シャンデラ すりぬけ。 【ポケモン剣盾】シャンデラの進化と覚える技【ソードシールド】|ゲームエイト

シャンデラ

シャンデラ すりぬけ

効果は上記の通り、壁系統の技を無視して攻撃できるというもの。 早い話がバリア貫通能力だが、やは防御力を上げる技であるため対象外。 通常特性では系統・系統・系統・系統、では系統・系統・・・・系統・系統が所有している。 壁を無視して攻撃できるのはアタッカーとしては嬉しいところ。 しかし、この特性の所持者は如何せんサポーターや耐久型が主流な為、強力な効果でありながら採用するのは難しい特性であった。 一応「」も突破できるので状態異常撒きに使えないことも無いのだが、如何せんもう一つまたは通常の特性の方が強力なポケモンが多く、その辺も採用に歯止めを掛けていた。 なお、状態異常型で活かせそうなミカルゲは通常特性が「」のせいで 場に出た瞬間特性がバレる。 どうしようもなかった。 しかし、第6世代で 「」を貫通するようになった。 また、アタッカーの習得者も少しだが増加した。 こっそりの隠れ特性 第5世代未解禁だが もこれに変更されていたりする。 惜しむべき部分はアタッカー気質でかつインフレに乗れているポケモンが限られているところか…。 …と思いきやなんと8世代で新たなる600族ドラゴンの系統が習得。 しかも 通常特性である。 げきりんを始めとした超火力技がみがわりや両壁をすりぬけて炸裂するのだから非常にタチが悪い。 更にこれを読んで火力等を下げて対策しようものならもう一つの通常特性、 の洗練が待っている。 物理型ならドラゴンアローがみがわりやタスキ潰しの連続技なのですりぬけがそこまで採用されているかというと微妙な所だか特殊型ならタスキはともかく、みがわりを貫通できるので採用される事が多い。 とはいえ強力なのは間違いなく、600族高速ドラゴンの例に漏れず現環境で大暴れしている。 関連リンク ……特性の防御効果を貫通する特性。 関連記事 親記事.

次の

こだわり眼鏡すりぬけシャンデラ育成論:起点作り対策

シャンデラ すりぬけ

性格 控えめor臆病 努力値 CS252,D4 で確定です。 火力はラティオスやガブリアスを意識すると落とせず、素早さも下手に耐久に回すよりゲッコウガ・オンバーンやそのあたりを意識した調整を抜けた方がおいしいのでぶっぱ安定 最速128族・最速スカーフ68族と同速 です。 端数はダウンロード意識でDにまわします。 臆病もメガゲンガー、メガライボルト、竜舞準速カイリュー、スカーフ準速ヘラクロスを強く意識する場合なら十分候補に上がり特に現環境に蔓延しているメガゲンガーを上から叩けるのはかなり大きいです。 理想個体はV-0-V U -V-V-V めざ氷採用の場合は括弧 となります。 シャドーボール 一貫性が高い一致技。 外す理由がありません。 技マシン。 選択炎技 いずれかは確定、一致技で範囲がとれるので両立もありです。 火炎放射 命中安定ですが少々火力不足。 抜群相手には十分なことも多いです。 技マシン。 大文字 炎タイプ定番の技。 迷ったらこの技でいいと思います。 技マシン。 オーバーヒート 相手の交代先への負担を意識した技。 ギルガルドやボルトロスを唯一確定にできる技でもあるので採用価値は高いです。 技マシン。 選択技• めざ氷 ガブリアスやグライオンに対して。 後続の起点にならない工夫がパーティでできていれば採用しやすい技です。 技マシン。 エナジーボール スイクンやオボンを盾に出てくるミトムに対して。 威力が上がったので以前よりは扱いやすいです。 技マシン。 サイコキネシス チョッキブシンやメガフシギバナを意識した技。 環境に今後も残るであろうポケモンなので持っていて損はないです。 トリック ラッキーなどの特殊受けに対して交代読みで撃つことで受けループにそこそこ強い駒になれますがすり抜けとの両立が現状不可能なので基本的に候補外です。 前作教え技。 置き土産 選出を誤ったときに役立つ技。 トリックと合わせて起点作りにウェイトをかけるのもありです。 進化前限定のレベル技。 技マシン。 鬼火 ガルーラ対面で。 十中八九不意打ちを使ってくるので刺さりやすいです。 使った後は交代しないといけないのが難点。 技マシン。 ダメ計• 与ダメ [シャドーボール] H4 156-130 ラティオス 97. 被ダメ メガガルーラは親子愛非考慮です。 相性のいい味方 序盤は高火力の炎技で相手に負担をかけ、終盤に一貫性のあるシャドーボールで相手を抜いていきます。 9個という鋼タイプを彷彿させる耐性の数と最低限の耐久により繰り出し性能もそこそこ高いのでこのタイプのATとしてはサイクルに参加しやすく扱いやすいです。 またスカーフ持ちということで先発で出して相手に奇襲をかけるという戦法も可能です。 注意点としてはまず、スカーフ持ちとしては比較的遅い部類なので相手のスカーフには対応できないことですね。 見せ合いの時点で相手のスカーフ持ちをある程度推測しておかないと返り討ちにあう可能性があります。 また相手のバンギラスには何もできない上に追い討ちで交代を縛られるので6体に入っていたら選出は控えた方がいいです。 熟練者なら、予備知識はスルーでお願いします。 自分にとって不要なことが書いてあると、脳への負荷がかかりますが、頭がパニックになるほど書いてある訳ではないでしょう。 なかったらなかったで 「なんでないんですか? 」 みたいな質問はあったと思いますよ。 それを回避するためにもトリック記載は あった方がいいと思います。 「すり抜けと両立出来ないので候補外」 はあった方がよかったかも知れませんが。 すり抜けについても然りです。 加えてスカトリ型についてはBWの方にも が既にあります。 これのダメ計をXY仕様にすれば十分です。 そしてスカトリを採用してすり抜けを採用しないというのは、採用理由がはっきりと変わるレベルのものだと思います。 対グライオン・クレッフィ性能を捨てて耐久型への役割破壊・起点作りという性能を得るわけですから。 すり抜け不可。 タイトルが「すり抜けandスカーフ」なら 本来有用だが、特性と両立できないので残念ながら候補外。 だと思います。 この技を採用することで受けループに強い駒になれます。 すり抜けとの両立が不可なので注意。 前作教え技。 こうやって無理に候補技に入れるよりは、「トリックは受けループなどに対して強力な技ですが、すり抜けと両立不可能な前作教え技なので今回は候補外です。 」などと書いて方が、内容は同じでもタイトルや特性の項とのチグハグな感じがなくなると思います。 どっちかの記述を変えるだけで終わる話だと思うんですけどね。 基本的にすり抜け1択というだけで私としてはトリック採用の場合はその基本的にの場合から外れているという認識の上で記述をしています。 タイトルはすり抜けシャンデラとなっていますが、トリックを採用したすり抜けじゃないシャンデラを別の育成論としてあげるのもいかがなものか思うので現状で問題ないと考えています。 って誰もトリックを採用したすり抜けじゃないシャンデラを別の育成論を挙げるよう言ってもないのに本人がトリックを推したいだけじゃないですか。 1か月のコメント管理をしきれていないのに次の育成論を挙げるのといい語りたがりなのでは? そんなに自分の育成論を見てほしいなら意固地にならずにもう少し周囲の意見に耳を傾けることも覚えたほうがいいですね。 (まぁ私も匿名なんで説得力ないですが)この論に限らずひとつミスを見つけたくらいで「初心者のため」とかいって匿名で便乗して重箱の隅をつつくように延々と批判してるのが私個人としては不快なだけです。 まぁあまり信用はしてませんがリアクション的に私がマイノリティっぽいんでこれ以上は口を挟みません。 単純に私の表記の問題のようなので書き方は改めておきたいと思います。 メガゲンガーのことに関してはこの育成論を投稿したときには今ほどメガゲンガーの数が多くなくそこまで考慮していませんでした。 ですがご指摘の通り、今の環境にはメガゲンガーはかなりの個体数がいるため臆病にする理由は十分なのでとりあえず選択という形をとらせていただきます。 投稿者の考えとして、飽くまで次点で臆病なのでしょうか? とてもきれいに纏めてあるので思い出育成論にするのは勿体ないと思いました。 パーティ次第の印象。 ただスカシャン採用する時に最近のメガゲンは型多いしイチイチ対応考えるのが面倒くさいならシャンデラをおくびょうスカーフで上から殴れるようにしとくと楽ってのは感じた。 ただ火力が足りない。 オバヒとかでも半減受けされた時、このCからの一致オバヒでこのダメージかってなることは多々あった。 個人的にはメガゲンが重くないならひかえめが交代先にも負担かかるから良いし、メガゲン重いならおくびょう一択という印象でした。 確定欄の性格変えるかどうかはどちらでも良いと思うけど、修正してくれるんならおくびょうの記載はぜひ欲しい。 間違ってる相手に対して、此方も間違いを犯していい理由にはならないですよ。 注意している側の方も、心当たりがあるのでしたら謝罪が必要かと思います。 本題です。 持ち物の欄でもトリックとの相性が言及されている辺りから、「基本的」の一言では確かに若干不親切であったかもしれないですね。 修正がなされた事でより解り易くなっており、非常に参考になる育成論だと思います。 拘り持ちで寝言というのは、使い勝手として如何なのでしょう。 1度眠りを受けてしまってから退く為の選択肢なのでしょうか。 採用理由がしっかりしていていい育成論だと思います。

次の

【育成論】スカーフシャンデラ【ポケモン剣盾】

シャンデラ すりぬけ

性格 控えめor臆病 努力値 CS252,D4 で確定です。 火力はラティオスやガブリアスを意識すると落とせず、素早さも下手に耐久に回すよりゲッコウガ・オンバーンやそのあたりを意識した調整を抜けた方がおいしいのでぶっぱ安定 最速128族・最速スカーフ68族と同速 です。 端数はダウンロード意識でDにまわします。 臆病もメガゲンガー、メガライボルト、竜舞準速カイリュー、スカーフ準速ヘラクロスを強く意識する場合なら十分候補に上がり特に現環境に蔓延しているメガゲンガーを上から叩けるのはかなり大きいです。 理想個体はV-0-V U -V-V-V めざ氷採用の場合は括弧 となります。 シャドーボール 一貫性が高い一致技。 外す理由がありません。 技マシン。 選択炎技 いずれかは確定、一致技で範囲がとれるので両立もありです。 火炎放射 命中安定ですが少々火力不足。 抜群相手には十分なことも多いです。 技マシン。 大文字 炎タイプ定番の技。 迷ったらこの技でいいと思います。 技マシン。 オーバーヒート 相手の交代先への負担を意識した技。 ギルガルドやボルトロスを唯一確定にできる技でもあるので採用価値は高いです。 技マシン。 選択技• めざ氷 ガブリアスやグライオンに対して。 後続の起点にならない工夫がパーティでできていれば採用しやすい技です。 技マシン。 エナジーボール スイクンやオボンを盾に出てくるミトムに対して。 威力が上がったので以前よりは扱いやすいです。 技マシン。 サイコキネシス チョッキブシンやメガフシギバナを意識した技。 環境に今後も残るであろうポケモンなので持っていて損はないです。 トリック ラッキーなどの特殊受けに対して交代読みで撃つことで受けループにそこそこ強い駒になれますがすり抜けとの両立が現状不可能なので基本的に候補外です。 前作教え技。 置き土産 選出を誤ったときに役立つ技。 トリックと合わせて起点作りにウェイトをかけるのもありです。 進化前限定のレベル技。 技マシン。 鬼火 ガルーラ対面で。 十中八九不意打ちを使ってくるので刺さりやすいです。 使った後は交代しないといけないのが難点。 技マシン。 ダメ計• 与ダメ [シャドーボール] H4 156-130 ラティオス 97. 被ダメ メガガルーラは親子愛非考慮です。 相性のいい味方 序盤は高火力の炎技で相手に負担をかけ、終盤に一貫性のあるシャドーボールで相手を抜いていきます。 9個という鋼タイプを彷彿させる耐性の数と最低限の耐久により繰り出し性能もそこそこ高いのでこのタイプのATとしてはサイクルに参加しやすく扱いやすいです。 またスカーフ持ちということで先発で出して相手に奇襲をかけるという戦法も可能です。 注意点としてはまず、スカーフ持ちとしては比較的遅い部類なので相手のスカーフには対応できないことですね。 見せ合いの時点で相手のスカーフ持ちをある程度推測しておかないと返り討ちにあう可能性があります。 また相手のバンギラスには何もできない上に追い討ちで交代を縛られるので6体に入っていたら選出は控えた方がいいです。 熟練者なら、予備知識はスルーでお願いします。 自分にとって不要なことが書いてあると、脳への負荷がかかりますが、頭がパニックになるほど書いてある訳ではないでしょう。 なかったらなかったで 「なんでないんですか? 」 みたいな質問はあったと思いますよ。 それを回避するためにもトリック記載は あった方がいいと思います。 「すり抜けと両立出来ないので候補外」 はあった方がよかったかも知れませんが。 すり抜けについても然りです。 加えてスカトリ型についてはBWの方にも が既にあります。 これのダメ計をXY仕様にすれば十分です。 そしてスカトリを採用してすり抜けを採用しないというのは、採用理由がはっきりと変わるレベルのものだと思います。 対グライオン・クレッフィ性能を捨てて耐久型への役割破壊・起点作りという性能を得るわけですから。 すり抜け不可。 タイトルが「すり抜けandスカーフ」なら 本来有用だが、特性と両立できないので残念ながら候補外。 だと思います。 この技を採用することで受けループに強い駒になれます。 すり抜けとの両立が不可なので注意。 前作教え技。 こうやって無理に候補技に入れるよりは、「トリックは受けループなどに対して強力な技ですが、すり抜けと両立不可能な前作教え技なので今回は候補外です。 」などと書いて方が、内容は同じでもタイトルや特性の項とのチグハグな感じがなくなると思います。 どっちかの記述を変えるだけで終わる話だと思うんですけどね。 基本的にすり抜け1択というだけで私としてはトリック採用の場合はその基本的にの場合から外れているという認識の上で記述をしています。 タイトルはすり抜けシャンデラとなっていますが、トリックを採用したすり抜けじゃないシャンデラを別の育成論としてあげるのもいかがなものか思うので現状で問題ないと考えています。 って誰もトリックを採用したすり抜けじゃないシャンデラを別の育成論を挙げるよう言ってもないのに本人がトリックを推したいだけじゃないですか。 1か月のコメント管理をしきれていないのに次の育成論を挙げるのといい語りたがりなのでは? そんなに自分の育成論を見てほしいなら意固地にならずにもう少し周囲の意見に耳を傾けることも覚えたほうがいいですね。 (まぁ私も匿名なんで説得力ないですが)この論に限らずひとつミスを見つけたくらいで「初心者のため」とかいって匿名で便乗して重箱の隅をつつくように延々と批判してるのが私個人としては不快なだけです。 まぁあまり信用はしてませんがリアクション的に私がマイノリティっぽいんでこれ以上は口を挟みません。 単純に私の表記の問題のようなので書き方は改めておきたいと思います。 メガゲンガーのことに関してはこの育成論を投稿したときには今ほどメガゲンガーの数が多くなくそこまで考慮していませんでした。 ですがご指摘の通り、今の環境にはメガゲンガーはかなりの個体数がいるため臆病にする理由は十分なのでとりあえず選択という形をとらせていただきます。 投稿者の考えとして、飽くまで次点で臆病なのでしょうか? とてもきれいに纏めてあるので思い出育成論にするのは勿体ないと思いました。 パーティ次第の印象。 ただスカシャン採用する時に最近のメガゲンは型多いしイチイチ対応考えるのが面倒くさいならシャンデラをおくびょうスカーフで上から殴れるようにしとくと楽ってのは感じた。 ただ火力が足りない。 オバヒとかでも半減受けされた時、このCからの一致オバヒでこのダメージかってなることは多々あった。 個人的にはメガゲンが重くないならひかえめが交代先にも負担かかるから良いし、メガゲン重いならおくびょう一択という印象でした。 確定欄の性格変えるかどうかはどちらでも良いと思うけど、修正してくれるんならおくびょうの記載はぜひ欲しい。 間違ってる相手に対して、此方も間違いを犯していい理由にはならないですよ。 注意している側の方も、心当たりがあるのでしたら謝罪が必要かと思います。 本題です。 持ち物の欄でもトリックとの相性が言及されている辺りから、「基本的」の一言では確かに若干不親切であったかもしれないですね。 修正がなされた事でより解り易くなっており、非常に参考になる育成論だと思います。 拘り持ちで寝言というのは、使い勝手として如何なのでしょう。 1度眠りを受けてしまってから退く為の選択肢なのでしょうか。 採用理由がしっかりしていていい育成論だと思います。

次の