並木 良和 最新。 6/29日イベントに寄せて、並木先生からメッセージを頂きました

並木良和さんが緊急新刊発売!コロナの正体に迫る?

並木 良和 最新

苦しくて手放したい感情や、辛い思い出などを手放すメソッド、統合の方法を広めたり、宇宙パワーの取り入れ方、アセンションを迎える今をどう生きるか、など、人々の目醒めをサポートするスピリチュアリストの並木良和さん。 現在、彼のワークショップは人気が高すぎて参加するのが難しいほど、たくさんの人々の支持を得ています。 そんな超多忙の彼にスピリチュアルへの目醒めから統合まで、様々な内容をインタビュー。 日本で最も話題のライトワーカーの言葉にはまぶしいほどの光が宿っていて、たくさんの気付きを与えてくれます。 スピリチュアル・カウンセラー/作家 並木良和 Yoshikazu Namiki 幼い頃よりサイキック能力を自覚し、高校入学と同時に霊能力者、船越富起子氏に師事。 大学卒業後、整体を学び整体師として働く。 その後、神界・天使界の導きの元2006年から本格的にスピリチュアル・カウンセラーとして独立。 現在、個人セッションを行いながら、ワークショップや講演も開催している。 日本全国に7000人以上のクライアントを抱える、人気のカウンセラー。 2015年2月、風雲舎より第一作目となる『ほら 起きて!目醒まし時計が鳴ってるよ』を出版。 だから僕にとってはずっと普通のことだったので、 まったく特別感はありませんでした。 ただ、本当の意味で 急激に 意識がシフトしたのが小学 4 年生のときで、『 ウォークイン』 を体験したのです。 『 ウォークイン』 とは、 通常は霊的な次元での同意のもと、自分の魂と他の存在の魂が入れ替わることをいいますが、僕の場合には、 自分のハイヤーセルフの一部 が僕の人格の一部と 入れ替ることで、 大きな霊的気づきが起こり、封印されていた記憶が蘇る体験をし、目醒めのプロセスが加速し始めました。 そこからどんどんスピリチュアルな世界 を探究するなか 、僕は自分の師を求めたのです。 そこから師に会えるまでに時間があったんですけど、それまでに自分なりに探究を進めていって、 高校一年の春、 15 歳のときに彼女の門下生にな りました。 それがまずは、大きなきっかけです。 そんな、ちょっと変 わった 子だったんです。 並木先生はどういう存在からメッセージを受け取っていますか? 存在は多岐に渡っています。 日本の神々もそうですし、西洋のいわゆるアセンデッドマスターもそうで、特定の存在 とのみコンタクトを取るということはありません。 ただ強いて言うなら大天使ミカエルで、彼は僕が 幼い頃 からずっとそばに居てくれた存在です。 でも、実際には 30 歳近くになるまで気付かなかったのです。 僕はスピリットガイドなどの存在は確認できていたんですけど、天使 という 存在は自分にとってメルヘンチック過ぎて 敬遠 していたのです。 でもそれには意味があったということが後からわかったのです が・・・。 とにかく、そんなこんなで ミカエルが 常に側にいてサポートしてくれてい ました。 今では、あらゆる存在 とコンタクトを取っていて 、具体的に言うと日本の神々であれば、 最近では特に 瀬織津姫という宇宙をまたにかけて働くような女神さんと 太陽神である ニギハヤヒノミコト が主にコンタクトを取っている存在になります。 その他にも、スクナビコナの神(日本神話に登場する医薬の神)や、アメノミナカヌシの神(古事記に登場する宇宙の最高神)ですね。 また西洋で言えば、 アセンデッド・マスターである セラピス・ベイ(エジプトのアセンションを司る)やジュワル・クール(チベットの高僧で調和を司る) そして、ロード・ メルキゼデク(イスラエル統治前のエルサレムの王)やエルモリア(創造の第一光線を司る)、そしてクツミ(創造の第二光線を司る)、そういったいわゆる神智学と言われる学問の中に登場する 存在たちを含めた マスターたちとはほぼコンタクトをとっています。 あとはイエス・キリストやマグダラのマリア、そして聖母マリアといった、 一般的には 宗教 と関連づけられる存在 とも垣根がないですし、 キリスト教だけではなく、シヴァや クリシュナ、そしてガネーシャ などのヒンドゥー教の神々を含め 、あらゆる存在たちとコンタクトを取ります。 そのときそのときに必要な神々やマスターたちがやってきて、その場にいる人たちのエネルギーを読み、必要であれば 彼らから のメッセージを僕が伝えるんです。 他にもアシュタール( 11 次元のアセンデッドマスターであり宇宙連合の司令官)は特に最近よくコネクトします。 わかりやすくいうと 向こう の世界 は宗教とか国 という分離は なく、本当に調和の中で 繋がり協働しています。 そして僕自身が オープンで無頓着なので、全然拘っていないのです。 また存在たちの中には 名前を伝えてくる者もいれば、僕が波動から、感知することもあります。 つまりアカシックレコード(原始からのすべての事象、想念、感情が記憶された世界記憶の概念)などの情報源が宇宙には存在していて、そこからダイレクトに答えを受け取る能力なのです。 これによって波動を感知したときにこれはクツミであるとかメルキゼデクであるとかが分かります。 僕に霊能力の使い方を教えてくれたのはもちろん師匠なんですけど、コントロールする術からもっとそれをどう発展させるかを教えてくれたのは僕の天使たちです。 それによってコントロールすることが出来るようになりました。 自分の波動を上げさえすれば本来の自分に繋がって必要なことを思い出し、 知る必要のあることは 知ることが出来るからです。 簡単にできる波動の上げ方は水を飲むときにそれがヒーリングウォーター である、と 意図して飲むこと。 もっと言うと、グラスに青白い光のヒーリングエネルギーが満ちている イメージや 聖母マリアの像(姿) がグラスに重なっているのを 30 秒ほどイメージします。 そうすると 、例えば 聖母マリアの癒しのエネルギーが水に転写されるんです。 聖母マリアのエネルギーが転写されたお水を飲むことで身体中の全細胞が癒され活性化します。 もしくはセント・ジャーメインの紫の炎で グラス を包みこめば、その浄化のエネルギーが身体中にいき渡ることになります。 こんな風にちょっとした意図を働かせてクリエイティブにイマジネーションして彼らのエネルギーと交流しながら 違いを創 る遊び感覚も大切なのです。 僕たちの想いの力ってすごいパワーがあるので、意図 が明確になり さえすればあらゆることを起こすことが出来るんです。 食事のときも、食べ物を自分の波動まで引き上げて食べ ると意図し ます。 自分の波動と食べ物の波動が一致していないと不具合を起こすことがあるからです。 さらに、必要な栄養素だけを取り入れて、必要じゃない栄養素は地球に返すことを意図するだけで、食べ物 の吸収のされ方が 変わり始めるのです。 これらは誰にでもできます。 要はどれだけ習慣に出来るかなんですよね。 他にも、日常を使って波動を上げるには 、電車、車、飛行機などの乗り物に乗るときに、まず自分がこの乗り物を降りたら、今まで到達したことのない高い次元に 降り立つ、と 意図して乗るんです。 そうすると本当に僕たちは移動している間に光のトンネルをグーッと通り抜け、実際、乗り物から降りたときには全く違う次元に立つことになるんです。 こういうことの積み重ねが僕たちの波動を上げ続け、いつの間にか本質に繋がって意識の反転を体験します。 でも みんな、こうしたことを深いところでは 知っているんですよ。 だから これらは実は 新しい情報などではなく、 本当は知っていること を例えば僕というシンボルを通してもう一度気づかせているだけのことなんです。 みんな知っていますよ。 だってみんな 本来は高い周波数の光の存在なのです から。 目醒めの段階について教えてください。 統合を進めていくと、自分は今どの段階にいるのだろうと知りたくなります 統合を進めていくと今自分がどの辺りにいるのか知りたくなる気持ちはわかります。 大なり小なり みんなそうです。 比較とは分離から生み出されるものですから。 すぐに自分を数値で計る習慣を手放すだけで、その人は また一歩、目醒めに向け てシフトすることになります。 それに、目を醒していくことに終わりは無いのです。 どこまでも目を醒し 続けていくことができ るのです。 僕たちの 本当のゴールは 大いなる、一つなる源に再び統合されていくことですが 、もしくは融合されること。 だけど、ここにいくまでには 、気が遠くなるほどの段階が何段階 もあるので、 目醒めることを決めて、あとは気長に楽しみながら、その流れに乗っていけば良いの です。 そして、 波動が上がれば上がる ほどに自分の認識力も感性も拡大して、 様々なことがわかるようになり、人生のカラクリが透けて観えるようになるのは、とても豊かなことなんですよね。 これは楽しいですよ、だって本当の自分を 憶 い出していく旅ですから。 この地球という海に入ってくるにあたって僕たちは軽すぎて潜れなかったから、重いウエイトをがっつりくっつけて、深く深く沈んだわけでしょ。 だけど 目を醒ましていくときには逆に、それを持っていることに気づいたら、 この重しを一個一個外していきながらただ浮上していくだけで、それ自体は何も難しいことではないんですよね。 何世紀も使ってきた、この地球の周波数と呼ぶ重しは、何層にもわたって存在し、みんな誰もが沢山の重しを抱えているので、そう簡単に全てを手放せるものではありません。 でも日常を使って、不安や怖れという重しに気づくたびに、手放していけば、意識はどんどん軽やかになり、本来の自分に繋がっていくことになるのです。 それは、本当にエキサイティングな旅で、僕たちは、どこまでも「その先」へ行くことができるのですから。 目醒めはじめたばかりの人たちにメッセージをお願いします 「決して焦らないでください! 」ということです。 焦りは、眠っていればこそ体験できた地球の 周波数 のことですが、本来の僕たちには永遠の時間があるので焦りなんてないのです。 だけど、この地球には 時間とういう概念から限りを意識し、そこから焦りが生まれます。 だからこれを手放せたら 目醒めは 加速して進んでいくことになります。 簡単なんですよ、本当に。 あれだけ高い意識で、何でもでき、やれ、何にでもなれ、叡智に満ちた僕たちが、まるで力がないかのような、何もわからないという意識状態まで波動を落とし、全てを忘れ去るのは、並大抵のでことではなかったからです。 だから僕たち地球人って、実はすごいんですよ。 他の宇宙種族たちに、自慢ができるくらいにすごいんです。 他の種族たちは、僕たちに「どうやってそんなに深く眠れたの? 」 って聞いてくるんですよ、本当に。 だって眠ったことすら忘れちゃってるわけですから。 だからそこから目を醒していくっていうのは今までのように、眠るためにくっつけてきた重しを、使うのではなく手放すことで、ただ本来の自分を憶い出す だけですから、 本当は簡単なんですよ。 先日、ワイタハ族のテ・ポロハウ長老と会ってどう思われましたか 長老も彼なりの道でこの地球の変容をサポートするために尽力されてきていて、僕も自分の道でそれをやってきたわけですけど、その彼と出会うことによって簡単に言うと化学変化、アルケミーですよね、錬金術 的な変容 を起こしてスイッチが入ったと感じました。 それぞれが違う道で進めてきたことが一つに融合してスイッチングされたというか。 本当にここから地球は大きく変わっていくことになるし、もちろんそのプロセスの真っ最中ですけど、それがよりパワフルに加速していくんだと感じました。 このワークショップの様子は、後日ご紹介します。 どんなことをお話しされましたか あんまり時間がなかったので短い時間でしたが、長老との繋がりを深く感じるということを話しました。 僕と長老のドラゴンが交流をしているということや、僕にはゴールドの龍が 、そして長老には銀の龍がつくことで、方向性は同じでも違った角度のアプローチをしている 、というような話だったりとか。 でも何よりもやっぱり懐かしい旧友と出会ったみたいなそんな感覚なんですよね。 それを長老も感じていて、出会いが本当に祝福されていて嬉しかった と仰 っていました。 お互いシリウスとの繋がりも強いですしね。 シリウスの話を聞きたいです シリウスって、ちょっと答えになっているかわからないんだけど、魔法の次元というか世界なので、魔法学校が存在するのね。 ちなみに『ハリーポッター』ってシリウスから情報をチャネリングして作られたんですよ。 僕にとってシリウスっていうのは魔法の王国で、自分の中にある記憶も本当に魔法の世界。 でも、あの世界は本当に存在していて、ただの想像の産物ではないのです。 夏至が終わって今私たちが次に向けてするべきことは何ですか? なぜなら、列車の上に乗っている のを想像してもらって 、その列車がものすごいスピードで進んでいったら、本気でしっかりつかまってないと振り落とされちゃうでしょ?だから自分の軸にしっかり一致して、今ここに集中し続ける、 しっかり掴まっている 、これがすごく重要です。 そうするためには、 人や出来事などの外に意識を向けるのではなく 、また、人の世話ではなくて、自分の世話をしっかりすることがとても大 切になってくるの です。 つまり、自分の感情、精神、そして肉体など、自分のバランスを取ることですよね、 そのセルフコントロールを如何にしていくかが 重要になります。 簡単に言うと 、でき得るかぎり気分よく過ごせるように工夫するということです。 例えば「この香りを嗅いでいるとすごくいい気分になる」というなら、そのアロマを嗅げばいいし、「この服を着てると気分が上がる」って感じるなら着ればいいし、「この音楽を聴いてるとすごく安らぐ」って思うなら聴けばいいし、「この色に囲まれていると最高に幸せ」っていうんだったら 身の回りに置け ばいい。 そうして、自分を幸せにしてくれると感じられるもの、喜びや楽しさ、ワクワク を感じられ るものを、できる限り自分の周りに置いて、さらに何が自分の気分をよくするのかを常に見つけ続けること。 そして、それらをちゃんとリストアップしておいて、もし気分が落ちたり乱れたりしたらすぐにそれをやる。 そんな風にして常にバランスをとりながら進んでいけばちゃんと本来の自分と一致し 、目を醒ます方向へと進んでいくことができますから。 どんな人でもできる統合の仕方っていうのはありますか? 怒りでも憎しみでも どんな種類の感情でも 、それらを ニュートラルな視点から 単なる形やものにして扱うことができるようになれば、それをごっそり外して、完全に手放すことができるので、これが真の目醒めに繋がっていくのです。 ご存知 の方もいらっしゃるかと思いますが 、自分の重たい感情を 真っ黒い鉄の塊としてイメージし、強力な 磁石を手で引き出して手放す統合のやり方もオススメです。 もしくは、今この地球には僕たちの意識を変容させるべく、 源のあらゆる性質や特性を内包した 虹色の光のシャワーがたくさん降り注いで来ています。 深呼吸しながらこの虹の光のシャワーが頭のてっぺんからどんどん体の中を通 り抜けながら 、ネガティブな感情やエネルギー を吸収しつつ 足裏から 流れ出ていくの をイメージするの も良いでしょう。 自分の波動場に溜まっている 、ネガティブなエネルギー の全てを 光のシャワーで洗い流していって、最終的にはピッカピカの透明のクリスタルの身体になるのをイメージ してみてください。 それだけで 大きく波動が 変わります。 あとはね、よくみんな壁にぶち当た るって言うでしょう? でも 実はこれって壁じゃなくて扉になっているんですよ。 壁に見えるものはよく見ると本当は扉 になっていて 、それを開けるとその先には本来の自分の 意識が拡がっていて 、 先に進めば それに繋がっていくことができるんです。 だけど僕たちが「 恐怖の先には、本当の自分の雄大な意識が拡がっていて、立ちはだかる壁だと思っていたものは、その先に出るための扉だったんだ 」って簡単に 気づいたら 目が醒めてしまうでしょ。 苦労して眠った僕たちは、簡単に 目醒めちゃいけなかったから 、恐怖や言い知れぬ不安と いう壁を立 ちはだからせ 、それ以上先に行かないようにしていたんです。 例えば、「わー、楽しい! 」って楽しいを追いかけていっちゃうと目が醒めちゃうのね。 本当はその「 罪悪感 」の先にいけば目が醒めたのに、 まだ目醒める覚悟ができていないときには 「 ふぅ・・・危うく目を醒ましちゃうところだった 」ってことになるのです。 でももし、目を醒ましたのであれば、 そういった不安 や恐怖の壁が立ちはだかったら 、 それを 分厚い鉄や石の扉でも いいので、目の前に立っているのを イメージで見て、 それを前に向かって バターン って倒すんですよ。 そして倒れたら、その扉を踏みつけてその先にポーンと踊り出る。 そうするとさっきの虹の光のシャワーが祝福 するように 降り注いでいる場所があるのでそこに歩いていって 滝のようにその 光を浴びるんです。 深呼吸しながらその光を浴びてさっきと同じように自分の体の外も中も綺麗にピッカピカに洗い流して、ツルッとした透明なクリスタルの身体になって立っているところをイメージ してみてください。 もうそれだけで波動が変わります。 最後の質問ですが、地球を救うために今私たちができることはなんですか? これがこの惑星の特性だからです。 だからこそ、本当の意味で癒される人、助けられる人をなくしたいのであれば、 自分に集中して自分の中にある分離を統合する、それが唯一の解決策です。 だからこの問題をなんとかしなきゃ、あの問題をなんとかしなきゃって、やればやるほどますます複雑になっていくのです。 世の中を見渡せば 、そうした状況がたくさん見えてくるのではないでしょうか。 例えば政治や経済の問題 一つ取ってみても 一生懸命こんな対策、あんな対策ってやればやるほど複雑にな っているのがわかりますよね? だから、 それを もう終わりにして 、みんなが自分に集中して自分の中を一つに統合していく ことが大切な のです。 究極 これしか ありません。 戦争反対といって、戦いの周波数を使っていたらそこからは新たな争いしか生まれません。 戦争は決して解決せず、平和は訪れない。 だから こそ、先ずは 自分が平和そのものになることが大切。 これを一人一人が確実にできるようになったとき 、問題と思っていたものは全て解決するでしょう。 インタビュー・編集 : 小泉いな子 協力 : 日野さちほ.

次の

並木良和が教える 誰にでもできる統合の方法 〜今最もスピリチュアル界で輝く彼に緊急取材!〜

並木 良和 最新

並木良和先生による「STELLA(ステラ)2020」の最新情報をお知らせいたします。 6月24日(水)開催「STELLA(ステラ)2020:6th クラス(web参加のみ)」の受付開始日を、明日17日(水)から18日(木)に変更させていただきます。 受付開始までもうしばらくお待ちください。 並木良和先生による「STELLA(ステラ)2020」の最新情報をお知らせいたします。 並木良和先生による「STELLA(ステラ)2020」 NEW! 「これから地球が担う宇宙での役割〜今の地球を知り、私たちの未来を創る〜」(2020年6月24日) 6月24日(水)開催「STELLA(ステラ)2020:6th クラス」は「LIVE配信」にてお送りいたします。 (会場参加はございません。 ) 開催日時:2020年6月24日(水)19時〜21時 受付日時:2020年6月17日(水)10時00分 〜 6月21日(日)23時59分まで 受付ページ:HEARTNIKS(ハートニクス)ホームページにて (時間になりましたらお申込ボタンが表示されます) お申込み後の自動返信メールにて「登録手順」などのご案内をいたします。 LIVE配信の後に、ダイジェスト版でもご覧いただけるよう予定しております。 合わせてご活用ください。 並木良和先生による第6期「SOFIA(ソフィア)」各クラスの最新情報をお知らせいたします。 並木良和先生による「第6期SOFIA(ソフィア)統合(LDLA) :マスターライセンス・クラス(7月〜9月期 )」は「会場参加」と「webでの参加」の2つの形態で募集致します。 講義内容は4〜6月期の「統合マスターライセンス・クラス」と同じ内容となる見込みです。 開催日程: 2020年7月25日(土)&7月26日(日) 2020年8月22日(土)&8月23日(日) 2020年9月26日(土)&9月27日(日) 募集開始日時: 会場でのご参加の受付:2020年6月11日(木)17時〜 webでのご参加の受付:2020年6月16日(火)17時〜 皆さまのお申込みをお待ちしております。 受付開始までもうしばらくお待ちください。 並木良和先生による第6期「SOFIA(ソフィア)」各クラスの最新情報をお知らせいたします。 並木良和先生による「第6期SOFIA(ソフィア)リアルサイキック :マスターライセンス・クラス」(7月〜9月 )は新型コロナウイルスの影響を考慮して、当初の予定を変更し「第2弾 統合(LDLA):マスターライセンス・クラス(名称仮)」を開催することとなりました。 開催日程は変更ありません。 「リアルサイキック:マスターライセンス・クラス」の受講を検討してくださっていた皆さま、大変申し訳ございません。 何卒ご了承くださいませ。 「第2弾 統合(LDLA):マスターライセンス・クラス」については、開催の形態(会場でご参加いただく形か、ウェビナーでのご参加となるか)はまだ未定です。 6月初旬に詳細をこちらのブログからお知らせいたします。 受付開始日時は6月11日(木)17時〜を予定しています。 詳細のお知らせまでもうしばらくお待ちください。 並木良和先生による「STELLA(ステラ)2020」の最新情報をお知らせいたします。 並木良和先生による「STELLA(ステラ)2020」 NEW! 愛と調和の新生地球への道~5次元レベルの目醒めに向けて~ 予定)(2020年3月25日) 3月25日開催「STELLA(ステラ)2020:3rdクラス」ですが、慎重に協議を重ねた結果、今回は通常の「会場参加」での開催を行わないことと致しました。 次回のSTELLAに関しましては、詳細が決まり次第、ブログにてお知らせいたします。 「新型コロナウイルス」の感染拡大を防ぐため、正午過ぎに首相から下記の要請が出ました。 <弊社としての考え> 私たちハートニクスが目指す活動として、「真の人間性」を形成するためには「意識」の変容だけではなく、「肉体」の波動も上げていくことがとても大切であると考えています。 「意識で現実を変える」と言っても、「肉体」が疎かであればバランスも崩れ、もちろん波動も上がりません。 今回の新型コロナウイルスの感染拡大などを一つの例として、これから私たちが意識を「不安」「心配」「恐れ」に向け続けるのではなく、自分の「感性」を大切にし、その感性を持って「自分の進む道」を選び、私たちひとり一人が望む「在り方(生き方)」を保つことが大切だと考えています。 本日の「STELLA2020 2nd」での講義をお聞きすることで、自分の「内面」をもう一度見つめ直し、「何を大切に生きるか」ということを捉え直すひとつの機会としていただければ幸いです。 そういう思いから、本日の「STELLA2020 2nd」は予定通り開催いたします。 尚、時間のない中でのお知らせで大変恐縮ですが、もし「キャンセル」をご希望される方は までメールにてご連絡ください(口頭ではなく時間の記載が残る「メールでの申込のみ」とさせていただきます)。 メールをお送りする場合、件名に「STELLAキャンセル希望」と「お名前」を必ずご記入ください。 今回に限りまして「全額返金」とさせていただきます(キャンセル数により、返金作業に時間がかかる場合があります。 ご了承ください)。 また、 キャンセルの受付は本日「2月26日(木)18時まで」とさせていただきます。 何卒ご了承ください。 それでは、会場で皆さまとお会いできるのを楽しみにしております。 株式会社ハートニクス 並木良和先生による第6期「SOFIA(ソフィア)」各クラスの最新情報をお知らせいたします。 3月5日(木)17時より「第6期SOFIA(ソフィア)統合:マスターライセンス・クラス」の受付を開始いたします。 開催日時 :2020年4月25日(土)〜4月26日(日) 2020年5月30日(土)〜5月31日(日) 2020年6月27日(土)〜6月28日(日) *全6回(いずれも土曜日&日曜日開催) 開催会場:4月 JR、地下鉄浜松町駅付近 5月・6月 JR市ヶ谷駅付近 講義時間(全日):10時00分〜17時30分(お昼休憩&お菓子休憩あり) 開場予定時間(全日):9時40分〜 *講義の進行により、終了時間が遅くなる可能性があります。 お時間に余裕を持ってお越しください。 *開始時刻に上記サイトが更新され、「受付ページ&お申込フォーム」が表示されます。 (更新されない場合、サイトを「再読込(リロード)」されると更新されます) 「第6期SOFIA(ソフィア)マスターライセンス・クラス」の受付ページからお申込ください。 受付開始の時刻まで、もう少々お待ちください。 皆さまのご参加をお待ちしております。 並木良和先生による「STELLA(ステラ)2020」の最新情報をお知らせいたします。 2月26日開催「STELLA(ステラ)2020:2ndクラス(2月開催分のみ)」の受付を2019年1月31日(金)17時から行ないます。 以下をご覧ください。 並木良和先生による「STELLA(ステラ)2020」 NEW!

次の

並木良和Officialサイト

並木 良和 最新

スピリチュアルカウンセラーであり、 作家である並木良和さん。 最近のスピリチュアルな世界では、 話題の人でもあります。 1974年生れの方であるそうです。 立正大学卒業後、整体師になり、 スピリチュアルカウンセラーになられたそうです。 本などにも書かれてありますが、 小学生の頃に霊能力があり、 中村天風さんのお弟子さんでもあった、 船越富起子に並木さんは、弟子入りして、 霊能力を向上させたそうです。 並木良和さんの話では、 2018年~2020年にかけて、 私達の現実が大きく変わるそうです。 今は、大きな節目である。 今年、2019年は、 これから自分が、どう言う生き方をして行きたいか?を 明確にした方がいいそうです。 と同時に色んなモノを どれだけ手放せるか?と言う事も大切な年であるそうです。 今年は、人間関係や自分の思考など、必要のないモノを 手放せた人ほど、スムーズにスイスイ進める年であるそうです。 手放すのが辛い事もあると思います。 だけど、辛い事も手放した方がいいそうです。 古いモノを手放さないと新しいモノが入って来ない。 今までの地球は、波動が重かったので、 海の底に沈んでいるような状態だった。 それが今、どんどん波動が軽くなっているから浮上している。 海に浸かっている状態から、空に浮かぶような変化であるそうです。 だけど、自分自身が重い周波数を持ち、 錘を付けている状態であれば、 いつまで経っても海の底に沈んだまま。 空も飛べる状態であるのに、 自分で自分の波動を重くして浮かべない状態である。 だけども、波動が低い状態が悪くて、 高い状態が良いと言うわけでもない。 そもそも、宇宙的には、善悪など存在していない。 ピアノの音に高い低いがあるのと同じ事です。 2019年は、カルマも、たくさん出て来る年でもあるらしい。 それは、今、手放した方がいいから出てきている。 手放す事によって、次元上昇できる。 手放せば、手放すほどに、浮いていく。 そして、今年は、真実の年。 世の中の事も、個人レベルの事も、 自分の中の真実を大切にする年。 本質的な事に目覚めると頭を使わなくなる。 頭を使わずハートを使うようになる。 まずは、自分の直感を信じる事。 本当の自分と繋がり始めると、緊張しなくなる。 私達は、自分の意識で、すべての現実を創り出している。 私の周波数で、私の現実と言うスクリーンに投影している。 目覚めると自分の好きな周波数で、 自分の好きな現実を見る事が出来る。 不安や恐れなども、その周波数を 映像化(現実化)している。 だから、自分が、どのような周波数を出すかであります。 自分が出す周波数で、現実を、どうにでも出来るそうです。 宇宙の法則として、自分が発している周波数で、 その周波数と言う磁石で色々、引き寄せている。 今までは、陰と陽。 善と悪など、 分離したモノや対立したモノ。 対極にあるモノを見たり経験したくて、 そうなっていたそうですが、これからは、 それらのモノが、統合して行くようです。 今までは、地球全体が、眠っていた状態。 いよいよ地球が目覚める時になったようです。 既に、目覚めと呼ばれる体験を先にされて、 それを伝える役目の人が、 日本にも、世界にも、たくさん出てきています。 並木良和さんも、その中の1人です。 今は、宇宙と地球が近づいている状態。 今は、宇宙がバックアップしてくれているので、 自分が生きたいと思う、生き方がしやすくなっているそうです。 そして、目覚めない人達は、今よりも、 ますます苦しくなったりするらしい。 だから、目覚めると決めた方がいいらしいです。 目覚める為には、不安などの周波数も手放した方がいいらしい。 むしろ、手放さないと目覚めなど体験しないそうで、 自分にとって心地良くないモノは、 どんどん手放した方が、いいらしい。 地球は、光の世界に変わりつつあるのですが、 それに反対する勢力もあるそうで、 高次元の世界でも光と闇の戦いがあったりもしたそうです。 それは、私達が今いる現実世界においても同じ事で、 自分の波動が上がろうとしている時に、 それを下げようとする人や出来事が現れる事もあったりで、 目覚めを邪魔する勢力もあるようです。 しかし、今は、それらの勢力が音を立てて崩れているような状態。 色々、過去のモノなども崩壊しています。 それは、今、現実的に、世の中ので起きている事を見て、 分かる事も結構あったりします。 そして、自分の周波数で自分の現実を創っているのだから、 例えば、仕事で成功すると言う周波数を出せば成功する。 そうなっていないのは、その周波数を出していないから。 自分が自分の意識で創りたい現実を創造すればいい。 以前、紹介したコバシャールさんも、 自分が心で感じた事をハイヤーセルフが感じ取り、 そのまんま、現実に投影させていると言う事を言っていたと思います。 また、並木良和さんは、天国や地獄は、存在しないと言います。 だけど、あの世では、波長の法則で、 周りが自分と同じような人ばかりの状態なので、 地獄のように感じる場所もあると言う事であるそうです。 地獄のような環境に行くのは、重い意識を持っているから。 だから、生きている間に、いかに、 この重い意識を外して行くと言う事も大切であるそうです。 意識とは、バイブレーション。 周波数であります。 それは、生きている間も同じであります。 バイブレーションが変わらなければ、現実も変わらない。 同じ周波数でいれば、何度も同じ事が繰り返される。 自分の中のフィルムが変われば、現実が変わる。 よく、人に、人は、変えられないと言いますが、 変えられるのは、自分のフィルムであります。 バイブレーションが先で現実が後。 波動が先で現実が後。 思考が先で現実が後。 自分が先に創ったから、 自分が先に放ったから、 そのような現実を経験したに過ぎません。 ラジオも周波数を合わせるから聞こえる。 現実も周波数を合わせているから、 その現実を見て体験している。 自分のバイブレーションとして持っていない事を 体験する事は、ないそうです。 病気も、その周波数に合っているからなる。 周波数を変えれば、その病気も治る。 人に対してイライラしたりするのも、 相手と同じ周波数でいるからです。 私が、その周波数に合わせているからです。 2015年以降、ポジティブとネガティブの 二極化が徐々に始まって、今までは、 ポジティブ列車、ネガティブ列車が、 平行して走っていた状態で、 どちらの列車にも乗換えが可能でしたが、 これからは、その幅が広がりすぎて、 ポジティブ、ネガティブの行き来が難しくなるらしい。 厄年と言うのも、本当は、役年で、 自分のお役目の年であると言う事を、 並木良和さんは、言っています。 この事が、本当だろうが、嘘だろうが、 このような捉え方をした方が、 心の持ちようが前向きになると思います。 今は、地球に光のエネルギーが溢れている。 だけど、光が溢れれば、影の部分が浮き彫りになる。 今、しばらくは、その影の部分を見たりする事もあるでしょう。 そこから、目をそむけない事も大切であるようです。 影とは、闇の部分や汚い部分。 それらは、洗い流す為に出ているようです。 光が満ち溢れるほど、影の部分も出て来る。 それは、個人レベルの事も地球レベルの事も同じです。 私達の意識の変化は、地球と連動している。 今、地球が次元上昇していると言う事は、 人々の意識レベルが上がってきた何よりもの証拠だと思います。 人は、魂レベルの深いところでは、 過去世などの色んな事を記憶している。 過去の諸々の過ちなども刻まれている。 その話の中では、伝えてはならない 部分もあるそうですが、 だからこそ、人は、まだまだ、 もっと上昇しないと行けないと言うような事も、 並木さんは、伝えています。 どのような非業の死を遂げたとしても、 それは、その人にとっての寿命であった。 魂にとってカルマの解消をさせたかった場合もある。 悲惨と思える体験も、魂が、 それを乗り越えて先に進む為に経験している。 また、並木さんの話では、人類は、木星に住んでいた事もあるらしい。 地球は、ある意味、学びの場。 学校で行ったら小学校のような所。 今、地球人は、小学校からの卒業を迎える人が多いそうです。 猿は、異性人達が自らの奴隷として 作ったと言う経緯があるそうです。 だから、言葉を喋れるようにしなかった。 人間も、DNA操作などをされて作られたそうですが、 並木さんが言うには、人間の直接の先祖と言うのは、恐竜になるそうです。 だから、昔は、しっぽが生えている人間もいたそうです。 地球を進化させていく意思が見られないモノは、滅んだ。 他にも今とは違う形態の人間もいたそうですが、滅んだ。 私達は、神や宇宙人から、ある種、見込まれたから、 今、こうして生きているそうです。 地球は、今までは、宇宙連合から鎖国されていたような状態で 今、ようやく、宇宙連合に迎え入れられようとしているそうです。 と同時に、ここ20年の間に、色んな宇宙生命体を 心地良く迎え入れる事を地球人には、求められているらしいです。 2019年は、地球のエネルギーが上昇しているので、 過去の時間軸の延長線上の現実ではなく、 いきなり、過去とは、天と地ほど違う所から、 スタートを切れる年でもあるそうです。 だから、自分がやりたい事や、 生きたい生き方を明確にした方がいいみたいですね。 今回は、こんな素敵な話をされている並木さんの本を読んでみました。 人類は、今、目覚めのサイクルと言う大きな転換期を迎えているそうで、 その為にも、頭ではなく、ハートで生きた方がいいようで、 目覚めれば、頭を使わず、ハートで、色んな事が出来るようになる。 レムリアやアトランティスの時代も、 人類が目覚める大きな節目であったそうです。 だけど、多くの人は、目覚めを経験する事を選ばなかった。 だから、あの文明は、滅び、大陸も沈んだそうです。 今、目覚めの時を迎えていると言う事は、 あの時代と同じような大きな節目、転換期を迎えているのだと思います。 私達の本当の意識では、思った事が、即座に現実になる。 イエス・キリストのような事を誰もが出来るという事です。 地球人は、今こそ、深い眠りから目を醒ます時期であるらしい。 どうしたら目覚めれるか? 高波動になれるか? それは、簡単に言えば、 ネガティブな重りを、 どんどん外して行く事であるそうです。 元々、人は、ネガティブ要素など一切持っていなかった。 その世界で退屈して、ネガティブ要素が、いっぱいある 地球と言う遊び場で遊んでいた。 だけど、遊びも、もう終わり。 ネガティブがない本当の世界へ、 そろそろ行きますよと言うのが アセンションなのかなぁと言う事を この本を読みながら感じました。 そして、本当の自分に戻れば、 ネガティブを体験する事も、ないそうです。 私の個人的な感想としては、ネガティブを 感じなくなるのかなぁと思いましたが、 そうではなくて、ネガティブを、 まったく体験できなくなるそうです。 そして、重大な事だと思いますが、 2021年になると、もう、 目覚める事は、非常に難しくなるそうです。 今、地球は、3次元世界から 5次元世界への移行をしている最中であり、 こんな事は、他の惑星でも滅多にない事であるそうです。 ハイペースで上昇しようとするには、 ハイペースで浄化する必要がある。 それを私達は、今、求められているようです。 自分の現実に起きる事は、 すべて自分の意識が創っているわけですから、 誰かのせいには、1ミリもしない事。 すべて、100%自己責任なのが現実です。 私の意識で現実と言うスクリーンに映しています。 自分が使っている周波数が大切で、 自分が使っている周波数による現実を創っている。 周波数が低ければ、ネガティブな現実になるでしょう。 周波数が高ければ、ポジティブな現実になるでしょう。 フィルムをセットして、それを現実として映像化している。 すべての根源は、自分の周波数と言うフィルム。 その周波数を自分が放っていたから、その現実を体験しました。 だから、自分にとって心地良くないモノ。 その重りを外して、どんどん軽くなりましょう。 目を醒ませば、自分の周波数で、 すべてが自由自在。 思うがままになる。 今、使っている周波数を手放す。 これで、目覚めへと加速するそうです。 目覚めを体験してみたいと 少しでも、思っている方は、 この本を読まれたり、 並木さんの動画を見られる事をお薦めします。 by 意識レベルで一人の人が目醒めると、 2万人ぐらいの人の意識に影響を与えるそうです。 だから一人の目醒めは、 自分ひとりだけの為では、ないのですね。 私達は、体験するバイブレーションを 持っている事しか体験しない。 周波数が同じだから感じるし、見えるし、聞こえる。 そこにチャンネルが合っていなければ、 映らないし聞こえないし感じない。 並木良和さんの事を現代のキリストと呼ぶ人もいるらしい。 だけど、並木さんは、言います。 私に出来る事は、 誰もが自分で出来る事。 キリストと同じ事を言っています。 2019年3月2日(土)に、 定員が1000人のイベントがあるそうですが、 もう既に、満席らしくキャンセル待ち状態であるそうです。 一人分の参加費が21,600円なので、 これが、何の作為もないとしたら、 並木さんの人気や影響力は、凄まじいものがあると思います。 また、並木さんは、 松果体やら体の為に、 アルカリイオン水を飲む事を お薦めしているそうです。 【お金の話】 すべての現実は、私の内面の反映です。 お金に対しての、無価値感、罪悪感を抜いてしまえば、 誰もが、豊かな生活になる事が出来るそうです。 逆に言えば、お金がないとか、 豊かになれないというのは、 自分に対して、お金に対して、 無価値感や罪悪感を感じていると言う事です。 貧しい国の人も、自分の内面を見て、 選択を変えれば、貧しくなくなる。 豊かさと言う周波数にチャンネルを合わせれば、 豊かにならざるを得ない。 世界中が大不況になろうとも、 自分一人だけが豊かになる事も出来る。 何故なら、私は、私の周波数で、 現実世界に投影して体験している。 その事を分からないようにして来たのが、 今までの世界でありました。 最近は、このような情報を伝える人達も増えて、 そのような情報も世界的に見れば、 まだ、一部かもしれませんが、 このような情報に触れ、 自分の現実を変える人達も増え始めています。 だけど、従来の価値観が邪魔をして、 このような情報に触れながらも、 従来のままの現実を生きている人達も、また多い。 すべては、私次第である。 外側は、関係が、ないのです。 私が、私の現実を創っています。 私が私の周波数で映し出したのが現実です。 豊かな周波数を使っていれば、 豊かな現実を体験せざるを得ないと言う事です。 TVのチャンネルを選択するように、 豊かな現実と言うチャンネルを選んでいるのだから、 その現実が映るのが当たり前なのですよね。 豊かな現実を体験していないとしたら、 まだ、豊かな周波数になっていないと言う事です。 少し古い世代の方であれば、 おでこに、ビデオテープを入れて、 現実世界に再生していると思えば、いいかもしれません。 若い世代の方も、 おでこに、DVDを入れて、 現実に再生していると思えば、いいかもしれない。 周波数が投影して現実化するのですが、 例えば、豊かな周波数30%で貧しい周波数70%であれば、 その通りの現実を投影する事になるでしょう。 意識が、周波数が、 変わっていないと、 どれだけ、テクニックを学んでも、 お金を得る事は、出来ない。 逆に言えば、意識や、周波数が、 変わっていれば、 テクニックを知らなくても、 お金を得る事が、出来る。 重要な事は、外側ではなく、 内側である、自分自身に、 100%意識を向けると言う事。 内側の自分から、豊かな波動を出せばいい。 この動画では、結構、お金の話をされていました。 今すぐに出来る簡単な金運アップの方法は、 宇宙からエメラルドグリーンの光を受け取ってハートに入れる。 私達のハートは、エメラルドグリーンで出来ているそうです。 招金香を財布の中に入れる。 財布も可能な限りは、高価な物を使った方がいいらしい。 【分離・二極化の話】 並木良和さんの話だと、 ブラックホールの反対には、 ホワイトホールがあるそうです。 ホワイトホールは、科学的には、 証明されていないのですが、 私達は、時期が来ると一旦、 ブラックホールに皆、吸い込まれ、 別次元に行くそうです。 ブラックホールが吸い込み口。 ホワイトホールは、吐き出し口。 ぞれぞれの人が、新しい世界へと吐き出される。 それが、分離、二極化、シフトと 呼ばれる事の正体であるらしい。 私の解釈では、私達は、 吸い込まれるとは、分からずに、 ブラックホールの中を通過するような気がします。 並木良和さんの話でも、 私達の意識が眠っている間に、 そのゲートを通り抜ける と言うような事を言われていました。 【最後に】 並木良和さんの情報は、 確かに素晴らしいと思いますが、 彼が伝える統合の方法が、 唯一、絶対の方法では、ないと思いますし、 どうしても、イメージが出来ない人もいるでしょう。 (私もイメージは、苦手です。 ) 目覚める為に、時間がないと言う事にも、 あせったり、恐れたりすると、 それが逆効果になる事もあると思います。 だから、何があっても、大丈夫。 この気持ちも、大切だと思います。 しかし、並木さんに言わせれば、 その、焦りや、不安、恐れの気持ちを 手放せばいいと言う事であるそうです。 また、並木さんの話ではないですが、 今世では、眠り続ける事を 敢えて選択している魂の人もいるそうです。 そして、波動は、音だと並木さんは、言っていました。 色んな人の発言や文章や声から音(波動)は、出ている。 その音を観たり聞いたりすれば、真実が分かる。 最近、並木さんの新しい本を読ませて頂きましたが、 心と体の浄化にエプソムソルトをお薦めすると 言う事を言われていましたので、私も近いうちに 試してみようと思っています。

次の