充電時間について glo本体をフル充電するには、おおよそ2時間~4時間程度もかかってしまいます。 意外と長い時間がかかってしまうので、寝ている間などに充電するのがおすすめです。 1度フル充電すれば、約20回ほどネオスティックを吸うことができます。 gloの電池残量について gloの充電残量については、本体正面のボタンを押すとランプが点灯し、その光り方で電池残量を確認することができます。 1~25%(右上ランプのみ点灯)• 76~100%(すべてのランプが点灯) glo本体上部のカバーをスライドさせネオスティックを挿入する glo本体上部にグレーのカバーがついていますので、これを横にスライドさせます。 スライドさせるとネオスティックを挿入する穴が出てきますので、好みの味のネオスティックを差し込みます。 このネオスティックが非常に柔らかいため、無理やり押し込もうとすると折れたり曲がったりしてしまうので、ゆっくりと優しく挿入するようにしましょう。 『gloのネオスティックはどこまで差し込めばいいの?』 自分は初めてネオスティックを差し込むときにこのように悩んでしまいました。 ネオスティック自体が柔らかく、無理やり押し込めば結構奥まで差し込むことができるからです。 IQOSは強めに押し込むとその分吸い味も強くなりますが、gloに関してはあまり変わらないのでオススメはしません。 gloに差し込むネオスティックは点線の場所までが推奨となりますので、押し込みすぎには注意しましょうね。 glo本体正面にあるボタンを3秒間長押しする ネオスティックを差し込んだらコントロールボタンを3秒間長押ししましょう。 バイブ機能の振動で加熱開始を教えてくれます。 加熱時間はおおよそ40秒間となっており、進行状況をランプでお知らせしてくれ、加熱が完了すると再度バイブ機能の振動で加熱完了をお知らせしてくれます。 この加熱完了のお知らせはIQOSにも欲しい機能ですね。 ランプがすべて点灯し本体が振動したらネオスティックを吸う コントロールボタン周りのランプがすべて点灯しバイブの振動がきたら加熱完了となり、いよいよgloを吸うことができるようになります。 通常のタバコと同じようにネオスティックを吸ってgloを楽しみましょう! gloを吸える吸引時間について 1本のネオスティックを吸える時間は約3分30秒ほどとなります。 gloはチェーンスモーク(連続で吸うこと)が可能 gloのメリットの一つにチェーンスモークが挙げられます。 チャージャーとホルダーが分離しているIQOSでは、1本吸うごとにホルダーの充電が必須となっていましたが、gloは一体型になるため連続で吸うことが可能です。 フル充電された状態であれば、最大で約20本のチェーンスモークが可能となります。 途中でgloを吸うのをやめたい時 仕事で急に呼ばれたり電話がかかってきたりして、gloを吸うのをやめなければいけないときは、コントロールボタンを約3秒間長押しすれば電源を切ることができます。 ランプがすべて消えたらネオスティックを抜き出しカバーを閉じる glo本体のランプがすべて消えたら吸い終わりとなります。 ネオスティックを本体から取り出しゴミ箱や灰皿に捨てましょう。 本体上部のカバーをスライドさせ元に戻し、保管するようにしましょう。 glo グロー のクリーニング・掃除方法 gloもIQOS同様に定期的なクリーニングが必要となり、目安として20回吸うごとに一回掃除することが推奨されています。 gloの定期的な掃除方法も解説しておきます。 まず、スターターキット内にあるクリーニングブラシを用意して、glo本体の底にあるクリーニング用フラップと上部のカバーを開けます。 上下の穴からクリーニングブラシを差し込み丁寧に掃除しましょう。 底面の穴から液体が出てくることがありますので、その際はティッシュペーパーなどでふき取るようにしましょう。 また、クリーニングブラシも定期的に水洗いをして、清潔にしておくようにしてください。 手順は以下の通りです。 glo未使用時にコントロールボタンを3秒間長押しする(バイブ機能ONのときは1回振動し、OFFの時は振動なし)• コントロールボタンが点灯し始めたらそのまま5秒間長押しする• glo グロー の使い方まとめ gloの使い方について詳しくまとめてみました。 今後もgloやIQOSについて書いていきますのでまた覗いてみてくださいね。

次の