風邪 腰 が 痛い。 風邪の関節痛の治し方|眠れないほど痛い…なぜ?薬やマッサージで良くなる?

風邪で背中が痛くなることはありますか?

風邪 腰 が 痛い

風邪で腰が痛くなる原因 ウィルスによる免疫力と体力の低下 風邪はウィルスが体内に入り込む ために色んな症状を引き起こしま す。 体の免疫機能は、ウィルスを退治 して早くに元気になるようにエネ ルギーを必要とします。 そうなると免疫力を発揮する為に エネルギーが消費されてしまうの で体力はもっと低下して筋力もど んどん低下します。 発熱や倦怠感が強くなるような風邪 を引いてしまうと、起きているより も寝ている方が体は楽なもの。 休まなくてはならない重症な人も 、仕事に出掛ける人も 「体が重くて たまらない」ものですから、布団に いる時間が長くなります。 同じ姿勢で長く横になることにより、 腰回りの筋肉が緊張してしまうと腰 が重く痛くなるのも仕方がないこと。 ましてやインフルエンザにもなれば、 熱も高いので腰の痛みも長く患うこ とになってしまうのです。 体にかかる負担が腰に集中する事が 主な原因と考えて良いでしょう。 特に回復後には、気持ちだけは元気に なるので体を早く動かしたくなるも のでしょう。 無理に体を動かすのではなく、スト レッチでしっかりとほぐしてから徐 々に筋力を取り戻しましょう。 関節に炎症を起こすために痛む ウィルスを退治するために、一時的に 血管が拡張されます。 免疫がウィルスを退治しているので 問題はないのですが、血管の拡張に よって関節に熱をもってしまうと その部位が痛むようになるのです。 寝ている間に腰に負担がかかれば腰 回りの関節が熱を持ってしまい、痛 みが広がったり長期的に痛むように なるのです。 スポンサーリンク こんな怖い病気が隠れていない? 風邪をひいた時には、早めの処置が よいといわれるのは、時間がたつこ とによって免疫が低下して他の病気 に繋がってしまうからです。 風邪を甘くみていると、とんでもない 病気で腰痛になっている事もあるので す。 化膿性脊椎炎 中年から高齢者に多い病気で背骨にウ ィルスが入り込み化膿してしまいます。 風邪ではあまりならないようですが、 長期間に発熱があり食欲がないような 場合には注意は必要です。 脊椎カリエス 風邪ではなく結核により、腰の骨に結 核菌が入り込むと起こしやすいです。 風邪では問題はありませんが、結核と は知らずに風邪だと思っている場合は 非常に危険です。 風邪で腰が痛いときに湿布は効かない! ? 腰の痛みの対処として湿布がありま すが、風邪の炎症にはあまり効き目 はありません。 もともと腰痛をもっている人も、風邪 の炎症が重なると痛みを強く感じます が湿布をしても効果を感じることは 少ないようです。 先ずはしっかりと風邪を治すのが先決 になるので無理をしないようにしてく ださい。 風邪を引いて腰が痛い時には寝具に工夫を! 風邪をひけばだるいし早くに治した いものですが、寝過ぎも腰痛の原因 になります。 特に心身が疲れると寝返りの回数が減 るために就寝中は体が同じ状態になり がちです。 上手く寝返りが打てる、心身の疲労を 早くに改善する為に寝具に工夫をして みましょう。 クッションを利用して体をリラックスさせよう 仰向けに寝る人は、足元にクッション を置いて足を高くしましょう。 そうする事で腰の力を分散して腰痛を 防ぎます。 抱き枕で体をリラックス 横向きの方がリラックスできる人は、 首や肩もカチカチになっているの で抱き枕を脚の間に挟み体の力を 抜きます。 腰の下に畳んだバスタオルを入れる 猫背の人は反り腰の癖がついている ので、寝具から腰が浮き上がりより 痛みが強くなります。 あまり高くない程度にバスタオルを畳 んで腰の下に挟むと自然に体が布団に 馴染みます。 軽い違和感があることで寝返りが打ち やすくなるので腰痛を和らげる効果も ありますよ。 風邪の腰の痛みは治ったらストレッチ 風邪をひいている時に無理なストレッチ をするよりも、食欲が戻ったら始めるこ と。 痛みが強いときは無理をしない事だけ を注意します。 朝のストレッチ 朝目覚めたら、先ずは背伸びで全身の ストレッチをします。 最初は軽く、息を吸って吐きながら全 身をリラックスさせると腰がゆるみま す。 今度は膝を立てて、ゆっくりと左右に 倒してみてください。 息をとめずにしっかりと吸って吐くを 繰り返します。 腰がダルい、痛い時にはバスタオルを 畳んでクッションにしましょう。 背伸びをしたら体を左右に順に伸ばし ます。 ウエストを伸ばすようなイメージが 分かりやすいですね。 腰の近くの肋骨が開かれて腰回りの 筋 肉が伸ばされているのを感じまし ょう。 整体医院や整形外科などでは腰痛予 防のストレッチを指導してもらえる ので、あまり辛いなら診察を受けて ストレッチ方法を聞いてみると良い ですね。 腰まわりを温める 寝る前に腰を温めるようにしたり腹 巻きなども効果的。 携帯カイロなども筋肉の硬直による腰 の痛みに効果的です。 風邪をひいて熱がある間は、肌も敏 感なので、湿布でかぶれてしまうこ とがあります。 一時的に痛みをとりたい気持ちはわ かりますが、効果も感じられずにか ぶれやすいので、できれば腰には刺激 を与えずに過ごしてください。 寝る前のストレッチも効果的 少しだけ気だるさが抜けたら、寝る 前にストレッチを行います。 ゆっくりとマイペースでできるもの でよいので、背伸びをしたり椅子に 座ってねじるなどして腰の筋肉をゆ るめて伸ばす事をしておきましょう。 大切なのは「これからゆっくりと眠 りにつこうね」と体に教えること。 目が覚めるような動きはよくありま せんから、リラックスできる程度に ストレッチ感覚で伸ばすと良いでし ょう。 ゆるめてから伸ばすこと カチカチになっている腰の筋肉は急 激な動きについていけないために、 余計に痛みが強くなる事があります。 先ずはゆるめて伸ばし、最後もゆる めてあげるのが一番です。 ストレッチの後には、体を伸ばして 腰をリラックスさせると、自然に痛 みが消えていきます。 気持ちを軽くする 風邪をひいていると、仕事をして もいつもよりも体が緊張します。 体だけでなく、心のストレッチ も大切です。 早く治そうと焦ることで、心が緊 張してしまうと腰がさらに固く なります。 心をリラックスさせる事で体の緊 張をほぐすこともできるので、ア ロマを使ったり、音楽による精神的 なリラックスタイムを作りましょ う。 スポンサーリンク まとめ 風邪を引けば体のあちらこちらが 痛むようになるのが、発熱による 関節痛や筋肉痛です。 こればかりは、風邪が回復するまで 無理をせずに過ごせば、自然に痛みが 消えていくのですが、日ごろから運 動不足の人は特に強くでやすいよう です。 神経質にならずに、自然に筋肉が回 復できるように体を動かしてみまし ょう。 一気にではなく、まずは背伸びから始 めて心身のバランスがとれるようにす ることが一番です。 また、日ごろから体を動かして筋肉を やわらかくしておくのも、風邪の腰痛 予防に良いでしょう。 固い筋肉がより疲れると、痛みに繋が ってしまうことだけ頭にいれておけば、 風邪を引くたびに腰の痛みを感じる事 は無くなるでしょう。 安静だけが風邪を治す方法ではありませ んので、栄養のなる食事と軽い運動を加 えながら腰の痛みを取り去りましょう。 19ビュー カテゴリ: ,• 17ビュー カテゴリ: ,• 17ビュー カテゴリ: , ,• 13ビュー カテゴリ: ,• 13ビュー カテゴリ: ,• 12ビュー カテゴリ: ,• 12ビュー カテゴリ:• 11ビュー カテゴリ: ,• 11ビュー カテゴリ: ,• 10ビュー カテゴリ: ,• 10ビュー カテゴリ:• 10ビュー カテゴリ: ,• 9ビュー カテゴリ: ,• 9ビュー カテゴリ: , ,• 9ビュー カテゴリ: , ,• 8ビュー カテゴリ:• 8ビュー カテゴリ: ,• 8ビュー カテゴリ: ,• 8ビュー カテゴリ: ,• 8ビュー カテゴリ: ,.

次の

実は危ない?!右側の腰が痛い8つの原因!

風邪 腰 が 痛い

椎間板ヘルニア ヘルニア持ちの方以外でも、上記の体の歪みなどにより椎間板ヘルニアになってしまうことがあります。 椎間板ヘルニアというのは、腰のあたりにある背骨の軟骨の部分が変形して骨の外に飛び出してしまうことにより起こります。 椎間板ヘルニアを発症している場合は、 腰を前に傾けると痛みが増すという傾向があります。 また、神経も圧迫されますので、 「しびれ」といった症状もあらわれるのが特徴的です。 このような症状が感じられたら椎間板ヘルニアの可能性が高いので、お近くの整骨院などで相談してみましょう。 内臓の病気 右側に痛みの出る内臓疾患というと、肝臓・すい臓・上行結腸(じょうこうけっちょう)・虫垂炎・遊走腎(ゆうそうじん)などの病気が考えられます。 肝臓の病気 肝臓は臓器の中で最も大きく、右側が大きい形をしています。 沈黙の臓器と言われる肝臓は痛みなどの症状が出にくく発見しにくい部分です。 肝臓は胃の裏側(背中側)に存在しますので背中や腰に痛みを感じる方もいます。 すい臓の病気 すい臓も胃の裏側(背中側)に位置するため、すい臓の病気がある場合には背中や腰に痛みが出ることがあります。 胃腸の調子が悪い場合もすい臓の病気であることがあります。 上行結腸の病気 上行結腸は大腸の一部で、右下腹部辺りをいいます。 この部分で大腸憩室炎やがんなどができている場合に、腰の右側に痛みを感じることがあります。 盲腸(急性虫垂炎) 虫垂は上行結腸の下側にあります。 虫垂炎の場合、右下腹部に痛みが出ることが多いですが、まれに腰の右側の痛みを訴える方もいます。 急性虫垂炎は激しい痛みがありますが、我慢してしまうと 腹膜炎を起こすことにもなります。 早急に切除手術が必要ですので我慢せず早急に医療機関を受診しましょう。 参考: 遊走腎 遊走腎は、腎臓を覆う組織の機能低下などにより腎臓が下垂してしまう病気です。 腎臓は左右にありますが、腎臓の上に存在する大型臓器である肝臓は右側が大きいため、右側の腎臓に負荷がかかり起こりやすい病気です。 女性の場合、 子宮や卵巣などの病気で痛みが出ている可能性もあります。 炎症のある部分によっては腰の右側だけに痛みを感じるということも考えられます。 ぎっくり腰 ぎっくり腰は、急に重いものを持ったり、無理な姿勢をした時に激痛が走ります。 その時の負荷のかかり方によっては右側だけに痛みを感じることもあります。 日頃から徐々に腰に負担がかかっている場合は、ゴミを拾ったり、背伸びをして高いところに手を伸ばすといった、特に大きな負担ではない行動でも激痛が走る場合があります。 これもぎっくり腰の1つです。 年齢とともに筋肉は疲労しやすい状態になりますので、普段から軽い運動をするよう心がけ、体に合った無理のない行動をするよう注意しましょう。 また、ぎっくり腰では左側の腰が痛くなる場合もあります。 ぜひこちらも参考にしてください。 この場合は、体を動かした時だけ痛みが生じたり、ある体勢をとった時だけ激痛が走るなどの症状となります。 しかし、腰の痛みの原因は 内臓疾患であることも考えられます。 体を動かさなくても痛みがある場合や安静にしていても長く続く痛みがある場合は内科で相談してみましょう。 内臓疾患の場合、虫垂炎など早急に手術が必要な病気もあります。 痛みの特徴を把握し、我慢して良いものかどうか、正しい判断をしたいところです。 判断しかねる場合は自己判断せず、医療機関で相談しましょう。

次の

風邪で背中が痛くなることはありますか?

風邪 腰 が 痛い

こんにちは! モズク治療院の新人整体師、小宮りんです。 椅子に座ると腰が痛い、床に座ると腰が痛い、長時間座っていると腰が痛くなる・・・。 あなたはこんな腰の痛み・腰痛に関する悩みを抱えていませんか? 座ると腰が痛い原因はさまざまです。 姿勢の悪さが原因の場合もありますし、ヘルニアが原因の場合もあります。 また、長時間同じ姿勢でいることによる腰の筋肉の過緊張が原因の場合もあります。 そこで今回は、症状別に座ると腰が痛くなってしまう原因と治し方をご紹介していきます。 軽い腰痛であれば、ちょっとしたストレッチで痛みがなくなりますので、ぜひ試してみて下さいね! 座ると痛い腰痛に効果的なストレッチ・座り方5選 腰痛のプロが教える【座っていると痛む腰痛の体操法】 くろーばーはりきゅう整骨院の先生による、腰痛改善のための体操を紹介している動画です。 前かがみになると痛い?!腰痛対策のための椅子の座り方 神戸三宮のひふみ整体院長先生の動画。 座っている時の骨盤の傾き方をどう変えれば腰に負担がかからないのか実演されていて、わかりやすい動画です! 座ったままできる、腰痛を解消するストレッチ 渋谷区の整体【かたこり整体院】院長先生による、お尻の筋肉「臀筋」の凝りをほぐし、腰痛を解消するためのストレッチ紹介動画です。 仙腸関節のストレッチ 土井治療院の院長先生による寝た状態でできる仙腸関節のストレッチ紹介動画です! 長時間椅子に座っても腰や姿勢が楽になる予防法とは? 久留米市の整体・整骨院「いろどり整骨院」院長先生による、腰痛対策のための椅子の座り方と体操の紹介動画です。 椅子に座ると腰が痛い原因とは? なぜ、椅子に座っているだけで腰痛が起きるのか。 原因の1つとしてあげられるのは「体を動かしていないから」です。 座っている時間が長くなればなるほど、腰に負担がかかってきます。 たとえふかふかのソファでも腰が沈んでしまう事によって、必死で上体を支えようとして腰椎の部分に大きなダメージがかかってしまうのです。 それは座った状態で長時間動かない事によって、重心が腰に集中してしまうからです。 デスクワークでいつも長時間椅子に座る事が多い方や長時間車の運転をされる方は、腰に負担のかからない椅子を選んだり、意識して1時間おきにでも立ったり動いたりストレッチをして固まっている筋肉をほぐしてあげましょう。 床に座ると腰が痛い原因とは? 次に、 床に座っていると腰が痛くなるのは、上半身をまっすぐに保つために筋力を使う事と、上半身の重みが腰に集中してしまうことが原因です。 上半身が前かがみに曲がって猫背状態になる事によって、どうしても腰が曲がった状態になり、椎間板に負担がかかってしまうのです。 また、 正座で固い床に座ると足のすねの骨が痛むので、体育座りをしたり、左右のどちらかに偏った座り方をしてしまう事が、体をゆがませる原因の1つになります。 固い床や畳の上に座る時には、せめて座布団や座椅子・クッションを活用して、足腰に負担がかからない工夫をしましょう。 長時間座ると腰が痛い原因とは? 長時間座っていて腰が痛くなるのは、椅子とデスクのバランスが悪かったり体に合わない場合に起こりやすいようです。 例えば、背もたれのない椅子に長く座っていると、自然と猫背になるので腰が曲がっていきます。 そして、猫背が習慣化してしまうと自然と呼吸が浅くなるので、体の隅々にしっかり酸素がいきわたらなくなって代謝不良を招く恐れもあります。 これが慢性的になると、骨が曲がってしまい、どんな態勢をしていても、慢性的な腰痛に悩まされるようになるのです。 また、椅子が低すぎたり高すぎたりすることも注意が必要です。 クッションや座布団を上手く活用して、美しい姿勢を保てるような環境を作っていきましょう! 姿勢の悪さを改善する簡単な方法 姿勢を正しく保つための一番簡単な方法は、壁に踵(かかと)・お尻・肩を付けてまっすぐに立つ習慣を1日のうちにほんの1~2分でもいいので行う事です。 歯磨きタイムを活用してもいいでしょう。 また、椅子に座った時でも、両足の裏を床にぴったり付けるように意識して下さい。 脚を組むのは血流を妨げたり、体が歪む原因になるので絶対にNGです。 足を組む習慣をやめるだけで、腰痛が改善されることもあるので、ぜひお試しくださいね。 そして、腰痛を予防するための「理想の姿勢」と言われているのが、背筋を伸ばして上半身が90度になった姿勢です。 普段あなたが仕事や家事で使っている椅子やソファ、座椅子の高さや質感を一度見直して、無理な姿勢の原因になっていないか確認してみましょう。 椅子や座椅子、ソファを新しく買い替えなくても、クッションや座布団で高さや柔らかさを調節する事も可能です。 腰の過緊張を解消するには 体が緊張しているというのは、筋肉が硬直している状態の事です。 ハムストリングスや 大腿直筋といった脚の後ろの側の筋が、運動不足やセルライトの定着によってこり固まってしまうと、血流が悪くなって腰に痛みや痺れが起きる原因になります。 腰の過緊張が引き起こす「慢性的な腰痛」を改善するためには、普段から歩いたり、今回ご紹介したストレッチやリンパマッサージを行い、しっかりと腰の筋肉や足の筋肉をほぐしてあげましょう。 しかし、運動をしすぎても筋肉が硬直して腰痛の原因となる場合があるので、運動の前後のストレッチを欠かさないように気を付けたり、お風呂で温めながらマッサージして血行促進を心がけていって下さいね! テニスボールを使って腰の痛みを改善する方法 腰痛解消にお勧めなのが、テニスボールを活用したストレッチです。 テニスボールは公式の硬いボールを使用してください。 テニスボールを床に置いて、その上に腰を置いて腰を回すように動かしながら、テニスボールで腰の尾骨周辺の筋肉をほぐしていく方法です。 これは大変気持ちが良い点と、テニスボールが1個あれば簡単にできるストレッチ法なのでお勧めです。 腰は体の裏側にあるのでなかなか自分の手が届きにくいパーツです。 自分の手を使うよりは、テニスボールといった適度な硬さのある物を活用したストレッチの方が楽なので、ぜひチャレンジしてみてくださいね! 腰痛がひどい場合は、一度病院で検査をしよう! 同じ腰痛でも、激痛が走ったり痛みやしびれが長引く場合には、一度病院で検査をした方が良いでしょう。 ひとくちに腰痛といっても種類は多くあり、 ぎっくり腰から上殿皮神経障害、細菌感染や癌、椎間板ヘルニア、臓器や血管等の病気とその原因は様々です。 万が一、癌や細菌感染が原因の腰痛の場合には、ずっと放っておくと手遅れになる場合もあるので早めの受診が大切です。 また、骨の歪みをそのまま放っておくと筋肉が普通以上に緊張してしまうので、それによって自律神経が乱れてしまい、肩や首など腰以外の場所にまで痛みやしびれが生じるようになります。 病院でヘルニアだと言われてしまった場合 病院で ヘルニアと診断されたら、注意が必要です。 ヘルニアとは腰椎椎間板の一部が、何らかの要因によって本来収まっている位置から飛び出てしまった状態の事です。 病院では飛び出た部分だけレーザーで焼いて処置する施術が一般的です。 また、それ以外にも2~3週間安静にしておく治療法もあります。 ベッドでずっと寝て安静にしている事によって、飛び出している臓器が自然と元の位置に戻っていくといった治療法です。 適切な対応をせずに、椎間板が飛び出た状態のまま運動すると、押し出された部分が骨に当たって痛みやしびれが出てきます。 腰痛をそのまま放っておくと症状は悪化するばかりなので注意が必要です。 日本人の約8割が腰痛で困ったことがある 日本では昔から畳の生活に慣れているので、どうしても畳や床の上に座るといった生活習慣があります。 そのため、欧米の人に比べて腰痛で悩んでいる人が多く、 日本人の約8割が1度は腰に痛みを感じたことがあると言われています。 まさに腰痛は日本人特有の生活習慣病といってもいいでしょう。 また、畳や床に直接座らなくても、座椅子を使用する事によって上半身と足が直角の状態になるのですが、この姿勢が実は一番腰に負担がかかってしまうのです。 できるだけ椅子やソファを活用する生活に切り替えたり、長時間座に座るのを控えて1時間おきにストレッチをしたり歩き周ったりして、腰の負担を和らげてあげる事が大切です。 マッサージをしても腰痛がスグに戻ってしまう理由 せっかく腰のマッサージをしてもらったのに、すぐに腰痛が戻って・・・なんてことはありませんか? 痛みがすぐに戻ってしまう原因は、あなたの腰痛の原因が筋肉の緊張によるものだけではないからです。 同じ腰痛でもいろいろな要因が混ざって発生している事が多いので、その要因を一つずつ改善していく事が大切です。 特に慢性的な腰痛だったり高齢者の場合には、筋肉・骨盤・筋膜・内臓・神経・血管といった様々な要因が重なって腰痛を引き起こす事が多いので、治療法もいろいろ組み合わせていく事が大切です。 また、腰痛の原因が腰だけにあるとは限らないので、腰をマッサージするだけではなく、全身をくまなくチェックしてもらうことが大切です。 また、腰痛の原因として一般的に多いのが、 椎間板ヘルニアや腰部脊柱管狭窄、神経痛、骨盤の歪みなどです。 腰痛の原因が確認できない方は、内科・整形外科・整体・整骨院・鍼灸・カイロプラクティックなど、いろいろな治療・施術を試していただき、自分に合った方法を見つけていきましょう。 座ると腰が痛い腰痛は、整体や整骨院など治療院で改善しよう! 腰が痛いからといって、 痛み止めの薬ばかり飲んでいては、根本的な治療にはなりませんし、腰痛の原因は改善できません。 腰痛を改善するために試していただきたいのは、整体や整骨院・カイロプラクティックなどの治療院に行くこと。 骨の歪みを調整(骨盤矯正)や、筋肉や筋膜の調整など、東洋医学的・手技療法的なアプローチで腰痛を改善するお手伝いをしてくれます。 一般的に治療院で行われる施術は、人間が本来持っている自然治癒力を高めていく施術なので、薬のように内臓にも負担がかからないですし副作用もありません。 病院で「手術しかない」「薬でごまかすしかない」「歳だから諦めるしかない」「コルセットなどをつけましょう」と言われた腰痛も、手技でのアプローチによって改善する例が少なくありません。 また、日常生活のなかの悪い癖を指摘してもらい、改善をするキッカケにもなりますし、家や仕事場でできるセルフケアなどを教えてもらえる治療院も多いです。 さらに、腰痛の改善だけではなく、全身の機能を高めていく効果も期待できるので、ぜひ一度治療院での施術を体感してみて下さいね! まとめ さて、いかがでしたでしょうか? 座ると腰が痛い腰痛といっても、その原因や治療法は様々です。 まだ腰痛を患っていない方も、腰痛で現在悩んでいる方も、腰痛で悩まないための生活習慣へと改善したり、正しい治療法を理解する事はとても大切な事ですね。 足腰が丈夫であれば、歳を重ねても健康的な生活を営んでいく事ができます。 今回学んだ事を参考にしながらいつまでも健康的な体を保っていきましょう! 登場人物 小宮りん モズク治療院で新人整体師として頑張ってます! 整体歴2年の23歳。 骨格模型を眺めながらコーヒーを飲むのが趣味。 206個ある骨の中でも大腿骨が特に好き。 Twitterは初めてだけど、ドンドン絡んでください! 「ヘルモア」っていうサイトでコラム書いてます。 こんにちは! モズク治療院の新人整体師、小宮りんです。 椅子に座ると腰が痛い、床に座ると腰が痛い、長時間座っていると腰が痛くなる・・・。 あなたはこんな腰の痛み・腰痛に関する悩みを抱えていませんか? 座ると腰が痛い原因はさまざまです。 姿勢の悪さが原因の場合もありますし、ヘルニアが原因の場合もあります。 また、長時間同じ姿勢でいることによる腰の筋肉の過緊張が原因の場合もあります。 そこで今回は、症状別に座ると腰が痛くなってしまう原因と治し方をご紹介していきます。 軽い腰痛であれば、ちょっとしたストレッチで痛みがなくなりますので、ぜひ試してみて下さいね! 座ると痛い腰痛に効果的なストレッチ・座り方5選 腰痛のプロが教える【座っていると痛む腰痛の体操法】 くろーばーはりきゅう整骨院の先生による、腰痛改善のための体操を紹介している動画です。 前かがみになると痛い?!腰痛対策のための椅子の座り方 神戸三宮のひふみ整体院長先生の動画。 座っている時の骨盤の傾き方をどう変えれば腰に負担がかからないのか実演されていて、わかりやすい動画です! 座ったままできる、腰痛を解消するストレッチ 渋谷区の整体【かたこり整体院】院長先生による、お尻の筋肉「臀筋」の凝りをほぐし、腰痛を解消するためのストレッチ紹介動画です。 仙腸関節のストレッチ 土井治療院の院長先生による寝た状態でできる仙腸関節のストレッチ紹介動画です! 長時間椅子に座っても腰や姿勢が楽になる予防法とは? 久留米市の整体・整骨院「いろどり整骨院」院長先生による、腰痛対策のための椅子の座り方と体操の紹介動画です。 椅子に座ると腰が痛い原因とは? なぜ、椅子に座っているだけで腰痛が起きるのか。 原因の1つとしてあげられるのは「体を動かしていないから」です。 座っている時間が長くなればなるほど、腰に負担がかかってきます。 たとえふかふかのソファでも腰が沈んでしまう事によって、必死で上体を支えようとして腰椎の部分に大きなダメージがかかってしまうのです。 それは座った状態で長時間動かない事によって、重心が腰に集中してしまうからです。 デスクワークでいつも長時間椅子に座る事が多い方や長時間車の運転をされる方は、腰に負担のかからない椅子を選んだり、意識して1時間おきにでも立ったり動いたりストレッチをして固まっている筋肉をほぐしてあげましょう。 床に座ると腰が痛い原因とは? 次に、 床に座っていると腰が痛くなるのは、上半身をまっすぐに保つために筋力を使う事と、上半身の重みが腰に集中してしまうことが原因です。 上半身が前かがみに曲がって猫背状態になる事によって、どうしても腰が曲がった状態になり、椎間板に負担がかかってしまうのです。 また、 正座で固い床に座ると足のすねの骨が痛むので、体育座りをしたり、左右のどちらかに偏った座り方をしてしまう事が、体をゆがませる原因の1つになります。 固い床や畳の上に座る時には、せめて座布団や座椅子・クッションを活用して、足腰に負担がかからない工夫をしましょう。 長時間座ると腰が痛い原因とは? 長時間座っていて腰が痛くなるのは、椅子とデスクのバランスが悪かったり体に合わない場合に起こりやすいようです。 例えば、背もたれのない椅子に長く座っていると、自然と猫背になるので腰が曲がっていきます。 そして、猫背が習慣化してしまうと自然と呼吸が浅くなるので、体の隅々にしっかり酸素がいきわたらなくなって代謝不良を招く恐れもあります。 これが慢性的になると、骨が曲がってしまい、どんな態勢をしていても、慢性的な腰痛に悩まされるようになるのです。 また、椅子が低すぎたり高すぎたりすることも注意が必要です。 クッションや座布団を上手く活用して、美しい姿勢を保てるような環境を作っていきましょう! 姿勢の悪さを改善する簡単な方法 姿勢を正しく保つための一番簡単な方法は、壁に踵(かかと)・お尻・肩を付けてまっすぐに立つ習慣を1日のうちにほんの1~2分でもいいので行う事です。 歯磨きタイムを活用してもいいでしょう。 また、椅子に座った時でも、両足の裏を床にぴったり付けるように意識して下さい。 脚を組むのは血流を妨げたり、体が歪む原因になるので絶対にNGです。 足を組む習慣をやめるだけで、腰痛が改善されることもあるので、ぜひお試しくださいね。 そして、 腰痛を予防するための「理想の姿勢」と言われているのが、背筋を伸ばして上半身が90度になった姿勢です。 普段あなたが仕事や家事で使っている椅子やソファ、座椅子の高さや質感を一度見直して、無理な姿勢の原因になっていないか確認してみましょう。 椅子や座椅子、ソファを新しく買い替えなくても、クッションや座布団で高さや柔らかさを調節する事も可能です。 腰の過緊張を解消するには 体が緊張しているというのは、筋肉が硬直している状態の事です。 ハムストリングスや 大腿直筋といった脚の後ろの側の筋が、運動不足やセルライトの定着によってこり固まってしまうと、血流が悪くなって腰に痛みや痺れが起きる原因になります。 腰の過緊張が引き起こす「慢性的な腰痛」を改善するためには、普段から歩いたり、今回ご紹介したストレッチやリンパマッサージを行い、しっかりと腰の筋肉や足の筋肉をほぐしてあげましょう。 しかし、運動をしすぎても筋肉が硬直して腰痛の原因となる場合があるので、運動の前後のストレッチを欠かさないように気を付けたり、お風呂で温めながらマッサージして血行促進を心がけていって下さいね! テニスボールを使って腰の痛みを改善する方法 腰痛解消にお勧めなのが、テニスボールを活用したストレッチです。 テニスボールは公式の硬いボールを使用してください。 テニスボールを床に置いて、その上に腰を置いて腰を回すように動かしながら、テニスボールで腰の尾骨周辺の筋肉をほぐしていく方法です。 これは大変気持ちが良い点と、テニスボールが1個あれば簡単にできるストレッチ法なのでお勧めです。 腰は体の裏側にあるのでなかなか自分の手が届きにくいパーツです。 自分の手を使うよりは、テニスボールといった適度な硬さのある物を活用したストレッチの方が楽なので、ぜひチャレンジしてみてくださいね! 腰痛がひどい場合は、一度病院で検査をしよう! 同じ腰痛でも、激痛が走ったり痛みやしびれが長引く場合には、一度病院で検査をした方が良いでしょう。 ひとくちに腰痛といっても種類は多くあり、 ぎっくり腰から上殿皮神経障害、細菌感染や癌、椎間板ヘルニア、臓器や血管等の病気とその原因は様々です。 万が一、癌や細菌感染が原因の腰痛の場合には、ずっと放っておくと手遅れになる場合もあるので早めの受診が大切です。 また、骨の歪みをそのまま放っておくと筋肉が普通以上に緊張してしまうので、それによって自律神経が乱れてしまい、肩や首など腰以外の場所にまで痛みやしびれが生じるようになります。 病院でヘルニアだと言われてしまった場合 病院で ヘルニアと診断されたら、注意が必要です。 ヘルニアとは腰椎椎間板の一部が、何らかの要因によって本来収まっている位置から飛び出てしまった状態の事です。 病院では飛び出た部分だけレーザーで焼いて処置する施術が一般的です。 また、それ以外にも2~3週間安静にしておく治療法もあります。 ベッドでずっと寝て安静にしている事によって、飛び出している臓器が自然と元の位置に戻っていくといった治療法です。 適切な対応をせずに、椎間板が飛び出た状態のまま運動すると、押し出された部分が骨に当たって痛みやしびれが出てきます。 腰痛をそのまま放っておくと症状は悪化するばかりなので注意が必要です。 日本人の約8割が腰痛で困ったことがある 日本では昔から畳の生活に慣れているので、どうしても畳や床の上に座るといった生活習慣があります。 そのため、欧米の人に比べて腰痛で悩んでいる人が多く、 日本人の約8割が1度は腰に痛みを感じたことがあると言われています。 まさに腰痛は日本人特有の生活習慣病といってもいいでしょう。 また、畳や床に直接座らなくても、座椅子を使用する事によって上半身と足が直角の状態になるのですが、この姿勢が実は一番腰に負担がかかってしまうのです。 できるだけ椅子やソファを活用する生活に切り替えたり、長時間座に座るのを控えて1時間おきにストレッチをしたり歩き周ったりして、腰の負担を和らげてあげる事が大切です。 マッサージをしても腰痛がスグに戻ってしまう理由 せっかく腰のマッサージをしてもらったのに、すぐに腰痛が戻って・・・なんてことはありませんか? 痛みがすぐに戻ってしまう原因は、あなたの腰痛の原因が筋肉の緊張によるものだけではないからです。 同じ腰痛でもいろいろな要因が混ざって発生している事が多いので、その要因を一つずつ改善していく事が大切です。 特に慢性的な腰痛だったり高齢者の場合には、筋肉・骨盤・筋膜・内臓・神経・血管といった様々な要因が重なって腰痛を引き起こす事が多いので、治療法もいろいろ組み合わせていく事が大切です。 また、腰痛の原因が腰だけにあるとは限らないので、腰をマッサージするだけではなく、全身をくまなくチェックしてもらうことが大切です。 また、腰痛の原因として一般的に多いのが、 椎間板ヘルニアや腰部脊柱管狭窄、神経痛、骨盤の歪みなどです。 腰痛の原因が確認できない方は、内科・整形外科・整体・整骨院・鍼灸・カイロプラクティックなど、いろいろな治療・施術を試していただき、自分に合った方法を見つけていきましょう。 座ると腰が痛い腰痛は、整体や整骨院など治療院で改善しよう! 腰が痛いからといって、 痛み止めの薬ばかり飲んでいては、根本的な治療にはなりませんし、腰痛の原因は改善できません。 腰痛を改善するために試していただきたいのは、整体や整骨院・カイロプラクティックなどの治療院に行くこと。 骨の歪みを調整(骨盤矯正)や、筋肉や筋膜の調整など、東洋医学的・手技療法的なアプローチで腰痛を改善するお手伝いをしてくれます。 一般的に治療院で行われる施術は、人間が本来持っている自然治癒力を高めていく施術なので、薬のように内臓にも負担がかからないですし副作用もありません。 病院で「手術しかない」「薬でごまかすしかない」「歳だから諦めるしかない」「コルセットなどをつけましょう」と言われた腰痛も、手技でのアプローチによって改善する例が少なくありません。 また、日常生活のなかの悪い癖を指摘してもらい、改善をするキッカケにもなりますし、家や仕事場でできるセルフケアなどを教えてもらえる治療院も多いです。 さらに、腰痛の改善だけではなく、全身の機能を高めていく効果も期待できるので、ぜひ一度治療院での施術を体感してみて下さいね! まとめ さて、いかがでしたでしょうか? 座ると腰が痛い腰痛といっても、その原因や治療法は様々です。 まだ腰痛を患っていない方も、腰痛で現在悩んでいる方も、腰痛で悩まないための生活習慣へと改善したり、正しい治療法を理解する事はとても大切な事ですね。 足腰が丈夫であれば、歳を重ねても健康的な生活を営んでいく事ができます。 今回学んだ事を参考にしながらいつまでも健康的な体を保っていきましょう!.

次の