ふき の アク の 取り 方。 ふきの下ごしらえ [毎日の野菜・フルーツレシピ] All About

ふきのとうの味や美味しい食べ方!下ごしらえはどうする?

ふき の アク の 取り 方

A ベストアンサー 山菜採り好きなもんで口はさみます。 時期的に遅いのですが、もしかして当地で赤フキと言われる種類じゃ無いですか?下から半分とか、全体に赤っぽい感じじゃ有りませんか? 煮汁も色が茶色でしたら、もしかして、それかも知れませんね。 赤フキは当地では食べません、苦いから。 酸性が強い土地に多く有りますが、何年かしますと突然に赤から緑に成ります。 苦味は結構残ります。 その頃でしたら重曹を入れて煮あげれば食べれます(自分は匂いが強いので好きです)が、どうしても苦味が有ります。 商品として売られてるのは、殆んど中国産で、薬品処理され、苦味が無いように、そして着色剤であの色を着けて売られていますのでそれから見れば安全な食べ物ですから、季節を味わってください。 煮上げる時に必ず食塩を入れて下さい。 一寸塩気を感じる位で沸騰しましたら立てた状態で下だけ先に煮ます、手で押えて手が熱く成って来ましたら全部入れ2分位が丁度かな 、後は水に入れて一晩あく抜きして下さい。 調理はそれからです、味噌汁の具とか、煮付けとか、よだれが出ます。 今では少なくなりましたが、湿地帯に群生する水フキが最高です。 自家用で殆んど出回ること有りませんので、田舎の温泉等で出ましたらラッキーです。 山菜はその土地の成分を吸い上げて成長しますので科学肥料は、チョッと考えます。 山から腐葉土が間違い有りません。 余計な口出し御免なさい 山菜採り好きなもんで口はさみます。 時期的に遅いのですが、もしかして当地で赤フキと言われる種類じゃ無いですか?下から半分とか、全体に赤っぽい感じじゃ有りませんか? 煮汁も色が茶色でしたら、もしかして、それかも知れませんね。 赤フキは当地では食べません、苦いから。 酸性が強い土地に多く有りますが、何年かしますと突然に赤から緑に成ります。 苦味は結構残ります。 その頃でしたら重曹を入れて煮あげれば食べれます(自分は匂いが強いので好きです)が、どうしても苦味が有ります。 商品として売... A ベストアンサー 粘土質の土壌だから全く駄目というわけではありません. 粘土質の特徴は水はけが悪い事、また、土がつまり気味で土の中に酸素などが入りにくい事です。 ですが一方では保肥力や保水力に優れています。 私の畑は1m掘っても砂ばかりで、水はけは良いのですがいくら肥料をやってもその養分は水とともにあっという間に下に流されてしまいます。 保肥力がないのですね。 だから長所を生かし短所を工夫すればよいのです。 まず、費用を出来るだけかけないで粘土質の改善をしましょう。 一つはモミガラの投入です。 モミガラは近年農家の嫌われ者でまず無料でもらえます。 モミガラを生で投入すると腐植の時に回りの窒素を浪費するので生の投入に警告する先生もおられますが、私はずっと生で投入していて何ら弊害はありません。 良く耕せば良いだけの話です。 モミガラは土を柔らかく綿のようなフワフワの土にするのに大変効果があります。 次にタダの材料は枯葉です。 これは山に行けば全国どの地方でもあるでしょう。 枯葉は出来るだけ繊維質の多いものを選びます。 丸い葉より針葉樹の松葉なんかは最適です。 松葉はヤニがあるので畑に入れてはいけないと昔からいわれてきました。 しかし、私は十数年松葉を投入し続けてきましたが良い事ばかりです。 最後はやはり「砂」でしょう。 粘土質の特徴を少しでも弱めるには砂が一番です。 これは少し出費になりますが、これだけは必要です。 それと一番大切なことは、これらの土壌改良剤を投入してよく耕す事です。 何回も耕す事でモミガラや松葉の不安点も解消されます。 そして徐々に粘土質の土壌と土壌改良剤とが融和して一つの新しい土に生まれ変わっていくでしょう。 粘土質の土壌だから全く駄目というわけではありません. 粘土質の特徴は水はけが悪い事、また、土がつまり気味で土の中に酸素などが入りにくい事です。 ですが一方では保肥力や保水力に優れています。 私の畑は1m掘っても砂ばかりで、水はけは良いのですがいくら肥料をやってもその養分は水とともにあっという間に下に流されてしまいます。 保肥力がないのですね。 だから長所を生かし短所を工夫すればよいのです。 まず、費用を出来るだけかけないで粘土質の改善をしましょう。 一つはモミガラの投入です。 モミガ... A ベストアンサー 実家で母がしていた方法です。 よく手伝わされたので多分間違いないと思います。 【保存法】 葉などを取り除き、水の中で軽くたわしなどでこすり、毛ばだったとげのようなものを落とす。 10~15センチに切って、水に数時間させしてアクをとる。 さっと熱湯で茹でする。 今晩してしまうならば、重曹でゆでるとか、ゆでる前に塩で板ズリするといいと思います 冷水にとり、すじを一本一本はがす 切り口から爪をかけると、糸のようにはがれます。 少し長けて硬いものは、すじだけでなく皮を剥いたほうが美味しいと思います。 このまま塩水につけてビン詰めして冷蔵庫に入れるか、ゆでたものを数本ずつラップに包んで冷凍すると保存できます。 お料理としては、 【煮物】 下処理したふきを、出汁・醤油・みりん 酒 ・砂糖で煮て味付けします。 揚げと一緒に煮ると一層美味しいです。 他に【きんぴら】【そぼろあんかけ】なども母はよく作っていましたが、私はこれは手伝ったことがないので、作り方が分かりません。 検索したら次のページをみつけました。 色々レシピが載っているようです。 kikkoman. html 実家で母がしていた方法です。 よく手伝わされたので多分間違いないと思います。 【保存法】 葉などを取り除き、水の中で軽くたわしなどでこすり、毛ばだったとげのようなものを落とす。 10~15センチに切って、水に数時間させしてアクをとる。 さっと熱湯で茹でする。 今晩してしまうならば、重曹でゆでるとか、ゆでる前に塩で板ズリするといいと思います 冷水にとり、すじを一本一本はがす 切り口から爪をかけると、糸のようにはがれます。 少し長けて硬いものは、すじだけでなく皮を剥いたほ... Q 春野菜が美味しい季節になりましたね。 フキを青く煮る秘訣を教えてください。 今やっているフキの煮物の作り方は以下のとおりです。 煮含めることはしていません。 また、その下茹でもササッとなためアクが抜けきらないのでしょうか、白だしに漬ける段階ではあざやかな緑色なのに、味がしみた頃には黒ずんでしまいます。 (しかし、味にアク味は感じられません) 市販のフキの水煮(青くてキレイ)などはもしかしたら着色料を使っているのかもしれませんが、きちんとした料亭などで美しい青フキを戴くと、とても感心します。 自分で調べたところ「フキを煮るときに砂糖をつかわないのがコツ」という文章を見つけました。 が、うちでは砂糖を使っていません。 また、自分なりに「アクが抜けてないのかも」と重曹を少し入れた中で下茹でしたりしても、黒くなることに変わりはありませんでした。 (重曹でゆでると、食感がやや損なわれるのでこの方法はあまりやりません) 今の方法で食感&味ともに満足なのですが、色だけが不満です。 どなたか秘訣を教えてくださいませんか? 宜しくお願いします。 春野菜が美味しい季節になりましたね。 フキを青く煮る秘訣を教えてください。 今やっているフキの煮物の作り方は以下のとおりです。 煮含めることはしていません。 また、その下茹でもササッとなためアクが抜けきらないのでしょうか、白だしに漬ける段階では... A ベストアンサー #1です。 お礼書き込み拝見して、慌てて参りました。 と言われてしまうと、申し訳ないような気分になるのです。 だって、私、本当にテキトーに作ってるんですよ。 色を付けたくないので普通のお醤油は使わない。 味は付けたいから付属の「だし醤油」をほんの少し、粉末のだしの風味でちゃんと味が付いてるように思わせる。 何でもお酒が入っている方が美味しい気がするので入れる。 ここまではお決まりですが、 みりんを入れる日もありますし… 人様に見せたり言ったり出来る「私はこう作ってます!」ってレシピみたいなものが無いんですもの。 鍋だって銅鍋なんて持ってないですから、長いフキを4等分でなく3等分で茹でられるルクルーゼのオーバル27センチで茹でて(長く一気にスーッと皮を剥ける方が楽でしょ?)、味付けの時に使うお鍋なんてティファールですよ。 でも一晩ぐらいなら青々したままですね。 そうなのかもしれないですね… ちゃんと私なんかより遥かに丁寧に塩で板ずりまでしてるのに。 うちは実家の父が腎臓病で食事制限していて、アク=カリウムは厳禁なんです。 母が調理する時には全ての野菜を一度湯でこぼしてアクを取り除いて、表面について残っているかもしれないアクも洗い流してから、茹でた時の鍋にもアクが付いてるはずだから洗ってから使うか、別の鍋で味付けをします。 で、出来上がった料理の素材ごとに何グラムか計って決められたカロリーとタンパク質量をの中で自己管理して食べるんです。 でもフキはカロリーもタンパク質の量も少ないらしくて、かなりの量を食べられるんです、ちゃんと湯でこぼしさえすれば。 実家で父と食卓を囲むと、これはカロリーが高いから何グラムに、こっちはタンパク質が多いから何グラムしかダメってしていくと、品数を多くすると一品ごとの量のかなり少ない食卓になります。 かと言って品数を少なくしても一品ごとの量はさほど増えないんです。 でもフキなら健康な人が食べてるくらい食べてもいいんです! それを知ってから、実家の両親が遊びに来る時にはフキを煮て持って帰ってもらおうと思いますし、父にも母にも安心して食べて貰えるように「アクを残さないように湯でこぼしたし洗ったし、それから味付けしたからアクは大丈夫だよ」とちゃんと言えるように気をつけています。 最初に火を通す時間も、ほんの数十秒でいいと知っていても、やはり少し長めに火を通してしまいます。 皮を剥きやすくする為と言うより、少しでもアクを出す為って意識があるんだと思います。 お湯から上げて冷やす時にも、何度かボールの水を取り替えて、出来るだけ表面にも中央の穴の中にもアクが残らないようにザバザバすすぎます。 味を煮含める時にも鍋とニラメッコしていて、少しでもアクが浮かんできたら即撤去。 でも食感も残したいから、そんなに長くは火を通してアクを取ったりもしていられないんですけどね。 私にとってフキを煮る時には青々しい見た目の旬を食して季節を感じることも大切ですが、それ以上に薄味だけどちゃんと味や風味がして(父は高血圧でもあるので塩分も気をつけているんです)、美味しく食べられること。 そして何より大切なのは、出来る限り父の体に良くないアクを取り除くことなんです。 もし多少食感が悪くなるとしてもアクを取り除けるなら犠牲になってもらっても構わない項目でしかないんです。 とにかくアクが出来るだけ少なくて塩分も少ないフキを煮たいだけなのですが、有難いことに、見た目も味も食感も何故か上手に出来る得意料理になってるんですよね。 固い食感がお好きとのことですから、私の方法で作ってもあまりお口に合わないんじゃないかと心配です。 読み返したらアクアク!とうるさい文章になってしまいました。 料亭で、これぞ私が目指すフキ!に出会ったら、コツや秘訣を教えて頂けないか相談してみてはいかがですか?プロのアドバイスなら心強いですものね。 #1です。 お礼書き込み拝見して、慌てて参りました。 と言われてしまうと、申し訳ないような気分になるのです。 だって、私、本当にテキトーに作ってるんですよ。 色を付けたくないので普通のお醤油は使わない。 味は付けたいから付属の「だし醤油」をほんの少し、粉末のだしの風味でちゃんと味が付いてるように思わせる。 何でもお酒が入っている方が美味しい気がするので入れる。 ここまではお決まりですが、 みりんを入れる日もありますし… 人様に見... Q 家庭菜園初心者です。 夏野菜の苗(きゅうり、なす、ミニトマト)をホームセンターで購入した際、 店員より肥料として鶏糞を勧められ、「土の中に混ぜて使えばよい」とだけ説明を 受けたのですが、使用方法について、インターネットで探してみたところ、 元肥として事前に土に混ぜ込んで準備する方法や、植え込みと同時に周辺に散布するなどの 方法があることを知りました。 10m2ほどの庭の内、約一畳ほどのスペースで、各苗を二株ずつ植えようと思っています。 既に苗が手元(袋に入れたまま)にあるので、後者の方法をとるしかないと思いますが、 散布の場所により、根への障害などの懸念が記されており、どうしようか迷っております。 また、散布した際の臭いの問題も散見されました。 パッケージには「減臭」とうたっておりますが、住宅街で使用するに耐えるレベルでしょうか。 製品は「発酵鶏ふん」(東京園芸資材販売)というものです。 また、上記の3種の苗を一緒に植えるうえでの注意点などもありましたら、 合わせてアドバイスをいただけたらと思います。 大変初歩的な問題だと思いますが、 ご教示のほど、よろしくお願いいたします。 家庭菜園初心者です。 夏野菜の苗(きゅうり、なす、ミニトマト)をホームセンターで購入した際、 店員より肥料として鶏糞を勧められ、「土の中に混ぜて使えばよい」とだけ説明を 受けたのですが、使用方法について、インターネットで探してみたところ、 元肥として事前に土に混ぜ込んで準備する方法や、植え込みと同時に周辺に散布するなどの 方法があることを知りました。 10m2ほどの庭の内、約一畳ほどのスペースで、各苗を二株ずつ植えようと思っています。 既に苗が手元(袋に入れたまま)にあるので、後者... A ベストアンサー 鶏糞も善し悪しがあって、ずっとそれだけ使えばいいというものでは無いということを一つ覚えて置いて下さい。 ずっと使い続けると土壌に悪影響を及ぼします。 無農薬で作るということでしょうから、そういうものより、落ち葉を腐葉土にした方がよほど効率はいいです。 お庭の片隅に落ち葉をもって腐葉土を作られる(虫の巣になります><)とか、山に入って土をもらう(許可もらった方が無難ですが)とかが良いかもしれません。 肥料の中にもそれなりに色々含まれていますから。 さて、臭いについてと使用方法ですが、散布する場合は臭いがより感じられると思います。 混入はある程度押さえられます。 それでも、雨が降った後には多少の臭いがすると思います。 「混入」という方法ですので、根の近場に鶏糞が傷害を起こすほど有る、という事態には陥りにくいと思われます。 きちんと混ぜれば大丈夫です。 鶏糞だけでなく、どんな肥料でも、根っこのそばにひっつけて置けば傷害がでます。 人間も栄養取りすぎたら傷害でますよね・・・。 臭いはやはり、それなりに気になる部分はでてくると思いますが、大量に混入するわけではなく、植栽場所の周囲をしっかり掘りスコップで起こして、そこにしゃべるですくって、植えたい場所の30cmぐらいの円に1~2杯ぐらい入れるという方法であれば気になる臭いもさほどなく、かつ肥料としてはそれなりに使えると思います。 後、追肥の場合、こちらも臭いが気になるかもしれないですが、そういう場合は、茎から少し離れて、地面にシャベルで穴を開けて鶏糞を入れて、上から土をかぶせれば、蓋になりますので、臭い対策にはなろうかと思います。 だた、根っこは見えないので、注意が必要です。 近いと根っこ、遠いと意味がない。 (葉っぱのあることろまで根っこがあると思ってもらえれば基本的には大丈夫です) 後、組み合わせですが、なんか、全部連作ができないものを買われている気がします・・・。 同じ場所に翌年植えると病気がきて作れないと言われているものがあります。 ちゃんとしたことを忘れてしまいましたが・・・。 連作を可能にする場合、深さを深く掘ってしっかり混ぜれば大丈夫です。 あと、土壌に栄養が豊富とか、条件が必要です。 うちは60cmは掘り返しているので連作傷害がおこったことはないです。 少々わかりにくい文面になってしまいましたが、やり方を工夫されれば大丈夫だと思います。 鶏糞も善し悪しがあって、ずっとそれだけ使えばいいというものでは無いということを一つ覚えて置いて下さい。 ずっと使い続けると土壌に悪影響を及ぼします。 無農薬で作るということでしょうから、そういうものより、落ち葉を腐葉土にした方がよほど効率はいいです。 お庭の片隅に落ち葉をもって腐葉土を作られる(虫の巣になります><)とか、山に入って土をもらう(許可もらった方が無難ですが)とかが良いかもしれません。 肥料の中にもそれなりに色々含まれていますから。 さて、臭いについてと使用方法で... 繁茂して大変です。 しかし、ヨモギ餅に入れたりする野草、食草として利用されるだけでなく、もぐさの原料です。 wikipedia. 葉を取って手の平で摺り合わせて揉むと独特の芳香があります。 危険なのは猛毒のトリカブトの新芽ですが、トリカブトは葉に光沢があり、香りもありません。 似たところに生えているので、間違って採取する人が後を立ちません。 他の有毒植物と間違えるとしたらキツネのボタンの新芽かな? >貰ってきたヨモギも雑草ではないか、と疑っています。 いえ、あなたが普段見かける雑草はヨモギだったということでしょう。 繁茂して大変です。 しかし、ヨモギ餅に入れたりする野草、食草として利用されるだけでなく、もぐさの原料です。 wikipedia. 葉を取って手の平で摺り合わせて揉むと独特の芳香があります。 危険なのは猛毒のトリカブトの新芽ですが、トリカブトは葉に光沢があり、香りもありません。 似たところに生えてい... Q 崖の上から野イチゴらしき植物が歩道にはみ出しています。 6月頃に、赤い実、黄色い実がなっていました。 種類の違うものが混在しています。 野イチゴにもヘビイチゴとか野イチゴ、木苺などいろいろ種類があるようですが、食べられない種類もあるでしょうか? (ウマいマズいは別として、毒があるとか、そういう意味で食べられない) (歩道の実は、排気ガスや消毒してあると思うので食べていません) それから、もう一つの質問。 歩道に這い出している、ツル(枝)を鉢植えにすることはできるでしょうか? 崖の上から生えてきているので、根を掘ることはできません。 挿し木とか、実を植える、とかはムリでしょうか? 挿し木で鉢植えにできるなら、冬になって枯れる前に採ってきたいです。 (歩道の野イチゴの実写ではありません。 ) 他に、黄色い実や、ヘビイチゴらしいのもありました。 A ベストアンサー いずれもバラ科キイチゴ属で、分類は草でなく樹木です。 たいていの木イチゴは毒はないという意味で食べられます。 ヘビイチゴは草ですが食べて毒はありません。 まずいです。 写真の上のいちごはナワシロイチゴです。 甘くて食べらえます。 種が舌に当たる感じがします。 ナワシロイチゴはどこにでも生えていて、引き抜いて来れば簡単に育ちますが、 甘い実をつけさせるのは結構難しいです。 日当たりが大切です。 挿し木はよく管理してやれば可能でしょう。 種がしっかりしているので種から発芽させるほうがうまくいくかもしれません。 そのほかに甘くて舌触りのいいのは赤ではバライチゴ、黄色ではモミジイチゴです。 いずれも庭に植えて育つのですが、いい実をつけさせるの難しいです。 最近はあきらめて時期になると山や公園に探しにいくことにしています。 ブラックベリーは最近植えている家が多くなりました。 栽培は容易でたくさん実が取れます。 カジイチゴはもともと野生のものですが、元気な木で実はよくつき、けっこう甘いです。 植えている家があったら一株もらってくるといいでしょう。 根元から新しい木が次々でてきます。 いずれもバラ科キイチゴ属で、分類は草でなく樹木です。 たいていの木イチゴは毒はないという意味で食べられます。 ヘビイチゴは草ですが食べて毒はありません。 まずいです。 写真の上のいちごはナワシロイチゴです。 甘くて食べらえます。 種が舌に当たる感じがします。 ナワシロイチゴはどこにでも生えていて、引き抜いて来れば簡単に育ちますが、 甘い実をつけさせるのは結構難しいです。 日当たりが大切です。 挿し木はよく管理してやれば可能でしょう。 種がしっかりしているので種から発芽させるほうが...

次の

ふきのあく抜き|楽天レシピ

ふき の アク の 取り 方

ふきのあく抜き簡単な方法は? 一般的には、重曹であく抜きされる方が多いそうですが、うちには重曹がないので塩で行う方法を紹介したいと思います。 ふきは短く切ってしまうと皮をむくのが大変なので、なるべく長いまま茹でられるように大きな鍋を用意してくださいね。 これを板ずりといいます。 ふき4~5本に対して大さじ2くらいが目安です。 板ずりをすることで、色が鮮やかになったり、アクも染み出しやすくなり、皮もむきやすくなります。 2、大きな鍋にたっぷりの湯を沸かします。 塩が付いたままのフキを沸騰したお湯に入れて強火のまま3分程茹でます。 フキの色が綺麗な緑色になればOKです。 3、茹であがったらすぐに冷水に浸けて冷まします。 4、冷水に浸けながらフキの皮をむいていきます。 切り口から3cmくらいのところまで何本かに分けて皮をむき、その部分に集まった皮を全部持って一気に下まで引くと、途中で皮が切れることなくむくことができます。 5、適当なサイズに切ったら、さらにアクを抜くため水に1~2時間さらしておいて出来上がりです。 ふきは、カロリーが低いし食物繊維が豊富なのでダイエットにもおすすめなんです。 ふき100gで 生 11kcal、 ゆでる 8kcal です。 スポンサーリンク ふきの洋風レシピの紹介 フキの味付けがいつも煮物や和風になってしまうので、たまには洋風にしてみたいと思いチャレンジしてみました。 その中で美味しかった「ふきのサラダ」と「ふきのイタリアン風味」のレシピを紹介します。 2、キュウリと玉ねぎは薄切りにして塩をふり、しんなりしたら絞ります。 ハムは半分にして5㎜の厚さに切ります。 3、ボールに1と2を入れ、塩コショウ、マヨネーズ、すりごまで和えます。 ふきにごま油をまぶしておくことで味がしっかりと絡み、美味しさがアップします。 2、ふきを入れて、クレージーソルトなどをふり、お酒(日本酒か白ワイン)を少々ふりかけます。 3、仕上げに粉チーズをふりかけて、全体にまざったら出来上がりです。 ふきとチーズのコラボがたまらない一品です。 宜しかったらチャレンジしてみてくださいね。 ふきの砂糖菓子(アンゼリカ)の作り方 農産物の直売所などで売られている旬のときにしか味わえない、ふきの甘いお菓子。 食べだしたら止まらなくなる蕗の砂糖煮(アンゼリカ) を紹介します。 2、鍋に火をかけ、沸騰したら弱火にして水分がなくなり、フキにシロップがからんだら火を消します。 3、フキを一つずつ箸でつまんでバットに入れたグラニュー糖の上におき、バットを左右に動かしまんべんなく絡ませます。 4、クッキングシートの上に並べて乾かしたら完成です。 まとめ 今が旬のふきの簡単アク抜き方法は、フキを塩で板ずりして沸騰したお湯で3分ほど茹でます。 冷水でさましてふきの皮をむいたら適度な長さに切って、水に1~2時間さらせば出来上がりです。 ふきは煮物や和風だけでなく、洋風の味付けもとても美味しいです。 そして食べたら止まらなくなる蕗の砂糖煮(アンゼリカ)もぜひ試してみてください。

次の

ふきのとうの採り方と下ごしらえと食べ方と保存方法

ふき の アク の 取り 方

たっぷり一つまみではなく、 ひとつかみの荒塩を振りかけます。 こんな感じ 手のひらでごろごろと転がして塩をこすりつけます。 これを板ずりと言います。 キュウリでもこうする事で色よく仕上がるんです。 フキの場合は色よくするためと、塩をこすりつける事でアクも染み出しやすくする効果もあるようです。 これくらい塩が十分フキになじむまでゴロゴロしてくださいね。 写真をクリックして拡大してみてください 2.鍋に湯を沸かす 家にある中で一番大きい鍋にたっぷりの湯を沸かします。 鍋の大きさには理由があります。 1.湯の量が少ないと、フキを投入した時に一気に温度が下がり、再沸騰するまでに時間がかかってしまうので、フキの食感を損ねてしまいやすくなります。 2.フキは茹でた後皮を剥きます。 これが結構面倒なのですが、鍋が小さいとフキをそれに合わせて3等分、4等分と短く切らないと入らなくなります。 それはつまり、面倒な皮を剥く本数が倍々に増えていくという事です。 なので、なるべく長い状態で茹でた方が効率が良いいんです。 また、銅鍋が良いのですが、無ければピカピカの10円玉か銅線などを沈めておきます。 銅を使う事で、イオン効果によって緑色の食材の発色を良くします。 3.フキを茹でる時間 湯が沸いたら、塩が付いたままのフキを投入します。 火は強火のままで、再び煮立ってきたら少し弱めます。 茹で時間はフキの太さや柔らかさにもよりますが、普通のものであれば3分位で十分でしょう。 フキの色が綺麗な緑色になれば大丈夫です。 瓶詰めなどにして保存する場合は、固いフキを使い、茹で時間も長く、十分にアク抜きをします。 そうしないと後で黒っぽく変色してしまいます。 4.冷水にさらす 茹であがったらすぐに冷水に落とし、一気に熱をとります。 完全に冷たくなるまで、水を交換しながら冷やします。 5.続けて葉の部分を茹でる 葉の部分もさっと茹でます。 葉は1分も茹でれば十分です。 一度取り出し、冷水に浸してから軽く絞り、再び水を替えて沸騰させている鍋の中に投入し、1分程度で取り出し、冷水にさらします。 葉の部分は茹でては冷やすを繰り返し、苦味の抜け具合を味見しながら2回から3回行います。 最後は冷水にさらしたまま一晩くらいアクを抜いておきましょう。 フキはワラビのように重層を使って茹でる方法もあります。 その場合、重層を入れ過ぎないようにしてください。 せっかくのフキの食感が柔らかくなり過ぎてしまいます。 入れる場合は水1Lに対して耳かき1杯位で十分です。 6.フキの皮を剥く 冷めたら水にさらしたまま一本ずつ皮を剥きます。 太いほうの端に包丁の刃先か爪を使って引っかけるようにして薄皮をつまみ、手前に引けば剥けます。 フキを回しながら周りの皮を少しずつ剥いておき、一周したら垂れている先に剥いた皮の先を揃えて、一気に下まで引くと一度に皮が剥けます。 皮を剥いたものは、別のボールに水を張っておき、そこに浸していきます。 7.皮を剥いたフキを水にさらしておく 全部皮を剥き終わったフキは、更にアクを抜くためにそのまま水に一晩さらしておきます。 水にさらした状態で、1週間ほどは日持ちします。

次の