ドラクエ11s 攻略 紅蓮の大木。 【ドラクエ11】最強アクセサリーは?スーパーリングが個人的におすすめ♪素材・入手方法~ドラクエ11攻略ブログ53~

ドラクエ11S/DQ11S最強装備|各キャラの最強武器・防具の入手方法とアクセサリーについての考察!

ドラクエ11s 攻略 紅蓮の大木

3枚と交換する。 (メダル校長にメダルを110枚渡した後)• ソルティコの町のカジノ(邪神復活後)でカジノコイン200000枚と交換する。 グロッタの町のカジノ(魔物に占領中)でカジノコイン100000枚と交換する。 グロッタの町のカジノ(邪神復活後)でカジノコイン100000枚と交換する。 邪神復活後、クレイモラン地方の黄金城があった場所で入手(黄金城できんかいを入手しなかった場合のみ)• グロッタの町のカジノ(妖魔軍王ブギー撃破後)でカジノコイン20000枚と交換する。 邪神復活後、始祖の森・北の高台で入手(天空魔城でメタルのカケラを入手しなかった場合のみ) やみのなみだ• 攻略のポイント• 不思議な鍛冶• 期間限定要素• ストーリー攻略チャート• クエスト• ヨッチ族(Switch&3DS版限定)• Switch&3DS版の要素• Switch版限定の要素• 3DS版限定の要素• ボウガンアドベンチャー(PS4版限定)• 連武討魔行• ウマレース• ちいさなメダル• カジノ• トロフィー(PS4版限定)• マップデータ• 呪文・特技・連携技• モンスター• アイテム• 種類別• 効果別• 装備可能キャラ別•

次の

【ドラクエ11】ネルセンの迷宮のマップとアイテム一覧

ドラクエ11s 攻略 紅蓮の大木

スイッチ版の最新情報• 攻略チャート 本編ストーリー• クリア後• ボスや寄り道の攻略• データベース• 掲示板• キャラクター 仲間のスキルパネル• お役立ち 人気のお役立ち情報• 裏技・小ネタ・その他• ドラクエ11の考察・予想記事•

次の

【ドラクエ11S】ヤリの装備一覧(素材情報付き)【スイッチDQ11S】

ドラクエ11s 攻略 紅蓮の大木

最終決戦&その他やり残していること• 最終決戦(vs邪心ニズゼルファ) ケトスで南東の黒い球体に接触して、ラスボス「邪心ニズゼルファ」を倒すと2回目のエンディング。 「魔竜ネドラ・邪」を倒せるなら、ラスボスにも勝てるのではないかと思います。 (推奨Lv55以上) 邪神ニズゼルファ 【HP】約12,000 【回数】3回行動(片腕を破壊すると2回行動) 【行動】笑う、単体攻撃、なぎはらい、魔連弾 ランダム複数回攻撃 、ニズゼフレア 全体大ダメージ 、冷たく輝く息、灼熱の炎、黒く輝く闇の炎、穢れた霧、1人を高確率で睡眠、イオグランデ、バギムーチョ、いてつく波動、瞑想、邪心の子x4を呼ぶ、時を奪う、腕復活、ボミオス、終末の炎 ひだりうで HP約3600 みぎうで HP約4400 邪神の子 HP約600• 「 勇者のつるぎ・真」を主人公に持たせて、1ターン目に道具として使用し「やみのころも」を取りましょう。 最初の両腕がある状態が最も攻撃が激しいので、なんとか持ちこたえましょう。 左腕には「灼熱斬」など炎・風・光、右腕には「海波斬」など氷・雷・地属性が有効。 マルティナの「サキュバスウィンク」なら均等にダメージを与えられる。 「穢れた霧」は全員に、毒・麻痺・マヌーサ・混乱・呪い、といった悪い効果を与えるが、右腕を倒せば使わなくなるはず。 セーニャの「キラキラポーン」で防止するか、アイテム「勇者のつるぎ・改」「超ばんのうぐすり」で治療しましょう。 片腕を破壊すると行動回数が1回減る。 両腕を破壊すると本体が2回行動になる。 本体にある程度ダメージを与えると本体のマスクが壊れる。 本体のマスクが壊れてしばらくすると、数ターン時間を止められ、その間1人しか行動できなくなる。 時間を止められている間は激しい攻撃はしてこないが、両腕を復活させたり、邪神の子x4を呼んだりされる。 両腕を上げて「終末の炎」をよぶ体制になったら、片腕を破壊すればキャンセル可能で、さらに本体に大ダメージを与えられる。 復活後の両腕のHPは半分程度。 お勧めパーティは、全体攻撃が強い主人公&マルティナ、「ハッスルダンス」「バイキルト」「レディファースト」のシルビア、「キラキラポーン」&回復呪文のセーニャ。 その他やり残していること• の試練に勝利する• の試練に勝利する• ドゥルダ郷の「連武討魔行」の最終試練制覇• ヨッチ村の祭壇関連をコンプリート()• 連武討魔行の最終試練制覇後に出現するを制覇(Switch版で追加)• ヨッチ村関連シナリオ全クリア後に出現するを倒す(Switch版で追加) 個人的な感想としては、 「ネルセンの迷宮・4回目の試練」がラスボスと同程度かやや難しく、推奨レベルがLv60以上。 「ネルセンの迷宮・5回目の試練」と「連武討魔行・最終試練」はさらに難しく、推奨レベルはLv70以上。 (ベロニカLv70でマダンテ習得) ヨッチ村のラスト(過ぎ去りし時の祭壇)は、さらにもう少し難易度が高め。 Switch版で追加された「裏の試練」は推奨Lv90程度。 その報酬の成長アイテムを使ってから裏ボスに挑むといい。 話しかけて「いいえ」と答えると神の岩への散歩イベントが発生する(途中に強制戦闘もあり)。 頂上で用意されているイベントを見ると称号獲得。 なお、ネルセンの試練をクリアするたびに結婚相手を選び直せるので、周回プレイをしなくても全キャラのイベントを見ることができる。 ネルセンの試練4回目 クリア済みの試練(ダンジョン)から最深部に進んでネルセンの試練に挑み、残っているお願いをかなえてもらえる。 50手以内に勝利する必要がある。 混沌の巨人の方が攻撃が強烈でHPも高い。 片方を倒しても行動回数が増えるわけではないので、まずはHPの低い絶望の巨人を倒してしまいましょう。 1体になると「ザオラル」を使われるが、失敗するケースもあるので、2体同時に戦うよりはザオラル覚悟で1体を倒してしまった方がいい。 「必殺剣」は特に強烈なので、凍てつく波動(青の衝撃)を使われるのも覚悟で「スクルト」をかけておきましょう。 敵2体は弱点属性がほぼ反対になっていて、絶望の巨人には「海波斬」など氷・風属性が有効で、混沌の巨人には「灼熱斬」など炎・雷属性が有効。 均等にダメージを与えたい場合は「覇王斬」や「サキュバスウィンク」が有効。 ただし、混沌の巨人はたまに呪文を反射するので、「ギガデイン」などは使わないように。 ネルセンの試練5回目 5回全ての試練に勝利すると「英雄戦記・下巻」をもらえる。 (&称号獲得) 50手以内に勝利する必要がある。 またパランドラボックスは「ザラキーマ」を使ってくる。 「キラキラポーン」を使ってるヒマはないので、装備品で呪い・休み・即死耐性をできるだけ上げておきましょう。 さらに、呪われた場合に備えて「超ばんのうぐすり」を全員に持たせておく。 敵は3ターンに1回必ず「いてつく波動」を使うので、補助は「バイキルト」と「スクルト」くらいにしておきましょう。 (いてつく波動を使われた直後に) ここまでに主人公に「アルテマソード」を覚えさせておき、本体とパンドラボックスには「アルテマソード」、機械系の2体には「ギガブレイク」で攻撃するといい。 キラークリムゾンはたまに呪文を反射するので注意。 Switch版で追加の連武討魔行「裏の試練」 (初回報酬)超・まもりのたねx8 (70手以内報酬)超・ちからのたねx8 (60手以内報酬)超・ふしぎなきのみx8 (50手以内報酬)超・命のきのみx8 もっとうまい方法もあると思いますが、一応、管理人がクリアした時の戦法を記載しておきます。 その他のキャラもできればゾーン状態にしておきたい) 1戦目<破滅の棍棒愚連隊>(3人) ・ ギガデーモン(HP5000程度) ・ はめつの使者(HP4000程度) ・ トロルボンバー(HP4500程度) 戦闘メンバーは【グレイグ・シルビア・カミュ】にしました。 最初のターンは「ぶんしん」「カミュにバイキルト」「スクルト」を使う。 2ターン目にカミュの「デュアルブレイカー」で攻撃し、グレイグとシルビアは邪魔な「はめつの使者」を攻撃する。 (15手くらいかかっても問題ない) シルビアの「ジャスティス」ならスクルトがかかった敵にも600程度のダメージ、「ゴールドシャワー」なら全体に約300のダメージ。 2戦目<煉獄のお仕置き軍団>(1人) ・ メガモリーヌ・超(HP5500程度) 戦闘メンバーは【マルティナ】にしました。 戦闘開始直後に「デビルモード」を2回使い、効果が切れそうになったら再びかけること。 (攻撃力はもちろんだが、守備力を上げる必要があるので) そして「メガモリーヌ・超」を優先的に「ばくれつきゃく」で攻撃し、呼ばれたザコ魔物は「サキュバスウィンク」で攻撃しつつ回復。 最後に呼ばれる「メガモリーヌ・極」はHP2000程度。 その直前に呼ばれるのが「ブラッドハンド」でなく「死神の騎士」の場合は難易度が少し上がってしまうが、だいたい10手〜13手くらいで倒せるはず。 3戦目<恐怖の暴風海域>(2人) ・ シーゴーレム(HP5000程度) ・ うずしおキングx2(HP3500程度) ・ キラーアンブレラx2(HP2500程度) 戦闘メンバーは【セーニャ・ベロニカ】にしました。 最初のターンに連携技「クロスマダンテ」を使ってシーゴーレム以外を倒す。 その後「けんじゃのせいすい」でベロニカのMPを回復し「メラガイアー」でとどめを刺す。 この戦闘は3手で済ませたいところ。 4戦目<連武討魔を極めし者>(2人) ・ ニマ大師(HP10,000程度) 戦闘メンバーは【主人公・ロウ】にしました。 主人公はニマ大師のかまえに応じて「ギガデイン」or「つるぎのまい」で攻撃。 ロウは杖装備で「むげんのさとり」を使ってからの「ドルマドン」で大ダメージを与えられる。 回復は必要に応じて両方が行うといい。 流星乱舞でロウが死んでしまう可能性もあるので主人公には「せかいじゅのは」を持たせておきましょう。 馬型モンスターのHPは約2500。 「むげんのさとり」状態からの「マヒャデドス」や、主人公の「閃光斬」で大ダメージを与えられる。 Switch版で追加の裏ボス ヨッチ村の「過ぎ去りし時の祭壇」コンプリート後、忘れられし塔の上空あたりに出現する「時空のひずみ」に入ると戦える。 倒しても新たなエンディング等はないが、初めて倒した時に「妖魔のバニースーツ」と「失われし時の砂時計」を入手できる。 100手以内に倒すと称号「疾風の時の守護者」を獲得。 (さらに早い場合に何かあるかは未確認、とりあえず65手までは何もなし) だいじなもの「失われし時の砂時計」を使うことで、再挑戦することも可能。 前列は2回行動で、後列は1回行動。 約8000ダメージを与えると「いてつく波動」を使われて、戦う敵が変化。 2 同様に失われし時の怨念1体と戦闘。 約8000ダメージを与えると「いてつく波動」を使われて、両方の敵に攻撃できるようになる。 3 二体とも前列に来ると、毎ターン1〜2回行動となる。 失われし時の災厄の「食べる」の対象は2人。 4 片方を倒しても残りの1体は3回行動となるので気が抜けない。 「絶対零度の吹雪」や「おぞましい雄叫び」には1回休み効果、「ジゴスパーク」には麻痺効果、さらに「猛烈に甘い息」や「メダパニーマ」があるので装備品で状態異常耐性を上げておきたい。 これら全ての状態異常耐性を上げるのが「 スーパーリング+3」なのでメインで戦う4人には全員に装備させておきましょう。 さらに「 超ばんのうぐすり」も全員に持たせておくといい。 属性ダメージを軽減する装備を用意しておきましょう。 雷と風を軽減する「 ビーナスのなみだ+3」、氷と闇を軽減する「 ロイヤルチャーム+3」、炎と光を軽減する「 竜のおまもり+3」がお勧め。 「魔界の瘴気」が出現している間は消費MPが倍になってしまうので、MP切れに備えて「 エルフののみぐすり」を用意しておきましょう。 「エルフののみぐすり」はスタンプ帳完成後の報酬3枚で入手可能。 ちいさなメダルは、・ブラック杯の参加賞としてもらえるので簡単に手に入る。 「せかいじゅの葉」や「せかいじゅのしずく」も持たせておきましょう。 命の大樹で普通に拾えるほか、ソルティコのカジノ景品としても入手可能。 ちなみに、始祖の森にいる「デーモンバウム」は非売品の「紅蓮の大木」と「せかいじゅの葉」を、賢者の試練・不惑の森にいる「メガザルロック・強」は非売品の「命の石」と「せかいじゅのしずく」をドロップする。 ここぞという場面ではグレイグやセーニャの「 メガザル」、ベロニカの「 マダンテ」を使いましょう。 「けんじゃのせいすい」や「エルフののみぐすり」を使えば、何度も使用可能。 前列が1体の時は「バイキルト」or「たたかいのドラム」をかけて攻撃、前列が2体の時はベロニカの「マダンテ」をMP回復しながら連発するのがよさそうです。 ただし、「魔界の瘴気」の時はマダンテの威力が半減するので注意。

次の