富士山 配信 滑落。 富士山頂から生配信中に滑落死した「テツ」寂しすぎる47年の人生・・・司法試験に落ち続け、SNSは「過疎放送」、大腸がんステージ4: J

富士山頂から生配信中に滑落死した「テツ」寂しすぎる47年の人生・・・司法試験に落ち続け、SNSは「過疎放送」、大腸がんステージ4: J

富士山 配信 滑落

ニコニコ生放送中に富士山に登山していた男性配信者「TEDZU」氏が遺体で見つかったと報道がありました。 山岳遭難救助隊が男性の遺体を発見したそうです。 遺体の損傷により目視での確認が難しいかもしれませんのでまだTEDZU氏の遺体であるかどうか断定はされていません。 滑落した場所やニコニコ生放送運営ドワンゴへの賠償責任の可能性、ネットの反応など紹介します。 【配信中滑落の男性か 遺体発見】 30日午後、富士山の標高3000m付近で身元不明の男性の遺体を警察の山岳遭難救助隊が発見した。 富士山登山の様子を配信中に滑落した男性とみられ確認を急いでいる。 富士山は夏山シーズンが終わり閉山中だった。 — Yahoo! ニュース YahooNewsTopics 配信してなかったら山にいくこともありませんでしたが、遺体が見つかることもありませんでした。 遺体が見つかったことだけは救いでした。 閉山中だっただけに自業自得との声がほとんどでしたが、死亡してしまったことは個人的に同情してしまいます。 彼は現在40歳ですが司法試験浪人中で末期の大腸がんであったとの話もあります。 それにしても滑落したニコ生主は癌を患って治療中で、司法試験も受験年齢平均が30とはいえ40でもまだ浪人してて、勉強にも本腰入れずにニコ生しながら登山して最後は油断して日本一高い山から滑り落ちか… なんていうか空虚で、他人事とはいえ悲しいな — ボト botomeze また過去には何度か死の淵から生還したこともあるようです。 死の淵から生還することで生きていることを実感していたのか、もしくは配信に人が来てくれる喜びからエスカレートしてしまったのでしょうか。 柵も設置しており登山は禁止されています。 その辺に遊びに行くかのような軽装での閉山中の富士山に登山はやりすぎでしたが、亡くなってしまっては責める気にもなりませんん。 ご冥福お祈り致します。 滑落した場所 富士山頂からの滑落ポイントを確認してみると、崖しかなく捕まれる様な場所もない事がわかる。 8 と仮定すると 2000mを約29秒で滑り、時速511kmという謎の数値 実際はこれより下だと思うけど ちなみに新幹線の最高速度はN700Sで時速362km — くま参式 kuma3style 標高差1000メートル、距離にしておよそ2000メートル落下したそうです。 滑落事故の衝撃は想像し難いですがとんでもないエネルギーです。 心ないコメントは引く ニコニコ生放送は個人的にyoutubeより面白い(かなり過去形に近いですが)と思っているのですが、悪い意味での真骨頂がこの事故の後に発揮されていました。 まあしばらく安否不明の状況だったので死亡は分かっていない方もいたでしょうが、人の死まで即刻笑いものにしてしまおうの精神は個人的には眉をひそめてしまいます。 なお続くTEDZU氏への批判 慰めの声は滑落したTEDZU氏よりも捜索隊に向けられ、死亡したTEDZU氏はあまり同情されていませんでした。 それにも同情してしまいますが、これはまあ過去の行動やあの軽装を見ると致し方ないのかもしれません。 斬新な公開自殺でしたね。 心から信頼出来る友人や山登り以外の夢中になる趣味があれば生きられたんだろうけど、彼は山と共に死ねて本望だと思います。 でもお騒がせして迷惑だから他の人は真似したらダメ。 捜索隊の方々お疲れ様でした。 同情の余地なし。 しかし今後は視聴者数を稼ぐ為に無謀な事や、迷惑行為について何らかの規制を設けなければ今後もこのような事が続くかと思う。 しかも、装備も不十分だったらしいし起こるべくして起こった事故なんだろうな。 専門家がいうには99. — シロ d5XbWq3wgyhKoyF 無知の罪。 閉山中、軽装備。 心のどこかで絶望してたのかな。 関係ない立場だけど泣ける。 山は富士山でもハイキング山でも、絶対に油断してはダメ。 常に死と隣り合わせだ、という覚悟を持ってプランを立て、登下山しましょう。 山はベテランだろうが容赦しません。 ご冥福をお祈り致します。 — 楠根川の泥亀 vDCkBYHVzJk53TC 御冥福お祈り申し上げます どの様な結果であれ、見つかって良かった — U. J ujfromjpn251 配信者が遺体で見つかるって配信界隈に影響与えるような気がする。 大袈裟に反応した人が、今後ないようにって運営になんか申し立ててそう。 それよりもファンの方々辛いだろう… — ホ゜テチ potachi65 閉山中に登るのはマズかった。 ご冥福をお祈りいたします — アキ natsume13087343 捜索隊の皆様、お疲れ様でした。 亡くなられた方はさぞ寒かったでしょうな。 ご冥福をお祈りいたします。 南無阿弥陀仏。 自己責任ではありますが法律上では違う考えもあります。 過去に中国で起きた配信中のビルからの転落死亡事故では、配信サイト「花椒直播」に母親への賠償命令が出ています。 中国の北京インターネット裁判所は21日、超高層ビルの屋上で自撮り動画を撮影中に転落死した呉永寧さん(当時26)の母親に3万元(約48万円)の賠償金を支払うよう、動画配信サイト「花椒直播」に命じた。 >勝手に死んで倍賞しろだって?どういうこっちゃ! — su3se su3se まあ賠償といっても48万円という少ない金額ではありますが、訴える親族がいるのであれば、そろそろいい加減にしろよということでニコニコ生放送に対して厳しめの判決が下るかもしれません。 ニコ生が何故面白いかというと、芸能人やユーチューバーと違って超えてはいけない一線を意識しない方が多いため、そこで生まれるギリギリの攻防が好きだったんですが、そうすると必然的に一線を越えてしまう方も出てきてしまいます。 今回も明らかにそうです。 配信サイトとしては今後、「閉山中の富士山に軽装で登山」の生配信をしている段階で、通報や監視で発見し配信を途中で切ることができるようしなくてはいけない流れになっていくかもしれません。

次の

ニコ生動画配信中に富士山滑落した主は誰?気になる続報や安否は?放送事故を起こした「TEDZU」へ自業自得との声も

富士山 配信 滑落

「相当埋まってんだけど、雪で」と前進するが... 「指がやべえ!」。 雪道を歩きながら、男性は、こう悲鳴を上げる。 空気も薄いためか、吐く息も荒い。 付近には、人の姿はなかった。 その一方、動画では、山頂付近の壮大な眺めが映し出される。 足元に雲海が広がり、青空も見え、「すげ~この景色」とコメントが寄せられたほどだ。 しかし、男性は、寒さで指がかじかみ、余裕もないよう。 グローブをした手を脇で温めながら前に進むが、今度は、足元がおぼつかなくなる。 滑りそうになり、「危険、ちょっと危険」「斜度が30度ぐらいある」とこぼした。 それにもかかわらず、左手にあった柵が途切れた後も配信を続ける。 「道合ってるの?これ。 相当埋まってんだけど、雪で」。 そう報告して、前に出たときだ。 「あっ、滑る... そんな叫び声を上げた後、配信の映像が突然乱れ、スキーのストックのようなものが下に落ちた様子のまま、映像はストップした。 この動画「雪の富士山へGO」は、2019年10月28日10時30分からニコ生で配信され、14時40分ごろにハプニングが起きた。 すると、視聴した人から「やばいよ」「滑落した」との声が上がり、ツイッター上では、警察に通報したとの報告も寄せられた。 富士山は、9月で閉山しているが、動画の内容から、男性は、軽装のまま登山し、冬山に必要なピッケルやアイゼンを持たなかったのではないかとの指摘も出ている。 過去にもたびたび登山報告... 直前には「もう帰りたい」 警察から連絡を受け、山梨県の防災ヘリが10月28日夕、山頂付近を捜索した。 NHKの29日付ウェブ版記事によると、警察が確認した結果、頂上から7合目付近にかけての静岡県側の斜面に人が滑落したような跡が見つかったという。 静岡県警では、山岳遭難の恐れがあるとみて、29日早朝から救助隊員約10人が御殿場署を出発して、男性の捜索活動を行った。 しかし、報道によると、悪天候のため、午後にこの日の捜索が打ち切られたという。 男性のニコ生やツイッターによると、男性は、2019年に入って、すでに4回ほど富士山に登っていた。 閉山期間の5月にも、雪が残る中で登る様子を報告している。 今回は、東京・新宿からバスで富士山5合目まで行き、山梨県側の吉田口から登頂していたようだ。 ツイッターでは28日朝、「河口湖駅で乗客居なくなった ビビる」「富士山行きます 雪深そうw」と報告し、配信直前には、「バス酔で気分悪い もう帰りたい」とも漏らしていた。 それでも、なぜ男性が登山を強行したのかは、よく分からないままだ。 富士山は、10月16日には、すでに雪が積もった姿を見せ、22日に平年より22日遅い初冠雪が発表されていた。 ネット上では、「なんでこの時期行くかな... 」「やっぱ山は舐めちゃいかん」との声も上がる一方、「無事だといいけど」と男性の安否を気遣う声が書き込まれている。 (J-CASTニュース編集部 野口博之).

次の

デマ動画 ニコニコ生放送 富士山滑落 配信者を語る偽物が登場 悪質でひどいと批判集中

富士山 配信 滑落

動画は衝撃的だった。 雪の富士山頂の様子をネットで生配信していた男性がスリップして、「滑る!」という声とともに映像は雪の斜面を落ちていき、やがてフリーズした。 男性は1000メートル滑落して、2日後に遺体で見つかった。 男性が富士山に登ったのは10月28日(2019年)。 登山口についた午前10時半から動画のネット配信を始めていた。 午後2時前、八合目。 配信を見ているリスナーと話していた。 「孤独や恐怖はない?」「大丈夫。 東京にいたほうが孤独だもん、俺の場合。 滑るなここ」「怪我しないように」「了解」 そして午後2時半頃、山頂に到着する。 一面の雪景色や雲海などを写したあと、「ここ危ないね」「滑る!」と発して、男性の足が宙を舞う様が写った。 男性はピッケルやアイゼンはおろか、まったくの軽装だった。 ネットでは、「自殺しにいった?」「登山をなめてる」「命をなんだと思ってるのか」と非難が起きた。 東京・西早稲田の4畳アパートに明け方までついていた灯 男性はネットの生配信サービスにたくさんの動画を載せていた。 「TEDZU(テツ)」と名乗っていた。 どこの誰だかわからない。 リスナー仲間が、映像の解析から東京・西早稲田のアパートを突き止めた。 テツは47歳で、4畳の部屋で一人暮らし、家賃は2万5000円だった。 大家の話では、友達の出入りもなく、仕事をする気配もなかった。 明け方まで明かりがついていることが多かったという。 部屋には、司法試験の参考書があった。 10年以上も弁護士を目指して、勉強していたのだ。 友人だという人が現れた。 60代の男性で、かつて司法試験の予備校で2人で勉強会をしていたという。 「誹謗中傷されるような男じゃありません。 やさしくて、人につくすタイプ」という。 テツは愛媛県の生まれだった。 大学受験に失敗して上京し、アルバイトで貯めた資金でアメリカに留学した。 戻ってから、大学で法律を学んだ。 しかし、成績は伸びず、不合格が続いた。 テツの生配信サービスには190万人が有料登録している。 ただ、人気のある配信は少なく、ほとんどはわずかなリスナーしかなく、「過疎放送」と呼ばれるのだという。 接点のあった木村直弘さん(35)は、「テツさんのは面白くないんです。 リスナーも他に1人くらいしかいなくて」という。 木村さんは司法試験に落ちて引きこもりになって、昼夜が逆転するような生活の中で、テツの「過疎放送」に出会ったのだそうだ。 「テツさんも不安を持って生きてた」という。 テツの部屋で、50代の配信仲間「わくわくさん」が遺品の整理を手伝っていた。 「(富士山で)テツさんが落ちた」と警察に伝えたのもわくわくさんだった。 映像を解析して住所を割り出したのも彼だった。 数少ないリスナーのリクエスト「雪の富士山見たい」に応えるため無謀登山? 遺品に病院の診察券やCT画像が大量にあった。 テツは昨年、ステージ4の直腸がんの告知を受けていた。 がん研究会有明病院の映像もあって、「世界で3本の指に入るがんセンターです」「ステージ4でも切らずに治せる時代になった」などと配信していた。 病院から自転車で帰り道に、生配信でリスナーとかわしたのやり取りが見つかった。 リスナーが「雪の富士山見てみたい」という。 テツは「見たい? もう雪降ってるかな。 今まだ寒くない。 パッと行ってパッと帰れば、死なずに済む。 そんなに寒い思いをしないで帰れる」と言っていた。 テツが富士山の雪を踏んだのは、その5日後だった。 映像で見る限り、初冬には珍しく、風もなく穏やかでやさしい日差しの富士山だった。 厳しい風でも吹いていたら登ろうとしかっただろう。 不幸な巡り合わせだったのかもしれない。 *(2019年12月18日放送「なぜ男は冬富士に向かったのか?~ネット生配信の先に~」).

次の