成人t細胞白血病 北別府。 広島元エース・北別府氏を襲った「成人T細胞白血病」の意外な感染源 専門家「非常に特異な病気。ほとんどが母乳から」

北別府学氏「成人T細胞白血病」公表 「必ずや復活します」ブログで胸中

成人t細胞白血病 北別府

1月に成人T細胞白血病を公表し、闘病生活に入っている広島OBの北別府学氏(62)が11日、末梢血幹細胞移植を終えて広島市内の病院を退院した。 5月初旬に3クール目の入院で移植をしてからは苦しい日々が続いた。 約2カ月ぶりに病院を出た通算213勝右腕は「何とか帰れました」と今後は自宅から通院治療を続け、完全復活を目指す。 北別府氏の退院を祝うようにまぶしい太陽が輝いていた。 「何とか帰れました。 長かった」と2カ月以上にわたる入院生活から解放され、空をみやった。 1月に病気を公表し、闘病生活に入った。 2クールの化学療法は「大したことはなかったんで」と順調だった。 それが3度目の入院で治療の山場である末梢血幹細胞移植を5月19日に終えると苦しい闘病となった。 「想像以上に長く、きつかった。 皆さんは(退院が)意外と早かったねというけど、本人にとっては2カ月が3カ月にも思えた」と苦しい日々を振り返った。 寝たきりの状態から体力が落ち「膝が痛い」と車いすでの退院となったが、白血病は快方に向かっている。 12日には63歳の誕生日を迎える。 「誕生日までに(退院は)無理かなと思っていたけど、先生が配慮してくれて間に合った。 62歳はいいことなかったけど、63歳はいいことがあれば」と話した。 今後は通院しながら自宅で療養する。 妻・広美さんや長女・優さんらと車で自宅に向かった北別府氏。 「同じ病気をされている人もいると思うし、元気になりますという姿を見せられればと思う。 まず退院することで自分も家族もうれしい。 頑張れば何とかなる。 半分はクリアした感じですかね」。 テレビ出演や実況での完全復帰を目指す。

次の

広島元エース・北別府氏を襲った「成人T細胞白血病」の意外な感染源 専門家「非常に特異な病気。ほとんどが母乳から」

成人t細胞白血病 北別府

「精密機械」の異名で通算213勝をあげた広島カープの元エース、北別府学氏(62)が、成人T細胞白血病(ATL)であることを公表した。 現在のところ身体のだるさや発熱などの症状はないというが、一体どのような病気なのか。 「(白血球、異常細胞の)数値が上がらなければ大丈夫だったんですが、昨年11月から数値が上がりだして化学治療に踏み切ろうということで発表しました」 20日、レギュラー出演するテレビ番組でそう語った北別府氏。 番組では元気そうな姿で、普通に生活ができる健康状態だという。 21日から広島県内の病院に入院し、化学治療を経て骨髄移植を受ける予定。 治療期間は3カ月から半年を予定しているという。 ATLは、白血球中のT細胞にウイルスが感染し、がん化したことで発症する血液のがん。 発症すると強い免疫不全を示し、進行すればさまざまな臓器に障害を起こすとされる。 山野美容芸術短期大学客員教授で医学博士の中原英臣氏は、「白血病の一種で非常に特異な病気。 ほとんどが母乳から感染し、長期間の潜伏期間を経て発症する人もいる。 症状や治療法は白血病とほぼ変わらない。 日本では人工栄養などで母子感染を防ぐ手段もあり、将来的には姿を消す病気ともいわれる」と解説した。

次の

北別府学が息子が提供者で骨髄移植へ!成人T細胞白血病とは?|るほりの笑顔

成人t細胞白血病 北別府

北別府学プロフィール 名前:北別府 学 きたべっぷ まなぶ 生年月日:1957年7月12日 2020年5月現在62歳 出身:鹿児島県曽於郡末吉町 現:曽於市 高校:宮崎県立都城農業高校 職業:野球解説者、私立英数学館高校公式野球部のコーチ、You Tuber 所属:ホリプロ 高校1年生からエースとして活躍し、甲子園出場は果たせませんでしたが、1975年のドラフト会議にて1位指名され広島東洋カープに入団しました。 入団1年目から1軍で登板し、勝ち星を挙げ、2年目の1977年から先発ローテーション入りし3年目の1978年に10勝を挙げると、1988年まで11年連続二桁勝利を達成しました。 1982年に20勝し最多勝と沢村賞を獲得しました。 リーグ優勝に大きく貢献し続け、1992年球団史上初の200勝を達成しました。 そして、1995年に引退しました。 現役時代に残した通算213勝を日本プロ野球歴代第18位を記録しています。 引退後は広島ホームテレビ・テレビ朝日野球解説者に就任し、その後2001年から2004年まで広島の投手コーチを務めました。 2005年より再び広島ホークステレビ解説者を務めています。 自身の野球人生を綴った自伝も出版しています。 野球のことは的確に厳しく述べる反面、私生活や日常のことは非常に楽しく語り、人気ブロガーとしてブログで日常を綴っています。 趣味は家庭菜園で家庭菜園にまつわるコラムの連載を持っています。 奥さんは、元ミス日本、娘さんが1人で内科医をされており、2人の息子さんがいらっしゃるそうです。 2020年1月20日に、2年前に成人T細胞白血病と診断されていたことを公表し、抗がん剤治療を終え、5月5日に骨髄移植を受けるために入院したことをブログで報告しました。 骨髄移植の提供者は息子さんだと発表されていました。 順調に治療が終わられ、ブログの更新を楽しみにしたいと思います。 同じ病気の方や他の病気の方にも元気な姿を見せていただき、希望を与えて欲しいです。 nakatetsu0306 がシェアした投稿 — 2020年 1月月20日午後3時23分PST 成人T細胞白血病 ATL とは、白血球中のT細胞にHTLV-1というウイルスが感染し、ガン化した「ATL細胞」が無制限に増殖することで発症する血液のガンです。 発症すると強い免疫不全を示し、進行すればさまざまな臓器に障害を起こすとされています。 このウイルスに感染しても必ずしも発症するわけではなく、白血病という名前がついていますが、実際の白血病とはちょっと異なる病気のようです。 1976年に日本で発見され、大人のみに発症する「成人」、白血病と同じように細胞が異常増殖し、その細胞がリンパ球の一種「T細胞」であることから「成人T細胞白血病」と名付けられました。 当時は白血病の一種と考えられていましたが、その後、HTLV-1ウイルスが原因であることが明らかになりました。 ほとんどが母乳から感染し、長期間の潜伏期間 50年近く を経て発症する人もいるようです。 全世界では500万人~2000万人、日本では九州・沖縄地方を中心に110万人のキャリアが存在し、そのうち3~5%の人が50歳前後に発症するとされています。 症状や治療法は白血病とほぼ変わらないそうです。 日本では人工栄養で母子感染を防ぐ手段もあり、将来的には姿を消す病気とも言われているようです。 北別府さんの今回の入院は移植を伴う入院です。 順調であれば来月中に退院できるそうです。 第一、第二クールとつらい抗がん剤治療を乗り越えて来られました。 ただでさえ免疫が落ちる病気なのに、ここにきて新型コロナウイルスの感染拡大で、違う心配をしないといけないという状況はとても大変だと思います。 私も新型コロナウイルスの感染が怖いです。 5月5日のブログは、「世の中の騒動が収まり、皆様の日常が戻ることを心から願い、私も頑張ってきます!!」と締めくくられていました。 北別府さん頑張ってください! まとめ 元プロ野球選手で、解説者や野球のコーチ、人気ブロガーとして活躍されている北別府学さんが成人T細胞白血病の骨髄移植を受けるために入院したことを発表しました。 コロナ禍の大変な時期ですが、北別府さんが順調に治療を終えられることを祈っています。 順調に治療を終え、これからも人気ブロガーとして活躍してほしいです。 コロナで暗くなっている世の中に、明るい話題を届けて欲しいです。 北別府さんが退院される頃には、コロナが落ち着いていてほしいですね! 最後までお読みくださり、ありがとうございました。

次の